海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 久保建英

    1: ゴアマガラ ★ 2019/09/16(月) 08:18:27.42
    レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、日本代表FW久保建英への期待を述べている。

    ペレス会長は今月11日、4日後に控えたソシオ(クラブ会員)総会に向けてソシオたちとの情報交換会に臨み、今夏の移籍市場でレアル・マドリーに加わりながらも、マジョルカにレンタル移籍した久保について言及した。レアル・マドリーが若手選手を自クラブで育てることができないとのテーマにおいて、次のように語っている。

    「ここで若手選手たちにチャンスを与えることは難しい。少ない出場機会で結果を求めなければならないからだ。(アーセナルにレンタル移籍したMFダニ・)セバジョスはプレーできる環境が必要で、ジダンが彼にその趣旨を伝えた。また(アトレティコ・マドリー移籍のMFマルコス・)ジョレンテはレンタルにもできたが、選手本人が完全移籍を望んだ」

    「そして久保について、彼はこれからとんでもない存在となるだろうが、頭も良い。出場機会を得るために、ここを離れることを選択したんだよ」

    ペレス会長のこの発言は、久保のレンタル移籍がクラブではなく、選手側の意向によって決められたことを明らかにした。ペレス会長はさらに、15日のクラブ総会でも「私たちは久保に代表されるように、未来を担う選手たちを補強している」と発言しており、この日本人選手に大きな期待を寄せていることがうかがえる。
    2019-09-16_11h46_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00010008-goal-socc

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/09/15(日) 09:04:09.95
    レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、日本代表MF久保建英(18)の来季復帰を望んでいるという。スペイン『ディアリオ・ゴル』が伝えた。

    今夏、大型補強を敢行したレアルだが、ジダン監督はフランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・U)を獲得できなかったことに落胆。フロレンティーノ・ペレス会長はポグバの代替案として、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス)、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(S・リスボン)を候補に挙げている。

    しかし、ジダン監督はそれを望んでおらず、ポグバを獲得できなければ、日本代表MFにレアルの新たな舵取りを任せたいと考えている模様。そのため、今季はマジョルカに期限付き移籍したが、来季のレアル復帰をペレス会長に直訴したという。

    同メディアは「ジダンは久保に魅了され、来季は彼を復帰させなければいけないとペレスに話した。レアル・マドリーの将来にとって、日本人選手は非常に重要なシーズンに直面している。マジョルカで重要な選手であることを証明しなければならない」と伝えている。
    2019-09-15_09h21_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-43471677-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/14(土) 10:03:31.32
    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間13日のリーガ第4節アスレティック・ビルバオ戦に途中出場。国際Aマッチウィークの強行軍のなか、PK奪取のプレーを披露した。キッカーのシュートミスでゴールこそならず、試合は0-0の引き分けに終わったが、スペインメディアは「ティキ・タケ」「催眠術をかけた」と報じている。

    後半35分、巧みなドリブルで相手DFユーリのファウルを誘発してPKを獲得

    【動画】「魔術師タケに催眠術をかけられた」…マジョルカ久保が“魔法のドリブル”でPK奪取
    https://www.football-zone.net/archives/217446/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=217446_6

    日本代表の一員として5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(2-0)に出場した久保。11日にチームに再合流したが、代表活動参加でチームメートとの練習はほとんどできず、強行軍の疲労も懸念されるなか、ビルバオ戦はメンバー入りしてベンチスタートとなった。

    出番が回ってきたのは0-0で迎えた後半18分。右サイドハーフに入ると同35分に魅せる。ペナルティーエリア手前右でボールを受け、細かいタッチでドリブル突破。フェイントから縦に持ち出し、相手DFユーリのファウルを誘発してPKを獲得した。キッカーのスペイン人FWアブドン・プラツがPKを枠外に外し、決勝ゴールとはならなかったが、疲労を感じさせないプレーを見せた日本代表MFにはスペインメディアも着目した。

    スペイン紙「マルカ」は、「パルマで“ティキ・タケ”をプレー」と“ティキ・タカ”と久保の名前をかけて見出しを展開。「久保の最初のトリック。リーガ2度目のパフォーマンスで称賛を手にした。自転車に乗ったかのように、急な方向転換でユーリを破壊。(ユーリは)魔術師タケに催眠術をかけられ、ペナルティーを与えてしまった」とPK奪取のプレーを称えている。

    勝利にこそ導けなかったものの、久保が自身のプレーでマジョルカファンの心をつかみつつあるのは間違いないだろう。

    9/14(土) 9:01 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190914-00217446-soccermzw-socc
    no title


    「魔術師タケが相手に催眠術をかけた」久保建英の“トリック”を地元紙が称賛
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-43471623-gekisaka-socc

    ビルバオ戦でPK奪取、久保建英にマジョルカ指揮官が賛辞「若いがとても優れた選手」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00010005-goal-socc

    「魔術師クボがトリックを披露」「電撃的なドリブルだ」PK奪取の久保建英をスペイン各紙が激賞!
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190914-00064128-sdigestw-socc

    続きを読む

    news_284990_1

    1: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 06:34:30.08
    やばない?みたか?

    2: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 06:34:39.33
    やべえな

    3: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 06:35:07.87
    点決めたか?

    6: 風吹けば名無し 2019/09/14(土) 06:35:39.20
    >>3
    ドリブルで交わして足かけられてPK獲得したけど味方が外した

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/09/14(土) 06:01:17.28
    13日のリーガ・エスパニョーラ第4節、マジョルカは本拠地ソン・モイスでのアスレティック・ビルバオ戦をスコアレスドローで終えた。日本代表FW久保建英は2戦連続で途中出場を果たし、PKを奪取するなど存在感を発揮している。

    バスクの雄アスレティックをホームに迎えたマジョルカ。ビセンテ・モレノ監督はやはり日本代表に参加していた疲労を考慮してか久保をベンチスタートとしてこの試合に臨んだ。前半はどちらも手堅いプレーを見せて、主要なチャンスはセットプレーから生じるのみで、マジョルカはサルバ・セビージャの放ったフリーキックが惜しくもGKシモンに阻まれた。

    するとハーフタイム、ソン・モイスの観客は久保の名前を連呼。2試合連続でベンチスタートとなった日本代表FWが、停滞する試合を打開することを願った。モレノ監督は観客の要望を受けたわけではないだろうが、その久保にウォームアップを命じている。

    後半もどちらもチャンスを決め切れず、スコアレスのまま時間は経過。そしてモレノ監督はついに久保を呼び寄せ、63分にダニ・ロドリゲスとの交代でピッチに立たせた。久保は4-4-1-1のシステムで、D・ロドリゲスがプレーしていた右サイドにそのまま入っている。

    久保は守備では右サイドで対面するアスレティックの左SBユリの動き出しに気を配り、攻撃では中央や左サイドとポジションを変えながらボールに絡もうとする。が、攻撃面での連携不足はいまだ改善されておらず、パスを思うように受けることはできない。70分過ぎにはペナルティーエリア内右に入り込みボールを折り返したものの、誰も走り込めなかった。

    だがしかし、やはり個人技はリーガ1部でも別格だ。80分、マジョルカは久保を起点に先制のチャンスを得る。相手ペナルティーエリア内右でボールを持ってユリと対峙した久保は、右足でボールを蹴り出して縦への突破を図り、この一瞬の加速に対応し切れなかったユリに足をかけられて転倒。これがPKの判定となった。しかしPKキッカーのアブドン・プラッツが蹴ったシュートは枠の右に外れてしまい、マジョルカは千載一遇のチャンスを逃した。

    先制の機会を逃したマジョルカは終盤、地力で勝るアスレティックに押し込まれ、アディショナルタイムにペナルティーエリア内でババがハンドを犯したことでPKを譲渡。しかし元マジョルカのアドゥリスもこれを決め切ることができず、結局試合はスコアレスで終了している。マジョルカは第4節までの成績を1勝1分け2敗として暫定で14位に位置している。
    2019-09-14_09h09_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00010003-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/13(金) 09:34:29.40
    柴崎や長友と同位からジャンプアップした久保、今や代表チーム内2位タイに

    森保一監督率いる日本代表は、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選初戦でミャンマーと対戦し、敵地で2-0と勝利した。

    W杯アジア予選で白星スタートを切った日本代表メンバー23人の「最新推定市場価格」(ドイツ移籍情報専門サイト「transfermarkt」)をチェック。
    注目を集める18歳MF久保建英(マジョルカ)は5倍アップを果たし、代表チーム内で上位に食い込んでいる。

    ミャンマー戦ではMF中島翔哉(ポルト)とMF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2-0と勝利。
    来夏まで続く2次予選の初戦を白星で飾り、7大会連続のW杯出場に向けて森保ジャパンは順調な一歩を踏み出した。

    そんな日本代表メンバーの最新推定市場価格を見ると、急激な伸びを見せている若武者がいる。
    18歳98日でミャンマー戦のピッチに立ち、W杯予選史上最年少出場を果たした久保だ。
    風間八宏(現・名古屋グランパス監督)氏の19歳67日を上回る形で記録を更新。
    ゴールこそ決められなかったが、日本の若武者が日本サッカー史に名を刻んだ。

    今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍し、その後に同国1部マジョルカへ1年間の期限付き移籍となった久保は、市場価格が200万ユーロ(2億3700万円)から1000万ユーロ(11億8900万円)と5倍アップ。
    選手の年齢、クラブや代表での実績、ポテンシャルなどを踏まえて算出される市場価格だが、久保のそれは今夏を境に飛躍的な伸びを見せている。

    当初はMF柴崎岳(デポルティボ)やDF長友佑都(ガラタサライ)と同額の200万ユーロだったが、日本代表選出やスペイン移籍などが重なり、
    森保ジャパン内でMF堂安律(PSV)と並ぶ2位タイの1000万ユーロの値が付いた。
    現在、代表内トップは10番を背負う中島の2500万ユーロ(29億7400万円)。久保との差は現在1.5倍だが、スペインでの活躍次第では、その差も縮まりそうだ。(Football ZONE web編集部)
    660a0_1610_3119a602_cda6f387
    https://news.livedoor.com/article/detail/17072967/
    2019年9月12日 19時15分 Football ZONE web

    https://sportconsulting.jp/athlete/

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/09/12(木) 19:11:05.13
    @SoccerKingJP: 🇪🇸爆アゲ🇯🇵
    ピッチ外でも大きな存在感…久保建英の市場価値が急騰! 現在は約12億円の価値
    GettyImages-1171712574
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20190912/978789.html

    🗣編集部より
    「#久保建英 の市場価値は、ここ3カ月で約5倍に急上昇! #マジョルカ や #日本代表 で活躍すれば、さらに市場価値が跳ね上がる可能性もあります😲」 https://twitter.com/SoccerKingJP/status/1172041857108283392/photo/1


    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/09/12(木) 05:56:34.51
    9/12(木) 5:00配信
    サッカー日本代表MF久保建英(18=マジョルカ)の20年東京オリンピック(五輪)出場に向けた障害がクリアされていることが11日、分かった。


    今夏に東京からスペイン1部の強豪レアル・マドリードに完全移籍する際、五輪本番での代表招集を了承されている模様。東京五輪は招集の拘束力がないため、久保の招集が可能となれば悲願の金メダル獲得への追い風となりそうだ。久保らミャンマー戦を終えた日本代表はこの日、ヤンゴンで解散した。

       ◇   ◇   ◇

    地元日本で開催される五輪のピッチに、久保が立てる可能性が高まった。五輪は日本サッカー協会(JFA)による代表招集への拘束力がなく、前回の16年リオデジャネイロ五輪では得点源と目されたFW久保裕也(当時ヤングボーイズ)を呼ぶことができなかった。だが来年の東京五輪で主役となる久保については、関係者によると、今夏のRマドリード移籍の際にクラブ側から招集に前向きな回答を得ており、期限付き移籍先のマジョルカもその意向を踏襲している模様だ。

    久保が五輪世代に加われるとなれば、金メダル獲得という目標達成に向け、これ以上ない“強化”となる。すでにA代表で5試合に出場し、10日のミャンマー戦では後半36分から途中出場。18歳98日でワールドカップ(W杯)予選のピッチに立ち、風間八宏(当時筑波大)が80年に記録した19歳67日のW杯予選での日本代表史上最年少出場記録を更新した。シュートこそなかったが、大雨後のピッチでもヒールパスなど高い技術を披露。金田喜稔の19歳119日という日本代表の国際Aマッチ最年少ゴール記録の更新も期待されるなど、A代表での存在感は高まってきている。

    順調にいけば、攻撃陣の中心に太い柱が入ることになる。A代表でも主力のMF堂安、6月の南米選手権でウルグアイから2得点したMF三好らと、豪華な中盤を形成。五輪代表の攻撃力アップは計り知れない。

    今後は所属先のマジョルカでの定位置確保が最優先になる。この日午前にミャンマーをたち、主戦場となるスペインへ。コンディション次第だが、13日の次戦ビルバオ戦(アウェー)に出場する可能性もある。試合後には「しっかり休んで、クラブでの活動が始まるので、この活動を言い訳にせず、しっかりと挑んでいければ」と頭をすでに次なる戦いへと切り替えていた。スペインでレギュラーをつかみ、東京五輪、そしてその先の22年W杯カタール大会へ。久保が挑戦を続けていく。

    ◆久保の五輪ロード 堂安や冨安と同様、今後もA代表を軸に選出され、五輪代表には来夏の大会前に合流するとみられる。今回、五輪世代のU-22日本代表はA代表の活動の裏で北中米へ遠征。一方で同世代の久保ら4人は飛び級でW杯予選に呼ばれ、より高いレベルに置かれた。10、11月と来年3月も活動は重なるが、原則はA代表。12月28日に行われるU-22代表の親善試合(長崎)と、来年1月にU-23代表が出場する同アジア選手権(タイ)にも久保は招集されない見通し。クラブとA代表で成長して東京五輪に向かう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-09110520-nksports-socc
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 06:12:06.47
    【ミャンマー 0-2 日本 カタールワールドカップ・アジア2次予選 第1節】

    2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選F組第2節のミャンマー対日本戦が10日に行われ、アウェイの日本代表が2-0で勝利を収めた。途中交代で出場したMF久保建英が試合を振り返った。

    ベンチスタートとなった久保は81分、日本代表の最後の3人目の交代選手として中島翔哉に代わって交代出場。短いプレー時間の中で積極的に仕掛けてチャンスを生み出そうとする場面もあったが、決定機には繋がらなかった。

    ワールドカップ予選では日本代表史上最年少となる18歳98日での出場となったが、「特に予選だからっていうのは何もなかったです」とコメント。「とりあえず出れて良かったかなという感じですね」と冷静に話している。

    試合を決定づける追加点を期待されての投入となったが、「特にあまりそんな展開でもなかったし、自分はできることをやったかなという感じです」「今日はそんなにプレーに関与していないですし、大して何かしたというわけでもないので、うーん、って感じですね」と消化不良な様子を見せた。

    今後に向けては「練習や試合などで良いプレーをして、監督に認めてもらえるような選手になれればいいと思います」と久保。「しっかり休んで、クラブでの活動が始まるので、ここでの活動を言い訳にせずにしっかりまた挑んでいければ」とスペインでの新たなスタートへ気持ちを切り替えようとしている。
    20190910_kubo_tnk
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00337919-footballc-socc
    9/11(水) 0:44配信

    続きを読む

    news_284705_1

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/10(火) 23:17:58.59
    久保がW杯予選に最年少出場。ミャンマー戦に18歳98日で交代出場し、日本代表では、風間八宏(筑波大)が1980年12月22日のシンガポール戦(香港)で記録した19歳67日を抜いた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00050290-yom-socc
    9/10(火) 23:10配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ