海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1:豆次郎 ★:2017/10/18(水) 06:14:46.80 ID:CAP_USER9.net
    10/18(水) 6:05配信
    日本サッカー協会が「第2の久保」発掘へ、飛び級を奨励していく方針であることが17日、分かった。関係者によると、将来性のある選手を積極的に上のカテゴリーでプレーさせて成長を早めることで、20年東京五輪代表の強化につなげる狙いがあるようだ。

    モデルケースとなるのが、5月に韓国で行われたU―20W杯に15歳(当時)で飛び級出場したFW久保建英だ。内山篤監督(58)が招集した当時は批判的な声もあったが、初戦の南アフリカ戦で決勝アシストをマークし、年上相手にやれると自信をつかんだ。決勝トーナメント1回戦のベネズエラ戦では相手の強さと速さの前に通用せず「こんな思いは二度としたくない」と、さらなる進化の必要性も痛感。成長速度を高めることができた。

    育成年代のカテゴリーはU―15からU―20までは1歳ごとに細分化されており、その上に五輪代表チームがある。今後は通用すると判断すれば、各年代の枠にとらわれず五輪チームなど上のカテゴリーに抜てきしていくことになりそうだ。

    ◆U―17W杯◆米国、ドイツが8強入り インド大会第10日は16日、ニューデリーで決勝トーナメント1回戦が行われ、米国がパラグアイに5―0で大勝して8強入りした。ドイツはコロンビアに4―0で快勝し、8強に進出した。
    2017-10-18_11h31_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000017-sph-socc
    続きを読む

    2017-10-18_01h45_18

    1:豆次郎 ★:2017/10/18(水) 01:36:10.04 ID:CAP_USER9.net
    【結果】
    日本 0-0イングランド (3 PK 5)


    [U-17日本代表]
    先発
    GK 1 谷晃生(G大阪ユース)
    MF 6 喜田陽(C大阪U-18)
    DF 5 菅原由勢(名古屋U-18)
    DF 3 小林友希(神戸U-18)
    MF 18 鈴木冬一(C大阪U-18)
    MF 10 福岡慎平(京都U-18)
    MF 4 平川怜(FC東京U-18)
    FW 13 中村敬斗(三菱養和SCユース) → 椿直起
    MF 14 上月壮一郎(京都U-18)
    FW 11 宮代大聖(川崎F U-18)
    FW 7 久保建英(FC東京U-18)

    控え
    GK 12 鈴木彩艶(浦和Jrユース)
    GK 21 梅田透吾(清水ユース)
    DF 2 池高暢希(浦和ユース)
    DF 15 馬場晴也(東京Vユース)
    DF 16 山崎大地(広島ユース)
    DF 19 監物拓歩(清水ユース)
    MF 8 奥野耕平(G大阪ユース)
    MF 20 椿直起(横浜FMユース)
    FW 9 山田寛人(C大阪U-18)
    FW 17 棚橋尭士(横浜FMユース)

    https://www.nikkansports.com/m/soccer/ujapan/score/2017/2017101701_m.html
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/17(火) 19:18:18.69 ID:CAP_USER9.net
    「”ロシアワールドカップに向けてチームを成熟させる”という狙いだろう。日本のメンバーは試験的に入れ替わっていたが、4-2-3-1というフォーメーションは変わらず、それぞれのポジションに託された役割も変わっていない」

    ミケル・エチャリはそう言って、ニュージーランド戦の分析を切り出した。

    エチャリはスペインの古豪レアル・ソシエダで約20年間にわたり、強化、育成、分析とあらゆるポストを歴任。レアル・ソシエダBの監督として、ハビエル・デ・ペドロ、アグスティン・アランサバルなど多くのスペイン代表を育てている。他にもエイバルで監督として指揮を執り、アラベスではテクニカルディレクター、指導者養成学校の教授も経験。慧眼(けいがん)で知られ、その分析から「ミスター・パーフェクト」の異名を誇る。

    「攻め寄せるのは悪くないが、危機管理が不足している場面が見られた。センターバック2人が孤立。もっと高いレベルになれば、何度かカウンターを浴びてもおかしくない」

    エチャリは目を光らせた。ロシアW杯に向け、「リスクマネジメント」はひとつのテーマになりそうだ。

    「ニュージーランドは最初、3-3-2-2のような布陣だった。中央部の守りを固めながら、2トップを生かす戦い方だろう。しかし日本の攻撃圧力が強かったことで、防戦一方になってしまう。

    日本はボランチの山口蛍が積極的に攻撃参加。序盤、武藤嘉紀へ送ったロングボールの質は高かった。山口は中央部から崩そうと前線に近づき、ミドルシュートも放ち、ニュージーランドを脅かしている。

    しかし、中央で山口、井手口陽介というボランチが同時に動くことで、チームのバランスは偏っていた。中央から無理押しで攻めるのは得策ではない。ダブルボランチというのは攻守のバランスを重んじ、サイドバックの攻撃参加を促すプレーが本筋である。長友佑都、酒井宏樹を動かすことで、日本はもっと有効な攻撃ができるだろう」

    エチャリはボランチが自ら動き回ることで守備の綻(ほころ)びを作るよりも、周りを動かすことによって潤滑な攻撃を促し、攻守の両輪となることを求めた。

    「そもそも中盤の2人が八方に動き回ることで、カウンターの脅威にさらされている(この点で長谷部誠は気が利いている)。例えば前半29分、槙野智章がカットしたボールは相手に再びカットされ、ディフェンスラインの裏を狙われている。吉田麻也は逆を取られ、ターンで遅れ、走り負けた。このとき、ボランチもサイドバックも前に出ていたことで、数的同数を作られてしまった。相手FWのレベルが高かったら……推して知るべしだ」

    ボランチがポジションを明け渡すことで、強固とは言えないバックラインは相手の攻撃に晒されてしまう。結局のところ、中盤の慌ただしさが攻守の不安定さを生じさせている、とエチャリは読み解く。一方的に攻めていたのに、突如として流れを失ってしまう理由だ。


    つづく
    no title
    10/17(火) 8:10配信 sportiva
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171017-00010002-sportiva-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/10/17(火) 05:35:38.45 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)がスタッフにJクラブの“練習視察行脚”を命じたことが分かった。協会関係者は「今後コーチ陣が試合だけでなく、練習も視察するようです」と証言した。

    6日のニュージーランド戦は辛うじて勝利したが10日のハイチ戦は後半ロスタイムに同点にするのが精いっぱい。W杯出場決定後の最初のテストマッチで醜態をさらし、指揮官はハイチ戦後「最悪の試合。恥をさらした」と、かつてない辛らつな言葉を並べ危機感をあらわにした。

    中でも指揮官が問題視したのが、かねて厳命してきた「体脂肪12%以下」を超えていた国内組のコンディション。海外組の中にも設定ラインをオーバーした選手がいたようだが、12月には国内組だけで臨む日本開催のE―1選手権(旧東アジア杯)が控えるだけに、練習の視察でさらなる徹底チェックを行う方針だ。

    本番まで約8カ月。いまだ主力メンバーの大半は海外組が占めるもののE―1選手権はW杯メンバー入りへ向け、国内組にとって最後のアピールチャンス。ハイチ戦後「たくさんデュエルで負けた。メンタル面のもろさが見えた」と話した指揮官は、さらなる管理でチームの底上げを図る。
    2017-10-17_08h00_49
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/10/17/kiji/20171016s00002014303000c.html
    2017年10月17日 05:30
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/17(火) 06:11:31.44 ID:CAP_USER9.net
    アラブ首長国連邦(UAE)サッカー協会は16日、UAE代表の指揮官にアルベルト・ザッケローニ氏(64)が就任することを発表した。

    最新FIFAランキング72位のUAEは、2012年からマハディ・アリ・ハッサン氏が指揮し、2015年にはオーストラリアで開催されたアジア杯で日本を戦の末に下し、ベスト4進出を果たした。今回のW杯アジア最終予選の初戦でも埼玉スタジアムで日本を破る大金星を挙げたが、その後は成績が安定せず、今年3月に辞任を発表。5月から元アルゼンチン代表監督のエドガルド・バウサ氏が指揮していたが、W杯出場権を獲得できず先月辞任していた。

    ザッケローニ氏はセリエAでウディネーゼを躍進させ、ミランでスクデットも獲得すると、ラツィオやインテル、ユベントスなどイタリアのビッグクラブを率いていた。2010年8月から2014年6月まで日本代表を指揮し、退任後の昨年1月には中国スーパーリーグの北京国安の監督に就任。しかしわずか4か月で解任され、フリーとなっていた。

    近年、日本はUAEに苦しめられているが、日本を知り尽くした指揮官の就任により今以上に難敵となりそうだ。
    2017-10-17_07h46_28
    10/17(火) 6:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-01645220-gekisaka-socc
    続きを読む


    1:Egg ★ :2017/10/16(月) 15:45:01.99 ID:CAP_USER9.net
    サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第17回。

    現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど、日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

    今回のテーマは、W杯へ向けた親善試合でいまひとつ結果の出ていない日本代表のハリルホジッチ監督。世代交代や新戦力の発掘など、課題が多くある中、本大会へ向けてその真価が問われている。

    ******

    「監督の仕事は選手をピッチに送り出した時点で8割方の仕事は終わっている」と言われる。ハリルホジッチ監督の仕事ぶりを見ていると、意図しているのか否かは別にして、本当にその通りだと思う。

    W杯最終予選で出場権獲得に苦しんだ日本代表を救ったのは、いつも新たに起用した選手だった。原口元気、久保裕也、川島永嗣、今野泰幸、井手口陽介、浅野拓磨、乾貴士…。

    世代交代を意図していたかどうかは別にして、選手を招集して適材適所に配置するという点では、最終予選後半戦では采配が的中することが多かった。言い方を変えれば、これは国内組・海外組を問わず、代表クラスの実力を備えた選手が日本にはまだまだいるということの証だ。先日のニュージーランド戦、ハイチ戦では、その采配に迷いが見られたが、11月のブラジル戦、ベルギー戦に注目したい。

    ハリルホジッチ監督とは2016年4月に、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリード対バルセロナのクラシコの現地中継で一緒に行動したことがある。当時、日本代表のいろんなポジションについて意見交換したが、その時に話題の中心になったのが山口蛍のことだった。

    当時の山口は、3月の日本代表戦で鼻と眼窩底を骨折し、前年末に移籍したドイツのハノーファーで出場できない状況にあって、シーズン終了後にJリーグに復帰すると噂されていた。それもあって、ハリルホジッチ監督に「ボランチはどうするんだ?」と訊ねると、「(山口が)もう日本に戻るのなら代表では使えない」というニュアンスの答えが返ってきた。

    確かにボランチは海外でのプレー経験があるに越したことはないが、私は「それだけが基準ではないのでは?」と意見をぶつけた。そこからふたりでいろんな議論をしたのだけれど、振り返れば当時のハリルホジッチ監督は、まだ日本代表のこと、日本人のメンタリティについて理解が十分に進んでいない時期でもあった。

    あれから1年半以上の時間を経て、その選手招集を見ていると、セレッソ大阪に移籍した山口を招集していることも含めて、海外組偏重から少し柔軟性が生まれていると感じる。

    チームを作っていく上で、経験がある選手は苦しい時に精神的な支柱になれる一方で、バランスを取るのに長(た)けているため、ダイナミックさに欠けるデメリットもある。そのあたりはハリルホジッチ監督もよく理解しているので、今後も新しい選手が加わり、世代交代に拍車がかかっていくはずだ。

    Jリーグに目を向ければ、左SBのバックアップにはスピードのある藤春廣輝(G大阪)や、好調時は物凄いプレーをする車屋紳太郎(川崎)を推したい。CBには柏の中山雄太や中谷進之介、川崎の谷口彰悟もいる。中盤なら天野純(横浜FM)や川辺駿(磐田)、大島僚太(川崎)など、各ポジションに面白い存在の選手がいる。

    だが、世界と戦うには、彼らはまだまだ線が細いと思わざるを得ない。監督が求める「デュエル」を実践できるフィジカル強度をほとんどの選手は持ち合わせていない。

    つづく
    2017-10-16_20h17_18
    10/16(月) 11:00配信 週刊プレーボーイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171016-00093150-playboyz-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/16(月) 17:20:55.94 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)は16日、最新のFIFAランキングを発表した。

    今回発表されたランキングは、12月1日に行われる2018FIFAロシア・ワールドカップの抽選会のポッド分けを決定する重要なものとなる。

    W杯出場を決めている日本は、前回の40位から44位に後退。アジアでは3番手となる。大陸間プレーオフに回ることとなったオーストラリアは43位に上がり、W杯本大会出場を辛くも決めた韓国は中国にも抜かれて62位となっている。

    なお、上位勢ではフランスとスペインが順位を上げている。

    トップ10は以下の通り。
    1位 ドイツ
    2位 ブラジル
    3位 ポルトガル
    4位 アルゼンチン
    5位 ベルギー
    6位 ポーランド
    7位 フランス
    8位 スペイン
    9位 チリ
    10位 ペルー
    2017-10-16_17h56_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00010001-goal-socc
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★:2017/10/15(日) 00:11:24.11 ID:CAP_USER9.net
    62fba4a1-d3d0-b242-0655-365131213dd0

    現在インドで行われているU-17ワールドカップを戦っている日本代表は、ここまで1勝1敗という成績だ。

    初陣となったホンジュラス戦では大量得点で勝利を収めるも、第2節のフランス戦では全ての攻撃を失速させられ、カウンターを受けて撃沈した。

    その原因は、試合を見ていれば一目瞭然だ。1対1や対面、競り合いの状況で全く勝てず、技術で仕掛けられなくなり、展開がみるみる消極的になっていった。

    いろいろ対処法はあるとは思うものの、ここまで選手同士の対戦で負けているとどうにも動きにくくなる。

    2得点を決めたフランスの「9番」アミヌ・グイリが一発で抜けてしまうことを考えれば、センターバックが持ち上がって1対1にしておくのもリスクが高く、攻撃的な選択肢も限られていく。

    ハリルホジッチ監督が言う「デュエル」の重要性を痛感できる試合だったといえるだろう。

    あの「講義」の意図とは?

    今回のキリンチャレンジカップのメンバー発表において、ハリルホジッチ監督は「講義」とも言えるプレゼンテーションを行った。

    そこで具体例として用いたのは、直前に行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン対バイエルン・ミュンヘンのデータだった。

    パリ・サンジェルマンは30%台というボール保持率であったが、バイエルンを相手に3得点を奪って快勝したという試合である。

    その中で唯一パリ・サンジェルマンが大きく上回っていたのがデュエル。つまり「対人戦の勝率」であった。

    これが「ポゼッションは勝てない、早い攻めとデュエルが重要」というポゼッション信仰への“カウンター”だという意見は多かったように思う。

    しかし、筆者は『デュエルの強さがないポゼッションは脆弱』という意味なのではないかという解釈をしていた。注目すべきはパリ・サンジェルマンではなく、バイエルンの方のデータだったのではないかと。

    多くのジャーナリストが分析した2014年W杯のアルジェリアも、韓国戦などではちゃんとパスを回して攻めた時間があった。コートジボワールでも特筆するほどカウンター志向ではなかった。ハリルが「強硬な反ポゼッション派」ではないことは明白である。

    あの講義は、要するに『バイエルンでもデュエルで上回らないと勝てないのに、日本の実力じゃポゼッションは絶対ムリ』というのをかなり厚めのオブラートに包んで伝えたのではないだろうか。

    日本人には技術がある?

    思えば、「日本人はテクニックがある」という言説はよく存在していた。

    ジーコジャパンあたりからだろうか?「自分たちのサッカー」が、パスを回してボールを保持することになり始めたのは。

    日本人は小柄でフィジカルがなく、その分俊敏性と技術、スタミナがある。だからこそボールを繋ぐべきなのだと。蹴ってしまうことはあまり良くない。足元でパスを繋いでプレーしよう。運動量を活かそう。味方を使おう。

    それ自体が間違っているとは言えない。当然、それだけのテクニックがあれば可能だからだ。

    ただ、ハリルホジッチが以前から言っている「デュエル」の課題は、「デュエルの技術がない」ということ。フィジカルだけではなく、テクニックの問題でもある。

    そういえば、ハリルホジッチは就任会見で『テクニックがある選手がいる。多くのことはできないが、あることは出来る。皆ボールを欲しがる』とは言っていたが、ここでも全面的に褒めてはいない。限定的な使い方ができると言っているだけだ。

    そもそもハリルホジッチ自身は日本人のテクニックをあまり評価していないのだろう。そして、それがU-17ワールドカップのフランス戦で現実として表れたと感じたわけだ。ボールタッチだけがうまくても、それを止める方法はいくつもある。

    ボールを相手の前で保持すれば、それだけ対面する選手とのデュエルが増える。それが苦手ならば、同時に「奪われる」機会も増加していく。
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/15(日) 03:05:57.41 ID:CAP_USER9.net
    日本はイングランドを撃破すれば、パラグアイとアメリカの勝者と対戦。
     
    インドで行なわれているU-17ワールドカップの決勝トーナメント進出チームがすべて出揃った。
       
    E組の2位でベスト16に挑むことが決まっている日本は、F組を1位通過したイングランドとの対戦が確定した。イングランドはグループリーグ最終節で、日本が昨年のアジア最終予選・準決勝で敗れたイラクに4-0で快勝。その実力は折り紙付きで、一筋縄ではいかない相手だ。

    【U-17W杯PHOTO】グループリーグは1勝1分1敗で決勝T進出決定!
     
    キックオフは17日の23時30分(日本時間)で、場所はグループステージ第3戦のニューカレドニア戦と同じく、コルカタのソルトレイクスタジアムとなっている。
       
    他の組み合わせは以下の通り。
     
    ●10月16日(月)
    コロンビア(A組2位)vsドイツ(C組2位)
    パラグアイ(B組1位)vsアメリカ(A組3位)

    ●10月17日(火)
    イラン(C組1位)vsメキシコ(F組3位)
    フランス(E組1位)vsスペイン(D組2位)
    イングランド(F組1位)vs日本(E組2位)
    マリ(B組2位)vsイラク(F組2位)

    ●10月18日(水)
    ガーナ(A組1位)vsニジェール(D組3位)
    ブラジル(D組1位)vsホンジュラス(E組3位)

     10/15(日) 2:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171015-00031135-sdigestw-socc

    写真


    続きを読む

    2017-10-14_22h49_45

    1:Egg ★ :2017/10/14(土) 22:30:36.08 ID:CAP_USER9.net
    日本、E組2位で16強入り 中村弾で先制も追いつかれドロー

    ◇U―17W杯1次リーグE組 日本1―1ニューカレドニア(2017年10月14日 インド・コルカタ)

    サッカーのU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)インド大会は14日、1次リーグが行われ、

    日本はE組最終戦でニューカレドニアと対戦。前半早々に先制したものの後半追いつかれ1―1で引き分けたが、E組2位で決勝トーナメント進出を決めた。1位通過は3連勝のフランス。

    日本は1―2で敗れた11日のフランス戦から先発9人を入れ替えて臨み、唯一の3試合連続スタメンとなったFW中村敬斗(17=三菱養和ユース)が前半7分に先制ゴール。
    初戦のホンジュラス戦でハットトリックを達成したエースが自らボールを奪いドリブルでペナルティーエリアへ進入して右足で落ち着いて決めて先手を取った。

    だが、E組最下位相手に2点目が遠い。後半27分には、今大会初めてベンチスタートとなったFW久保建英(16=FC東京U―18)を投入して2点目を目指したが、
    逆に後半38分、CKからヘディングシュートを決められ失点。1―1で引き分けた。

    日本は通算1勝1分け1敗の勝ち点4。試合前に勝ち点3で並んでいたホンジュラスがフランスに敗れたため、日本の2位通過が決まった。

    10/14(土) 22:28配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000148-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ