海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表


    2015-05-04_15h50_13
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 15:14:54.99 ID:???*.net
     4日、ベストアメニティスタジアムで「九州レジェンズ vs ユヴェントスレジェンズ レジェンドマッチ2015」が開催される。

     レジェンドマッチは、九州のサッカー界を盛り上げるべく、ユヴェントスのOBチーム「ユヴェントスレジェンズ」と、九州出身のJリーガーOBで構成される「九州レジェンズ」が対戦。

    「九州レジェンズ」は元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が指揮を執る。

     前日会見に出席した両チームは、「まずは楽しむこと」をモットーに掲げ、互いの健闘を称え合った。

     ザッケローニ氏は、2009-10シーズン終了までの約4カ月間と短い期間ではあるがユヴェントスの監督を務めた経験を持つ。

    同氏は、「ユヴェントスはイタリアの歴史あるチームで、優勝回数が最も多い名門クラブ。短期間ではあったが、オファーを断る理由はなかった」と当時を懐かしんだ。

    また、リーグ4連覇を達成した現チームにも言及。「継続性があること、波がなく計画通りにチーム作りができる点はユヴェントスの強みであり魅力だと思っています。なので、優勝するべくして優勝したチーム。この結果に驚きはない」と語り、優勝を称えた。

     会見の最後に行われた鏡開きにはザッケローニ氏も興味津々で、樽の中を覗いたり、お酒の匂いを嗅ぐ場面も。レジェンドマッチの成功を祈り、自ら乾杯の音頭をとった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150504-00309098-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430720094/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 19:04:41.28 ID:???*.net
    ザック、ポールの武道館公演現れた「世代だからね」

    日刊スポーツ 4月28日(火)18時55分配信
    2015-04-28_19h49_12
    ポール・マッカートニー武道館公演に来場した元日本サッカー代表監督、アルベルト・ザッケローニ氏(撮影・近藤由美子)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000073-nksports-ent.view-000

     元サッカー日本代表監督、アルベルト・ザッケローニ氏(62)が28日、東京・日本武道館で行われる英歌手ポール・マッカートニー(72)の公演に来場した。

     武道館前に姿を見せると、ポールのファンが「ザック!」と次々に声を上げ、一気に人だかりに。ザッケローニ氏は、サインや握手攻めにあいつつ、「楽しみだよ。僕はポールを聴いて育った世代だからね」と言い、笑顔を見せながら入場した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000073-nksports-ent
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430215481/

     
    続きを読む


    2015-04-28_10h55_29

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 06:16:57.60 ID:???*.net
    欧州視察中の日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(62)が26日(日本時間27日)、長谷部誠(31)岡崎慎司(29)香川真司(26)ら海外でプレーする日本代表選手の一部とドイツ国内で食事を取りながら、直接自らの考えを注入したことが分かった。

    この日はドイツ組の複数人が極秘裏に集結した。代表活動期間外に欧州で選手とコミュニケーションを深める異例の集合。指揮官は規格外の発想と実行力で絶え間なく代表強化に取り組んでいる。

    姿を確認できた5人ともW杯ブラジル大会日本代表。3月始動のハリルジャパンにも招集された代表の顔が、異例の集合を果たした。極秘裏に開催された会合のすべての顔触れと様子は外からはうかがい知れなかった。関係者によれば食事を取り、熱い話し合いが持たれたという。

    ミラノでは本田、長友と3人で膝を突き合わせて話し合ったことも判明。前例のない発想と行動力でシーズン佳境を迎えた欧州で、異例の代表強化が実現した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000004-nksports-socc
    日刊スポーツ 4月28日(火)6時13分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430169417/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 16:00:41.63 ID:???*.net
    21日、JFA(日本サッカー協会)は6月11日に、キリンチャレンジカップ2015でイラク代表と対戦することが決まったと発表した。

    同試合は日産スタジアムで行われ、テレビ朝日系列で全国生中継される。

    イラク代表は現在FIFAランキング86位。現在同ランキング50位の日本代表は過去にイラク代表と10試合行っており、

    成績は5勝2分3敗で勝ち越している。

    直近は1月にオーストラリアで開催されたアジアカップ2015のグループステージ第2節で対戦しており、

    日本代表はFW本田圭佑のゴールで1-0の勝利を収めていた。

    日本代表は同試合の5日後、6月16日にロシア・ワールドカップのアジア2次予選の初戦であるシンガポール代表戦が控えている。
    2015-04-21_17h35_32
    SOCCER KING 4月21日(火)15時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150421-00304481-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429599641/

     
    続きを読む

    2015-04-20_11h55_19
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 09:04:00.87 ID:???*.net
    19日のセリエA第31節で、日本代表DF長友佑都が所属するインテルと、同FW本田圭佑が所属するミランが対戦する“ミラノ・ダービー”が行われたが、両者譲らず0-0のスコアレスドローに終わった。

    注目された長友と本田の日本人両選手はともにベンチスタートとなり、最後まで出場機会はなく、欠場となった。

    同試合は日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、就任後初となる欧州視察で最初に訪れた試合となったが、両選手ともに負傷を抱えているということもあり、出番はなかった。

    試合後、取材に応じたハリルホジッチ監督は、選手のコンディションについてなどの質問を受けたが、「長友も本田も出なかったので、(プレーを)見られなくて残念だった」と話すにとどまった。

    SOCCER KING 4月20日(月)8時53分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00303929-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429488240/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 10:29:19.56 ID:???*.net
    “ハリルの晩さん”で海外組を勇気づける-。
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)が今日18日に、欧州でプレーする日本人選手の視察に向かう。

    選手と対面して直接言葉をかけ「勇気づけたい」と話しているが、一緒に食事をしながら、膝をつき合わせて徹底的に話し合いたい意向を持っていることが17日、判明した。完璧主義の指揮官の欧州視察は、これまでにない形になりそうだ。

    これもハリル流だ。休みなしで仕事に没頭する指揮官は、日本を離れても独自のやり方で代表チームの強化をはかる。日本協会関係者によると、ハリルホジッチ監督はただ試合を視察するだけではなく、視察先の選手と一緒のテーブルにつき、食事をしたいという強い意向を持っているという。膝をつき合わせた“ディナー面談”で熱い思いを伝えるつもりのようだ。

    同監督は、今日18日に渡欧する。最初の目的地はイタリア・ミラノ。19日夜(日本時間20日早朝)には本田と長友が敵味方に分かれて戦う伝統の「ミラノダービー」がある。

    左足首捻挫から復帰する見込みの本田と、右足の故障で3月の代表招集を辞退した長友の状態把握が最初の仕事となるが、ただ試合を見る「視察」では終わらせない。

    14日のJ1、J2実行委員会では「本田を勇気づけたい。長友には『自信を持て』と言いたい。ACミランだろうがインテルミラノだろうが『代表でプレーしたければ席(定位置)を奪え』と要求する」と、Jクラブの社長を前に宣言していた。スケジュールが許せば、同じミラノに住む本田、長友と3人でテーブルを囲み、食事をしながら思いを伝えることになる。

    現時点で日本協会が発表済みの視察予定は24日のマインツ-シャルケ(マインツ)、25日はドルトムント-フランクフルト(ドルトムント)となっている。いずれも日本人選手対決の可能性がある。スケジュールの都合がつけば、もちろんドイツでも、その後の視察先でも選手とテーブルを囲む可能性がある。

    指揮官はこの日も東京・JFAハウスを訪れ、一部スタッフと話し合いを行った。その場で「私がいない間も、会議をして情報共有を進めるように」と指示を出したという。熱い熱いハリルトークの嵐の中、食事を口に運ぶ暇があるのかどうか…。それが心配だが、濃密な欧州視察となるのは間違いなさそうだ。
    2015-04-18_17h17_15
    2015年4月18日7時26分
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1463163.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429320559/

     
    続きを読む

    p02 (1)
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:53:26.51 ID:???*.net
    【武田修宏の直言】ロシアW杯アジア2次予選の組み合わせが14日に決まったね。同組のシリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジアが日本の敵ではないのは確かだけど、予選というのは何が起こるかわからない戦い。アウェーの洗礼は覚悟しないといけないし、選手は技術的にもメンタル的にもタフでないと勝ち抜くことはできない。

    日本としては今回の2次予選を次の最終予選、さらにその先のW杯に向けた強化の場にしないといけない。ハリルホジッチ監督はどういうメンバーで臨むのか。海外組中心の編成になるのだろうが、私としてはその中に複数の若手選手、特にリオ五輪世代の選手を入れて戦ってほしい。

    リオ五輪を目指すU―22代表は来年1月に最終予選が控えており、そこに向けた準備や強化試合を組むだろう。だが、力のある選手は同世代の強化試合よりも、A代表の激しいサッカーを経験させたほうがいい。

    それが五輪代表の底上げにつながるし、この世代の選手が2次予選で存在感を見せるような活躍をすれば、3年後のロシアW杯だけでなく、7年後のカタールW杯にも希望が持てるからね。

    ハリルホジッチ監督に限らず、外国人監督は結果を残さないといけないから「勝つ」ことに徹したサッカーをする。だから、その監督が去った後に何も残らない恐れもある。そのリスクを減らすためにも、強引なくらいの起用で若手育成を進めてほしい。

    ☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)か ら86年に読売クラブ(現東京?)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグ?に貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、 千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京?に復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時 代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年アメリカW杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

    東スポWeb 4月17日(金)11時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150417-00000016-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429271606/

     
    続きを読む

    no title
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 17:54:54.86 ID:???*.net
    時事通信 4月16日(木)17時49分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000095-jij-spo
     サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が16日、東京都内の在日フランス大使館に同国のカネール都市青少年スポーツ大臣を表敬訪問した。同大臣との会談後、「フランス代表と試合を組んでもらえることを待っている。パリか日本で試合ができれば、かなりうれしい」と語った。

     ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の監督はフランス生活が長く、現役時代は同国でプレーし、引退後はパリ・サンジェルマンやリールなどの監督を歴任。フランス国籍を有している。 監督が日本で新たな冒険を経験していると伝えたフランスのスポーツ誌レキップの記事をカネール大臣から手渡され、「私に関する記事は一回も読んだことがない。初めて知った。テレビ、記事は全く見ない」と言いながらも、笑顔で受け取っていた。 
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429174494/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 08:42:07.86 ID:???*.net
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)の資料によって体脂肪率15・2%として公にされたF東京の日本代表DF太田宏介(27)が15日、実際には9・4%程度であると明かした。

    14日のJリーグ実行委員会で代表選手の体脂肪率を記したリストが公にされたが、その数値は簡易測定の値であったことが判明。太田も“デブ疑惑”を全面否定した。

    苦笑いを浮かべながら、太田は“風評被害”を訴えた。「めっちゃ連絡が来ました。『痩せろ』とか。でも、昨日クラブハウスでちゃんとした方法で測ったら9・4%でしたよ!」。

    ハリル・メモで公表された体脂肪率は15・2%。FW興梠(浦和)の16・4%に次ぐ代表ワースト2位だったが、「興梠君だって、あの体でそんな数字のわけがないですよ」と異論を唱えた。

    実は、3月の代表合宿で行ったのは、体重計のような機械に乗る簡易計測。体格、体質によって大きな誤差が出るという。14日に太田がクラブで行ったのはより正確な数値が出ると言われる、二の腕の裏の肉を挟んで計測する方法。

    2011年まで在籍した清水時代は毎日のように体脂肪率を計測し、「10%を超えたことはなかった」という肉体自慢。かねて簡易計測では大きな数字が出ることは多かったようで、それが公にされるとは思いもよらなかった。

    体脂肪率という個人的なデータが公にされるのはきわめて異例。しかもその数値が不確かなものだったのだから、太田も心外だ。「一気にデブキャラになりましたよ…」。

    そうつぶやいて、練習場を後にした。F東京のフィッカデンティ監督(47)も「マラドーナもキャリアの晩年は脂肪が付いていました。一人ひとり体格も体質も違う。数字の見極めが必要」と複雑な表情を浮かべていた。(塩谷 耕吾)

    スポーツ報知 4月16日(木)7時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000248-sph-socc

    写真
    no title
    太田宏介 179cm/78kg
    http://www.fctokyo.co.jp/131635/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429141327/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/15(水) 07:02:56.07 ID:???*.net
    エース候補の宇佐美に体質改善指令だ。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(62)が14日、代表監督としては初めて都内で開催されたJ1、J2実行委員会に参加。各クラブの代表に対し1時間にわたってJリーグ勢の課題、改善項目をぶちまけた。中でもG大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)ら国内組の“高すぎる体脂肪率”には警鐘を鳴らした。

    Jクラブの各代表を前にしたハリルホジッチ監督は30分間、速射砲のごとく持論を展開した。突然、右手で取り出した資料には、3月の親善試合で招集した29選手の体脂肪率が記載されていた。合格は11%未満の選手。11%台は黄、12%以上の選手は赤くマークされた。「赤い印の国内組はフィジカルの準備ができていない」。口調は一層、厳しくなった。

    名指しされたのが次代のエース候補だ。「例えば宇佐美。物凄く能力はある。かなり期待もしている」と抜群のセンスを絶賛。一方で、「だがたくさん変えないといけない。それをやれば欧州のどこでもプレーできる」と付け加えた。掲げた資料によれば、宇佐美の体脂肪率はワースト3位の14・1%。12%以上だとケガが増えるという。期待が大きいからこそ改善を求めた。

    国内組の体脂肪率が高い傾向は顕著だ。8人の赤印で海外組は川島と吉田だけ。ワースト1位は興梠の16・4%、同2位は太田の15・2%。各実行委員に対し「クラブでしっかりトレーニングを」とも伝えた。指揮官は3月の2試合もデータ化。初戦チュニジア戦での全員の総走行距離は115キロ、2戦目ウズベキスタン戦は117キロだった。海外組の人数は1戦目が4人、2戦目は7人。体脂肪率の傾向と総走行距離はリンクしているようだった。

    他にも「速いけどプレースピードは速くない」「球際に強い選手はいない」などJ幹部には耳の痛い内容の連続。さらには「日本には疲労回復の文化がない。(日本協会の)会長にも施設をつくってくれと言いました」と、要求は多岐にわたった。質疑応答も含めれば1時間、ノンストップで話した後に「きょうのところはこれぐらいにしときましょう」と新喜劇のようなオチで笑わせた指揮官。今後も実行委員会への積極的な“参戦”を示唆していた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/15/kiji/K20150415010170790.html
    2015年4月15日 05:52
    2015-04-15_08h25_29
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/15/gazo/G20150415010171210.html
    Jリーグ実行委員会で、約40分に渡り日本代表選手の体脂肪率のデーターを手に熱弁するハリルホジッチ監督
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429048976/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ