海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > レアル・マドリー

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/14(木) 16:56:18.79
    2/14(木) 16:15配信
    故意のイエローカードを自白したセルヒオ・ラモスに2試合出場停止の可能性

    水曜日に行われたチャンピンズリーグのアヤックス対レアル・マドリード戦で、イエローカードを受けたセルヒオ・ラモス。累積警告でリターンレグは出場することができないが、試合後のインタビューでこれを計算していたことを明かしてしまった。


    「ああそのとおりだ。イエローカードのことを考えていなかったと言えば嘘になる。相手を過小評価しているわけじゃないが、どこかで調整しなければいけない問題だ。そして88分にカードを受けた。勝ち抜けは外から応援するよ」  

    セルヒオ・ラモスは、過去に同じことを考えたポルトのヘスス・コロナが、どんなペナルティを受けたのかを知らなかったようだ。コロナは出場停止を計算して故意にカードを受けたことがばれ、UEFAからグループステージ最終節とノックアウトラウンド1回戦第1戦の合計2試合の出場停止処分を科せられている。UEFAは出場停止調整のための故意のカードを認めていないのだ。

    今回の発言は、間違いなくUEFAから追求されることになるだろう。セルヒオ・ラモスにはコロナと同じように、2試合の出場停止が言い渡される可能性がある。

    ちなみにラモスはこのあとツイッターで「以前のローマ戦で行ったように、わざとカードを受けたわけじゃない。ホームの試合に出場できないのはとても残念だ。しかし、私はファンと一緒にスタンドから応援するよ」とコメントしているが、もう言い訳しても無駄だと思う・・・。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00010000-mdjp-socc
    no title

    続きを読む

    2019-02-10_11h24_57

    1: 風吹けば名無し 2019/02/12(火) 11:50:00.52
    歴代で

    2: 風吹けば名無し 2019/02/12(火) 11:50:47.81
    せやで

    3: 風吹けば名無し 2019/02/12(火) 11:50:47.85
    CL4回EURO2回WC1回の優勝経験

    4: 風吹けば名無し 2019/02/12(火) 11:51:09.84
    キャプテンとして史上初のCL3連覇に貢献

    続きを読む

    2019-02-10_11h24_57

    1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 09:06:16.61
    バルサとアトレティコとの連戦を負けずに乗り切った模様

    2: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 09:06:41.87
    やっぱりレアルはシーズン後半から強くなってくるなぁ

    3: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 09:07:06.96
    アトレティコにはガッカリだよ…

    4: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 09:07:14.89
    終戦と思われたが今やリーガも2位や

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/09(土) 22:01:00.13
    レアル・マドリードが、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの獲得を目指しているようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が7日付で報じている。

    複数ポジションこなせるキエーザを巡っては、かねてからユヴェントスやナポリといったイタリアのビッグクラブをはじめ、マンチェスター・Uやバイエルンといった国外の強豪クラブが注視していると報じられており、獲得レースにレアル・マドリードも参戦するようだ。
     
    また、フィオレンティーナは適切なオファーがあれば放出を容認する姿勢をみせているようだ。報道によると同クラブは6000万ユーロ(約76億円)以上のオファーで手放すという。

    キエーザは1997年生まれの21歳。元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子で、2016-17シーズンのセリエA開幕戦でトップチームデビューを果たした。昨年5月にはイタリア代表にも招集され、今年3月にデビュー。フィオレンティーナとは2022年までの契約を結んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00905017-soccerk-socc
    2/9(土) 21:22配信

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/07(木) 06:59:13.65
    2/7(木) 6:52配信
    [2.6 コパ・デル・レイ準決勝第1戦 バルセロナ1-1R・マドリー]

    コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝でバルセロナ対レアル・マドリーのエル・クラシコが実現した。第1戦は6日、4連覇王者バルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われ、1-1の引き分け。決勝進出をかけた第2戦は27日、マドリードのサンティアゴ・ベルナベウで開催される。

    コパ・デル・レイでのエル・クラシコはR・マドリーが最後に頂点に立った2013-14シーズンの決勝以来5年ぶり。ホームのバルセロナはリーガ・エスパニョーラ第22節バレンシア戦(△2-2)で右足ふくらはぎに打撲を負ったFWリオネル・メッシがベンチスタート。その他はお互いにベストメンバーに近い布陣で臨んだ。

    前半6分、早くもR・マドリーがスコアを動かした。左サイドを突破したFWビニシウス・ジュニオールが斜めのクロスを送ると、ファー気味に流れたボールをFWカリム・ベンゼマが絶妙なトラップ。中央への折り返しにFWルーカス・バスケスがマークを振り切って飛び込み、ファーサイドネットに流し込んだ。

    徐々にペースを取り戻したバルセロナは前半20分、FWルイス・スアレスのスルーパスにFWマウコムが抜け出したがオフサイド判定。同33分にはMFイバン・ラキティッチのヘッドがクロスバーに直撃すると、同35分のスアレスのシュートはカップ戦出場が続くGKケイラー・ナバスのビッグセーブに阻まれた。

    その後は拮抗した展開が続く中、メッシの出場を求めるチャントも飛び出したが、後半12分にバルセロナが追いついた。DFジョルディ・アルバの突破はK・ナバスに阻まれ、無人のゴールを突いたスアレスのシュートはDFセルヒオ・ラモスが決死のカバー。しかし、PA右で拾ったマウコムが左足で叩き込んだ。

    バルセロナは後半18分、ついに負傷のメッシをFWコウチーニョに代わって投入。対するR・マドリーは同18分、MFマルコス・ジョレンテに代わってMFカゼミーロ、同19分にビニシウスを下げてFWガレス・ベイルを入れ、攻撃陣のテコ入れで劣勢の打開を試みる。

    R・マドリーは後半36分、自陣からのロングパスにカゼミーロが抜け出すと、バルセロナはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが飛び出して対応。セカンドボールを拾ったベンゼマがベイルに渡すも、無人のゴールへのシュートはパワーを欠いて届かない。そのまま最後までスコアは動かず、勝負の行方は同点のまま第2戦に委ねられた。
    2019-02-07_09h16_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-25988998-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/28(月) 06:48:42.53
    1/28(月) 6:38配信
    レアル・マドリー、ついに完全復活か!?またも会心のパフォーマンスを見せてエスパニョールを撃破/リーガ第21節

    27日のリーガ・エスパニョーラ第21節、レアル・マドリーは敵地コルネジャ=エル・プラットでのエスパニョール戦を4-2で制した。

    前節セビージャ戦(2-0)、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイのジローナ戦(4-2)と、これまでの低調ぶりがまるで嘘であったような抜群のパフォーマンスを見せるレアル・マドリー。ソラーリ監督はこのエスパニョール戦でGKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、レギロン、MFモドリッチ、カセミロ、クロース、FWルーカス・バスケス、ベンゼマ、ヴィニシウスと、好調の波を生み出す選手たちに負傷明けのクロースを加えたスタメンを組んでいる。

    レアル・マドリーは立ち上がりから主導権を握り、エスパニョールを圧倒。先制点を決めたのは4分のことだった。カルバハルの中盤でのボール奪取からモドリッチがペナルティーエリア内に侵入してシュートを放ち、GKディエゴ・ロペスが弾いたボールをベンゼマが押し込んだ。さらに15分には、ショートコーナーからモドリッチが精度の高いクロスを送り、S・ラモスが打点の高いヘディングシュートで加点(ここ2試合で3得点目)。早々に2点のリードを得る。

    完全に優勢のレアル・マドリーだったが、故ダニ・ハルケに対して拍手が送られた21分から4分後、1点を返される。ディダクのミドルシュートがL・バスケスに当たり、レオ・バプティスタンが足元に転がってきたボールをネットに突き刺した。

    その後にはエスパニョールに押され気味となったレアル・マドリーだが、最近にバロンドーラーらしい輝きを放つモドリッチを中心とした攻撃の展開により、再び主導権を握ることに成功。そして前半アディショナルタイム2分に3点目を獲得する。左サイドのベンゼマのパスをヴィニシウスがペナルティーエリア内で受けるも、エルモーソとぶつかりシュートは放てず。だが、そのこぼれ球を拾ったベンゼマが、抑えとコントロールの効いたシュートを枠内右に決めた。

    ハーフタイム、ソラーリ監督は前半にセルヒオ・ガルシアとの衝突で左足を痛めていたS・ラモスを下げてナチョを投入。後半もレアル・マドリーはボールを保持しながら攻勢を仕掛ける。連係力を高めているヴィニシウスとベンゼマ(この日のベンゼマはチャンスメイクでも大いに輝く)、それに加えてこれまでよりも前線に顔を出すようになったモドリッチが攻撃を牽引した。57分にはベンゼマの絶妙なアウトサイドのパスから、ペナルティーエリア内のモドリッチが倒れ込みながらシュートを放ったが、これはD・ロペスに弾かれている。

    ソラーリ監督は64分、ここのところ出ずっぱりだったヴィニシウスとの交代で負傷明けのベイルをピッチに立たせる。すると66分、このガラスのエースが早々に復帰弾を決めた。ペナルティーエリア内の選手たちが密集するところを反転で巧みに抜け出し、その左足の一発を炸裂させている。

    レアル・マドリーはその後も、芸術的プレーを連発するベンゼマを中心として、貪欲に追加点を狙い続ける。しかしながら72分、ヴァランが後方からピアッティ倒したことで退場となり、数的不利に陥ってしまう。これを受けたソラーリ監督はモドリッチをマルセロに代え、マルセロを左サイドバック、レギロンをセンターバックとした。

    レアル・マドリーは10人となったことを機としてエスパニョールに押し込まれるようになり、81分にはロサレスにボレーシュートを決められて2失点目。だがそれ以上の失点を許すことはなく、2点リードのまま試合終了のホイッスルを迎えた。数的不利となってからは劣勢となったレアル・マドリーではあるが、新鮮な風を送り込むヴィニシウス、復調を果たしたモドリッチ、“9.5番”として躍動するベンゼマを中心とするチームの攻撃は確実に迫力を増しており、復活をアピールしている。

    リーガ3連勝のレアル・マドリーは勝ち点を39として3位を維持。勝ち点10差の首位バルセロナ、勝ち点5差の2位アトレティコ・マドリーを追走している。

    ■試合結果

    エスパニョール 2-4 レアル・マドリー

    ■得点者

    エスパニョール:バプティスタン(25分)、ロサレス(81分)

    レアル・マドリー:ベンゼマ(4分、前半AT2分)、セルヒオ・ラモス(15分)、ベイル(66分)
    2019-01-28_11h55_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000035-goal-socc

    続きを読む


    real-480x480

    1: 風吹けば名無し 2019/01/15(火) 19:14:26.62
    レバンドフスキ

    2: 風吹けば名無し 2019/01/15(火) 19:14:41.83
    ケイン

    3: 風吹けば名無し 2019/01/15(火) 19:14:43.79
    クリスティアーノ・ロナウド

    6: 風吹けば名無し 2019/01/15(火) 19:15:48.03
    メッシ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/14(月) 23:42:32.50
    現在、レアル・マドリーの希望とも称せる存在となっているFWヴィニシウスだが、その品行が問題視されている。

    18歳と若年ながら、低調な今季のレアル・マドリーを引っ張る活躍を披露しているヴィニシウス。しかし13日にレアル・マドリーと対戦したベティスのDFマルク・バルトラは、同選手のピッチ上での振る舞いに疑問を呈する。

    バルトラは1-2で敗戦したその試合の直後、ミックスゾーンでブラジル人FWについて次のように語った。

    「ヴィニシウスは立っているより地面に伏している時間の方が多かった。僕からはそんなに倒れ込むなと言ったんだけど、するとイホ・デ・プータ(直訳では売春婦の息子で、この野郎などを表すす侮辱語)と罵ってきた。3回も僕の母親について言及してきたんだよ」

    「彼が学ぶべきことは多い。レアル・マドリーの選手としてふさわしいとは思えない」
    2019-01-15_00h36_36
    1/14(月) 21:12配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010045-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/13(日) 19:05:33.50
    スター軍団レアルの難しさに言及「誰も何もしてくれなかった」
     
    トルコ1部ベジクタシュとの契約を解除していたポルトガル代表DFペペは現地時間8日、ポルトガル1部の強豪ポルトに加入が決まった。2004年から3シーズン過ごした古巣に復帰したなか、クラブの公式インタビューでかつて所属したレアル・マドリードや盟友の元スペイン代表GKイケル・カシージャスについて語っている。

    レアルがセンターバック(CB)の獲得に苦しんでいた2007年、ポルトに所属していたペペが加入。その後、ポルトガル人DFは徐々に自分の立ち位置を確立し、“白い巨人”に10年間在籍した。そんな当時のことを振り返ったペペは、レアルが非常に難しい場所だと明かしている。

    「レアル・マドリードに到着した全ての選手、CBにとっての墓場だった。誰も何もしてくれなかったんだ。だけど、ポルトが僕のために準備してくれたから、僕はそこに10年間いられた。多くのビッグネームを持った素晴らしいCBがたくさんいたが、僕のようには居続けられなかったね」

    またペペは、レアル時代にチームメートだったカシージャスとポルトで再会できることを喜んでいるようだ。「とても嬉しいよ。これが移籍の決定に影響しているかもしれないね。僕がここに来た時、彼はポルトガル語を話すかどうかを尋ねてきた。レアルに到着した時に、僕がスペイン語を話せるかどうかを尋ねた時のようにね。彼は理解していると言っていたけど、まだ当惑しているようだ。僕がスペイン語でいた時より優れていると言ったけどね」

    レアル時代の話やカシージャスとの再会を喜んだペペ。12年ぶりに戻った古巣でどんなプレーを見せるのだろうか。

    1/13(日) 15:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00161352-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 05:09:04.90
    CL圏外ンゴ...w

    3: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 05:10:11.79
    去年も三位やしこんなもんやろ

    4: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 05:10:15.72
    真のレアルはどちらかはっきりしたわ

    13: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 05:14:21.04
    >>4
    ベティス「せやな」
    サラゴサ「せや」
    バジャドリード「せやせや」
    ビジャ「せやろか?」

    7: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 05:12:33.08
    クリロナいたときからあの体たらくだからさすがに予想はついた

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ