海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 久保建英

    202036kubo3_btvljjylekj01isu5ccf8zfmy
    1: 風吹けば名無し 2020/07/04(土) 12:10:17.08
    日本始まったな

    3: 風吹けば名無し 2020/07/04(土) 12:11:07.62
    前俊は?

    5: 風吹けば名無し 2020/07/04(土) 12:11:55.96
    今まで他の選手でポジってたのってなんだったんだと思えるくらい別格

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/07/04(土) 09:14:41.25
    ビッグクラブを相手に確かな爪痕を残した。18位マジョルカは3日、リーガ・エスパニョーラ第34節で3位アトレティコ・マドリーとのアウェー戦に臨み、0-3で完敗。その中でMF久保建英は得意のドリブルで相手を苦しめるなど、90分を通して存在感を示した。

    リーガ再開後、全試合でスタメン起用されている久保。この日は右サイドでキレのあるプレーを見せ、マッチアップしたDFマヌ・サンチェスを翻弄し続けた。後半17分にはそのサンチェスをベンチに追いやり、代わってDFレナン・ロディが投入された後も右サイドからチャンスを量産。チームは0-3で敗れたが、傑出した個の力で気を吐いた。

    スペイン『マルカ』は試合後の採点で久保に対し、両チームを通じて最高タイとなる星3つをつけている。久保とともに星3つを与えられたのは、FWアルバロ・モラタの追加点をアシストしたMFマルコス・ジョレンテだけだった。同じく『アス』も「久保が(アトレティコの本拠地)ワンダで圧倒的なデビュー」と絶賛している。

    2試合ぶりの黒星を喫したマジョルカは、残り4試合で残留圏内17位セルタと勝ち点5差の18位。4日に試合を行うセルタの結果次第では、さらに差が開くことになる。久保は好パフォーマンスを維持し、マジョルカの救世主になることはできるだろうか。

    7/4(土) 9:03配信 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fdaf551c79ea9a8888949b980e3dcbd2524297b1
    no title


    アトレティコ戦で輝き放った久保建英、スペイン紙で最高評価!「センセーショナル」

    アトレティコ・マドリー戦でフル出場したマジョルカMF久保建英は、スペイン『マルカ』で最高評価を受けた。3日に行われたラ・リーガ第34節で、アトレティコと対戦したマジョルカ。残留へ向け勝ち点が欲しい一戦だったが、強豪相手に苦しい戦いを強いられ、0-3で完敗を喫した。

    厳しい展開となった一戦だったが、10試合連続先発出場を果たした久保は随所に輝きを放った。42分には、タッチライン際での緩急をつけたドリブルでサウールとホセ・ヒメネスを翻弄。ヒメネスはボールを叩きつけて苛立ちを露わにしている。そんな久保に対し、『マルカ』は最高評価となる「★3つ」を与えている。マジョルカの他の選手はすべて「★1つ」以下であり、またアトレティコ側でも「★3つ」はマルコス・ジョレンテのみ。いかに19歳の日本代表が高く評価されたかを物語っている。

    また同メディアのアルベルト・R・バルベーロ記者は、マッチレポートの中で以下のように綴っている。「クボ、タケでも知られるこの選手は前半にセンセーショナルなプレーを見せた。多くの体が彼を止めようとし……チームメートはそのプレーがどう終わるのかを探っていた」

    「マジョルカは勇敢な試合を演じようとし、チャンスがあるときには結局クボが持ち込んでいくのだが、前線に部隊を送り込んだ。しかし彼らは守備が脆かった」「クボが疲れると、マジョルカの可能性は潰えてしまった」

    7/4(土) 7:43配信 GOAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/95e354ae796303e8d8dba1c2c0f4b325c264cf22

    続きを読む

    202036kubo3_btvljjylekj01isu5ccf8zfmy
    1: 風吹けば名無し 2020/07/04(土) 06:04:22.46
    堅守でチャンピオンズリーグも決勝まで何度もいってるアトレティコに二人抜き
    抜かれた相手ブチギレ

    https://video.twimg.com/amplify_video/1279150724023300097/vid/1280x720/ijydlnWTYSFGeHL5.mp4

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/04(土) 06:58:51.08
    【アトレティコ・マドリード 3-0 マジョルカ リーガ・エスパニョーラ第34節】

    リーガ・エスパニョーラ第34節、アトレティコ・マドリード対マジョルカが現地時間3日に行われた。試合はアウェイのマジョルカが0-3の敗戦を喫した。

    マジョルカに所属する日本代表MF久保建英はこの日も先発に名を連ね、10試合連続の先発出場となった。得点こそなかったものの、得意のドリブル突破でサンチェスやコケを交わすなど好プレーを連発した。

    先制したのはアトレティコ。25分、ペナルティエリア右で受けたモラタがセドラルに後ろから倒され、PKを獲得。モラタ自らがPKキッカーを務めるも、レイナがビッグセーブ。最後はセドラルがクリアし、難を逃れた。しかし、VARの介入でPKはやり直し。今度はモラタがきっちり決め、アトレティコが先制に成功した。

    1点ビハインドのマジョルカは久保にボールを集める。42分、久保は右サイドでボールを受けると、サンチェスとコケの二人を交わし、右サイドを突破。中央にパスを供給したが、ヒメネスが最後クリア。右CKを獲得するも、得点には繋がらなかった。

    前半AT、フェリックスのミスでボールを奪われたアトレティコだったが、ペナルティエリア内でボールを奪い返し、最後はジョレンテのグラウンダーのクロスにモラタがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

    後半に入ると、アトレティコのロディ投入により、守備に回る時間が多くなり久保は中々自由にプレーさせてもらえない。すると79分、飲水タイム直後にコケが右足で決め、アトレティコがリードを3点に広げた。

    試合はこのまま終了し、マジョルカは0-3の敗戦を喫した。敗れたマジョルカは連勝を逃した。

    【得点者】
    29分 1-0 モラタ(アトレティコ・マドリード)
    45+4分 2-0 モラタ(アトレティコ・マドリード)
    79分 3-0 コケ(アトレティコ・マドリード)
    2020-7-4-Kubo_Getty-560x373
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9b6b5434d777558b86cf27e25d90ecec20ef83d

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/07/03(金) 09:56:38.43
    セルタ戦で2アシストを挙げるなど大活躍 PSGが久保獲得へ“本気モード”
    no title

    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、レンタル期間を満了する今季終了後の去就が注目を集めている。セリエAの名門ACミランやフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)が期限付きでの獲得に関心を示していると指摘されてきたが、ここに来て、PSGが本腰を入れたとスペインメディア「ドン・バロン」が報じている。


    「PSGがマドリードのスターへ向けて加速、交渉の席につく」

    このように銘打たれた記事では、まず久保が2アシストを記録した現地時間6月30日のリーガ第33節セルタ戦(5-1)について言及。「タケフサ・クボが最大のスター選手としてチームに希望をもたらした。レアル・マドリードからレンタル移籍している日本人選手は、マジョルカを2部降格から救うための責任を担うようになっている。パリは彼に取り付かれており、イタリアからの電話は現時点でフロレンティーノ(・ペレス会長)の机の上にオファーとしてある」と綴り、ミランの介入とほぼ時を同じくして、PSGが“ペースアップ”したとしている。

    さらに同メディアは、具体的な条件額にも触れており「アルプスの向こう側の国からは、ACミランがクボの後を追っているとの噂が届いた。元バルサ選手はセンセーションを起こしており、多くの人が他の可能性がない場合、彼が来季マドリードの選手になると見ている。そして、PSGのスポーツディレクターを務めるレオナルドはクボを熱望しており、5000万ユーロ(約60億5000万円)を提示してできるだけ早く交渉の席につきたいと希望している。これとは別に、選手の給料として5000万ユーロになるかもしれない。移籍オペレーションは総額1億ユーロ(約121億円)ということになり得る。とんでもない数字だ」と伝えている。

    今季リーグ戦30試合に出場して3得点4アシストを記録している久保。マジョルカは依然として自動降格圏の18位にいるため残留争いにフォーカスされているが、果たして去就はどのような結末を迎えるだろうか。

    7/3(金) 6:10 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/da299c495fe6a717ed377983c769bc0f0fb0f0da

    続きを読む


    no title

    2: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 10:31:32.51
    競技人口がレベチやからな

    3: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 10:31:57.97
    藤井聡太くんは日本だけやん

    4: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 10:32:26.60
    錦織がすごい

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/07/01(水) 20:51:56.98
    セルタとの大一番に5-1と大勝 「マルカ」「AS」とも2アシストの久保を高く評価
    no title
    FWエルナンデスの得点を祝福するマジョルカMF久保建英

    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間6月30日、リーガ・エスパニョーラ第33節のセルタ戦に9試合連続でスタメン出場し、2アシストを含む4ゴールを演出。チームにとって今季最多得点となる5-1の快勝に大きく貢献した。スペイン全国紙はこの試合の選手採点を公開。「マルカ」、「AS」とも4ゴールに絡んだ久保にチーム最高タイの評価を与えている。

    【動画】久保が相手DFを引きつけリーガ初の1試合2アシスト…4ゴール演出の大活躍! 「マジョルカ×セルタ」(5-1)ハイライト
    https://www.football-zone.net/archives/269890/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=269890_6

    自動降格圏の18位に沈むマジョルカが、残留圏内の17位セルタをホームに迎えた大一番。リーグ再開後1分4敗と勝利がなく、セルタと勝ち点「8」差という危機的状況のなか、久保は9試合連続でスタメンに名を連ねた。

    今や攻撃陣の柱として風格を漂わせる久保が最初にゴールに絡んだのは、1-0で迎えた前半27分だった。左サイドでFWクチョ・エルナンデスにパスを送ると、素早い切り返しから右足でゴールをゲット。エルナンデスが切り返した際に一度相手DFにボールを引っかけていることで久保にアシストはつかなかったが、好連係を見せる2人によってチームに勢いをもたらす2点目が生まれた。

    さらに同40分、敵陣右サイドに開いてボールを受けた久保が仕掛けながら相手2人を引きつけ右足で中央へ折り返す。後方から飛び込んだMFアレハンドロ・ポソが正確なトラップから左足を振り抜くと、美しいカーブを描いたシュートがゴール左隅に吸い込まれ、久保にアシストが記録された。

    3-0で折り返した後半も、久保を中心にマジョルカの攻撃が機能。1点を返された直後の後半7分、敵陣右サイドでのパス交換から久保が相手2人を引きつけ、中央のMFサルバ・セビージャへパスを送ると、最後はゴール前に抜け出したFWアンテ・ブディミルが決めて、4-1とした。

    攻撃の手を緩めないマジョルカはさらに同15分、右サイドでキープした久保から中央のセビージャへパス。セビージャはゴールまで約20メートルの距離からコントロールショットを放つと、ゴール右隅を正確に射抜き、久保にこの日2つ目のアシストが記録された。

    5-1の快勝を受けて、スペイン紙「マルカ」は2アシストを含む4ゴールに絡んだ久保に「2点」を付け、2得点のブディミル、セビージャら8選手と並びチーム最高タイ評価となった。

    久保に満点評価「5ゴールのうち4つに重要な方法で絡んだ」
    またスペイン紙「AS」は、セルタ戦での久保のプレーが「印象的だった」と記し、「日本人はマジョルカの勝利の主要な選手の1人だった。5ゴールのうち4つに重要な方法で絡んだ。彼は巧妙で効果的だった」と称賛。採点では久保に満点となる「3点」を与え、ブディミル、セビージャ、好セーブを見せたGKマノロ・レイナと並び、こちらもチーム最高タイ評価が与えられた。

    マジョルカは今季最多の5ゴールで、リーグ再開後6戦目での初勝利。1部残留へ17位セルタとの勝ち点差を「5」に縮めた。苦しい状況は続くが、久保がマジョルカ攻撃陣で絶対的な存在になっていることを強烈に印象づける快勝劇となった。

    次節は3日、敵地での強豪アトレティコ・マドリード戦。苦戦が予想されるなか、久保はリーガ1部残留を争うチームに歓喜をもたらす活躍を見せられるだろうか。

    7/1(水) 8:39フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2daec0c1cf7f57cea930c35b57a67b7f5974d889

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/07/01(水) 08:35:07.08
    セルタ戦で5-1大勝、データ分析会社「オプタ」が久保の2アシストに注目
    no title


    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間6月30日、リーガ・エスパニョーラ第33節のセルタ戦に9試合連続でスタメン出場し、2アシストを含む4ゴールを演出。チームにとって今季最多得点となる5-1の快勝に大きく貢献した。

    データ分析会社「オプタ」は、久保がスペイン移籍後初の1試合2アシストを記録したことに注目。21世紀に入ってプレーした外国人選手として、最年少記録になったことを伝えている。

    【動画】久保が相手DFを引きつけリーガ初の1試合2アシスト…4ゴール演出の大活躍! 「マジョルカ×セルタ」(5-1)ハイライト
    https://www.football-zone.net/archives/269888/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=269888_6

    マジョルカはここまで、新型コロナウイルスの影響による中断からの再開後、1分4敗と勝利なし。残留圏内の17位セルタと勝ち点「8」差と危機的状況のなかで、ホームでの直接対決を迎えた。9試合連続のスタメン出場となった久保が最初にゴールに絡んだのは、1-0で迎えた前半27分だった。

    左サイドでFWクチョ・エルナンデスにパスを送ると、素早い切り返しから右足でゴールをゲット。エルナンデスが切り返した際に一度相手DFにボールを引っかけていることで久保にアシストはつかなかったが、好連係を見せる2人によって2点目が生まれた。

    さらに同40分、敵陣右サイドに開いてボールを受けた久保が仕掛けながら相手2人を引きつけ右足で中央へ折り返す。後方から飛び込んだMFアレハンドロ・ポソが正確なトラップから左足を振り抜くと、美しいカーブを描いたシュートがゴール左隅に吸い込まれ、久保にアシストが記録された。

    後半も久保を中心にマジョルカの攻撃が機能。後半7分、敵陣右サイドでのパス交換から久保が相手2人を引きつけ、中央のMFサルバ・セビージャへパスを送ると、最後はゴール前に抜け出したFWアンテ・ブディミルが決めて、4-1とした。

    攻撃の手を緩めないマジョルカはさらに同15分、右サイドでキープした久保から中央のセビージャへパス。セビージャはゴールまで約20メートルの距離からコントロールショットを放つと、ゴール右隅を正確に射抜き、久保にこの日2つ目のアシストが記録された。

    この結果を受けて、データ分析会社「オプタ」公式ツイッターは、「タケフサ・クボは21世紀のラ・リーガの試合で、2つのゴールをアシストする最年少の外国人選手になった」と伝えた。6月4日に誕生日を迎えたばかりの久保は19歳と26日で、リーガ在籍の外国人選手としては今世紀最年少での1試合2アシストになったとし、同メディアは「輝かしい」と綴っている。

    今季最多の5ゴールでリーグ再開後6戦目での初勝利。1部残留へ17位セルタとの勝ち点差を「5」に縮めた。苦しい状況は続くが、久保がマジョルカ攻撃陣で絶対的な存在になっていることを強烈に印象づける快勝劇となった。

    7/1(水) フットボールゾーン 5:52
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5dddd1fea289001f96f7a2018bd57da4ecc3ff37

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/07/01(水) 04:33:07.60
    4-3-3の右ウイングで9試合連続のスタメン

    現地時間6月30日に開催されたラ・リーガ第33節で、久保建英を擁する18位のマジョルカが8ポイント差で17位のセルタとの残留争い直接対決に臨んだ。

    注目の久保は、過密日程にもかかわらず、4-3-3の右ウイングで9試合連続のスタメン出場を果たした。

    開始7分、いきなり物議を醸すプレーが起きる。サンティ・ミナに足を掛けられたとして、マジョルカのMFダニ・ロドリゲスが倒れ、レフェリーがPKを宣告。微妙なシーンだったが、5分あまりのVAR検証の末、判定は変わらず。このPKを主砲ブディミルが落ち着いて決めて、幸先よく先制する。

    リードを奪ったホームチームは19分、敵MFブルダリッチに持ち込まれ、強烈なシュートを浴びるも、GKレイナが好セーブで防ぐ。この後のCKでもムリージョのヘッドでピンチを招くが、再び守護神が間一髪でかき出した。

    24分には、カウンターからクチョのパスを受けた久保がエリア内に持ち込み、DF2人の間からシュート。しかし、GKに正面でキャッチされる。

    27分、今度は左サイドの久保からいいタイミングでパスを受けたクチョがエリア内で仕掛け、一度DFに当ったボールを右足一閃。鮮やかなシュートでネットを揺らす。

    このシーンではアシストは付かなかったが、迎えた40分だった。右サイドでボールをキープした久保が、オーバーラップしてきたポソに絶妙のパス。これを受けた右SBが左足でゴラッソを叩き込み、3点目を挙げる。
     
    後半に入って50分に、アスパスのPKで1点を返されたマジョルカはその2分後、久保→セビージャ→プディミルと渡って4点をゲット。再びリードを3点に広げる。

    さらに、60分にも久保のパスを受けたセビージャが強烈なミドル弾を叩きこみ、5点目を決める。5ゴールは今季のチーム最多ゴール。日本代表MFは、これがシーズン4アシスト目(1PK奪取を含めると5アシスト)となった。

    83分でお役御免となった久保の4点に絡む活躍もあり、“裏天王山”に5-1の大勝を飾ったマジョルカ。セルタとの差を5ポイントに詰め、奇跡の残留に望みをつなげた。
    2020-07-01_06h29_47
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8bb49eb0a70be2cc97629701216eb9d506c70c8c

    続きを読む

    2020-06-27_23h06_31
    1: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 16:07:57.58
    そんくらいうまいん?

    2: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 16:08:17.71
    当たり前やろ

    3: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 16:08:43.55
    余裕よ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ