海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1:Egg ★:2018/02/03(土) 19:20:19.76 ID:CAP_USER9.net
    4年に1度のサッカーワールドカップ(W杯)が2018年6~7月、ロシアで開催されるわね。日本代表は6回連続の出場で、過去2回のベスト16が最高位だわ。国民の期待を背に、好成績を残せるかな。サッカー日本代表のW杯での戦い方について、岩下智子さん(39)と西條恵子さん(42)が武智幸徳編集委員に聞いた。(ニッキィの大疑問)

    ――現在の日本代表はどのような戦い方をしていますか。

    「チームを率いるハリルホジッチ監督は『ショートカウンター』と呼ばれる戦い方を重視します。相手ゴールに近い、いわゆる高い位置でボールを奪い、手数をかけずに相手ゴールに迫ります。前回14年大会でザッケローニ監督が目指した、確実にパスをつないで能動的に攻める『ポゼッション』というスタイルとは対照的といわれています」

    「ショートカウンターは、積極的に前に出てくる強者には有効ですが、アジア予選では自陣に閉じこもる相手とうまくかみ合わず、苦戦もしました。W杯本大会の出場国は国際サッカー連盟(FIFA)ランキングでも日本より格上が多いので、うまく機能するかもしれません」

    ――約半年でどんなところを改善しますか。

    「チーム内の多数派を海外組が占め、W杯開幕前の準備期間以外は全体練習の時間がほとんど取れないので、スタイルをがらりと変えるのは現実的でありません。ハリルホジッチ監督が強調する『デュエル(1対1の強さ)』に個々人が磨きをかけつつ、グループやチーム全体で相手ボールを奪い取る手順を明確にし、守備の網の目をもっときつくしなければなりません」

    「攻めと守りをつなぐミッドフィルダー(MF)のポジションで監督が重用する井手口陽介(G大阪)や山口蛍(C大阪)、原口元気(独ヘルタ)らは体を張ってよく守備をします。ただ、奪ったボールを最前線の大迫勇也(独ケルン)に預けた後の得点パターンは、まだ確立されていません。これからどう詰めていくかが注目点です」

    「一方、メンバーを変えずに同じスタイルで戦い抜くことも、1つの試合の中でさえ難しいものです。戦術の幅を広く持っておくためには本田圭佑(メキシコ・パチューカ)や岡崎慎司(英レスター)、香川真司(独ドルトムント)といった実績のある選手の力も必要でしょう」

    つづく
    2018-02-03_20h04_54
    2/3(土) 19:10配信 日経スタイル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180203-00010008-nikkeisty-bus_all
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/02(金) 12:47:57.07 ID:CAP_USER9.net
    豪州戦のフォーメーション



    6月14日に開幕する2018FIFAワールドカップロシア。グループリーグの組み合わせも決定し、本大会に向けて期待感は高まるばかりだ。4年に一度開催されるサッカーの祭典には各大陸予選を勝ち抜いた32チームが参加する。フットボールチャンネルでは、その全チームを紹介していきたい。最後はグループHの日本代表を取り上げる。(文:藤江直人)

    堅守速攻の戦い方が「日本にとって一番いいのでは」(長友佑都)

    【日本代表】
    FIFAランキング:57位(2017年12月)
    監督: ヴァイッド・ハリルホジッチ(2015年~)
    6大会連続6回目の出場
    最高成績:ベスト16(2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会)
    アジア最終予選グループB1位通過

    2016年9月の初戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表に逆転負けを喫し、その後の苦戦を強いられる序章となったワールドカップ・アジア最終予選を戦う過程で、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は戦い方における「最適解」を手にしたと言っていい。

    緊急登板の形で2015年3月に就任した指揮官は、日本が慣れ親しんできた、トップ下を置く「4‐2‐3‐1」で長く戦ってきた。もっとも、UAEに苦杯をなめ、その後にオーストラリア、サウジアラビア両代表戦も控える状況が指揮官の危機感を高めたのか。敵地でのオーストラリア戦(2016年10月)では本田圭佑を1トップに起用。ボールキープに長けた本田を起点に、堅守から速攻を仕掛ける形がより鮮明になり、ホームのサウジアラビア戦(同11月)では本田に代わり、待望論の強かった大迫勇也を復帰させた。

    年が明けた昨年3月のUAEとの再戦では、徹底した分析で相手を丸裸にする戦略家としての真骨頂を発揮。司令塔オマル・アブドゥルラフマンを封じるために中盤の形を逆三角形型に変更し、インサイドハーフに抜擢された今野泰幸がゴールなどで快勝した。

    迎えた同8月のオーストラリア戦。ポゼッション型に戦法を変えた相手のパス供給源を潰すために、インサイドハーフに猟犬を彷彿とさせる山口蛍と井手口陽介を起用。両サイドにはスピードに長けた乾貴士と浅野拓磨を配置する「4‐1‐4‐1」の布陣から、浅野と井手口がゴール。快勝とともに6大会連続6度目のワールドカップ出場を決めた。

    苦戦の末にたどり着いた「4‐1‐4‐1」は、ベスト16に進出した2010年の南アフリカ大会でも採用された。この大会で4試合を通じて躍動したDF長友佑都は、堅守速攻の戦い方が「日本にとって一番いいのでは」と語る。

    「ハリルホジッチ監督が目指しているサッカーが唯一、いまの日本が世界で結果を出す可能性を高められるんじゃないかと感じている。相手にボールを持たれてもみんなで守って、泥臭くボールを奪って、カウンターを仕掛けていくスタイルが、僕たちに一番合っていると思う」

    勤勉さと規律正しさ、そして団結力という日本人の国民性を最も発揮できる戦い方と言ってもいい。ポゼッションが崇拝される傾向に異を唱えるハリルホジッチ監督は、ホームでのオーストラリア戦を「日本の今後の基準となる戦い方だ」と自信も寄せる。

    つづく

    2/2(金) 10:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00010000-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/01(木) 18:48:45.66 ID:CAP_USER9.net
    30日に来日した元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、囲み取材に応じてロシア・ワールドカップの展望を語った。

    6月に控える世界最大のイベント、ロシア・ワールドカップ。スペイン代表としてワールドカップやユーロといったビッグタイトル獲得経験のあるアロンソはどう見ているのだろうか。「優勝を予想するのは難しい」としつつ、こう語ってくれた。

    「優勝候補はドイツ、ブラジル、フランス、スペイン、アルゼンチン。あとはサプライズが出てくるんじゃないかなと思う」

    また、母国スペインが優勝するために何が必要と考えるか明かしてくれた。

    「色々な要素が必要だが、いい選手を揃えなければならない。その点でスペインはできている。あとは自信やメンタリティの問題で、メンタル的な準備ができていなければならない。それもできていると信じているけどね。あとは運の助けも必要。すべて自分でコントロールできるという状況でないときに、どっちに転がるかという運に助けられると優勝は近くなる」

    では、日本代表はワールドカップでどこまで進むとアロンソは予想しているのだろうか。過去の経験から、決して低くない評価を日本代表につけていることがうかがえた。

    「見ていると、日本は対戦相手にとって難しいチーム。組織的で、ダイナミックでエネルギーもある。ただ、そういったことは大事だけど、ときには勇気を出してオフェンシブになれば、可能性は無限じゃないかな。グループリーグ突破はできると思っているよ」

    香川真司や乾貴士の名前を出し、高く評価していることも明かしたアロンソ。元世界的名手の“予想”が的中することを願うばかりだ。

    2/1(木) 12:10配信サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000019-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/31(水) 07:00:33.87 ID:CAP_USER9.net
    ロシアW杯まであと半年を切るなか、日本サッカー協会が人事で揺れている。田嶋幸三・現会長の再選が無投票で決まったものの、副会長の岡田武史氏が3月末の任期満了をもって退任する意向を示したのだ。サッカー協会関係者がいう。

    「田嶋政権が続く以上、本来なら退く理由はない。しかし岡田氏は“1期(2年)のみという約束”“オーナーを務める四国リーグのFC今治が忙しい”と続投を固辞したようだ。協会内では田嶋会長との不和も噂されているが、一番の理由は“現場に戻りたい”ということ。まずはJ3昇格を逃した自分のチームを立て直したいと考えているようだ」

    ただ、一方で“代表監督再登板への布石では”という見方もある。折しもハリルホジッチ監督率いる日本代表は、昨年末の東アジア選手権で韓国に1-4の大敗するなど不振を極め、監督更迭論が噴出している。

    オシム監督が脳梗塞に倒れた後、“代打”として代表監督に再登板し、2010年の南アW杯で見事決勝トーナメントに駒を進めた岡田氏の“再々登板”の待望論は根強い。

    「3月の欧州遠征の結果次第ではハリル監督の電撃解任もある。その時は海外からの監督選びは間に合わないだろう。日本人選手の特性をよく知り、短期間でチームを立て直せる岡田氏は最有力候補だ」(同前)

    メキシコ五輪の得点王で、日本サッカー協会・元副会長の釜本邦茂氏は「さすがにロシアW杯前ということはないだろうが……」と前置きしつつも“岡田待望論”を語った。

    「高い年俸を払って外国人監督を招聘し、ありがたがっている時代はもう終わった。日本が強豪国を目指すなら、日本人監督を真剣に検討すべきです。その筋道をつけられる適任者は岡田武史しかいないでしょう」

    まさかの再々登板はありうるか。

    ※週刊ポスト2018年2月9日号

    写真



    1/30(火) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00000015-pseven-spo
    続きを読む

    img_8a5d5c2f166fe07786e2eed6fe115925197605

    1:名無し募集中。。。:2018/01/30(火) 09:31:59.03 ID:0.net
    前線に思い切り放り込んだほうが手っ取り早くない?
    2:名無し募集中。。。:2018/01/30(火) 09:36:31.67 ID:0.net
    とにかく全てが遅いんだよな
    意味がある回しならいいけど
    3:名無し募集中。。。 :2018/01/30(火) 09:40:44.15 ID:.net
    決定力が無いから
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/28(日) 17:54:13.25 ID:CAP_USER9.net
    もう監督交代はできない

    停滞感に包まれている。

    ハリルジャパンは先月、日本で開催された東アジアE-1選手権で韓国に1-4と大敗を喫した。これまで先頭に立ってファイティングポーズを取ってきたはずのヴァイッド・ハリルホジッチ監督はライバルをしのぐだけの熱をチームに呼び込めず、また、選手を奮い立たせる策を提示できなかった。

    国内組の編成とはいえ、コテンパンにやられてしまったのだから信頼が揺らぐのも当然。ロシアワールドカップまで残り4カ月というタイミングでの「監督交代」は現実的ではないとはいえ、3月に予定される欧州遠征で失地回復できなければ批判の声はさらに高まるに違いない。

    チームが浮上するために重要になるのが、監督と選手の間に入るコーチングスタッフの働きである。コーチは監督の要求を選手に落とし込み、逆に選手からの反応を吸い上げる黒子役。なかでも自らを「小ハリル」と称する手倉森誠コーチがキーマンだと思えてならない。

    写真



    手倉森は2016年9月、アジア最終予選初戦のUAE戦に0-1で敗れた後に呼び戻されている。五輪代表監督がA代表のコーチに復帰するケースは初。リオデジャネイロ五輪を戦った手倉森自身も「やりがいを感じて」要請を引き受けたのだった。

    その後チームは敗戦ショックを引きずることなく順調に勝ち点を積み重ねていく。手倉森もその一助となった。昨年5月にインタビューした際、自身の役割についてこのように話していた。

    「たとえば我々の基本フォーメーションを、監督は4-3-3と表現しますよね。形は4-2-3-1に見えますが、前の3枚は(得点の仕事をする)フォワードだという監督の認識があります。そういった監督の考えをひとつひとつ理解したうえで、選手たちに伝えるようにしています。

    縦に速い攻撃で裏を取って、カウンターで点を取るのが我々の戦術。しかし『前に行け』と言われても、当然ながらやれないケースだってあります。でも逆に『下がってくるな』とは言われてないのだから、選手に対して『前に行って降りてくるのはアリだ』と私が伝えることで彼らも工夫するようになる。

    この『アリ』を増やしておくことで、戦いに幅が生まれると思っているんです」

    日本人選手は監督の指示を、どうしても忠実に守ろうとしがちだ。うまくいかなくてもやみくもにこなそうとするだけでは効果がない。

    手倉森はその潤滑油になろうとした。外国人監督と日本人選手の間に立って相互理解を深めるサポートに努め、監督の狙いと日本人の気質を踏まえて選手にアドバイスを送った。

    つづく

    1/28(日) 16:00配信 現代ビジネス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00054230-gendaibiz-bus_all
    続きを読む

    f2374_1112_a4b01e16cd2886dc371fee52677026db

    1:風吹けば名無し:2018/01/26(金) 20:26:36.31 ID:quFzeigYa.net
    ワイは玉田圭司。ブラジル戦で先制点ぶち込んだのは感動した
    2:風吹けば名無し:2018/01/26(金) 20:27:00.34 ID:YzmRhZU00.net
    釜本
    3:風吹けば名無し:2018/01/26(金) 20:27:08.09 ID:VQuPn9jx0.net
    ワイは中村俊輔
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/27(土) 02:52:19.60 ID:CAP_USER9.net
    25日、フジテレビ「アウト×デラックス」では、元サッカー選手、釜本邦茂氏と前園真聖氏がゲスト出演。「サッカー選手になったことを後悔しているサッカー界のレジェンド」と題し、釜本氏はサッカー選手不遇の時代をぼやいたほか、番組では現在の日本代表にも言及している。

    まず話題になったのは、釜本氏が1968年のメキシコ五輪開催後に行われたブラジル対世界選抜の招集を断ったことについて。その理由を「遠いじゃん」と言い放ち、矢部浩之らを慌てさせた同氏は、「メキシコのオリンピックが終わって3日か4日後だった。はよ帰りたいじゃん、メキシコから」と続けた。

    また、ハリルホジッチ監督が率いる、現在の日本代表について訊かれるや、「言っていい?」と前置きした釜本氏は「多分ダメでしょ」とバッサリ。「試合の戦い方っていうのは、もうちょっと守備を固くしないと。そんなボール持って、攻めていったらやられますよ」と持論を展開すると、隣の前園氏も「ほぼ釜本さんがおっしゃった通り」と苦笑いを浮かべた。

    さらに、本題となる「後悔」について話を振られると、釜本氏は「僕がプロって言われたのは監督の時だけですよね。ヤンマーで監督になった。そこまでずっとアマチュアでしょ」と切り出し、「会社入る時の初任給3万2千円ですよ。手取り2万8千円。野球の人(選手)が年俸3000万円で一流って言われた頃じゃないですか。いいですよね」などと語った。
    2018-01-27_07h22_31
    2018年1月26日 11時0分 Sports Watch
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14212280/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/26(金) 12:43:17.46 ID:CAP_USER9.net
    日本代表が3月下旬の欧州遠征でウクライナ(FIFAランク35位)、マリ(同71位)と強化試合を行う方向で最終調整に入った。欧州クラブの関係者が明かしたもので、会場はベルギーになる見通し。6月14日開幕のW杯ロシア大会では1次リーグでコロンビア、セネガル、ポーランドと同組。本番を想定して東欧、西アフリカの2チームと対戦する。

    本番を見据えたピンポイントのマッチメークが実現する。日本代表のハリルホジッチ監督は昨年12月1日のW杯抽選会直後から「本番のシミュレーションになる相手と試合をできれば」と強化試合の対戦国選定に着手。

    昨年12月24日には「交渉はかなりいい状態で進んでいる。私の希望がかないそうだ」と語っていた。W杯1次リーグ初戦で対戦するコロンビア対策となる南米勢とは開幕直前の5月か6月に試合を組む方針。3月の欧州遠征では東欧、西アフリカ勢に絞り交渉を進めていた。

    ウクライナはW杯欧州予選でI組に入り、3位で敗退。W杯に出場するアイスランド、クロアチアに及ばなかったが、5勝2分け3敗と善戦した。監督は現役時代にACミランなどで活躍したシェフチェンコ氏。ドルトムントで香川の同僚であるMFヤルモレンコら実力ある選手がそろう。FIFAランクは日本の56位に対して35位と格上。前線の大柄な選手をターゲットにする戦術などポーランドと重なる部分も多い。

    マリはW杯アフリカ3次予選でC組最下位で敗退。モロッコ、コートジボワール、ガボンを相手に4分け2敗と1勝もできなかった。FIFAランク71位と格下だが、クリスタルパレスの攻撃的MFサコら個々の力は高い。サブサハラ(サハラ砂漠より南の地域)系特有の身体能力があり、仮想セネガルにはうってつけの相手となる。

    W杯に出場しない2カ国との対戦も指揮官の思惑通りだ。昨年11月の欧州遠征ではブラジル(FIFAランク2位)、ベルギー(同5位)に1―3、0―1で連敗。世界トップの力を体感する狙いがあったが、今回は本大会に向けた戦術を落とし込む作業があるため、防戦一方にならない可能性の高い相手を選んだ。ロシアでの躍進に向け、強化計画は着々と固まりつつある。

    ▼ウクライナ代表 91年のソ連崩壊によるウクライナ独立を受け、チームが発足。W杯は、06年ドイツ大会が唯一の出場で8強進出を果たしている。日本との対戦成績は1勝1敗。直近の試合はジーコ体制下の05年10月12日にキエフで開催された親善試合で、日本が0―1で敗れた。

    ▼マリ代表 W杯出場経験はない。アフリカ選手権は11度出場し、72年の準優勝が最高成績。99年世界ユース(現U―20W杯)3位、17年U―17W杯4位など世代別の世界大会ではコンスタントに結果を残している。国際Aマッチで日本と対戦はない

    1/26(金) 6:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000060-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ