海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:セリエA > インテル

    1: 久太郎 ★ 2020/09/22(火) 18:38:41.31 _USER9
    バルセロナに所属していたチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、イタリアのインテルへ完全移籍することが合意に達した。22日に両クラブから発表が行われている。

    インテルは20日夜にビダルがミラノに到着したことを公式SNSで報告。ビダル自身も21日に「素晴らしい2年間を過ごしたバルセロナに今日別れを告げる」とメッセージを投稿するなど移籍は決定的な状況だったが、正式にサインが交わされ発表が行われることになった。

    バルサ側の発表によれば、インテルからは条件により変動する移籍金として最大100万ユーロ(約1億2300万円)が支払われるとのこと。インテルは契約の詳細を明らかにしていないが、イタリアメディアの事前報道では年俸600万ユーロ(約7億3000万円)で2年+オプション1年間の契約が交わされると見込まれていた。

    2011年から2015年までユベントスでプレーしたビダルは5年ぶりのセリエA復帰。当時のユベントスを率いていたアントニオ・コンテ監督と再会するとともに、チリ代表のチームメートでもあるFWアレクシス・サンチェスとも欧州では初めて同じクラブでプレーすることになる。

    ビダルはユベントスからバイエルン・ミュンヘンへ移籍したあと、2018年にバルセロナに加入。2年間の在籍で公式戦96試合に出場し、11得点10アシストを記録していた。
    2020-09-22_21h17_51
    https://news.yahoo.co.jp/articles/80204f495b52369097fd137d59a9309d5178185d

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/22(土) 12:46:19.87 _USER9
    [8.21 EL決勝 セビージャ3-2インテル]

    セビージャのMFエベル・バネガがインテルのアントニオ・コンテ監督に向けて行ったジェスチャーが物議を醸している。スペイン『マルカ』がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト 』の報道を基に「バネガとコンテのケンカ」と題して伝えた。

    発端となったのは、1-1で迎えた前半16分のシーンだ。インテルMFニコロ・バレッラがPA内で浮き球のパスを出すと、セビージャDFディエゴ・カルロスの左手を直撃。インテル陣営は一様に、先制点に続く2度目のPKをアピールしたが、主審は意に介さず。すると、テクニカルエリアで執拗に抗議していたコンテ監督に対し、バネガが髪に手を当ててからかうようなジェスチャーを見せた。

    同紙によると、バネガは「カツラかどうかを確認したかった」と話したという。さらに激昂するインテル指揮官に対し、「後で、外で待っているから」と言い放ったとも伝えられている。

    最終的にインテルのPKは認められず、コンテ監督にはイエローカード。試合はセビージャが3-2で競り勝ち、史上最多6度目の優勝を果たしている。
    2020-08-22_18h03_10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6116480db970040b7e9a60a2d4f9563812803c02

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/22(土) 11:19:27.82 _USER9
    「インテルのトレーニングはとても良かった」「何事にも限界がある」「もう戻らない」これらは、セビージャとのヨーロッパリーグ決勝で敗れた後にインテル・ミラノのアントニオ・コンテ監督が発した言葉である。

    敗れはしたもののインテルのEL準優勝とセリエA2位に導いたイタリア人指揮官はしている。リーグ最終戦後に「クラブからサポートがなかった」などと不満をぶちまけていたコンテは「2、3日のうちに最終的な決定が決まるだろう」と辞任をほのめかした。

    「2~3日の休暇の後にミーティングをしてシーズンの打ち合わせをする。穏やかな方法で我々はインテルの将来を計画したい」と『スカイスポーツ』で話し始めたコンテは、「努力した、厳しいシーズンだった。休んでから状況を分析し、インテルのために最善の正しい決断をしたい。恨みはないが、違ったもの、異なる視点がある。私にとってインテルのコーチになることは非常に良いことだった、私は財産に感謝している。それだけの価値があった。クラブには常に感謝している」と語る。

    「何よりも、それは私にとって信じられない経験だった。何も意味を持たないが、すべてに感謝しているということ。たくさんのものを与えてきたと思うし、たくさんのものをもらってきたとも思う。とても嬉しい。辛い思いをすることはない。自分が生き抜いてきて嫌だったポイントやシチュエーションの問題だ」と続けた。

    退任発表とも取れる発言にコンテは「非常に厳しい」シーズンを過ごし、それが家族にも影響を与える大きな傷を負っていた。「サッカーと家族のどちらが優先されるのかを理解しなければならない。状況によっては家族の条件が変わることもあるので、これはもはや正しいことではない。何事にも限界があり、この限界がどこまで続くのかを理解しなければならない」

    「何かが起きたのだから、否定しても無駄だ。もう一年、こんな風に過ごしたくないという意思があることを理解してほしい。勉強する場面はたくさんあるし、会長が自分のクラブを勉強するのは正しいことだ。私はもう戻らない」とコンテは語った。

    8/22(土) 8:18配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8134b88a7a92cd896d6b62d352477e0982c602b
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/06/22(月) 14:21:46.85
    セリエAは21日に第25節が行われ、インテルとサンプドリアが対戦した。

    激しい優勝争いを展開するインテルと、こちらも激しい残留争いを繰り広げるサンプドリアによる一戦。どちらも勝ち点を落とせないセリエA再開初戦で、サンプドリアDF吉田麻也は先発出場を果たした。

    試合は戦前の予想通りインテルのペースで進み、開始2分にはエリクセンがネットを揺らす。これはオフサイドの判定でノーゴールとなったが、10分には先制点が生まれる。自陣からのロングパスにL・マルティネスが反応し、吉田をブロックしながらルカクへパス。受けたベルギー代表FWは、ボックス内でエリクセンとのワンツーでフリーとなり、冷静にゴールを奪った。エースの今季18ゴール目で、インテルがリードを手にする。

    勢いの乗るインテルはその後も攻め続けると、33分に追加点。右サイドでルカクがDF2人の間を通すパスを通し、ボックス内でカンドレーヴァがラストパスを送ると、L・マルティネスがネットを揺らした。

    完全に主導権を握られ苦しい時間が続いたサンプドリアだが、52分に1点を返すことに成功。CKから、最後はこぼれ球をトルスビーが押し込んだ。

    しかし、その後もインテルのペースが続く。エリクセンのチャンスメイクからルカクが決定機を迎えたが、シュートミスで枠へ飛ばず。スコアはこのまま動かず、2-1でインテルが制した。

    この結果、インテルは26試合を終えて勝ち点57に。首位ユヴェントスとは6ポイント差に詰め寄り、優勝争いに踏みとどまった。一方敗れたサンプドリアは、同26から伸ばせず。降格圏の18位レッチェとは1ポイント差のままとなっている。

    ■試合結果
    インテル 2-1 サンプドリア

    ■得点者
    インテル:ルカク(10分)、L・マルティネス(33分)
    サンプドリア:トルスビー(52分)
    2020-06-22_17h34_36
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a2e174c68ae5d0fdea0d6d7330bd2794311bb5a8

    続きを読む

    2020-05-01_14h29_28

    1: 風吹けば名無し 2020/05/01(金) 11:22:05.47
    エルナネス

    2: 風吹けば名無し 2020/05/01(金) 11:22:24.18
    インテル長友

    4: 風吹けば名無し 2020/05/01(金) 11:22:47.05
    >>2
    そういえばどころじゃなくない?

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/04/23(木) 08:51:20.17
    インテルに所属する26歳のベルギー代表FWロメル・ルカクが「25人中23人が体調を崩していた」と発言したことに関して、混乱を招く事態となったためクラブに謝罪したようだ。22日に英メディア『BBC』が報じている。

    ナポリ所属のドリース・メルテンスの妻でありベルギーのTV司会者でもあるカトリン・カークホフス氏とインスタグラムライブで対談したルカク。12月の短いオフから戻ってきたあと、インテル内で「25人中23人が体調を崩していた」と明かし、「みんな咳をしていて熱があった。僕もウォーミングアップをしていてすごく体が熱かった」と発言。「当時コロナウイルスの検査はしなかったので(感染していたかどうか)確かなことは分からない」と述べたため、衝撃的な発言として各メディアが取り上げる事態となった。

    ただ、ルカクの発言には整合性などに疑わしい部分があり、伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が指摘していた。英メディア『BBC』によると、混乱を招いたことについてルカクがインテルに謝罪したという。

    4/23(木) 8:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00371641-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: アレ浦和 ★ 2020/04/22(水) 07:26:52.85
    ルカクが新証言、1月にインテル内で新型コロナが蔓延していた可能性

    インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが新型コロナウイルス(COVID-19)に関する新証言をした。自身のインスタグラムで語っている。

    ルカクは「12月末に1週間の休暇があったが、明けて1月にトレーニングに戻った際に25人のチームメートの内、23人は病気にかかっていたと思う。冗談じゃないよ。実際、1月26日のカリアリ戦ではシュクリニアルが息苦しさを訴えて17分で交代することになった。その頃は誰もが咳込み、熱も出していた。自分もウォーミングアップ中、熱っぽさを感じていた。自分は数年、熱を出したことがなかったのにも関わらずだ」とコメント。

    イタリアではCOVID-19の検査が行われ始めたのが2月21日で、インテルの選手たちは検査を受けていない。今後、トレーニングに戻る際にCOVID-19の抗体検査を受けることで、既に感染していたかがわかるものと思われる。

    [2020年4月22日(水)1:00]
    超ワールドサッカー
    pcimage
    https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=373584&page=0

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/12(木) 12:37:44.18
    インテルが、全てのサッカー活動を一時中止することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

    今回の措置が決定した背景には、ユベントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニが新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応が出たことがある。

    インテルは、8日にセリエA第26節延期分でユベントスと対戦。ルガーニは試合に出場していないものの、ベンチ入りしていた。

    感染者であるルガーニと接触した者を含めて、隔離の手続きが必要となり、インテルはこれお受けてトレーニングを含めたサッカー活動を中断することを発表した。

    「ダニエレ・ルガーニがCOVID-19のテストを行ったというユベントスの発表に続き、インテルは追って通知があるまで、全ての競技活動の中断を発表します」

    「現在、クラブは全ての必要な手続きを行うための措置を講じています」

    ユベントスはルガー二について、現在は無症状であるもののCOVID-19の検査で陽性反応があったと声明を発表していた。

    インテルは12日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのヘタフェ戦を控えていたが、スペインからイタリアへの渡航が禁止されているため、試合は延期となっていた。
    2020-03-12_15h37_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00371582-usoccer-socc

    続きを読む

    internazionale-embrem-01

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/29(土) 21:29:05.763
    よくわからない

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/29(土) 21:30:16.297
    降格したことがない

    3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/29(土) 21:30:47.472
    >>2
    これ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/10(月) 19:14:29.45
    インテルに所属するベルギー代表ロメル・ルカク選手が、インテルで快挙を達成した。8日付で、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

    ルカクはわずか29試合で20得点を奪い、インテル史上最速で20得点を獲得した選手となった。

    同紙は、「どの選手よりもネラズリの色を着るのに適している」と評している。

    以下は、インテルの20得点達成試合数ランキングとなる。

    1:ロメル・ルカク 29試合
    2:ロナウド、ルベン・ソサ 31試合
    3:エルナン・クレスポ 36試合
    4:アドリアーノ、ディエゴ・ミリート、ロドリゴ・パラシオ 37試合

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-01032629-soccerk-socc
    2/10(月) 18:16配信

    no title

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
    得点ランキング

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ