海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:Jリーグ > 遠藤保仁

    1:Egg ★:2018/01/29(月) 23:15:21.47 ID:CAP_USER9.net
    「国際レベルのヒーロー」として遠藤が選出、伝説的FWの釜本氏も名を連ねる

    現代のサッカー界では、優れた選手が欧州に集うという情勢が当たり前のようになっているが、欧州でプレーしない名手も少なくない。

    英メディア「sportskeeda」は欧州でプレー経験のないアジア人トップ5を特集。日本人選手が二人選ばれ、往年の名ストライカーも名を連ねた。

    特集の中で筆頭とされたのが、J1ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁だった。2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)のデンマーク戦で鮮やかな直接フリーキックを決めた遠藤は、10年近くに渡って日本の攻撃を司るコンダクターとして君臨。特集でも「国際レベルのヒーロー」として高く評価された。

    そして、4位には1968年メキシコ五輪で銅メダルに輝いた日本チームの伝説的なストライカーである釜本邦茂氏が選出されている。日本代表として国際Aマッチ76試合75ゴールを決め、日本サッカーリーグのヤンマーディーゼルでは202ゴールを決めた。特集では「そうした輝かしい記録も、ヨーロッパでのプレーにはつながらなかった。そのような時代だった」とされている。

    他では、元サウジアラビア代表FWで“砂漠のペレ”の異名を取ったマージェド・アブドゥラーや、同代表のGKとして1994年アメリカW杯で神がかり的なセービングを連発したモハメド・アル・デアイエ、イラク代表として1986年メキシコW杯に出場したFWアーメド・ラディが選出されている。

    現在は日本など東アジアだけでなく中東からも多くのプレーヤーが欧州でプレーしている。遠藤こそ近年のサッカー界で活躍した選手だが、釜本氏などが「そのような時代だった」と触れられているように、生まれた時代が違えばアジア出身として欧州のトップクラブでプレーしてもおかしくない名選手になっていたのかもしれない。

    1/29(月) 22:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00010020-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 22:42:57.35 ID:CAP_USER9.net
    ◆ガンバ大阪・遠藤保仁インタビュー

    ガンバ大阪の遠藤保仁は、今季の前半途中から本来のボランチではなく、トップ下のポジションでプレーする機会が増えた。以前も一時期、FWや右MFの位置でプレーしたことがあったが、これほど長くボランチから離れることはなかった。

    遠藤の”指定席”には20歳の井手口陽介が入って、不動のものにしつつある。そうした現在の状況について、遠藤本人はどんな心境でいるのだろうか。

    「正直、ボランチじゃなきゃダメとか、そういうこだわりはないね。それは、気持ちが変わってきたというより、自由にやらせてもらっているから。トップ下のプレーで(長谷川健太)監督に言われているのは、攻守の切り替えや、球際で激しくいくとか、ボールを取られたら全力で取り返すとか、当然やらなければいけないことだけ。特にやってはいけないこともないし、ほんと自由。自分たちがどう攻めるかってよりも、どうしたら相手のバランスが崩れるのかな、ということを意識して攻撃している。(トップ下も)楽しいから、そこでもいいかな、という感じ」

    遠藤のポジションは、配置的にはトップ下だが、チームでは自由に動く”フリーマン”的な役割を果たしていた。

    「ボランチよりも(ポジションが)5m前に出ているだけだけど、景色が違うし、相手のプレッシャーはかなり厳しい。ただ、前に行けば行くほど、ミスをおかしても許される部分があるので、今は楽しんでやれている。それが、大事でしょ。俺は楽しんでサッカー人生を終わりたいんで、最後は別にボランチじゃなくてもいいと思っている」

    遠藤は現在、36歳。年が明ければ、37歳になる(1980年1月28日生まれ)。年齢的に、体力的な衰えなど、若い頃とは違った面で苦労を感じてもおかしくない。さらに今後、監督のサッカーの志向や若手の台頭によって、ベンチに置かれる機会が増えていくかもしれない。ベテランの生き方を、遠藤はどう捉えているのだろうか。

    「(これまでと同様)この年齢になっても、体のケアは特別なことは何もしていない。練習前、ストレッチする時間がちょっと長くなっただけ。基本、ひと晩寝れば、気持ちも、疲れもすっきりするからね。

    まあ、俺らの年齢で大事なことは、変なプライドを持たないこと。『昔はこのプレーができていたのに』って(過去の自分と)比べられたりするけど、それを気にしてもマイナスになるだけ。『あいつ、キレがなくなったな』って言われることもあるけど、そりゃこの年齢になれば、20歳のときとは違うし、キレがなくなるのは仕方がないこと。

    逆に、その当時はできなかったプレーが、今はできることもある。自分の武器を大切にしつつ、まだまだできないことにもトライする。全力でがんばってダメなら、そこは他の選手にカバーしてもらえばいいし、逆に周囲の選手ができないことを自分がやればいい」

    『黄金世代』の同期、小笠原満男(鹿島アントラーズ)や、小野伸二(コンサドーレ札幌)、稲本潤一(札幌)らも、まだ現役で奮闘している。それでも”引退”の足音はヒタヒタと近づいているに違いない。その点の見極めについて、遠藤はどう考えているのか。

    >>2以降につづく
    no title
    webスポルティーバ 12/16(金) 14:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161216-00010003-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/26(土) 08:31:18.27 ID:CAP_USER9.net
    アルバイト求人情報サービス「an」は、サッカー情報メディア「サッカーキング」とタイアップした『「an」超バイト』の新企画として、J1・ガンバ大阪の遠藤保仁選手の「フリーキックの壁」を務める人材募集を特設サイトで始めた。

    『「an」超バイト』の新企画

    記念となるJリーグ通算100ゴールを達成した遠藤選手はフリーキックの名手としても知られており、今回その精度をさらに高めるため、普段とは違う練習相手として「リーキックの壁」イトを7人を募集する。

    経験・年齢・性別などは問わない。「壁をつくるだけの簡単なお仕事で、アルバイトやサッカー未経験者も大歓迎」という。

    練習後には遠藤選手を囲んで簡単な質問タイムを実施し、その内容は「サッカーキング」や「an」超バイトレポートの記事として公開される。

    報酬は、日給3万円と遠藤選手のサイン入りスパイク、さらにシュート1本阻止につき「壁」全員に500円のインセンティブが支払われるほか、全国どこからでも交通費が全額支給される。

    募集期間は2016年12月5日午後11時59分までで、応募方法は「an」公式ツイッター(@weban)をフォローし、本企画の該当ツイートをリツイート。特設サイト内のフォームから応募する。

    「壁」として働くのは12月中旬の予定。

    J-CASTニュース11月26日(土)8時0分
    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1126/jc_161126_3150991897.html

    写真
    続きを読む


    2014-12-28_21h22_12
    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 20:33:12.04 ID:???0.net
    27日放送、テレビ東京「FOOT×BRAIN」には、チームで3冠を達成したガンバ大阪・遠藤保仁が出演。「2014日本サッカー総括SP」と題し、今季を振り返った。

    自身も初のMVPを受賞した遠藤だが、「断然嬉しい」と語るのはチームの方。「チーム全員でアウォーズに行くっていう、最高ですね」と笑顔を見せた。

    そんな彼のプレーに対し、他のゲスト解説陣から「試合中、何を見てプレーしているの?何を考えてるの?」と訊かれると、遠藤は「鳥になれと思ってます」と切り出した。

    「鳥が(空中で)とまって(飛んでい)る時ありますよね。あん時、すごいカッコいいなと思うんですよ。俺が空を支配しているみたいな。(ピッチに)20人いるじゃないですか。それを一挙に支配したい。全員を自分のパスで動かすみたいな。でも無理ですね。無理って言ったらダメだな。可能性は低いですけどそこを目指してます」。

    その理由をこう語った遠藤だが、シュートまでの流れが全てイメージ通りにいくのは「年に一回あるかないか」といい、「今シーズンは一つもなかったです」とも――。

    また、W杯での惨敗について「相当力の差は感じました。自分達の力不足っていうそれだけ。
    (差は)組織力以外全部です。組織力は世界一だと信じてます。ただ組織を壊すのって個じゃないですか。その個があまりにも差があるのでそれに対応できない」と述べた遠藤は、日本の課題の一つを「世界に通用するセンターバックっていないんですよね。サイドバックはいてもセンターバックがいない」と分析した。

    http://news.livedoor.com/topics/detail/9623013/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419766392/


    続きを読む

    2014-11-12_10h41_41
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/12(水) 01:14:49.29 ID:???*.net
    「代表はいつだって目標。最年長ですけどアギーレさんになってからは新入生と一緒。学ぶところは大きい。クラブとは要求が違うだろうけど、戦術を理解していきたい」。

    日本男子で歴代最多となる国際Aマッ チ146試合出場経験を持つ百戦錬磨の気分は“オールドルーキー”といったところだ。

    ジーコジャパン時代の02年に初選出されてから足かけ15年。ドイツW杯では出場なしという憂き目にも遭ったが、長きにわたって代表に呼ばれ続けた。

    ブラジルからの5カ月という空白期間に「これほど日本代表から離れたのも久々だったのでね。代表は見るものじゃないと、あらためて思いましたね」。ひょうひょうとした口ぶりとは裏腹に、その言葉は熱を帯びている。

    見据えるのはロシアW杯。「W杯は何度出ても良いもの。毎試合が特別ですし、またその経験を積んでいけたら」と4年後に視線を向ける。

    アギーレ監督も「サッカーは年齢ではなく、質」と選出理由を説明するように円熟味を帯びるプレーメーカーは、ピッチ内でその存在価値を見せつける。

    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/11/11/0007492919.shtml?pg=2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415722489/


    続きを読む


    1: ね( ゚Д゚)こφ ★ 2014/01/16 03:48:26
    G大阪の日本代表MF遠藤保仁(33)が15日、自身のオフィシャルブログを開設した。

     遠藤のニックネーム“ヤット”にちなんで「ヤットはじめました。」というタイトルで、ハワイで撮ったと思われる砂に埋まった写真が表紙を飾っている。

     遠藤はさっそく「皆さんこんにちは。遠藤保仁です。今年もサッカーがんばっていきます。個人的なブログをちょっと始めてみようと思います。たまに書いてみようと思うので、よろしくお願いします」 と開設のあいさつ。

     クラブのHPでも「プライベートや遠藤選手の出演番組などの情報を掲載していく予定です」と告知されたこともあり、さっそくコメントも150件を超えた(15日午後7時半現在)。「ブログとか絶対やらない方だと思ってたので嬉しいです」「ヤットさんがブログを始めるとか、正直信じられないとか思ってしまいました」と驚きの声が上がりながらも、「待っていました」と遠藤の声を楽しみにしているファンの声が投稿されている。

     サッカー界では、サウサンプトンのDF吉田麻也(25)のブログが人気で、本も出版したほど。 C大阪で人気の柿谷曜一朗(23)も昨年の11月からブログを開始し、ファンに情報を発信しているが、遠藤の“生の声”も楽しみなところだ。




    そーす ですぞ
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/01/15/kiji/K20140115007392670.html
    ブログ ですぞ
    http://ameblo.jp/y7-yatto/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ