海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > カリム・ベンゼマ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:08:52.69
    昨夏以降のシュート決定率「2.3本」はメッシ、C・ロナウド、スアレスを上回る

    レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの決定力は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている――。スペイン大手紙「マルカ」が、レアル“現エース”の際立った正確性を報じている。

    ロナウドとともにプレーしている際は、アシスト役に回ることも多かったベンゼマだが、ロナウド移籍後のレアルでは最大の得点源となっている。それを象徴するスタッツが、得点数に対するシュートの割合だ。

    ロナウドがユベントスへ移籍した2018年夏からのデータで、ベンゼマはここまで41得点をマーク。これを上回っている選手は欧州内でもバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(63得点)、メッシ(60得点)、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(47得点)の3人のみだ。

    そして、ベンゼマはその41得点を97本のシュートで決めているという。1ゴールに要するシュート数はわずか2.3本。メッシ(2.5本)、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(2.8本)、ロナウド(3.2)と並み居るストライカーたちを上回っているという。ベンゼマ以上の決定力を叩き出しているのは、レバンドフスキ(1.95本)のみ。その活躍が、欧州でも際立っていることがよく分かる。「マルカ」紙は「ベンゼマはメッシ、ロナウド、スアレスよりも正確」と絶賛している。

    記事では、過去に名将ジョゼ・モウリーニョ氏をもってして、「レアル・マドリードはベンゼマに大きく依存している」と言わしめたことを伝えている。スター選手の補強ばかりが話題に上るレアルだが、すでに頼れるストライカーが存在していることを忘れてはならないだろう。
    2019-11-14_09h50_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228660-soccermzw-socc
    11/14(木) 7:40配信

    続きを読む

    20191112benzema_nqbmkc8f5mba1r954atetnaz7

    1: 風吹けば名無し 2019/11/12(火) 20:19:59.37
    ロナウドとメッシ超えたな

    2: 風吹けば名無し 2019/11/12(火) 20:20:38.32
    PK全部蹴ってたらもっと得点数増えてる

    6: 風吹けば名無し 2019/11/12(火) 20:21:22.76
    自分からの仕掛けに難ありやん

    8: 風吹けば名無し 2019/11/12(火) 20:22:06.21
    5年くらい印象が全く変わらない

    続きを読む

    cfbdc8492c9e9e6db7fa87bb988262dc-1

    1: 風吹けば名無し 2019/07/01(月) 19:22:49.09
    毎年決定力足りないってファンとマスコミにぶっ叩かれる
    イグアインやモラタと競争させられる
    その年最高のCFのトレード要員にされるって毎年言われる

    なのにヘラヘラしてて最後には結果を出す

    2: 風吹けば名無し 2019/07/01(月) 19:23:08.42
    ベイルも見習ってほしい

    3: 風吹けば名無し 2019/07/01(月) 19:23:37.01
    ヨビッチに奪われるで

    続きを読む

    1:カイキニッショク :2017/11/14(火) 00:16:25.11 ID:CAP_USER9.net
    モウリーニョに「猫」と形容されたベンゼマ、「あのときには気が狂いそうだった」

    11/13(月) 23:32配信

    GOAL

    レアル・マドリーFWカリム・ベンゼマが、ジョゼ・モウリーニョ現マンチェスター・ユナイテッド監督から「猫」と形容された出来事を振り返った。

    モウリーニョ監督はレアル・マドリー時代、FWゴンサロ・イグアイン(現ナポリ)が長期離脱した際に、クラブが補強に動く気配がないことで「犬とともに狩りに行けないならば、猫とともに狩りに出なければならない」と発言。この「猫」にあたるのが、当時イグアインとポジションを競っていたベンゼマだった。

    ベンゼマはこの『猫』との形容について、これまで沈黙を貫いてきたが、フランス『カナル・プリュス』のドキュメンタリー番組でついに言及。やはり、納得がいかない形容であったようだ。

    「(モウリーニョ監督とは)良い関係にあったが、その後に適切ではない発言があった。彼は猫や犬など様々なことをメディアに話していった。そうした話をすることを楽しんでいるような印象があったよ。本当のことを言ってしまえば、彼のことを尊敬していたが、あの瞬間には気が狂いそうだった」

    「だから、彼に対して言うべきことを言ったんだ。『自分はフットボールの選手で、あなたは僕の監督だ。あなたを敬ってはいるが、選手としての自分も尊重してほしい』と。それから、あの犬と猫の話はなくなった。僕は内気な人間だが、自分を笑う人間がいるならば立ち向かう。話し合えば、すべてうまくいくんだよ」
    2017-11-14_07h33_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000028-goal-socc
    続きを読む


    Benzema
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 19:27:42.08 ID:???*.net
    カリム・ベンゼマが120万ポンド(約2億2000万円)のスーパーカーを購入したイタリアの高級車メーカー、『ブガッティ』のヴェイロンだ。ベンゼマは新たな愛車との写真を掲載している。

    ブガッティ側は23日、最後のヴェイロンが売れたと認めた。つまり、レアル・マドリーのストライカーが手にした一台はおそらく、彼が写真を撮ったとき以上の価値になっているということだ。

    初速スピードが時速100キロまで到達するまでにわずか2.5秒で、最高時速は約431キロのヴェイロン。ブガッティが製造したのは、わずか450台のみとなっている。

    ブガッティのヴォルフガング・デュルハイマー会長は、「販売開始から10年が経った今でも、ヴェイロンは多くの点で独特なマシンだ」と語った。

    「ヴェイロンでブガッティは自動車界のアイコンをつくり、世界で最も独特なスーパーカーブランドとしての地位を確立した」

    27歳のベンゼマは高級車の愛好者で、フェラーリ、ロールスロイス、ポルシェ、メルセデスを所有している。

    今季36試合に出場し、19得点を記録しているベンゼマは、レアル・マドリーで週給15万ポンド(約2800万円)の収入を得ていると言われる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150225-00010031-footballc-socc
    フットボールチャンネル 2月25日(水)17時56分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424860062/

     
    続きを読む

    1 :ジェリー大尉φ ★ 2013/09/30(月) 22:50:21.24 ID:???0
    227476_heroa


    マドリー、ファンの86%がベンゼマよりモラタ先発を希望

    レアル・マドリーファンの大半が、FWカリム・ベンゼマよりモラタを先発で起用することを望んでいるようだ。
    リーガエスパニョーラでは第2節グラナダ戦の1得点以降、530分間ノーゴールのベンゼマだが、
    ファンは愛想を尽かしている様子だ。スペイン『アス』は、
    2日のチャンピオンズリーグ・グループB第2節コペンハーゲン戦で、
    ベンゼマとFWアルバロ・モラタのどちらを起用すべきかというアンケートを実施。
    86%のファンが、モラタを先発させるべきとの見解を示している。
    なお、28日に行われたアトレティコ・マドリーとのダービー(0-1)で、カルロ・アンチェロッティ監督は
    MFイスコの代わりにモラタを投入したが、本拠地サンチャゴ・ベルナベウのファンはベンゼマを下げなかったことに
    不満のブーイングを浴びせていた。またスペイン『クアトロ』は、
    DFペペがベンゼマに対して「もっと汗をかけ」と突っかかっていた場面をキャッチしている。

    GOAL
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000025-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ