海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: W杯

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/28(金) 22:24:19.43 ID:CAP_USER9.net
    中国代表の新監督に就任したイタリア人の名将、マルチェロ・リッピ氏(68)が28日、北京で会見に臨み、大逆転でのW杯出場に自信をのぞかせた。

    18年W杯ロシア大会アジア最終予選A組で、中国は1分け3敗の勝ち点1で最下位に低迷している。残り6試合で、出場権を得られる2位のウズベキスタンまで8差、5位決定戦にすすめる3位の韓国まで6差。06年W杯ドイツ大会で母国イタリアを優勝に導いた百戦錬磨のベテラン指揮官は「中国代表の現状は厳しいが、まだ不可能な状況には至っていない。(最終予選)4試合のビデオを見たが、相手に圧倒されたわけではない。問題は(攻守の)バランスだ」と説明した。

    初陣となる11月15日のホーム・カタール戦に向けたメンバー選考については、12~14年に指揮して中国1部3連覇に導いた広州恒大の選手が中心になるとを明言。「長い時間ともに戦い、お互いをよく知っている。選手は勝ち方が分かっている」と13年にアジアCLも制した教え子らとともに巻き返しを図る。
    2016-10-28_23h24_34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000151-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/26(水) 12:34:21.36 ID:CAP_USER9.net
    2016年10月25日、サッカーの中国代表監督が交代したことに、日本のファンから皮肉めいたコメントが寄せられたが、中国のファンはこれに意外な反応を示している。

    2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選が行われる中、中国代表の高洪波(ガオ・ホンボー)氏が11日のウズベキスタン戦後に辞任の意向を示し、このほど後任としてイタリア人のマルチェロ・リッピ監督の就任が決まった。

    リッピ監督は2006年のW杯ドイツ大会でイタリア代表を24年ぶりの優勝に導いた名将で、12?14年に中国スーパーリーグの広州恒大を率いてアジアチャンピオンズリーグ(ACL)優勝やリーグ4連覇を果たしている。

    世界的な名将の中国代表監督就任は日本でも大きく取り上げられ、日本のネットユーザーからは、「
    なんで最初からリッピにしなかったのか?これからは間違いなく強くなるだろうね」「リッピが率いる中国代表はやっかいかもしれんな」と警戒する声がある一方、「手遅れだな」「監督が替わったくらいで勝てるほど甘くない。ACLと違って助っ人もいないし無理」との声も。

    中には「もし中国が最終予選突破したら、パンツ一丁で富士山に登ってやる」と宣言するユーザーまで現れたそうだ。

    これを見た中国のファンは、意外にも冷静に現実を見ているようだ。「(日本のネットユーザーのコメントに)反論の余地がない」「監督が替わったくらいでというのはまさにその通り」といった声のほか、最後の「もし突破したら?」のコメントに関連して、「中国がW杯予選を突破したらどうするか?」について投稿するユーザーが相次いだ。

    内容は、「尻丸出しでヒマラヤに登ってやる」「“いいね”をくれた人全員に88元(約1300円)のチップをあげる」「すっ裸で街中を走る」「頭を丸めてやる」「一生、女性モノの服で過ごしてやる」「洗剤を一本飲み干してやる」など、日本のネットユーザーのコメント以上に皮肉めいたものが多い。

    中国のサポーターは中国代表に対して愛憎入り混じった感情を抱いていて、これまで何十年も期待を裏切り続けてきた中国代表にはかなり辛辣(しんらつ)な声を浴びせる。

    中国では欧州のトップリーグの試合が中国中央テレビ(CCTV)のスポーツチャンネルで常に放送されていて、ファンの目が肥えてきていることも背景にある。

    先日、ウズベキスタンに敗れた後には「もう解散しろ!」「金をかけるだけ無駄」といった厳しい声が数多く飛んだ。(翻訳・編集/北田)
    2016-10-26_17h08_43
    Record China / 2016年10月25日 16時30分
    http://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_153377/

    [グループA]
    1.イラン(10)+4
    2.ウズベキスタン(9)+3
    3.韓国(7)+1
    4.シリア(4)-1
    5.カタール(3)-3
    6.中国(1)-4

    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187172-187172-fl
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/22(土) 20:18:41.78 ID:CAP_USER9.net
    イタリア代表を率い、06年W杯ドイツ大会を制したマルチェロ・リッピ氏(68)が、中国代表の指揮官に就任した。

    中国協会が公式ホームページで発表した。

    前任の高洪波監督(50)は今月11日のW杯アジア最終予選・ウズベキスタン戦に0-2で敗れた後、辞任していた。

    ユベントスを率いて欧州CL優勝経験もあるリッピ氏は、12年~14年まで広州恒大を指揮。中国1部を3度制し、13年にはアジア・チャンピオンズリーグの頂点に立った。
    2016-10-22_20h55_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-01727950-nksports-socc
    続きを読む


    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/22(土) 12:19:01.31 ID:CAP_USER9.net
    ブラジルサッカー連盟は21日、W杯南米予選に向けてブラジル代表メンバー24人を発表した。

    今回のメンバーにはFWネイマール(バルセロナ)やMFコウチーニョ(リバプール)らが順当に招集されたほか、負傷した影響で先月の代表戦を欠場したレアル・マドリーのDFマルセロとMFカゼミーロが復帰を果たした。一方でMFオスカル(チェルシー)が招集外となっている。

    勝ち点21で首位に立つブラジルは、11月10日にホームでアルゼンチン代表、同15日に敵地でペルー代表と対戦する。

    以下、ブラジル代表メンバー24人

    ▽GK
    アリソン(ローマ)
    アレックス・ムラーリャ(フラメンゴ)
    ウェベルトン(A・パラナエンセ)

    ▽DF
    ジウ(山東魯能)
    マルキーニョス(パリSG)
    ミランダ(インテル)
    ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
    チアゴ・シウバ(パリSG)
    ダニエウ・アウベス(ユベントス)
    ファグネル(コリンチャンス)
    フィリペ・ルイス(A・マドリー)
    マルセロ(R・マドリー)

    ▽MF
    カゼミーロ(R・マドリー)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
    ジュリアーノ(ゼニト)
    ルーカス・リマ(サントス)
    パウリーニョ(広州恒大)
    コウチーニョ(リバプール)
    レナト・アウグスト(北京国安)
    ウィリアン(チェルシー)

    ▽FW
    ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
    ダグラス・コスタ(バイエルン)
    ガブリエル・ジェズス(パルメイラス)
    ネイマール(バルセロナ)
    2016-10-22_13h21_06
    ゲキサカ 10月22日(土)10時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-01632484-gekisaka-socc

    >>2以降につづく
    続きを読む

    2016-10-15_07h01_29
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/15(土) 06:11:02.49 ID:CAP_USER9.net
    タイ協会は同国のプミポン国王が13日に死去したことを受け、国内でのすべてのサッカー競技を自粛すると発表した。今季の国内リーグやカップ戦はすべて打ち切りとなる。

    代表チームの活動を自粛するかは未定。タイ代表は2018年ロシアW杯アジア最終予選で日本と同じB組。直近のホームゲームは11月15日の豪州戦(バンコク)だが、開催されるかは不透明。開催された場合、中立国での試合となる見方もある。

    日本とは来年3月28日にアウェー(埼玉)で対戦する予定で、今年9月6日のホーム(バンコク)での対戦は0-2で敗れている。仮にタイが予選を辞退した場合、B組の順位決定方式が変更される可能性がある。

    タイはこの日から1年間の服喪期間に入った。30日間は政府関連庁舎や学校での半旗掲揚を義務付け、政府職員は1年間喪服を着用する。テレビ局も30日間、娯楽番組の放送を控える。

    2016.10.15 05:02
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20161015/sci16101505020001-n1.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/12(水) 11:52:22.41 ID:CAP_USER9.net
    2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第10節が11日に行われ、アルゼンチン代表とパラグアイ代表が対戦した。

    第9節を終えて4勝4分け1敗、勝ち点16で5位のアルゼンチン。前々節は最下位のベネズエラを相手に、そして前節は現在8位のペルーにそれぞれ2-2で引き分け、足踏み状態に陥っている。3試合ぶりの勝利を目指すホームゲーム、先発メンバーにはマルティン・デミチェリスやハビエル・マスチェラーノらが名を連ねた。攻撃陣はアンヘル・ディ・マリア、ゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロらが形成する。

    均衡を破ったのはアウェーのパラグアイだった。17分、自陣でのパスカットからカウンターを仕掛け、最終ラインの背後でパスを受けたデルリス・ゴンサレスがペナルティーエリア右側へ。ドリブルでの前進から右足を振り抜くと、強烈なシュートが相手GKの手を弾いてニアサイドを射抜いた。

    先制を許したアルゼンチンは敵陣でのパスカットからディ・マリアがミドルシュートを放ったが、左足での一撃は右ポストを直撃。同点に追い付くことができず、1点ビハインドで前半を終えた。

    後半開始早々、アルゼンチンにビッグチャンスが訪れる。ペナルティーエリア内での相手のハンドでPKを獲得。アグエロがキッカーを務めたが、ゴール右隅へのシュートはGKフスト・ビジャールに阻まれ、ゴールを決めることができなかった。

    PK失敗直後の49分、アグエロは背後へのスルーパスに反応して相手GKと1対1となるチャンスを迎えたが、またもシュートを阻まれてゴールネットを揺らすことができなかった。

    1点を追うアルゼンチンは59分にパウロ・ディバラ、71分にはルーカス・プラットを投入して打開を図ったが、最後まで1点が遠かった。試合は0-1で終了。アルゼンチンはホームで痛恨の完封負けを喫し、3試合勝ちなしと足踏みが続く。

    アルゼンチンの次節は11月10日、ブラジルとのアウェーゲームを控えている。一方、敵地で貴重な勝ち点3を掴んだパラグアイは次節、ペルーをホームに迎える。

    【スコア】
    アルゼンチン代表 0-1 パラグアイ代表

    【得点者】
    0-1 17分 デルリス・ゴンサレス(パラグアイ代表)
    2016-10-12_13h12_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00503046-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/09(日) 17:58:01.08 ID:CAP_USER9.net
    6日に行われたイタリア対スペインの試合で、先発出場を果たしていたイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレだが、後半15分で途中交代すると監督との握手を拒否。すると、その態度が無礼だということで代表チームから除外され強制送還されることになった。

    ジョルジョ・キナーリャ、ロベルト・バッジョ、アンドレア・カルネヴァーレといったイタリアサッカー界の著名選手の事件を挙げても、抗議、軽率な反応、暴言といった行動がペッレのように追放処分となることはこれまでなかった。

    キナーリャは1974年のワールドカップのイタリア対ハイチ戦、フェルッチョ・ヴァルカレッジ監督に対し繰り返し暴言を吐いた。それでもラツィオのレジェンドは1試合をベンチで過ごしただけで済んだ。カルネヴァーレは1990年イタリア大会のオーストリア戦で交代を命じられるとアゼリオ・ヴィチーニ監督を侮辱した。そこで彼のワールドカップは終わったとはいえ、代表から追い出されることはなかった。バッジョはというと、アリゴ・サッキ監督に対し「こいつは頭がおかしい」と言い放った。だがアメリカ大会の決勝へ導いたのも彼であることを皆忘れてはいない。

    つまり、イタリアサッカー連盟(FIGC)と代表監督からペッレのような厳しい処分が下された者はこれまでいない。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、引き分けとなったスペイン戦の終了後、ベンチで事が起こるとすぐに主将であるジャンルイジ・ブッフォンが介入したため、処分の決定にはブッフォンの意見も参考にされたという。

    ブッフォン自身もこの件に関し、「ペッレは謝罪をした。喜んで受け入れたい」と発言をしている。つまり、ブッフォンはペッレがマケドニア遠征には帯同しないと言う事実を既に知っていたのだ。そのうえ、ペッレには永久追放の処分となる可能性も残っている。

    ペッレの態度を見ると、代表への扉が永久に閉じてしまったと考えるのが多数の意見だ。というのもアズーリ(イタリア代表の愛称)のメンバーからもジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督への握手拒否は好意的に受け止められていないためだ。ダニエレ・デ・ロッシは「明確な規則がある」と話し、チーロ・インモービレは「グラツィアーノは好青年だが監督と僕らへのリスペクトがなかった。チームワークは何よりも大切なんだ」とコメントしている。

    チームマネージャーのガブリエレ・オリアーリ氏も「許容できない行動」だと話しており、唯一ペッレを擁護しているのは父ロベルト氏のみだ。「恨みでもあるのか?息子はイケメンで中国で稼いでいてお金もあるからSNSで妬まれるのだろう。まるで殺人事件でも起こしたような騒ぎだ」

    いずれにせよペッレの将来は決定事項のようだ。ゲームオーバ―のカウントダウンは始まっているのかもしれない。その先にはフランスリーグで活躍するマリオ・バロテッリの姿が見える。彼も代表FWの座を熱望している。おそらく次の代表戦では招集されることになるだろう。これには注目したい。
    2016-10-09_21h23_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161009-00000013-goal-socc
    続きを読む

    1:胸のときめき ★@\(^o^)/:2016/10/07(金) 14:39:26.79 ID:CAP_USER9.net
    2016年10月6日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選が行われ、グループAの中国はホームでシリアに0?1で敗れた。

    試合はシリアが54分にカウンターから先制すると、その1点を最後まで死守。中国はシリアを「グループ最弱」と見ていたが、ホームでまさかの敗戦を喫した。3試合で1分2敗となった中国は、本大会出場がさらに遠のく結果となった。

    また、試合中にシリアの選手がグラウンドに倒れ込み、時間を稼ぐシーンが見られた。特にGKは何度も倒れ込み、キーパーグローブやスパイクを脱ぎ捨てるシーンも見られた。これらの行為について試合後の会見で指摘を受けたシリアのアルハキーム監督は、「合理的にルールを利用した。選手が倒れれば、試合のリズムを遅らせることができるし、他の選手がポジションを修正する時間が得られる。もちろん、選手にはある程度の古傷があることも確かだ」と述べた。

    中国のファンからは中国代表にいつも厳しい声が飛ぶが、今回も「負け続けて30年。もう解散したら?」「時間稼ぎは言い訳にすぎない。言い訳ばかりで自分のレベルの低さを認めない」といったコメントが寄せられたほか、中国代表が試合後にファンの声援に感謝を発表したことに対しても、「ファンの応援に感謝するのは、勝ったチームがやってこそサマになるんだ」と手厳しい意見が寄せられている。
    2016-10-07_16h53_23
    http://news.biglobe.ne.jp/sports/1007/rec_161007_5091413571.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/28(水) 09:49:54.98 ID:CAP_USER9.net
    イングランドサッカー協会(FA)は27日、同国代表指揮官のサム・アラダイス氏が辞任を表明し、同氏との契約を双方合意のうえで解除したことを発表した。

    アラダイス監督は今年7月にイングランド代表指揮官に就任。初陣となった9月4日の2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループF第1節スロヴァキア代表戦を1-0と勝利で飾った。しかし今回、辞任が決定。指揮はわずか1試合のみ、在任67日で終幕となった。

    FAは「アラダイスの行為は、イングランド代表監督としては不適切だった。彼は大きな判断ミスをしたことを認めて謝罪したが、FAとアラダイスは双方合意のうえで契約を終えることとなった」との声明を発表している。

    イギリスメディア『BBC』によると、アラダイス監督が“不適切”とされた行為はイギリス紙『テレグラフ』によって明るみに出た。同氏は代表指揮官として最初のトレーニングに臨む前、

    ビジネスマンを装った覆面記者との会談を行い、禁じられているはずの第三者の選手保有について「問題ない」と発言。さらに“極東の代理人会社”との間で40万ポンド(約5230万円)の契約をしていたことも明らかになっている。

    FAは、U-21イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が今後4試合の指揮を執ることを併せて発表。同国代表は10月8日にW杯欧州予選第2節でマルタ代表と、11日に第3節でスロヴェニア代表と対戦する予定となっている。
    2016-09-28_11h50_53
    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00498080-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/09(金) 19:30:00.73 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長が、2026年のワールドカップ(W杯)をアメリカ、カナダ、メキシコの三カ国共催にするという案を検討していることを明かした。アメリカメディア『CBS Sports』が6日付で伝えている。

    2002年の日韓大会以来、複数国での共催がなされていないW杯だが、2026年には北中米の三カ国で共催される可能性が出てきた。

    単独で開催を決行するには、カナダは2015女子W杯の際に火傷の恐れがある人工芝を採用したことが問題とされており、アメリカは1994年W杯のホスト国、メキシコは1986年W杯のホスト国であった点がネックとなっているようだ。

    また、1998年フランスW杯から32枠の出場国数を採用してきたFIFAは、2026年大会に出場国数を40枠に増やす計画を明らかにしている。

    インファンティーノ会長は「この2つのトピック(出場枠の増加と3カ国での共催)は議題に上がって議論が進んでいる」と語った。

    なお、2018年大会はロシアで、2022年大会はカタールで開催される予定。
    2016-09-09_19h49_51
    SOCCER KING 9月9日 16時57分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00490974-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ