海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > イブラヒモビッチ

    1:久太郎 ★:2018/08/05(日) 23:38:18.86 ID:CAP_USER9.net
    米MLSのLAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が、シーズンチケットを買ってくれたファンに感謝の電話をしたと、4日付の英紙デーリーメール電子版が報じた。

    自身を「神」と名乗るイブラヒモビッチは、シーズンチケットを購入したファン1人に電話をかけるサプライズ演出をした。電話がつながると「シーズンチケットを買ったと聞いたぜ。ハッピーかい?」と、名前も名乗らず、いきなりイブラ節全開でスタート。「お祝いを伝えないとな。俺は(シーズンチケットを買ってくれたことを)失望させないぜ、友よ。たくさんの喜び、幸福、そしてゴールを届けるよ」と活躍を約束した。

    さらに「欲しいものは何だい。(シーズン後に)優勝トロフィーを持っていくよ。連絡を取り続けるから心配するな」と優勝まで約束。ファンにとってはこれ以上ない神対応となった。

    1人だけの予定だったが、思いの外楽しかったのか「もう1人行こうぜ。もう1人」と上機嫌だった。
    2018-08-06_01h38_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00290732-nksports-socc
    続きを読む

    2018-04-27_07h46_13

    1:Egg ★:2018/04/27(金) 00:12:44.59 ID:CAP_USER9.net
    スウェーデン協会は26日、同代表に復帰して6月開幕のW杯ロシア大会に出場する可能性が浮上していたFWズラタン・イブラヒモビッチ(36=米MLSロサンゼルス・ギャラクシー)について、W杯には出場しないと正式に発表した。

    スウェーデン代表のチームマネジャーであるリヒト氏が24日にイブラヒモビッチと会談。2016年に同代表から引退した元エースストライカーは「気持ちは変わっていない。ノーだ」と代表復帰を明確に否定したという。同協会は「そのためW杯メンバーの候補にはならない」と説明した。

    イブラヒモビッチは今月に自身のツイッターで「オレがW杯でプレーする可能性はスカイハイ(非常に高い)」とつぶやき、米テレビのトークショーで「オレのいないW杯はW杯じゃない。オレはW杯に行く」と話すなど、W杯出場を示唆して大きな注目を集めていた。

    4/26(木) 22:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000164-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/20(金) 06:36:17.20 ID:CAP_USER9.net
    ・LAギャラクシー移籍で代表復帰は加速傾向!? 「俺はW杯に行く。それは間違いない」

    米MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーに移籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが米人気番組に登場。「俺様のいないワールドカップはワールドカップじゃない」と“イブラ節”を炸裂させている。

    プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドから、アメリカに拠点を移した“唯我独尊ストライカー”は相変わらずカリスマ性を発揮している。

    米人気テレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ」にゲスト出演したイブラヒモビッチ。すでにスウェーデン代表から引退しているが、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)出場に意欲を燃やしている。

    「俺はW杯に行く。それは間違いない。それ以上発言すると、自分を吊るし上げる人間もいるから、発言に気をつけないといけないな」

    そして、イブラヒモビッチは次のように言葉を続けた。

    「つまり言いたいことは、俺様のいないW杯はW杯にはならないだろうということだよ」

    唯一無二の才能を誇る百戦錬磨の男は、自身が不在のW杯はもはや4年に一度の祭典ではないと言い切っている。

    イブラヒモビッチ抜きで欧州予選を勝ち抜いたスウェーデン代表のヤン・アンデルソン監督は「私から彼に電話をかけることはない」と発言しているが、世界のサッカーファンは歯に衣着せぬ発言で物議を醸すカリスマFWの最後の大舞台を心待ちにしているかもしれない。

    4/19(木) 14:10配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00010011-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/08(日) 21:18:50.79 ID:CAP_USER9.net
    写真


    エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地アスレチックス戦で3試合連続ホームランとなる今季3号を放った。1シーズンに先発投手として勝利&3戦連続アーチという1930年のベーブ・ルース以来となる快挙を果たした大谷はサッカー界のカリスマと並んで、「大金を捨ててLAにやってきた2人の新たなるスター」として、地元メディアから注目されている。

    8日(同9日)に本拠地初登板に臨む大谷。打者としては本拠地デビュー戦から3戦連発という長打力を見せつけている中、投手・大谷がついに地元ファンの前でベールを脱ぐことになる。「野球の神様」と呼ばれる元祖二刀流のベーブ・ルースと比較される大谷だが、米メディアは他競技のカリスマとも比較している。

    「LAにきた2人の新たなスターは、テーブルに置かれた大金を置きざりにしてきた。オオタニはMLB挑戦をあと2年待たなかったことで2億ドル(約214億円)を犠牲にした。ズラタンは中国からの1億ドル(約107億円)のオファーを拒否した」

    ツイッターでこう紹介したのは、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のディラン・ヘルナンデス記者だった。

    デビュー戦で2ゴールを決めたイブラヒモビッチ

    16年に締結された新労使協定で、25歳以下の米国外選手についてはポスティング費用を除き、契約金に上限が設けられている。23歳でメジャー挑戦となった大谷は25歳まで待てば、年俸総額200億円超えのメガオファーを手にすることができたはずだった。

    大金よりもメジャーという夢を選んだ大谷と並んで登場したのはサッカー界のスーパースター、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだった。

    オランダ、イタリア、スペイン、フランス、イングランドで所属クラブにタイトルをもたらし続けた優勝請負人は、今年3月23日マンチェスター・ユナイテッドから米メジャーリーグサッカーの強豪LAギャラクシーに移籍。中国のクラブからの1億ドル(約107億円)超のオファーを受けながらも、ロサンゼルスに年棒150万ドル(約1億6000万円)で移籍してきたという。

    3月31日のデビュー戦ロサンゼルスFC戦で途中出場ながら、19分間で2ゴールを決めるなど、36歳にして実力健在ぶりを見せつけ、世界中の話題となったイブラヒモビッチ。

    メジャー初先発初勝利&3戦連続ホームランの衝撃デビューを果たした大谷。メガオファーを捨ててLAにやってきた2人のスーパースターは、スポーツ界で巨大な旋風を巻き起こしている。

    4/8(日) 20:07配信 フルカウント
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00119330-fullcount-base
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/05(木) 19:22:25.97 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝の第1レグ、クリスチアーノ・ロナウドが64分に見せたオーバーヘッドによるゴールは、レアル・マドリーにとって勝負を決する貴重な追加点となっただけでなく、その美しさが世界中で大絶賛され、各国メディアには称賛の見出しが並んだ。
     
    対戦したユベントスからも、守護神ブッフォンが「ペレ、マラドーナに匹敵する」、CBバルザーリが「プレイステーションみたいなゴール」と賛辞を送られたほどのゴールは、もちろんマドリーの仲間たちからは大絶賛された。

    キャプテンのS・ラモスは、「記憶に残る素晴らしいゴール。この調子をシーズン終了まで持続してほしい」と、ゴールへの祝福とともに、好調な大エースへ期待と信頼の言葉を送った。
     
    対して、ジダン監督は「彼に嫉妬を覚える」、さらには「私のゴール(2001-02シーズンCL決勝の決勝ボレー)のほうが上」と……。もちろん、これは指揮官のジョークであり、「史上最高のゴールのひとつだ」と美弾を称えている。
     
    このように、誰も文句をつけようがない一撃だが、これに“ダメ出し”する選手が出現した。ズラタン・イブラヒモビッチだ。
     
    先月、マンチェスター・ユナイテッドとの契約を解除して米国MLSのLAギャラクシーに加入し、31日のロサンゼルスFC戦で後半途中出場から2ゴールを挙げてチームを逆転勝利に導くという衝撃のデビューを飾ったスウェーデン人ストライカーは、米国『ESPN』に対して、こう語った。
     
    「確かにナイスゴールだ。でも彼は、40メートルの距離からこのシュートにトライしないとね」
     
    これが何を言わんとしているかは、ファンならご存じだろう。
     
    2012年11月13日に行なわれた国際親善試合のスウェーデン対イングランド戦で、イブラヒモビッチは相手GKのクリアボールをペナルティーエリア右手前からのオーバーヘッドでゴールに流し込んだ。この驚愕の一撃は、同年の年間最優秀ゴール「プスカシュ賞」に輝いている。
     
    つまり、自分が決めたよりも長い距離でのオーバーヘッド弾でなければ認めない、それまでは「俺の方が上」ということだろう。
     
    33歳で驚異的な敏捷性と跳躍力、そしてテクニックを発揮して歴史に残る一撃を決めたC・ロナウドだが、36歳になっても衰えを感じさせないイブラヒモビッチからすれば、「まだまだだよ、若造」といったところか!?
    38248_ext_04_0
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00038248-sdigestw-socc
    続きを読む

    2018-04-01_07h37_36

    1:動物園φ ★:2018/04/01(日) 06:37:38.41 ID:CAP_USER9.net
    LA Galaxy 4-3 Los Angeles FC

    0-1 5' Carlos Vela
    0-2 26' Carlos Vela
    0-3 48' Daniel Steres
    1-3 61' Sebastian Lletget

    71' Ibrahimovicが途中出場

    2-3 73' Chris Pontius
    3-3 77' Zlatan Ibrahimovic 

    動画 


    4-3 90' Zlatan Ibrahimovic  
    動画


    http://www.livescore.com/soccer/usa/mls/la-galaxy-vs-los-angeles-fc/1-2692693/
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/24(土) 14:04:33.37 ID:CAP_USER9.net
    アメリカMLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーは23日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が加入することを発表した。

    これまで、オランダやイタリア、スペイン、フランスでリーグタイトルを獲得してきた“優勝請負人”は、2016年6月にマンチェスター・ユナイテッドに加入。16-17シーズンは公式戦46試合で28ゴールを記録したが、昨年4月に負った右膝前十字靭帯損傷により長期離脱を強いられ、新たなに1年契約を結んだにもかかわらず、今シーズンの出場はわずか7試合にとどまった。

    そして22日にユナイテッドはイブラヒモビッチとの契約解除を発表。かねてから報じられていた通り、アメリカ行きが決定した。なお、『ロサンゼルス・タイムズ』によると、イブラヒモビッチの年俸は150万ドル(約1億5700万円)程度だという。なお、ユナイテッドでは2600万ドル(約27億3000万円)を受け取っていたとみられている。

    LAギャラクシーには、かつて元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏やMFスティーブン・ジェラード氏、元アイルランド代表FWロビー・キーン氏らが所属。現在も、元イングランド代表DFアシュリー・コールやメキシコ代表MFジョバニ・ドス・サントス、MFジョナタン・ドス・サントスらが所属している。
    2018-03-24_16h08_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-01651882-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/20(火) 22:04:19.73 ID:CAP_USER9.net
    シャルケに所属しているMFベンジャミン・スタンブリが、パリ・サンジェルマン時代に同僚だったズラタン・イブラヒモビッチについて『Goal』で語ってくれた。

    スタンブリとイブラヒモビッチは、2016年にパリ・サンジェルマンでチームメートとしてプレーしていた。普段から歯に衣着せない発言で注目を集めているイブラヒモビッチだが、スタンブリがマッサージ中に起こった仰天エピソードを明かした。

    「僕たちが一緒にマッサージを受けているとき、テレビにズラタンが写ったんだ。彼はフランス語が得意じゃないから、アナウンサーの言っていることを僕が翻訳してあげたんだ。『テレビではあなたをパリの王様だと言っています』ってね」

    「僕は彼がそのことを聞いて喜ぶと思ったんだ。だってそれは多くの人が彼のことを愛している証じゃないか。でもズラタンは違った。彼は突然、顔を真っ赤にして僕に怒鳴りつけてきたんだ。『王様だと? ふざけるな! 俺は神様だろうが!』ってね。このとき僕は、彼がとんでもない人間だということに気がついたよ」

    イブラヒモビッチはアヤックス、ユヴェントス、インテル、バルセロナ、ミラン、そしてPSGでリーグ制覇を成し遂げている。スタンブリは練習後のエピソードを例に出し、試合以外のことでも結果にこだわる優勝請負人の勝者のメンタリティを絶賛している。

    「ズラタンはどんなときでも勝利を欲している。それは試合の時だけじゃない。一度、ペットボトルを投げて誰が最初にゴミ箱に入れられるか競争したことがあるんだけど。フットボールとは関係ないちょっとした息抜きの遊びであっても、彼は常に勝利を狙ってくるんだ」

    膝の負傷から復帰するためにコンディションを整えているイブラヒモビッチは、今シーズンここまで7試合の出場にとどまっている。自身を神と称した優勝請負人は、ケガからトップフォームを取り戻してマンチェスター・ユナイテッドを優勝に導くことができるのだろうか。
    2018-03-20_23h54_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00010007-goal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 16:43:14.91 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチがすでに移籍後の準備を始め、米ビバリーヒルズの物件を探し始めていることが分かった。英『デイリー・メール』が報じている。

    イブラヒモビッチはユナイテッドとの契約を今シーズン終了まで残しているが、以前からLAギャラクシーへの移籍が噂されてきた。同紙によると、家族はすでにカルフォルニアへ渡り、MLS移籍に向けて住宅購入を検討し始めているという。

    昨季から負傷続きのイブラヒモビッチは昨年12月26日のプレミアリーグ第20節バーンリー戦(2-2)以降、試合に出場していない。ジョゼ・モウリーニョ監督はイブラヒモビッチの状態に疑問を呈し、今冬の移籍市場で放出される可能性も報じられていた。

    その冬のマーケットでクラブはFWアレクシス・サンチェスの獲得に成功。イブラヒモビッチに出場機会が増える気配は見られず、去就に注目が集まっている。
    2018-02-16_18h46_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650593-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/15(金) 06:53:29.00 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を“最も幼稚なコーチ”と罵っている。

    2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、

    16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。

    10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで 「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。

    しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」

    「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。

    さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。

    12/13(水) 12:41配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000011-goal-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ