海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 長友佑都

    1: 久太郎 ★ 2020/10/17(土) 20:38:46.18 _USER9
    「午前4時に彼の部屋に入って…」

    10月17日に開催されるセリエAの第4節では、インテル対ミランのミラノ・ダービーが行われる。

    イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は試合当日、両クラブでプレーしたアントニオ・カッサーノにインタビュー。元イタリア代表はその中で、インテル時代にチームメイトだった親友の名前も出した。

    カッサーノは2010-11シーズン途中にミランに移籍し、スクデット(優勝)を獲得。翌シーズンには試合後に心臓の問題が見つかり、緊急手術を受ける経験もしている。

    Gazzetta dello Sport紙にミランとインテルのどちらでより力を出せたか問われると、カッサーノは「ミランだね。素晴らしいスクデットとスーペルコッパを獲得できた」と答えた。

    「心臓に問題があったとき、死から助けてくれたこのクラブには一生感謝しなければいけない。(当時のオーナーだったシルビオ・)ベルルスコーニと(CEOのアドリアーノ・)ガッリアーニは息子のように扱ってくれた。ただ、ガッリアーニとは中国でひどいケンカをしたんだ。契約延長を望んだのだが、彼が先送りしたんだよ。それで放出を求め、インテルに移籍した」

    2012年のことだ。17歳の対戦時のゴールで一躍注目を集めたカッサーノにとっては、「子どものころからの夢がかなった」移籍だった。幹部だったピエロ・アウジリオ、マルコ・ブランカを、カッサーノは「兄」と表現している。

    次にカッサーノが名前を挙げたのが、日本でも仲の良さがたびたび話題となった長友佑都(現マルセイユ)だ。「ナガトモとはとてもウマがあった。今も連絡する」というカッサーノは、あるエピソードも明かした。

    「あるダービーの前、午前4時に彼の部屋に入ってね。アイマスクで寝ていたんだけど、コオロギみたいに飛び跳ねたよ(笑)」

    カッサーノがインテルでプレーしたのは1シーズンだけだった。それから7年以上が過ぎている。それでも連絡を取り合い続けるほど、長友との出会いは特別なものだったようだ。
    2020-10-17_21h52_47
    https://news.yahoo.co.jp/articles/32702a316be9c04c47a8f5aad02600c0c18dd990

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/21(月) 16:38:00.96 _USER9
    【マルセイユ 1-1 リール リーグアン第4節】

    リーグアン第4節のマルセイユ対リールが現地時間20日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。マルセイユはDF酒井宏樹に加えてDF長友佑都が先発出場。フランスデビューを飾っている。

    マルセイユはパリ・サンジェルマン戦で退場となったアマヴィが引き続き出場停止で、その代役として長友を左サイドバックで起用。マルセイユの両サイドバックを日本代表プレーヤーが務めることになった。

    長友は1月以来の公式戦となるが、持ち味は変わらず。フランスでも積極的な攻撃参加で、たびたび前線に顔を出した。右サイドの酒井は、そのバランスを取るように守備に重きを置いた。

    20分、長友はリーグアンで初のイエローカード。敵陣浅い位置で味方の横パスがずれてスライディングで対応し、相手のカウンターを防いだ。

    0-0で折り返した後半の立ち上がり、長友は失点に絡む。リールは敵陣中央でバンバがボールをキープして長友の裏のスペースにパスを出すと、アラウホに通る。なんとか追いついた長友は、アラウホの中への切り返しに対応しきれず、左足のシュートを決められた。

    1点を追うマルセイユは、60分に長友が下がり、サールを投入。これに伴い、酒井が左サイドバックに移った。

    厳しい展開だったマルセイユだが、85分にCKからジェルマンがヘディングで決めて1-1の同点に。土壇場で追いつき、勝ち点1を手にした。

    【得点者】
    47分 0-1 アラウホ(リール)
    85分 1-1 ジェルマン(マルセイユ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1cf5db6b1e08e54f40f96ebb5b6a8c7f8e780aa
    no title

    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/09/18(金) 08:03:16.94 _USER9
    9/18(金) 5:15配信
    東スポWeb

    長友佑都

    フランス1部の強豪マルセイユに加入したばかりのDF長友佑都(34)にビッグチャンスが巡ってくるのか。

    フランスプロリーグ機構(LFP)が懲戒委員会を開き、13日に行われたパリ・サンジェルマン(PSG)―マルセイユ戦で発生した大乱闘で、退場した5選手に対する処分を発表。PSG側は最も重い処分となったDFレイバン・クルザワ(28)が6試合、FWネイマール(28)を含む2選手が2試合の出場停止となった。一方でマルセイユ側もDFジョルダン・アマビ(26)が3試合の出場停止処分を受けたが、これが幸か不幸か、長友にとって〝追い風〟となりそうだ。

    マルセイユのアンドレ・ビラスボアス監督(42)は長友の立ち位置について、左サイドバックで不動のレギュラーであるアマビのバックアップ要員と明確に示している。そんな中でアマビがいきなり3試合出場できないアクシデント。日本代表の鉄人にとって千載一遇のチャンスと言っていい。

    17日(日本時間18日)に行われたサンテティエンヌ戦は第1節の延期分の試合ということで、加入登録前の扱いとなった長友は出場できなかった。指揮官は試合前に「右サイドバックに別の選手を置いて、DF酒井(宏樹=30)を左にシフトさせるかもしれない」と苦渋の策でしのぐ考えを示していたほどやりくりに苦労していた。それほどマルセイユのサイドバックの層は薄い。

    それだけに、サンテティエンヌ戦後のリール戦(20日)とメス戦(26日)で長友のフランスリーグデビューは確実視される。ここで猛アピールすればレギュラー取りの布石にもなる。長友にとっては今後を左右する試合となりそうだ。
    no title
    https://news.yahoo.co.jp/articles/df587348d81f2c2f16e968662504f403d4233273

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/13(日) 09:28:21.54 _USER9
    元日本代表指揮官で、現在はモロッコ代表を指揮するヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、マルセイユに加入した長友佑都について語った。

    7月にガラタサライとの契約が満了を迎え、フリーになった長友は、今夏に酒井宏樹が所属するフランスの名門マルセイユに加入。

    今シーズンのチャンピオンズリーグに出場するチームの中で、インテルやガラタサライ時代に同舞台を経験し、日本代表としてワールドカップに出場した34歳のサイドバックの経験値に期待が寄せられている。

    2015年から3年間指揮をした日本代表で、左サイドバックの主力として長友を起用し続けてきたハリルホジッチ監督は、フランス『Le Phoceen』の中で同選手について「両足を均等に使え、素晴らしいプロ意識のおかげでフィジカル面でとてもシャープ。

    だから非常に運動量が多い。カウンターのときにはオフェンス面でも貢献できる。彼は常に100%全力で取り組む選手だ」と特徴を説明し、同選手のプロ意識への称賛を続けた。

    「健康面に関して言えば、彼は模範的だ。朝や昼、夜に何を食べるかを理解している。これが優れたフィジカルコンディションの理由だ。夜になれば、早く部屋に戻り、寝る前に30分ストレッチをする。夜にプレイステーションで遊ぶこともない(笑)。このような模範的な選手をほとんど見たことがない」

    そして、長友がリーグ・アン行きを決めたことについて「彼のリーグ・アン挑戦にとても満足している。彼はチームメイトとマルセイユに多くをもたらすはずだ」と話した同指揮官は、日本代表DFとの契約はマルセイユにとって非常に意義のあることだと強調した。

    「君たち(マルセイユ)は彼をフリーで獲得したのだろ?マルセイユにとってのプレゼントだ。もちろん(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドと一緒にできるわけではないが、ウソ偽りはない。彼はマルセイユの太陽を浴びにここに来たわけではなく、クラブのために全力を尽くすためにここに来たんだ」

    9/13(日) 7:21配信 GOAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/46389ca2b1305731ccf1e4b4fcf16bae54f7040e
    no title

    続きを読む

    20200901-00280963-soccermzw-000-1-view
    1: 風吹けば名無し 2020/09/03(木) 15:54:57.08
    アカン

    3: 風吹けば名無し 2020/09/03(木) 15:55:27.92
    原口がやるから

    4: 風吹けば名無し 2020/09/03(木) 15:55:40.58
    藤春も知らんのかよニワカ

    8: 風吹けば名無し 2020/09/03(木) 15:56:30.30
    >>4
    藤春は全盛期過ぎたやろ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/02(水) 23:07:37.99 _USER9
    フランス1部のマルセイユに加入した日本代表DF長友佑都は、2日に入団会見に臨んだ。移籍を決めた理由や新天地での意気込み、チームメートとなる酒井宏樹との関係などについてコメントしている。

    会見には長友のほかアンドレ・ビラス=ボアス監督とパブロ・ロンゴリアSD(スポーツディレクター)も出席。フランスメディアに対し、長友は通訳を介してイタリア語で受け答えを行った。

    トルコのガラタサライを退団してフリーになっていた長友には、トルコの他クラブやイタリアのクラブなどからの関心も噂されていた。「いくつか僕のことを欲しがってくれたクラブはあったが、

    このチームでプレーするのは夢だった。代理人からオファーのことを聞くとすぐにここでプレーしたいと答えた。世界中が知っている素晴らしいクラブなのでここに来ることができて嬉しい」と長友は移籍の決断について語った。

    「確かに来月(実際は今月)には34歳になるが、誰よりも走れる」と長友。「フィジカルの状態はいい。毎日トレーニングを積んできた」とコンディションへの自信を見せ、

    「プレッシャーは怖くない。インテルで7年間プレーしてきたし、日本代表でも100試合以上。世界中でプレーしてきた」と新たな挑戦にも恐れがないことを強調した。

    長友はマルセイユでレギュラー左SBであるジョルダン・アマヴィのバックアップを務めることが見込まれる。ビラス=ボアス監督も「アマヴィは去年ファーストチョイスだった。

    今年も変わらない」と会見で序列を明言。だが長友は「アマヴィは素晴らしい選手」と賛辞を送りつつ、「試合はたくさんあるし、11人だけで戦うことはできない。チームを助けるためにここに来た」と自分の役割を果たす姿勢を示している。

    日本代表でも長年チームメートとしてプレーしてきた酒井については、「宏樹とはすごく良い関係だし素晴らしい友人。代表でも8年か9年一緒にプレーしてきた。

    (加入前に)話をして、マルセイユについて素晴らしいチーム、素晴らしい環境だと聞いていた。食事も美味しいと。一緒にチームのために全力を尽くせると思う」とコメントしている。

    9/2(水) 22:07配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/de79bc6766c85e8277212e190f1eab9687b87cae
    no title
    動画 記者会見 マルセイユ公式HP
    https://www.om.fr/fr/video/4803/equipe-pro/41375-nagatomo-lenvie-tres-jeune-de-jouer-lom

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/02(水) 11:14:35.93 _USER9
    日本代表DF酒井宏樹が、長友佑都のフランスにおける順応ぶりに驚きの反応を見せている。

    現地時間8月31日、マルセイユは日本代表DF長友佑都を1年契約で獲得したことを公表。これにより、20-21シーズンのマルセイユには酒井と長友、日本代表の両サイドバックが在籍することになった。迎えた9月1日、長友がチームに合流。酒井は自身の『Instagram』ストーリー機能で、その様子を公開している。

    そこには先にロッカールームに入っていた長友がおり、すでにチームメートと打ち解けながら話している様子が。それを見た酒井は「ほんとにいた…もうみんなと話してるし笑」とメッセージを添えている。

    10-11シーズンよりチェゼーナ、インテルとセリエAでプレーし、後にガラタサライにも在籍するなど、イタリアやトルコでのプレー経験が豊富な長友。リーグ・アン初挑戦ながら、新天地フランスでも物怖じせずコミュニケーションを取る姿は、後輩酒井からしても驚くべき光景だったようだ。

    また、このワンシーンはマルセイユの日本版『Twitter』アカウントでも公開されており、長友本人が「宏樹、ようこそマルセイユへ」と引用リツイート。まるで長友がマルセイユの古参プレーヤーであるかのような返しを見せている。

    新天地での合流初日から見事な適応ぶりを見せた長友佑都。20-21シーズンは日本代表のサイドバック2人が、マルセイユを躍進に導けるのか、大きく注目を集めることになりそうだ。
    2020-09-02_12h09_54
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ba82d2e0515374138b0bbc5b499a1e8f51ffddde

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/01(火) 06:33:04.00 _USER9
    マルセイユ加入が決定した日本代表DF長友佑都が、自身のSNSを更新し意気込みを綴った。

    マルセイユは31日、クラブ公式サイトで長友の入団を発表。

    同クラブは背番号「25」を背負うことになった長友を、「33歳の長友佑都は、アンドレ・ビラス・ボアスのチームを強化する経験豊富な左サイドバックだ。

    新しいクラブ、新しいリーグで新たな挑戦をする日本人。中田浩二選手、酒井宏樹選手に続き、日本人では3人目のマルセイユのジャージを着用する選手となる」と紹介している。

    長友は発表後、自身のツイッターを更新。

    フランスのマルセイユに加入することになりました! このような素晴らしいクラブに来れて心から嬉しいです! これから厳しい戦いが始まりますが、この決断を正解にできるように頑張ります! 

    そして日本代表の酒井宏樹と同僚です! 侍魂で戦います!」とコメントし新天地での活躍を誓った。

    9/1(火) 0:55配信 サッカーキング
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9e61ac414275a061e00894546b7855c025a78e2

    マルセイユ公式
    no title

    no title
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/31(月) 10:22:48.65 _USER9
    日本代表DF長友佑都のマルセイユ加入が近づいている。同クラブを率いるアンドレ・ビラス=ボアス監督が認めた。『テレフット』に対するコメントをフランス『レキップ』が伝えている。

    酒井宏樹が所属するマルセイユは現地時間30日にブレストと対戦し、3-2の勝利を収めた。

    ビラス=ボアス監督は試合後、加入が報じられている長友について「彼は今日到着した。明日メディカルチェックだ」と語ったとのことだ。

    イタリア、トルコでプレーした長友。次の舞台はフランスで決まりそうだ。
    2020-08-31_11h58_46
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebcfb27a55d0371d7e84639f98d56e7edada6704

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/30(日) 20:34:40.92 _USER9
    【ベルリン共同】サッカーの日本代表DF長友佑都(33)が、フランス1部リーグのマルセイユに加入する見通しであることが30日、関係者の話で分かった。現地入り後にメディカルチェックなどを受け、正式決定するとみられる。

    9月で34歳になる長友は昨季限りでトルコ1部リーグのガラタサライを退団し、所属先を探していた。日本代表DF酒井宏樹も在籍するマルセイユは昨季リーグ2位の強豪クラブで、今季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)にも出場する。

    愛媛県出身の長友は明大からJ1のFC東京を経て、イタリア1部リーグ(セリエA)の強豪インテル・ミラノなどで活躍した。

    8/30(日) 18:25配信 KYODO
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f09e737a7756f4cdd1520ad879266d295fe9e999
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ