海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 久保建英

    1:Egg ★:2018/04/26(木) 23:44:18.62 ID:CAP_USER9.net
    日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第3回は、久保建英について。CM出演に関する報道が出た16歳のレフティーについて宮澤氏が持論を展開。さらに、久保のプレーヤーとしての魅力も語っている。(語り手:宮澤ミシェル)

    16歳久保、CM出演はまだ早い。過度の期待を背負わせる不安、注目すべきはピッチ上の姿【宮澤ミシェルの独り言】

    ●デビュー当時のメッシは先輩たちに守られて、みんなの子どもみたいだった

    FC東京の久保建英が、清涼飲料水メーカーのCMに出演するという報道を見た。個人的には正直、まだ早いんじゃないかと思う。確かに、久保には『バルセロナ』というのがある。サッカーをよく知らない人には引っかかりやすいというか、仮に久保のことはわからなくても「バルセロナにいた子だ」となる。でも今、スター街道に乗せてしまうのは可哀想だなと。

    (リオネル・)メッシは17歳でデビューしたけど、ロナウジーニョやエトーといった先輩たちに守られていて、みんなの子どもみたいだったよね。その年代ごとのやるべきことをしっかりやっているから、今があるわけで。若い頃から無理をさせちゃうと良くないし、もったいないよ。

    もちろん久保はいい選手だよ。ただ、プロの世界で継続的に結果を出しているわけではない。何と言うか、まだ隠しておいてじっくり育ててほしい。ちゃんと育てて18歳、19歳になったら露出を増やすようにすればいいと思う。ヨーロッパでは10代で出てくるような選手って、例えば(アレッサンドロ・)デル・ピエロもそうだったけど、その時点ですでにスーパースターだから。ネイマールだってそう。日本の10代とはちょっと違う。

    1999年のコパ・アメリカでブラジルの試合を解説していたんだけど、その大会でロナウジーニョが出てきた。彼がピッチに立ったらブラジル人の観客が沸いちゃって。「俺たちのロナウジーニョが出てきたぞ」みたいな。僕は「そんなにすごい選手なの?」って思ったんだ。でも、サポーターはロナウジーニョが次のスターになるというのをわかっている。彼らは物差しとして持っているんだよね。「次のペレはコイツだ」と。僕はそれに感動しちゃって。

    そこからパリ・サンジェルマンに行って、2002年の日韓ワールドカップで優勝。どんどん階段を上がっていって、バルサの時なんかハンパじゃなかった。ああ、スーパースターってこういう風になっていくんだなって思ったよ。ブラジルはその前に怪物の方のロナウドやリバウドもいて、そうやって続いているんだよ。

    僕はそれが言いたいんだ。日本もズバ抜けた選手が継続して出てくるというサイクルが続くようにならないといけない。だから今、久保と言われた時に、まだ早いだろうと思ってしまうんだ。久保本人が背負っちゃって、彼のためにならないんじゃないか。

    つづく

    4/26(木) 10:41配信 フットボールチャンネル
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00010000-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/06(金) 21:42:26.84 ID:CAP_USER9.net
    ■ルヴァン杯仙台戦、MF梁を含めて3人抜きからフィニッシュまで持ち込む

    FC東京の16歳FW久保建英は、トップチーム2年目の今季、リーグ戦3試合、ルヴァンカップ3試合、J3リーグ戦1試合と計336分間プレーしている。

    途中出場した3月14日のルヴァン杯アルビレックス新潟戦(1-0)ではトップチーム初ゴールを挙げるなど、攻撃の起爆剤として起用されているが、4月4日の同ベガルタ仙台戦では0-3と敗れたなかでも“3人抜きドリブル”を見せ、ファンから「流石だわ」と称賛を受けている。

    試合は敵地に乗り込んだ仙台が前半28分に新人FWジャーメイン良の得点で先制し、同42分には右膝半月板損傷の大怪我から約4カ月ぶりに復活したDF蜂須賀孝治もゴール。FC東京は前半で2点のビハインドを背負った。

    久保が魅せたのは後半20分。敵陣のアタッキングサードでボールを拾うと、仙台MF梁勇基がボールを奪おうと足を出したところを抜き、さらに左足の細かいステップでペナルティーエリア内へ。DF大岩一貴とDF常田克人に寄せられながらもボールを失わず、左足を振り抜いた。シュートはわずかに枠の右へと外れてゴールとはいかなかったものの、久保の“3人抜き”からのシュートには敵地ユアテックスタジアムも沸いた。

    Jリーグ公式YouTubeチャンネルは試合のハイライトを公開。

    コメント欄には、「普通の日本人ならここでラストパスを出すところを、個人で打破しようとするのは流石だわ」「久保くんがあそこで自分で持っていこうとした所を見て何故だか嬉しくなった」といった反応が寄せられた。

    長谷川健太新監督の下、スケールの大きなプレーを見せ、さらなる成長曲線を描きたいところだ。(Football ZONE web編集部)

    Football ZONE web / 2018年4月6日 19時25分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_97319/

    写真



    動画

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/25(日) 16:55:13.21 ID:CAP_USER9.net
    [3.25 J3第4節 F東23 3-0 富山 味フィ西]

    J3第4節が25日に行われ、FC東京U-23のMF久保建英がホームでのカターレ富山戦(3-0)で今季リーグ戦初ゴールを挙げた。J3では通算3得点目としている。

    FC東京U-23は前半をスコアレスで折り返すと、後半4分にDF小川諒也の左クロスをニアのFW前田遼一が頭で押し込んで先制。そして1点リードで迎えた同30分だった。

    前田がPA内中央のMF内田宅哉にパスを入れ、その落としに反応した久保が利き足とは逆の右足でシュート。相手DFをかすめたボールがゴール左隅に吸い込まれ、2-0とした。

    久保は今月14日に行われたルヴァン杯グループリーグ第2節・新潟戦(1-0)でトップチーム初ゴールを挙げ、大会最年少得点記録を16歳9か月10日に更新。ここまでトップチームで3試合に出場していたが、今季初めてFC東京U-23として出場した一戦で、いきなり初得点を決めてみせた。

    FC東京U-23はその後、富山MF才藤龍治が2度目の警告で退場し、数的優位に立つ。後半アディショナルタイム1分には前田がこの日2点目を奪い、3-0で今季初白星を手にした。
    2018-03-25_17h09_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-01651915-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/15(木) 14:57:47.13 ID:CAP_USER9.net
    3.14 ルヴァン杯GL第2節 浦和1-4G大阪 埼玉]

    17歳がプロ初ゴールを決めた約40分前、16歳はトップチーム初ゴールを記録していた――。

    後半開始から出場したガンバ大阪FW中村敬斗は、3-1とリードして迎えた同42分に待望のプロ初ゴールを奪取する。縦パスを受けると、鮮やかなターンでDF槙野智章を抜き去り、自陣から一気に敵陣PA内まで持ち込む。目の前に立ちふさがったMF阿部勇樹を右にかわしてコースを生み出すと、ニアを抜く強烈なシュートを突き刺した。

    そして、約40分前、年代別代表でチームメイトとなるFC東京FW久保建英がトップチーム初ゴールを奪っていた。このことを「先輩から聞いた」という中村は、「久保選手もプロで試合を重ねていたので、『そろそろ絶対に決めるだろう』と分かっていたし、そろそろ、自分も決めておかないとと思っていた」と同年代の選手の動向を気にしていたようだ。

    自身がゴールを奪った際には「あいつよりも先に決めた」と思ったようだが、久保の方が一歩先にゴール。しかも、1-0の決勝ゴールだったことで、微妙な表情を浮かべる。それには理由があった。「今日は4点目でダメ押しゴールだったし、1点を返されて流れが悪い状況でのゴールだったので良かったと思う。けど、決定的な決勝ゴールや同点ゴール、逆転ゴールを狙っていきたい」。ゴールは当然うれしいが、FWとしてチームの結果に直結するゴールを決めたいという気持ちがあるからこそ、そのゴールを先に久保に決められたことで苦笑するしかなかったようだ。

    普段から「この間は惜しかったな」「次、決めろよ」とラインでやり取りする仲であり、「お互いにゴールを決められたのは、すごくうれしいことだし、これからにつながる」と笑顔を見せる。今後も切磋琢磨しつつ、お互いの成長につなげていく。

    3/14(水) 23:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-01651500-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    ktf115-jpp022682322

    1:風吹けば名無し:2018/03/06(火) 03:14:42.87 ID:uqGpEywD0.net
    久保建英って16歳の頃の宇佐美より凄いんか?
    2:風吹けば名無し:2018/03/06(火) 03:15:22.82 ID:HrDmhtoHx.net
    凄い
    4:風吹けば名無し:2018/03/06(火) 03:16:25.67 ID:uqGpEywD0.net
    >>2
    順調に行けば19歳でバルセロナトップチーム期待してええんか?
    続きを読む

    376:U-名無しさん :2018/03/03(土) 22:09:23.53 ID:K2WyW3Ph0.net
    どうやら瓦斯の面々は久保くんさんに嫉妬しているようだ

    久保建英「ボールもらえるように」もどかしさ吐露
    2018-03-04_11h37_27
    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201803030000744.html

    「自分はボールを一生懸命、もらおうと思っているんですけど、この2試合、なかなかボールがこないので、どうにかして、もっとボールをもらえるようにしたいなぁとも思います」
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/24(土) 21:35:31.08 ID:CAP_USER9.net
    久保本人は「あんまり多くボールに関与できたわけでなかったので」と悔やんだが…

    [J1リーグ1節]FC東京1-1浦和/2月24日(土)/味スタ

    1-1で迎えた72分。開幕戦で勝利を掴みたいFC東京はピッチに16歳の久保建英を送り込んだ。
     
    前田遼一に代わり、2トップの一角に配置された久保は昨季のACL王者・浦和を相手に持ち前の技術を発揮。「中盤が空いてくるので建英の足下が生きてくる」と長谷川健太監督が語ったように、スピードに長けた永井謙佑や前線で身体を張れる富樫敬真のお膳立てを受けながら、創造性豊かなプレーで攻撃にアクセントを付けた。最終盤には左足でシュート。「最初は打とうと思ったのですが、パスに切り替えて戻してくれたらいいなと思ったので、そこまではイメージ通りでした」という一撃は枠を捉えられなかったが、観衆を沸かせるものだった。
     
    試合後に久保は初のJ1開幕戦を振り返り、結果を残せなかったことを悔やんだ。「あんまり多くボールに関与できたわけでなかったので、次はもっとやれたらいいかなと思います」と語り、次の試合に気持ちを切り替えた。

    とはいえ、浦和戦は得点を取りに行く場面で投入されたように、長谷川監督から攻撃センスを高く評価されているのは確かだ。フィジカル面や守備力ではまだまだやるべきことが多く残されており、現時点では後半途中からの起用がメイン。それでも、指揮官は短い時間であれば、結果を残せると踏んでいる。

    その想いは選手たちも同様だ。「今日見ていただいて分かるように、大人が一生懸命、彼のために走っている。彼の才能を認めていなければ、周りも『なんだよ』となりますけど、東、高萩や、永井、富樫も彼の才能を一緒にプレーをして認めているからこそ、足りない部分をみんなでカバーしようとしていた」と長谷川監督は語る。久保の実力を認めている先輩たちはフリーランや身体を張ったプレーで久保の良さを引き出そうと奮戦した。
     
    「もちろん今日は建英らしいプレーをできませんでしたが、こういう経験を積んでいけば、一次キャンプからの成長は目を見張るものがあるので期待をしています」と、長谷川監督も久保の成長ぶりに目を細めている。サポートを受けながらJ1レベルに慣れ、プレーの幅を広げていく。そのなかでひとつずつ結果を積み重ねられれば、自身の可能性はより広がってくるはずだ。
    2018-02-24_23h38_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180224-00036058-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/17(土) 00:37:40.01 ID:CAP_USER9.net
    FC東京に所属するFW久保建英について、イタリアのサッカー情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』が15日、特集を組んだ。

    バルセロナの下部組織出身で、現在はJリーグで活躍する16歳の久保に、イタリアから熱視線が注がれている。毎日、1人ずつ才能ある選手を紹介するコーナーにおいて、15日は久保が選出された。

    特集では、「タケフサ・クボ…次世代のナカタ」と題し、かつてイタリアのローマやペルージャ、パルマなどで活躍した元日本代表の中田英寿氏に準え、久保が紹介されている。

    「わずか15歳5カ月でデビューし、日本サッカー史上最年少プレーヤーになった。タケフサ・クボは、バルセロナ下部組織出身のだが、現在はFC東京でプレーする若手だ」と、バルセロナで育成された若き久保が日本で躍動していることを伝えた。

    続いて、「日本サッカー界の新顔であり、待望のスターである」と紹介し、選手の特徴を分析している。

    「小柄なファンタジスタで、狭いスペースで素早いスピードを持つ。また広いスペースにおいても脅威となれる能力がある。移籍の規制により、バルセロナが犠牲を払った数多くの選手の1人だ」

    最後に、久保に類似する選手として「ヒデトシ・ナカタ」と結んでいる。久保の成長には、日本から遠く離れたイタリアからも視線が注がれているようだ。
    2018-02-17_07h50_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000021-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/07(水) 06:14:15.19 ID:CAP_USER9.net
    練習試合 F東京1―1北京控股(6日、沖縄・糸満市陸上競技場)

    F東京は沖縄2次キャンプ7日目の6日、中国2部リーグの北京控股(こうし)と練習試合を行い、FW久保建英(16)が2試合連続で得点し、1―1で引き分けた。今季初めてフル出場するなどコンディションも向上。24日の浦和とのJ1開幕戦(味スタ)スタメンへのアピールに成功した。

    久保は鋭い眼光で蹴ったボールの行方を追った。後半13分、自身が得たPKを左足でミートし、ゴール右隅へズバッと決めた。「PKでしたが、どんな形でも結果を残せて良かったです」。0―1から追いつくチームにとっても重要な得点だった。

    積極果敢なプレーが生きた。スローインからボールを受けるとドリブルで仕掛けて相手のファウルを誘った。主審がPKを宣告すると、すぐさまボールを抱え、キッカーの意思を示した。昨季、F東京U―23で記録した2得点は流れのなかから。練習試合とはいえトップチーム初のPK得点。ゴールにこだわる姿勢が表れた。

    1月27日に途中出場したインドネシア王者バヤンカラFC戦で2得点したのに続く2試合連続ゴールとなった。「良かったと思います。先発で出てもサブで出ても結果を残すことが大事だと思います」。練習試合は3試合3得点。背番号を昨季の「41」からユース時代の「15」に変更した今季、好調を維持している。

    若手主体で臨んだ北京控股戦は前半苦しみ、後半はペースを握った。「後半はほぼ全部、前から(守備に)行くようになり、相手のコートでプレーできたのが良かった」。2トップの一角として守備のスイッチを入れ、相手のミスも誘って主導権を奪い返した。

    長谷川健太監督(52)は「前半は仕事してなくて、後半は仕事をした。後半はアグレッシブにやってくれた。ポテンシャルは持っている。あとは本人のやる気次第」と発破をかけながらも評価する。開幕戦まで3週間を切った。強化試合は10日の名古屋戦、17日の横浜M戦の2試合を残す。今季初めてフル出場した久保は「コンディションを上げていければ」と開幕スタメンを目指し、さらに調子を上げていく。(羽田 智之)

    2/7(水) 6:05配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000349-sph-socc

    写真



    久保くん、あるぞ!開幕スタメン 今季初フル出場で2戦連発 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000056-spnannex-socc
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/02/04(日) 07:48:17.51 ID:CAP_USER9.net
    【F東京】16歳久保建英がナイキと異例の契約へ 複数年で東京五輪もサポート
    2018年2月4日5時0分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180203-OHT1T50185.html



    ナイキとの大型契約を結ぶことが濃厚なF東京の久保

    F東京のFW久保建英(16)が、今季からスポーツ用品メーカー大手「ナイキ」と契約交渉を進めていることが3日、分かった。複数年の見込みで、20年の東京五輪も同社がサポートする予定だ。

    用具提供にとどまらず、契約金を含む内容となる見通しで、プロの実績がない選手としては極めて異例。

    世界のスーパースターと契約する同社からの強力なバックアップは、昨年クラブ史上最年少の16歳5か月22日でJ1デビューを果たした逸材にとっても大きなプラスとなるのは確実だ。

    “日本のメッシ”に強力な援軍が現れた。リーグ関係者によると、久保とナイキとの契約が間近に迫っていることが判明。詳細は交渉次第だが、複数年になるのは確実で東京五輪も同社のスパイクで臨む可能性が高い。

    4日から合流するF東京の2次キャンプ(沖縄・糸満)から履き始める予定で、今月下旬の開幕前にも正式に契約するとみられる。

    過去には09年にG大阪MF宇佐美貴史が17歳でアディダスと、10年には浦和FW原口元気が18歳でナイキと契約した例があるが、16歳の久保は2人よりも早い。

    さらに将来性を加味し、Jクラブの主力級と同等の年1000万円前後の契約金も検討されている。今後は特注スパイクが作製される可能性もあり、10代としては破格の待遇となる。

    バルセロナの下部組織にいた当時に現地のアディダスと契約し、これまで愛用してきた。だが、昨年11月にプロになったこともあり、今オフに見直しを検討。ナイキをはじめ5社以上が名乗りを上げ、争奪戦となっていた。

    その中で最も自身の足にフィットしたスパイクを提供した同社を選択。2得点を挙げた先月27日のバヤンカラFCとの親善試合でも着用。契約を結んでいないため黒塗りでロゴを隠していたが、好感触を得ている。

    >>2以降へ続く
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ