海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 長友佑都

    1:Egg ★:2018/10/14(日) 07:25:54.61 ID:CAP_USER9.net


    「キリンチャレンジカップ、日本-ウルグアイ」(16日、埼玉スタジアム)

    サッカー日本代表は13日、新潟市内で練習後、ウルグアイとの国際親善試合(16日・埼玉)に向け、埼玉へ移動した。3-0で勝った前日の国際親善試合・パナマ戦をベンチから見守ったDF長友佑都(32)=ガラタサライ=は、不要なファウルが目立った守備の改善のため、若手らに駆け引きなどの重要性を説く“長友ディフェンス塾”を開くことを示唆。強豪のウルグアイ戦、来年1月のアジア杯(UAE)へ、ピッチ外でも森保ジャパンを引っ張る。

    豊富な経験で培った熟練の技術を、次世代を担う若手とも共有する。自身にとってはW杯ロシア大会以来となる日本代表戦を、長友はベンチから見つめていた。3-0で勝った90分間を「見ていて気持ちよかったな、というのが率直な印象。若い選手たちが躍動して、結果を出すのはうれしいし、僕自身も本当に刺激をもらっている」と振り返る。

    一方で、気にするのが不要なファウルの多さ。パナマ戦の日本のファウル数は21回あり「ギラギラした気持ちは大事だけど、ピッチに入ったら頭は冷静な部分が(大事)」と語る。そして守備に必要な“駆け引き”の部分を「(来年)1月にはアジア杯もある。彼ら(若手)に伝えていきたい」と話す。

    100試合を超える代表戦だけでなく、イタリア、トルコでの戦いで学んできた。「プレーだけじゃない。精神的な駆け引きがサッカーでは大事。海外では、日本人はフィジカルが弱い、体が小さいというところで、正直なめられている」。特に重要なのが開始直後の激しさと話し「ファーストプレーで『いるぞ。オレはここにいるぞ』と精神面でダメージを与えると、駆け引き、勝負は変わってくる」と説明した。

    世代交代を進める森保ジャパンだが、長友は「コミュニケーションの世界大会があったら優勝できる自信がある。コミュニケーションの鬼」と自負する。守備の極意を伝授する“長友塾”で、日本の守備を強化する。

    10/14(日) 5:01配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000001-dal-socc

    森保ジャパン、焼き肉で“決起集会”長友ら若手と思い語り合う
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/14/kiji/20181014s00002014031000c.html
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/13(土) 15:18:03.60 ID:CAP_USER9.net
    10/13(土) 15:00配信
    長友佑都、冨安健洋の代表デビューに喜び「僕が19歳のときは大学で太鼓叩いてたから(笑)」

    日本代表DF長友佑都が、パナマ戦で躍動した若手に称賛の言葉を送った。

    日本代表は、12日にデンカビッグスワンスタジアムでパナマと対戦。前半に南野拓実が先制ゴールを奪うと、後半にも伊東純也が加点。その後も1点を加え、3-0の完勝を収めた。ロシアW杯以来の代表復帰を果たした長友は、ベンチから戦況を眺めた。

    試合を見ていて「気持ちよかったなと言うのが率直な印象です。やっぱり嬉しいですよね。若い選手たちがああやって躍動して結果をだしてくれるっていうのは」と、若手の活躍を喜んだ。「僕自身もね、これまで以上に刺激をもらっていて、まだまだトレーニングを積んで自分自身、成長しないと若手に追い抜かれるんだなっていう危機感も芽生える。なんかいい感情でした」と長友。若手の躍動がモチベーションアップにつながったようだ。

    長友が主戦場とする左サイドバックには、サンフレッチェ広島の佐々木翔がスタメン入りした。ベンチから佐々木のプレーを見ていた長友は「『左利きなの、翔は?』という感じで聞いたくらいで、ホントに両方で精度の高いボールを出せるし、いいプレーヤーだな」と称賛した。

    一方で「ただ、僕と特徴が違うんでね、(佐々木は)身長もありますし、空中戦の強さもある。僕は走力とかまた違った部分で勝負していければいいかなと思います」と定位置死守に意欲を見せた。

    さらにパナマ戦では、19歳の冨安健洋がA代表デビューを飾った。これについて長友は「いや、19歳でね、あれだけプレーできるのはうらやましいですよね(笑)。もう嫉妬ですよ!」と冗談交じりのコメント。

    「僕が19歳の時はね、大学で太鼓叩いてましたからね(笑)。もう本当にそれと比べるとね、うらやましくてね、嫉妬しちゃいそうですよね」

    「まあまあ、それは冗談としてああいう若い選手が出てくるというのは、とにかく僕は昨日ワクワクしながら冨安に『いいプレーしろよと、ミスしてもいいからガンガン行けよ』っていうことを試合前にも言ったんですけど、すごく嬉しかったですね」

    冨安を含めた若手の活躍を手放しで称賛した長友だが、それに負けじと自分の特徴は「コミュニケーションに自信があること」を挙げた。「自分でもコミュニケーションの鬼だというふうに思っています。コミュニケーションで世界大会があったら優勝できるんじゃないかと思うくらい自信を持っているんで。その実力を生かしたい」。若手に負けていられない。長友の向上心が日本をさらに強くする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000013-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/28(金) 14:01:51.54 ID:CAP_USER9.net
    インテルに所属するDFダニーロ・ダンブロージオが、インテル公式チャンネル『インテルTV』のインタビューに応じ、今年1月まで同僚だった日本代表DF長友佑都やチームメートについて言及した。

    インテルにおいて6シーズン目を迎えたダンブロージオは、ミラノでのチームメートについて語っている。「多くのチームメートと知り合った。僕がサッカーだけでなく、人間として成長していく上で、全員が大切だった」と話すダンブロージオ。今年1月までインテルでプレーしていたガラタサライの長友とも、4年間を一緒に過ごした。過去には、日本代表DFに対し女優の平愛梨さんへのプロポーズ方法をアドバイスしたことを明かしたこともあるが、長友のことは印象に残っているようだ。「一番面白かったのは、ナガトモだよ。彼はすごく楽しくて、彼と挨拶するだけで笑いだしていたよ」と明かしている。

    また他の選手についても言及。「エデルとはずっと相部屋だった。ピッチ外でもよく連絡を取り合っていたよ。今は(ロベルト)ガリアルディーニや(アントニオ)カンドレーヴァ、(トンマーゾ)ベルニ、(サミル)ハンダノヴィッチらと一緒に過ごすことが多い。でも全員とも仲が良いし、若手選手にはアドバイスをするように努めているよ」と述べた。

    続いてインテルの右サイドバックは、自身のサッカー観についても言及。「情熱、愛、そして献身性かな。だが犠牲も伴う。自分のキャリアを誇りに思っているよ」と胸を張った。

    9/28(金) 12:19配信
    2018-09-28_14h52_57
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/22(土) 11:33:23.23 ID:CAP_USER9.net
    「僕よりベターな左サイドバックだ」

    元スペイン代表の名手が、ガラタサライで出色の出来を披露している長友佑都を絶賛だ。トルコの全国紙『Aslan Arenasi』がその声を伝えている。
     
    かつてマジョルカやエスパニョール、リバプールなどでプレーし、ガラタサライでも2シーズン半を過ごしたアルベルト・リエラ。左サイドで幅広く機能したスペシャリストが、国内リーグで覇権を奪還し、チャンピオンズ・リーグ開幕戦でもロコモティフ・モスクワを3-0で下した古巣を称えている。そのなかで、日本代表SBへのインプレッションについても語ったのだ。
     
    「ナガトモは本当にクレバーな選手だね。彼はどこで、なにをすべきかを常に理解している。勇敢で献身的で、任務をしっかり全うするんだ。もう少し身長が高ければ申し分ないんだろうけど、強度はとても高いと思う。同じサイドでプレーするガリー・ロドリゲスもパワフルで質が高く、良い連携を見せているよ。ナガトモはいまのガラタサライに欠かせないプレーヤーで、間違いなく僕よりベターな左サイドバックだ(笑)」
     
    リエラはもともと攻撃的な技巧派のプレーヤーで、時折チームの事情によりサイドバックで起用されることがあったが、やや守備面に難があった。そのあたりを自虐的にいじり、冗談めかして長友を持ち上げたのだ。

    今年1月に35歳で現役を退いた名手は、現在のガラタサライをこう評している。
     
    「ファティフ・テリム監督が素晴らしいチームに鍛え上げた。国内リーグとチャンピオンズ・リーグを同時に戦い抜く総合力を備えていて、これからも確かな結果を残していくだろう。チャンピオンズ・リーグは、次のポルト戦(第2節)がひとつの鍵になるだろうね。相手は完成度が高く成熟したチーム。ポルトとのゲームで、いまのガラタサライの本当の力量が分かるんじゃないかな」
     
    長友とガラタサライのチャンピオンズ・リーグ第2節は10月3日。敵地ドラゴンで開催される強豪ポルトとの一戦だ。

    9/22(土) 11:03 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00047628-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/19(水) 06:12:26.65 ID:CAP_USER9.net
    長友7季ぶりCLで持ち味発揮、ガラタサライがロシア王者相手に3発快勝発進

    [9.18 欧州CL第1節 ガラタサライ3-0ロコモティフ・モスクワ]

    DF長友佑都の所属するガラタサライ(トルコ)は18日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループDの第1節でロシア王者のロコモティフ・モスクワとホームで対戦し、3-0で勝利した。

    ガラタサライの先制点は前半9分、左サイドから中に切り込んだMFガリー・ロドリゲスが、エリア手前から右足で豪快に突き刺し、幸先よく試合を動かす。

    その後はロコモティフ・モスクワも盛り返してガラタサライは守勢に回る時間帯もあったが、後半22分、ゴール前左でFKを獲得すると、FWエレン・デルディヨクが直接決めて、勝利の可能性をグッと引き寄せた。

    インテルでプレーした11-12シーズン以来となる7季ぶりの欧州CL出場となる長友は、左SBで先発。後半9分にはスルーパスで抜け出してシュート。これは惜しくもオフサイドとなったが、同25分にはクロスボールをMFエムレ・アクババの頭にピタリと合わせるクロスを送るなど、持ち味を十分に発揮した。長友はフル出場だった。

    MFパパ・アリウヌ・ヌディアエが後半42分に退場となったガラタサライだが、同アディショナルタイムにカウンターからPKを獲得。途中出場のMFセルチュク・イナンが決めてダメを押した。同組のもう一試合、シャルケ(ドイツ)対ポルト(ポルトガル)は1-1の引き分けだったため、首位に立った。10月3日の第2節は、敵地でポルトとの対戦になる。
    2018-09-18_20h38_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-01936692-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/09/18(火) 18:53:14.83 ID:CAP_USER9.net
    9/18(火) 18:45配信 日刊スポーツ

    長友佑都が所属するガラタサライ(トルコ)は18日(日本時間19日)に欧州CL1次リーグ初戦でロコモティフ・モスクワ(ロシア)と対戦する。

    18日のトルコ紙ミリエットによると、テリム監督は17日の記者会見で「非常に重要な対戦相手です。経験豊富な選手がそろっている」と警戒心を見せたという

    さらに長友について「世界中のどのチームも彼と一緒にプレーしたいと思いますよ。本当にいい性格の持ち主」と称賛。「練習でもみんなの手本になる。練習に最も早く来て、最も遅くまで練習する。彼への褒め言葉はどんなに言っても言い足りない」。さらに「たぶん、将来的に日本からさらに他の選手を獲得するでしょう」とも話したという。
    2018-09-18_20h38_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00334842-nksports-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/04(火) 11:00:36.52 ID:CAP_USER9.net
    トルコのガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、今夏にスペインのベティスに移籍する可能性もあったようだ。現在ベティスに所属するMF乾貴士が地元メディア『エスタディオ・デポルティボ』のインタビューに語った。

    長友は7年間在籍していたイタリアのインテルから今年1月にガラタサライへレンタル移籍。長友のプレーを高く評価したガラタサライは再獲得に向けて交渉を行い、完全移籍での獲得が決まった。

    しかし、ガラタサライへの移籍決定前には他クラブからの関心も噂されていた。プレミアリーグなどのクラブに加え、ベティスも長友に関心を示していると言われていたクラブのひとつだった。

    「長友はベティスに来る寸前でしたが、ガラタサライは大きな金額を提示していました」と乾はインタビューの中でコメント。「彼は友人で、すごく良い選手です。両サイドでプレーできます」と長友について評している。

    現在リーガエスパニョーラでは乾と柴崎岳(ヘタフェ)がプレーしているが、その他の日本人選手も「問題なくスペインに来ることができると思います。今はガクと僕だけですが、日本にも良い選手がいるという例になれていると思います」と乾は語る。

    「なぜみんなドイツに行くんでしょうね」と乾は述べつつ、香川真司が「パイオニア」として成功したことや外国人枠の違いなどを理由に挙げている。自身もドイツで4年間プレーしていたが、「あまりうまくいきませんでした。直接的すぎるプレースタイルがあまり好きではありませんでしたので」と振り返った。
    20180515_nagatomo_Getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180903-00287922-footballc-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/08/21(火) 12:17:22.56 ID:CAP_USER9.net
    トルコ1部ガラタサライ所属の長友佑都が20日、ツイッターを更新し、トルコリラ暴落のニュースで心配の声が上がっていることに「自分は税抜きユーロでお給料を頂いている」と給与形態を説明した上で「早く回復してほしい」という願望もつぶやいた。

    現在、トルコリラが大幅下落しており、トルコ国内の情勢が不安定になっている。そのことから、トルコのチームに所属する長友を心配する声も上がっていた。

    これに答えるように長友はツイッターを更新。「トルコリラ暴落で心配してくださる方」と呼び掛け
    「自分は税抜きユーロでお給料頂いているので、むしろ物価が安くて生活しやすいですが、トルコに住んでいる以上、経済状態は気になります」と、個人の生活に影響はないと訴えた上で、トルコ国内情勢を心配。「早く回復してほしいです」と願望をつぶやいた。
    2018-08-21_15h54_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000046-dal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/17(金) 13:32:59.02 ID:CAP_USER9.net
    イニエスタの同点ミドル弾に長友も感嘆

    サッカーJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが15日、リーグ第22節の広島戦で2戦連発となるミドル弾を炸裂。これぞ世界最高峰という技術が凝縮されたゴラッソに欧州メディアも「文句なしのドリームゴール!」などと熱狂していたが、日本代表DF長友佑都もツイッターで反応。「イニ神さん。。」と感嘆している。

    何度見ても美しいゴールだ。1点を追う前半16分。ペナルティエリア外のボール回し。中央の元ドイツ代表FWポドルスキから浮き球のパスを中央左サイドで受けたのがイニエスタだ。左足で絶妙なトラップを受けると、マーカー2人と正対。そして、左サイドから駆け上がった味方に相手が釣られたのを見逃さず、右サイドへ。さらにフォローに来たもう1人も細かいボールタッチで抜き、右足を一閃。ゴール左隅に突き刺したのだ。

    海外メディアからも称賛の声が続々と上がっていたが、ガラタサライの長友も思わず「イニ神さん。。」と感嘆のツイート。この投稿にはファンから「日本サッカーが1年で10年進化しそうですね!」「結果を出すのは、流石」「神戸でサッカーしたくなってきてませんか」などとコメントがつけられていた。

    見るものを次々と魅了するイニエスタ。まさに“本物”であることをまざまざと見せつけている。次節は19日のアウェー湘南戦。連発なるか、2日後が待ちきれない。
    2018-08-17_14h36_08
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00033613-theanswer-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ