海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1:Egg ★ :2017/10/08(日) 21:32:25.29 ID:CAP_USER9.net
    「インサイドハーフのほうがよりフィットする感覚は得ている」。6日のニュージーランド代表戦にトップ下で先発出場したMF香川真司(ドルトムント)が、自身のプレーするポジションについて語った。

    10日にキリンチャレンジカップでハイチ代表と対戦する日本代表は8日、日産スタジアムでトレーニングを行った。

    練習後の取材エリアに姿を現した香川は「相手どうこうではなくチームがトライすること。個人のアピールも大事ですけど、

    そこには常にチームがあるので、組織と個が融合するように。各々が整理して臨めればいいかなと思います」と2日後に迫った試合に向けてコメントした。

    ニュージーランド戦ではトップ下で先発。前半立ち上がりにはゴール前でチャンスに絡んでいたが、決定機を逸するなど結果を残すことはできず、60分にピッチを退いた。

    改めて試合を振り返った香川は、インサイドハーフでプレーすることが自身にとっても、チームのバランスを考えた上でも効果的だと主張する。

    「僕は正直、インサイドハーフのほうがよりフィットするのかなという感覚は得ているので、そういうのも試していければと。

    もちろん監督が決めることですけど。そのほうがバランスがいいですし、このチームで2年くらいやっていて、それは常に感じています」

    希望通りにインサイドハーフでの起用となるかは別として、ハイチ戦に出場すれば国際Aマッチ89試合に到達する。これはFW三浦知良(横浜FC)と並ぶ偉大な数字だ。

    「本当に1試合1試合の積み重ねだと思いますし、そういう意味では次の試合も、出たら必ずいい仕事ができるように。いつもと同じ1試合だと思うので、しっかり準備してまた積み重ねていけたらいいのかなと思います」。

    あくまでも平常心で臨むつもりの香川真司。ハイチ戦では、彼がどのポジションで起用されるのかにも注目したい。

    10/8(日) 20:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00653041-soccerk-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/08(日) 20:00:27.04 ID:CAP_USER9.net
    長距離移動と時差によってコンディションを落とし、クラブでポジションを失うケースが少なくない。

    「ワールドカップという意味では、正直、何の意味がある試合なのか。評価しづらいゲームになった」
     
    2-1で勝利したキリンチャレンジカップ、ニュージーランド戦後の香川真司の言葉は、大きくメディアに報じられた。たしかに、ワールドカップ本番を想定した試合とは言いがたい。何も意味がないとは思わないが、大きな意味があったとも思えない。香川本人にそのつもりがあるかどうかはともかく、選手からの発言はインパクトが強く、議論の呼び水になる。この提起を歓迎したい。
     
    大前提として、欧州組は、日本で試合をすること自体にリスクを負っている。長距離移動と時差によってコンディションを落とし、Aマッチ直後のリーグ戦でポジションを失うケースが少なくないからだ。今シーズンも吉田麻也が9月のAマッチ直後、サウサンプトンの試合でベンチに座り、レギュラーを奪われる可能性に肝を冷やした。
     
    選手にとっては死活問題。ワールドカップ予選ならともかく、親善試合のために、このようなリスクを負うのは、果たして正しいことなのか。まして、今の香川はドルトムントで当落線上に立たされている。前節のアウクスブルク戦でスーパーゴールを挙げ、レギュラー確保に向けて軌道に乗りたいタイミングだけに、この親善試合に疑問を抱くのは当然だろう。
     
    逆に、このようなリスクを負って招集されるのなら、それなりの成果と課題を得たいが、格下チームとの試合では戦術も変わってくる。ワールドカップ本番につながるイメージを持てない。「クラブでポジションを取れ!」とハリルホジッチに厳命されるなか、代表活動に足を引っ張られるダブルスタンダードに、香川はもどかしさを抱えていたのではないか。その本音がひと言、漏れたように思える。
     
    ただし、今回のニュージーランドとハイチというマッチメークは物足りないが、仕方がない面もあった。この10月は世界中でワールドカップ予選が開催されるため、欧州や南米の強豪とマッチメークするのは不可能。つまり、最初から対戦相手の選択肢が少なかった。

    >>2以降につづく
    30879_ext_04_0

    10/8(日) 19:37配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171008-00030879-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/08(日) 16:32:26.55 ID:CAP_USER9.net
    10/7(土) 20:00配信
    ブラジルで“ジーコ限定モデル”のカローラ発売 ハンドルや座席にサインが施される

    ブラジル代表の伝説的名手で元日本代表監督の“神様”ジーコ氏が、公式インスタグラムに1枚の写真を掲載。ブラジルで自身の名前を冠した“限定モデル車”が発売されることを受けて、「このような栄誉あることは想像していなかった」と綴っている。

    ジーコ氏はフラメンゴ、ウディネーゼでのプレーを経て、Jリーグ創設直前の1991年に鹿島アントラーズの前身である住友金属に加入。鹿島に勝者のメンタリティーを植え付け、「常勝軍団」の礎を築いた。2002年からは日本代表監督を務め、06年ドイツ・ワールドカップで指揮。その後はトルコ、ウズベキスタン、ロシア、ギリシャ、カタール、インドのクラブや、イラク代表監督を歴任した。

    7日に更新されたインスタグラムでは、日本の大手自動車メーカーであるトヨタから「Zico Limited Edition」が発売されることを報告。車の前でポーズを取る写真や、自身のサインが施されたハンドルや座席の写真を投稿している。そして「忘れられない日になった。私は人生でこのような栄誉あることは想像もしていなかった。この車の制作に関わったすべての人に心から感謝します」と綴った。

    ブラジルメディア「TORCEDORES」も、「トヨタ、ジーコを称えてカローラのスペシャルバージョンを発売」と特集。記事では、1981年の第2回トヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)で南米代表フラメンゴの一員として来日し、欧州代表リバプールを3-0で破り、MVP獲得と同時に副賞でトヨタのセリカを受け取ったことを紹介している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171007-00010020-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/08(日) 16:14:27.93 ID:CAP_USER9.net
    10/8(日) 15:24配信
    指揮官は香川がフィットしない理由を2つ挙げる。

    [キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
     
    「率直にお聞きします。香川真司選手はなぜ日本代表にくるとパッとしないのでしょうか?」
     
    ある記者からヴァイッド・ハリルホジッチ監督にそんな質問が飛んだのが、ニュージーランド戦後の記者会見だった。
     
    トップ下でスタメン出場したナンバー10は、序盤からキレの良さを見せたものの、9分と23分のビッグチャンスで決めきれないなど、目に見える結果を残せず60分で交代を告げられた。試合後には本人も「なかなか相手がそんなに来なかったので、正直ボールを持てたところもあった。だから、どこで仕掛けるかは掴みづらい部分もあった」と反省を口にした。
     
    指揮官は香川が輝けなかった理由にまず挙げたのが、怪我にともなうコンディションや試合勘の不足だった。
     
    「香川は長い間、怪我をしていた。だからもちろん、まだトップフォームではない。本人にも、本来のレベルを取り戻して欲しいと要求している。プレーしながらどんどん良くなっていくだろう。より良いプレーは確実に増え、確実に良くなっていく」
     
    続けてハリルホジッチ監督が例に挙げたのが、ドルトムントと日本代表の環境の違いだ。もちろん練習時間、チームメイト、そして戦術とすべてが異なる。
     
    「もちろん他の選手との共存という面もある。例えば、代表に合流する直前のドルトムントでのゲームでは、素晴らしいパフォーマンスだった(9月30日のアウクスブルク戦では見事なループシュートで1ゴール)」
     
    怪我明けでトップフォームにないこと、そしてクラブと代表での違いを香川がパッとしない理由に挙げた指揮官。いずれにせよ、まだ本来のレベルには程遠いと断言した。
     
    「我々が知っている香川のレベルではない。ボールを持っていない時のプレーをより速くして、どんどんチームメイトに絡んでいくことを要求している。トレーニングを続けて、できるだけ高いレベルを取り戻す必要がある」
     
    香川の実績と経験値、クオリティ-は本田圭佑とともに日本代表の中でトップクラス。しかし、ロシア・ワールドカップ行きが懸かったオーストラリア戦でその本田とともに出番なしに終わるなど、ハリルホジッチ監督の構想ではもはや「絶対に外せない主力」ではない。
     
    「危機感は常に持っているし、今日出た課題は整理していきたい。大事なのはワールドカップ。そこに向け、プランを立ててしっかりとやっていきたい」と語ったナンバー10は、ロシア・ワールドカップまでに再び上昇気流に乗れるのか。まずは10日のハイチ戦に注目したい。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171008-00030866-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/08(日) 12:32:49.46 ID:CAP_USER9.net
    「常に次の人が楽にプレーできる状況を作る」

    [キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
     
    ニュージーランド戦で香川真司との交代で60分からピッチに立ち、停滞していた攻撃を活性化させたのが小林祐希だ。積極的にボールを引き出し、ワンタッチもしくはツータッチでシンプルにパスを捌いて、崩しの局面でリズムをもたらした。
     
    そのニュージーランド戦から一夜明け、自身の出来を尋ねられた小林は「あの相手だったらこれぐらいできないと。いや、もっとやれないとダメですね」と辛めの自己評価。何度か決定機を演出していたプレースキックについても「もっと精度と質を上げなきゃいけない」と課題を口にした。
     
    10月7日のビルトアップのパターン練習では右のインサイドハーフに入り、左ウイングの乾貴士を目掛けて正確なサイドチェンジをピタリと届けていた。10日のハイチ戦でも、彼の左足からチャンスが生み出されるはずだ。
     
    そんな小林には、パスに関する譲れない“流儀”がある。
     
    「自分がパスを出して、それを受けた選手がミスしたら自分の責任だし、自分のミスだと思っている。常に次の人が楽にプレーできる状況を作るというのは意識しています。次の人が敵に囲まれていたり、選択肢がないのにパスを出してしまう。そういうのが一番良くない」
     
    ニュージーランド戦で先発した香川が低調な出来だったこともあり、小林に対する期待は日に日に高まっている。パスで味方を輝かせるレフティーのプレーに今後も注目だ。
     
    取材・文:高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

    10/8(日) 11:22配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171008-00030858-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/10/08(日) 08:29:39.12 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は7日、豊田市内で練習を行った。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)はFIFAランク113位の格下ニュージーランドに苦しんだ前夜の親善試合を振り返り、先制後の試合運びの悪さを指摘。チーム全体が受けに回る傾向が強い“1―0の悪癖”に苦言を呈した。チームは親善試合ハイチ戦(10日、横浜)に向けて横浜市内に移動した。 【日本代表メンバー 日程&結果】

    練習前の円陣で、ハリルホジッチ監督が語気を強めた。身ぶり手ぶりを交えながら約7分。「先制した後にゲームコントロールができていない。悪い意味で落ち着いてしまい相手に主導権を渡してしまう。それではW杯で勝てないぞ!」などと猛省を促した。前夜のニュージーランド戦は後半5分に先制したが、その後はペースダウン。一時は同点に追いつかれ、後半42分の決勝弾で何とか白星を手にした。

    問題視するのも無理はない。ハリルジャパンはW杯アジア最終予選10試合中、本大会出場決定後の消化試合となった最終節サウジアラビア戦を除く9試合で先制したが、そのまま一度も追いつかれずに勝利したのは5試合だけ。4試合は1―1とされてゲームを振り出しに戻されており、リードした際の試合運びに課題を残す。

    ハリルホジッチ監督は“ポゼッション偏重”の日本サッカーに異を唱え“堅守速攻”を標榜(ひょうぼう)。相手にボールを持たせる時間帯を増やして前線からプレスをかける戦術を敷くが一部選手にはリードした際に無意識のうちにボール支配率を高めて時間を使う従来のスタイルにシフトしてしまう傾向が残る。1―0時の悪癖を克服するにはスコアに関係なくチームとして“堅守速攻”を貫く意識を徹底することが必要だ。

    14年W杯ブラジル大会1次リーグ初戦のコートジボワール戦は本田のゴールで先制しながら1―2で逆転負け。前回大会でも先制した後の戦い方のまずさを露呈した。指揮官は「私たちが見せられる最高レベルには、まだ程遠い。それに向けて準備する」と強調。8カ月後に迫った本大会に向け、一つずつ課題をクリアしていく。
    2017-10-08_09h38_38
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/10/08/kiji/20171007s00002014441000c.html
    2017年10月8日 05:30
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/08(日) 06:15:43.94 ID:CAP_USER9.net
    「国際親善試合、日本-ハイチ」(10日、日産スタジアム)

    サッカー日本代表は7日、豊田スタジアムで練習を行った。親善試合・ニュージーランド戦から一夜明け、DF長友佑都(31)=インテル・ミラノ=は、10年のW杯南アフリカ大会で貫いたスタイルを「今の日本にとっては良いんじゃないかと思う」と提言。

    自身3度目のW杯を目指す長友は、現在チームが目指す方向性に賛同しつつ、W杯16強まで登り詰めたスタイルの有効性を語った。チームは豊田での練習後、10日の親善試合・ハイチ戦(日産ス)に向けて横浜へと移動した。

    貫くべきスタイルを再確認した。ロシアでの躍進に向け、長友が残り8カ月の指針を示した。前夜の戦いを振り返り「そもそも、チームとしてポゼッション率を高めたいサッカーをしているわけではない」とした上で「個人的には自分のプレーも、チームも今のままではW杯では結果を残せないかなという気持ちはある」と語った。

    壁の高さと分厚さを知っているからこその感覚だ。14年のW杯ブラジル大会では、チーム全体としてポゼッションを高めながら相手を崩すサッカーを志向しながら惨敗。その上で「やっていくサッカーとしては南アフリカ(大会)の時なようなサッカーが今の日本にとっては良いんじゃないかなと思います」と提言した。

    長友は「みんなで守って、相手にポゼッション率で上回られても、泥くさくボールを奪ってカウンターを仕掛けるサッカーが一番合っている」と説明。それはハリルホジッチ監督が志向するスタイルと重なる部分が多く「今、監督が目指しているサッカーが唯一、日本が世界で結果を出す可能性が高まるサッカーかな」と説明した。

    もちろん、先制を許した後の展開など、引いた相手への攻略スキルは「間違いなく大きな課題」と語るなど、伸ばすべき要素。個人とチームの成長速度を上げながら、本大会に向けた牙を研いでいく。

    10/8(日) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000020-dal-socc

    写真

    続きを読む

    img_fdd2de5afa08da725f9cae639f8a840b175034

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/10/07(土) 22:06:53.84 ID:ay++co/hM.net
    ノミネート
    井原正巳 宮本恒靖 中澤佑二 田中マルクス 吉田麻也 昌子

    私は吉田麻也だと思いまん
    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/10/07(土) 22:07:19.66 ID:ziJSemKj0.net
    吉田決まってるじゃん
    議論にすらならない
    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/07(土) 21:17:45.66 ID:CAP_USER9.net
     no title
    「隣はもちろんShinji Kagawa」「移動の時はいつも隣です。笑」と投稿には記し、ファンから「良いコンビ」と反響を呼んでいた。次のハイチ戦はもちろんW杯本大会まで、固い絆で結ばれた2人のコンビネーションで、さらなる躍進を見せてほしいところだ。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171007-00010009-theanswer-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/07(土) 17:52:38.32 ID:CAP_USER9.net
    10/7(土) 16:55配信
    【松木安太郎】香川真司は真面目過ぎる!もっと「俺に合わせろ」で良いんじゃないかな
    [キリンチャレンジカップ2017]日本2-1ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
     
    満足できるゲームではなかったね。ニュージーランドは、大陸間プレーオフを控えているだけにモチベーションが高かった。持ち前の強靭なフィジカルとタイトな守備で、非常にインテンシティの高いゲーム内容を演じたと思う。
     
    ただ、相手はオセアニア3位のチーム。東アジアでグループ1位になった日本としたら、力の差を見せつけたい試合だった。雨でスリッピーなピッチに苦しめられたところもあるけど、自滅した印象のほうが強いかな。
     
    日本はもっと安定感ある試合をしたかったよね。立ち上がりの決定機を決めていれば、まったく違った試合展開になっていた可能性はあるし、攻撃のリズムも良くなっていたかもしれない。とはいえ、ああいうチャンスをモノにできないで苦戦してきたのが日本代表だ。世界に出た時に同じようなミスをすると、それこそ命取りになってしまう。
     
    さらに言えば、PKで先制した後の戦い方にも問題があったね。日本がリードしているのに、リズムが良くなったのはニュージーランドのほうだった。1点を返しに前がかりになった相手の背後を突くわけでもなく、かといってがっちり守って撥ね返していたわけでもない。これは選手の責任というよりも、ベンチワークに問題があったと思うよ。
     
    交代のタイミングが、試合展開を考慮していないように見えたんだ。 ハリルホジッチ監督には、前にも同じようなことがあった。あらかじめ、交代時間をある程度決めていたのかもしれないけど、状況を見極めないとチームは混乱するよね。
     
    選手たちに注文を付けるなら、球際の強さかな。局面での競り合いは、相手のほうが良かったよ。フィジカルレベルの差はあるにせよ、もっと闘志を前面に押し出した戦いをしたかった。
     
    この試合だけを見れば、良いパフォーマンスだったと言えるのは大迫勇也と乾貴士だ。大迫のポストワークは安定していたし、乾の変化をつけるプレーも効いていた。反対に、期待に応えたとは言えないのが香川真司だろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171007-00030841-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ