海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 日本代表

    1:Egg ★:2018/01/13(土) 07:10:43.40 ID:CAP_USER9.net
    平昌五輪と並ぶスポーツ界のビッグイベントといえば、ロシアで開催されるサッカーワールドカップ(以下W杯)。6大会連続6度目のW杯出場となる日本代表はポーランド、セネガル、コロンビアと同組となった。

    強豪ひしめくグループに、専門家からは「全敗濃厚」「よくて1分2敗」の声が多く、残念ながら、ハリルホジッチ監督率いる日本代表は予選敗退が濃厚と見られている。サッカージャーナリストの大住良之氏が語る。

    「現実的に考えれば、私も1分2敗で予選敗退の可能性が高いと思います。でも、W杯までに監督が変われば、話は変わってきます」昨年12月の東アジアE-1選手権で、ライバル・韓国に1対4で惨敗。結果も残せず、選手からの求心力も失った今、すでにハリル更迭論が巻き起こっているが、3月の欧州遠征の結果次第では、W杯前にハリル監督の解任が現実味を帯びている。

    「W杯本番まで3か月を切っての監督交代ですから、日本人をよく知る監督がベターでしょう。そうなると、“ピンチヒッター”が得意な、“岡ちゃん”こと元日本代表監督の岡田武史さんの名前が真っ先に挙がると思います」(大住氏)岡田氏は過去に2度のW杯で指揮を執っているが、2回とも“代打”での代表監督就任だった。しかも2010年の南アフリカ大会ではベスト16に導いている。

    「当時の日本代表はW杯直前の強化試合で4連敗という最悪なチーム状況でした。今回同様、日本中が期待薄という雰囲気の中、岡田監督はチームのエースをけがで調子が上がらなかった中村俊輔選手から成長著しい本田圭佑選手へ入れ替え、さらに守備を重視したなりふり構わない戦術に切り替えて、見事予選突破を果たしました。岡田監督なら短期間でもチームを立て直してくれるはず」(大住氏)

    大会での命運を分けるのは初戦だと大住氏は言う。「対戦相手のコロンビアは強豪で、前回大会でも日本は1対4と大敗しています。向こうからすれば日本は格下で、勝って当たり前。W杯の初戦は番狂わせが起こりやすく、コロンビアが油断していれば、日本にもチャンスはあります」

    1勝1敗1分になると、決勝トーナメント進出の可能性が俄然出てくるだけに、初戦の対コロンビアはなんとしても勝ちたいところ。「初戦を勝利したチームは勢いが違います。決勝トーナメントで1つでも勝てばベスト8。その可能性は充分あると思います」(大住氏)

    ※女性セブン2018年1月18・25日号
    2018-01-13_08h36_19
    1/13(土) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180113-00000005-pseven-spo
    続きを読む

    img_20101115_01

    1:名無し募集中。。。:2018/01/12(金) 20:41:44.06 ID:0.net
    日本人監督じゃだめなのか
    3:名無し募集中。。。:2018/01/12(金) 20:45:06.43 ID:0.net
    Jリーグ開幕以後

    オフト
    ファルカン
    加茂
    岡田
    トルシエ
    ジーコ
    オシム
    岡田
    ザッケローニ
    アギーレ
    ハリルホジッチ


    日本人は加茂と岡田だけか
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/01/11(木) 19:51:37.32 ID:CAP_USER9.net
    1/11(木) 19:35配信 SOCCER DIGEST Web
    過去の対戦成績は、日本の1戦1勝。

    日本サッカー協会は1月11日、ロシア・ワールドカップの本番直前となる6月8日に日本代表がスイス・ルガーノのスタディオ・コルナレドでスイス代表と国際親善試合を行なうと発表した。

    スイスは12月21日発表のFIFAランキングで8位の強豪国。中盤にはジェルダン・シャキリ(ストーク)、グラニト・ジャカ(アーセナル)、最終ラインにはシュテファン・リヒトシュタイナー(ユベントス)やリカルド・ロドリゲス(ミラン)といった欧州主要リーグで活躍するタレントを豊富に抱える。

    過去には一度、2007年9月11日にオーストリアで対戦しており、この時は中村俊輔の2ゴールや矢野貴章の後半アディショナルタイムのゴールなどで、4-3と勝利を収めている。

    ロシア・ワールドカップで日本は、6月19日にコロンビア、同24日にセネガル、同28日にポーランドと対戦する。

    【画像】スイス代表 基本フォーメーション、メンバー



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00034678-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/10(水) 12:41:55.60 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は今年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第2戦でセネガルと対戦する。日本を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督はセネガルメディア「XALIMA」のインタビューで、海外組の現状について「尊敬されるクラブのスター選手がいない」と胸中を吐露した。

    初戦のコロンビア戦に続き、6月24日にはアフリカの難敵セネガルを迎え撃つ。ハリルホジッチ監督は早くも闘志をたぎらせているようだ。

    「ワールドカップは私の大きなゴールの一つだ。3回の挑戦で本大会に出場するのはこれが3チーム目になる。これは大きな成功だ。アルジェリア代表とともにブラジルでのワールドカップでは素晴らしい思い出がある。本大会に出場したからには、日本でも同じような成功を収めたい」

    記事によれば、指揮官はこのように意気込んだという。前回のブラジル大会ではアルジェリア代表を同国史上初の16強進出に導き、決勝トーナメント初戦では優勝したドイツ相手に延長戦に持ち込む好勝負(1-2)を繰り広げた。ロシアの地で当時の再現を目指すが、FIFAランク57位の日本に対し、コロンビア(13位)、セネガル(23位)、ポーランド(7位)はいずれも“格上”とあって、一切の油断は感じられない。

    「ホンダ、カガワを除けば…」

    「我々にとって良いドローとは呼べない。どのグループも困難だ。我々は本命ではないが、ワールドカップでは全てがオープンだ。イタリア、スペイン、イングランドという偉大な国ですら脱落する。それは『不可能はない』ということを意味する。ただ楽観的であればいいんだ」

    下克上に意欲を燃やす一方で、日本代表の現状は完成から程遠いという感覚がハリルホジッチ監督にはあるようだ。

    「個人的な部分、そして、チームとしても成長の必要がある。近年不運なことに、彼ら(日本には)偉大なタレントが存在しない。ケイスケ・ホンダ、シンジ・カガワを除けば、話題になる多くの事象は存在しない。フランスではヒロキ・サカイ、エイジ・カワシマについて我々は知っている。彼らはリーグ・アンでプレーしているからだ。ドイツとイタリアにもいくつかの要素は点在しているが、彼らはスターではない。尊敬されるクラブで重要な役割を果たしているスターではないんだ」

    「厳格さ」と「規律正しさ」がベースの武器

    MF香川真司はドルトムントで復調の兆しを見せ、FW岡崎慎司もレスターで活躍しているが、指揮官にとっては世界的なスター不在が悩みの様子。名門ACミランで3年半の間、ナンバー10を背負った本田も昨夏にメキシコリーグのパチューカに新天地を求めており、ビッグクラブでプレーする選手がいないのが現状だ。

    「組織という部分では厳格さ、規律正しさという武器を手にした。これをベースに私はワールドカップに臨むことになる」

    昨年12月のE-1選手権では国内組で臨み、韓国相手に1-4と大敗を喫するなど矢面に立ったハリルジャパン。勇敢な戦いを見せ、本大会で結果を手にすることはできるだろうか。
    2018-01-10_13h09_00
    1/10(水) 12:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010008-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/08(月) 17:52:41.88 ID:CAP_USER9.net
    俗に日本代表の“ビッグ3”とも呼ばれる本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の3人が昨年11月の欧州遠征メンバーから外れ、大きな話題になった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は全体のバランスを考えながら、コンディションさえ良ければ代表に戻すことを示唆するが、本大会まで残り半年。

    メンバー発表までには再び欧州遠征が予定される3月の一度しか招集の機会がない状況で、彼らは復帰を果たせるだろうか。昨夏からの所属クラブでのパフォーマンスから考察していきたい。

    ■本田圭佑 メキシコで本来の姿を取り戻す。右サイド定着が代表に影響も

    メキシコのパチューカに渡った当初は右ふくらはぎに違和感を抱え、前期リーグの開幕5試合を欠場。これがA代表での出場機会やその後の選考にも大きく響いた。しかし、デビュー戦となった第6節のベラクルス戦で途中出場ながらいきなり“ゴラッソ”を決めると、複数のポジションで起用されて徐々に出場機会を増やし、セットプレーのキッカーもほぼ固定的に任されるようになった。

    チームのチャンスメーカーとして振る舞うだけでなく、リーグ戦で3得点、カップ戦でも3得点という結果を残していることも大きい。メキシコのファンは目が肥えているが、何より結果を重視することで知られる。その意味でも最初にインパクトを残せたことが成功への足がかりになったことは確かだ。

    メキシコリーグは日本のサッカーファンにあまり馴染みがないため、レベルに対する疑問の声も少なくない。ただ、本田のプレーを見ていても、1対1の厳しさ、少しでも遅れを取ればすぐディフェンスに対応されてしまうことを見ても、レベルは低くない。昨シーズンまでパチューカに所属していたイルビング・ロサノがいきなりオランダの名門PSVアイントホーフェンで得点王争いトップの11得点を挙げていることからもイメージしやすいだろう。

    そのメキシコリーグで本田が活躍できているのは、組織にフィットできている部分が大きいと見ている。ただし、欧州のトップリーグに比べて攻守の切り替え時に中盤のスペース、特にボランチとセンターバックの間が少し空きやすい傾向があり、本田の突きどころになっている部分もある。

    11月の欧州遠征に招集されなかったことはクラブのキャンプへの参加につながり、その期間にあったメキシコ杯準々決勝にも出場するなど、パチューカでの地位を確立する意味ではメリットが大きかった。そこは代表スタッフも折り込んでいたかもしれない。今冬のパチューカ残留を明言した本田。このまま主力として出場を続ければ、ケガがない限り当然コンディションは上がっていくはずだ。

    現在は代表と同じ右ウィングが主戦場になっているが、代表で求められるテンポはポゼッションを主体としたパチューカと違うため、そこをハリルホジッチ監督がどう判断して、浅野拓磨や久保裕也、E-1選手権(旧東アジア選手権)で台頭した伊東純也などとの“取捨”をしていくかが注目になる。
    場合によってはインサイドハーフでの選出もあるかもしれない。

    つづく

    1/7(日) 16:00配信 AERA dot
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180107-00000003-sasahi-socc

    写真
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/01/07(日) 15:03:15.24 ID:CAP_USER9.net
    2018-01-07_16h49_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180107-00010001-soccermzw-socc

    外国籍で5番目に多い9人がブンデスでプレー「日本人は異国的な存在ではなくなった」
     
    今年6月に開催されるロシア・ワールドカップ(W杯)で、日本代表はポーランド、セネガル、コロンビアとグループリーグで対戦する。「ブンデスリーガOnet」ポーランド版は、ドルトムントのMF香川真司ら多くの日本人がブンデスリーガでプレーしていることから、「ドイツでプレーするプレーヤーの多い日本はW杯でポーランドのライバルとなる」と報じた。

    「1977年にヤスヒコ・オクデラがケルンに加わってから40年が経ち、日本人はブンデスリーガの中で異国的な存在ではなくなった」

    記事ではこのように書き始められ、“パイオニア”である奥寺康彦氏の時代から月日が流れ、ブンデスリーガで日本人選手が徐々に存在感を高めていることに触れている。

    そして、「組み合わせ抽選会が終わった時にセネガルやコロンビアとの戦いを多くの識者たちが協議していたが、それ以上に定期的にブンデスリーガを見ている人たちからすれば、堅実さが印象的な第4ポッドに入っていた日本が怖い存在になることを知っているはずだ」と言及。ブンデスリーガで多くの選手がプレーしている日本が、ロシアW杯でポーランドにとって厄介な存在になるだろうと予測している。

    2003年の高原直泰(ハンブルガーSV)を筆頭に、小野伸二(ボーフム)や長谷部誠(フランクフルト)の名前を取り上げ、日本人選手のドイツ挑戦の歴史について紹介。記事によれば、現在ブンデスリーガでプレーしている日本人選手9人という数字は、外国籍の中でフランス人、オーストリア人、スイス人、ブラジル人に次ぐ5番目の多さだという。

    香川は“誰よりも危険な存在”として登場
    誰よりも危険な存在として取り上げているのが、ドルトムントの香川だ。「堅実で、精巧で、有能な技術を要する」と評価され、ボールを持ちながらゲームを作れる攻撃センスと走り回りながら多くの仕事をこなすことができる献身性は危険だと分析している。

    さらに、FW浅野拓磨(シュツットガルト)やFW伊藤達哉(ハンブルガー)ら日本の若い才能が芽を出し始めている現状に触れ、ブンデスリーガで活躍しているポーランドの選手は日本が厄介な存在になることを誰よりも知っているだろうと伝えた。

    ブンデスリーガで活躍する選手たちが、W杯本大会でポーランド相手にどんなパフォーマンスを見せるのか。今から楽しみにしたいところだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/07(日) 05:46:54.92 ID:CAP_USER9.net
    1/7(日) 5:04配信
    3月のサッカー国際マッチウィーク(17~29日)で、FIFAランク57位の日本代表の対戦相手に同41位ルーマニア、同58位アルジェリア代表が浮上していることが6日、分かった。同期間に行われる2試合はロシアW杯メンバー発表前、最後の強化試合で、日本サッカー協会は欧州での開催を目指している。アルジェリアはW杯1次リーグで同組のセネガル、ルーマニアは同組のポーランドを想定。ブラジルW杯でバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が率い、16強に進出した“古巣”アルジェリアを相手に、メンバー選考を進める。

    ロシアW杯メンバー入りへ向けた「最終試験」の相手としてルーマニア、アルジェリア代表が浮上した。日本サッカー協会はこれまでアルゼンチンなど強国とのマッチメイクを目指してきたが、実現に至らず。協会関係者によると、2か国との対戦実現を目指しているが、W杯1次リーグを勝ち抜く人材を見つけ、選手選考を進める相手としては格好だ。

    アルジェリアはハリル監督がブラジルW杯で率い、16強に進出した国。当時から多少選手は入れ替わったが、英プレミアのレスターで活躍するFWスリマニ、マレズらは健在。ロシアW杯1次リーグで同組に入ったセネガルの仮想敵国としては十分な相手だ。ハリル監督にとっては、アルジェリア、日本両国の特徴を把握した上で、アフリカ勢に通用する、しない選手の見極めを行えるというメリットもある。

    一方のルーマニアは、W杯同組のポーランドと似た特徴を持つ。スペイン1部デポルティボに所属するGKパンティリモン、イタリア1部首位のナポリに所属するDFキリケシュら、守備陣に実力者がそろう。ただ、W杯欧州予選E組でポーランドに2連敗。仮想敵国としては地力が落ちるだけにしっかり勝ちきった上で、ポーランド戦に向けた戦い方のヒントをいかに得るかが鍵になる。

    タイトルを逃した東アジアE―1選手権(昨年12月)では、有効策を出せず韓国に歴史的大敗(1●4)を喫したハリル監督が仮想敵国を相手にどんな戦い方、対策を打つか。指揮官の手腕も問われる試合になる。また、当落線上にいるFW本田圭佑(31)=パチューカ=、MF香川真司(28)=ドルトムント=らが招集され、存在感を発揮し、W杯切符をつかめるかも注目だ。

    2試合とも欧州で開催する方向で調整され、日付は未定ながら順調に交渉が進めばルーマニア、アルジェリアの順番で対戦することになりそうだ。

    ◆ハリルホジッチ監督とアルジェリア 2011年5月にDザグレブ(クロアチア)を契約の問題で退団し、同年6月にアルジェリア代表監督に就任。ブラジルW杯アフリカ最終予選ブルキナファソ戦では第1戦の敵地で2―3と敗れるも、ホームの第2戦で1―0で勝ち、2戦合計3―3、アウェーゴールの差で本大会出場を決めた。本大会では1次リーグH組で1勝1分け1敗の勝ち点4で、ベルギーに次ぎ2位で決勝トーナメント(T)に進出。1回戦では優勝したドイツと延長戦にもつれ込む死闘を演じ、1―2で敗れた。決勝Tで90分でドイツと引き分けだったのはアルゼンチンと2か国だった。
    2018-01-07_08h23_10

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000422-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/06(土) 06:19:34.01 ID:CAP_USER9.net
    W杯の開幕まで半年。サッカー日本代表は、大きな“決断”を迫られることになりそうだ。

    「サッカー協会内部にはハリルホジッチ監督(65)のやり方に疑問を抱く幹部が少なくない。昨年9月に本大会出場を決めた時でさえ、協会内には“内容が悪い”と監督交代の声が上がった。大会目前に“ハリル降ろし”が始まっても不思議ではない」(サッカー記者)

    12月16日に東アジアE-1選手権で韓国に1対4で惨敗し、反発は強まった。

    「試合後にハリル監督は“韓国のほうが格上だ”とコメントした。W杯一次リーグの相手は韓国より強敵。これでは“予選敗退します”と宣言したようなものです」(協会関係者)

    元サッカー協会副会長の釜本邦茂氏も、「ハリルジャパンを見ていると、どんなサッカーをしたいのかが見えてこない。ハリル監督の更迭? “一次リーグの突破も難しい”といっただけで国賊扱いなのに、私の口からは……」と口を濁した。

    鍵となるのは、1月27日の次期会長選挙だという。

    「現段階で立候補を表明しているのは、田嶋幸三会長(60)だけですが、“反ハリル勢力”が候補を立てれば状況は変わってくる。岡田武史元代表監督(61、現協会副会長)の立候補が取り沙汰されており、それが田嶋会長の最も恐れるシナリオだ」(前出・協会関係者)

    岡田氏は昨年9月にスポーツ紙のインタビューで「本田圭佑(31)、長谷部誠(33)、香川真司(28)、長友佑都(31)のように経験豊富な選手と若手をどう融合させていくかが重要になる」と語っていたが、ハリル監督は同11月の欧州遠征で本田、香川、岡崎慎司(31)を外し、2連敗した。

    岡田氏が、“会長”となれば、監督更迭、本田や香川の復帰というシナリオも現実味を帯びてくる。トップ人事次第でロシア大会に臨む日本代表の姿は大きく変わる。

    ※週刊ポスト2018年1月12・19日号

    2018年1月5日 16時0分 NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14118965/

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/05(金) 19:17:52.12 ID:CAP_USER9.net
    語られたワールドカップへの強い思い



    日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が『Goal』フランス語版で独占インタビューに応じた。ついにあと半年にまで迫ったロシア・ワールドカップ、そしてその後の去就について口を開いている。


    日本代表はロシア・ワールドカップアジア最終予選で苦戦しながらも、6大会連続6度目の本大会出場を決めた。初戦を落としながら、突破したのはアジアの中では日本が初めてとなる。これまで同様、平坦な道のりではなかったことは、皆が知るとおりだ。

    無論言うまでもなく、異国からやってきたアジア最終予選初挑戦のハリルホジッチにとっても楽な戦いではなかった。「縦に速いサッカー」をスタイルに掲げたことで、メディアからは「守備的すぎる」と批判を受けた。加えて最終予選の初戦にホームでUAEに敗れたことや勝ちきれなかったことから解任論も噴出した。それでも大一番となった8月31日のオーストラリア戦で勝利し、ワールドカップ出場を決めるとともに自らの手腕を証明してみせた。ロシア大会は指揮官にとっても2度目の本大会となるが、その思いは強い。

    「ワールドカップは私の目標のひとつだ。今回、私自身監督として3度目の挑戦で3度予選を通過したことになる。大きな成功と言えるだろう。アルジェリア代表とともに戦ったブラジルでのワールドカップはとても良い思い出だ。そして今、私の心の中にあるのは、日本代表とともにアルジェリアのような成功を収めたいということだ」

    W杯で勝ち抜くために…



    本大会ではポーランド、コロンビア、セネガルと同組となった日本。簡単なグループではないことを認めながら、前回大会アルジェリアで躍進したハリルホジッチは、準備次第でどんなことも起こりうると主張する。

    「FIFAランキングにおいて、ポーランドは7位、コロンビアは13位、そしてセネガルは23位だが、我々ははるかに彼らより劣っている(日本は57位)。我々にとってはあまり良い組み合わせとは言えない。ただ、どのグループも難しいのは確かだ。我々がグループ勝ち抜けの有力候補ではないだろうが、ワールドカップでは何が起こるかわからない」

    「グループステージでは、ときにイタリアやスペイン、イングランドのような強豪国でさえ敗退することがあるということも分かっている。あらゆることが起こりうるのがワールドカップだ。重要なことはしっかりと準備をすること。良い準備をして、どんな細かなディテールもしっかりと整理する。そうすれば、勇敢に野心を持って大会に臨むことができる。またグループステージの3試合で良い結果を生み出すことができるだろう」

    つづく

    1/5(金) 17:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00010000-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ