海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 内田篤人

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 17:13:39.62 ID:CAP_USER*.net
    「自分が居座んなきゃダメだと思う半面、誰もいないのかよ、という気も…」
    2016年に復帰予定の内田篤人選手が、ドイツのゲルゼンキルヘンでサッカーダイジェストのインタビューに答えてくれた。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表を、彼はどう見ているのか。

    ―――◆―――◆―――

    ──日本代表について訊かせてください。まずは、ハリルジャパンの印象を。

    「報道ではもっと点が取れるのではと批判されているけど、自分は勝てばいい、と思っている。なんで選手がそれを言わないんだろうと不思議です。インタビューで『もう2、3点取れましたよね?』と訊かれても、『勝点3以上に大事なものはない、俺は1‐0が一番好きだ』って返せばいいのに、誰も言わない。自分がその場にいたら絶対にそうコメントしていた。勝負は甘くないんです。1‐0で勝てばオーケー」

    ──予選は内容よりも結果だと?

    「チーム内では『もっとゲームをコントロールできた。もっと点も取れた』という話をしているんだから、監督や選手との間で問題を詰めていけばいい。批判を真に受けて、チームがぶれないようにしてほしい」

    ──現代表は、視聴率低迷や人気低下も叫ばれています。

    「個人的にそういう声は気にしないタイプだし、視聴率がどうのなんて、ドイツでは聞いたことがない。なにを言われようが、チームがぶれる必要はない。実際にやっている現場の人間が、単純に勝てばいいと思えばいい。勝つだけ、です。内容は、表では1‐0でいい。内部では監督を中心に詰めるけど、基本的には勝てばいいんです」

    ──ハリルホジッチ監督の印象は?

    「自分の考えを貫く感じ。意見は聞くけど、一度決めたらこう、という強い意志がある。手術の相談をした時も『自分の膝なんだから、チームがどうこうではなく、お前が正しいと思った判断をしろ』と言ってくれましたからね」

    ──代表戦を外から見ていて、右サイドバックのプレーは気になりますか?

    「もちろん自分のいたポジションなので、またあそこに戻りたい。でも、左サイドは今のところ長友さんで固定されているのに、右がコロコロと変わっているのは気になります。長友さんがやったり、(酒井)宏樹や(酒井)高徳がやったりで、監督はあまりしっくりきてないのかなと。

     宏樹や高徳はブンデスでやれているし、普通にできれば問題はないと思う。でも、実際はふたりとも定着していない。自分が8か月以上も代表から離れているのに、それでは……。助かってますけどね、ある意味。とはいえ、自分が居座んなきゃダメだと思う半面、誰もいないのかよ、という気もします」

    ──「若手、もっと頑張れよ」と?

    「自分が代表にいる間はいいです。ゆっくりやってもらいたい(笑)」

    >>2以降に続く
    2015-12-23_17h56_18
    SOCCER DIGEST Web 12月23日(水)7時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151223-00010001-sdigestw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450858419/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 14:00:24.23 ID:CAP_USER*.net
    サッカー・ドイツ1部シャルケのDF内田篤人(27)が23日、都内で写真展「ATSUTO UCHIDA PHOTO GALLERY supported by HUBLOT」に出席し、トークショーを行った。自身がシャルケに加入した際に監督だったフェリックス・マガト氏がJ1鳥栖と交渉中であることについて、「来るのであればがっつりやってほしい」とらつ腕を振るうことを期待した。

     マガト氏はドイツの名門バイエルン・ミュンヘンや、ヴォルフスブルクをリーグ優勝に導いた実績の持ち主。ハードな体力トレーニングを選手に課すことで知られ、「鬼軍曹」と表現されることもある。めったに弱音を吐かない内田ですら「怖すぎた」と振り返るほどの人物だ。

     トークショー後、取材に応じ、「マガトさんに関しては、決まってないけど、もし来るのであればがっつりやってもらいたい」と持ち前のハードな練習を期待。直接関係がない立場上、「あまり言えないけど…」としながらも、「絶対誰か出てくるはず。いい選手が」とマガト氏の育成能力に太鼓判を押した。
    2015-12-23_15h35_40
    デイリースポーツ 12月23日(水)13時49分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000061-dal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450846824/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 20:19:13.49 ID:CAP_USER*.net
    フェリックス・マガトがサガン鳥栖の監督に就任かという報道が最初に流れたのは11月上旬のことだった。まずスポーツ紙が報じ、その後、サガン鳥栖の竹原稔社長が交渉の最終段階である旨を認めたことから、通信社や一般紙も後を追った。時間とともに情報の確度が上がり、もはや既成事実のようになっている印象がある。

    だが、これはあくまでも日本国内の話。ドイツではこの1ヵ月、この件でたいした報道はなかった。

    だが12月8日になってキッカー誌が「マガトが日本へ」と報じている。記事では鳥栖という町とクラブの概要を紹介。「4年前に2部から昇格したクラブで、ドイツでいえば2部のザントハウゼンやハイデンハイムに似ている」「東京から1114キロの距離にあり、人口は7万人強。新幹線は止まらず(編集部注・新鳥栖駅に止まる)、空港はない」「それでもマガトはこのチャレンジを楽しみにしている」などと書いている。

    マガトは現役時代、西ドイツ(当時)代表としてW杯準優勝を果たすなど十分な実績を残しており、ハンブルガー時代の1983年、チャンピオンズカップ決勝で決めた決勝ゴールは今でも映像で見かける。監督としてもバイエルン・ミュンヘンやヴォルフスブルクでリーグ優勝を経験するなど、キャリアを築いてきた。

    とはいえ、近年はぱっとした結果を出しているとは言いがたい。11年3月にシャルケの監督を成績不振で解任され、再びヴォルフスブルクへ。その3季目となる12~13シーズンには最下位に低迷し、まだ序盤の秋口に解任された。翌年にはシーズン半ばでイングランドのフラムの監督に就任。初めての国外挑戦だったが、低迷するチームを救うことはできず、フラムは2部に転落した。フラムを解任されてからは監督業から距離を置いていた。

    軍隊式の厳しいトレーニングを課す、戦術よりもメンタル重視派、変人である……といった日本で報じられている人物像は、ドイツで伝わっているものと大きくは変わらない。結果を出しているうちはそのことがクローズアップされることは少ないが、いったん負けだすとそうはいかなくなる。

    日本人選手に関わるエピソードも多い。

    11年3月、シャルケの監督を解任されたマガトは、解任直後にヴォルフスブルクの監督に就任すると、もうその週にはベンチに座って指揮をとった。3試合目には早くも古巣シャルケと対戦している。この時、マガト自身がシャルケに連れてきたスタッフの一部が、ヴォルフスブルクについていかず、シャルケに残ったことが話題になった。

    シャルケはマガトが残したスタッフと新監督ラングニックのスタッフが混在する体制でシーズン終盤を戦うことになり大混乱。内田篤人をはじめ、マガトによって獲得された選手たちも大いに戸惑った。結果的にこのシーズン、シャルケはチャンピオンズリーグでは4強に進出したが、マガト解任の理由だったリーグ戦の不振は解消されず、14位に終わった。

    内田自身はチャンスを与えてくれたマガトについて悪く言うことはなく、「走らせるタイプの監督はキライではない」と話していた。だが多くの選手はマガトの解任に胸をなでおろしており、チームに明るさが戻ったのは明らかだった。

    ヴォルフスブルクでは成績不振の時期、選手たちにメディアに対してかん口令を敷いた。当時所属していた長谷部誠と日本の報道陣との雑談にもスタッフが目を光らせており、「どうやら日本語の情報もチェックしているらしい」とまことしやかに言われていた。結局、管理が厳しすぎることで、選手個人の力は弱体化し、移籍を志願する選手も出てくるのが現実だった。

    そういえばマガトに干されていた時期の長谷部誠は、毎日数十キロを走らされて、通常の練習に参加できないこともあった。マガトが解任され、後任にケストナーが就任したあと、長谷部が「『君がやっていたことは見ていたよ』と言われた。走っていた日々はムダではなかった」と語っていたのが印象的だった。

    ネームバリューは抜群だが、手腕とやり口には疑問符がついて回る大物監督。果たして鳥栖は変人マガトを使いこなせるだろうか。
    2015-12-09_21h28_56
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151209-00010001-sportiva-socc&p=2
    webスポルティーバ 12月9日(水)13時40分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449659953/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 21:10:55.57 ID:CAP_USER*.net
    ノイシュテッターが日本旅行を振り返る

    今年の6月に観光目的で日本を訪れたシャルケDFロマン・ノイシュテッターが、旅行中に起きた内田篤人との数々のエピソードを話している。

    独紙『11FREUNDE』による、サッカー以外のテーマで話をする企画に参加したノイシュテッター。トークのテーマが旅行になると、6月に行った日本での話に。日本にいる期間は内田が“ガイド役”を務めてくれたことを明かし、新婚・内田夫妻のエピソードを暴露した。

    「彼はインタビューだとあまり自分からは話そうとしないけど、二人きりで出かけるとすごくたくさんドイツ語でしゃべるんだ」

    「それで彼の奥さんは、隣でウッシーのジェスチャーを真似するんだ。この二人はほんとにおもしろい」

    さらにノイシュテッターは内田の日本での完璧な“仕事ぶり”についても話している。

    「ホテルに到着すると、ウッシーは僕のためにビールを2本冷やしておいてくれていて、冷蔵庫の横にはガイドブックとメッセージを書いたメモが置いてあったよ」

    「僕の部屋に迎えに来てくれたときにも、ホテルに何も問題はないかとウッシーが聞いてきたんだ。『さもなくば……』と殴り込みに行く準備をするふりをしながらね」

    怪我で長期離脱している内田だが、ウィンターブレイクに行うフロリダ遠征への帯同を監督が明言しており、いよいよ復帰が近づいている。日本ではガイド役を完璧に務めた内田だが、今度はピッチでの完璧な仕事に期待したい。さもなくばシャルケの上位進出はないだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00010021-theworld-socc.view-000
    1abea2d63cf525da51f4435335511904
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00010021-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449144655/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 04:07:59.52 ID:CAP_USER*.net
    6月に右膝を手術し、完全復活を目指すシャルケのDF内田篤人(27)が26日、同クラブの公式ツイッターでメッセージを公開した。

     ツイッターチャット形式で本人が直接ファンからの質問に答えていき、復帰次期については明言しなかったものの、今年1番心に残っているのは「手術の麻酔に勝てなかったこと」と告白。

    壮絶な痛みに心が折れてしまったようだが、リハビリの原動力は「お金」とつぶやくなど相変わらずの“内田語録”を披露。既に心身ともに回復している様子をうかがわせた。

     今一番気になるサッカー選手にはレアル・マドリードのMFイスコを挙げ、今までで一番ボールが取れなかったのは鹿島時代にチームメートだったMF遠藤康だと明かした。また、J1昇格が決まった磐田のことも祝福した。

     内田は50問ほど答えると、「リバビリに行ってきます」と退室。順調に行けば、ウインターブレーク(12月20日から来年1月22日まで)前には全体練習にも合流できる見通しとなっている。
    2015-11-27_06h36_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00000152-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448564879/

     
    続きを読む

    CTNdqQEUEAQSuRN

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 17:14:08.61 ID:???*.net
    ドルトムントとシャルケが激突するルール・ダービーが今夜行われる。

    ジグナル・イドゥナ・パルクでの決戦に向けて、シャルケサポーターの熱量がドえらいことになっていた。シャルケ公式がアップした映像がこちら。

    Abschlusstraining vor tausenden Schalkern
    https://www.youtube.com/watch?v=8gCfsgqee0s



    選手たちを鼓舞しようと練習場に駆けつけた多くのファンたち。凄い人数だ…。

    これだけでも凄い雰囲気だということが伝わるが、FWフランコ・ディ・サントがアップした動画も凄かった。


    練習場の回りが発煙筒で赤く染まっている…。現地メディアによれば、なんと3,000人ものサポーターたちが集結していたそうだ。




    なお、『Bild』によれば今回アウェイのシャルケ側に手配されたチケットは6千枚。
    警備上の要請から、当初の数から2千枚ほど減らされたそうだ。

    http://qoly.jp/2015/11/08/schalke-supporters-before-dortmund-match
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446970448/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 05:31:37.27 ID:???*.net
    江崎グリコのチョコレート菓子「Bitte(ビッテ)」のCMに出演しているサッカー・内田篤人選手が、“コップのフチ子”とコラボレーション。「フチ田篤人」フィギュアが完成したことが明らかになった

    11月17日(火)より始まる「もれなくもらえる!フチ田篤人キャンペーン」。今回のキャンペーンで、「Bitte」を 12箱購入した人に、もれなく「フチ田篤人」フィギュア3個セットがプレゼントされるという。

    今回の「フチ田篤人」は、CMで着用している“バリスタ衣装”はそのままに、「ミルクとフチ田さん」「砂糖とフチ田さん」「小鳥とフチ田さん」の計3種類を用意。

    カップのふちに舞い降りたサッカー選手「フチ田篤人」は、眺めているだけで癒やされてしまう、内田選手の愛らしい魅力たっぷりのフィギュアだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151105-00000005-the_tv-ent
    Smartザテレビジョン 11月5日(木)4時15分配信

    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446669097/

     
    続きを読む

    2015-11-03_00h14_43


    続きを読む


    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/20(火) 14:46:50.25 ID:???*.net
    サッカー日本代表で2度W杯に出場したDF内田篤人(27)=シャルケ04=が19日までに、スポーツ報知の独占インタビューに応じた。5月に結婚後、6月に右ひざの膝蓋腱(しつがいけん)を手術。ラグビー日本代表のウィング山田章仁(30)=パナソニック=と同じ施設でリハビリを行い、ラグビーW杯での活躍に刺激と勇気をもらったと告白。妻の支えも励みに、症例が少ない手術を乗り越えての「年内復帰」を掲げた。(取材、構成・内田 知宏)

     ―6月に手術し、リハビリ開始から5か月。現状は?

     内田「徐々にトレーニングの強度を上げている段階。40分間走や階段の上り下りなどをやっている。とにかく痛みが出たらいけないので、時間をかけて治さなければいけない。厄介なヤツです。この前(10月上旬)、一時帰国して精密検査を受けたら経過も問題ないと。右足のパワー(筋力測定)も良い数値が出た。焦りもないし、順調に来てます」

     ―全治4~6か月の診断だが、復帰目標は?

     「症例が少ないけがで、ドイツのスタッフも手探りでやっている感じ。特に自分の場合、人間で一番強いと言われる腱を、たくさん取ったので余計慎重になる。年内の復帰を目指そうと話していて、自分もそうなればいいと思って、やっています」

     ―これほど長期間、試合を離れるのは初めて。

     「けがをして変わったわけじゃないけど、年齢(27歳)とか考えると、もうそろそろ終わりが近いかなって。みんなに『サッカー(選手が)終わっちゃうよ』と言われるくらい大けがだったから。終わりって何かなって、考えるようになりましたね」

     ―心境に変化が?

     「けがで終わるのかな。それとも、もういいやって、求められている(契約がある)のに終わるのかなって。これまでは全く考えていなかったし、現役の間は考えちゃいけないと思っていた。ただ、これ(腱)が切れたら終わっちゃう。手術を受ける前の半年は、練習していてもずっと怖かった」

     ―手術という重い決断を下し、長期にわたるリハビリ生活を始めた。支えになったことは?

     「日本でリハビリしている時に、施設でラグビー日本代表の山田選手と一緒だった。隣のベッドです。自分とは結婚した時期も同じくらい。海外生活を経験していること、そして、ポジションもサイドということで共通点が多かった(注)ので、自分から『何の競技ですか』って話しかけて、たくさんしゃべるようになった」

     ―予期せぬ交流ですね。

     「鎖骨のけがと言っていましたが、一緒にリハビリしていた選手が、ああやってW杯(3日・サモア戦)でトライを決めて、活躍する。それを見て、自分も復帰へのイメージが湧いたし、刺激をいただきました」

     ―山田はトライを決めた後、相手選手のタックルを受け、脳しんとうで退場。それも見ていた?

     「すぐにメールで『パイセン(先輩)、生きてますか』って送った。返事はなかったので本当に心配でしたが、大丈夫だったみたいですね」

     ―サッカーの日本代表はW杯2次予選を首位で折り返した。

     「連絡は来ますね、みんなから。シャルケ04のチームメートもそうですけど、試合に出られなくなってから『やっぱり、ウッシー(ドイツでの愛称)がいないとダメだ』とか、『ウッシーはやっぱり効いていた(チームにとって効果的)』と言われることが急に増えた。そういうメールも(復帰への)力になる。シャルケ04で結果を残して、また代表に呼ばれたらうれしい」

     ―今年5月、同い年の一般女性と結婚。ドイツでの新婚生活は?

     「今までは1人が楽で、好きなタイプだった。オフの日は、一日中リビングのソファから動かなかった。でも、実際に生活してみて、結婚生活っていいもんだなぁと感じています。料理も上手で、いつもおいしいご飯を作ってくれる。結構、休んでしまったので(家族のためにも)そろそろ働かないと」
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445320010/

     
    続きを読む

    2015-10-01_15h22_45


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ