海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1: ほニーテール ★ 2018/12/11(火) 18:43:19.17 _USER9
    JFA(日本サッカー協会)は、来年1月5日に開幕するAFCアジアカップ2019に臨む日本代表のメンバーを12日に発表する。

    【森保体制下での日本代表成績(4勝1分)】※カッコ内は日本の得点者
    9月11日  コスタリカ戦  〇 3-0(OG、南野、伊東)
    10月12日 パナマ戦    〇 3-0(南野、伊東、OG)
    10月16日 ウルグアイ戦  〇 4-3(南野×2、大迫、堂安)
    11月16日 ベネズエラ戦  △ 1-1(酒井宏)
    11月20日 キルギス戦   〇 4-0(山中、原口、大迫、中島)

    【GK予想=招集予想3名】
    当確◎:東口順昭(ガンバ大阪)
    当確◎:権田修一(サガン鳥栖)
    有力〇:シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
    微妙△:西川周作(浦和レッズ)
    サプライズ☆:中村航輔(柏レイソル)

    【CB予想=招集予想4名】
    当確◎:吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    当確◎:槙野智章(浦和レッズ)
    有力〇:三浦弦太(ガンバ大阪)
    有力〇:冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
    微妙△:植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
    微妙△:昌子源(鹿島アントラーズ)
    サプライズ☆:谷口彰悟(川崎フロンターレ)

    【SB予想=招集予想4名】
    当確◎:長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    当確◎:酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    有力〇:室屋成(FC東京)
    有力〇:佐々木翔(サンフレッチェ広島)
    微妙△:山中亮輔(横浜F・マリノス)
    微妙△:車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
    サプライズ☆:西大伍(鹿島アントラーズ)

    【セントラルMF予想=招集予想4名】
    当確◎:遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)
    当確◎:柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    当確◎:青山敏弘(サンフレッチェ広島)
    有力〇:守田英正(川崎フロンターレ)
    微妙△:天野純(横浜F・マリノス)
    微妙△:山口蛍(セレッソ大阪)
    サプライズ☆:大島僚太(川崎フロンターレ)

    アタッカー(2列目、CF)予想=招集予想8名】
    当確◎:大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
    当確◎:堂安律(フローニンゲン/オランダ)
    当確◎:南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
    当確◎:中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    当確◎:原口元気(ハノーファー/ドイツ)
    有力〇:伊東純也(柏レイソル)
    有力〇:小林悠(川崎フロンターレ)
    微妙△:浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)
    微妙△:北川航也(清水エスパルス)
    微妙△:香川真司(ドルトムント/ドイツ)
    微妙△:宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
    微妙△:岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
    微妙△:川又堅碁(ジュビロ磐田)
    微妙△:杉本健勇(セレッソ大阪)
    サプライズ☆:鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)

    【アジアカップメンバー23人予想】
    ▽GK
    当確◎:東口順昭
    当確◎:権田修一
    有力〇:シュミット・ダニエル

    ▽DF
    当確◎:吉田麻也
    当確◎:槙野智章
    有力〇:三浦弦太
    有力〇:冨安健洋
    当確◎:長友佑都
    当確◎:酒井宏樹
    有力〇:室屋成
    有力〇:佐々木翔

    ▽MF
    当確◎:遠藤航
    当確◎:柴崎岳
    当確◎:青山敏弘
    有力〇:守田英正
    当確◎:堂安律
    当確◎:南野拓実
    当確◎:中島翔哉
    当確◎:原口元気
    有力〇:伊東純也

    ▽FW
    当確◎:大迫勇也
    有力〇:小林悠
    微妙△:浅野拓磨

    最大のポイントは2列目と前線の構成・バランスと人選になる。1カ月で7試合を戦い、先に進むほど相手に研究されるアジアカップではいかに有効な攻撃の選択肢を持っておくかが躍進の鍵になる。

    アギーレ監督が率いていた日本代表は4試合すべて同じスタメンで、途中出場で柴崎岳が活躍したものの、勝負所でのオプションの不足が準々決勝での敗退の大きな要因だった。その意味で主力の4人のバックアップであるだけでなく、違いを生み出せる選手を加えておきたいところだ。

    この予想では選出の可能性の高そうな順に並べたが、香川の復帰、鎌田の抜擢といった可能性は十分にある。ただ、FIFAの規定では同じ年に複数の大陸選手権に出られないため、今回漏れた選手はコパ・アメリカの重要な戦力になりうる。森保監督はそうした事情も頭に入れて最初の”本番”となるアジアカップに臨戦体制を整えるはずだ。
    2018-12-12_00h14_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00010007-goal-socc&p=4

    全文はこちらで↑↑

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/12/11(火) 18:53:26.60
    日本サッカー協会(JFA)が11日、日本代表に関する2019年の日程を発表した。

    まず、1月5日から2月1日まではAFCアジアカップUAE2019が開催される。グループステージでは1月9日にトルクメニスタン代表と、1月13日にオマーン代表と、1月17日にウズベキスタン代表とそれぞれ対戦する予定だ。

    3月22日には日産スタジアム、3月26日にはノエビアスタジアム神戸、6月5日には豊田スタジアム、6月9日にはひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップが開催される。6月14日から7月7日までブラジルで開催されるコパ・アメリカには日本代表も参戦する。

    9月2日から9月10日、10月7日から10月15日、11月11日から11月19日まではFIFAインターナショナルウィンドウの期間となり、12月10日から12月18日までは韓国で開催されるEAFF E-1 サッカー選手権大会に参加することになる。

    2018.12.11フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00300736-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    アジアカップ

    1: 風吹けば名無し 2018/12/09(日) 19:27:09.75
    ーーー大迫ーーー
    中島ー南野ー堂安 
    ー柴崎ーー遠藤ー
    長友昌子吉田酒井
    ーーー東口ーーー 


    サブに乾、香川、原口などなど大物多数

    こんなん歴代最強JAPANやろ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/09(日) 07:27:35.15 _USER9
    日本が原口のW杯初ゴール&乾の技ありミドル弾で2点のリードを奪うも…


    ワールドカップ(W杯)イヤーの2018年も間もなく幕を閉じる。ロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)での逆転負けは日本にとって悔しい結果となったが、強豪相手に激闘を演じた戦いぶりは世界中の人々に強烈なインパクトを残した。W杯公式ツイッターは決戦の地ロストフで行われた5試合のうち、4試合を対象に“記憶に残るゲーム”のユーザー投票を実施。日本対ベルギー戦が支持率69%で断トツの1位となり、「衝撃の名勝負」「日本のために泣いた」と改めて感動の声が上がった。

    コロンビア、セネガル、ポーランドとグループリーグで同居した日本は、1勝1分1敗で勝ち点、得失点差、総得点でセネガルと並んだなか、フェアプレーポイントの差でH組2位となり、2010年大会以来の決勝トーナメント進出を決めた。

    ベルギーとの8強進出を懸けた試合は、一進一退の攻防で0-0のまま前半を折り返すと、後半一気にゲームが動き出す。3分、自陣でボールを奪ったMF乾貴士がMF柴崎岳につなぎ、右サイドを駆け上がったMF原口元気にスルーパス。原口は追いすがる相手DFを背後に感じながら、シュートフェイクを入れて右足を振り抜き、ファーサイドに自身W杯初得点となる先制ゴールを突き刺した。

    さらに、日本は後半7分、ゴール正面でセカンドボールを拾ったMF香川真司がタメを作ると乾にパス。フリーの乾は狙いすました右足ミドルをゴール右隅に突き刺し、一気にリードを2点に広げた。

    2点のビハインドからベルギーが怒涛の反撃、後半ATに衝撃のカウンター発動で逆転

    しかし、ここからFIFAランキング3位(当時)の強豪が息を吹き返す。後半24分にDFヤン・フェルトンゲンの一撃で1点を返すと、途中出場のMFマルアン・フェライニのヘディング弾で同点に追いつく。

    そして、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。MF本田圭佑の左CKを難なくキャッチしたベルギーGKティボー・クルトワのスローイングから高速カウンターが発動。MFケビン・デ・ブライネがドリブルで持ち込み、右サイドを駆け上がったDFトーマス・ムニエを経由して中央にグラウンダーのクロス。ゴール正面に飛び込んだFWロメル・ルカクがフィニッシュするかと思われたが意表をつくスルー、最後は飛び込んできたMFナセル・シャドリが値千金の逆転弾を決めた。直後にタイムアップの笛が鳴り、ベルギーが3-2と鮮やかな逆転勝利を収めた。

    ベルギーの完璧なカウンターはもちろん、日本のDF昌子源がピッチを叩いて悔しがる姿など、真剣勝負で生まれた数々の名シーンは世界中の人々の心を打った。

    W杯公式ツイッターは、「ロストフは本当に記憶に残るW杯ゲームを楽しんだ。あなたが際立っていたと思うのはどれですか?」と投稿。ウルグアイ対サウジアラビア戦を除く4試合を対象に読者アンケートを実施すると、「レッドデビルズ(ベルギー代表の愛称)が信じられないカムバック(逆転)」と紹介された日本対ベルギー戦が断トツの支持率69%でトップに輝いた。

    投稿のコメント欄には、「衝撃の名勝負」「トーナメントのベストマッチ」「ベルギーのドラマチックなカウンターは忘れられない」「私はサムライブルーのために泣いた」と両チームが見せた死闘を称えるメッセージが寄せられた。

    日本にとっては悔しい一戦として記憶に刻まれているが、日本サッカー界の今後の発展を見据えるうえでは“価値あるゲーム”として語り継がれていくだろう。

    W杯公式ツイッターが発表した、ロストフでの“ベストバウト”投票結果は以下の通り。

    日本×ベルギー 69%
    ブラジル×スイス 12%
    韓国×メキシコ 12%
    アイスランド×クロアチア 7%
    20181208_Belgium-vs-Japan

    12/9(日) 7:10 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/152948

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 22:11:38.08 _USER9
    ロシア「ロストフアリーナ」でおこなわれた、サッカー・ロシアW杯決勝トーナメント1回戦の日本代表対ベルギー代表戦(7月2日)。日本サッカー史上初のベスト8進出の夢を打ち砕いた14秒のプレーについて、『NHKスペシャル』が追った。

    W杯開幕前のFIFAランキングでは、日本代表の61位に対して、ベルギーは3位。MFエデン・アザール、MFケヴィン・デ・ブライネ、FWロメルー・ルカク、GKティボ・クルトゥワら、黄金世代が全盛期で、欧州予選を9勝1分という圧倒的な強さで勝ち抜き、優勝候補に。本大会でも予選グループGを3戦全勝と首位通過し、前評判通りの強さを見せつけた。

    しかし、いざ試合が始まると、日本代表は大善戦。序盤から高い位置から積極的にプレスを仕掛け、後半に入ると原口元気と乾貴士が立て続けにゴール(48分、52分)を決め、一時は2-0とベルギー代表をリード。慌ててベルギーは選手を交代、猛攻を仕掛けることとなる。瞬く間にスコアをタイに戻された日本代表。そして、終了間際のアディショナルタイムに、あの14秒のプレーに襲われることとなる。

    そのプレーの発端は、ベルギー陣内でおこなわれた日本代表によるコーナーキック。蹴るのは途中出場の本田圭佑。W杯というガチンコの大会で、強国をあと一歩まで追い詰め、あと1点とれば夢のベスト8という場面。

    しかし、空中を舞ったボールは、GKクルトワの手に収められ、すぐさまMFデ・ブライネへ。約50メートルのドリブル後、DFトーマス・ムニエへパス。そして、ムニエのクロスに、ルカクはシュートせずにスルー。最後に走り込んだFWナセル・シャドリがゴールにボールを叩き込んだ。

    番組では、長谷部誠、長友佑都、ルカク、クルトワら両チームの選手のほか、かつての日本代表を率いたオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し、この「14秒のプレー」がどう生まれたのかを検証。浮かび上がってきたのは、一瞬のうちに交錯した判断と世界最高峰の技術、そして、この瞬間に至るまでの巧妙な罠(わな)と意外な伏線・・・。

    この一戦に人生を賭けた男たちが、全力を尽くしたからこそ生まれた14秒のドラマだった。この模様は12月8日・夜9時から放送される。
    2018-12-08_08h52_44
    12/7(金) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00053551-lmaga-ent

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 06:08:09.79 _USER9
    今季限りで現役引退したサッカー元日本代表GK川口能活(43)が、前代未聞の指導者転身を果たす。来年から、森保一監督(50)が兼任で率いるA代表とU-22代表のGKコーチに就任することが6日、分かった。96年アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を起こし、98年から4大会連続のW杯出場を誇る日本最高峰GKが、来年1月開幕のアジア杯UAE大会を皮切りに、20年東京五輪、22年W杯カタール大会を目指す。

       ◇   ◇   ◇

    今月2日に現役ラストマッチを終えたばかりの川口が、引退、即、日本最高カテゴリーの代表コーチに転じる仰天人事が判明した。複数の関係者によると、引退発表を受けて日本協会の関塚技術委員長が極秘裏に接触。A代表とU-22(東京五輪)代表のGKコーチ就任を要請し、内諾を得たという。J3相模原で25年のプロ生活に幕を閉じた直後。現役時代同様、華麗に第2の人生も幕を開ける。

    聞いたことがない。一般的にはクラブの下部組織、代表でも世代別など育成年代から指導を始めるところだが、コーチ歴なしでピラミッドの頂点A代表のスタッフ入り。日本人初の兼任指揮官になった森保監督でさえ、引退翌年は小学生の普及現場から。専門職のGKだからこそ実現したであろう、前例のない起用だ。

    とはいえ、川口以上に影響力ある男はいない。日本代表GK歴代最多の国際Aマッチ出場116試合を誇り、アトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」の主役に。W杯は初出場の98年から4大会連続でメンバーに選ばれ、日本人GKとして初めて欧州に渡った先駆者にもなった。

    一方で苦労も知る。右すね骨折、右アキレス腱(けん)断裂。全治半年以上の大けがから、よみがえってきた。10年W杯南アフリカ大会には基本的に出番がない第3GKで招集され、チーム主将として岡田監督と選手の橋渡し役に徹した。J2、J3も経験。あらゆる相談に対応できる経験を積み、代表では潤滑油になる役割が期待されそうだ。

    先月の引退会見では「W杯ロシア大会を見て、日本は世界で戦えると感じた。違う形で貢献し、若い世代に還元したい」と引退理由を語っていた。いつか代表に-。そのタイミングは未来ではなく来年だった。抜てきには、世界的コーチへの英才教育の側面もある。

    初仕事はアジア杯。04年中国大会では準々決勝ヨルダン戦でPK2本を止めて勝つなど奇跡の優勝に導いた。その説得力は計り知れない。森保ジャパンでは下田GKコーチと2人体制になり、A代表と五輪代表の活動が重なる場合は下田コーチがA、川口が五輪を分担する方針という。炎の守護神が、炎の日の丸コーチへ。東京五輪、W杯カタール大会へ。胸が高鳴る人事が発表の日を待っている。

    ◆川口能活(かわぐち・よしかつ)1975年(昭50)8月15日、静岡県富士市生まれ。富士市立天間小3年でサッカーを始め、同4年からGK。東海大一中2年で全日本ジュニアユース優勝。清水商(現清水桜が丘)では1年から正GKとなり、主将の3年時に高校選手権優勝。94年に横浜入り。01年からポーツマス(イングランド)などの海外クラブでプレーし、05年に磐田でJ復帰。J2岐阜、J3相模原と渡り歩き、今季限りで現役を引退した。日本代表で国際Aマッチ通算116試合出場は歴代3位タイで、GKでは最多。180センチ、78キロ。血液型A。
    2018-12-07_08h50_37
    12/7(金) 4:37 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00412496-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 23:06:26.43 _USER9
    J1浦和レッズのDF槙野智章(31)が6日、都内でトークイベント「サッカー代表応援!『アジアへ熱くなれ』」に出席し、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグ第3戦ポーランド戦での西野朗監督との逸話を明かした。

    同試合では後半13分に失点して0-1で敗れていたが、同時刻開催の同組のもう1試合でコロンビアがセネガルに1-0でリードしていたため、このまま2試合が終了すると、日本がセネガルを警告数の差で上回って2位通過が決まるという状況だった。日本は主将のMF長谷部を途中交代で投入して選手に状況を伝え、試合終盤の約10分間はスコアを動かさず、かつ警告を受けぬよう、最終ラインでのパス回しに終始した。

    槙野は当時について、ピッチにいた11人全員にベンチの意思は伝わっていなかったと振り返り「自分も監督に『これでいいんですよね?』と聞きに言ったら、監督が『あー!』って言ったんですよ」と明かした。会場がざわめくと「本当なんですよ。監督も他会場の結果も気にしながら、自分が指示を与えないといけないという状況で『あー!』っていう。僕はテンパってるんだろうなと思ったんですよ」と話し、会場の笑いを誘っていた。
    2018-12-06_23h46_21
    12/6(木) 22:38 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00412487-nksports-socc

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 風吹けば名無し 2018/12/03(月) 11:36:47.22
    中村俊輔、本田圭佑、香川真司、吉田麻也、岡崎慎司、小野伸二、中田英寿、大迫勇也、川島永嗣

    大卒選手は大成せんのか?

    2: 風吹けば名無し 2018/12/03(月) 11:37:28.14
    野球もやろ

    3: 風吹けば名無し 2018/12/03(月) 11:37:59.35
    はえー大卒やったらやっぱり遅いんやな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/04(火) 06:06:04.48 _USER9
    サッカー日本代表の森保一監督(50)が3日、欧州視察から帰国して都内で取材に対応した。10日間の視察ではベルギー、ドイツを訪れて欧州CLや各国リーグを視察した他に、当地の日本人選手とも会談。ベルギーリーグで得点を量産するMF鎌田大地(22)=シントトロイデン=をアジア杯(来年1月・UAE)で招集する可能性にも言及した。

    勢いに乗る若武者の直接チェックは、大きな収穫となった。10日間の欧州視察で、森保監督がまず向かった先がベルギーのシントトロイデンだった。現地25日に行われたアンデルレヒト戦では、既に代表にも招集されているDF冨安に加え、鎌田も得点を記録。「チームの中心として、というかチームに欠かせない存在として活躍している姿は頼もしかった」と印象を語った。

    22歳と若き司令塔だが、今季は11戦で9得点を記録し、得点ランクも4位タイ。指揮官はアジア杯のメンバー入りに関しては明言を避けたが、鎌田の実力については「(代表入りする能力は)十分あると思う。何よりも、得点を取れているのは誰もができることではないので。そういう同じポジションの選手と比較しながら見ていきたい」と話した。

    A代表入りに向けて“ライバル”となりそうなのは、ブレーク中のMF南野(ザルツブルク)、そしてMF香川(ドルトムント)か。森保監督は、視察中に香川とも会談。実戦から遠ざかっている香川だが、練習を視察したところ「すごく集中して自分のやるべきことをできている。練習の中でも存在感はあった」と評価する。また、肺気胸で離脱していたDF長友(ガラタサライ)も欧州CLの舞台で復帰。一時はアジア杯出場も危ぶまれていただけに「映像で確認しましたけど、フル出場したし、元気な姿は(見た)」と胸をなで下ろした。

    新戦力も含め、アジア杯メンバー選考は佳境の段階。「何となくというか、イメージはある」。アジア王者奪回に向け、最適なメンバー構成を熟慮する。
    2018-12-04_12h47_09
    12/4(火) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000007-dal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ