海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1:Egg ★:2018/10/17(水) 06:33:07.65 ID:CAP_USER9.net
    ニュースターの台頭という成果を得た一方で



    10月シリーズのウルグアイ戦で日本は4-3の勝利を収めた。「森保体制3戦連勝!」「南野が2ゴール!3試合連続!」「堂安が代表初ゴール!」と、見出しになりそうなネタも多かったし、メディア的には最高の試合になったね。
     
    両チーム合計7点が生まれた大味の試合だったけど、森保体制になってから対戦したコスタリカ、パナマよりも明らかに実力のあるウルグアイに勝利した意味は大きい。やはり列強国と対戦すると、得るものは多い。ここまでの2試合では見られなかった収穫と課題が出てきたはず。つまり、実力国とどれだけ対戦できるかでも、また強化のスピードは違ってくるということだ。協会には、もっとこういう相手とのマッチメイクをしてほしいね。
     
    収穫で言えば、特に若手の活躍が際立っていたね。2ゴールの南野は得点への意識が高くなって、落ち着いていた印象だった。さらに中島と堂安も持ち味を発揮していたし、守備でもよく走っていた。3人とも決定的な仕事をしたし、勝利の立役者と言える。
     
    一般的にはそこまでではなかった3人の知名度は、ウルグアイ戦で一気に高まったことだろう。ロシア・ワールドカップまで「ビッグ3」と呼ばれていた香川、本田、岡崎に代わって、「リトル・ビッグ3」のスタートを感じさせたよ。ワールドカップで活躍した乾もこれから招集され、怪我で今回招集を辞退した小林が復帰したら。攻撃陣の競争はさらの熾烈になりそうだ。
     
    ニュースターの台頭という成果を得た一方で、課題も浮き彫りになったね。ウルグアイ戦は、初めて森保ジャパンの守備力が試された試合でもあった。勝利に浮かれるのも良いけど、3失点したことを忘れてはいけない。ワールドカップでレギュラーだった吉田、長友、酒井が揃っていたけど、あまりにミスが多くて安定感を欠いていたよ。
     
    自陣でパスを奪われて、あわやという場面がいくつもあったし、セットプレーでは完全に後手に回っていた。実際にCKから1失点してしまったし、東口のファインセーブに助けられたゴディンのヘディングにも肝を冷やされた。もしも、相手にスアレスがいたらもっと大量失点して、負けていたかもしれない。

    つづく

    10/17(水) 2:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00048849-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/10/16(火) 23:49:42.43 ID:CAP_USER9.net
    敗れたウルグアイの選手は、韓国に続きアジア勢に連敗したこともあってか、取材エリアでの報道陣の呼びかけに応じることはほとんどなかった。

    多くの選手が声をかけられても、手で制するようにして足早に立ち去った。ロシアW杯で活躍し、この試合でも1得点を挙げたFWエディンソン・カバニ(パリ・サンジェルマン)は「チャオチャオ」と笑顔を振りまいたが、
    試合についてのコメントは残さず。「プリーズ」と呼び止められても、その記者と軽く握手をしただけで、香水のにおいを残して去っていった。

    韓国(1-2)、日本(3-4)と連敗したことにタバレス監督は「日本と韓国の両チームとも良いチーム」と評しつつ、日本については「スピードがあった」、
    韓国については「インテンシティー(プレー密度、一般的には強度の高いプレーを連動して、集中して行うこと)の高さに驚かされた」と語った。

    「負けが続くのは長い南米予選でもあることだが、選手は逆境に立ち向かうことができる。アジアのチームとわれわれのチームの違いは、
    より明確なチームができあがっているかどうか。私たちは結果も求めるが、今後どうするかを考えていくかがより重要になると思っています」と2019年のコパアメリカを見据えていた。

    また、日本のホスピタリティーについても言及し、「私は3度来日して、ウルグアイが4回日本に来ているが、私は1度来られなかった。日本に来ると、毎回素晴らしい対応をしてくれている」と感謝していた。
    2018-10-17_00h36_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000142-dal-socc
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/10/16(火) 22:47:49.63 ID:CAP_USER9.net
    日本がFIFAランキング5位の強豪ウルグアイ相手にゴールラッシュで勝利

    森保一監督率いる日本代表は16日、国際親善試合でFIFAランキング5位のウルグアイ代表と対戦。MF南野拓実(ザルツブルク)、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンゲン)がゴールを奪い、壮絶な打ち合いを制して4-3で勝利した。ウルグアイメディア「El Observador」も「攻撃陣のスピードでアドバンテージを得ている」と速報している。

    12日の国際親善試合パナマ戦(3-0)で勝利した日本に対し、ウルグアイは同日の韓国戦で1-2とまさかの黒星を喫して、この日の対戦を迎えた。日本はFIFAランキング5位の強豪相手にロシア・ワールドカップ(W杯)主力組のDF長友佑都(ガラタサライ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、大迫の5人をピッチに送り出した。

    序盤から攻勢に出た日本は、前半10分にいきなりスコアを動かす。トップ下でスタメン出場の南野が、左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ)から斜めに入ったグラウンダーのパスを受けると、足の間を通すトラップで華麗な反転ターンを披露。そのまま右足を振り抜き、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラの手を弾くようにゴールネットを揺らした。

    前半28分に一度は追いつかれるも、同36分に中島が強烈なミドルを放ったこぼれ球にいち早く反応した大迫が勝ち越し点を奪った。その後、後半12分にFWエディソン・カバーニに同点ゴールを許すも、後半24分に酒井の縦パスに堂安が左足を振り抜いて再び勝ち越し。その7分後には南野がこの日2得点目を挙げ、4-2と突き放すことに成功した。

    日本は1点を返されたものの、チームで守り抜いて4-3で勝利した。記事では、「日本は攻撃陣のスピードでアドバンテージを得ている」と綴り、日本がスピード感溢れるゲームメイクでウルグアイを押し込んだと分析。日本のゴールラッシュに地元メディアも驚きを隠せなかったようだ。
    2018-10-16_23h42_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00141696-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/16(火) 21:39:50.04 ID:CAP_USER9.net
    南野2得点、堂安の代表初ゴール、大迫で4得点!

    10月16日に埼玉スタジアムで行なわれたキリンチャレンジカップの日本代表対ウルグアイ代表。

    エディンソン・カバーニやディエゴ・ゴディンなど“ガチ”な面々を揃えたウルグアイ。大迫勇也や長友佑都、そして中島翔哉や南野拓実、堂安律が加わった新生森保ジャパンがどう立ち向かうのか、その試合内容にも注目が集まった。

    ツイッター上では、試合前から強豪との対戦に、試合前からサポーターの楽しみな声で溢れた。前半、試合開始後は10分の南野の先制点に大いに沸き、大迫の勝ち越して点には歓喜の声があふれた。

    後半早々はウルグアイの本気が垣間見えたプレーに感嘆し、ミスを逃さないカバーニのゴールにため息。しかし直後に堂安のゴールで再度勝ち越すと、日本代表の若き戦力に称賛の声で溢れた。

    試合終了直後の声を、いくつかピックアップして紹介しよう。

    「やっぱウルグアイ、フィジカル強かった」
    「このチーム中島選手が完全にチームを動かしてる。観ていて相当楽しい」
    「失点はウルグアイが、カバーニが本気出すとこうなる」
    「そりゃ簡単には勝たせてくれないよ。日本は隙だらけだもん」
    「南野2ゴールに堂安世界初ゴールに大迫って今日の試合 #ハンパねぇ」
    「ウルグアイを本気にさせたな。良い試合だった」
    「2度追いつかれて3度突き放したのは強いぞジャパン」
    「バカ試合と言うか、凡ミスもあるけど両チームの攻撃陣が上手い」
    「日本の4点目!えぐい。日本の新ストライカー南野誕生だわ」
    「堂安代表初ゴールおめ!身体つっよ。びっくりした」
    「マジで中島がとんでもない。ターン上手すぎて笑う」
    「中島の笑顔マジプライスレス!お疲れ!」
    「得点も失点も我々ガンバ産です。正直スマンかった」
    「ちょっと失点の仕方が気になるなぁ。 ウルグアイ相手とはいえちょっと」
    「5分の「締め方」が良かった。しっかり勝ち切った日本すごい!」

    4-3で勝利した森保ジャパンは、これで親善試合3連勝。アジアカップを見据えたサバイバルは続くが、南米の強豪相手にここまで渡り合えた選手たちに、称賛の声はしばらくやみそうにない。

    10/16(火) 21:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00048815-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む


    2018-10-16_22h14_02
    1:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:30:16.29 ID:8xPhM2Hc0.net
    世界ランク5位相手に4得点勝利
    2:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:30:26.45 ID:RgXjUmffa.net
    ないです
    3:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:30:47.24 ID:8xPhM2Hc0.net
    >>2
    あるぞ
    14:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:31:26.17 ID:RgXjUmffa.net
    >>3
    ありません
    18:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:31:44.12 ID:8xPhM2Hc0.net
    >>14
    ある
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/10/16(火) 21:35:29.99 ID:CAP_USER9
    10月16日、日本対ウルグアイの一戦が行われ4-3で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    新戦力とロシアW杯組の本格的な融合がスタート
    【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】

    東口順昭 5.5 相手の強烈ヘッドに反応し、ピンチを防いだ。ノーチャンスの失点はあったが、止めるべきものも
    長友佑都 5 積極的なオーバーラップから会場を沸かせたが、プレーの精度は決して高くない
    吉田麻也 6 相手の進路を先読みして対応。新主将は冷静なプレーを見せた
    酒井宏樹 6.5 適切なポジショニングが光る。攻守において味方を助け、上質なアシストも
    三浦弦太 5 懸命に戦ったが、カバーニの存在を忘れ、ポジショニングのミスも
    柴崎岳 5 試合勘の不足からか、味方と合わない場面が散見。中盤で相手を潰すこともできず
    遠藤航 6 常に動き続け、判断の良いダイレクトパスでチャンスも演出した
    中島翔哉 7.5 鋭いパスや果敢なシュートで全得点に絡んだ。自身にゴールが生まれていれば申し分なかった
    南野拓実 8 代表戦3試合連続弾を含む2ゴール。強さと巧さで相手を上回った。プレー強度も高い
    堂安律 7.5 開始から動きの質は低くなかった。そして、完璧なタッチで持ち味爆発の1ゴール
    大迫勇也 6.5 なかなかシュートが枠に飛ばなかったが、面目躍如の勝ち越し弾

    青山敏弘 5.5 “クローザー”として勝利に貢献した。彼がピッチにいることでの安心感はある
    原口元気 – 出場時間短く採点不可

    森保一監督 6 親善試合とはいえ、強豪ウルグアイに勝利。セットプレーの弱さは今後の改善点
    20181016_daihyo3_tnk

    10/16(火) 21:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00293336-footballc-socc

    続きを読む

    2018-10-16_21h38_44
    1:豆次郎 ★:2018/10/16(火) 21:30:07.44 ID:CAP_USER9.net
    2018/10/16(火) 19:35
    埼玉スタジアム2002
    国際親善試合

    日本 vs. ウルグアイ

    1-0 南野拓実 (前半10分)
    1-1 ガストン ペレイロ (前半28分)
    2-1 大迫勇也 (前半36分)
    2-2 エディンソン カバーニ (後半12分)
    3-2 堂安律 (後半14分)
    4-2 南野拓実 (後半21分)
    4-3 ホナタン ロドリゲス (後半30分)


    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2018101601
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/16(火) 18:48:21.47 ID:CAP_USER9.net
    パナマ戦から大幅変更
    キリンチャレンジカップ2018・ウルグアイ戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

    森保一監督就任から、コスタリカとパナマを相手に連勝している日本代表。そして森保ジャパンの前に立ちはだかるのはロシア・ワールドカップで8強となった真の強豪ウルグアイだ。格上と言っていい相手で、まさに新生日本代表の真価が問われるところだ。

    今回の代表戦2試合では、ロシア・ワールドカップ組と若手組の融合がテーマとなっており、ウルグアイは現時点でのベストメンバーがぶつけられることに。ゴールマウスを守るのは東口順昭。ディフェンスラインは長友佑都、吉田麻也、三浦弦太、酒井宏樹と、ロシア大会での主力が顔を揃えた。

    中盤では柴崎岳と遠藤航の新たな組み合わせが試される。そしてアタッカー陣は若き3人に。南野拓実、堂安律、中島翔哉と、欧州で活躍する日本自慢のドリブラーが並んだ。

    そして絶対的な1トップにはパナマ戦に続き、大迫勇也が入っている。

    【先発メンバー】

    GK
    1 東口順昭(ガンバ大阪)

    DF
    5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    2 三浦弦太(ガンバ大阪)

    MF
    6 遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)
    10 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    21 堂安律(フローニンゲン/オランダ)
    7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    9 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)

    FW
    15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

    【控えメンバー】

    GK
    12 権田修一(サガン鳥栖)
    23 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

    DF
    20 槙野智章(浦和レッズ)
    4 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
    16 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
    3 室屋成(FC東京)

    MF
    18 三竿健斗(鹿島アントラーズ)
    14 伊東純也(柏レイソル)
    8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
    17 青山敏弘(サンフレッチェ広島)

    FW
    11 川又堅碁/ジュビロ磐田
    13 北川航也(清水エスパルス)
    2018-10-16_19h02_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00010003-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/16(火) 11:57:37.91 ID:CAP_USER9.net
    2018年10月16日 11時30分

    代表生き残りへ、最初の分岐点に

    日本代表は16日、埼玉スタジアムでウルグアイ代表と対戦する。森保一監督体制が発足して以降、FW南野拓実は3試合連続で先発起用される見通しとなっている。これまで長く日本代表に君臨してきた香川真司に代わる存在として台頭してきたが、世界有数の強豪相手のこの一戦は重要な試金石となる。(取材・文:元川悦子)

    ----------

    9月11日のコスタリカ戦、10月12日のパナマ戦で2戦連続3-0と快進撃を続けている森保一監督率いる新生ジャパン。ここまでは順調な滑り出しだが、16日に埼玉スタジアムで対峙するウルグアイはこれまでの相手と格が違う。2018年ロシアワールドカップ8強進出国でFIFAランク5位というのは、日本が屈辱的逆転負けを喫したベルギー同等と考えていい。

    エデン・アザールら華やかな攻撃タレントを揃えたベルギーとは趣が異なるものの、彼らの伝統的堅守と鋭いカウンターには定評がある。しかも今回はロシア大会メンバー16人が来日。ルイス・スアレスは不在だが、エディンソン・カバーニとディエゴ・ゴディンという攻守の要も帯同している。

    彼らを擁して挑んだ12日の韓国戦で1-2の黒星を喫した敗戦を受けて、再び主力を送り出してくると見られる。日本にとっては今の世界における立ち位置を確認できる絶好の機会。ここで仕事ができない選手は競争から振り落とされる可能性も否定できない。

    とりわけ注目されるのが、森保ジャパン発足後、唯一の3試合連続スタメンとなる南野拓実だ。パナマ戦の先発メンバーから大量入れ替えが予想される中、南野は大迫勇也とともに起用される見通しとなっている。指揮官の信頼が大きい証拠と言っていいだろう。

    「ウルグアイは個の力も組織としてもすごく強いチームってのは分かっている。その中で自分が何ができるかを出して、思う存分、プレーできればいい」と10月シリーズから背番号9を背負うアタッカーは目を輝かせた。

    クラブレベルではすでに世界クラスと対戦経験も

    次が国際Aマッチ5試合目となる南野は代表レベルではトップ・オブ・トップの国と対峙するのは初めて。ただ、所属のザルツブルクでは強豪クラブとの対戦経験がある。

    今季ヨーロッパリーグ(EL)ではライプツィヒやセルティックと対戦。10月4日のセルティック戦ではゴールも挙げている。昨季ELでもボルシア・ドルトムントやラツィオ、マルセイユと戦い、ラツィオ戦で得点するなど実績を積み重ねてきた。

    「(ELなどを通して)意識しているのは、つねに動きながらボールを受けること。体が別に大きくないんで、ガッツリ止まった状態で受けるとなると難しい。前回の試合でも少し落ちた位置でプレーすることが多かったんで、ああやってスペースを見つけながらボールを受けることつねに考えてます」といった発言をするのも、世界基準の経験値からだろう。そこは堂安律や中島翔哉にはない部分。

    ウルグアイは4-3-1-2をベースにしているが、屈強で局面に強いゴディンやルーカス・トレイラら中央を守る面々をかく乱するためにも、南野らしい気の利いたポジショニングや豊富な運動量を出していくべき。そこはウルグアイ戦を乗り切るうえでの必須条件になってくる。

    ロシアでトップ下として輝きを放った香川真司もそういうプレーを前面に押し出し、攻めの連動性を加速させた。ボランチ・柴崎岳、原口元気と乾貴士の両サイド、トップの大迫がスムーズに動けていたのは香川の献身的姿勢があったから。屈辱的逆転負けを喫したベルギー戦でも当時の背番号10はチーム最多走行距離を記録し、鬼気迫る走りを披露した。

    南野は「真司君のプレーをそのまま真似するわけではない」とキッパリ言い切ったが、セレッソ大阪の偉大な先輩が残した足跡を分析していないわけがない。

    「香川とは違ったセカンドトップ」として定着するために

    3歳の時に98年フランス大会を見て以来、全てのワールドカップの名選手や名場面を脳裏に刻み付けてきた23歳の若武者にとって、香川はずっと憧れであり、目標であったはず。その存在に手が届きそうなところまで来た今だからこそ、香川がロシアで担った役割を頭に入れつつ、オリジナリティを出していくことが肝要だ。

    それが3試合連続ゴールという結果につながれば、まさに理想的なシナリオ。香川から代表の定位置を奪って「セカンドトップの第一人者」と認められるべく、ウルグアイという大きな関門を突破しなければならない。

    (続く)
    2018-10-16_16h13_35
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15450818/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/16(火) 12:10:42.70 ID:CAP_USER9.net
    16日キリンチャレンジカップ・ウルグアイ戦(埼スタ・午後7時35分キックオフ)を控えている森保ジャパンは15日、公式会見と公式前日練習を行った。

    「日本代表の(現在の)力を測るのに最高の相手です。ポイントは<ボールの奪い合い>。球際の部分は激しくデュエルして欲しい」(森保監督) 相手のウルグアイはFIFA世界ランク5位の強豪(日本は54位)である。森保監督は、現時点でのベストメンバーを先発させるだろう。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

    「サウサンプトンCB吉田、ガラタサライ左SB長友、マルセイユ右SB酒井宏がDFラインを形成。ボランチにはヘタフェMF柴崎を、攻撃的な左サイドにはポルティモネンセMF中島を先発させ、もちろん勝ちにこだわると予想します」

    ■サッカー協会関係者もショック

    初陣コスタリカ戦(9月)、2戦目のパナマ戦(12日)ともに3―0で完勝の森保ジャパン。余勢を駆って3連勝といきたいところだが、ピッチ外では苦戦続きである。

    「コスタリカ戦のテレビ視聴率が12.3%(ビデオリサーチ・関東地区)と低迷。放送業界に『森保監督のA代表初お目見えの試合なのに……』と衝撃が走った。そしてパナマ戦はスタンドに空席が目立った上に12.0%(同)とさらに低調な数字を記録。日本サッカー協会関係者もショックを隠せなかった」(マスコミ関係者)

    ちなみに――。2006年ドイツW杯で采配を振ったジーコ日本の初陣の視聴率は26.7%だった。中田ヒデ、中村俊、小野、稲本とスター選手がいたからだが、それにしても02年日韓W杯のトルシエ日本以降、コスタリカ戦の12.3%が「初陣視聴率ワースト1位」を記録してしまい、2戦目も落ち込んだというのはヤバイのひと言である。

    「ロシアW杯後にメルボルンMF本田が代表引退を表明。ドルトムントMF香川、レスターFW岡崎はパフォーマンスが上向かず、実質的に代表引退扱いとなっている。このBIG3がいなくなったことで日本代表への関心が冷え切り、それが視聴率にダイレクトにはね返った」(前出の関係者) 取材現場では「BIG3ロスかなぁ~。勤労意欲が湧かないねぇ~」がマスコミ関係者の合言葉になっている。何とも地味で話題性に欠ける森保ジャパン、ピンチである。
    2018-10-16_14h12_07
    10/16(火) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000022-nkgendai-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ