海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:日本代表 > ジーコ

    1: Egg ★ 2018/05/17(木) 17:58:21.84 ID:CAP_USER9
    ブラジルの元スーパースターで、2006年W杯ドイツ大会では監督として日本代表を率いたジーコ氏(65)が夕刊フジの独占インタビューに応じた。

    W杯ロシア大会(6月14日開幕)を控える日本代表・西野朗監督(63)、主軸として活躍が期待される本田圭佑(31)=パチューカ、さらにはJ1神戸入りが取り沙汰されるスペイン代表MFイニエスタ(34)=バルセロナ=へ、次々と直言。同氏は16日にいったん母国ブラジルへ帰国するが、再来日して30日のガーナ戦(日産ス)をナマ観戦し、西野ジャパンをアシストする意向も明かした。(聞き手・久保武司)

    --ジーコさんが日本代表を指揮した2006年W杯ドイツ大会から12年がたった

    ジーコ「えっ、もうそんなにたったのかい? 早かったね~。私はその間に孫が7人もできたよ」

    --日本代表はW杯本戦2カ月前になって西野監督が就任した

    「“ガンバッテ、ニシノサン”と(日本語で)メールを送ったよ。なんといっても彼は(1996年アトランタ五輪で)ブラジルを倒した監督だからね」

    --ジーコさんはW杯ドイツ大会のメンバー発表会見の際、印字されたメンバー表を読み上げるのではなく、逆に真っ白な紙に1人1人、選手名を書き込みながら発表していったのが印象的

    「頭の中で、本大会に連れて行くメンバーはすぐに決まったよ」

    --でも、サプライズがあった。最後の最後で「マキ~(FW巻誠一郎)」と

    実はあそこだけが決まっていなかった。FW久保竜彦(当時横浜FM)をどうしてもW杯に連れて行きたかったが、腰痛でドクターストップがかかってしまって。最後の最後に長谷部(現フランクフルト)を外すときにも迷った。でも、あのときはヒデ(中田英寿氏)を筆頭に、(中村)俊輔、稲本、小野、中田(浩二氏)、福西(崇史)といった、そうそうたるメンバーがいたからね」

    つづく

    夕刊フジ 5/17(木) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000017-ykf-spo

    写真
    20180517-00000017-ykf-000-1-view
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/08(日) 16:32:26.55 ID:CAP_USER9.net
    10/7(土) 20:00配信
    ブラジルで“ジーコ限定モデル”のカローラ発売 ハンドルや座席にサインが施される

    ブラジル代表の伝説的名手で元日本代表監督の“神様”ジーコ氏が、公式インスタグラムに1枚の写真を掲載。ブラジルで自身の名前を冠した“限定モデル車”が発売されることを受けて、「このような栄誉あることは想像していなかった」と綴っている。

    ジーコ氏はフラメンゴ、ウディネーゼでのプレーを経て、Jリーグ創設直前の1991年に鹿島アントラーズの前身である住友金属に加入。鹿島に勝者のメンタリティーを植え付け、「常勝軍団」の礎を築いた。2002年からは日本代表監督を務め、06年ドイツ・ワールドカップで指揮。その後はトルコ、ウズベキスタン、ロシア、ギリシャ、カタール、インドのクラブや、イラク代表監督を歴任した。

    7日に更新されたインスタグラムでは、日本の大手自動車メーカーであるトヨタから「Zico Limited Edition」が発売されることを報告。車の前でポーズを取る写真や、自身のサインが施されたハンドルや座席の写真を投稿している。そして「忘れられない日になった。私は人生でこのような栄誉あることは想像もしていなかった。この車の制作に関わったすべての人に心から感謝します」と綴った。

    ブラジルメディア「TORCEDORES」も、「トヨタ、ジーコを称えてカローラのスペシャルバージョンを発売」と特集。記事では、1981年の第2回トヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)で南米代表フラメンゴの一員として来日し、欧州代表リバプールを3-0で破り、MVP獲得と同時に副賞でトヨタのセリカを受け取ったことを紹介している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171007-00010020-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/29(火) 11:55:11.13 ID:CAP_USER9.net
    運命のW杯アジア最終予選オーストラリア戦まで、あと2日となった29日、日本サッカーの歴史とその積み重ねを感じさせる、味わい深い動画に出会った。

    デジタル技術の活用推進を掲げチャレンジを続けるJリーグが、先ごろ来日していた元日本代表監督ジーコ氏(64)を起用。「夏休み特別企画 ジーコおじさんのこども電話相談」という独自番組を制作した。ユーチューブの公式チャンネルで公開中だ。

    神様ジーコ氏が子どもたちの相談を聞き、独特の甲高い声で丁寧に、優しく、真剣に答えている。ほほ笑ましいやりとりに見入っていると、いきなり「柳沢敦です」と元日本代表FWがサプライズ登場。驚いた。

    「ゲンキデスカ~」と、ジーコ氏の顔が一気にほころぶ。「こども相談室」。確かにジーコ・チルドレンの柳沢は“こども”だ。妙に納得して見ていると、突然、柳沢の口から予想もしない言葉が飛び出し、もっと驚いた。

    自ら切り出したのは06年W杯ドイツ大会クロアチア戦のシュートミス。一部で「急にボールが来た(QBK)」と言われ、揶揄(やゆ)された、あの場面についてだった。

    番組内のやりとりを、すべてここに書いてしまうのはどうか。詳細は、実際に番組で確認してもらった方がいいだろう。もう1人のサプライズゲスト、巻誠一郎もそうだが、11年たっても一切変わらぬ師弟の絆を強く感じさせられた。そんなやりとりが、詰まっていた。

    「ジーコおじさん」と呼ばれた神様は「もうおじいちゃんなんだけど」と笑っていた。あの時、53歳だった日本代表監督は、64歳の元日本代表監督となった。ジーコ氏からオシム氏、岡田武史氏、ザッケローニ氏、アギーレ氏、ハリルホジッチ監督と、日本代表指揮官もバトンをつないできた。

    日本代表も、W杯はドイツ以降、10年南アフリカ、14年ブラジルとさらに2大会に出場し、オーストラリア戦に勝てば、18年ロシア大会にも出場できる。

    ジーコ氏もプレーしたJリーグは25年目。四半世紀の歴史を重ねてきた。神様の教えを受け育まれた柳沢は、古巣・鹿島のコーチになった。巻はまだ必死に故郷のクラブ、J2熊本でゴールを狙い、戦い続けている。

    積み重ねと、受け継がれ、紡いできた歴史がサッカーの魅力であり強み。日本代表も、Jリーグも、そしてそれを取り巻く人たち、運命の一戦を前に、今はみんなが同じ思いでいるはずだ。

    オーストラリア戦には、日本サッカーの力を結集させて臨んでもらいたい。ハリルホジッチ監督と27人の代表選手にも、強い絆があるはずだ。ほほ笑ましくも印象深い、この番組を見て、そう強く願った。

    【サッカー担当=八反誠】

    8/29(火) 11:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-01879508-nksports-socc

    写真


    動画 ジーコおじさんのこども電話相談【夏休み特別企画】

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 10:28:30.46 ID:???*.net
    汚職にまみれたFIFA(国際サッカー連盟)の騒動が元ドイツ代表のレジェンド、ベッケンバウアー(70)にも飛び火した。21日、FIFA倫理委員会が「ベッケンバウアー氏も調査対象になっている」と発表。地元メディアは「W杯招致の買収疑惑」を書き立てている。あの“皇帝”まで……とサッカー界は大揺れだ。

    FIFAは、ブラッター会長を筆頭に幹部、理事の90%以上がクロといわれている中、改革派の旗頭としてクリーンなイメージがあった元フランス代表でFIFA副会長のプラティニにもスキャンダルが発覚。

    11年にブラッターから名目不明の2億5000万円が支払われたことが明らかになり、出馬の意向を示していた来年2月のFIFA会長選も辞退せざるを得なくなっている。

    ベッケンバウアーに関しては、一部から「次期会長に適任では?」という声が上がっていた。その矢先の「W杯招致買収疑惑」騒動でこちらもアウト。FIFAは解体の危機に瀕していると言っていいが、「公私にわたってクリーンな人物にFIFA会長を任せるしかないのは明らか。サッカー界に適任者がいます」と、Jリーグ関係者がこう続ける。

    「元日本代表監督のジーコです。彼は“バカ”が付くほどの正直者。清廉潔白が服を着て歩いているような人です。鹿島時代、講演した某企業からギャラが振り込まれた。その金額を聞いた瞬間、『聞いていた金額よりも多い。きちんと返さないといけない』と言い出したほどですからね。

    有名なファクス用紙事件というのもあります。

    日本代表監督時代に大きなカバンを抱えたジーコが日本サッカー協会にやってきた。何かと思ったら、協会がジーコの自宅に送ったファクスの束だった。ジーコから真顔で、『裏は白いのでメモ用紙に使える。そう思って捨てないでおいた。使って欲しい』と言われた協会職員は『締まり屋とは聞いていたが……』と苦笑いするしかなかった」

    FIFA理事を兼務する田嶋サッカー協会副会長は、「協会として(次期会長選で)誰を支持するのか、候補者が出揃ってから(決める)」と他人事みたいに言ってないで「ジーコを推す」と言ったらどうか。
    2015-10-24_11h44_47
    日刊ゲンダイ 10月24日(土)9時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000022-nkgendai-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445650110/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 06:58:14.24 ID:???*.net
    フットボールチャンネル 6月30日(火)21時41分配信

    元日本代表のジーコ氏が、チリで行われているコパ・アメリカ(南米選手権)でベスト8に終わったブラジル代表に対して批判的な意見を述べている。

    ネイマールを出場停止で欠くブラジルは、準々決勝でパラグアイと対戦し、PK戦の末に敗北。同国は前回大会でもパラグアイ相手にPK戦で敗れ、2014年に母国開催したW杯での大敗に引き続き、国際大会で国民が納得する結果を収めることはできなかった。

    ブラジルメディア『Extracampo』でジーコ氏は「過去の代表チームと正確に比較することはできない。しかし、今の代表選手は魂を失っている。ブラジル代表になるためには、得点を量産でき、多くのタイトルを獲得していなければならない。今はそれがなくても簡単に代表に入れる。W杯の頃から何も変わっていない」と、タレント不足の現状に苦言を呈した。

    なお、チームを統轄するドゥンガ監督は「技術があってもそれだけでチームを勝たせることはできない。我々は(ジーコ氏がプレーした)78年、82年、86年のW杯で優勝できず、(自身が主将として優勝に導いた)94年大会まで24年間も栄冠から遠ざかっていた」と反論的なコメントを残している。
    2015-07-01_10h00_06
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010021-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435701494/

     
    続きを読む


    2015-06-03_12h44_51
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 11:39:11.82 ID:???*.net
    ジーコ氏「私も立候補できる」=FIFA会長選

    時事通信 6月3日(水)11時33分配信

    【サンパウロ時事】国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長の辞任表明をめぐり、サッカー元日本代表監督のジーコ氏は2日、自身のフェイスブックに「私はFIFAに立候補することができる」と書き込み、会長選挙への出馬に関心を示した。

    ジーコ氏は「今はまだアイデアにすぎない」としつつ、「私の人生は常にサッカーとともにある」と表明。ブラジルのスポーツ大臣を務め、日本でサッカー発展に貢献した経験もあると書き込んだ。

    ジーコ氏はブラジル代表としてワールドカップに3回出場。トルコ、ロシアなどのクラブで指揮を執った。

    地元紙フォリャ・ジ・サンパウロによると、ジーコ氏がFIFA会長選に立候補するには、加盟209協会のうち、少なくとも5協会の支持を集める必要がある。 

    最終更新:6月3日(水)11時33分

    時事通信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000055-jij-spo

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 17:28:40.54 ID:???0.net
    ジーコは昨年12月21日、同年10月からスタートしたインドスーパーリーグ(ISL)での役目を終えた。インドで9カ国目の監督業を務め、わずか4カ月間だった。

    指揮を執ったチーム、ゴアは前期8クラブ中最下位と低迷したが、後期は驚異的な巻き返しで2位に浮上。優勝決定戦に進出し、準決勝でPK戦(2-4)の末、惜しくも敗戦した。

    「自分の意思というより、いつの間にか次に行く国が決まっている。日本の時も、ロシアの時もそう。まだ戦場の傷がたえないイラクもそうだった。今回も気がついたらもうインドにいた」というジーコ。インドでもすっかり地元の人々のハートをつかんだ。

    2002年に日本代表で初めて本格的な監督業をスタートして12年。監督業はもちろん結果がすべてだが、たとえそれが伴わなくてもジーコを支持する人がいる。

    なぜ、世界を股にかけ監督をするのか。ジーコは「さまざまな事情で光を失っていた人々がスポーツを通じて再び輝きを取り戻す。今まで行った国ですべて感じたことだ。それを見るのがたまらなくうれしいんだ」としみじみと話す。

    ISLの全日程を終えた際、クラブ主催のスペシャルディナーがあったそうだ。その席で「みんなで必死に4カ月間戦ってきたことで未来への種子は確実に蒔かれたということを伝えたい」と話し、大きな拍手を浴びたという。

    2015年のジーコはどこへ行くのか。「オレも61歳。孫と一緒に暮らすよ」。3人の息子には今、総勢5人の孫(4男1女)がいる。初孫はジーコが55歳の時。次男のブールノ氏夫妻に誕生した男の子、フェリペちゃんが誕生している。

    ジーコのDNAを受け継いだ無類のサッカー好きだという。孫からのお願いでW杯ブラジル大会期間中にはオランダ代表のキャンプを陣中見舞いしている。

    「もう、勝った負けたの世界はそろそろ卒業するよ。一族でもオレは孫の面倒をみるのが一番うまい。なんでも一番をとらなきゃならない。2015年は孫と一緒に暮らすことに決めた」とジーコ。

    もっとも昨年の今頃も「孫と暮らす」と話していた。“サッカー伝道師”のオファーが来たら、また「いつのまにかこの国に来てしまったよ」と笑って話すに違いない。 (元日本代表通訳・鈴木國弘)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20150107/soc1501071550001-n1.htm
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420619320/

     
    続きを読む


    G20140723008614150_view
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/17(水) 22:52:16.78 ID:???0.net
    ジーコが「監督業」を始めた日本から数えて8カ国めで指揮することが決まった。経済発展が著しいインドだ。10月に開幕するインド・スーパーリーグ(ISL)、ゴアの監督に就任した。1月にアルガラファ(カタール)の監督を辞任して以来の現場復帰である。

    インドとは驚きだった。確か、カレーも食べられないはずだった。思わず電話した。「今度はインドですか」と尋ねると「おぅ、ありがとよ。オマエもそっちで頑張れよ」。いつも通りのやり取りにホッとした。

    2006年に日本代表監督を退任してから、トルコ、ウズベキスタン、ロシア、ギリシャのクラブを渡り歩いた。戦火の爪痕が残るイラクで代表監督を務めることが決まったときも、同じような単純なやり取りだけだった。

    ジーコのもとには、今回のインドのほか、中国などアジアの複数の国から、何年もかけて熱心なオファーがあった。1月にカタールのクラブを離れたときも、どこかで監督に復帰するのは時間の問題だろうと見ていた。

    サッカー発展途上国だった日本の、それも鹿島に来たとき。公式には「カシマがプロサッカーを通した町おこしというプロジェクトを行うことに興味を引かれた」と表現したが、

    このコメントを通訳する度に疑問を感じていた。というのも、鹿島以外にも当時引退していたジーコの現役復帰を望む、魅力的なオファーがサッカー先進国から数多くあったからだ。

    「あの時、何度も積極的に、かつ具体的なオファーをくれたのは住金(鹿島)だけだったから」とジーコは言ったが、その真相を本人に直撃したのは何年もたってからの飲み会の席だ。

    「スズキ、理屈じゃないんだ。ああだ、こうだ言うよりも、日本に行かなきゃ、鹿島でサッカーをしたい、という衝動に突き動かされたんだよ。もちろんチームの強化も大切だが、そんなことよりサッカーを通して人々が情熱を解き放てる場をつくりたいんだ」

    これがジーコの本心だった。周囲の大反対にもかかわらずイラク行きを決めたのも同じ理由だった。

    ジーコには常に困難がつきまとってきた。国民性や文化の違い、サッカーに取り組む姿勢の違い…。そして、焦燥、空回り、四面楚歌といった現実に直面した。これまで成績不振による解任もあったが、何度も意味不明な契約解除があった。「来週応援にいきます」と電話すると、「観光でもするか? 来てもいいけど、オレはいないよ。今、クビになった」と言われたこともある。

    めったに弱音を吐かないジーコが以前、ポツリとこう言っていた。「日本をスタートに、いくつもの国を巡ったが、いつも思うことがある。なぜオレにとってベストの国をいちばん最初に選んでしまったんだろう」と。

    ジーコの思いがインドでどう伝わるか。期待したい。 (鈴木國弘)

    2014.09.17
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20140917/soc1409171550001-n1.htm
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1410961936/


    続きを読む

    E382B8E383BCE382B3E79BA3E79DA32012E382A4E383A9E382AFE688A6E5898D

    1: 風吹けば名無し 2014/01/18 21:28:51 ID:IlDtQvx+
    なぜ日本に来てたの?

    3: イズミール ◆YWCbD8GdcA 2014/01/18 21:29:41 ID:mQDb5Dr2
    お金があったからなぁ

    5: 風吹けば名無し 2014/01/18 21:30:45 ID:ODV/h/ko
    ジーコがほのぼのレイクのCMに出ていたことの方が凄すぎる

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ