海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 久保建英

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad
    続きを読む

    m_f-sc-tp1-190513-201905130000192

    1: 風吹けば名無し 2019/05/14(火) 21:21:06.16
    頭がいいプレーするから本物やと思うんやけど

    13: 風吹けば名無し 2019/05/14(火) 21:24:46.18
    去年までは心配やったけど今年のサイドでのプレー見たら
    だいぶ期待度上がったわ
    カウンター時とかもしっかり長い距離走っとるからな

    49: 風吹けば名無し 2019/05/14(火) 21:30:40.75
    才能あるのは間違いないから怪我には気を付けて欲しい

    53: 風吹けば名無し 2019/05/14(火) 21:31:08.21
    久保と中井失敗したら日本サッカー終わりそう

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/14(火) 23:31:09.30
    次代の日本代表のエース候補であるMF久保建英(17)が所属するFC東京は8日、ルヴァン杯第5節・仙台との一戦を秩父宮ラグビー場で行い、スコアレスドロー決着となった。

    久保は右サイドMFとして後半から出場。チームを勝利に導くことはできなかったが、随所にクリエーティブなプレーを見せた。2020年東京五輪のエースを務めるMF久保の足跡をサッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏が丹念にたどった。

      ◇  ◇  ◇

    東京都下のクラブで3歳からサッカーを始めた久保君は、どこにでもいるサッカー少年だった。転機となったのは、小学2年で参加したスペインの名門バルセロナ主催の国内キャンプだった。ここでMVPに選出されると翌年ベルギーで開催された大会に参加してMVPに輝き、帰国後は川崎Fの下部組織に入団する。そして翌2011年、小学4年でバルセロナの下部組織であるカンテラの入団テストに合格。家族と一緒にスペインに移住することになった。

    当地では13~14年に地中海カップで得点王とMVPを獲得、地元カタルーニャ杯のトーナメント制覇にも貢献した。しかし、欧州サッカー連盟の「18歳未満の外国人選手の青田買い禁止措置」によって公式戦に出場できなくなり、久保は15年に帰国してFC東京の下部組織に入団した。翌16年に中学3年でFC東京ユース(18歳以下)に飛び級で昇格。日本クラブユース選手権では、史上初となる<中学生での得点王>に輝く。この活躍を評価されてトップに登録され、同年11月5日に行われたJ3最終戦の長野戦で後半から出場。J出場最年少記録を更新した(15歳5カ月1日)。

    試合終了後、久保の立ち居振る舞いには驚かされた。大勢の報道陣に囲まれながらも臆することなく「緊張はしましたけど、体はいつも通りに動きました。何もできずに時間ばかり過ぎましたけど、途中から試合に入っていけました。(Jデビューは)順調と言えば順調ですが、自分的には早かったかな。ゴールに絡めなかったので(出来栄えは)10点か15点くらいです」と淡々と答えた。

    そんな久保について17年にチームメートだったJ1通算最多得点者の大久保嘉人(磐田FW)は「いいもんを持っていると思う。全体が見えているのでボールを持ったら落ち着かせるし、パスも出せる。スピードにいかに慣れるか。面白い選手なので頑張って欲しい」とエールを送った。

    同年5月、ルヴァン杯の札幌戦でトップデビュー。対戦相手の元代表MF小野伸二は「非常に堂々としていた。見ていてゴールしてしまうのではないか、というオーラを感じた。僕とは全然比較にならない。ケガをしないことだけに気を付ければ凄い選手になる」と最大級の賛辞を口にした。

    ただし、当時の久保には弱点もあった――。

    写真
    no title
    19/05/10 06:00日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/253451

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/14(火) 11:05:51.93
    5/14(火) 11:00配信

    早くも“20億円の男”だ。サッカーJ1FC東京のMF久保建英(17)が12日の磐田戦(味スタ)で今季リーグ戦初ゴールを決め、チームを1―0の勝利に導いた。芸術的なボレー弾で、FC東京の一員としてもリーグ初得点。首位を快走するチームの原動力となっている天才少年は6月の南米選手権(ブラジル)に向けてA代表招集が濃厚で、注目度も急上昇だ。欧州のビッグクラブによる争奪戦も熱を帯びてきそうで、あの“銀河系軍団”も驚きの動きをみせている。

    久保は0―0で迎えた後半39分に左足で技ありボレーをゴールに突き刺し、値千金の決勝ゴール。チームを11戦無敗へと導いた。

    J1では昨季期限付き移籍した横浜Mでゴールを決めているが、FC東京では初得点だ。「思ったより遅くなったけど、1点は1点なので素直に喜びたい。コンパクトな振りを意識していた」とまさに狙い通りの一撃でヒーローとなった。

    ゴール後には、この日ゲストとして来場した人気お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の持ちネタ「TT兄弟」を意識したゴールパフォーマンスを披露した。「試合前に(チームの)広報の方から来ていると聞いていて(チョコプラから)『決めたらやってね』と言われた。これで広報の方の株が上がったんじゃないか(笑い)」とちゃめっ気たっぷりの一面ものぞかせ、3万人を超す大観衆をピッチ内外で魅了。「今日くらいは(自分を)許してもいいかな」と話すさまは、まさに“日本サッカー界の至宝”そのものだ。

    今季は首位を快走するFC東京で大黒柱に成長した。活躍とともに去就をめぐる注目度も高まっており、国際移籍が可能な18歳を迎える6月4日を前に、下部組織に所属したスペイン1部バルセロナとの合意報道が現地で過熱。FC東京側は合意や交渉を否定してきたが、古巣バルサへの“復帰”は既定路線とみられている。

    その一方で、スペイン1部レアル・マドリードやイングランド1部マンチェスター・シティー、フランス1部パリ・サンジェルマンなど欧州各国の名だたるビッグクラブも久保に関心を寄せていると、スペインや英国などの複数メディアが伝えており、天才少年の争奪戦になる可能性まで浮上。なかでも熱心なのが、なんとバルサのライバルだ。

    欧州事情に詳しい代理人は「レアルは久保をかなり高く評価していると聞く。(移籍金)1600万ユーロ(約20億円)以上を出すという情報もある」と打ち明ける。

    Rマドリードは2年連続のV逸で世代交代を推進している。昨夏に加入したブラジル人FWビニシウス・ジュニオール(18)を獲得する際には4500万ユーロ(約56億円)という破格の移籍金を費やすなど有望株にはなりふり構わず、金に糸目をつけない方針だ。そうした中で、世界屈指の若手選手である久保を、ライバルから20億円以上をかけてでも“強奪”しようと虎視眈々と狙っているという。

    本来ならエースとして臨むはずだったU―20W杯(23日開幕、ポーランド)の代表メンバーには招集外となり、森保ジャパンでのA代表デビューが目前に迫る。国内外から熱い視線が注がれる天才少年から目が離せない。

    この日の視察先だったJ1湘南―大分戦後に「点を取っていましたね」とにやり。チームの勝利に直結した決勝点だったことにも触れて「1―0でチームを勝たせるというか、決定的な仕事をするというのは攻撃的選手で大切なこと」と高く評価した。南米選手権でのA代表デビューを検討している中で結果を残しただけに、指揮官にとってうれしい今季初ゴールとなった。

    兼任する2020年東京五輪の男子サッカーを率いる立場としても、エース候補が所属クラブで存在感を発揮しているのは頼もしい限り。森保監督は「チームを勝たせる選手になってほしい」と、さらなる活躍を期待した。
    2019-05-14_11h32_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000011-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/12(日) 16:41:58.96
    ◇明治安田生命J1第11節 FC東京1―0磐田(2019年5月12日 味スタ)

    明治安田生命J1第11節最終日の7試合が12日、各地で行われ、FC東京はMF久保建英(17)が今季リーグ戦初ゴールとなる決勝点を決めて磐田に1―0で勝利。開幕から11試合無敗で勝ち点を27に伸ばし、首位をキープした。

    久保は0―0で迎えた後半39分、太田の左CKの流れから、クリアボールに反応して左足ダイレクトで豪快なシュート。美しい軌道を描いたボレーシュートはゴール右隅に決まり、待望の今季リーグ戦初ゴールとなった。

    試合はそのままFC東京が1―0で勝利。アディショナルタイムにピッチを退いた久保は試合後、ヒーローインタビューに応えると「終盤まで0―0で、今日もこのまま終わってしまうのかと一瞬思ったんですけど。誰かが何とかしなきゃいけなかったんで、その誰かが自分であったことが非常にうれしく思います」と冷静にコメント。「(CKのこぼれ球で)すごくちょうどいいボールが来て、後はあんまり覚えていないですけど、気付いたら入ってました」とゴールの場面を振り返った。

    ゴール後は、スペシャルゲストとして来場したお笑いコンビ「チョコレートプラネット」に向けて笑顔で「TT」ポーズを決めたが、「今日決めて、せっかく見に来てもらってるんで、いいパフォーマンスができたらなと思いました」。

    「チームの勝利にゴールで貢献できたので、それが全てかなと思います」と試合でのパフォーマンスを振り返り、「このまま無敗で、いつまでもいつまでも無敗でリーグを終われるように、みんな一丸となって盛り上げましょう」とホームに詰めかけたサポーターに呼び掛けた

    5/12(日) 16:30配信 スポニチ
    2019-05-12_17h04_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000194-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/10(金) 17:41:02.53
    国内外を問わず、クラブ、代表を併せて「一番好きなチームは?」と訊かれたら、迷わずにこう答える。1994年のアメリカ・ワールドカップを戦ったイタリア代表だ、と。
     
    当時のイタリア代表はアリーゴ・サッキ監督の下、ゾーンプレスを標榜。だがそれを上手く体現できず、ワールドカップ本大会では粘り強い守備と天才ロベルト・バッジョの個人技を頼りに決勝まで勝ち上がった。アイルランドとのグループリーグ初戦でいきなり黒星を喫し、ナイジェリアとの決勝トーナメント1回戦では終了間際までリードを許すなどサッカー大国らしからぬ脆さを露呈しながらも、勝負どころで底力を発揮してファイナルへと駆け上がったのだ。

    グループリーグ第2戦から準決勝までの勝負強さは圧巻。ピンチを乗り越えて最後は勝者になるドラマチックなストーリーに心を奪われたのを、今でも鮮明に覚えている。
     
    ドラマチックだったのが、ナイジェリア戦だ。25分に先制されたイタリアはなかなかペースを掴めず、75分にFWのジャンフランコ・ゾーラをレッドカードで失う。これでイタリアのワールドカップは終わったかに思われた。
     
    しかし、イタリアは死ななかった。瀕死のチームを救ったのは、R・バッジョ。終了間際の88分に同点弾を流し込むと、延長前半の10分にはPKを沈めて逆転勝利に導いた活躍は“伝説”と言っても過言ではない。
     
    粘り強い守備とひとりの天才──。当時のイタリア代表とどことなく似ているのが、今季のFC東京だ。決して守りに徹しているわけではないが、森重真人とチャン・ヒョンスの両CBが軸の最終ラインは強固そのもので、ファストブレイクの起点となる久保建英の創造性豊かなプレーは観る者を魅了している。
     
    断っておくが、「久保=R・バッジョ」とは到底思わない。ただ、仕掛けや崩しの局面で明らかな違いを作っている久保は紛れもなく天才の部類に入る。
     
    事実、相手の急所を正確にえぐるスルーパスの質からして凡人のそれとは違う。ドリブルのコース取りも絶妙で、一つひとつのアクションに確かなインテリジェンスも感じられる。「(久保)建英のところで違いを見せられるようになったのが今季は大きい」との森重のコメントからも、久保が特別なタレントなのは窺えるだろう。

    5/10(金) 17:00 サッカーダイジェスト
    2019-05-11_01h15_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00058334-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/10(金) 13:09:06.21
    サッカー解説者のセルジオ越後が様々なスポーツについて語る企画。今回はFC東京のMF久保建英(17)のFCバルセロナへの移籍報道加熱について語った。

    日本のメディアでは噂が流れているんですけど、メディアで流れるニュースは決してすべて本物ではない。サッカーに限らず。今はネット時代で色々なメディアが独自に情報を発信しているから。

    公式な情報は所属しているチームと選手を獲得するチームで発表がない限りはフェイクニュースと思えばいいんじゃないかな。エージェントが何かPRしようとするとか色々やり方があるんですけど、今回はFC東京の社長が否定した。バルセロナ、レアルマドリードなどからはひとつも公式な談話がない。日本のメディアもそこを取材、確認して記事にするべきじゃないかな。

    そうやって(移籍報道を)煽ることは久保君にとって良くないし、やっと(FC東京で)結果が出るようになってきてアピールする機会も増えてきたし、何か邪魔が入ってくることはボクは良くないと思っています。

    彼はFC東京でレギュラーになって、五輪代表でもレギュラーではないし。国内でもまだ宿題が残っているから。まずはそこをクリアしてステップアップさせて(移籍が)実現できれば素晴らしいことだと思います。 

    ないものをあるようにしようとしていることで、久保君が一番犠牲になってしまったら勿体ないと感じます。バルセロナにいたからバルセロナに戻らなければいけない、という義務は(お互いに)ないし。

    海外でプレイしたいならオファーがあったチームにいくべきじゃないかな。彼より実績がある代表選手でも海外にいったら試合に出られなくて苦労している。久保君が日本人(Jリーグ)のレベルを超えているか?ということを冷静に考えるべきじゃないかな。

    ないものをあるようにしたら犠牲になるのは彼ですよ。彼は主張していないし、マスコミがそうしようとしているところがボクは一番心配ですね。他の日本人選手に比べても彼はまだ超えていないから。だから急にビッグクラブが彼に魅力を感じるかといったらボクはありえないんじゃないかなと思いますね。

    まだ17歳でチャンスはあるし、まずは先輩たちを超えてアピールできれば、ステップアップできるんじゃないかな。

    5/10(金) 11:58配信
    2019-05-10_17h42_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00010000-tvtokyos-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ