海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 高校サッカー

    1:Egg ★:2018/02/06(火) 16:17:09.49 ID:CAP_USER9.net
    「日本では義務と趣味のバランスが悪いのかもしれない。この子たちは、練習が休みだと言ったら全員喜ぶよ」

    Jリーグの横浜フリューゲルスや浦和レッズなどの監督を務めたゲルト・エンゲルスの指導の原点は、地方のクラブチームや高体連だった。

    兵庫・滝川二高のコーチに就任すると、いくつかの矛盾点を見つけた。確かに高校はグラウンドがあって、毎日同じ場所で練習が出来る。1990年代初頭、まだサッカー中継が滅多にない日本で、全国高校選手権が生中継され大観衆を集めているのも驚きだった。

    一方で100人近いサッカー部員は、毎日長時間の練習を続けているのに、大多数が公式戦を経験せずに卒業し、そこでサッカーを辞めてしまう。そしてエンゲルスが何より疑問を感じたのは、サッカー部の活動がすべて上意下達で進められていることだった。

    「先生から生徒、上級生から下級生、まるで義務教育で学校へ通うようにサッカーをする。だから卒業すれば義務(サッカー)も終わってしまうんだ」

    エンゲルスが率先して生徒たちに伝えようとしたのは、サッカーを楽しむことだった。全体を小人数ごとにグループ分けをすると、積極的にミニゲームを行い、クラブ内のミニ大会なども実施。集中して楽しめる環境作りに尽力した。

    「たぶん生徒たちは、明日の練習が休みだと言ったら大喜びする。でもドイツの子供たちは、今日はサッカーが出来ないなんて言われたら、みんながっかりして落ち込むよ。もしかすると日本は義務と趣味のバランスが悪いのかもしれない」

    サッカーを義務と感じたら「先生がいなくなった途端に辞めちゃう」

    実際にエンゲルスが、翌日練習がオフだと告げると、生徒たちから一斉に大歓声が沸き上がった。

    「プロになれる選手なんて全体の1%。残りの99%の子供たちにとって、一番大切なのはサッカーを楽しむことじゃないか。僕はみんなに、サッカーを生涯の遊びにして欲しかった。そうすれば彼らの子供たちもサッカーを楽しむ。そういう種を蒔いていかなければ、サッカーは広まっていかない。サッカーを義務だと感じていたんじゃ、先生がいなくなった途端に辞めちゃうよ」

    さらにエンゲルスは熱弁を続けた。

    「トレーニングをして試合に勝つのも結果だけど、サッカーを好きになってもらうのも大切な結果だよ。僕は80人の部員全員を、しっかりと見たかった。プロになれる可能性のある子と同じように他の子も助けたかった」

    結果的にサッカーを楽しんだ滝川二高からはその後、波戸康広(元横浜F・マリノスほか)や加地亮(元ガンバ大阪ほか)、岡崎慎司(レスター)、金崎夢生(鹿島アントラーズ)ら次々にプロの選手も育っていった。

    加部究
    1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭(小学館文庫)など著書多数。

    2/6(火) 15:53配信 ザ・アンサー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180206-00016911-theanswer-socc

    写真

    続きを読む

    201512251

    1:風吹けば名無し:2018/01/19(金) 04:05:08.16 ID:6IcMd5Ux0.net
    リーグ戦順位 得失点差 部員数

    東福岡 5年連続19回目 プレミアWEST4位+10 330人
    東海大星翔 初出場 熊本県リーグ1部1位+39 200人
    昌平 3年ぶり2回目 埼玉県リーグ1部1位+69 194人
    実践学園 5年ぶり3回目 東京都リーグ1部1位+26 175人
    青森山田 21年連続23回目 プレミアEAST3位+13 163人
    作陽 3年ぶり23回目 プリンス中国5位+13 162人
    前橋育英 4年連続21回目 プリンス関東1位+13 159人
    矢板中央 2年ぶり8回目 栃木県リーグ1部1位+90 155人
    佐賀東 2年連続10回目 佐賀県リーグ1部1位+91 147人
    富山一 3年連続28回目 プリンス北信越1位+58 139人
    長崎総附 2年連続5回目 プリンス九州2位+21 137人
    流経大柏 3年ぶり5回目 プリンス関東2位+14 137人
    星稜 2年ぶり27回目 プリンス北信越3位+10 133人
    立正大淞南 2年連続16回目 プリンス中国4位+13 131人
    明秀日立 2年ぶり2回目 茨城県リーグ1部2位+35 116人
    山梨学院 2年連続6回目 プリンス関東5位-2 113人
    日本文理 初出場 プリンス北信越4位+8 112人
    仙台育英 5年ぶり32回目 プリンス東北5位-1 112人
    続きを読む

    2018-01-09_15h38_23

    1:名無し募集中。。。:2018/01/09(火) 14:10:17.33 ID:0.net
    皆試合に出れるレギュラーになれると思って入ってきてるのかな
    3年間公式戦出れない人とか部活動面白いんだろうか
    2:名無し募集中。。。:2018/01/09(火) 14:11:54.54 ID:0.net
    BチームCチームで試合には出れるが
    まぁ強豪校はそれだけ選手を集めるってことでもあるから
    3:名無し募集中。。。:2018/01/09(火) 14:12:36.62 ID:0.net
    東福岡なんか300名超えてるんだぞ
    アホだろ
    74:名無し募集中。。。:2018/01/09(火) 14:41:40.82 ID:0.net
    >>3
    少子化の時代にそれってすごくない?
    全校生徒何人いるんだ
    続きを読む

    1:きのこ記者φ ★ :2018/01/09(火) 07:29:39.02 ID:CAP_USER9.net
    ◆全国高校サッカー選手権大会 ▽決勝 前橋育英1―0流通経大柏(8日・埼玉スタジアム)

    流通経大柏は後半ロスタイムに今大会初失点。攻撃陣もシュート3本に抑えられ、史上7校目の夏冬2冠、史上4校目の無失点Vはならなかった。本田裕一郎監督(70)は「負けに不思議の負けなし。負けるべくして負けました」と語った。

    指揮官は昨年5月、大腸がんの手術を行った。発見時はステージ4で余命8か月だった。抗がん剤治療は合計4度。しかし高校総体を制した翌9月には10日間の日程でドイツに飛んだ。戦略家で知られる湘南のチョ貴裁監督(48)が参考にしているという話を聞きつけ、同国1部ライプチヒの練習場に通い詰めた。世界基準のプレスの掛け方を自らの目で学び、チームに生かそうとした。

    チームも「走りのメニューはメンタルトレーニングだ」の合言葉を胸に、走りに走った。夏を制す原動力にもなったハイプレスを行うには体力、気力が必要不可欠。ボールを使わず800メートル×10本(休息2分)のメニューをこなす日もあった。

    主将のMF宮本優は「練習より試合の方が楽ですから」と笑う。これまで77人のプロ選手を育ててきた名将は「終わってみれば、よくここまで来たなと。ここまでの過程を褒めてあげたい」と選手たちをねぎらった。(岡島 智哉)

    ◆本田 裕一郎(ほんだ・ゆういちろう)1947年5月1日、静岡県生まれ。70歳。75年に市原緑の監督に就任し、86年から習志野へ。92年全国高校総体優勝。2001年から現職。07年度選手権、08、17年全国高校総体優勝。主な教え子にFW玉田圭司(名古屋)、GK林彰洋(F東京)、FW大前元紀(大宮)ら。

    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180108-OHT1T50210.html
    続きを読む

    2018-01-08_16h26_25

    1:Egg ★:2018/01/08(月) 15:59:16.68 ID:CAP_USER9.net
    [第96回全国高校サッカー選手権大会・決勝] 1.8 埼玉スタジアム2002


    ◆流通経済大柏高(千葉県) 0‐1 前橋育英高(群馬県)

    [前]榎本樹(90分+2)

    https://web.gekisaka.jp/live/detail/?3058-3058-lv
    http://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2017/match_page/m47.html


    日本テレビ
    http://www.ntv.co.jp/soc/

    日本サッカー協会
    http://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2017/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/07(日) 12:40:49.26 ID:CAP_USER9.net
    <全国高校サッカー選手権:流通経大柏1-0矢板中央>◇準決勝◇6日◇埼玉

    <半端ない青春~高校サッカー・クローズアップ>

    敗れた矢板中央(栃木)イレブンにスタンドから声援を送ったDF中山拓人(ひろと、3年)のフィジカルが半端ない。170センチ、80キロの体格でベンチプレス130キロのパワーを誇る一方、50メートル走を5秒8で駆け抜ける。

    パワーとスピードを兼ね備え、大学は未経験のラグビー推薦で立正大(関東大学リーグ戦2部)への進学が決まっている。スタメンを勝ち取れなかった中山は「このまま終わりたくないという気持ちが強かった」と、ラガーマンの道を選択した。

    知り合いの紹介で昨年6月に立正大のトライアウトに参加。初めての楕円(だえん)球を手に夢中で走り、体をぶつけた。1週間後、合格を通知された。元日本代表の堀越正巳監督は「強いし速い。楕円球に慣れればキックもできる。活躍できると信じている」と高く評価した。

    まずはWTBでプレーするという中山は「やるからには上を目指したい」と目標は高く、日本代表入りに挑戦する。

    1/7(日) 8:08配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00094671-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/06(土) 22:25:06.02 ID:CAP_USER9.net
    全国高校サッカー選手権大会は5日を終えて4強が決まった。今大会から1試合の交代枠が4人から5人に1人増えた。これを前橋育英・山田耕介監督は「ものすごく大きい」とし、「日程がキツイですからね。思い切って代えたい」と話していた。

    大会は年末の12月30日に開幕した。決勝の1月8日まで、その期間はわずか10日間。1回戦から出場するチームは決勝まで6試合を擁し、ほとんどのチームは12月31日に1回戦、1月2、3日に2、3回戦、同5、6日に準々決勝、準決勝。中1日で決勝を戦う。

    休養日は元日、4日、7日の3日間。その間、2度の2日連戦をこなすことになる。ある指導者は。「こんな大会、世界にないですから」と2回戦を終えて漏らしていた。

    国際サッカー連盟(FIFA)の規定では、国際Aマッチ2試合を行う間に、48時間を空けなければならないという規定がある。試合中、常に走り続けるサッカーという競技の過酷さから、選手の健康管理を維持する意味で設けられた規定だ。この規定を考えれば、高校サッカーがいかに厳しい日程下で行われているかは言わずもがな、である。

    前橋育英は昨年の決勝で青森山田に敗れて準優勝に終わった。山田監督は「去年は(2回戦から出場した)青森山田は5試合目、僕らは6試合目だった」と言う。強行日程の中、1試合分の負担が大きかったことは、両者の間に明らかな差を生み出していたのも確かだった。

    5日の準々決勝では1回戦から出場した明秀日立が、2回戦から出場した上田西に敗れた。

    明秀日立・萬場努監督は「われわれは4試合目だった(上田西は3試合目)。勝ち抜いて分かったことは、昨日の練習から選手の動きが重かったこと、1戦1戦やる中でメンタル的にもくること。想像を超えて厳しかった」と振り返った。

    1試合分多い心身の疲労度が試合を重ねる度にプレーに表れるのかもしれない。今大会で4強進出を果たした4校とも2回戦からの出場。これは偶然ではないかもしれない。

    やはり2回戦からの出場の恩恵を受けた前橋育英は2回戦で5人、準々決勝では4人を交代させて、疲労を緩和させながら勝ち進んだ。もちろんそれなりの選手層を築く必要性もある。山田監督は大会終盤戦を「去年は思った以上に動けなかった」と振り返る。その課題を生かして、勝ち進んできた。

    「せめて準々決勝が終わってから、1週間くらい明けてくれたら」と本音ももらす。正月の風物詩、高校サッカー選手権は“世界にない”過密日程との戦いでもある。同条件での高校生同士の戦いをさせてあげたいし、そうあるべきではないだろうか。(デイリースポーツ・鈴木創太)

    1/6(土) 10:00配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000050-dal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/05(金) 13:00:21.91 ID:CAP_USER9.net
    1月5日に行なわれる高校サッカー選手権・準々決勝で相まみえる日本文理のGK相澤ピーター・コアミと矢板中央のFW望月謙は、ポジションこそ違えど、共通点が少なくない。
     
    ともに父がガーナ人、母が日本人のハーフで、190センチの恵まれた体躯を持つ。そして、ふたりとも2年生だ。
     
    もっとも、ここまでの活躍ぶりは対照的だ。1、2回戦で連続完封をした相澤は、作陽との3回戦でもPK戦で2本をストップ。GKに転向してからまだ1年とは思えない圧巻のパフォーマンスを披露し、ベスト8進出の原動力のひとりとなっている。
     
    かたや望月は、初戦ではハーフタイム、続く3回戦では前半33分に交代を告げられるなど不本意な結果に終わっている。矢板中央の髙橋健二監督は、前半から躊躇なくカードを切ることで知られているが、さすがにショックだったのか、ベンチでうな垂れる姿が印象的だった。
     
    「監督からはまず守備をしっかりやるように指示されている。あまりディフェンスは得意ではないけど、チームのために全力を尽くしている」初戦の後、そう語っていた大型ストライカーが狙うのは、もちろん今大会初ゴールだ。
     
    FWとGKだけに、1対1の勝負となる場面もあるかもしれない。規格外のふたりの対決に要注目だ。
     
    取材・文●江國 森(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

    1/5(金) 10:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00034435-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:カイキニッショク :2018/01/02(火) 23:47:39.90 ID:CAP_USER9.net
    【高校選手権】青森山田のWエースがキャプテン翼の“ツインシュート”再現「正直触ってたが…」

    1/2(火) 18:58配信

    THE ANSWER

    第96回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦が行われ、前回王者・青森山田(青森)はフクダ電子アリーナで草津東(滋賀)に5-0と大勝を収めた。

    青森山田は、J1ヴィッセル神戸への加入が内定しているMF郷家友太(3年)、J2モンテディオ山形への加入が内定しているFW中村駿太の“二枚看板”が大会の注目ポイントにも挙げられている。2回戦からの登場となったダブルエースは、草津東戦で「キャプテン翼」さながらの“ツインシュート”を炸裂させ、
    スポットライトを浴びた。

    3-0で迎えた後半20分、ペナルティーエリア内で相手を背負いながらボールを受けた中村は、ワンタッチでゴール前にボールを流し、自らもすかさず反転。ややトラップが大きくなってしまったため、左足を伸ばしたスライディングシュートを選択した。

    同時に左サイドから走り込んできた郷家にとっては、中村のトラップが絶妙な“スルーパス”として足元に転がり込んできたため、狙い澄まして右足を振り下ろした。

    中村と郷家によるシュートのタイミングが見事に重なり、両選手から同時に打たれたシュートは、まるで世界で大人気の漫画「キャプテン翼」の主人公・大空翼と岬太郎が披露した“ツインシュート”を実写化したように、豪快にチーム4点目となる追加点を生んだ。

    郷家は自らの3点目を中村に“譲る”形に…「ゴールはあげようかなと思って」

    郷家がガッツポーズをしながら後ろを振り返ると、そこには郷家以上に喜びを爆発させている中村の姿があった。

    「正直、触ってたんですけどね。(中村)駿太がだいぶ喜んでたんで、ゴールはあげようかなと思って。どっちも触って一緒に打った感じだったんですけど、譲りました」

    公式記録上は中村のゴール。仮にすでに2点を挙げていた郷家のゴールと認定されていれば、初戦でいきなりハットトリックを達成することになっていたが、1トップを担うストライカーへの配慮を示したその器には、すでにJリーガーとしての風格が漂っていた。

    最終的には郷家、中村ともに2得点とダブルエースが揃い踏み。青森山田の黒田剛監督は「今大会はどこもエース格が点を取っているし、うちは中村と郷家が取ってくれたということで、チームに勢いをつけてくれた」と牽引する両選手を労った。

    得点シーン以外でもピッチで大きな違いを生み出していた郷家と中村は、青森山田の連覇達成の鍵を握る主役であることに間違いないだろう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180102-00010008-theanswer-socc

    続きを読む

    1:湛然 ★:2017/11/10(金) 05:54:29.31 ID:CAP_USER9.net
    11/10(金) 5:32 スポーツ報知

    高橋ひかる「光栄」“若手女優の登竜門”高校サッカー13代目マネジャー決定

    12月30日から来年1月8日まで行われる「第96回全国高校サッカー選手権」(日本テレビ系で中継)の13代目応援マネージャーに女優の高橋ひかる(16)が決定したことが9日、分かった。

    初代の堀北真希から、新垣結衣、広瀬すず、永野芽郁らが名を連ねる若手女優の登竜門といわれるポスト。「すごく光栄。憧れの方たちと同じ役目を果たせるように頑張りたい」と意気込む。就任を機に「フレッシュさを出したい」とロングヘアを20センチ以上カットする気合の入りようだ。

    現役の高1。芸能活動を始める前は、高校でサッカー部のマネジャーをすることが夢だったといい、念願かなった形。「年末年始を選手のみなさんと一緒に過ごせるのが楽しみ。全校分のミサンガを編む準備を始めています」と熱い闘いに寄り添うことを誓った。


    「全国高校サッカー選手権」の13代目応援マネジャーに決まった高橋ひかる



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000241-sph-ent
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ