海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1:豆次郎 ★:2018/10/18(木) 15:38:34.34 ID:CAP_USER9.net
    10/18(木) 15:33配信
    ルミ子 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

    大のサッカーファンで知られる歌手の小柳ルミ子が18日、ブログを更新し、16日に行われたサッカー日本代表対ウルグアイ戦について「私はいまいち盛り上がらなかった」とコメント。その理由について「ウルグアイが本気じゃないんだもの」と不満を募らせた。

    ルミ子は仕事終了後に会場にかけつけ、生観戦。試合は日本が4-3で勝利し、会場はもちろん、翌日の報道なども盛り上がりを見せた。

    だがルミ子は「日本代表の勝利、良かった、良かった」としながらも「でも私はいまいち盛り上がらなかった」とした。

    その理由は「ウルグアイが本気じゃないんだもの」とバッサリ。「プレッシングには来ないし、寄せも甘いし、ミスパスは多いし、連携、連動もミスだらけだし、こぼれ球の反応も遅いし、直ぐに日本にカットされてカバーニ迄ボールが行かない」と切り捨てた。

    ルミ子はこれまでもウルグアイの試合を生で何度も見てきているが「一昨日のようなゆる~~~~~いパフォーマンスは見た事ない」といい、「ウルグアイはこんなもんじゃないから。本気でやってほしかった」と、緩いウルグアイからの4得点は興奮できないとコメント。

    欧州リーグはシーズンが始まったばかりとあって「本気でやってくれる訳ないよな~」と事情を汲みつつも「でもなぁ~今迄観たウルグアイの試合で最低のパフォーマンス。それでも3点獲っちゃうんだから大したもんだ」と半ば呆れ気味につづった。

    日本については「ウルグアイが手を抜いていたとは言え日本代表選手はベストを尽くして頑張った」と評価。過信は禁物としながらも「決定力不足と言われ続けて来た日本代表JP 中島翔哉、南野拓実、堂安律の頑張りによって明るい未来が見えてきた」とつづっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000071-dal-ent

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/18(木) 05:41:07.53 ID:CAP_USER9.net
    A代表で南米選手権に殴り込みだ!ウルグアイ戦の激闘から一夜明けた17日、日本代表の森保一監督(50)が、今後の強化プランを披露した。来年6~7月に日本が参加予定の南米選手権について「A代表で?そうですね。どういうくくりになるか分かりませんが…」と初めて明言。A代表での参戦を熱望した。


    現状では欧州組と国内組の若手中心の構成が有力だ。招待国であり、他大陸連盟の主催大会のため、協会側に選手招集の拘束力はない。またリーグ戦中のため、Jクラブの主力招集も困難。協会とクラブ側では、欧州組+若手の編成で調整が進められているという。日本協会の田嶋会長も「その時のベストのチームで」と話した。

    当初、東京五輪世代の派遣も検討されていた。だがアウェーの地で、強豪ぞろいの南米勢との真剣勝負はこれ以上ない強化の場。南米の強豪ウルグアイを撃破した森保監督は「チーム力を上げるにはより厳しい環境で」とアウェー、中立地での戦いを望んでいる。出場すれば99年、トルシエ監督時代以来2度目となる。

    もちろん、当面の強化も揺るぎはない。これまで4―2―3―1布陣で戦ってきたが、11月のベネズエラ、キルギス戦では「考えています」と代名詞でもある3バック布陣の解禁も示唆した。初采配から怒とうの3連勝。順調に若手とW杯組を融合させ、来年1月にアジア杯を戦う。そして南米での武者修行を経てW杯予選へ。森保プランの青写真は見えてきた。

    ◆日本代表と南米選手権 19年南米選手権はブラジル開催。南米連盟加盟10カ国と招待国の日本、カタールが参加予定。日本代表はトルシエ監督時代の99年大会に初出場、1分け2敗で1次リーグ敗退。11年アルゼンチン大会も招待されたが、東日本大震災の影響で辞退。同じく15年チリ大会も招待を受けたが、選手招集の調整がつかず参加を断念した。

    2018年10月18日 05:30 スポニチ
    2018-10-18_08h27_52
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/18/kiji/20181017s00002014422000c.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/17(水) 23:25:43.11 ID:CAP_USER9.net
    ウルグアイ代表FWカバーニ、試合直後に不満爆発も… 取材エリアで日本人選手に配慮

    日本代表は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で4-3と勝利し、森保一体制3連勝を飾った。試合直後にウルグアイ代表の選手たちが審判団に不満を露わにして詰め寄ると、整列と握手をせずにピッチから退散。不穏な空気が流れたが、試合後の通路ではウルグアイ代表のエースFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)が日本人選手への配慮を見せた。

    打ち合いとなった一戦は開始10分、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)からパスを受けたMF南野拓実(ザルツブルク)の3試合連続ゴールで幕を開ける。同28分に被弾も、同36分には中島のシュートから、こぼれ球をFW大迫勇也(ブレーメン)が詰めて2-1とリード。ところが後半12分、DF三浦弦太(ガンバ大阪)のパスミスをカバーニに奪われて失点し、5万7239人が詰めかけた会場の歓声が一瞬鳴りやんだ。

    逆転負けのムードも漂うなか、2分後の同14分にMF堂安律(フローニンゲン)がDF酒井宏樹(マルセイユ)とのワンツーで抜け出して勝ち越し弾。さらに同21分、堂安の強烈シュートのこぼれ球に南野が反応し、この日2ゴール目で一気に突き放す。同30分に失点した日本だが、最終的に4-3で競り勝った。

    12日の韓国戦で1-2と敗れて母国メディアから批判を浴びていたウルグアイにとって、日本に負ければアジア遠征2連敗となるなか、試合終盤には日本にプレーを急ぐように促すなど焦燥感を垣間見せたが敗戦。終了の笛が鳴った瞬間、それまでの判定に不満を抱えていたカバーニらが審判団に猛抗議を見せた。

    つづく

    10/17(水) 14:50配信
    2018-10-17_23h49_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00141965-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/17(水) 20:53:39.59 ID:CAP_USER9.net
    10/17(水) 20:35配信
    All About

    ◆インパクト大の“三銃士”

    世界ランク5位を撃破! 新生・日本代表はロシアW杯当時より強い?
    サッカー日本代表の勢いが止まらない。3対0で勝利した12日のパナマ戦に続いて、16位のウルグアイ戦でも白星をあげたのだ。写真は新生日本代表でインパクトを残した(左から)中島翔哉、堂安律、南野拓実(写真:JFA/アフロ)

    10月16日に行なわれたウルグアイとのテストマッチで、日本代表は4対3のスリリングな撃ち合いを演じた。南米の伝統国ウルグアイは、最新の国際サッカー連盟のランキングで5位に食い込んでいる実力だ。直前に韓国に敗れていたこともあり、日本代表戦には通常のテストマッチ以上の熱量で臨んできた。

    4対3というスコアは、サッカーでは大味なゲームと言える。ただ、堅守を伝統とするウルグアイから4点を奪っただけでなく、さらに多くのチャンスを作り出したのは、掛け値なしに評価されていい。

    森保監督のもとで戦うのはまだ3試合目だが、ロシアW杯に出場したストライカーの大迫勇也と同大会に出場していない中島翔哉(24歳)、南野拓実(23歳)、堂安律(20歳)の攻撃陣は躍動感溢れるプレーを見せた。南野は3試合連続となる2得点をあげ、堂安は代表初得点をマークした。無得点の中島も南野の先制点をアシストし、大迫の5本に次ぐ4本のシュートをすべてく枠内へ持っていった。若い選手を従えた大迫も、チームの2点目をゲットしている。

    若い3人が記したインパクトは、パナマ戦に先発した原口元気にも見劣りしない。原口、香川真司、乾貴士らのロシアW杯組を交えたポジション争いは、さらに激しさを増していきそうだ。

    ◆すでにロシアW杯出場の「西野ジャパン」より強い?

    世界ランク5位のウルグアイは、ロシアW杯でベスト8入りした。そのチームを撃破したということは、森保監督が率いる新生・日本代表はロシアW杯の際に西野朗前監督が束ねたチームをすでに上回っているのか?

    前回の記事で陰の激戦区と紹介したGKは、ウルグアイ戦では東口順昭がスタメンで起用された。森保監督の構想では、彼が第1GKということになりそうだ。

    長友佑都、吉田麻也、酒井宏樹の3人が引き続き招集されている守備のブロックは、ロシアW杯当時と同じクオリティを保つことができている。

    中盤では長くキャプテンを務めた長谷部誠が日本代表から引退したが、ロシアW杯で控えのひとりだった遠藤航が急成長を遂げている。ロシアW杯メンバーの柴崎岳と遠藤、さらには山口蛍、大島僚太と、人材は揃っている。

    2列目と呼ばれる中盤の攻撃的ポジションは、中島、南野、堂安が新たな選択肢としてチームに加わり、ロシアW杯より充実している印象だ。

    最前線の1トップは、ロシアW杯で得点を決めた大迫が不動の存在だ。ウルグアイ戦でも屈強なDFと互角以上に渡り合い、攻撃の起点となっていた。

    西野前監督が束ねたチームとの単純な比較はできないが、タレントの不足感じさせるポジションはない。ロシアW杯と現在のチームのどちらが強いかを決めるのは難しいが、来年1月に迫ったアジアカップへ視界良好なのは間違いない。

    ◆大迫に次ぐストライカーは現れるか?

    次の活動となる11月のテストマッチでは、誰が招集されるだろう。注目は大迫に次ぐストライカーだ。

    今回の2試合では小林悠と浅野拓磨が当初メンバー入りしたが、ケガにより川又堅碁と北川航也に変更された。小林と浅野は、巻き返しを期しているだろう。また、ヨーロッパではロシアW杯メンバーの岡崎慎司、武藤嘉紀らが爪を研ぐ。FWの競争からも、目が離せない。

    戸塚 啓
    2018-10-17_21h49_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00013883-nallabout-socc
    続きを読む

    1:プーアル ★ :2018/10/16(火) 22:52:41.59 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で、前半10分に鮮やかなターンから3戦連続ゴールとなる先制弾。スペイン人記者もツイッターで「偉大な動き」「ゴディンの武装解除」と称賛している。

    トップ下でスタメン出場の南野は、左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ)から斜めに入ったグラウンダーのパスを受けると、足の間を通すトラップで鮮やかに中央方向へターン。そのまま右足でシュートを放つと、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラのセーブを弾くようにしてボールはゴールに吸い込まれた。

    南野は9月の国際親善試合コスタリカ戦(3-0)、10月12日の国際親善試合パナマ戦(3-0)に続く3試合連続ゴール。ザルツブルクでUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦やUEFAヨーロッパリーグでゴールするなど、欧州の舞台で結果を出している勢いそのままに南米の強豪のゴールをこじ開けた。

    欧州を中心に携帯事業を展開する「モビスター」でアナリストと解説者を務め、ラジオ出演やスペイン紙「AS」にも寄稿するスペイン人ジャーナリストのフリオ・マルドナード記者は、自身の公式ツイッターに「ミナミノ(日本代表の将来の9番)の偉大な動き。最初のコントロールでゴディンの武装解除」と投稿。ファーストタッチで背後にいたウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンを無効化してシュートに持ち込んだ動きを称賛した。
    2018-10-17_18h13_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00141710-soccermzw-socc&pos=1
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/17(水) 00:28:54.35 ID:CAP_USER9.net
    「キリンチャレンジカップ、日本4-3ウルグアイ」(16日、埼玉スタジアム)

    森保体制で主将に指名され、初出場したDF吉田麻也(サウサンプトン)は、攻撃陣の爆発に「正直、驚いている」と率直な思いを語った。

    長年、日本が課題にしてきたセットプレーから1失点。2失点目はDF三浦のミスパスからと、明確な課題が残った。この点には「うん、まあ3失点してしまっているので、DFとしては複雑なんですけど…」と語ったが、それを上回る得点を挙げたことに「正直、ものすごい試合をしたと思う。本来なら、ここで満足せずにっていいたいところなんですけど、僕もビックリするぐらい前線が点をとってくれた。正直、驚いてる」とコメントした。

    主将としては「特にいつも通りだった。パートナーがキャップ数の少ない弦太だったり、若い選手がいるんで自分がリードできればと思っていたけど。これといって変わったことはなかった」と淡々と振り返った。失点についてはもちろん反省を重ねた。「1点目、2点目はミスから。3点目は防げたと思う。1点目はセットプレーでしたけど、僕のファウルも必要なかったし、(三浦)弦太とも話したけど、トライするところ、しないところの判断はもっと正確にしないといけない。前回、前々回は無失点だったけど、メンバーがそろった中での無失点はもう1年以上ないんじゃないか。改善しないといけない」と、主軸を担う自覚から悔しさをにじませた。

    強豪ウルグアイからの勝利を今後にどうつなげられるか。「出られるなら、次(のW杯)が最後になる。日本が上にいくためにはポット1に勝てるようなチームにならないといけない。(ウルグアイは)コンディションはよくなかったというのもあるかもしれないけど、勝ちきったというのは大きい。これを4年続けていってその先にW杯がある。この合宿を経て、ポジティブなマインドになってる」と飛躍の糧にする。

    10/17(水) 0:09配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000147-dal-socc

    写真
    2018-10-17_15h08_12
    続きを読む

    20181016-00010001-goal-000-view

    1:風吹けば名無し:2018/10/17(水) 07:43:41.29 ID:Rl2Q+z2ud.net
    コイツらいたらベスト4いけたろ
    2:風吹けば名無し:2018/10/17(水) 07:44:09.08 ID:wXftKrgCa.net
    結果論
    8:風吹けば名無し:2018/10/17(水) 07:49:44.96 ID:zWQOWeyw0.net
    いうて前線点とってたからな、守備よ問題は
    続きを読む

    1:悪魔のいけにえ ★:2018/10/17(水) 10:21:09.05 ID:CAP_USER9.net
    ◆サッカー国際親善試合 日本4―3ウルグアイ(16日・埼玉スタジアム)

    16日にテレビ朝日系で放送されたサッカー国際親善試合「日本×ウルグアイ」(後7時)の平均視聴率が17・0%を記録したことが17日、分かった。

    瞬間最高は午後9時24分と同26分、日本がリードが4-3でリードして後半アディショナルタイムに突入した場面で21・7%の高数字をマークした。

    FIFAランキング54位の日本は前半10分、MF南野拓実(23)=ザルツブルク=が森保ジャパン初戦のコスタリカ戦から3戦連続弾で先制すると、後半21分にはチーム4点目を奪取。W杯ロシア大会8強でFIFAランキング5位のウルグアイに96年以来22年ぶりに白星を挙げ、森保監督就任後3連勝とした。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)
    2018-10-17_10h54_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000039-sph-ent
    続きを読む

    Fussball.-Bild-Ball-Tor_image_1200-1024x683

    1:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 23:32:06.16 ID:v83tgzj40.net
    アリソン来てくれ
    3:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 23:32:45.40 ID:AfQJ3Kz2d.net
    マルセロ
    4:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 23:33:08.30 ID:v83tgzj40.net
    >>3
    確かに面白そうではある
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ