海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 長友佑都

    1:Egg ★:2018/08/12(日) 19:37:32.67 ID:CAP_USER9.net
    ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都がツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、“本田監督”に反応した。

    12日、FW本田圭佑がプノンペンで開催されたカンボジアサッカー連盟の記者会見に出席。同代表のコーチングスタッフに入閣することを発表した。本田の肩書きは『Head of delegation』。チーム構成や指揮に対する全権を任せられる予定で、実質的な“監督”のポジションも担うという。

    今後は、先日加入が発表されたメルボルン・ビクトリーでプレーしながら、国際Aマッチデーにカンボジア代表の実質的な監督を務める。本田は「私にとってはじめての監督業になります。こういったかたちの契約は世界どこをみてもはじめての契約だと思います。可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」と意気込みを語った。

    これに反応した長友は「圭佑、自分が日本代表の選手としてカンボジア代表と対戦する時はどうする?もちろん日本代表の味方だよな?笑 わざとシュート外したりしないよな?笑」と、冗談まじりにツイート。すると、本田(@kskgroup2017)は「もちろん笑」と返答した。

    なお、本田は代表引退を表明しているが、「2年後の東京五輪を目指して現役を続けようと思った。東京五輪にオーバーエイジとして出場する」と目標を掲げている。

    8/12(日) 19:23配信 ゲキサカ
    2018-08-13_00h20_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-01665540-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/08/11(土) 10:51:46.55 ID:CAP_USER9.net
    スュペル・リグ(トルコ1部リーグ)第1節が10日に行われ、昨シーズンのリーグ王者であるガラタサライが敵地でアンカラギュジュと対戦し、1-3で勝利した。右足大腿部の負傷が発表されていたガラタサライの日本代表DF長友佑都もスタメンに入り、フル出場を果たしている。次節、アンカラギュジュはアランヤスポルと、ガラタサライはギョズテペと対戦する。

    【スコア】
    アンカラギュジュ 1-3 ガラタサライ

    【得点者】
    アンカラギュジュ:ムスタファ・エル・カビル(7分)
    ガラタサライ:セルダル・アジズ(21分)
    ガラタサライ:オウンゴール(バカリ・コネ)(30分)
    ガラタサライ:エレン・デルディヨク(90+2分)
    2018-08-11_13h40_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00810211-soccerk-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/08(水) 10:07:26.08 ID:CAP_USER9.net
    ガラタサライは7日、日本代表DF長友佑都の負傷離脱を発表した。

    長友は5日に行われたアクヒサルとのトルコ・スーパー杯に左サイドバックで先発出場。0-1の後半34分にFWエレン・デルディヨクの同点弾をアシストする活躍を見せたが、延長前半12分に交代となり、チームはPK戦の末に敗れていた。

    クラブ公式サイトによると、交代の理由は負傷だったようだ。長友はイスタンブールの病院で検査を受けた結果、右足大腿部の怪我と診断。すでに治療がスタートしているとのことだが、全治などの詳細は明かされていない。

    ガラタサライは12日にリーグ開幕戦を迎え、敵地でアンカラギュジュと対戦する予定となっている。
    2018-08-08_10h55_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-01657026-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/08/06(月) 10:48:46.88 ID:CAP_USER9.net
    5日、トルコ・スーパーカップが行われガラタサライとアクヒサルが対戦。ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は102分までプレーした。

    試合は開始直後に動きを見せる。5分、アクヒサルがカウンターからチャンスを作るとゴールポストに当たったシュートのこぼれ球をイェウヘン・セレズニョウが押し込み先制点を挙げた。

    追いつきたいガラタサライは攻めようとはするものの、流れの中からうまくチャンスを作れず、1点ビハインドで後半を迎える。

    ガラタサライは後半も簡単なパスミスでなかなかリズムを作れずにいたが79分、スコアが動く。長友が左サイドでボールを受けると、カットインからゴール中央でフリーのエレン・デルディヨクに鋭いパス。デルディヨクはワントラップから右足シュートを放つと、ボールはGKの手をすり抜けゴールに吸い込まれ、ガラタサライが同点に追いついた。

    その後は両チームとも追加点を奪えず、勝負は延長戦でも決着がつかずPK戦へ。PK戦はガラタサライの5人目バフェティンビ・ゴミスのシュートがGKに止められ5-4でアクヒサルがトルコ・スーパーカップを制覇した。

    【スコア】
    ガラタサライ 1-1(PK:4-5) アクヒサル

    【得点者】
    0-1 5分 イェウヘン・セレズニョウ(アクヒサル)
    1-1 79分 エレン・デルディヨク(ガラタサライ)
    2018-08-06_11h38_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00806767-soccerk-socc
    続きを読む

    1:ひぃぃ ★:2018/07/28(土) 12:12:12.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表DFの長友佑都(31)=ガラタサライ=が、27日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)に出演し、チームのムードを一変させた決意の裏側を明かした。

    ハリルホジッチ監督が電撃解任され、急きょ発進した西野ジャパン。初戦でW杯壮行試合となったガーナ戦は0―2で敗戦。雰囲気は悪かった。欧州へ出発した際も、空港に見送りにきたサポーターは4年前から激減。「(期待されていないと)ガッツリと気づきましたね。寂しいなと思いながら…。(サポーターが)スカスカなんですよ。みんな言ってましたよ『今日は少ねぇなって』。『しょうがねえな、勝ってねえから』って」と見送られた側の視点から語った。

    ムードを一変させるべく長友がとった行動こそが突然の金髪化だった。「俺がバカにならないとこのチームやばいな」。長谷部主将以下、川島、本田…とベテラン組の顔ぶれを考慮した上での決意。「雰囲気が良くなかったんで。自分が若手だったら、こういうチームにいたくないだろうなと思ったんです」

    ベテランが率先して“イジられる”ことで若手との壁をなくしたファインプレー。MC・中居正広(45)も「良かったしれないですね。いい意味でスキを見せてくれると、若い人たちはリラックスできる」と多くの後輩グループを持つだけに、長友の判断に深く同意していた。

    2018年7月27日23時7分
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180727-OHT1T50266.html

    画像
    2018-07-28_14h51_28


    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/07/25(水) 17:02:14.44 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー界の次なる“CMキング”はDF長友佑都(31=ガラタサライ)が本命か。ロシアW杯では不動の左サイドバックとして西野ジャパンを攻守でけん引し、ベスト16進出に貢献。さらにピッチ外でも金髪スタイルに“変身”するなど話題を振りまき、強烈な存在感を放った。MF本田圭佑(32)ら人気者が代表を去る中で、発信力のある長友はお茶の間への露出が急増しそうだ。

    W杯の舞台で見せた驚異的な運動量は西野ジャパン躍進の原動力となったが、ピッチ外でもMVP級の輝きを放った。

    W杯開幕前の合宿中に、金髪に染め上げて周囲の度肝を抜いた。さらに自らを人気漫画「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空に見立て「スーパーサイヤ人になりたい」と宣言し、悟空の必殺技“かめはめ波”ポーズを披露するなど大きな反響を呼んだ。すると大会後に、スマートフォン用ブラウザゲーム「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」の公式サポーターに就任。見事に“仕事”につなげ、発信力の高さを見せつけた。

    そうした長友の訴求力に熱い視線を送るのはCM業界だ。大手広告代理店関係者は「もちろん知名度は以前から抜群だったが、今回のW杯を通じて幅広い層に愛されるキャラクターが浸透した。家族を大切にする明るいイメージも定着してきているし、これからも代表でプレーするなら多くのオファーが来てもおかしくない」と指摘する。

    加えて、妻で女優の平愛梨(33)や2月に生まれた長男との仲むつまじい姿やエピソードも積極的に披露するなど、最近は良きパパとしても認知され好感度がアップ。すでに横浜銀行のイメージキャラクターに就任しているが、今後は保険や住宅、電気やガス、食品といった生活関連の幅広い業界から広告起用の引き合いが見込まれるという。

    さらに長友はW杯前に薄毛治療を専門とする「AGA(男性型脱毛症)ヘアクリニック」のCMに登場。W杯後に「一番苦しかったのは僕の頭皮でしょ」と打ち明けて笑いを誘うなど、周囲に心配されていた“薄毛ネタ”を自ら解禁する懐の深さを見せた。タブーのない姿勢はさらに世間の共感を呼び、多くの企業からオファーが舞い込む契機になる。

    サッカー界のスター、本田やMF香川真司(29=ドルトムント)に比べると長友のCM契約料は高額ではないことも人気の理由だ。また広告業界ではW杯で活躍したMF柴崎岳(26=ヘタフェ)ら若手選手にも注目しているが、ピッチ外で見せた「おっさんパワー」は高く評価されており“長友時代”到来の予感も漂っている。

    この勢いのまま、長友が“勢力図”を塗り替えてサッカー界のCMキングとして君臨する日は近いはずだ。
    2018-07-25_21h08_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000038-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/22(日) 22:13:12.12 ID:CAP_USER9.net
    日本代表DF、長友佑都が自身のツイッターを更新。日曜夜に味の素スタジアムを訪れ、J1リーグ第17節、FC東京vs横浜F・マリノス戦を観戦したことを報告した。
     
    試合は長友の古巣であるFC東京が本拠地で爆発。ゴールラッシュを決め込んで5-2の圧勝を飾り、首位サンフレッチェ広島との勝点差を7に縮め、2位の座をキープした。
     
    この出色のゴールショーに長友も大興奮。「FC東京対横浜マリノスを観戦。FC東京半端ないって。こんなに暑いのにめっちゃ走るやん。そんなんできひんやん普通」と、いまやお約束のフレーズで書き綴った。

    【画像】味スタで豪華3ショットが実現! 長友佑都、石川直宏、そして横須賀の若き政治家が… 



    そしてここで、共に観戦した大物の存在を明かすのだ。
     
    「小泉進次郎さんとFC東京のレジェンド石川直宏さんと観戦させていただきました!
    最高に楽しかった!
    みなさん是非Jリーグを観に行ってください」
     
    なんとFC東京のOBでかつての僚友である石川氏と並んで写真に収まっているのは、衆議院議員でサッカー好きとして知られる小泉進次郎氏! 日本代表きっての人気者の交友関係の広さが垣間見える。
     
    古巣の快勝劇を目の当たりにし、“元気玉”をしっかり集めた長友。近日中に日本を旅立ち、ガラタサライのキャンプに合流する予定だ。

    7/22(日) 21:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180722-00044384-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/07/08(日) 11:20:22.54 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのベルギー対日本の試合の後、DF長友佑都にメールを送ったようだ。長友がツイッターでその内容を明かしている。

    日本代表は2日、W杯決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。接戦の末2-3で敗れベスト16敗退となった。そして8日、長友は自身のツイッターを更新。「ベルギー戦が終わった後、ザックさんから一通のメールが届いた」と投稿した。

    メールには「君たちの監督だったことを誇りに思う」と書かれていたと明かすと、長友は「ブラジルW杯から4年。成長した姿で、恩返しできたなら嬉しく思う」と付け加えている。

    ザッケローニ氏は2010年から2014年まで日本代表監督を務め、アジアカップ優勝などの成績を残した。しかし、2014年のブラジルワールドカップではグループステージ敗退に終わっている。なお、現在はUAE代表監督を務めている。
    2018-07-08_12h57_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00790753-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/07(土) 08:11:46.83 ID:CAP_USER9.net
    ロストフで死闘を繰り広げた好敵手へ
     
    日本代表を「ロストフの死闘」で下した“赤い悪魔”がブラジルとの準々決勝に臨み、鮮やかな2-1の快勝を飾った。実に32年ぶりとなるワールドカップでのベスト4進出だ。
     
    序盤からフルスロットルでセレソンと対峙したベルギー代表。13分に敵のオウンゴールで先制点を挙げると、31分にはケビン・ブ・ブルイネが世界を震撼とさせる無回転ミドルを突き刺してリードを広げた。後半はブラジルの反撃を食らって76分に1点を返されたが、それ以上はシャットアウト。守護神ティボー・クルトワのスーパーセーブも飛び出したベルギーが勝ち名乗りを上げた。
     
    その美しき勝利に感銘を受けたのが、ほかでもない西野ジャパンのDF長友佑都だ。自身のツイッターで、「ベルギー強すぎる。俺らこんな怪物たちに真っ向勝負挑んでたんか。。」と驚きを表現。世界最高レベルのバトルとサムライブルーのパフォーマンスを少しばかり重ね合わせたのかもしれない。最後は「ベルギーに優勝してほしい」との一文で締め、ロストフで互角以上の壮絶戦を繰り広げた最高の“好敵手”にエールを贈ったのである。
     
    やはり日本の快進撃を止めたチームだけに、ベルギーの動向は気になるところ。彼らの次なる準決勝の相手はフランスに決まった。こちらも熱い熱い、隣国ダービーである。

    サッカーダイジェスト 7/7(土) 7:07配信
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=43573

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ