海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1: Egg ★ 2019/08/21(水) 06:15:27.33
    日本代表の森保一監督(50)が20日、W杯アジア2次予選ミャンマー戦(9月10日・ヤンゴン)のメンバー選考で、MF久保建英(18)=Rマドリード=ら若手中心の編成を選択肢に入れていることを明かした。

    国際親善試合のパラグアイ戦(同5日・カシマ)が行われる茨城県の県庁(水戸市)を訪問後に取材に応じた。東京五輪を見据えた(A)若手強化型のほか、(B)慣例踏襲、(C)移籍組配慮と3つのプランがあり、30日に予定されるメンバー発表までに決断する。

    森保監督は初めて挑むW杯予選を前に、3つの方向から選考に迫っていく。アジア2次予選開幕戦となるミャンマー戦へ向け、「基本は現状のベストなチーム」と方針を示しながら「ひょっとしたら若手選手の方が多くなるかもしれない。柔軟に考えたい」と明かした。1年後の東京五輪を見据えたもので、まずはこれがプラン(A)「若手強化型」になる。

    ミャンマーはFIFAランク135位。アウェーでの対戦とはいえ、同33位の日本から見れば実力差は歴然としている。A代表が参加した6月の南米選手権で世界と戦えることを示した18歳MF久保、2得点と結果を残したMF三好康児(22)=アントワープ=ら、東京五輪世代を選んだとしても結果が望める。そして、メダル獲得を目指す五輪世代の強化にもつながる。

    ただ、指揮官の頭の中には4年前の苦い記憶も残る。ハリル・ジャパンが挑んだ2次予選の初戦・シンガポール戦は、ホームで0―0のドローに終わっている。ミャンマーが守備重視の戦術を取る可能性は高い。切り崩すには時には経験と連係面の成熟が必要になる。初戦の難しさに重点を置いた場合は、実績のあるメンバーで構成したプラン(B)「慣例踏襲」となる。

    プラン(C)は「移籍組配慮」の構成。今夏、多くの代表候補が欧州に渡り、欧州内でも多くの移籍があった。シーズン序盤はクラブ内で地位を確立する大事な時期。残留した選手、または移籍してもポジションを確保した選手に絞って招集する考えもある。今回は、慣例よりも多くの選手に招集の可能性がある文書を送付している。

    森保監督は「状況を見極めて選びたい」と話した。メンバー発表の30日まで、あと10日。欧州で視察にあたっている5人のスタッフから送られてくる情報を精査し、東京五輪、そして22年カタールW杯で結果を残すことを念頭に選考の軸を決めていく。(内田 知宏)

    8/21(水) 6:10配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000289-sph-socc  
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/03(土) 06:56:02.04
    レアル・マドリードMF久保建英(18)の周辺で「トップと契約してスペイン1部デビューを飾る」「レアルBの一員として主戦場はスペイン3部」と両極端の情報が入り乱れている。

    レアルは日本時間1日未明、参戦中のアウディ杯(ドイツ)の3位決定戦でトルコのフェネルバフチェと対戦。後半28分に途中出場の久保は、トップ下として積極的なプレーを展開したが、ゴールに絡むことはできなかった。試合後、ジダン監督は「クボは有能で重要な選手」と言いながらも「Bチームでプレーしながらトップの練習に参加するのがベストではないか?」ともコメント。ビッグネームの指揮官は複雑な胸中をのぞかせた。

    「久保の今後は週明け5日に判明する。7日にレアルは、オーストリアに出向いて日本代表MF南野が所属しているザルツブルクと親善試合を行う。このメンバーに選ばれたらトップ登録の可能性がグンと高まり、外れた瞬間にBチーム登録が確定することになります」(サッカー関係者)

    現地スペインでも久保の処遇を巡って喧々囂々だが、いずれにしても現時点で当確! と言われていることがある。<日本代表の背番号10をつけてプレーする>だ。前出の関係者がこう言う。

    「日本代表の大口スポンサーのひとつ、A社製のスパイクを履いている選手がエース番号の10を身にまとうのが通例になっており、7月7日に決勝戦が行われたコパ(南米選手権)では、A社契約選手のMF中島がつけていた。ところが中島はM社と契約するという噂が流れており、それもこれも<A社が久保に背番号10をつけさせて“日本代表の顔”として大々的に売り出そうとしている>ことと無関係ではない」

    日本代表は、9月5日に国内でパラグアイとテストマッチを行う。そこで久保の背番号10がお披露目されることになるのか。
    2019-08-03_08h52_41
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/259646

    続きを読む

    burning-3088905_640

    1: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 22:48:26.17
    ワイはドラゴン久保か高原辺りを推したいんやが

    2: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 22:48:49.55
    小倉

    3: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 22:48:52.97
    それで異論なくないか

    4: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 22:49:15.42
    他にいる?

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/01(木) 12:58:41.26
    来夏の東京五輪開幕まで、いよいよ1年を切った。サッカー男子で、史上初の金メダル獲得を目指す森保一監督(50)が本紙のインタビューに応じ、強化プランを明かした。A代表を含めた兼任監督としてのメリットを最大限に生かし、9月から始まるA代表でのカタールW杯アジア2次予選などで、東京五輪世代の選手を積極的に起用して2つの代表チームを強化。五輪世代の若手にも国際経験を積ませて、悲願達成につなげる。<以下、森保監督インタビュー(1)>

      ◇  ◇

    -五輪本大会まで、およそ1年。感覚としては“まだ1年”か、“もう1年”なのか。

    「“もう1年”ですね。チーム作りにおいて活動の回数や日数が多ければ多いほど良いと思うが、招集できる回数は限られている。そういった意味ではもう、あと1年しかないという思いですね。(五輪代表監督としては)2017年の12月からでしたけど、あっという間にここまで来ています。少しでも一回の活動を実りある、濃いものにしていかなければいけないなと」

    -多くの五輪世代の選手をA代表に選出して臨んだ南米選手権は、若手の堂々としたプレーも印象的だった。

    「まだまだ経験の浅い彼らが、A代表の常連組の力を持っているかというとまだ足りないところはあると思います。ただ伸び幅、成長を感じさせてもらいましたし、さらに伸びしろもある。世界のトップの選手たちと『自分たちもできるんだぞ』と、メンタル的に同じ目線で戦っているところは見ていてすごくうれしかった」

    -特に、レアル・マドリードへ移籍した久保建英は存在感があった。今後、若い才能をどう育てていくか。

    「久保に関しては、間違いなくA代表でも戦えるという力を見せてくれていた。表現がどう言って良いかわからないが、今後の日本サッカーを支えていくというか背負っていくというか。本人のプレッシャーにならないようにっていうのはあります。ただ、世界トップレベルのレアル・マドリードで試合にどう出られるかというのも(今後の成長に関わる)。まだ身体的にも技術的にも伸びていかないといけない選手だと思うので。本当に試合に出て、また招集させてもらいたい」

    -9月からはA代表のW杯予選も始まる。南米選手権で得た手応えから、五輪世代を積極的に起用するプランもあるのでは。

    「ずっと頭の中にあります。何が一番良いのかなと考えながらやっていきたい。その時、その時でベストな選択をしたい。東京五輪はもちろん大切で、日本サッカーの将来がかかっていると言っても過言ではない。(五輪代表に)A代表で常連組として活躍する選手が出てこそ、金メダルが獲得できる。そこは選手にも強く言っています。チーム作り、選手の強化をして東京五輪で結果を出すというのを考えている。W杯の予選のところでも、チャンスがあれば起用していきたいという思いはある」

    -若手には成長の機会で、A代表としてはチームの層を厚くすることにもつながる。

    「若い選手だけが日本サッカーを引っ張っているわけでも、(五輪後に)引っ張って行くわけでもない。すべての選手を見つつ、その時で一番良い、現状のベストの戦いをしていきたい。周囲の方から見れば、(2次予選は)若い選手が行っても勝てると(思う人もいる)。でも開始前から勝っている試合はない。きっちりと勝ち進むことが大切で、その中でこの選手は使えると思えば、若い選手を入れていきたい」

    8/1(木) 10:30配信
    2019-08-01_13h43_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000044-dal-socc

    続きを読む

    2019-07-25_23h05_53

    1: 風吹けば名無し 2019/07/26(金) 20:06:49.86
    FW
    武藤嘉紀(ニューカッスル)
    MF
    中島翔哉(ポルト)
    鎌田大地(フィオレンティーナ)
    久保建英(レアルマドリー )
    柴崎岳(ディポルティボ)
    板倉滉(マンチェスターC)
    DF
    長友佑都(ガラタサライ)
    冨安健洋(ボローニャ)
    吉田麻也(サウサンプトン)
    酒井宏樹(マルセイユ)
    GK
    川島永嗣(ストラスブール)

    控え
    乾貴士(エイバル)、安部裕葵(バルセロナ)、昌子源(トゥールーズ)、原口元気(ハノーファー)、大迫勇也(ブレーメン)、岡崎慎司(マラガ)、南野拓実(ザルツブルク)奥川雅也(ザルツブルク)、西村拓真(CSKAモスクワ)

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/25(木) 20:52:05.79
    国際サッカー連盟(FIFA)は25日、最新のFIFAランキングを発表した。コパ・アメリカでグループリーグ敗退に終わった日本代表は前回の28位から33位に後退したが、アジア2番手を維持している。

    上位ではベルギーが首位をキープ。母国開催のコパ・アメリカを制したブラジルがフランスと入れ替わり、3位から2位に浮上した。CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)ゴールドカップで優勝を飾ったメキシコも6つ順位を上げて12位。最もランクアップを果たしたのはアフリカネイションズカップ制覇のアルジェリアで、前回の68位から40位に上昇している。

    また、アジア勢ではイランが20位から23位に順位を落としながらも最上位。3番手に37位の韓国、4番手に46位のオーストラリア、5番手に62位のカタールと続いている。

    順位は以下の通り※()は前回順位

    1.(1)ベルギー
    2.(3)ブラジル
    3.(2)フランス
    4.(4)イングランド
    5.(8)ウルグアイ
    6.(5)ポルトガル
    7.(6)クロアチア
    8.(13)コロンビア
    9.(7)スペイン
    10.(11)アルゼンチン
    11.(9)スイス
    12.(18)メキシコ
    13.(10)デンマーク
    14.(16)チリ
    15.(11)ドイツ
    16.(14)イタリア
    16.(14)オランダ
    18.(17)スウェーデン
    19.(21)ペルー
    20.(19)ポーランド
    20.(22)セネガル
    22.(30)アメリカ
    23.(20)イラン
    24.(23)ウェールズ
    25.(24)ウクライナ
    26.(33)ベネズエラ
    27.(26)オーストリア
    28.(27)ルーマニア
    29.(25)チュニジア
    29.(28)北アイルランド
    ……………
    33.(28)日本
    37.(37)韓国
    46.(43)オーストラリア
    62.(55)カタール
    65.(67)UAE
    68.(69)サウジアラビア

    7/25(木) 18:15配信 ゲキサカ
    2019-07-25_23h05_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-43469655-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/25(木) 09:20:17.31
    no title


    サッカーの日本代表は、森保監督体制となってまもなく1年を迎える。不動のエース大迫勇也やボランチの柴崎岳らフィールドプレーヤーのレギュラーは固まりつつある中で、GKの起用はいまだに流動的だ。9月には2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア2次予選が始まる。本大会に向けて正GKの座をつかみ取るのは誰か。

    これまでの日本代表にはJリーグ発足後、松永成立、川口能活、楢崎正剛、川島永嗣ら絶対的な守護神が存在した。W杯には6大会連続で出場しているが、そのピッチに立ったGKは、わずかに3人だけ。初出場となった1998年フランス大会が川口、日韓共催の02年が楢崎、06年ドイツ大会では再び川口がポジションを奪い返した。10年南アフリカ大会では、川島が岡田武史監督に抜てきされ、昨夏のロシア大会まで3大会連続で日本のゴールマウスを任されてきた。

    森保新体制となって実施された試合数は19で、出場したGKは権田修一、シュミット・ダニエル、東口順昭、大迫敬介、川島の5人だ。出場試合数を見ると、アジア・カップを主に守った権田が最多の8、シュミットが5、東口が3で続き、先の南米選手権で招集された川島が2、大迫敬が1となっている。

    30歳の権田は、FC東京でプロのキャリアをスタートさせ10年に代表デビュー。以降、西野朗監督を除いてザッケローニ、ハリルホジッチら歴代監督の下、ほぼ毎年のように招集されてきたが、川島らの影に隠れ、キャップ数は今年のアジア・カップまで3試合と少なく、長く控えGKとして過ごしてきた。途中には、オーバートレーニング症候群も克服。準優勝したアジア・カップでは7試合のうち6試合を守ったが、足元の技術で不安を露呈した。GKからボールをつなぐことを求める森保監督のサッカーで、失点につながりかねないミスを多発。この大会後に、2度目の欧州挑戦となるポルトガルのポルティモネンセに移籍したが、代表での出番はまだ訪れていない。

    米国人の父と日本人の母を持つシュミットは、身長197センチとこれまでの日本のGKと比べて、スケールが違う。16年に行われた日本代表候補のGK合宿では、当時J2の松本所属ながら、ハリルホジッチ監督に長身と将来性を買われて呼ばれた経歴を持ち、昨年11月に代表デビューを果たした27歳だ。当然、空中戦を得意とするほか、フィールドプレーヤーの経験もあって、足元の技術は高い。自らも課題に挙げるのがシュート対応だ。正しいポジションを取り続け、判断力がさらに備われば、長身はより生きる。3月からの親善試合では3試合続けて先発を任され、いずれも無失点。この7月にはベガルタ仙台からシントトロイデン(ベルギー)への移籍が決まった。「(ファンが)いずれ一番見たい選手になれるように、頑張りたい」と、野心も出てきた。

    ガンバ大阪の東口も11年から代表の常連となっているが、キャップ数は8で権田と同様に出番には恵まれてこなかった。ガンバ大阪のジュニアユースでは、本田圭佑、家長昭博らと同期の33歳。ユース昇格はかなわず、進学した福井工業大ではサッカー部が解散してしまい、新潟経営大に転入してプロ入りを果たした苦労人だ。ガンバ大阪が14年に、J1、ナビスコ・カップ、天皇杯の国内3冠を遂げた際の立役者でもある。シュート対応に定評があり、至近距離のシュートに対しても素早い反応を見せるのが強みだ。

    19歳の大迫敬は、将来が楽しみな新鋭。6月の南米選手権では、初戦のチリ戦で、川口、楢崎、川島も成し得なかった10代での代表デビューを果たす。高校3年でサンフレッチェ広島とプロ契約を結んだが、昨季までの出場はゼロ。ところが、今年2月に正GKだった林の負傷により、アジア・チャンピオンズリーグのプレーオフでプロデビューすると、J1でも開幕戦を任されて定位置を確保。わずか半年足らずで一気に日本代表まで登り詰めた。優しい語り口とは対照的に、ピッチに入れば物おじしない堂々としたプレーを見せる。積極的にクロスボールに出るなど守備範囲が広く、攻撃の起点となる抜群のキックの精度も持つ。「上の選手を蹴落とすじゃないですけど、そういう人達に危機感を与えられるようにしたい」との若者らしい心意気もいい。

    7/25(木) 7:02配信 victory
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00010000-victory-socc

    続きを読む

    2019-07-19_23h19_17

    1: Egg ★ 2019/07/19(金) 21:29:28.80
    東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、新国立競技場の大会後の民営化で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が19日、運営権取得に関心のある事業者への意向調査に応募したことを明らかにした。

    7/19(金) 20:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000168-kyodonews-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/19(金) 13:01:17.71
    2022年に開催されるカタール・ワールドカップのアジア2次予選組み合わせ抽選が行なわれた。日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同居するグループFに入ったね。FIFAランキングは日本が28位なのに対し、キルギスは96位、タジキスタンは120位、ミャンマーは138位、モンゴルは187位と、他のグループと比べれば、実力的に恵まれた組み合わせと言えるかもしれない。

    ただ、これは運が良かったと捉えるべきではない。むしろ、最悪だ。これだけ格下の相手だと、ゲームのスリルはあまりないからね。日本人からしてみれば、入場料を払ってまで見たいと思える試合ではない。仮に5-0で勝ったとしても、レベルに明らかな差があれば、チームとしての収穫も少ないだろう。弱小国に快勝では、メディアも称えるべきではないから盛り上がらない。あとは、なによりも選手のモチベーションを上げるのも難しいのではないかな。

    そもそも、なぜ日本を筆頭にイラン、韓国、オーストラリア、カタールなどのアジアの強国が、2次予選から出場しなければならないの? 各グループで実力が図抜けている国は、ほぼ突破が見えているよね。それなのに、わざわざアジアの小国と試合を組ませるなんて、興行目的としか思えないよ。

    過去の対戦成績がないモンゴルからしてみれば、ロシア・ワールドカップでも活躍して有名な大迫などが「モンゴルにやってくる!」と騒ぎになって集客できるかもしれない。でも、ワールドカップという肩書だけがついているだけで、それでは本物の競争とは言えないよね。

    逆に、密かにほくそ笑んでいるのは、カンボジア代表の実質監督を務める本田じゃないかな。イラン、イラク、バーレーン、香港と同じグループCに入ったようだけど、中東の強国が居並んだ。とくに、FIFAランキングがアジア最高の20位であるイラン戦では、注目が集まると思うよ。

    ところで本田は以前、「ワールドカップ優勝」とか、経営に参入したSVホルンで「CL出場権獲得」とぶち上げていたけど、今度は「カンボジア代表を強くする」と言っている。そろそろ有言実行してみせてほしい。そういう意味でも今回のアジア2次予選は、まさに腕の見せ所だろう。
     
    タイ代表の監督に就任した西野も同じだ。UAE、ベトナム、マレーシア、インドネシアと同じグループGで結果を残せれば、評価は高まるだろう。シンガポールにはかつてレイソルやヴァンフォーレを指揮した吉田監督がいるよね。日本人監督が海外に出ることは悪くないと思うから、ぜひこのチャンスに格上の国を叩いて指導力を見せつけてほしい。

    7/19(金) 6:00 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190719-00061610-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/18(木) 19:01:24.01
    パラグアイはコパで決勝T進出

    日本サッカー協会(JFA)は18日、日本代表が9月に行われるキリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦することが決まったと発表した。日本代表は6月にコパ・アメリカ2019ブラジル大会に招待国として参加。若手中心のメンバーで臨んだが、グループステージ敗退に終わっていた。

    それ以来の実戦となるキリンチャレンジカップ2019。9月5日に行われることは決まっていたが、対戦相手は未定だった。

    しかし、18日に茨城県立カシマサッカースタジアムでパラグアイと対戦することが決定。パラグアイはグループステージ最終節で3位最高位を日本と競っていたが、エクアドルと引き分けたことで決勝トーナメント進出を果たしていた。なお、1回戦でブラジルにPK戦の末に敗れている。

    パラグアイとは直近で2018年6月12日に対戦。当時は4-2と勝利しているが、コパ・アメリカでの“リベンジ”を果たすことはできるのだろうか。キックオフは9月5日19時20分となっている。

    7/18(木) 16:25配信
    2019-07-18_21h21_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00010021-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ