海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー > PSG

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/06(木) 09:50:19.26
    6/6(木) 7:03配信
    PSGがブッフォンの退団を発表…「イタリアからの冒険が終わります」

    パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンと、来シーズン以降の契約を延長しないことを発表した。

    今シーズン開幕前にユヴェントスを退団しPSGに加入したブッフォンは、リーグ戦17試合に出場。フランス代表GKアルフォンス・アレオラとの併用でゴールマウスを守り、チームのリーグ連覇に貢献した。ところがシーズン終了を前に、同チームを率いるトーマス・トゥヘル監督がGKのローテーション起用をやめる意向を表明。大ベテランのブッフォンに対して、今夏のPSG退団の可能性が報じられてきた。

    今回の退団を受けてブッフォンは、クラブの公式HPを通じて「たくさんの応援をありがとう! 12か月前に私はPSGに入団し、サポーターからたくさんの歓迎を受けました。本当に感動的だった。心から感謝しています。ここでプレーできたことは間違いなく私を成長させてくれました。今日で私のイタリアからの冒険が終わります。チームのみんなに感謝しています」とサポーターへ感謝のメッセージを伝えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00945057-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    psg_1819_home_bnr

    1: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:06:44.43
    なんとかならんか

    2: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:07:14.41
    ネイマールエムバペカバーニの3トップやぞ

    4: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:07:49.18
    メッシ獲得

    5: 風吹けば名無し 2019/04/19(金) 21:07:49.66
    DF人もヨーロッパトップクラスやぞ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 00:25:03.67
    パリ・サンジェルマン(PSG)が、2018-19シーズンのリーグ・アンを制した。

    PSGは21日の21時(日本時間22日の4時)に行われるリーグ・アン第33節でモナコと対戦する。PSGはこの一戦で勝利すれば優勝が決まる状況だったが、4時間前にキックオフを迎えた2位・リールとトゥールーズの一戦が0-0の引き分けで終了。この結果、PSGはモナコ戦を待つことなく優勝が決定した。

    今シーズン、PSGはヨーロッパ5大リーグの記録となる開幕14連勝を達成し、爆発的なスタートダッシュに成功した。その後もブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニら強力な攻撃陣が躍動。第32節終了時点で26勝3分3敗、勝ち点「81」で首位を独走していた。

    第31節には2位・リールとの直接対決が実現した。引き分け以上で優勝を決められる一戦だったが、1-5でまさかの大敗。第32節のナント戦にも敗れ、優勝を目前としながらも足踏みが続いていた。

    PSGは2012-13シーズンからリーグ・アン4連覇を達成。2016-17シーズンはモナコに覇権を譲ったが、昨シーズンは圧倒的な強さを見せつけてリーグ・アンを制覇した。今シーズンも6試合を残しての優勝となっている

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00930376-soccerk-socc
    4/22(月) 0:00配信

    no title


    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/18(月) 19:08:30.63
    ジャンルイジ・ブッフォンのPSGでの期間は残り僅かかもしれないと仏紙『L'Equipe』が報道している。

    元イタリア代表GKブッフォンの契約延長をPSGはかなり渋っているという。監督トーマス・トゥヘルはチーム編成の大幅な改革を望んでいる。

    昨シーズン、ユヴェントスに別れを告げた41歳のブッフォンは2018年7月6日にPSGと1年契約を締結した。この契約は1年の契約延長オプションを含むものだった。PSGは選手の顔ぶれを変えてチームを大幅に改革しようと計画している。ベテランの選手たちは若手の選手に取って代わられる日も近いだろう。

    数週間前よりダニエウ・アウベスのPSG退団が噂されているが、チアゴ・シウバなどその他のクラブの主力選手の残留も疑わしい。ブッフォンは欧州CLから敗因となった重大なミスも含め、いくつか失態を犯している。

    3/18(月) 12:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00010012-sportes-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/03(日) 04:03:20.59
    3/3(日) 3:55配信
    PSG、ムバッペの2ゴールでリーグ戦5連勝! 2位との勝ち点差は「20」

    リーグ・アン第27節が3日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)はアウェイでカーンと対戦。PSGが2-1でカーンに逆転勝利を収めた。

    試合は3分、ダニエル・アウベスが右サイドのアンヘル・ディ・マリアに展開。ディ・マリアからのクロスにゴール前のレイヴァン・クルザワが左足で合わせるが、ゴールの枠をたたく。こぼれ球にアウベスが反応してシュートを放つが、相手DFに当たり得点とはならない。

    前半をスコアレスで折り返すと、56分にカーンはFKを獲得。カシミル・ニンガが背後からの浮き球のスルーパスをゴール左に沈めて、カーンが先制に成功する。

    しかし、直後の59分に再びスコアが動く。ムサ・ディアビのクロスをカーンDFがハンドで止めたとしてPKの判定に。キッカーのキリアン・ムバッペが冷静にゴール右に決めてPSGは同点に追いつく。

    60分にはトーマス・ムニエの右サイドからのクロスにディ・マリアがヘディングで合わせる。しかし、ゴール前で絶好のチャンスを決めきれない。

    86分、クルザワの左サイドからのクロスにユリアン・ドラクスラーが合わせてPA右からシュートを放つ。このシュートは相手DFに弾かれるが、ゴール前まで詰めていたムバッペがこぼれ球に反応。ムバッペは落ち着いて押し込み、PSGは試合終了間際で逆転した。

    スコアはこのまま動かず2-1でPSGが勝利を収めた。この結果、PSGは23勝2分1敗と勝ち点「71」。2位リールとの勝ち点差は「20」となっている。7日に行われるCLマンチェスター・U戦を前に貴重な勝利を収めた。

    【スコア】
    カーン 1-2 パリ・サンジェルマン

    【得点者】
    1-0 56分 カシミル・ニンガ(カーン)
    1-1 59分 キリアン・ムバッペ(PSG)
    1-2 86分 キリアン・ムバッペ(PSG)

    【スターティングメンバー】
    パリ・サンジェルマン(4-4-2)
    アレオラ;ムニエ、ケーラー、マルキーニョス、クルザワ;エンクンク、アウベス(78分 モティング)、パレデス、ディアビ(72分 ベルナト);ムバッペ、ディ・マリア(65分 ドラクスラー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00913760-soccerk-socc
    no title

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/29(土) 16:07:00.84 _USER9
    スペイン紙『AS』によるとファイナンシャル・フェアプレー規則違反により、パリ・サンジェルマン(PSG)は9,000万ユーロ(約113億円)の収益を得る必要がある。

    PSG、ネイマールかエムバペの売却が必須?

    その場合、PSGは主要選手のうち何人かを売却しなければならなくなるだろう。

    そこで売却先としてレアル・マドリーの名前が浮上してくる。

    もしPSGがネイマールかエムバペを手放さなくてはならない場合、おそらくフランス代表のエムバペをキープし、バロンドール欲しさに移籍してきたネイマールを売却するだろう。

    バルセロナ時代にメッシの陰になっていたネイマールは、主役の座を求めてPSGへと移籍した。しかし皮肉なことにPSGでもエムバペに人々の注目が集まり、ネイマールは脇役に転じかけている。
    2018-12-29_17h34_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010003-sportes-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/24(月) 22:57:39.22 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)は、収益バランスを取る必要がある。

    UEFAとFIFAは、PSGがファイナンシャル・フェアプレーを遵守できるかどうか目を光らせている。

    フランス紙『Le Figaro』によれば、PSGは、スター選手一人の売却が必須であり、もしそれが行えなければ、UEFAによる処罰が下ることになる。

    PSGは、ファイナンシャル・フェアプレーという問題に直面しており、解決策を見出す必要があり、1億7,000万ユーロ(約215億円)を捻出しなければならない。

    それゆえに、『Le Figaro』は、PSGがスター選手売却の報道をしており、ファイナンシャル・フェアプレーを遵守するためにもネイマールかキリアン・エムバペのどちらかを売却しなければならないとしている。

    もし、チャンピオンズリーグで戦い続けたければ、それが可能な解決策である。

    現在、PSGは仲裁裁判所の決定を待っている状況であり、UEFAがカタールからのスポンサー収入を認めない中、フランス王者は収入源を見つけなければならない。

    そのような背景から約1億7,000万ユーロ(約215億円)捻出するためにその額での選手売却が必要である。

    そして、現状の移籍マーケットで最も欲されている選手がネイマールであり、レアル・マドリーの獲得候補に上がっている。

    また、PSGがその将来性を高く評価し、ファンからもより愛されているエムバペ売却という可能性もある。
    2018-12-24_23h38_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00010016-sportes-socc
    12/24(月) 20:55配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/11(火) 17:49:20.95 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織U-17にFW畠山拓海(はたけやま たくみ)とDF泉田陸玖(いずみた りく)の2選手が入団したことをサッカー留学などをコーディネートする「OIALiC Football オイアリック フットボール」が発表した。

    畠山と泉田は、ともに2002年生まれの16歳で、新潟県のクラブチーム「FC 下越セレソン」でプレー。中学卒業後に拠点をフランスに移し、フランス、ドイツ、ブラジルなど、各国のセレクションに参加。その中で、PSGの関係者の目に留まり、日本人選手としては初となる同クラブとの契約に至った。

    PSGの下部組織入団に際し、畠山は「パリ・サンジェルマンという素晴しいチームでプレーできることを誇りに思い、更にレベルアップして、トップチームを目指します!」とコメントを発表。

    泉田も、「パリ・サンジェルマンの高いレベルで、成長して活躍できるよう、頑張ります!」と意気込みを述べた。

    12/11(火) 17:10配信 サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20181211/875701.html?cx_top=topix

    写真
    no title

    続きを読む

    1:nita ★:2018/10/13(土) 07:30:18.23 ID:CAP_USER9.net
    2018/10/13 06:00

    ベルギーサッカー界では八百長やマネーロンダリングの疑いで多くのクラブが警察当局による捜索を受けるなど衝撃が広がっている。

    そうした中、PSGの試合にも八百長の疑いがかけられていると、フランス紙『L'EQUIPE』が報じた。

    問題視されているのは、今月4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、PSG対ツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)戦だという。パルク・デ・プランスで行われた一戦は、6-1でパリが大勝している。

    同紙によれば、UEFAからの警告を受けたフランス当局が捜査を始めたという。

    UEFAはツルヴェナ・ズヴェズダの幹部と共犯者が、自らのチームが5点差で負けることに数百万ユーロを賭ける意思を示したというレポートを試合の数日前に受け取っていたとのこと。賭け金は500万ユーロ(6.4億円)近い金額で、数千万ユーロの利益を得たとも。

    元横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクも先発した試合はパリが70分までに5点を奪い、その後74分に失点。そして、81分に6点目を奪う展開だった。

    ただ、ツルヴェナ・ズヴェズダ側は『L'EQUIPE』の報道に対して異議を申し立てるとも伝えられている。
    797bd62d-eff6-4d04-0d1f-bae8ce8de0ae

    https://qoly.jp/2018/10/13/cl-psg-belgrade-match-fixing-by-lequipe-iks-1
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/14(火) 17:24:51.71 ID:CAP_USER9.net
    <フランスリーグ:パリサンジェルマン3-0カン>◇12日◇パリ

    フランス1部で昨季王者パリサンジェルマンはカンとの今季初戦を3-0の快勝で飾った。

    前半10分にネイマールが先制し、同35分にラビオが加点。後半44分には「リベリアの怪人」と呼ばれたG・ウェア氏の息子ティモシー・ウェアが同リーグ初得点となるダメ押し点を決めた同リーグでの「父子ゴール」はジョルカエフ父子以来。今季新加入したGKブフォンもフル出場し、好守を見せた。 
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201808140000151.html




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ