海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 岡崎慎司

    1: Egg ★ 2019/08/08(木) 19:13:03.88
    サッカーのスペイン2部マラガに入団した日本代表FW岡崎慎司(33)が窮地に陥っている。

    地元紙「マルカ」は、スペインプロリーグ機構(LFP)が7月31日以降、規約に定められた選手年俸の総額を超えたマラガに対し、岡崎ら新加入した選手のリーグ登録を禁止していると報じた。

    この処分は1部グラナダと2部マラガ、2部ラスパルマスに科されたが、マラガの原因はオーナーを務めるカタール王族のアブドゥラ・アル・アルタニ氏にあるという。新シーズンに向けて所属選手の放出を認めておらず、年俸総額が膨らむばかりの異常な事態に陥っているからだ。

    クラブ側は移籍金750万ユーロ(約8億8000万円)でビリャレアルからオファーが届くFWハビエル・オンティべロスをはじめ所属選手の売却を好条件で進めたい考えだが、アルタニ氏が承認しないために頓挫。クラブのルイス・カミネロ・スポーツディレクターも、意味不明なオーナー方針に「普通ではない」と頭を抱えるばかりだ。

    実際、アルタニ氏はここ数か月、クラブの実務に取り組んでいないという。地元メディアによると、こうした現状に少数株主たちは「あなたの経営には何も期待しない。保有する株を手放して出て行ってほしい」と非難する声明を発表し、クラブ会員であるマラガ市長も問題を憂慮し「状況は決していいとは言えない」と異例のコメントを出した。

    さらにサポーターは大規模な抗議集会を予定するなど、チームの周辺で混乱が続く。今季の選手登録は夏の移籍市場が閉まる9月2日まで。状況が改善しなければ、岡崎は加入を熱望したスペインで試合に出られなくなるが…どうなるのか。

    8/8(木) 16:33配信
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000030-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/01(木) 18:29:51.88
    サッカースペイン2部リーグ、マラガへの入団が発表された日本代表FW岡崎慎司(33)だが、クラブの財政状態による制裁からリーグ登録されない危険性が指摘されている。1日、スペイン紙マルカなどが伝えている。

    スペインプロサッカー機構が1部グラナダ、2部ラスパルマスとマラガは現時点では、選手登録ができないとする公式発表を出した。同組織はUEFAの掲げるファイナンシャル・フェアプレー規則を補完するものとして健全な運営を1部、2部クラブに課しており、上記3クラブは選手からの給料未払いの訴えが340件あるなど債務不履行が確認されているという。

    岡崎は7月31日に行われた入団発表で「他にもオファーはあったけどマラガを選んだのは正解だと思う。チームにポテンシャルがあり、僕は快適にやっている」と発言した。

    8/1(木) 17:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-00000102-dal-socc

    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/30(火) 22:11:59.72
    「カテゴリーは関係ない」とやる気をみなぎらせる
    ベテランの去就がついに決着した。現地時間7月30日、ラ・リーガ2部のマラガが、日本代表FW岡崎慎司の獲得を正式に発表した。

    現在33歳の岡崎は、2018-19シーズン限りで、15年8月から在籍したレスターを契約満了により退団。以降は、本人が希望する欧州で新天地を模索していた。主な移籍先候補には、イングランドの2部に属するノッティンガム・フォレストや長友佑都がプレーしているトルコのクラブなどが挙がっていたが、マラガ行きが急転直下で決定した。

    マラガは、現在はスペイン2部だが、2012-13シーズンにチャンピオンズ・リーグでベスト8進出を果たしたこともあるアンダルシアの有力のクラブのひとつ。1年での1部復帰を目指した昨シーズンは、2部リーグで3位となって、昇格プレーオフで敗退。迎えた新シーズンに再昇格をするため、このオフシーズンは経験豊富な新戦力の獲得を目指していた。
     
    今月26日からクラブの練習に参加しながらも、クラブの抱えていた経済面での問題が解消されずにサインに至っていなかった岡崎。それでも辛抱強く待ち続けてようやく合意にこぎ着けた。

    現地時間7月25日にメディカルチェックを済ませるためにマラガ空港に登場した際には、『Deportes Cope』など地元メディアの直撃取材に対し、「ずっとスペインでプレーしたいと思っていた。いまは2部だけど、カテゴリーは関係ない」と力強い意気込みを口にしていた。

    自身の選手キャリアで初の2部リーグの舞台で岡崎はいかなるパフォーマンスを見せるのか。いずれにしても、熟練の点取り屋のゴールを期待したいところだ。
    2019-07-30_22h30_08
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00061914-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/29(月) 19:03:51.14
    スペイン2部のマラガ加入がほぼ確実な状況となっていた日本代表FW岡崎慎司だが、28日にも加入の正式発表は行われなかった。無事に契約が完了するのかどうかを不安視する見方も強まっている。

    レスター・シティを退団してフリーとなった岡崎はマラガへの移籍が合意に達し、24日に現地入り。メディカルチェックを完了させ、当初は26日に入団発表が行われるとの見通しも伝えられていた。

    だが現地到着から5日が過ぎても、マラガから岡崎加入についての発表は行われていない。すでにチームには合流し、マラガの練習着を着た姿も見せている岡崎だが、全体練習には加わらず別メニューでの調整を続けているようだ。

    地元紙『オピニオン・デ・マラガ』が前日に続いて29日にも伝えたところによれば、岡崎の加入決定についてはクラブオーナーであるアブドゥラー・アル・タニ氏が書類へサインするのが待たれている状況。だが、同オーナーが岡崎獲得に向けた交渉のゴーサインを出しながらも最後のサインをしていない理由は「誰にも分からない」と述べている。

    同紙は29日が岡崎の加入に向けて「重要な1日になる」として、今日もまだ決定に至らなかったとすれば本格的に破談となる恐れがあるという見解を示している。マラガ加入が決まらない場合、岡崎にはイタリアのトリノやドイツのクラブなども獲得への関心を示しているという。

    7/29(月) 14:51 フットボールチャンネル
    oka
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00332426-footballc-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/07/28(日) 17:15:08.62
    7/28(日) 16:12配信 フットボールチャンネル

    スペイン2部のマラガに加入することが確実な状況となっていた日本代表FW岡崎慎司だが、いまだ正式決定に至っていない。地元メディアは、このままでは加入が消滅することにもなりかねないという懸念を示している。

    レスター・シティを退団してフリーとなっていた岡崎は、現地時間24日にマラガに到着。すでにメディカルチェックも済ませたとみられており、26日に入団発表が行われるとの見通しも伝えられていたが、まだクラブから加入の発表は行われていない。

    地元紙『オピニオン・デ・マラガ』が28日付で伝えたところによれば、岡崎はマラガの練習場でチームとは別メニューでの調整を行いつつ契約を待っている状況だという。だが、サインは行われないまま到着から4日目を迎えている。

    正式契約が行われていない理由は「(クラブオーナーのアブドゥラー・)アル=タニのみが知っている」と地元紙は明確な理由が不明であることを伝えている。このまま決定しない状況が続けば、岡崎側がしびれを切らすことにもなりかねないと懸念されている。

    岡崎自身はスペイン移籍を強く望んでいたこともあり、現時点ではマラガで契約を待つ考えだとみられる。だが「岡崎の我慢にも限界がある」「他にもオファーはある」「すぐにでも契約しなければ代理人が彼を別の場所へ連れて行くことを決めるかもしれない」と地元紙は述べている。

    『オピニオン』紙は岡崎について、プレミアリーグ優勝経験もある「スペイン2部にとってはレベルが上の選手」であり、日本での人気の高さからメディアへのインパクトという点でも大きな期待が持てる選手だと歓迎している。このまま無事にマラガへの加入が決まるのだろうか。
    6b860644ceeb9e722007515bfcea9f80
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190728-00332333-footballc-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/24(水) 08:03:05.19
    日本代表FW岡崎慎司がマラガへの加入で合意に至ったようだ。スペイン『マルカ』などが伝えている。

    2015年にレスターに加入し、デビューシーズンから“奇跡のプレミアリーグ優勝”に主力の1人として貢献した岡崎。しかし今夏、4シーズンを過ごした同クラブから契約満了に伴う退団が決定し、新天地を探す状態が続いている。

    3年後に控えるワールドカップに出場するためにも、ストライカーとして出場できる欧州のクラブで挑戦を続けることを明言していた岡崎に対して興味を持つと報じられているのがセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のマラガ。同メディアによると、日本代表FWはすでにスペインのクラブに加入することで合意した模様で、クラブのオーナーからのゴーサインを待つだけとされている。

    しかし、マラガは現在、経営面で問題を抱えており、新戦力を獲得する前に選手を売却しなければいけない状態。そのため、岡崎はスペインの同クラブが売却を進めるまで「良い日本人のように忍耐強く待つ」状況が続くだろうとスペインの同メディアは伝えている。

    今夏に、久保建英と安部裕葵がスペインの2強レアル・マドリーとバルセロナに渡り、柴崎岳も2部のデポルティボに移籍するなど日本から多くの注目を集めるスペインに新たな日本人が加わりそうだ。
    2019-07-24_08h47_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00010006-goal-socc
    7/24(水) 7:45配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/19(金) 12:53:15.80
    レスター・シティとの契約が満了となり、現在自由契約の日本代表FW岡崎慎司。一部報道では日本復帰のほか、オーストラリア行きなどもうわさされていたが、ここにきてスペインで再スタートする話が浮上しているようだ。

    スペイン、マラガの地元紙『DIARIOSUR』は「マラガはオカザキとホセ・ロドリゲスとのサインを目指している」との見出しで、日本代表FWについて報じた。

    記事では「33歳の日本人ストライカーは、自由契約となっており、イギリスに留まることはないだろう。今夏の移籍市場でマラガが獲得を狙っている」と伝えている。

    2018ー19シーズン、マラガはスペイン2部3位でフィニッシュしたものの、昇格プレーオフ準決勝ではデポルティボに連敗を喫し、2019-20シーズンも2部で戦うことが決定していた。

    岡崎に関心を示していると伝えられているマラガは、2011ー12シーズンには知将マヌエル・ペジェグリーニ指揮のもと1部リーグ4位となり、2012ー13シーズンにはチャンピオンズリーグでもベスト8進出を果たしたことでも知られる。だが近年は有力クラブに主力選手を引き抜かれ、2017ー18シーズンは1部リーグ最下位に沈み、2018ー19シーズンから2部を主戦場としていた。

    マラガは岡崎獲得を検討しているようだが、果たして岡崎はスペイン行きを決断するのだろうか。新シーズンからスペイン2部デポルティボに加わった柴崎岳と、同コンペティションで戦うというシナリオは十分に現実味がありそうだ。

    7/19(金) 12:04配信 GOAL
    2019-07-19_13h35_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00010012-goal-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/12(金) 23:15:47.90
    7/12(金) 18:34配信
    岡崎慎司&本田圭佑の名も…スペインメディアが「今夏フリーの30名」を特集

    スペイン『マルカ』が「今夏自由契約の注目すべき30人」という特集記事を展開。その中には日本のFW岡崎慎司、MF本田圭佑も名を連ねている。


    2015年夏からレスターでプレーしていた岡崎は、18-19シーズン限りで契約満了となり、自由契約に。コパ・アメリカ2019では日本代表に招集され、無得点に終わったものの前線で精力的に動き回り、存在感を見せつけていた。

    記事では岡崎について「33歳の日本人FW。15-16シーズンにプレミアリーグを制したレスターでプレー。今夏は退団が決まっていた」と紹介している。

    本田については「33歳の日本人MFは素晴らしい冒険を続けている。彼はメルボルン・ビクトリーを去り、新天地は決まっていない。カンボジア代表チームの監督を務めている」と伝えた。

    なお、その30名は以下のとおり。

    1:ダニエウ・アウヴェス(ブラジル)
    2:マリオ・バロテッリ(イタリア)
    3:フィリペ・ルイス(ブラジル)
    4:フランク・リベリ(フランス)
    5:ダニエレ・デ・ロッシ(イタリア)
    6:ヤシン・ブラヒミ(アルジェリア)
    7:ファビオ・コエントラン(ポルトガル)
    8:フアンフラン(スペイン)
    9:ダニエル・スタリッジ(イングランド)
    10:クラウディオ・マルキジオ(イタリア)
    11:トーマス・ベルメーレン(ベルギー)
    12:フェルナンド・ジョレンテ(スペイン)
    13:ギジェルモ・オチョア(メキシコ)
    14:アドリアン(スペイン)
    15:ハテム・ベン・アルファ(フランス)
    16:ウィルフリード・ボニー(コートジボワール)
    17:岡崎慎司(日本)
    18:シュテファン・リヒトシュタイナー(スイス)
    19:アンディ・キャロル(イングランド)
    20:アベル・エルナンデス(ウルグアイ)
    21:アドリアン・ロペス(スペイン)
    22:本田圭佑(日本)
    23:マルケス・スサエタ(スペイン)
    24:ヨアン・キャバイェ(フランス)
    25:ガリー・ケイヒル(イングランド)
    26:マルティン・カセレス(ウルグアイ)
    27:イニャーツィオ・アバーテ(イタリア)
    28:ダニー・ウェルベック(イングランド)
    29:マルティン・シュクルテル(スロバキア)
    30:ヨアン・グルキュフ(フランス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00010024-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/06(土) 13:35:51.97
    サッカー日本代表を牽引してきた不動のFW。M字薄毛は英チーム移籍を転機に克服か
    彼のトレードマークと言えば、ダイビングヘッドと「M字の髪型」だった。

    W杯に3大会連続で出場し、不動のFWとしてサッカー日本代表を牽引してきた岡崎慎司(33)。彼の頭髪がいま日本のファンを驚かせている。

    岡崎は昨年夏のW杯ロシア大会以降、代表戦の舞台から遠ざかっていたが、6月14日に開幕したコパ・アメリカ(南米選手権)において、約1年ぶりに国際Aマッチのピッチに立った。日本代表は6月24日に、エクアドル戦で引き分け、決勝トーナメント進出を逃したものの、岡崎は攻守にわたって献身的な動きを見せた。

    だが、代表復帰後のプレー以上に注目を集めたのが、「前髪の復活」だ。’16年8月の上写真と比べると、いまは生え際が違う。そりこみ部分が無くなっているのだ。ベテランのスポーツライターは言う。

    「ロシアのW杯のときも、『少し増えたな』ということは取材陣の間では話題になったんです。ただ、今回は明らかですね……。実は岡崎は北京五輪代表に選ばれた20代前半の頃から、頭髪の寂しさをチームメイトにイジられていたんです。乾貴士や香川真司などは、冗談で岡崎の髪をつかんでわざと額を見せるようなことをしていましたね。岡崎自身も、『ヘディングをやりすぎて、額が上がってきている』って、ネタにしていました」

    自虐ネタにしていたものの、内心は、気にしていたのだろう。岡崎は思い切り短髪にしたり、長く伸ばして前髪をたらしたり、ヘアバンドをつけたり、髪型を試行錯誤してきた。前出のライターは岡崎が’15年にイギリスのレスター・シティに移籍したことが転機になったと語る。

    「元イングランド代表のウェイン・ルーニーは植毛治療を受けたことを公言しています。海外アスリートには珍しくないことですし、選手間ではサッカー以外の情報、たとえばオススメの高級クリニックの話が共有されるものなんです。また岡崎が尊敬する元日本代表FWのGさんにも増毛のウワサがありました。その影響もあるかもしれません。さすがに本人にそれを聞いた人はいませんが。ただし、彼のプレースタイルは、髪型に関係なく、ずっと同じです」

    今後も豪快なダイビングヘッドだけは、変わらず見せてくれるはずだ!
    2019-07-06_13h59_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00010003-friday-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/26(水) 06:03:05.19
    ヴィッセル神戸が日本代表FW岡崎慎司(33)の獲得調査を行っていることが25日、分かった。

    岡崎は15-16年シーズンから在籍したプレミアリーグのレスターを今季限りで退団。欧州を中心に移籍先を模索中だが、岡崎は兵庫・宝塚市出身で、神戸市の滝川二高から世界レベルの選手に成長した。

    日本代表歴代3位の50得点を誇り、今回の南米選手権日本代表にも選出されていた。国際レベルの経験値を神戸が求めたとみられる。

    神戸のFWはビジャ、ウェリントンと30代の外国人選手に頼っているのが現状。次世代のストライカーを育てていく面でも、経験豊富な岡崎の加入は大きなプラスになる。

    今後の去就に関し「スペインやイタリアに興味がある」と話していたが、Jリーグ復帰となれば清水に在籍した10年シーズン以来となる。大型補強を推進する神戸から目が離せない。

    日刊スポーツ6/26(水) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-06250687-nksports-socc

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ