海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > リオネル・メッシ

    1: Egg ★ 2019/02/17(日) 23:18:37.72
    バルセロナのFWリオネル・メッシが、11シーズン連続で公式戦30ゴール超えを達成した。

    現地時間16日、バルセロナはリーガエスパニョーラでバジャドリーと対戦し、1-0の勝利を収めている。メッシは終盤にPKを外してしまったが、前半のPKは決めており、これで今季公式戦30得点を達成。同選手の30ゴールは11年連続のことだ。

    31歳となった今も圧倒的な存在感を放つメッシは、今季リーグ戦で22得点を記録。チャンピオンズリーグで6得点、スペイン国王杯で2得点を決めている。

    ただし、メッシにとって30ゴールは通過点。2009/10シーズン以降9年続けて40ゴール超えを達成しており、今季もさらなる活躍に期待できそうだ。

    2/17(日) 8:24配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309796-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    21932_ext_04_0

    1: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:45:48.02
    奇跡だよ

    2: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:46:08.90
    なぜ笑うんだぃ?

    4: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:46:53.82
    CL決勝クラシコがあればなあ

    8: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 01:47:51.57
    アトレティコvsレアルのマドリーCL決勝は実現したのにバルサときたら

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/08(金) 22:24:29.02
    フランス紙『レキップ』は、欧州でプレーするサッカー選手の給与ランキングを発表した。今回のランキングは、1カ月に受け取った給与(税引前)をもとに作成。トップ10に入ったのはリーガ、プレミアリーグ、セリエA、リーグ・アンの選手たちであり、ブンデスリーガでプレーする選手はトップ10圏外となった。

    トップに立ったのはバルセロナFWリオネル・メッシで、830万ユーロ(約10億円)を受け取っているという。ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドが470万ユーロ(約5億8000万円)でそれに続き、3位にはアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンが330万ユーロ(約4億1000万円)で続いている。

    また、プレミアリーグ最高給はマンチェスター・ユナイテッドFWアレクシス・サンチェスの228万ユーロ(約2億8000万円)となった。
    2019-02-08_23h28_40
    2/8(金) 19:05配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010024-goal-socc

    月収ランキング

    1位 メッシ(バルセロナ) 710万ポンド(約10億4000万円)

    2位 ロナウド(ユベントス) 410万ポンド(約5億9900万円)

    3位 グリーズマン(Aマドリード) 290万ポンド(約4億2400万円)

    4位 ネイマール(パリサンジェルマン) 270万ポンド(約3億9500万円)

    5位 スアレス(バルセロナ) 250万ポンド(約3億6600万円)

    6位 ベール(Rマドリード) 220万ポンド(約3億2200万円)

    7位 コウチーニョ(バルセロナ) 200万ポンド(約2億9200万円)

    7位 サンチェス(マンチェスターU) 200万ポンド(約2億9200万円)

    9位 エムバペ(パリサンジェルマン) 150万ポンド(約2億1900万円)

    10位 エジル(アーセナル) 140万ポンド(約2億500万円)

    2/8(金) 21:42配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00475696-nksports-socc

    続きを読む

    21932_ext_04_0

    1: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 17:56:25.48
    誰になるんや

    2: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 17:56:43.26
    ジダン→ロナウジーニョ→メッシ、ロナウド→?

    10: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 17:58:00.47
    >>2
    ジダンの前にロナウド入れろや

    4: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 17:56:53.73
    エムバペ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/30(水) 18:49:14.83
    マンUの名将ファーガソン氏は、史上最多5度のバロンドールに輝いたメッシに1票
     
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並び、現代のサッカー界で最高の選手の一人と称される。母国アルゼンチンでも英雄ディエゴ・マラドーナとたびたび比較されるが、マンチェスター・ユナイテッドを27年間にわたって指揮を執った伝説の名将、アレックス・ファーガソン氏は「メッシのほうがマラドーナよりも上」と述べている。

    英メディア「GIVE ME SPORT」が伝えた。

    今週、ファーガソン氏も親しい仲だった著名なサッカーライター、ヒュー・マキルバニー氏が亡くなった。マキルバニー氏は生前、“メッシvsマラドーナ”論争において、マラドーナを支持していたという。英紙「ザ・タイムズ」のジョナサン・ノースクロフト氏は、マキルバニー氏が、かつてリバプールなどでプレーした“メッシ支持派”のグレアム・スーネス氏と熱い議論を交わしていたことを、ファーガソン氏に明かした。

    「『サンデー・タイムズ』のランチ会で、ヒューとグレアム・スーネスが、リオネル・メッシとディエゴ・マラドーナのどちらがすごいかについて、激しい議論をしたんだ。スーネスは腹を立てながら『いいか、私はマラドーナと5回対戦したことがあるんだ。絶対にメッシだ』と言うと、ヒューは『君が誰と戦ったなんてどうでもいい。絶対にディエゴだ』と怒鳴り返したんだよ」

    それを聞いたファーガソン氏は、「マラドーナがキャリアのなかで、本当のトップにいたのは数年間だけだ」と述べ、約10年間にわたりC・ロナウドとともにトップに君臨してきたメッシのほうが偉大との見解を示し、「これに関しては、スーネスに賛成だな」と、メッシに一票を投じたという。

    しかし、もしマキルバニー氏が生きていたら「なんと言われるか、想像できる」とし、「顔が隠れるほどの煙をふかしながら、新しい葉巻に火をつけて、あの素敵なしゃがれた声で『お前は自分の言っていることを、全くもって分かっていない!』と、言うだろうね」と故人を偲んだ。

    ■“マラドーナ派”が主張する1986年W杯で見せた輝き
     
    確かに、トップレベルでプレーし続けた“期間”で見れば、ファーガソン氏の言うとおりメッシの方がすごいのかもしれない。だが、マラドーナ支持派も、黙っていないだろう。1986年にアルゼンチン代表の10番として、メキシコでワールドカップ(W杯)を掲げたことを、彼らのヒーローが史上最高である理由に挙げられるからだ。

    長きにわたって活躍し続けたメッシにとっても、おそらく2022年のカタール大会がW杯を手にする最後のチャンスになるだろう。メッシが偉大なる先人に並び、ファーガソン氏をはじめとするメッシ派を勢いづかせることができるか。天国のマキルバニー氏も、その結末を見守っているに違いない。

    1/30(水) 14:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190130-00166694-soccermzw-socc

    写真
    2019-01-30_19h18_42

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/17(木) 11:22:07.41
    3度のW杯制覇を経験したペレ氏は、FWキリアン・ムバッペ(パリSG)が“第2のペレ”だと考えているようだ。英『ミラー』が伝えた。

    ムバッペのポテンシャルはまずモナコで花開き、その後はパリSGに1億600万ポンドもの巨額オファーで引き抜かれている。パリSGに移籍してから1シーズンと半分が経過したが、ムバッペは22試合に出場し、18ゴールを決めている。ペレ氏は20歳になったばかりのバッペの大ファンだ。

    ロシアW杯ではフランス代表として4ゴールを決めて優勝に導き、最優秀新人賞も受賞した。「彼は19歳でW杯を勝ち取った。私は17歳のときだった」と『フレンチ・フットボール』に語ったペレ氏は「もうちょっとで並ばれてしまうところだったと彼には話したよ」と続けた。

    「彼は新しいペレになれると思っている。『またペレが冗談を言っている』と思う人が大半だろうが、それは違う。冗談なんかじゃない」

    “サッカーの王様”ペレ氏はさらに、ムバッペとFWリオネル・メッシとの大きな違いについても指摘している。ペレ氏は先月、メッシについて批判的なコメントをしていた。

    「ムバッペはヘッドも上手ければ右でも左でもシュートできる選手。片方の足しか使えずスキルも1つしかないうえに、ヘッドもできないような選手と、どうやって比べることができるのだろう?」と『フォーリャ・デ・サンパウロ』が伝えている。

    「このペレと比較したいのならば、左右どちらの足も使えてヘッドでも得点できる選手でなければならない」
    news_264347_1
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264347-264347-fl

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/16(水) 06:20:04.34
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド。一体どちらが上なのか? これは、現代サッカー界における永遠のテーマだろう。

    ともに優れたゴールゲッターであり、類まれなテクニシャン。それぞれ異なる良さがあり、甲乙つけがたい。ゆえにこの議論は、これまでにも多くの現役選手やOBたちが重ねてきたが、明確な答えを出せないケースが大半だった。

    だが、チェルシーの背番号10、エデン・アザールだけは、はっきりとした“答え”を持っている。母国紙『HLN』の取材に応じたベルギー代表MFは、「2人が史上最高? まさか! 史上最高は1人だけだ」と語り、次のように言い放っている。

    「メッシに決まってるじゃないか。というのも、昨年にバルセロナと2試合やったけど、あまり良い思い出じゃないんだ。メッシと戦えることはハッピーだったけど、僕は何もできなかった。幻滅したよ」

    史上最高選手にメッシの名前を挙げたアザールは、さらに自身が両者と比較されることにも言及している。

    「毎年のように、誰かが言うんだ。『エデンはメッシやC・ロナウドのレベルに近づいている』とね。最初はモウリーニョ、次にコンテ、今はサッリだ。だけど、僕がメッシやC・ロナウドになることはない。ただ、こないだのワールドカップが終わってからは、みんなが世界トップ5に僕を含めるようになったね」

    2012年夏にリールからチェルシーへステップアップを果たして以来、抜群の存在感を示してきたアザールは、現在、レアル・マドリー移籍が目前と騒がれている。実際、本人も「僕はいつだってマドリーが大好きだ」と公言してはばからない。

    今夏に“夢”が叶えば、来シーズンは世界が注目する「エル・クラシコ」で“史上最強”メッシとの対決が実現する。これは本人にとっても、ファンにとってもたまらない対戦となりそうだ。
    2019-01-16_07h57_35
    1/16(水) 6:03配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010003-sdigestw-socc

    続きを読む

    mig

    1: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:37:33.48

    そりゃマラドーナ一択だよね

    4: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:50:29.04
    総合的にはクリロナかな
    でもメッシが20歳前半の頃のキレキレな時に毎試合2、3人当たり前に抜いてた時が史上最高

    6: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:52:12.27
    こないだユベントスの試合見たらサイドアタッカーのクリロナがいつのまにかインザーギみたいなワントップになってた

    9: 47の素敵な 2019/01/14(月) 15:54:24.79
    ピーク対決ならメッシ
    平均点ならくりろな

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/09(水) 19:12:59.27
    レオ・メッシは多くのサッカーファンやサッカー界のエキスパート達に歴代最高の選手と考えられている。

    この背番号“10”の選手はボールを触るたびに世界中を楽しませている。しかし、マラドーナはメッシが偉大なサッカー選手に過ぎず、チームをけん引するリーダーシップは持ち合わせていないと考えている。

    数日間の入院生活を終えたマラドーナは再び記者の前に登場すると、メッシを友人の1人と考えていると語りながらも、約9年前に南アフリカW杯で自ら指揮した選手に対して批判的なコメントを残した。

    「私はメッシを心から愛している。人々は彼をリーダーにする事を望んでいるが、彼はそうはならないだろう。何故なら彼は今後も彼の家族と共に彼の世界にいるだろうからね」マラドーナはアルゼンチン紙『Ole』のインタビューでそのように語った。

    マラドーナがメッシを口撃するのは初めてではない。アルゼンチン代表がロシアW杯2018で敗退した際もマラドーナはメッシを批判する発言を行っていた。

    「彼は偉大な選手だが、貢献しない。試合前に20回もトイレに行く男にリーダーを務めるよう望んでも無駄だ。それは明らかだ。これ以上、メッシを神格化するのをやめよう」マラドーナは数ヶ月前にESPNでそのように主張していた。
    2019-01-10_16h56_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010011-sportes-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ