海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 久保建英

    1:Egg ★ :2017/11/04(土) 23:07:21.21 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1東京は1日、ユース所属のFW久保建英(16)とMF平川怜(17)がトップチームに昇格したと発表した。かつて名門バルセロナの下部組織に所属し実力を認められた久保は、「プロサッカー選手として活動できることをうれしく思います」とコメント。

    最速でアウェーの鳥栖戦(18日)でのデビューが可能になった。

    ちなみにJ1でプロ契約を締結した選手は、450分以上出場すると「A契約」というランクになり、基本報酬は年額460万円以上。初めてA契約を締結したシーズンは、その基本報酬が年額670万円を超えてはならないという規約もある。

    しかし、ボーナスは別で「逸脱しない範囲で設定しなければならない」とされている。

    一方、一向に消えないのが「FC東京に任せて大丈夫か?」と疑問視する声だ。久保は今年、U-20(20歳以下)、U-17の両ワールドカップ(W杯)に出場したが、体力不足を露呈。「FC東京に入ってから“普通の選手”になっちゃった」(日本協会関係者)という評価もある。

    今季の東京は川崎から元日本代表FW大久保、広島からFWウタカを獲得し、優勝候補に挙げる評論家も多かったが、ふたを開けてみれば1日現在11位に低迷。チーム総得点はわずか35。大久保も7ゴールしか挙げていない。

    そもそも東京は選手育成にこれといった実績がない。逆に2004年アテネ五輪当時、高校生としてただひとり代表入りしたFW平山も、鳴かず飛ばずで今季から仙台へ完全移籍した。

    久保に関しては「日本協会が預かって強化育成すべき」との声がJリーグ関係者の中からも挙がっている。東京五輪の「10番」の筆頭候補でもある久保にとっては前途多難のプロデビューだ。

    夕刊フジ / 2017年11月4日 17時6分
    https://news.infoseek.co.jp/article/04fujizak20171104015/

    写真
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2017/11/02(木) 08:30:34.30 ID:CAP_USER9.net
    FC東京はU―18チーム所属のFW久保建英(16)とプロ契約を結んだことを発表した。高校生でのプロ契約はクラブ初の出世となり、20年東京五輪へ向けて成長を早めていく覚悟を示した。同じく高校生でプロ契約を結んだMF平川怜(17)と今週中にもトップチームに合流し、今季中のJ1リーグ戦デビューを目指していく。

    (中略)

    通常は年俸460万円以下のプロC契約からスタートするところ、既にJ3で規定の1350分以上の出場時間を積み上げており、いきなりA契約となった。

    初年度の年俸は460万円以上~670万円以下だが、初任給については「あまり考えていない。両親にはプレーで恩返しできれば」と語った。

    J1でのデビューは最速なら18日のアウェー鳥栖戦。16歳は、まだまだ想像の先を行く。
    2017-11-02_09h18_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000027-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/11/01(水) 12:44:36.14 ID:CAP_USER9.net
    FC東京は1日、同U-18に所属するFW久保建英とMF平川怜の2選手が2017年11月1日付で新加入すると発表した。これにより、両選手はプロ契約を締結し、トップチームに昇格することとなっている。

    両選手はこの後16時30分より報道陣向けに記者会見を実施。記者会見の様子はFC東京公式フェイスブックおよびツイッターにてライブ配信される。

    久保は2001年6月4日生まれの現在16歳。長らくバルセロナの下部組織でプレーしていたが、同クラブが18歳未満の外国人選手獲得に関する規定に違反したことで久保は公式戦出場が禁止されたため、2015年3月よりFC東京U-15むさしに加入した。

    2016年には中学3年生ながらFC東京U-18に飛び級で昇格。同年8月に行われた第40回日本クラブユースサッカー選手権では5得点を挙げて大会得点王に輝いた。また、U-16日本代表としてAFC U-16選手権に出場し、4得点を記録。

    FIFA U-17ワールドカップの出場権獲得に貢献すると、先月の本大会でもU-17ホンジュラス代表戦で1ゴール1アシストをマークするなど爪痕を残した。5月にはFIFA U-20ワールドカップを戦うU-20日本代表にも飛び級で選出されている。

    一方の平川は2000年4月20日生まれの現在17歳。久保の1学年上に当たる。味の素スタジアムのある東京都調布市出身の同選手は、FC東京U-15むさしからFC東京U-18へ昇格した。前述のAFC U-16選手権にも参加し、大会5試合中4試合に出場。FIFA U-17ワールドカップ出場権獲得に貢献し、本大会でも3試合に先発出場した。

    両選手とも、今後は残り3試合となった2017明治安田生命J1リーグでの試合出場を目指すことになる。FC東京は次節、18日にアウェイでサガン鳥栖と対戦予定だ。

    SOCCER KING 11/1(水) 12:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00663430-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/29(日) 05:03:37.60 ID:CAP_USER9.net
    FC東京が、ユース所属の高校1年生FW久保建英(16)とのプロ契約締結を検討していることが28日、分かった。関係者によると、15年まで下部組織に在籍したバルセロナ(スペイン)と協議した上で、11月上旬にも結論を出して発表する。

    久保は今年だけでも複数回、バルセロナの同年代カテゴリーの練習に参加しており、18歳になる19年6月に復帰することが濃厚。

    それまでに、フルタイムでトップチームの練習に参加できるようになり、今年の残り3節でのデビューを目指すJ1リーグ戦を今後の主戦場とするため、プロ契約の可能性が探られてきた。

    久保はこの日、1-1で引き分けたJ3東京U-23(23歳以下)のホーム福島戦(味フィ西)にフル出場した。

    16強に終わったU-17W杯インド大会後、初の公式戦。前半32分にFWリッピ・ヴェローゾの同点弾の起点となるパスをMF平川に出すなど、J3では継続して結果を出している。

    代表では、U-17W杯で日本がPK戦の末に敗れたイングランドが決勝まで進出。久保はハイライト映像などでチェックを続けており「悔しかった分、慰めにはなる」と納得しつつ、さらに成長を加速するためプロ契約に前向きだという。

    実現すれば、森本(東京V)や宇佐美(G大阪)ら以来の16歳プロが誕生する。

    10/29(日) 4:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00039464-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/19(木) 22:58:17.87 ID:CAP_USER9.net
    FIFA U-17ワールドカップインド2017の決勝トーナメント1回戦が17日に行われ、U-17日本代表はU-17イングランド代表にPK戦の末に敗戦。ベスト16で大会を去ることになった。19日、帰国した森山佳郎監督とFW久保建英(FC東京 U-18)がチーム結成の2015年から今大会までを振り返った。

    1勝1分け1敗でグループステージを突破した日本は、決勝トーナメント1回戦で欧州予選2位のイングランドと対戦。試合は90分で決着がつかず、PK戦を3-5で落としてベスト16での敗退が決まった。

    【森山佳郎監督】

    ――改めて大会を振り返ってください。

    「もう一試合、二試合させてあげたかったです。一試合ごとに成長していく選手をもう少し見たかった。フランスやイングランドと戦って、選手たちは組織として戦えばやれると感じた部分と、そうは言っても組織を構築する個としては差があったと感じた部分。そういったこの大会で感じたことを、選手たちは忘れずに今後の成長の糧につなげてほしい」

    ――2年半を振り返って。

    「長かったといえば、長かったですが、終わってしまうともうちょっとやりたかったという気持ちが今はあります」

    ――選手たちが森山監督を優勝させたかったと言っていました。

    「このチームを見てくれた方に『こんなに明るいチームは見たことがない』とよく言われました。選手には大会の最後に一人ひとりに挨拶してもらったんですが、『このチームでやるのが一番楽しかった』と言ってくれる選手もいました。いろんないい経験が今後の活動につながれば、やってきた甲斐があるかなと。ただ、あくまで通過点です。本気でやることの大切さや、努力を続けていくことの大切さ、またサッカー以外の刺激もたくさん与えてきたつもりなので、そういう撒いてきた種みたいなものが、どこかで成長の助けになってくれればいいなと思っています」

    【久保建英】

    ――この2年半を振り返って。

    「(スペインから)日本に帰ってきて最初のインドネシア、タイ、そして東京キャンプはベンチでした。自分より上手い選手が11人も代表にいました。それが本当に悔しかったです。振り返るとそこが一番成長を感じたところ。自分よりもレベルの高い仲間を越すことが短期目標となって、スタメンを取れるようになって、それでも満足せずにやってきて、いい経験ができました。喋り出すとキリがないんですが、一番良かったのは濃い時間を過ごせたこと。(監督からは)ピッチ上でも私生活でも『言いたいことを言え』と言われました。本当に仲が良くて初招集の選手が来てもすぐ溶け込めるようなところもありました。チームメイトでありながら、友達というような本当にいい関係が築けました」

    ――代表に呼ばれた選手も、呼ばれなかった選手も含め同世代の選手たちは久保選手にとってどんな存在か。

    「理想としてはこの2年半やってきた仲間たちとまた5年後、10年後に一緒のピッチで代表を背負って、一人でも多くと一緒に戦いたいです。それはチームとしての目標ですし、自分もそのために練習など努力を怠らないでやるつもりです」

    ――今回の大会を通して国内でも成長できると思ったか、それとも海外でやった方が成長できると思ったか、どのように感じたか。

    「(スペインから)日本に帰ってきて日本の選手は本当にうまいと思いました。慣れだと思うので、(その環境に)慣れちゃうと新しいことを欲する感覚は誰しもあると思います。海外に出た方が良いという人もいます。海外の方が総合的なレベルが高いというのは結果を見てもわかります。海外を選択する選手はそういう意味で海外を選択しているんだと思いました。でも、日本がここから5年後、10年後にサッカー大国になっていてもおかしくない。その可能性は十分にあるわけで、日本でもやれる選手は十分にやれる。それぞれ適正というようなものがある。自分は環境のせいにしないで、どこでやっても自分の力を出せるような選手になりたいです」

    つづく

    ●取材・文=池田タツ

    10/19(木) 22:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000025-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/13(金) 23:38:57.47 ID:CAP_USER9.net
    --久保もまた埋没してしまうのか

    「俺は宇佐美(デュッセルドルフ)、香川(ドルトムント)、柴崎(ヘタフェ)を今の久保と同じ16歳の時に見たが、この3人より間違いなく良いものをもっている」

     --ですよね

    「やはり体がまだ、できていないね。中2日というスケジュールもあると思うけど。いい動きはしているんだけど、周りの選手が彼の動きについていけていない“悲劇”もある。ボールを持って『さて、どうしよう?』では、体の小さい彼の場合は簡単に吹っ飛ばされてしまう。それが世界レベルだから」

    --アジアレベルに染まってしまったということか

    「う~ん…それを言っちゃあ、おしまいよ。まずは日本代表を引っ張っていくプレーをみせないと。現地でも彼のことを“和製メッシ”と呼んでいるが、メッシはボールを持ちながら次のプレーを考えないからね」
    2017-10-14_08h33_04
    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/171013/spo1710130001-n2.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/26(火) 20:30:01.40 ID:CAP_USER9.net
    Goalでは、近い将来サッカー界を席巻するであろう、期待の“ワンダーキッド”17人を選出した。その中にはU-20日本代表FW久保建英の名前もある。

    久保は2011年、バルセロナの下部組織に移ったものの、2015年に再び日本のFC東京に復帰。以降は同クラブのU-23チームの一員として主にJ3でプレーしている。すでに今年4月には、16歳としてプロ初ゴールを記録。『Goal』では、類まれなドリブルセンスや驚異の左足、狭いスペースでも強烈なシュートを打てることなどを評価し、選出した。

    なお、ドイツを席巻しているドルトムントの下部組織出身12歳のFWユズファ・ムココも選出。ムココは昨夏、ザンクト・パウリからドルトムントへと加入。12歳ながら、U-17の試合でゴールをマークし、U-16ドイツ代表としてもデビューし、得点も記録している。

    また、すでにセリエAでゴールを積み重ねているジェノアの16歳FWピエトロ・ペッレグリも選ばれた。同選手は16歳112日でドッピエッタ(2得点)を達成し、セリエA史上最年少記録を樹立している。

    選出された17選手は以下の通り。

    久保建英(16歳/FC東京/日本)

    オマリ・ハッチンソン(13歳/アーセナル/イングランド)

    カラモコ・デンベレ(14歳/セルティック/イングランド・コートジボワール)

    ユズファ・ムココ(12歳/ドルトムント/ドイツ・カメルーン)

    クラウディオ・エチェベッリ(11歳/リーベル・プレート/アルゼンチン)

    シャビエル・シモンス(14歳/バルセロナ/オランダ・スペイン)

    ムスタファ・カピ(15歳/ガラタサライ/トルコ)

    ピエトロ・ペッレグリ(16歳/ジェノア/イタリア)

    ベン・エリオット(14歳/チェルシー/イングランド)

    ルチアニーニョ(12歳/フラメンゴ/ブラジル)

    ラヤネ・ブニダ(11歳/アンデルレヒト/ベルギー・モロッコ)

    カイス・ルイス(15歳/パリ・サンジェルマン/モロッコ・スペイン)

    マヌ(11歳/バルセロナ/ブラジル)

    デニム・エナメディ(11歳/チェルシー/イングランド・チリ)

    シェイン・クライファート(10歳/バルセロナ/オランダ)

    ダビド・ペチェリン(13歳/レアル・マドリー/スペイン)

    ピエトロ・トマセッリ(12歳/ローマ/ベルギー・イタリア)

    9/26(火) 18:44配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000021-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/22(金) 19:56:21.87 ID:CAP_USER9.net
    10月にインドで行われるサッカーのU-17(17歳以下)W杯のメンバーに選出された、FW久保建英(FC東京U-18)が22日、都内のクラブハウスで会見。報道陣から、プロ志望届提出を表明した早実・清宮幸太郎内野手に関連する質問をされ、苦笑いをする一幕があった。

    久保は、同じ高校生である清宮について問われると「野球とか自分はルールとかは詳しくないですけど」と前置きした上で、「素人の自分から見ても凄い選手だとは思います。若いうちから大人とかを相手に戦っている選手がいるのは本当に刺激にはなる」とコメントした。

    ただ、直後にはクラブ広報が「サッカーに関わる質問でお願いします」と発言すると、久保も思わず「フフ」と苦笑いを浮かべていた。

    9/22(金) 19:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000137-dal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 05:50:04.89 ID:CAP_USER9.net
    10月6日にインドで開幕するU-17W杯での活躍が期待されるFW久保建英(FC東京U-18)が、「インドで輝く8つの真珠」の1人としてスペイン『マルカ』で紹介されている。

    同紙は記事の3番目で「日本のメッシ」と久保を取り上げ、2011年にバルセロナの下部組織に加入した経歴を紹介。「この事実は彼に国際的な名声をもたらした」としているが、「バルセロナがFIFAから制裁を受けたため、自分の国に戻らなければならなかった」と、クラブの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反の影響を受け、帰国を余儀なくされたエピソードについても触れている。

    2015年3月にFC東京の下部組織に加入した久保は日本でも成長を続け、今年5月に15歳でトップチームデビュー。記事では「それ以来、彼の進化は止められない状況となっている」とレポートし、「インドでは、U-20代表に招集されて以来、2度目の世界大会に臨む」とU-20W杯に続く活躍を期待した。

    U-17W杯でE組に入った日本は、10月7日にホンジュラス、11日にフランス、14日にニューカレドニアと対戦。日本サッカー協会(JFA)によると、U-17日本代表のメンバー発表は9月22日14時の予定となっている。

    9/16(土) 13:21配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-01644127-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    10512895

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/02(土) 18:55:30.83 ID:CAP_USER9.net
    2日放送のラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)で、小柳ルミ子が、サッカー選手・久保建英(くぼ・たけふさ)の成長に持論を展開した。

    番組には、芸能界で大のサッカー好きとして知られる小柳がゲストとして出演した。W杯ロシア大会出場を決めた8月31日のオーストラリア戦を始めとするサッカートークをナイツらと繰り広げる。

    この中で、期待する次世代選手の話題となり、小柳はスペイン1部リーグ・バルセロナの下部組織出身である16歳の久保に言及する。小柳は才能があると認めつつ、「ただ、才能をサビさせるような気がしてならないんです」というのだ。

    久保は、バルセロナに18歳未満の外国人選手獲得・登録に違反があった影響で、クラブでの出場機会に恵まれなかった。活躍する場を求めて帰国し、現在はFC東京U-18に所属している。小柳はそんな久保について「早くバルサに帰ったほうがいい、申し訳ないですけど!」と断言する。

    さらには、「ぬるいところにいると、やっぱりぬるくなっちゃう」「しかも吸収できる年齢で」と持論を展開。小柳は、厳しい意見かもしれないとしつつ「(才能が)もったいないので」と、久保の活躍に期待を寄せていた。

    2017年9月2日 17時42分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13557331/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ