海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1: Egg ★ 2019/06/14(金) 09:41:05.80
    森保ジャパンなめられた!? 日本代表が初戦(17日、日本時間18日)で対戦するチリ代表のレイナルド・ルエダ監督(62)が12日、ブラジル・サンパウロ郊外イトゥでの合宿中、日本戦のスタメンを突如発表。重要な国際大会の試合5日前のメンバー公表は極めて異例で、格下相手の余裕の表れか。バルセロナと再交渉を行うMF久保建英(18)=F東京=は、復帰が決まれば同僚となるMFビダル(32)とのマッチアップが実現する可能性が浮上した。日本代表はこの日、

    地球の裏側に到着した森保ジャパンにとって屈辱的な情報が流れた。チリ代表のルエダ監督が「今後、不測の事態が起こらない限り、このメンバーで日本戦に臨む」と明言。本来なら情報戦を展開するなど極秘とすべき先発を、あっさりと公表した。日本は対策を練りやすくなった一方で、“カモ”と判断されたとも取れるサプライズ発表だった。

    チリのスポーツ・サイト「レッドゴール」は「監督が唐突に重大な発表」と報道。同国の有力日刊紙「エル・メルクリオ」のアンパ記者は「選手たち、そしてチリのメディアと国民に安心感を与えると同時に、監督がこのメンバーに自信を持っていることを内外に示す意図があったのではないか」と語った。

    チリは18年ロシアW杯出場は逃したが、南米選手権で15、16年と大会2連覇の強豪。主力は高齢化しているが、豊富な運動量によるハードワークが持ち味で、ドリブル突破と強じんなフィジカルが武器のマンチェスターU所属FWサンチェス、闘志を前面に出したプレーで抜群のボール奪取力を誇るビダルらが君臨する。バルセロナへ復帰する可能性が浮上している久保とビダルとの「バルサ対決」にも注目が集まる。

    チリが9日から合宿を行っているイトゥは、ザック・ジャパンが14年ブラジルW杯に出場した際のベースキャンプ地。また、同国とは、森保一監督(50)の初陣として昨年9月に北海道で親善試合が組まれていたが、直前に発生した地震のため中止に。そして今回、同組となるなど日本とは不思議な縁がある。

    ルエダ監督は、スタメン発表の理由について説明していない。アンパ記者は「日本を見くびったわけではない」と推測したが、メンバーを明かす余裕があることは確か。ブラジル紙が「日本は東京五輪世代のチーム。(決勝トーナメントに)勝ち上がれないだろう」と辛口分析するなど下馬評は低い。平均年齢22・3歳の若き森保ジャパンが、金星で評価を覆せるか。(種村 亮)

    6/14(金) 6:09配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000336-sph-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/13(木) 16:12:56.36
    サッカー元日本代表の中澤佑二さんが、6月13日放送の人気バラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後10時)に初出演。中澤さんは日本代表時代の“海外組”の服装について「イラッとしました」と告白する。

    中澤さんは、「国内から海外に遠征に行くときは、チームのスポンサーから支給されたスーツを着ないといけない。でも海外で活躍している人たちは私服なんですよ。Tシャツにジーパンとかで『ちょっと、おかしいんじゃないか』って。結構、問題になりました」と明かし、「なんで年上の俺が着ているのに、年下のやつらはラフな格好で来ているんだ」と当時の不満を語る。

    この日の「ダウンタウンDX」にはEXILE SHOKICHIさん、勝俣州和さん、高橋真麻さん、早見あかりさん、紘毅さん、アイドルグループ「SKE48」の松井珠理奈さん、音楽ユニット「純烈」、お笑いコンビ「和牛」も出演する。

    6/13(木) 15:03配信 まんたん
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000015-mantan-ent

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/12(水) 17:30:32.47
    “日本の至宝”は森保ジャパンのエースになれるか――。日本代表は11日、招待国として参加する南米選手権(14日=日本時間15日開幕、ブラジル)へ向けて出発した。

    今大会の注目はA代表デビュー戦で躍動したMF久保建英(18=FC東京)と10番を背負うMF中島翔哉(24=アルドハイル)によるガチンコバトル。2人の天才による仁義なき抗争が繰り広げられそうだ。

    つかの間のオフを挟んで再び日本代表に合流した久保は、同僚たちと談笑。リラックスした表情を見せ、ブラジルへ向けて飛び立った。そんな南米選手権でクローズアップされているのが中島との関係だ。森保ジャパンでは同じ攻撃的MFとして“共存共栄”が期待される一方、元日本代表MF前園真聖氏(45)が「2人に注視しています」と話していたように、サッカー界では「新エース争い」が注目されている。

    中島は久保について「ここ(代表)にいるのは力のある選手ばかり。それぞれの良さがある」と話し、特別な対抗心を見せていないものの、10番を背負う選手として「しっかりやりたい」と自覚は十分。久保も今大会に向け「いい経験ということだけで終わらせず、しっかりと結果を求めて戦いたい」と、さらなる躍進を誓うが、中島へのライバル心をのぞかせる一幕もあった。

    9日のエルサルバドル戦でのこと。試合終盤にあったFK好機で中島がキッカーを務めたことに、久保は「俺が(ファウルを)もらっていたら、俺が(FKを)蹴りましたよ。そこはもらった人が蹴るべき。もし中島選手が足とか痛めていたら蹴っていたかも」と、負けん気の強さ全開で語っていた。

    FKキッカーについては、選手それぞれに得手不得手はあるものの、チームでエースと呼ばれる選手が務めるのが一般的。特に久保はスペイン1部バルセロナ下部組織で磨いたFK技術に絶対的な自信を持っている。日本代表では2014年ブラジルW杯に臨んだザックジャパンで、MF本田圭佑とMF香川真司がエースの座を巡ってバトルを繰り広げた。背番号10やトップ下のポジション、PKキッカーなど激しく張り合ったが、今大会では中島と久保が激しい火花を散らすシーンもありそうだ。

    6/12(水) 16:33配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000034-tospoweb-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1: 名無し募集中。。。 2019/06/10(月) 23:49:26.50 0
    右は名良橋で左は都並?

    3: 名無し募集中。。。 2019/06/10(月) 23:51:51.80 0
    酒井宏樹

    7: 名無し募集中。。。 2019/06/10(月) 23:58:34.71 0
    ビッグマッチ、重要な試合での長友の起点率半端ないだろ

    8: 名無し募集中。。。 2019/06/10(月) 23:59:22.41 0
    見せてくれ内田

    10: 名無し募集中。。。 2019/06/11(火) 00:03:14.79 0
    実績で言ったらうっちー長友

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/06/10(月) 14:36:52.05
    中田か本田だよな?
    mig


    2: 風吹けば名無し 2019/06/10(月) 14:37:24.69
    W杯なら本田

    7: 風吹けば名無し 2019/06/10(月) 14:38:07.08
    クラブチームでの活躍なら中田じゃない?

    12: 風吹けば名無し 2019/06/10(月) 14:40:27.44
    >>7
    クラブだけなら全盛期香川に勝るやついないだろ

    続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/06/10(月) 11:10:35.57
    9日にTBSで生中継されたサッカーのキリンチャレンジカップ「日本―エルサルバドル戦」(後6・30~9・00)の平均視聴率が13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

    瞬間最高視聴率は午後8時54分の20・4%で、日本の2―0での勝利が決まった場面だった。

    5日にフジテレビで放送されたトリニダード・トバゴ戦(後7・28~9・30)の視聴率は11・4%だった。
    2019-06-10_12h02_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000137-spnannex-ent


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/10(月) 05:34:22.59
    キリンチャレンジ杯(9日、日本2-0エルサルバドル、ひとめS)国際連盟(FIFA)ランキング26位の日本は同71位エルサルバドルに2-0で勝利した。快足FWの永井謙佑(30)=FC東京=が代表初ゴールを含む2点を奪った。前半19分の先制点は日本の令和初ゴール。FC東京のチームメートで初招集の18歳、MF久保建英に負けじとインパクトを残した。

    縦パスに自慢の足を回転させて追いついた。前半19分、サッカー界の韋駄天、FW永井が令和初ゴール。ペナルティーエリア右に進入すると、右足裏のトラップでDF2人をかわし、左足で冷静に流し込んだ。

    「シンプルに、勝つことができてよかった」

    スピードを生かし、気温16度と冷え込む仙台近郊の会場を熱くさせた。2010年1月の代表デビューから苦節9年5カ月、7試合目での代表初ゴールだ。勢いに乗ると、さらに同41分。MF原口の左からの折り返しを左足で合わせて2点目。チームに1月のアジア杯準決勝・イラン戦以来となる複数得点をもたらした。

    FW鈴木の負傷離脱により、合宿前日に追加招集が決定。15年8月9日の東アジア杯・中国戦以来、1400日ぶりの代表戦で結果を残した。50メートル走5秒8の快足の持ち主は前日8日、陸上男子100メートル走でサニブラウンが9秒97の日本新記録を樹立すると「サッカーと比較はできないけどすごい」と目を輝かせ、その健脚をいかんなく発揮した。

    所属するFC東京からは18歳のMF久保も初招集。「(久保)建英はクラブで年上とよくつるんでいる。代表でも大丈夫じゃないですか」と話していたが 、今回の合宿中は折に触れて話し相手になり、後輩のフォローに一役買った。右肩を負傷して後半14分にFW大迫と交代し、その8分後にピッチに立った久保との共演はかなわず。それでも、宮城の地で十分すぎる印象を残した。
    2019-06-10_09h05_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000503-sanspo-socc
    6/10(月) 5:00配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/09(日) 23:36:25.16
    日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2019でエルサルバドルに2-0で勝利した。敗れたエルサルバドル代表のカルロス・デロスコボス監督は、アジアサッカーの進歩を痛感したようだ。

    0-0で引き分けたトリニダード・トバゴ代表戦から6選手を変更して試合に臨んだ日本。19分に、4年ぶりの代表戦出場となった永井謙佑が日本代表初ゴールを記録して森保ジャパンが先制する。さらに、41分にも永井が追加点を奪うと、後半には18歳の久保建英が代表デビュー。久保も随所でポテンシャルの高さを見せた日本は、そのまま完封で勝利した。

    試合後の会見に出席したデロスコボス監督は、スタジアムの雰囲気に触れつつ、日本のパフォーマンスを称賛。そして、普段戦っている北中米カリブ海地域よりも、アジアの方がレベルが高いと語っている。

    「日本代表のファンが大勢詰めかけたスタジアム。素晴らしい印象、いい雰囲気だった。試合は難しかった。日本は高いレベルであることはわかっていた。選手も監督も優秀。ホームで戦うとなるとなおさらだ。エルサルバドルにとって学ぶことが多かった。北中米地域で戦っているが、アジアよりも低くなっていると言える。難しい試合だったが、選手は頑張ってくれたし、経験は今後に生きると思うので、内容には満足している」

    「日本が力のあるチームであることは、試合前からわかっていた。今日の試合は選手に多くのことを学んでほしかった。守備の秩序に重点をおいて、日本にスペースを与えない。インテンシティも高いので、そういう部分を気をつけた。相手にスキを与えないように。日本は、今日のような濡れたピッチで戦うことを好んでいる。そういった点では、我々は試合運びが難しかった。できるだけ対等に試合をすることが目的だった。だが、内容には満足している」

    また、この日フル代表デビューを飾った18歳の久保建英について問われると、「非常に興味深いと思う。それほど若くして代表デビューしたのなら、良い選手だと思う。日本はどの選手もスピードもあり、インテンシティが高いという印象がある。A代表でデビューできたということは、非常に成熟した選手だと思う」と印象を述べた。

    敗れたエルサルバドルだが、この後はゴールドカップ2019に向かうことになる。

    【日本代表戦結果・日程】
    キリンチャレンジカップ:6月5日(水)日本 0-0 トリニダード・トバゴ
    キリンチャレンジカップ:6月9日(日)19:00~ vsエルサルバドル

    【コパ・アメリカ 日本代表戦の日程(日本時間)】※DAZN独占配信
    グループC第1節:6月18日(火)8:00~ vsチリ
    グループC第2節:6月21日(金)8:00~ vsウルグアイ
    グループC第3節:6月25日(火)8:00~ vsエクアドル

    6/9(日) 21:20配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00010028-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    2019-06-09_22h31_09

    1: 風吹けば名無し 2019/06/09(日) 21:08:05.24
    さすがに可哀想

    2: 風吹けば名無し 2019/06/09(日) 21:08:19.76
    許してやってや・・

    3: 風吹けば名無し 2019/06/09(日) 21:08:41.22
    堂安って検索すると1つも褒めてるコメがないんだが

    5: 風吹けば名無し 2019/06/09(日) 21:08:57.72
    堂安というか森保が悪いやろ
    堂安のためにも日本代表では当分干すべき

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/09(日) 22:47:02.86
    日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2019・エルサルバドル代表と対戦して2-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    永井が前半だけで2ゴール。久保デビューも
    no title


    【日本 2-0 エルサルバドル キリンチャレンジカップ2019】

    シュミット・ダニエル 6 ほとんど出番は訪れず、静かな時間を過ごしたが、ビルドアップの部分は落ち着いていた

    昌子源 6.5 相手に決定的な場面を作らせず。競り合いにも負けず、カバーリングの意識も高かった

    冨安健洋 7 安定感あるプレーを披露。攻撃面では永井の動きを見逃さず、アシストを記録

    畠中槙之輔 6.5 2試合連続スタメン。落ち着いてプレーし、反対サイドにボールがある時間帯も集中力を切らさなかった

    小林祐希 5.5 シンプルにプレーし、ミス自体も少なかったが、違いを生みだすことはできなかった

    橋本拳人 6 攻守の切り替えも素早く、落ち着いて試合に入った。前半はやや中央を突破されるシーンもあったが、後半はしっかり修正できていた印象

    伊東純也 6 慣れないWBでの起用も、持ち味のスピードを生かし攻守において躍動。何度か相手の脅威となっていた

    原口元気 5.5 前半終了間際にアシストも、怖い存在となったのはその場面のみ。もっと持ち味は発揮できたはず

    堂安律 5 ボールを持っても相手に捕まるシーンが多く、チャンスにはあまり絡むことができなかった。少し心配なパフォーマンス

    南野拓実 6.5 ボールをうまく引き出し永井を生かすなど前線で仕事を果たす。シュートも何本か放った

    永井謙佑 7.5 久しぶりの代表招集も前半だけで2ゴールをマーク。後半の負傷交代は残念だったが、果敢に背後を狙う動きは相手にとっては厄介なものとなった

    大迫勇也 6 負傷した永井に代わってピッチに立った。ボールを収めパスを散らす技術はやはり高く、PA内でも強さを発揮した

    室屋成 5.5 FC東京でともにプレーする久保との連係は決して悪くなかった。右サイドに活気を与えた

    山中亮輔 5.5 ヒヤッとするクリアミスもあったが、果敢に前線へ飛び出し、そこから繰り出されるクロスは効果的であった

    久保建英 6.5 ついに日本代表デビュー。2人をかわして放ったシュートは見事の一言。18歳とは思えぬ落ち着きぶりで観客を魅了した

    中島翔哉 5 短い時間のなかであまり持ち味は発揮できず。不完全燃焼に終わった

    柴崎岳 – 出場時間短く採点不可

    森保一 6.5 トリニダード・トバゴ代表戦に続き3バックを採用。永井を起用したことで攻撃面にスピード感が加わった

    6/9(日) 20:54 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190609-00325173-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ