海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > レアル・マドリー

    1:Egg ★:2018/02/04(日) 09:15:10.64 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    レバンテ 2-2 レアル・マドリード

    【得点者】
    0-1 11分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    1-1 42分 エマニュエル・ボアテング(レバンテ)
    1-2 81分 イスコ(レアル・マドリード)
    2-2 89分 ジャンパオロ・パッツィーニ(レバンテ)

    ヤフー スコア 順位表など
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11049907

    リーガ・エスパニョーラ第22節が3日に行われ、レアル・マドリードがレバンテと対戦した。

    先にチャンスを掴んだのはアウェイのレアル・マドリードだった。11分、右からのCKにセルヒオ・ラモスがヘディングで合わせて早々と先制する。

    しかし42分、ケイラー・ナバスがロングパス一本に抜け出したホセ・ルイス・モラレスにシュートを弾いたものの、こぼれ球をエマニュエル・ボアテングに押し込まれ、スコアをタイに戻される。

    同点にされたレアル・マドリードは56分、右サイドでクリスティアーノ・ロナウドからルカ・モドリッチがパスを受けると、敵陣深くまで侵入しペナルティエリア内右で待っていたダニエル・カルバハルへボールを渡す。

    中央へ落としたボールにC・ロナウドがダイレクトシュートを放つも枠を捉えることができず。

    その後チャンスを作るもゴールが遠いレアル・マドリードは、81分に待望の追加点を奪う。右サイドのカルバハルからカリム・ベンゼマがボールを受け、ペナルティエリア内でキープ。

    ベンゼマが落としたボールに、ゴール正面で待っていたイスコがトラップから強烈なゴールを突き刺した。

    それでも今日のレアル・マドリードは勝ちきることができない。89分、自陣でボールを奪われるとショートカウンターからディフェンスラインの裏に抜けだされたジャンパオロ・パッツィーニにゴールを決められ同点とされた。

    試合はこのまま終了し、レアル・マドリードはリーグ戦で連勝を飾ることはできなかった。
    2018-02-04_11h37_52
    2/4(日) 9:05配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00710908-soccerk-socc
    続きを読む

    2018-01-28_09h02_21

    1:動物園φ ★:2018/01/28(日) 02:17:54.57 ID:CAP_USER9.net
    バレンシア 1-4 レアル・マドリード

    16' 0-1 C・ロナウド(PK)
    38' 0-2 C・ロナウド(PK)
    58' 1-2 ミナ
    84' 1-3 マルセロ
    89' 1-4 トニ・クロース


    http://www.livescore.com/soccer/spain/primera-division/valencia-vs-real-madrid/1-2580741/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/27(土) 15:17:38.33 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードは今季のリーガ・エスパニョーラで首位バルセロナと勝ち点差19の4位に沈み、スペイン国王杯も8強敗退という苦境に陥っている。

    そうしたなか、今夏の移籍市場で総額770億円もの“爆買い補強”に打って出る可能性が浮上していると、英紙「デイリー・メール」が報じた。

    レアルは来季の巻き返しに向けて、プレミアリーグから3人の大物獲得に照準を定めたという。チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールに移籍金2億ポンド(約308億円)、今季もプレミア得点ランク首位を走るトットナムのイングランド代表FWハリー・ケインも2億ポンド、そしてマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得にも1億ポンド(約154億円)を準備していると報じられている。

    総額770億円というフットボール史上最大の爆買いで、レアルは再び“銀河系軍団”完成を目指しているという。

    ジネディーヌ・ジダン監督は、以前からアザールの獲得を熱望。今季絶不調のFWカリム・ベンゼマに代わるセンターフォワードの補強は急務となっており、これまでもたびたびケインの名前は浮上している。そしてデ・ヘアは2015年夏に手続き上のトラブルで破談となって以降も、フロレンティーノ・ペレス会長が獲得に執念を燃やしていると言われている。

    パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール獲得の噂も浮上するなか、レアルはプレミアの実力者トリオを引き抜くことで再びスペインの頂点を目指すことになるのだろうか
    3def59fb3cc324a04c98c009dc1aa58a
    1/27(土) 12:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00010007-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/27(土) 02:14:29.91 ID:CAP_USER9.net
    現地時間24日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の準々決勝2ndレグでレガネスに1-2で敗れ、そのまま敗退となってしまったレアル・マドリー。どん底の状態で今週末もリーグ戦を迎える。

    リーガ・エスパニョーラでは首位バルセロナに比べて1試合消化が少ないものの、マドリーは19ポイントの大差をつけられ4位に沈む。そして27日には5ポイント差の3位バレンシアとの大一番だ。

    マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、チームが困難に陥る状況下でバレンシア戦に向けた前日記者会見の出席した。そこで「選手たちがメッセージを受け取っていなかったと感じたら、明日にも去るだろう」と、バレンシア戦の結果しだいでの辞任を示唆するコメントを残した。スペイン紙『マルカ』などが伝えている。

    屈辱の敗退に終わったレガネス戦ではクリスティアーノ・ロナウドやガレス・ベイルといった主力選手たちを温存していた。ジダン監督は「若いチームで学ばなければいけないが、私は完全に彼ら他共にいる」と自らが起用した若手たちを擁護する姿勢も見せている。

    「結果が最も重要だ。つまりいくつかのことが機能していない。選手たちは最大限の努力をしているが、時にはうまくいかにこともある。我々はこれまでと同様の希望を持ち続ける。これまで以上の大きな落ち込みを伴う、上がり下がりのある年になった。だがそういった状況から学べることもあるし、それが戦いであり、試合なんだ。我々は次の試合、バレンシア戦の事しか考えていない」

    ジダン監督は自身への批判も「不当ではない」と受け入れている。一方で「誰も希望を放棄するつもりはないし、最後の日まで力を尽くし続ける」「フットボールにはいい瞬間も悪い瞬間もあるが、私が持っているのは状況を変得体という欲望だ」と力強い言葉で巻き返しを誓った。

    徐々に監督としての立場が危うくなってきているジダン。バレンシア戦では“いつものメンバー”で勝利を取り戻せるだろうか。国王杯制覇が不可能になり、リーグ優勝も難しくなっている中で指導者としての底力が問われる。
    20180126_zidane_getty-560x373
    1/26(金) 23:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180126-00253150-footballc-socc
    続きを読む

    2018-01-15_11h54_51

    1:風吹けば名無し:2018/01/15(月) 11:14:58.30 ID:oGig4OpFa.net
    ジダン解任へ
    2:風吹けば名無し:2018/01/15(月) 11:15:41.13 ID:cw9lOIL6K.net
    ワイアーセナル、ただただ笑う
    3:風吹けば名無し:2018/01/15(月) 11:16:17.88 ID:oGig4OpFa.net
    バルサは未だに無敗継続中
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/14(日) 02:16:27.95 ID:CAP_USER9.net
    1/14(日) 2:10配信
    混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0-1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節

    ■リーガエスパニョーラ第17節 レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル

    ビジャレアル:フォルナルス(43分)

    13日のリーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を0-1で落とした。

    1試合未消化ながら、首位バルセロナに勝ち点16差をつけられ、優勝争いから事実上脱落したレアル・マドリー。今後はコパ・デル・レイ、そしてチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を合わせたいところだが、来季CL出場権を確保するためにも、ここから調子を上げていくためにもリーガで力を抜き過ぎることはできない。ジダン監督はGKケイロール・ナバス、DFカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、MFカセミロ、モドリッチ、クロース、イスコ、FWクリスティアーノ・ロナウド、ベイルをスタメンとして起用した。

    レアル・マドリーは序盤からボールを保持して、ビジャレアル陣地に果敢に攻め込む。不調を引きずるように連係がうまく取れず、素早い展開が求められるフィニッシュの場面でもボールを持ち過ぎるきらいもあったが、それでも時間が経つに連れてチャンスを生み出していった。ただ、得点力不足は相変わらず。23分にはC・ロナウドが直接FKからゴールを狙うが、これはGKアセンホに弾かれる。また30分にはモドリッチのスルーパスからC・ロナウドがダイアゴナルランで最終ラインを抜け出すも、ループシュートは枠の左へと外れた。

    レアル・マドリーはさらに45分、ペナルティーエリア内右のイスコが折り返したボールにファーサイドから飛び出したC・ロナウドが合わせたが、またもアセンホのセーブに弾かれる。C・ロナウドはシュート時に背後からマリオの妨害を受けたと主張。だがウンディアーノ・マジェンコ主審はPKを取ることなく、前半終了のホイッスルを吹いた。冷たいこぬか雨が降りしきるベルナベウ。フラストレーションを溜め続けるファンは、ピッチから下がる審判団に対して容赦のないブーイングを執拗に浴びせていた。

    後半、レアル・マドリーは応援団が陣取る南スタンドのゴールに向けて攻撃を仕掛けていく。が、得点という実りを得るには至らない。ファンのフラストレーションの矛先は、次第にチーム自身にも向かい、カウンター時にC・ロナウドがミスをするとスタンドのあちらこちらから指笛が吹かれた。

    クロスからの攻撃一辺倒となり、さらにはビジャレアルのボール保持を許すなど、徐々に停滞していくレアル・マドリー。ジダン監督は69分に交代カードを切り、疲労が見えるイスコ、存在感がなかったベイルとの交代でルーカス・バスケス、アセンシオをピッチに立たせる。だが、この交代策も効果はなし。そして43分、CKからビジャレアルのカウンターを許すと、フォルナルスにK・ナバスを破られ失点を許した。観衆はこのゴールから家路につき始め、残った人々はチームに向けて渾身の指笛を吹いた。

    レアル・マドリーはその後もあきらめずに南スタンドに向けてボールを運んで行ったが、そこに陣取る応援団以外からは指笛が聞こえ続ける。そうして試合は、レアル・マドリーが1点ビハインドを背負ったまま終了。マジェンコ主審がホイッスルを鳴らした瞬間に指笛はさらに強まり、マドリディスタスの神殿は混沌に支配されている。

    3試合勝利から見放されている4位レアル・マドリーは5位ビジャレアルに勝ち点差を1まで縮められ、また明日にアラベス戦に臨む6位セビージャは同勝ち点に並ばれる可能性がある。そして首位バルセロナが明日のレアル・ソシエダ戦に勝てば、勝ち点差は19まで広がる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000033-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/12(金) 07:30:22.50 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は同クラブとの契約を2020年まで延長した。

    現地時間10日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)5回戦2ndレグ対ヌマンシア戦後の会見でジダン監督は「既に契約書にはサインした」と自ら発表した。

    2016年1月にジダン監督はラファエル・ベニテス前監督の後を引き継いだ。就任以来チャンピオンズリーグ(CL)で史上初の2連覇を成し遂げるなど合計8個のタイトルを獲得している。

    「毎日、この仕事を楽しんでいる」と語るジダン監督。現在リーグ戦の成績は4位で首位のバルセロナと16ポイント離されておりリーグ連覇は厳しい状況だ。

    しかし今回の契約延長で長期的な視野でチーム作りを考えられる体制も整った。今後ジダン監督率いるマドリーがどのようなサッカーを見せてくれるのだろうか。

    1/12(金) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00250876-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/11(木) 22:46:30.82 ID:CAP_USER9.net
    昨季王者レアル・マドリードは、今季のリーグ戦で首位バルセロナと勝ち点16差の4位と苦しんでいる。10日に行われたスペイン国王杯5回戦では、本拠地での2部ヌマンシアとの第2戦に若手中心のメンバーで臨み2-2のドロー。2戦合計5-2で8強進出を果たしたものの、格下相手に強さを見せることができていない。

    波に乗れない昨季の二冠王者だが、ジネディーヌ・ジダン監督の後任としてドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が来季就任する可能性が浮上したと、スペインのレアル・マドリード専門メディア「Soy Madridista」が報じている。

    記事によると、レアルはすでにレーブ監督と接触。「クラブは現在のドイツ代表の監督と交渉をスタートさせている。もしも、全てが結実すれば、彼はW杯終了直後にレアル・マドリードの監督になるだろう」と報じている。

    2020年までドイツ代表監督の契約を結ぶレーブ氏は、今夏のロシア・ワールドカップで連覇を目指すなか、大会後に“白い巨人”の指揮を執る流れになっているという。スペイン紙「スポルト」も、「レアル・マドリードはドイツ監督のヨアヒム・レーブと交渉中」とレポート。ドイツ名将のほか、トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督も候補に挙がっていると報じている。

    ジダン監督は就任わずか2年でUEFAチャンピオンズリーグ優勝2回、リーガ・エスパニョーラ優勝1回、FIFAクラブワールドカップ優勝2回と数々のタイトルをチームにもたらしたが、もしも今季無冠に終わった場合は、解任の憂き目を見ることになるのだろうか。

    写真


    1/11(木) 14:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00010009-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2018/01/09(火) 02:41:34.48 ID:4+57Bop80.net
    エッシェン
    165369290_cccc
    2:風吹けば名無し:2018/01/09(火) 02:41:52.42 ID:cHdYUZ1x0.net
    アデバヨール
    5:風吹けば名無し:2018/01/09(火) 02:42:48.03 ID:NuoOatEw0.net
    オーウェン
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/12/30(土) 14:11:19.29 ID:CAP_USER9.net
    12/30(土) 11:43配信 GOAL
    アザール、チェルシーとの契約延長を拒否か…父親が明かす「レアル移籍のために…」

    チェルシーFWエデン・アザールはやはり移籍を希望しているのかもしれない。選手の父親が、クラブとの契約延長オファーを拒否したと明かしている。

    昨季、チェルシーを2シーズンぶりのプレミア王者に導き、今季も絶好調を維持するアザール。2020年まで契約を残すものの、目覚ましい活躍から移籍の噂が絶えない。

    クラブはエース慰留のために新契約をオファーしていたが、これは選手に断られたようだ。アザールの父親であるティエリ氏は、ベルギーメディア『ルソワール』に対し、息子は夢であるレアル・マドリーへ移籍するために延長オファーを断ったと明かしている。

    「エデンについて私が言えるのは、契約延長を拒んだということだ。自身が強く望むマドリーからの興味に応えるため、断ったようだね。しかし、今現在レアル・マドリーからの接触はない」

    11月にはレアルでのプレーを夢見ていると告白したアザールだが、チェルシーは移籍を容認しておらず、年明け早々にもう1度新契約を提示するのではないかと報じられている。
    2017-12-30_14h48_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000004-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ