海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 岡崎慎司

    1: Egg ★ 2019/04/17(水) 21:55:11.29
    侍ストライカーの大争奪戦が始まる――。イングランド・プレミアリーグ、レスターに所属するFW岡崎慎司(33)が今季限りで退団することが確実となった。英紙「テレグラフ」(15日付)など各メディアが一斉に報じた。イタリアやスペイン行きが浮上する中、契約満了で移籍金が発生しないため、Jリーグ復帰もささやかれている。

    2015―16年シーズンのミラクル優勝に貢献した岡崎も、今季は先発出場がわずかに1試合で無得点。地元メディアによると、レスターは岡崎に契約延長をオファーしない方針で、シーズン途中に就任したブレンダン・ロジャース監督(46)と話し合った結果、退団を決意したという。

    1月末締め切りの移籍市場で同リーグのハダースフィールドなど複数クラブからオファーが届いたものの、再浮上を誓ってレスターに残留。しかし、その後も状況は変わらなかった。12日のニューカッスル戦でも出番なし。「厳しい道が待っているが、それがサッカー選手」と現実を受け止めていたが、岡崎は新天地を探していく構えだ。

    かねて「いい選手は絶対にどこかに拾われる。欧州で生き残るためにも頑張りたい」と話しており、テレグラフ紙は「岡崎はイタリアやスペインを見据える」と報じた。このため、獲得を熱望しているフェネルバフチェ(トルコ)などの欧州クラブが“侍ストライカー”の争奪戦を繰り広げることになりそうだ。

    実績十分なストライカーとあってJクラブも虎視眈々と狙いを定める。公認資格を持つ選手代理人は「移籍金がかからないのはメリットになるだろうし、人気のある選手だから(獲得を)考えるクラブは多いんじゃないか」と指摘し、日本クラブが争奪戦に参戦するのは間違いない。

    かねて岡崎への興味がささやかれるが獲得に動くとみられる。欧州残留を希望する岡崎は果たして、どこに向かうのか。今夏の去就が注目される。

    4/17(水) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000038-tospoweb-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/16(火) 08:06:22.93
    4/16(火) 7:51配信
    岡崎慎司、今季終了後にレスター退団へ…英紙が一斉に報道

    レスター・シティのFW岡崎慎司は今シーズン限りで退団することになるようだ。英紙『テレグラフ』などが15日に一斉に報じた。


    2015年からレスターでプレーする岡崎は、1年目に奇跡のリーグ優勝なども経験。しかし、次第に出場機会を失い、今シーズンはわずか1度の先発にとどまっている。そして今季が契約最終年となり、今夏にはフリーで新天地を求めることになりそうだ。

    岡崎は今冬にも移籍が噂され、ハダースフィールドが20万ポンド(約2900万円)で獲得を目指したが、実現には至らず。それでも、2022年のワールドカップへ向け、レギュラーとしてプレーできるクラブを現在まで探し続けているという。

    奇跡のリーグ優勝を成し遂げたレスターは、すでにリヤド・マフレズ、ヌゴロ・カンテといった主力がステップアップ済み。ダニー・シンプソン、クリスティアン・フクスも岡崎とともに今季終了後にチームを去ることが濃厚で、“伝説”を知る選手はさらに減ることとなりそうだ。

    33歳の岡崎はスペインやイタリアといった未踏の地での挑戦を求めていると報じられ、そこへの移籍が第一希望となる模様。今夏の動向に注目が集まるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00010006-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/11(木) 22:37:47.38
    FW岡崎慎司がイメチェン? 「New style」の1枚公開…乾貴士が反応「俺も真似しよー」

    SNSに4枚の写真を投稿、元日本代表MF清武もコメント「俺はやめときます。笑」イングランド1部レスターに所属する元日本代表FW岡崎慎司が自身の公式インスタグラムを更新し、「New style」と綴って新たなヘアースタイルを公開。日本代表MF乾貴士が反応し、ファンからも「めっちゃ似合ってる!」などの声が上がっている。

    今季の岡崎はリーグ戦20試合に出場して1ゴールにとどまっているが、6日の第33節はハダースフィールド戦(4-1)では後半途中からピッチに立ち、3試合ぶりに出場で勝利に貢献した。今夏の去就が注目されるなか、シーズン終盤戦に向けて“イメージチェンジ”を図ったようだ。

    11日に自身の公式インスタグラムを更新した岡崎は「New style」と綴ると4枚の写真をアップ。そのうちの3枚はトレーニングに勤しむ岡崎を捉えたもので、最後の4枚目では短髪となった笑顔の岡崎が登場する。

    この投稿を受けて、3月シリーズの代表戦に招集されたアラベスの乾が「俺も真似しよー」と反応。さらにセレッソ大阪の元日本代表MF清武弘嗣が「俺はやめときます。笑」と記し、岡崎はすぐさま「いや、やれよ。笑」と冗談交じりに返信している。

    岡崎の「New style」を受けて、返信欄にはファンのコメントも並び、「ほんといい表情しますね」「短髪のほうが好き」「ナイス笑顔」「めっちゃ似合ってる!」と好評を博しているようだ。
    2019-04-11_23h20_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00182403-soccermzw-socc


    岡崎慎司 instagram
    https://www.instagram.com/p/BwG9HrBDCAe/

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/31(日) 20:27:22.81
    ◆サッカー プレミアリーグ第32節(30日・キングパワー・スタジアム) ▽レスター(2―0)ボーンマス

    元日本代表FW岡崎慎司(32)が所属するレスターは、ホームでボーンマスを2―0で下した。先月末にブレンダン・ロジャーズ監督(46)が就任後、初の3連勝。岡崎はベンチ入りしたが、出番は訪れなかった。

    試合後、苦笑いを浮かべてミックスゾーンに現れた岡崎は「試合に関しては、もう言うことはないですね。選手が監督をリスペクトしているところがすごくありますから。これが続けば、このチームは強くなるかな」と好調のチームを分析した。かつて強豪のリバプールを率いた経験を持つ指揮官は、4―3―3システムを採用。「このシステムに自分が当てはめられるかと言えば、なかなか厳しい。でも練習はハードなので、それは自分にとっては一番の幸運。残り3か月で、この監督が来てくれたのは自分にとっては大きいですね」。新監督が就任後は4試合で1試合の出場にとどまっているが、好印象であることを明かした。

    だが今後もロジャーズ監督の下でやりたいかという質問に対しては「ないですね」と即答。「僕が20代前半だったら、まだ頑張ろうかなと思いますけど。やっぱり、チームを出るのが基本路線だと思います。ヨーロッパでもう1回、自分の価値を上げていきたいと思っている」と今季終了後にレスターを離れる考えを示した。

    次の移籍先の希望について「正直そんなことを考えられる立場ではないと思う」としながらも、「4大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ)に残れるなら残りたいですね。1年でも2年でも、どんな契約であろうと残ってプレーしたい」と断言した。

    ドイツ1部マインツから加入した15―16シーズンには36試合で5得点を挙げ、リーグ初優勝に貢献。今季はここまでリーグ戦での先発はわずか1試合にとどまっているが、プレミアリーグで4シーズンを過ごした自負がある。「4年プレミアリーグでやって、やれるというのも見せられた。ここ(プレミア)でやりたいなと思うこともある。でも人生は1度しかないので、やっぱり違うリーグで、違う自分を見たいというのもある」と思いを明かした。

    そのためにも、まずはレスターで出場機会をつかむことに集中している。「ハードな練習の中アピールして、試合に少しでもいいから出て結果を出して。そういう目指していく感じは楽しいですけどね」。4月16日に33歳を迎えるストライカーが、岐路を迎えている。(森昌利通信員)
    2019-03-31_20h51_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000218-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/20(水) 18:32:48.37
    現在トルコの1部リーグでは、ガラタサライの長友佑都、ベジクタシュの香川真司のふたりがプレーしている。とりわけ、今冬に加入した香川は移籍直後のデビュー戦で2ゴールを挙げ、現地で人気急上昇中だ。

    トルコ国内で日本人選手への関心が高まっているなか、元日本代表FWの岡崎慎司にもトルコ・リーグに参戦する可能性が浮上した。現地トルコ紙『Haberturk』は、現在プレミアリーグのレスターに所属している岡崎について、「フェネルバフチェには来夏に獲得する意志があるようだ」と報じている。

    岡崎は現在、レスターで出番に恵まれていない。そのため、今冬の移籍市場で新天地へ移るのではと噂されていた。

    実際に、1月の移籍市場がオープンした直後には、同じプレミアリーグのハダースフィールドから具体的な獲得オファーがあったという。しかし、これは金銭面で条件が折り合わず、レスター側が拒否したと報じられている。

    岡崎自身は、移籍市場が閉じる前日、1月30日に「あと半年レスターで勝負する」と宣言し、残留を選んだ。

    だが同紙は、フェネルバフチェも今冬に岡崎の獲得に乗り出していたと伝え、「(同じレスターからレンタル中の)FWイスラム・スリマニと同じ条件でオカザキをレンタルする計画を立てていたが、これはまとまらなかった」と報じた。

    トルコの複数メディアは、フェネルバフチェ側の関係者が岡崎に興味を持っていることを認め、来夏に再びオファーをする意志があると伝えている。

    岡崎は、レスターと2019年6月末までの契約を結んでいる。今冬の移籍を見送ったことで、来夏には移籍金フリーで移籍が可能となる。

    慣れ親しんだイングランドを離れ、トルコに渡るのか。今後の詳報が待たれるところだ。

    2/20(水) 18:19配信 サッカーダイジェスト
    2019-02-20_19h07_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00054378-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/13(水) 10:13:06.84
    72b01_1469_88062255_9c2dd8a5

    何の前触れもなく再び始まった「乾貴士 vs セルジオ越後」。

    概要は「乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!」をご覧いただきたいが、Livedoor風にざっくり言うと「海外に行けば成長できると思うのは大きな勘違い」という某マンガの名台詞のような主張を展開するセルジオ越後氏に乾が噛み付いたものだ。

    このサッカーファンを賑わせそうな“場外乱闘戦”に、岡崎慎司も参戦した。



    http://news.livedoor.com/article/detail/16012722/
    2019年2月13日 7時10分 Qoly

    続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2019/02/11(月) 00:36:18.82
    プレミアリーグ第26節が行われ、トッテナムがレスターと対戦した。

    トッテナムは体調不良のエリック・ダイアーが欠場し、若いオリヴァー・スキップが先発入り。対するレスターはモナコから加入したベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスが移籍後初出場し、最前線にはジェイミー・ヴァーディではなくデマレイ・グレイが入った。

    スコアが動いたのは33分。右サイドでボールを受けたクリスティアン・エリクセンのピンポイントクロスをダビンソン・サンチェスが頭で合わせてトッテナムが先制した。

    対するレスターは58分、カウンターからジェームズ・マディソンが倒されてPKを獲得。しかし、直後に投入されたヴァーディが蹴ったボールはウーゴ・ロリスにセーブされる。

    すると直後の63分、トッテナムは敵陣でボールを奪うと、フェルナンド・ジョレンテとのワンツーからエリクセンが左隅に強烈なシュートを叩き込んだ。

    その後ヴァーディとソン・フンミンが1点ずつ得点して試合は終了。トッテナムがレスターを3-1で下している。なお岡崎慎司は88分から途中出場した。

    【スコア】
    トッテナム 3ー1 レスター

    【得点者】
    33分 1-0 ダビンソン・サンチェス(トッテナム)
    63分 2-0 エリクセン(トッテナム)
    76分 2-1 ヴァーディ(レスター)
    90+1分 3-1 ソン・フンミン(トッテナム)

    【スターティングメンバー】
    トッテナム(4-4-2)
    ロリス;トリッピアー、ダビンソン・サンチェス、ヴェルトンゲン、ローズ(88分 ウォーカー・ピータース);ウィンクス、スキップ(70分 アルデルヴァイレルト)、シソコ、エリクセン;ソン・フンミン、ジョレンテ(79分 ワニアマ)

    レスター(4-5-1)
    シュマイケル;ペレイラ、エヴァンズ、マグワイア、チルウェル;ディディ、ティーレマンス、バーンズ(88分 岡崎)、マディソン、ゲザル(72分 イヘアナチョ);グレイ(59分 ヴァーディ)
    2019-02-11_01h25_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00905429-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 20:16:30.26
    イングランド・プレミアリーグ、レスターの元日本代表FW岡崎慎司(32)の去就で、また移籍先候補が浮上した。

    18日付の地元紙ロンドン・イブニング・スタンダード(電子版)は、リーグ19位のフラムが岡崎の獲得を目指していると報道。これまで地元メディアで伝えられてきたリーグ17位のカーディフ、最下位のハダースフィールドとともに、残留を争うチームによる岡崎争奪戦の様相を呈してきた。

    フラムは昨年11月に元レスターのクラウディオ・ラニエリ氏(67)が監督に就任。同紙によると、イタリア人指揮官はレスター監督時代の2015~16年にともに奇跡のリーグ優勝を成し遂げた岡崎とDFダニー・シンプソン(32)の教え子2人の獲得を目指しているという。

    18日付の地元紙レスター・マーキュリー(電子版)によると、レスターのクロード・ピュエル監督(57)は岡崎がチームの一員であることを強調。「もう出る時期かなとも思っている」などと移籍を希望している日本人ストライカーについて「選手が不満を抱えることは理解できる。現時点で私はシンジに満足しているし、チームの一員だ。他の選手と同様に重要な選手」とコメントした。
    2019-01-19_21h14_32
    1/19(土) 20:08配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000158-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/16(水) 20:25:35.54
    イングランドで研鑽を積んできたサムライストライカーの獲得に新たなクラブが乗り出した。

    現地時間1月15日、英紙『Daily Mail』は、その去就が話題を集めているレスターの日本代表FW岡崎慎司に対し、新たにカーディフが興味を示していることを報じた。

    プレミアリーグ参戦4年目を迎えた岡崎の今シーズンは過酷なものになっている。

    足首負傷によって開幕で出遅れたことに加え、チームがクロード・ピュエル監督の下、ポゼッションサッカーを志向するなかで、ケレチ・イヘアナチョやデマライ・グレイ、ジェームズ・マディソンら若手アタッカー陣が台頭。32歳のベテランFWは、プレミアリーグでの先発出場が1試合のみ(途中出場は12試合)と序列が著しく低下している。

    厳しい現状に岡崎自身も当然満足しておらず、昨年12月には、地元紙『Leicester Mercury』で、「レスターを家族のように愛しているけど、欧州で新しい挑戦がしたい」と愛着のあるクラブを離れることを示唆していた。

    そんな経験豊富な日本代表FWには、新年早々にハダースフィールドが獲得オファーを提示したことが伝えられた。もっとも、2019年6月までの契約を締結しているレスター側がそれを拒否したとされ、岡崎の去就は暗礁に乗り上げていた感があったが、ここにきてカーディフが動向をチェックしているという。

    『Daily Mail』は、「残留を争うハダースフィールドとの日本人選手争奪戦に加わった」と報じ、現在プレミアリーグで降格圏の17位に位置するカーディフが、残留への切り札として岡崎に白羽の矢を立てたことを明らかにした。

    カーディフのサッカーは、ずばり、英国伝統の「キック&ラッシュ」。ロングボールを最前線へ蹴り込み、力任せにゴールをこじ開ける手法だ。

    レスターでプレミアリーグ制覇を成し遂げた2015-16シーズン、クラウディオ・ラニエリの下でプレーした岡崎は身体を張るプレーで重宝されていた。それだけに前線で奮闘することが求められるカーディフのサッカーに馴染むのに時間は掛からないだろう。

    出場機会が激減し、プレーに飢えているはずの岡崎は、いかなる選択をするのか? 今冬の動向から目が離せない。
    2019-01-16_20h41_58
    1/16(水) 19:58 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00052880-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/14(月) 10:34:55.38
    レスターFW岡崎慎司(32)が12日、移籍を視野に入れていることを明言した。去就について「レスター次第。今は必要とされているのか、されていないのか分からない状態。もちろん求めてくれるチームが一番」と話した。ハダースフィールドなどが獲得を狙っていると報じられており、今冬の移籍市場での動向が注目されていた。

    岡崎は同クラブに加入して4季目。初シーズンはリーグ戦36試合出場、5得点で「奇跡の優勝」に貢献したが、その後は監督交代などもあって出番が減った。この日のサウサンプトン戦でもベンチ外。今季は22試合を終えて出場13戦うち先発1回、無得点に甘んじている。「選手としては満足できない。3年半いて、もう出る時期かなとも思っている。チームとけんかするつもりはないが、思いは伝えながらやっていく」と明かした。

    ピュエル監督は「この移籍期間の様子を見るが、今は我々の選手だ」と話すにとどめた。
    2019-01-14_16h26_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00445973-nksports-socc
    1/14(月) 8:29配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/715701
    成績

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ