海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > トッティ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/29(月) 12:22:11.09 ID:CAP_USER9.net
    ローマのFWフランチェスコ・トッティは、クラブでのラストゲームに出場した後、感動的なスピーチでその心境を語っている。

    28日にスタディオ・オリンピコで行われたセリエA最終節ジェノア戦では、終了間際にディエゴ・ペロッティがゴールを決め、ローマが3-2で勝利を収めた。これでローマはリーグ戦2位を確保し、来シーズンのチャンピオンズリーグにストレートインできる権利を獲得した。54分から途中出場したローマのバンディエラ、トッティは土壇場での勝利に貢献し、ラストゲームに花を添えている。

    試合後、スタディオ・オリンピコでスピーチを行ったローマの10番は「キャリアはおとぎ話のようだと考えている。そしてこれは最も辛い場面、エンディングだ」とラストゲームを終えた心境を語り、以下のように続けている。

    「このユニフォームを脱ぐ時が来た。もしかしたらまだ辞めないと言うかもしれないが、たぶんそれはないだろう。今は何も語れないかもしれないが、これは思った以上に簡単ではなかった。今はとても怖い気分だ。ペナルティーキックを蹴る前の恐怖とは違う。全く先の見えない穴に飛び込むような気分だ。だから今はみんなの支えを必要としている。みんなの愛情があれば、ページをめくって、新しい冒険に飛び込むことができるはずだ」

    「この28年間を短く語ろうと思ってもできることではない。何年もかけてこの脚で自分自身の存在意義を証明してきた。少年時代、何が一番お気に入りのおもちゃだったかわかるかい? もちろんフットボールだ。それは今も変わらない」

    「2001年6月17日から時が経つのが速かったように感じる。あの時は主審が試合終了のホイッスルを鳴らすのを待ちきれなかった。そのことを思い出すだけで、今でも鳥肌が立ってしまう。今、時間が僕の肩を叩き、“成長する時が来た。明日になれば君は大人だ。その服と靴を脱いで、今日からスタートを切ろう。君はもう大人だ。もう芝生の上でも、太陽の光も、相手からゴールを奪う喜びも感じられない。お祝いの時だ”と言っている」

    「ここ数か月、なんでこの物語から目を覚まされなければならないのかと自問してきた。まるで良い夢を見ながら寝ている子供のようだった。そして母が学校に行くように起こしに来た。僕は夢を見ていたい、もう一度夢を見ようと思っていても、できない。これはもう夢ではなく、現実だ。そして僕はもう二度と戻ることはない...」
    2017-05-29_14h41_22
    GOAL 5/29(月) 8:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000000-goal-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 21:58:59.78 ID:CAP_USER9
    ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが25日、今シーズン限りで同クラブを退団することを自身のSNSで発表した。

    「2017年5月28日 日曜日、ローマ対ジェノア、僕がローマのユニフォームを着る最後の日だ」「このカラーが僕にとって今までどれだけ重要であり、今後もどれだけ重要であるかを簡単には言い表せない」

    「僕のフットボールへの愛は決して色あせない。それは愛情であり、僕の情熱だ。情熱を燃やすことを止める想像が全くできない。とても難しいことだ」

    「月曜日からまた前を向いて歩み出す準備ができている。新しい挑戦への準備ができているんだ」

    現在40歳のトッティは、28日に行われるセリエA最終節のジェノア戦がローマでのラストマッチとなることを発表。しかし、去就については明言を避けている。

    今月3日にはローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏が就任会見で、同選手について「今シーズンが選手としてラストイヤーで、その後は幹部入りことで合意している」と語っていた。

    1989年にローマの下部組織に加入したトッティは、1993年に16歳の若さでトップチームデビュー。
    これまで“バンディエラ”(クラブの旗頭)としてチームをけん引してきた。

    今シーズンはここまで公式戦27試合に出場し、3ゴールを記録している。

    SOCCER KING 5/25(木) 21:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00592538-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/11(土) 14:47:41.25 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタ氏が、40歳を迎えてもなお現役でプレーを続けるローマのFWフランチェスコ・トッティについて、「羨ましい」とイタリアメディア『スカイ』のインタビューで明かしている。

    ネスタは既に現役を引退し、2015年からアメリカのNASLに所属するマイアミFCで指揮を執っている。現在も昔と変わらず、ローマに在籍して現役を続ける同年代のトッティを羨ましいと感じているようだ。

    「羨ましいな。僕はフットサルをやっただけで3日間アイシングをしないとダメなんだ。彼はまだ現役で、偉業を成し遂げている」

    爽やかに笑顔で語ったネスタは、自身が拠点を置くマイアミへはバカンスに来るようトッティに呼びかけた。

    「フランチェスコはローマで引退を迎えたいだろうから、マイアミへはバカンスで来てほしいな」
    2017-02-11_15h40_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00010001-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/13(木) 20:18:58.38 ID:CAP_USER9.net
    ローマFWフランチェスコ・トッティが、トップデビューしてから24年間を過ごした同クラブで最も理解し合えていた選手について触れている。

    16歳でプロデビューを飾ったトッティは、その後もローマ一筋でプレーを続けてきた。先日40歳になった同選手は、これまで764試合出場306得点と驚異的な数字を残している。

    まさに「生けるレジェンド」となっているトッティだが、そんなストライカーが今までプレーした中で最良のコンビネーションを見せられたと感じる選手はいたのだろうか。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』で質問を受けたトッティは、次のように答えた。

    「技術の面でなら、(アントニオ・)カッサーノだ。彼とはピッチ内でもよく話し合っていた。どんな時でも簡単に理解し合えていたよ」
    2016-10-14_08h15_43
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00000019-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/01(土) 09:49:53.06 ID:CAP_USER9.net
    90分間ピッチに立ち続けたトッティ

    29日にヨーロッパリーグのグループステージ第2節が行われ、ローマ(イタリア)と瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)が対戦した。試合は、ケヴィン・ストロートマンなどのゴールで4ゴールを奪ったローマが4-0で圧勝。今季のUELで初勝利を挙げた。

    そんな中、40歳の誕生日を迎えてから初めての試合でフル出場を果たし、2アシストを決めたローマの主将フランチェスコ・トッティが伊『Sky SPORT』のインタビューに応じ、次のように述べた。

    「今日の試合のデキに関しては、とても満足しているよ。チームの実力を証明するためにも勝利することが大事だった。これからも今日のように勝ち続けたいね」

    「前半が終わったとき、チームドクターに冗談を言ってやったんだ。25歳のときだってこんなに脚の調子は良くなかったよってね。でも、これは本当のことなんだ。フィジカルコンディションが本当に良いよ。90分間ピッチに立ち続けることができるくらいにね」

    自身の調子の良さをメディアの前で明かしたトッティ。衰え知らずのローマの王子は、今季どんなプレイを披露してくれるのだろうか。今後のプレイに期待したい。
    2016-10-01_12h37_29
    theWORLD(ザ・ワールド) 9月30日 18時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00010010-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 19:33:55.37 ID:CAP_USER9.net
    ローマFWフランチェスコ・トッティは、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したことを快く思っていないようだ。

    昨季セリエAで66年ぶりに最多得点記録を更新したイグアインは、この夏ユヴェントスへの移籍がずっと噂されていた。ナポリのレジェンドであるマラドーナ氏や同市の市長が痛烈な批判を浴びせるなか、最終的にはユヴェントスが9000万ユーロ(約100億円)を支払うことで取引が成立している。

    トッティはイグアインの移籍を受け、巨額の資金により移籍が成立する時代を嘆いている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

    「今日、サッカー選手はまるで流浪の身だ。自分の心に従うのではなく、お金についていく。おそらく、そこには違いがある」

    「自分の心に従う選手は多くない。僕がお金のことだけを考えていたら、10年前にローマを去っていただろう。僕にとって大事なのは情熱なんだ。お金じゃない。常にローマの色を愛し、そのユニフォームを着ていたいと思っている」

    ローマの象徴としてクラブを支えてきたトッティは、イグアインの決断に苦言を呈している。

    「ファンは楽しむためにスタジアムに行く。チームに忠誠を誓う選手を見るためにね。裏切られるなんてことは期待していない。イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したのは完全な失敗だよ」
    2016-07-27_20h27_45
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 22:20:55.41 ID:CAP_USER*.net
    ローマの伝説フランチェスコ・トッティが今夏Jリーグに参戦するかもしれない。20日、イタリア紙『イル・テンポ』が報じた。

    今季ローマのルチアーノ・スパレッティ監督との確執が報じられているトッティ。23年間に渡ってローマを一筋を貫いてきた同選手だが、今季限りでのクラブ退団が噂されている。

    移籍先としてトッティに興味を持っていると報じられているのはUAEのアル・ジャジーラ。しかし、Jリーグクラブも獲得を近づいているとみられている。

    かつては中田英寿氏とともにセリエA優勝を経験し、2006年にはイタリア代表のワールドカップ制覇にも貢献したトッティ。果たしてJリーグ参戦は実現するのだろうか。

    フットボールチャンネル 4月20日(水)18時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160420-00010024-footballc-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461158455/

     
    続きを読む

    2015-01-12_12h48_21
    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 19:42:48.59 ID:???*.net
    ローマの元イタリア代表FWトッティ、大統領選挙で5票獲得

    イタリアの次期大統領選挙が29日に行われ、ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが5票を獲得したことが分かった。イタリア紙『コッリエーレ・デッロ・スポルト』が29日に伝えた。

    5票を得た38歳のトッティだが、大統領に選出される条件の50歳以上の年齢に満たないため、トッティに投じられた票は無効となっている。

    イタリアは今月13日、89歳のジョルジョ・ナポリターノ大統領が高齢を理由に辞任。大統領選は上下両院議員と各州代表者ら1009人で投票が行われ、3分の2以上の得票を得た候補者が次の大統領に選出される。

    第一回目の投票では、フェルディナンド・インポジマート氏が120票を獲得。投票に参加した975人のうち、白紙票が538、無効票は33だった。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00276413-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422614568/

     
    続きを読む

    10157305_1058328250891504_1491956433044524308_n
    [1.11 セリエA第18節 ローマ2-2ラツィオ]

     ローマは11日、セリエA第18節でラツィオと対戦し、2-2で引き分けた。前半を2点ビハインドで折り返したローマだが、後半にFWフランチェスコ・トッティが2得点を決めて、ドローに持ち込んだ。2位ローマ、3位ラツィオのローマダービーは、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。

     ローマの王子が魅せた。まずは後半3分、左サイドからMFケビン・ストロートマンが上げたクロスを右足で合わせて反撃弾を決めると、同19分、今度はDFヨゼ・ホレバスのクロスを合わせて、ドッピエッタを決めた。ローマ・ダービーでの通算得点を11に伸ばしたトッティは、歴代単独トップに浮上した。

     だが話題はこれだけに止まらない。同点弾を決めたトッティは、スタッフから携帯電話を受け取ると、ゴール裏に陣取るウルトラスをバックにパシャリ。前代未聞の自撮りパフォーマンスを披露した。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、携帯電話はトッティ自身のもののようで、「1週間前から考えていた」パフォーマンスだという。王子は「普段はプライベートにとどめるべきことだが、今回は特別だった。特別な選手たちの記録を抜くことができたのだからね。もう忘れることはないだろう」と説明した。

     普通なら警告の一枚でも出ていいところだが、トッティがお咎めを受けることはなかった。同紙は「オルサト主審も警告を出す勇気がなかったようだ」と記している。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ