海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 長友佑都

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/16(水) 09:24:33.31 ID:CAP_USER9.net
    ブラジル人DFダルベルトがインテルに加入して、まず長友佑都に与えた影響は……胃腸炎だった(長友は胃痛のため8月12日のベティスとのプレシーズンマッチを欠場)。というのはもちろん冗談だが、ダルベルトが長友の今後に何らかの影響を与えるのではないかという声が聞かれるのは、ごく当たり前のことだろう。ポジションは彼と同じ左サイドバック。年齢は23歳と、30歳の長友に比べて若く、インテルは彼を獲得するために2000万ユーロ(約26億円)の大金をかけている。

    今シーズンよりインテルの監督に就任したルチアーノ・スパレッティは、夏のプレシーズンマッチでこれまでいつも4人のDFを使ってきた。ダヴィデ・サントン、クリスティアン・アンサルディ、ダニーロ・ダンブロージオ、そして長友佑都。そこにダルベルトが入ってきたわけで、誰かがいらなくなる可能性は高い。

    長友は移籍の噂の中でこの夏を過ごしてきた。実際、スパレッティの就任時には長友の名前は放出要員のリストの中に入っていた。当初、監督は長友の存在はそれほど重要ではないと思っていたし、CBにはインテルがボールを持った時、攻撃に手を貸すことのできる選手を残したいと思っていた。

    また、長友はその売り先にも困ることはなかった。彼の元には主にドイツを中心に多くのチームからのオファーが寄せられていた。かの国ではすでに日本人選手は一定の高い評価を受けており、受け入れる土壌ができている。ブンデスリーガになじみやすいのもすでに立証済みだ。例えばハンブルクなどは右サイドバックに日本人の酒井高徳がいる。逆サイドに同国人の長友が入ればかなり有利なのではないかとも考えられた。

    しかし就任以来、長友の練習の様子を日々眺めてきたスパレッティは、次第にその考えを変えていく。監督は長友の特性、テクニック、そしてなにより仕事に対する真摯な態度を高く評価するようになったのだ。また試合の流れを読む力、なにより守備の場面での洞察力にも一目置くようになった。試合の様々な局面で、それに見合った対応が素早くできるということは、スパレッティ・サッカーの基本中の基本である。

    「ユウトは非常に優秀な選手だ。常に自分のやるべきことを理解していて、その判断は完璧なことが多い」

    ビジャレアルとのプレシーズンマッチの後、スパレッティはこうコメントした。
     
    そして実は、今回のダルベルトの加入こそが、長友の未来をインテル残留の方向に大きく傾けた。

    つづく
    no title
    8/16(水) 8:00配信 sportiva
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00010002-sportiva-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/11(金) 17:56:23.06 ID:CAP_USER9.net
    インテルの日本代表DF長友佑都と左サイドバックのレギュラーを昨季から争っているアルゼンチン人DFクリスティアン・アンサルディに移籍話が浮上している模様だ。イタリア紙「レプブリカ」が報じている。

    アンサルディは昨季にジェノアから加入し、一時は長友を抑えて完全にレギュラーの座を獲得していた。しかし、昨季終盤に負傷離脱したこともあり長友が復活。ルチアーノ・スパレッティ監督が就任した新シーズンに向けたプレシーズンマッチでも、長友がスタメン出場を重ねている。

    そうした状況に、一度はアンサルディを手放したジェノアが買い戻しを計画しているという。交渉が成立するとすれば期限付き移籍ともされているが、さらにアンサルディを獲得しようとするライバルも現れたという。

    それが、昨季に4位と躍進して今季はUEFAヨーロッパリーグを戦うアタランタ。かつてインテルの指揮も執ったジャンピエロ・ガスペッリーニ監督がアンサルディの獲得を熱望しているという。

    残り約3週間となった移籍市場でアンサルディが退団となれば、インテルでの長友の地位は強固なものになることが予想される。新シーズンに向けて放出候補と評価されていた長友だが、プレシーズンで新監督の信頼を掴みつつあり、ライバルとのポジション争いでは優位に立っている模様だ。

    8/11(金) 15:20配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170811-00010009-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/07(月) 10:47:40.10 ID:CAP_USER9.net
    日本代表DF長友佑都が所属するインテルは6日、
    ビジャレアルとのプレシーズンマッチを実施。3-1と快勝した。

    長友は左サイドバックで先発メンバーに名を連ね、フル出場で勝利に貢献している。

    試合後、インテルのルチアーノ・スパッレッティ監督が勝利を振り返り、長友のパフォーマンスにも言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

    スパッレッティ監督は「我々は足を止めることなく、ボールをよく動かし続けていた」とチームの出来に満足感を示したうえで、「もっとできるし、チームには素晴らしいポテンシャルがある。強いチームだと確信している。クオリティーがあるのだから、前へ進み続けなければいけない」と、さらなる向上を誓っていた。

    そして同監督は、左サイドバックとしてフル出場を果たした長友について「彼は良い選手だ。チームの構造や一貫性を保つうえで、良い選手だよ。スカッドに深みをもたらすという意味で、彼は完璧な選手だ」と、高く評価していることを明かしている。

    今夏の移籍市場で退団する可能性を取り沙汰されてきた同選手だが、スパッレッティ監督の下でインテル残留へ前進しているのかもしれない。

    今シーズンの開幕に向けて準備を進めているインテルは12日、ベティスとのプレシーズンマッチを行う予定となっている。

    8/7(月) サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20170807/623023.html?cx_top=newarrival

    ■インテル 3-1 ビジャレアル(前半1-1)

    得点者:エデル(26分)、ソルダード(40分)、ヨヴェティッチ(67分)、ブロゾヴィッチ(90分)

    インテル
    1 ハンダノヴィッチ
    33 ダンブロージオ(15 アンサルディ64分)、37 シュクリニアル(13 ラノッキア80分)、25 ミランダ(24 ムリージョ64分)、55 長友
    5 ガリアルディーニ(7 コンドグビア46分)、20 ボルハ・バレロ(9 イカルディ72分);87 カンドレーヴァ(77 ブロゾヴィッチ46分)、10 ジョアン・マリオ(6 ベシーノ64分)、
    44 ペリシッチ(96 バルボーサ72分);23 エデル(8 ヨヴェティッチ64分)

    インテル公式日本語HP
    http://www.inter.it/jp/news/16459/a-a-3a-a-i1-4-i1-4-i1-4-a-a-a-a-a-a-i1-4-a-a-a-a-oa-1-4a-aa-e-ea-a-aa-a-a-a-1-4a-oa-3a-c-c

    写真

    続きを読む

    2017-08-02_07h55_42
    2017-08-02_07h55_57
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 22:40:01.84 ID:CAP_USER9.net
    naga_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170729-00224081-footballc-socc


    チェルシー 1-2 インテル ICC】

    シンガポールでインターナショナル・チャンピオンズカップ2017(ICC)が行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは昨季プレミアリーグ王者のチェルシーと対戦。ヨベティッチなどがゴールを積み重ね、インテルが2-1の勝利をおさめている。

    長友はこの日もスタメン出場を果たした。前半アディショナルタイムにインテルはPKのチャンスを獲得する。このPKをステバン・ヨベティッチがしっかりと決めてインテルが先制。後半開始直後にもヨベティッチがゴールを決めたが、これはオフサイドの判定となりノーゴールに終わる。

    53分にはカウンターからイバン・ペリシッチが追加点を決めた。しかし75分、ジョフレイ・コンドグビアが自陣のゴールから遠く離れた場所で浮き玉のバックパスを送ると、ボールはそのままゴールに吸い込まれオウンゴールでチェルシーに1点を返されてしまう。

    87分にも裏に抜け出したチェルシーの選手にゴールを決められるが、オフサイドの判定により失点を免れた。結局、インテルは2-1の勝利をおさめている。

    【得点者】
    45分+3分 0-1 ヨベティッチ(インテル)
    53分 0-2 ペリシッチ(インテル)
    75分 1-2 オウンゴール(チェルシー)
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/07/27(木) 22:40:57.25 ID:CAP_USER9.net
    27日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、インテルはバイエルン・ミュンヘンに2-0で勝利した。長友佑都は90分間の出場でチームの2点目に関与している。

    長友佑都が左サイドバックで先発したインテルは、開始8分で先制した。右サイドからカンドレーバがクロスを入れると、ゲッツェの前に入った1トップのエデルがワンバウンドしたボールにヘディングで合わせて1-0とする。

    30分にもエデルが決めた。左サイドの長友が縦のスペースに出すと、ペリシッチが追いついてダイレクトで中へ。フリーになったエデルが余裕を持って頭で決めた。

    その後、バイエルンは攻撃の中心だったリベリが負傷で交代を余儀なくされる。後半スタートからミュラーも投入された。しかし、2点の差はなかなか縮まらない。

    終了間際に長友を下げたインテルはバイエルンにゴールを許さず、2-0で勝利を収めた。
    20170727_inter_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2017/07/27/post223813/
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/07/18(火) 12:14:45.77 ID:CAP_USER9.net
    7/17(月) 12:13配信
    インテル、長友佑都の左SBが補強ポイントの1つか…伊紙は「大きな裂け目」と指摘

    インテルのルチアーノ・スパレッティ指揮官は、シーズン開幕へ向けて4選手の補強を要求しているが、その1つが左サイドバックであると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が16日、指摘している。

    インテルは15日、ドイツ2部のニュルンベルクと練習試合を行ったが、1-2で黒星。ニュルンベルクはプレシーズンにおいてすでに5試合をこなしており、インテルよりも準備が進んでいたとみられるが、スパレッティは開幕までにチームを完成させるためにも4選手の補強をフロントに求めている。補強ポイントの1つとして指摘されているのが左サイドバックだ。

    ニュルンベルク戦では17歳のDFジーニョ・ファンヒュースデンが先発し、後半から日本代表のDF長友佑都が起用された。しかし長友はスウェーデン代表のFWミカエル・イシャクを2度も見失い、失点にも絡んだ。人材不足が指摘されている左サイドバックは「ただの穴ではなく、深い裂け目がインテルにある」と評されている。このほか『イル・ジョルナーレ』も「インテルはまだトリプレテを達成した英雄クリスティアン・キヴの後継者を見つけられていない」と同調している。

    なお、新たな左サイドバックの獲得に向けてすでに交渉は進められている。ターゲットはニースに所属するブラジル人のDFダルベルト・エンリケで、2000万ユーロ(約26億円)ほどを投じて獲得を目指している。また他の補強ポイントについては、センターバック、中盤、そしてマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が騒がれているFWイヴァン・ペリシッチの代役となる左ウィンガーだとされている。
    2017-07-18_13h39_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/16(日) 19:09:04.69 ID:CAP_USER9.net
    イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が15日、北イタリアのキャンプ地でニュルンベルク(ドイツ2部)との練習試合に途中出場した。長友のプレーに対して、16日のガゼッタ・デロ・スポルトは“落第点”を付けている。

    後半開始から4-2-3-1の左サイドバックで出場した長友は、そのまま45分間プレー。試合はインテルが1-2で敗れた。同紙は試合で動きが良かった選手とそうでなかった選手を2人ずつ選出しており、長友の名前を後者として挙げた。

    理由については「ピッチ後方での動きは多かったものの、相手MFイシャクとのプレーで2度もボールを失うなど『しどろもどろ』になっていた。ユウトはプレスをかけていく方がより良い」と解説している。
    2017-07-16_20h10_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000096-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ