海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > レアル・マドリー

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/15(金) 13:34:18.93 ID:CAP_USER9.net
    ロペテギ氏が涙の会見「人生で最も悲しい日」 電撃解任のスペイン前監督
    2018年6月15日 11:01 発信地:マドリード/スペイン AFP BB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3178607

    スペイン1部リーグ、レアル・マドリードの監督就任会見に臨むフレン・ロペテギ氏(2018年6月15日撮影)











    【6月15日 AFP】サッカースペイン代表監督を解任されたフレン・ロペテギ(Julen Lopetegui)氏が14日、決定を受けて「母の死以降では人生で最も悲しい日になった」と語った。その一方で、同国1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)の監督就任は「間違いなく誠実なやり方」でなされたと述べ、今回の動きを擁護する発言を残した。

    ロペテギ氏が来季から3シーズンにわたりチームの指揮を執るとレアルが発表したことを受け、スペインサッカー連盟(RFEF)は13日に同氏を解任。W杯ロシア大会(2018 World Cup)に臨むスペイン代表に激震が走った。15日にポルトガルとのグループ初戦を控えていた選手たちは、今回の解任の決断に反発したと伝えられている。

    この日、新天地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)でレアルの新監督として正式にお披露目されたロペテギ氏は、RFEFのルイス・ルビアレス(Luis Rubiales)会長には「違ったやり方で対処」してほしかったとした上で、「昨日は、母の死以降では人生で最も悲しい日になった。でも、きょうは人生で最も幸せな一日だ」「われわれは間違いなく誠実かつ明快なやり方でふるまったと確信している」と、涙をこらえながら話した。

    RFEFのルビアレス会長は、レアル側から正式発表の「5分」前まで連盟に通達はなかったと述べているが、レアルのフロレンティノ・ペレス(Florentino Perez)会長は、ロペテギ氏が同クラブと契約を結んだことに対する連盟の反応は「不適切で不当なもので、同様のケースはサッカー界でも前例がない」などと批判している。

    すでにRFEFは、緊急の後任としてフェルナンド・イエロ(Fernando Hierro)氏をW杯スペイン代表の指揮官に任命している。現在50歳のイエロ氏は、同国2部リーグのレアル・オビエド(Real Oviedo)を1シーズン率いた以外、監督としての経験はないが、連盟でスポーティング・ディレクター(SD)を務めていた実績もあり、選手からの信頼は厚い。

    それでも、レアルがロペテギ氏を新監督に任命したことで、ライバル同士のレアルとFCバルセロナ(FC Barcelona)の選手が存在するW杯のスペイン代表内で、分裂が生じてしまうのではないかと不安視する声も上がっている。(c)AFP/Adrien VICENTE
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/07(木) 22:11:55.85 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ最終戦で日本と激突するポーランド代表のエース、FWロベルト・レバンドフスキが所属するバイエルンのウリ・へーネス会長に移籍を志願。

    クラブ側は移籍金2億ユーロ(約260億円)以下では退団を認めない方針を伝えたという。ドイツ紙「シュポルト・ビルト」が報じている。

    レアル・マドリード行きを切望するレバンドフスキは、バイエルンのへーネス会長と会談を持ち、移籍を志願。バイエルン首脳は放出拒否の姿勢を示していたが、移籍金260億円ならば退団を認める方針だという。

    レバンドフスキと契約する代理人のピニ・ザハビ氏はマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、パリ・サンジェルマンに売り込みをかけたが、レバンドフスキ自身はレアルを望んでいるとされる。

    日本代表の前にも立ちはだかる“2億ユーロの男”は、W杯でその価値を高めることができるだろうか。

    6/7(木) 22:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00109182-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/06/04(月) 19:15:05.89 ID:CAP_USER9.net
    モドリッチ ネイマールを歓迎

    ルカ・モドリッチとネイマールは、3日(日)にリヴァプールの本拠地アンフィールドで行われたブラジル対クロアチアで対戦、ブラジル代表が2-0で勝利を収めている。そして、試合後にはレアル・マドリードのモドリッチが「俺らは待っているよ!」とネイマールに語りかけ、ユニホームを交換している。

    ブラジルフットボール連盟(CBF)が公開している動画に、モドリッチとネイマールがロッカールーム付近でサイン入りのそれぞれのユニホームを交換している様子が映っている。

    そして、ネイマールがブラジル代表のユニホームにサインを書いている際に、モドリッチが、「俺たちは待っているよ!」と声をかけ、ネイマールが笑顔で返している様子が見て取れる。

    2月に行われたチャンピオンズリーグ、ベスト16のマドリー戦1stレグを前にPSGでの試合で負傷して戦線離脱していたネイマールだが、アンフィールドで行われたクロアチア戦で復帰を果たし、69分には先制ゴールを決めている。

    なお、ここ数週間、マドリーがネイマール獲得に興味を持っていると多くのメディアが報道しているものの両者ともにこの報道内容を認めていない。
    2018-06-04_20h08_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010011-sportes-socc
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/31(木) 20:30:38.93 ID:CAP_USER9
    欧州チャンピオンズリーグで3連覇を達成したスペイン1部レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(45)が電撃辞任した。31日に本拠地のサンティアゴ・ベルナベウで緊急会見を開き「来季はレアル・マドリードで監督を続けないという決断を下した」と退任することを表明。「チームは勝ち続けるために変化が必要だと感じた」と退任理由を説明した。

    クラブOBで、元フランス代表MFのジダン監督は、2016年1月に就任。解任されたベニテス監督の後任としてBチーム(2軍)監督から昇格した。自身初のトップチームでの監督をビッグクラブで務めるということで当初は経験不足が不安視されたが、C・ロナウド、ベイル、セルヒオ・ラモスらスター選手と信頼関係を築いて就任1季目で欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制覇。

    昨季(2016~17年)は国内リーグとの2冠を達成し、今季は26日の欧州CL決勝でリバプールを3―1で破り、監督として史上初の3連覇を達成したばかりだった。

    スポニチ 5/31(木) 20:26配信
    2018-05-31_20h37_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000170-spnannex-socc
    続きを読む

    2018-05-28_11h47_36

    1:風吹けば名無し:2018/05/27(日) 16:55:39.46 ID:io99qhlq0.net
    今日も完璧なカバーリング
    守備範囲広すぎるし対人強いし最強のセンターバックやろ!
    3:風吹けば名無し:2018/05/27(日) 16:56:23.31 ID:io99qhlq0.net
    異論無いな?
    7:風吹けば名無し:2018/05/27(日) 16:58:34.69 ID:qN6S8z660.net
    無い
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/07(月) 05:42:45.86 ID:CAP_USER9.net
    白熱のクラシコはドロー決着…レアルは二度追い付くも逆転ならず、バルサが無敗キープ

    リーガ・エスパニョーラ第36節が6日に行われ、バルセロナとレアル・マドリードが対戦した。

    世界中のサッカーファンが注目する伝統の一戦“クラシコ”。ホームのバルセロナはリオネル・メッシやルイス・スアレス、今シーズン限りでの退団が決まっているアンドレス・イニエスタらが先発に名を連ねた。対するアウェイのレアル・マドリードはカリム・ベンゼマ、ギャレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”が揃ってスタメンに入った。

    試合は早い時間に動く。10分、カウンターを仕掛けたバルセロナは、右サイド高い位置に抜け出したセルジ・ロベルトが鋭いクロスを供給。ファーサイドにフリーで走り込んだスアレスが右足ボレーで合わせ、先制ゴールをマークした。

    だが、レアル・マドリードもすぐに追い付く。15分、トニ・クロースが左サイドからクロスを上げると、ファーサイドのベンゼマが頭で折り返したボールをC・ロナウドが押し込み、試合を振り出しに戻した。

    逆転を狙うレアル・マドリードは27分と28分にC・ロナウドが二度の決定機を迎えたが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブもあり、得点とはならない。

    その後は時間の経過とともに両チームともヒートアップ。そして迎えた前半アディショナルタイム3分、S・ロベルトがマルセロとの接触の後に顔面を殴ってしまい、主審はレッドカードを提示。バルセロナは後半を数的不利で戦うこととなった。

    それでも次のゴールを奪ったのはバルセロナだった。52分、エリア内でパスを受けたメッシがDFを2人かわして左足でシュートを放つと、弧を描いたボールがゴール左下に決まった。

    勝ち越しに成功したバルセロナは引いて守りながらカウンターを狙う。70分にはディフェンスラインの裏に抜け出したメッシがGKと一対一の決定機を迎えたが、ここはケイラー・ナバスの好セーブに阻まれた。

    するとピンチを凌いだレアル・マドリードが再び追い付く。72分、マルコ・アセンシオがエリア手前中央にパスを通すと、ベイルが左足ダイレクトで狙う。このミドルシュートがゴール左上に吸い込まれ、スコアは2-2となった。

    終盤はレアル・マドリードが敵陣に押し込んだが逆転ゴールは生まれず、試合はこのままタイムアップ。2-2の引き分けに終わった。バルセロナはこれでシーズン無敗をキープ。また、昨シーズンから続くリーグ戦無敗記録を「42」に伸ばした。

    【スコア】
    バルセロナ 2-2 レアル・マドリード

    【得点者】
    1-0 10分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    1-1 15分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
    2-1 52分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2-2 72分 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
    2018-05-07_07h31_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00754045-soccerk-socc
    続きを読む

    GettyImages-632291406

    1:風吹けば名無し:2018/04/26(木) 08:31:14.14 ID:xLvb6noC0.net
    今日もすごすぎた
    3:風吹けば名無し:2018/04/26(木) 08:31:41.87 ID:jSCj8DmCa.net
    歴代最高とか言われてるな
    4:風吹けば名無し:2018/04/26(木) 08:31:52.99 ID:f/qhSVELp.net
    オッさんなのにすごい
    7:風吹けば名無し:2018/04/26(木) 08:32:08.73 ID:xLvb6noC0.net
    >>4
    もう32なんやけどな
    身体能力高すぎ
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/24(土) 22:02:00.97 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードにとってガレス・ベイルはもはや問題のタネでしかない。今後のベイルの身の振り方について、選手本人とマドリーの意見が対立している。イギリスメディアによれば、フロレンティーノ・ペレス会長とベイルの代理人が今夏のベイルの移籍を巡り討論を重ねているという。

    英国メディアは、フロレンティーノ会長が中国スーパーリーグからベイルへのオファーを受けていると主張している。もし、ベイルを中国に売却すれば、マドリーは1億3,000万ユーロ(約169億円)を得ることができる。

    しかしながら、ベイル本人はまだ中国リーグ行きを拒んでいる。ベイルの代理人らは「ベイルが唯一承諾する移籍先はプレミアリーグだ」と述べている。

    しかしここで問題なのは、トッテナムもマンチェスター・ユナイテッドもベイル獲得に動いておらず、マドリーの提示する巨額の移籍金を支払うつもりは無いという事だ。

    3/24(土) 14:14配信
    2018-03-24_23h37_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00010005-sportes-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/21(水) 18:23:05.00 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードがユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに接近したようだ。スペインメディア『アス』が19日に報じている。

    アルゼンチン代表に招集されなかったディバラは、インターナショナルウィークの休みを利用して、現在レアル・マドリードの本拠地マドリードに滞在している。同メディアによると、ディバラは代理人と共にレアル・マドリードの幹部と会ったようだ。

    同メディアは、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマール獲得が難しいと考えたレアル・マドリードが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルの退団した場合の補強ポイントとしてディバラをリストアップしたと伝えている。

    2022年までユヴェントスとの契約がある24歳のディバラは、今季リーグ戦で24試合に出場し17ゴールを記録。チームトップの得点を挙げ、首位を走るユヴェントスの主力選手として活躍している。
    2018-03-21_21h34_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00731699-soccerk-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/17(土) 21:13:47.82 ID:CAP_USER9.net
    レバンドフスキのRマドリー移籍、個人間では合意か

    バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レバンドフスキとレアル・マドリードの間ではすでに移籍で合意に達していると、17日のスペイン紙ムンド・デポルティボが伝えたと、独紙ビルトが報じた。残るはBミュンヘンとのクラブ間交渉だという。

    ただ問題はレバンドフスキはBミュンヘンとの21年まで契約しており、クラブは手放すつもりはない。レバンドフスキは代表取締役カールハインツ・ルンメニゲと会長のウリ・ヘーネスに移籍の許可を取り付け、Rマドリードは最低でも1憶ユーロの移籍金を準備しなければならない。

    一方でドルトムントでオバメヤンやデンベレが起こしたストライキを、Bミュンヘンとしては何としても防ごうとしている。

    スペイン紙によると、レバンドフスキの新しい代理人ピニ・ツァハビとRマドリード会長の右腕ホセアンゲル・サンチェスとの間で何度も話し合いがあったという。2年契約+1年のオプション。年俸1600万ユーロでオファーされているようだ。また、Rマドリードののほかにパリサンジェルマン、アーセナル、チェルシーとも話し合いがあったようだ。

    レバンドフスキはRマドリード移籍を熱望しているが、レアルの第一候補はトットナムのハリー・ケーンだという。トットナム会長のダニエル・レビーはケーンを手放すつもりはなく、ケーン自身もイングランドを(まだ)去るつもりはないという。レアルはネイマールの獲得も画策中。こちらは19年までは可能性はないようだ。そうした流れからレアルはレバンドフスキに狙いを定めてきている。
    2018-03-17_21h25_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00152678-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ