海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > アトレティコ・マドリード

    1: Egg ★ 2019/07/06(土) 10:35:53.07
    アトレティコ・マドリードは5日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを巡り、バルセロナに向けて声明を発表した。

    アトレティコ・マドリードは5月14日にグリーズマンのクラブ退団を発表。同選手にはバルセロナ加入がかねてより噂されているが、現時点で未だに移籍決定に至っていない。その背景に、アトレティコ・マドリードとバルセロナの関係悪化がある模様だ。

    アトレティコ・マドリードは公式HPを通じて異例ともいえる声明を発表。声明によると、バルセロナはアトレティコ・マドリードの重要な時期にグリーズマンとの交渉を行っていたという。さらに、グリーズマンの契約解除金が減額される7月以降に移籍成立を延長するよう要求してきた模様だ。クラブは次のような声明を発表してバルセロナの振る舞いを批判した。

    「バルセロナとグリーズマンが3月の時点で移籍合意に至っていたことを、彼の退団が決まった後に知らされた。合意に至った時期は、我々がチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでユヴェントスと対戦する直前だ」

    「さらに、バルセロナの会長はグリーズマンの契約解除金が減額される7月1日以降に移籍を成立させるよう要求してきた。我々の返答としては当然”ノー”だ。これはアトレティコ・マドリードとファンに対して敬意を欠く行動だ。次の日曜日、グリーズマンにはプレーシーズンの練習参加を義務づける」

    「グリーズマンに我々との契約関係を断ち切るよう誘導したバルセロナに対して、強い不快感を表明する。ユヴェントスとの試合だけでなくリーガ・エスパニョーラでも重要な時期であったため、バルセロナはアトレティコ・マドリードとその何百万人ものファンに大きな損失をもたらした」

    今回の声明から、アトレティコ・マドリードとバルセロナの関係が良好でないことが伺える。果たしてグリーズマンのバルセロナ加入は決定するのだろうか。

    7/6(土) 10:11配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-00954961-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/04(木) 11:09:05.13
    アトレティコ・マドリードは3日、ベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを獲得したことを発表した。

    現在19歳のフェリックスは、2018年にトップチームデビューを果たすと、昨シーズンは公式戦43試合で20得点を記録。リーグ戦の優勝に貢献した他、ヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグでは、フランクフルトを相手にハットトリックを記録するなど活躍し、市場価値が急騰した。

    イギリスメディアの『BBC』によると、推定移籍金は1億2600万ユーロ(約153億円)にのぼり、10代の選手としては2018年にパリ・サンジェルマンへ移籍したキリアン・ムバッペに次ぐ高額移籍だという。

    アトレティコ・マドリードはシーズン終了後にディエゴ・ゴディンやアントワーヌ・グリーズマンら主力が退団を発表した。新シーズンへ向けて戦力の低下が懸念されてきたが、ブラジル代表DFフェリペ、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテらを補強。さらに今回のフェリックスを獲得し、着実に補強を進めている。
    2019-07-04_11h33_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00954458-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/29(水) 07:48:32.58
    アトレティコ・マドリーはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するFWエディンソン・カバーニの獲得に迫っているようだ。27日付けのスペインラジオ『カデーナ・セール』が報じている。

    アトレティコのカバーニが間もなく誕生するようだ。同ラジオは32歳のウルグアイ人は既にアトレティコに移籍する事で合意していると伝えている。
    今季のカバーニはPSGでリーグ戦21試合に出場し18得点を挙げリーグ優勝に貢献した。また公式戦通算では279試合で193ゴールを決め20個のタイトル獲得に貢献している。

    これまでエースだったアントワーヌ・グリーズマンが今季終了後にアトレティコ退団を発表した事で、クラブにとって点取り屋の確保は来季に向け重要な補強ポイントとなっている。
    なお、カバーニがアトレティコに加わるとジエゴ・コスタがクラブを去る可能性が高くなるとも伝えられている。

    先日、仏メディア『カナル・プリュス』でカバーニは「最も大事なことは契約を尊重する事だ。
    パリの街は住み心地が良いし、クラブの事も愛している。このまま契約終了までクラブに残りたいと思っている」と語っていた。
    PSGに忠誠を誓っていたカバーニだが、果たして新天地を求める事になるのだろうか。
    20190401_cavani_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00323596-footballc-socc
    5/29(水) 7:40配信

    続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2019/05/15(水) 08:33:42.44
    ゴディン→インテル
    グリーズマン→退団正式発表 
    コスタ→練習ボイコット
    モラタ→チェルシー帰還
    レマル→期待ハズレ

    かなC

    2: 風吹けば名無し 2019/05/15(水) 08:34:03.52

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/12(日) 05:19:19.17
    ディエゴ・シメオネ監督が、薄くなっていることが見受けられる自身の頭髪について、ついに口を開いた。

    シメオネ監督は最近ボリューミーな髪型をしているが、それでも後頭部が薄くなりつつあるのは、試合の映像などでも確認が可能だった。

    そして、シメオネ監督のそんな頭髪について、ついに切り込む人物が現れた。同じアルゼンチン人で、レアル・マドリーでもプレーしたDFオスカル・ルジェリ氏だ。

    『FOXスポーツ』の企画でシメオネ監督と談話を交えたルジェリ氏は、「しかし、そのすだれはどうなってる? 何をしているんだ? 今、私が質問してやろう。そのすだれはどうなっている?」と質問。自身の先輩にあたるルジェリ氏の問いかけに、シメオネ監督は笑顔を浮かべながら、次のように返答したのだった。

    「子供の頃から、良いことも悪いこともあなたたちに教えられた。頭の前方はとても良いんだが、しかし後方があなたみたいになってしまった」

    するとルジェリ氏は「でも試合を見ると、うまく覆っていると思うよ」とフォロー。これに対してシメオネ監督は「いやいや。後方が難しいことになっている。気をつけないと。もうジェルを使うのはやめたんだ。ジェルは良くないと聞いたんでね」と返し、頭髪に気を遣っていることを明かした。

    シメオネ監督はルジェリ氏とのやり取りで、パートナーであるカルラ・ペレジャさんとの生活、今年2月に彼女との間に生まれた愛娘バレンティーナちゃんについても触れている。

    「パートナーとのディナーでも、ずっと戦術について話している? いやいや……、時と場所はわきまえることができるよ」

    「おしめの替え方が分かるか? この前は赤ん坊に問題があって、急遽家に帰ったりした。朝の5時に哺乳瓶を持ってパートナーを助け、8時半に練習のためにもう一度起きて、11時半に選手たちに向けてスピーチしたりね。それが生活というものだ」

    「私たちが送る日々は、世界中のあらゆる人間と同じで、同じ感情を抱えている。私たちはパパであり、兄弟であり、子供なんだよ……」
    2019-05-12_08h26_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00010005-goal-socc
    5/12(日) 0:46配信

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/02/21(木) 15:37:37.74
    FWアルバロ・モラタのゴールが決まった直後(後にVARで取り消し)、自身の股間を両手で囲ったシメオネ監督だが、そのジェスチャーの意味を問われると「私たちは大きなタマを持っている。前にもやったことがあるよ」と返答。自チームの“根性”を強調している。(Goal.com)

    no title

    https://www.sanspo.com/soccer/news/20190221/sci19022112450015-n1.html

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/30(金) 10:20:25.00 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFコケが、レアル・マドリーの同代表MFイスコにメッセージを送っている。

    イスコは先日のアルゼンチン戦(6-1)でハットトリックを達成。フレン・ロペテギ監督率いるスペイン代表では、これまで13試合に出場して9得点と輝きを放っている。

    だが、マドリーではFWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルとの厳しいポジション争いを強いられ、イスコに定位置は与えられていない。コケはスペイン代表のチームメートについて、次のように話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。

    「僕はイスコの調子が良いと見ている。彼とは長い時間を共に過ごしてきた。僕と同じチームでプレーしている時は、彼がいつも一番だった。彼のレベルはスペクタクルだ」

    「ただ、僕はレアル・マドリーで毎日イスコを見ているわけじゃない。(ジネディーヌ)ジダン監督が何を考えているかは分からないんだよ。だけど、僕はイスコのプレーが大好きだ。マドリーで継続的にプレーできないなら、アトレティコに来ればプレーできるかもしれないね」

    アルゼンチンに大勝したスペインだが、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督はアルゼンチン人だ。コケは指揮官に関して以下のように語った。

    「それをネタにして監督と話すかは分からない。でも、僕はアルゼンチンに勝ちたいと思っていた。シメオネ監督が僕に何も言わないようにね」
    2018-03-30_11h40_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000039-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/27(火) 07:23:57.52 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ、カラスコ&ガイタンの中国・大連一方への移籍を発表

    アトレティコ・マドリーは26日、ベルギー人MFヤニック・カラスコ(24)、アルゼンチン人MFニコ・ガイタン(30)が中国の大連一方に移籍することを発表した。

    今季より中国1部リーグに昇格した大連一方は、アトレティコに資本参加していたワンダ・グループ(大連万達)が今後手綱を握り、来季以降に大連万達に名称を変える予定。ワンダ・グループは先にアトレティコの株式の大部分を売却したが、同クラブとは現在も良好な関係を維持しており、そのつながりが今回の2選手の移籍につながっている。

    大連一方はカラスコの移籍金として3000万ユーロ(約39億円)、ガイタンの移籍金として1800万ユーロ(約23億円)をアトレティコに支払う模様。またアトレティコはカラスコの移籍金の25%を、同選手の前所属先であるモナコに支払わなければならない。

    カラスコは2015年夏に移籍金1500万ユーロでモナコからアトレティコに加入。今季は序盤こそ出場機会を得られていたが、MFビトロの加入もあって徐々にその出番を減らしていた。アトレティコでの出場記録は124試合23得点。一方のガイタンは、2016年夏に移籍金2500万ユーロでベンフィカからアトレティコに加わり、49試合に出場した。

    なおアトレティコファンはクラブ、そしてカラスコの決断に対する不満を爆発させている。アトレティコの『ツイッター』アカウントに対して「俺の『ツイッター』に俺のニュースじゃないものをぶちこむな」「恥ずべきこと」「カラスコ、キャリアを失うぞ」「侮辱する気すら起きない」「何て経営だ」「俺たちは無力だ」といったメッセージを送っている。
    2018-02-27_08h08_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/22(木) 23:10:14.78 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ、カラスコに移籍の可能性が浮上...大連一方が移籍金40億円で狙う

    アトレティコ・マドリーMFヤニック・カラスコに、移籍の可能性が浮上している。

    2015年夏にモナコからアトレティコに移籍したカラスコ。その際、保有権をモナコとアトレティコが分け合う形で契約が結ばれたが、ここに来て中国のクラブがベルギー代表MFに触手を伸ばそうとしている。

    大連一方は移籍金3000万ユーロ(約40億円)を準備してカラスコ獲得に動いているようだ。中国の移籍市場は2月28日まで開いており、カラスコの代理人は今週中に取引をまとめるべく対応しているとされる。

    アトレティコは22日のヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦でコペンハーゲンと対戦する。この試合でディエゴ・シメオネ監督がカラスコを起用するかどうかにも注目が集まる。
    2018-02-23_11h00_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000061-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/05(月) 23:59:06.85 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンが、5日のリーガエスパニョーラ第22節、本拠地ワンダ・メトロポリターノでのバレンシア戦(1?0)で見せたジェスチャーが話題となっている。

    58分にFWアンヘル・コレアが先制点を決め、その後バレンシアの猛攻に耐えていたアトレティコ。終了間際にはカウンターを仕掛けるチャンスを得たものの、ボールを運んだグリエズマンはバレンシアの守備人数の方が多いことに鑑みて、相手ゴールに背を向けて味方の到着を待つという判断を下した。

    このグリエズマンの判断に、メトロポリターノの観客はなぜゴールを狙わないのかと容赦のないブーイングを浴びせた。これに対してグリエズマンは、人差し指を口にそえる“黙れ”のジェスチャーを行ったほか、大声で叫んで反論している。

    なおシメオネ監督は試合後、この一件についてはグリエズマンの判断が正しかったことを強調している。「グリエズマンはすべてをうまくこなした。攻撃陣が揃わないときに無理に攻撃をする必要はないし、ボールを保持すべきときにそうしていた」

    2/5(月) 21:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000027-goal-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ