海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:日本代表 > ザッケローニ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/11(日) 21:42:56.80 ID:CAP_USER9.net
    9a7b3343-036b-4175-860a-9f5884440b10
    『Calciomercato』は「元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏は、ミランの買収は怪しいと話した」と報じた。

    今夏ついに中国系コンソーシアムへの株式売却が決定したミラン。シルヴィオ・ベルルスコーニ氏がクラブを手放し、アジアへ運営権が移ることになった。

    しかし、それからの交渉には様々なトラブルが発生。先日はついに中国政府から資金の移転が認められなかったことから、取り引きが3月3日まで延期されることが正式に発表された。また、新たにオーナーになる人物や投資をしている企業の名前などもまだ明らかになっていない。

    それらについて聞かれたアルベルト・ザッケローニ氏は以下のように話し、現状の中国との交渉はかなり怪しいと不信感を露わにした。

    ミランでスクデットを獲得した経験がある他、今年は中国でも指揮を取ったザッケローニ氏。その経験から、お金がある人物なら知られているはずだと語った。

    アルベルト・ザッケローニ

    「私は今年北京国安を指導してきた。そして、新しい中国人のオーナーが誰なのかを特定しようとしたのだが、誰もそれが何者なのかを知らないのだ。

    これは奇妙な状況だよ。なぜなら、裕福な人々というのは、普通中国でとても良く知られている人間であるはずだからだ。

    まあ、この物語がどのような結末を迎えるのか、様子を見てみよう。

    私はミランがスクデットを獲得できるだけのポテンシャルがあるとは思わない。彼らはチャンピオンズリーグに出場できるだけのものはあるが、ナポリが足踏みしてくれればの話だね。

    ナポリはこのところ幾つかネガティブな結果に終わっている。そしてミランは最高の結果を得てきている。

    すべての選手から最高のものを引き出しており、モンテッラはとてもいい仕事をしている。ミランは彼のスタイルではないかもしれないが、それは別に意味のない話だ。

    私の時のミランはもっと年を取っていたね。ボバン、ビアホフ、レオナルド、コスタクルタはベテランになっていて、セリエAは難しいリーグだった。

    7つのクラブにスクデットの可能性があるようなね。フィオレンティーナにもルイ・コスタやバティストゥータがいたくらいでね」

    http://qoly.jp/2016/12/11/alberto-zaccheroni-said-that-milan-new-owners-was-strange-kgn-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/19(木) 18:23:35.53 ID:CAP_USER9.net
    サッカー元日本代表監督で、今年1月から中国1部・北京国安を率いてきたアルベルト・ザッケローニ監督(63)が解任されたと、中国・新華社通信が公式ツイッターでつぶやいた。

    北京国安は現在2勝3分け4敗の勝ち点9で16チーム中10位。18日の試合でも河北に0-2で敗れ、サポーターからは解任を求める罵声が飛んでいた。
    2016-05-19_19h04_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000117-nksports-socc
    続きを読む


    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/28(木) 18:35:40.46 ID:CAP_USER9.net
    cf9755cb-454c-41d3-a9f4-538a6de051f3
    選手の“爆買い”で世界的な話題を集めている中国だが、凄いのは何も選手だけではない

    スヴェン=ゴラン・エリクソンや元名古屋のドラガン・ストイコヴィッチら指導者も超一流どころが揃っており、彼らが中国サッカーの急成長を後押ししているのである。

    また、北京国安で指揮官を務めているのが2010~2014年までの4年間、日本代表を指揮したイタリア人のアルベルト・ザッケローニ監督だ。

    ザッケローニ監督はワールドカップ終了後に退任して以来フリーの状態が続いていたが、今年1月、北京国安の指揮官に就任した。

    中国スーパーリーグは昨年のアジア王者・広州広大が現在5連覇中だが、北京国安も2009年の優勝チームで彼らはACLの常連にもなっている強豪だ。

    だが、ザックはそんな強豪でここまで結果を残せず苦しんでいる。

    こちらが開幕からここまでの成績だが…

    1節 △0-0 天津泰達
    3節 ●0-1 延辺富徳
    4節 ●0-3 広州恒大
    5節 ○3-0 杭州緑城
    6節 △0-0 遼寧宏運

    他チームに比べて1試合消化が少ないものの、1勝2分2敗3得点4失点と16チーム中15位に沈んでいるのである。

    ザックといえば守備的な文化が根付く母国イタリアで斬新な3トップを採用し、ミランを率いた1998-99シーズンにセリエAを制したほど攻撃的な監督として知られる。しかし中国では5節にこそ大量3ゴールを奪い快勝したものの、その他の4試合360分で無得点となっているのだ。

    チームは現役ブラジル代表のレナト・アウグスト、ラウフ、元ブラジル代表のクレーベル、さらにトルコ代表のブラク・ユルマズと、恒大他のライバルクラブに引けを取らない実力派の外国人を擁し、優勝争いに絡んでいけるだけの戦力を保有しているのにもかかわらず、である。

    まだ5試合といえばそれまでかもしれない。しかし、入れ替わりの激しい中国サッカー界のこと、目に見えた結果を残さなければすぐにでも居場所を失ってしまうだろう。

    http://qoly.jp/2016/04/27/alberto-zaccheroni-beijing-guoan?part=2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461836140/

     
    続きを読む

    2014-12-29_11h43_44

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 11:07:29.63 ID:???0.net
    29日、フジテレビ「ザックジャパンの真実」では、元サッカー日本代表監督アルベルト・ザッケローニ氏の言葉とともに彼が戦った4年間のドキュメンタリーを放送した。

    通訳を務めた矢野大輔氏が聞き手となって行われたインタビューでは、監督就任後チームを作っていく過程や東北震災、惨敗を喫したW杯のことなどをザッケローニ氏が自らの言葉で振り返った。

    監督の役割について「一番大切な仕事は“私はちゃんと君を見ているよ”と選手全員に伝えること」と持論を展開したザッケローニ氏。「あのチームは叱る必要があまりなかった」という日本代表メンバーにおいて、そんな彼を度々怒らせたのが吉田麻也だったという。

    その代表的なプレーは2012年6月のヨルダン戦だった。前半に4点を奪うも前半終了間際、自らドリブルを仕掛けた吉田は相手選手と接触し右膝じん帯を損傷。交代を余儀なくされた。

    これに激怒したザッケローニ氏は、矢野氏から「ハーフタイムにロッカールームであなたは麻也を怒鳴りつけましたよね。ものすごい勢いで“お前はブラジル人か”って」と訊かれると、「すでに勝利が決まっているのにドリブルを仕掛けるなんて・・・」と呆れたように話した。

    それでもザッケローニ氏は吉田を起用し続け、これが期待の裏返しであったことは言うまでもない。「麻也は私をよく怒らせるんだよ」とどこか嬉しそうに語るザッケローニ氏だった。

    12月29日 10時30分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9625180/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419818849/


    続きを読む


    2014-12-09_16h35_28
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/09(火) 15:57:23.19 ID:???0.net
    前日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、母国イタリアでの下部組織の育成方法を批判した。8日付のイタリア紙『イル・ジョルノ』のインタビューに応えている。

     2大会連続でワールドカップ・グループリーグ敗退に終わったイタリア代表。セリエAも過渡期にあり、イタリアサッカー界は困難な状況に直面している。

    母国の失墜にザッケローニ氏は、「我々イタリアの下部組織の指導者は、プロヴィンチャ(地方)の小クラブの監督と同じように、勝利のことしか考えていない。子どもたちを成長させるためにとても重要な過程を省いたトレー二ングを行っている」と述べ、育成年代の指導者の姿勢を批判した。

    続けて「私は、チェゼナティコのいくつかのグラウンドでトレーニングを見たが、12歳の少年たちが重りを背負って、階段上りやジャンプなどのトレーニングを行っていた。とても馬鹿げたトレーニングであると私は思う」と語り、自身の故郷であるチェゼナティコで行われていたトレーニングを例に挙げている。

    しかしザッケローニ氏は、「(ロベルト・)バッジョや(アレッサンドロ・)デル・ピエロに、子どもの頃そのようなトレーニングを行ったかどうか尋ねてみてくれ」と、これまでイタリアが排出した名選手たちは、そのようなトレーニングを行ってこなかったはずだと主張。

    現状の問題点について「多くの下部組織の指導者は、トップチームのトレーニングをそのまま真似ている。子どもたちを成長させ、育てることを考えずに、ただ勝利だけを得ようと考えている」と述べ、イタリアに根付く「勝利至上主義」が、育成年代に大きな影響を与えていることを問題視している。

    12月9日(火)13時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00257255-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1418108243/


    続きを読む


    2014-11-27_08h25_58
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/27(木) 07:34:11.70 ID:???0.net
    サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ前監督(61)が26日、

    都内で一般向けの講演会を行い、1次リーグで敗退したW杯ブラジル大会を

    「どんな強豪と対戦しても、怖がらないチームを築きたかった。完成させるのに4年間は少し短すぎた」と振り返った。

     W杯後にイタリアへ帰国してから今回が初来日。約600人の聴衆を前に「まず自分から歩み寄る」「叱る前に褒める」

    「どんな状況にも応じるフレキシブルさを保つ」などと組織を束ねる上での信念を披露した。

     司会者に今後Jリーグのチームを率いる気があるかを問われると「正直、今はない。代表での経験が美しすぎて、あれ以上は求められない。

    ただ、将来は何があるか分からないので、気が変わるかも」と話した。

    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/11/27/0007537081.shtml
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1417041251/

    続きを読む

    2014-08-18_11h37_25

     J1仙台の20周年記念試合としてセリエA・ユベントスとのOB戦が17日にユアテックスタジアム仙台で行われ、仙台レジェンズとユベントス・レジェンズが対戦。試合は5-4でユベントスが勝利を収めた。

    元イタリア代表FWスキラッチ氏、元オランダ代表MFダービッツ氏、元日本代表FW平瀬智行氏らが参加した豪華な試合。4-4の後半ロスタイム、右クロスをダイビングヘッドで押し込んだのは何とザッケローニ日本代表前監督の通訳を務めていた矢野大輔氏だった。

    通訳として同戦に参加したはずが、トリノの下部組織に在籍していた経験をペッソット監督に買われて急きょ出場。ハーフタイムにスーツからユニホームに慌て て着替えると、大仕事を果たした。「(ザッケローニ)監督から常々指導されていた形が出せました」と苦笑いする矢野氏。「もう1度、W杯に行きたいです ね」と今後の夢を語っていた同氏だが、まさかのエース・ストライカーとしての出場もある?!

    http://news.livedoor.com/article/detail/9155775/


    続きを読む

    988427l
     日本代表監督を退任したアルベルト・ザッケローニ氏が、母国イタリアに帰国し、現地メディア『Sky』のインタビューに答え、イタリア代表監督就任の可能性を否定した。

     ザッケローニ氏は、「多くの人が立候補しているが、私は違う。立候補しない。サッカー連盟の幹部が監督を評価し、交渉にあたればいいと思う。私は、イタ リア代表監督の候補として8年前から噂されている」と答え、候補に挙がっていることを明かしつつも関心がないことを主張した。

     そして、日本代表監督については「私が経験したことについては、多くのことを与えられたことで、私自身が報いなければならないと思う。ワールドカップは 良い成績を収めることができなかったが、良好な関係で終えることを期待していた。だが、それがここまでのものとは思っていなかった。たくさんのサポーター が、この4年間、私たちがやり遂げたことに感謝するために、空港で待っていてくれた。ブラジルで私は選手に契約を更新しないことを伝えていた。他の監督に ポストを譲ることが正しいと思えたからだ。日本サッカー協会は、私のサッカーのスタイルが新しい監督によって継承されることを選んだ。これは、私にとって とても喜ばしいことだ」と打ち明けている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00208403-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-07-01_20h04_17
    サッカー日本代表のザッケローニ監督が1日、母国・イタリアへ出発した。4年間ともに戦ってきた長谷部 誠選手(30)と内田篤人選手(26)が、見送りに登場し、最後はハグで別れを惜しんだ。
    イタリアへ帰国するため、羽田空港に姿を見せたザッケローニ監督、見送りには、長谷部選手と内田選手も駆けつけた。
    ザッケローニ監督「すごくさみしいというのが率直な気持ちで、これまで協会・チーム・選手たちといい関係をつくってこられた。ここで皆さんが温かく受け入れてくれるところとかも、いい関係がつくれたので、とにかくさみしい気持ちが強い」と語った。
    代表監督就任後、日本で4年間過ごしたザッケローニ監督は、最後に驚いたことがあったという。
    ザッケローニ監督は「2〜3日、日本で過ごしていたんですけど、サポーター、国民の方から温かく声をかけていただいて、本当にワールドカップに勝ったんじゃないかというような対応をしてくれました」と語った。
    最後は、長谷部選手、内田選手とお別れの熱いハグ。
    今後は、家族とともにゆっくりと過ごし、引退も視野に入れているという。
    一方、日本サッカー協会では、臨時の技術委員会が開かれた。
    最も大事な監督人事では、一部海外メディアが、元メキシコ代表監督のハビエル・アギレ氏(55)が就任有力と報道。
    アギレ氏は、前回のワールドカップで、母国・メキシコを決勝トーナメント進出へと導いた。
    日本再建は、誰の手に託されるのか、注目される。

    続きを読む

    2014-06-25_08h25_47
     W杯ブラジル大会1次リーグで敗退した日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(61)が、自らの口で退任する意向を示した。25日(日本時間26日未明)、日本サッカー協会(JFA)が開いたベースキャンプ地イトゥでの記者会見で明かした。

     ザッケローニ監督は次のようにコメントした。

     「これまでもそうだったが戦術や戦い方はすべて私が決めた。責任はすべて私にある。その責任はきちっと取りたい。ランチの時にみんな集まりましたので、 チームを支えてくれたすべての人に感謝を伝えました。彼らにも、もう1度メンバー、スタッフを選べるとしても同じメンバー、スタッフを選んだだろうという 話をしましたし、そのチョイスにも自信があると伝えました」などと、話した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00000007-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ