海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > イブラヒモビッチ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 09:45:06.42 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチがMFポール・ポグバに対し、「プレッシャーを愛せ」とアドバイスした。英『ミラー』が伝えている。

    ポグバは昨年8月にサッカー史上最高額といわれる9380万ポンド(約123億7000万円)の移籍金でユナイテッドに加入。鳴り物入りで赤い悪魔の一員となったものの、高額な移籍金に見合う活躍を披露しているとは言い難い。15日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦(1-1)でも軽率なハンドを犯し、先制点の献上につながるPKを与えてしまった。

    重圧に苦しむポグバに対し、同じく昨年夏に加入したイブラヒモビッチは「俺はプレッシャーを楽しんでいるよ。ポールにとって良い答えになるかは分からないけどね。だけど彼もプレッシャーが好きなはずさ。プレッシャーがなければ、トップレベルに足を踏み入れることはできないのだから」とアドバイスを送る。

    「もしトップでプレーしたいと思うのならば、プレッシャーは24時間ついて回る。もしより良いプレーがしたいのなら、プレッシャーはさらに強くなる。だからプレッシャーの使い方を学んだほうがいい。俺らはトップレベルでプレーしているし、ポールも間違いなくそうだからだ。プレッシャーはこれからも常にあるものなんだ」

    自身の経験も踏まえ、ポグバを激励したイブラヒモビッチ。現在プレミア6位のユナイテッドは公式戦16試合連続無敗と好調だが、さらに上を目指すにはポグバの“覚醒”が欠かせない。
    2017-01-18_11h16_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01635990-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/13(金) 09:13:36.55 ID:CAP_USER9.net
    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチはマンチェスター・Uとともに“わずか3カ月で”イングランドのフットボール界を「征服した」と感じている。クラブ公式サイトが12日に伝えた。

    今シーズンこれまで公式戦で18ゴールを挙げているイブラヒモヴィッチは、FAカップのレディング戦はベンチから勝利を見守り、フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)のハル戦は体調不良のためメンバーから外れた。しかし、15日に行われるプレミアリーグ第21節のリヴァプール戦ではプレー可能になるだろうとジョゼ・モウリーニョ監督は期待している。

    現在チームトップスコアラーであるイブラヒモヴィッチは、プレミアリーグの得点王争いでも14ゴールでトップを走るチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタとわずか1ゴール差につけている。しかしチームの勝利を念頭に置く彼の脳裏に得点王争いへの思いはないという。そもそも、すでにプレミアリーグで資質を十分に証明し、個人としての目標は達成したと感じている。

    イブラヒモヴィッチは、D・コスタとの得点王争いについて「俺は誰のことも追ったりはしない」と断言した。「それよりも俺が追い求めているのはプレミアリーグのトロフィだ。それが俺の目標だ。個人的なことは最大目標に伴われるもので、それぞれのプレーヤーにとってそれはボーナスみたいなものだ」

    「チームとして良い結果が出せれば、個人としても良い結果に終わる。俺は自分が最も得意なことーゴールを決めることや仲間にチャンスを作ってやることで、チームの助けになろうと努力している。それができている限り、俺はチームを助けていることになる。他の選手にしても同じことだ。彼らも彼らのやり方で俺をヘルプしてくれている。俺には個人的な目標はない。もうそれは実現した。イングランドに来て3カ月でね。俺は3カ月でイングランドを征服したんだ」

    公式戦9連勝中と勢いに乗っているマンチェスター・Uだが、プレミアリーグではまだチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ出場権獲得圏外の6位。15日には勝ち点5差で2位のリヴァプールとの大一番を控えており、タイトル争いの望みを軽視すべきではないとイブラヒモヴィッチは語る。

    「アップダウンはあった。勝って負けて、勝ってまた負けて。しかし最近は勝ち続けている。そしてチームに安定感が出てきている。監督も求める基本スタイルを見つけられたようだな。新しいチームに来て、自分の哲学や目指すプレースタイルを浸透させるのは生やさしいことじゃない」

    「俺は最初から言い続けていた。俺たちは少しずつだんだんと良くなっていき、そしてやがてすべてがカチっとはまる。これまではチームとしてはまる瞬間が必要だっただけだ。いまはチームにアイデンティティが見られるようになり、お互いのことも理解している。だが、もっともっとやれるし、もっと良くなれる。そのために俺たちは懸命に取り組んでいるんだ」

    「明らかに俺たちは正しい方向に進んでいる。トップとの点差はまだ大きいが、それでも縮まってきている。他のチームもミスを犯すときが来るだろう。そのときこそ俺たちが浮上するチャンスだ。肝心なのはシーズンの後半戦だ。そこですべてが決まる。何を求めていようと、どこにいようと俺たちが何を欲しているかは明らかだ。だからあとはそれを実現するだけだ」
    2017-01-13_11h11_13
    SOCCER KING 1/13(金) 7:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00540910-soccerk-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 18:33:19.88 ID:CAP_USER9.net
    イブラヒモビッチがスター3選手に言及。C・ロナウドについては努力で違いを生み出す選手になったと語っている。


    マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが最高の選手と感じているのはブラジルのスター2人だという。『ESPN』が報じた。

    イタリア、フランス、そしてイングランドでも成功を収めようとするイブラヒモビッチ。そんな最高のスター選手の一人であるイブラヒモビッチでさえ、元ブラジル代表FWロナウドには特別な敬意を払っているようだ。

    「ロナウドは怪物で、最高の選手だったと思う。僕にとって彼はまさにフットボールの一例だった。彼がやること全て人々を興奮させた。ドリブルやそのスピードとかね。ロナウドは生まれついての才能を持っているね。練習で身についたものじゃない。作られた選手ではなく、生まれついて彼は特別な選手だったんだ」

    また、2000年代初頭にロナウドとともにフットボール界に彩りを加えたトリックスター、ロナウジーニョについても言及している。

    「僕らはミランで一緒にプレーした。以前のようにベストではなかったが、僕は彼のドリブルや髪を揺らしながら仕掛けていく姿が大好きだった。周りを子供のようにさせていたね」

    一方で、2016年のバロンドールに輝いたクリスティアーノ・ロナウドについては「一緒にプレーしたことはないけど」と前置きしながら「彼はハードトレーニングによって違いを作り出した選手だ。生まれついての才能ではない」とロナウドやロナウジーニョとは異なるとしている。
    123
    http://www.goal.com/jp/news/23582/1/2016/12/30/30982932/1
    続きを読む

    20160809-00010002-soccermzw-000-1-view
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/20(火) 18:41:02.37 ID:CAP_USER9.net
    英プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)が50歳までの現役続行を目標とした。英紙ザ・ガーディアンなどが20日までに報じた。

    同紙によると、イブラヒモビッチは「オレは時間が経てば経つほど上手くなる。そう赤ワインのように。いい例えだろう?」と自信満々にコメント。さらに「コンディションもいいし、幸せだ。今35歳だけれどメンタル面は20歳の時のまま。50歳までプレーできるよ」と宣言したという。

    イブラヒモビッチは前節のウエストブロミッチ戦(17日)で2得点をマークするなど、自身初挑戦となる英プレミアリーグでも別格の存在感を示している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000081-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 14:19:36.83 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表のFWズラタン・イブラヒモビッチが年棒約5600万ポンド(約82 億円)に上る中国スーパーリーグからのオファーを拒否していたようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が伝えた。

    スウェーデンの英雄、イブラヒモビッチの下に巨額のオファーが舞い込んでいたことが明らかとなった。具体的なクラブ名は明かされていないものの、中国スーパーリーグのとあるクラブから2年間の契約が提示されていたという。

    イブラヒモビッチは今シーズン、マンチェスターUに加入したばかりだが、プレミアリーグで16試合に出場し、11ゴールを挙げて活躍している。今シーズンのみの1年間の契約で加入したイブラヒモビッチは現在、マンチェスターUとの契約更新を望んでおり、中国スーパーリーグからの2年間で約160億円という破格のオファーを拒否したと伝えられている。
    2016-12-19_17h18_27
    GOAL 12/19(月) 13:53配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000008-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:25:57.55 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)に所属するズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が22日、米メジャーリーグサッカー(MLS)でのプレーを視野に入れていることを明かした。

    35歳のイブラヒモビッチは、スウェーデンの日刊紙アフトンブラデット(Aftonbladet)のインタビューで、「自分が米国で征服していく姿が見える。ヨーロッパでそうしてきたのと同じように」と語った。

    「皆、キャリアを通して、一つの場所にとどまるが、私はナポレオンのように欧州を旅し、行ったすべての国を征服してきた」

    21日には母国スウェーデンの年間最優秀選手に選ばれたイブラヒモビッチは、「だから大西洋を渡って米国でも同じことができるかもしれない」と付け加える。

    また、スウェーデンサッカー連盟(SvFF)は、同国で最も得点力のあるストライカーをたたえ、首都ストックホルム(Stockholm)にあるフレンズ・ アリーナ(Friends Arena)に同選手の銅像を建てると発表している。【翻訳編集】 AFPBB News
    2016-11-24_07h53_02
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000034-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/13(日) 17:11:43.47 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、幼いころに憧れた選手を告白した。クラブ誌『ユナイテッド・レビュー』のインタビューでのコメントを、12日に同クラブの公式サイトが伝えている。

    イブラヒモヴィッチが憧れの選手として挙げたのは、バルセロナやレアル・マドリードで活躍した元ブラジル代表FWロナウド氏。「彼は驚異的だった。やること全てに『ワオ!』と言ってしまうような選手だったね」と、衝撃的なプレーに魅了されていたと明かした。

    また、ボールタッチについて、「ボールを扱っている時は、『今、世話をしているところなんだ』と言っているかのようだったね。以前にこんな選手は見たことがないし、今になってもいないよ」と、絶賛した。

    さらに、「若い頃、ロナウドを見て、『あんな風になりたい』と自分に言い聞かせていた。違いを作れるし、光り輝いていたし、それでいてシンプルなんだ」とコメント。幼い頃から憧れていたと明かし、改めて同氏の凄さを強調した。
    2016-11-13_19h40_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161113-00514833-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/25(火) 07:59:36.06 ID:CAP_USER9.net
    493分間無得点に

    23日にチェルシーと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは、0-4の大敗を喫してしまった。そこにビッグクラブのプライドはなく、チェルシー相手に何もできないまま敗れてしまった。あらゆる選手が批判されているが、今夏PSGからやってきたズラタン・イブラヒモビッチも同じだ。

    イブラヒモビッチは開幕直後こそゴールを奪っていたものの、ここ数試合は沈黙。現在493分間無得点の状態で、これは2011年当時ミランに所属していた際に記録した391分を超えて過去5年で最悪の数字だ。しかも最近はGKとの1対1など決定的な場面を外す姿も目立ち、今季の主役となるはずだった男が思わぬ不調に陥っている。

    英『METRO』はイブラヒモビッチをスタメンから降ろすべきだと主張しており、9番を背負うエースの出来に満足していない。現在のイブラヒモビッチは得点率が8・8%まで落ちており、サイドで起用されることの多いマーカス・ラッシュフォードは25%の数字を残している。ラッシュフォードを最前線に据えた方が良いとの意見が出ても不思議はない。

    しかも今のマンUはサイドハーフにタレントを多く抱えており、ラッシュフォードが最前線に移動すれば使える選手が増える。チェルシー戦でベンチスタートだったファン・マタ、アントニー・マルシャル、さらにはまだコンディションが整っていないと判断されているヘンリク・ムヒタリアンも控えている。

    イブラヒモビッチだけは絶対外せない存在になるかと思われたが、すでに不要論が出始めている。指揮官ジョゼ・モウリーニョも何か手を加えるべきだが、今夏の目玉選手の1人を外す時なのだろうか。
    GettyImages-617546018-compressor-1
    http://www.theworldmagazine.jp/20161025/01world/england/93397
    続きを読む

    1:朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2016/10/12(水) 02:54:01.48 ID:CAP_USER9.net
    2016年10月12日(水) 01時40分配信


    今ではスーパースターのイブラヒモビッチ photo/Getty Images

    イブラも努力を積み重ねてスーパースターに

    インテル、バルセロナ、ミラン、PSGなど所属したクラブで当たり前のようにタイトルを獲得してきたFWズラタン・イブラヒモビッチは、間違いなく世界トップレベルのストライカーの1人だ。

    しかし、そんなイブラヒモビッチにも苦労した時期は存在する。それを明かしたのは、かつてユヴェントスでともにプレイしたパベル・ネドベド氏だ。

    ネドベド氏はこれまで一緒にプレイしてきた中でベストプレイヤーは誰かとの質問に対し、イブラヒモビッチの名前を挙げた。

    しかしユヴェントスにやってきた当初のイブラヒモビッチは得点を奪うことに苦労しており、それを改善した名将がいることを明かした。英『Squawka』が伝えている。

    「私は誰かの気分を害したくはない。ただ1人挙げなければいけないというなら、イブラヒモビッチだね。彼は相手DFを切り裂くことのできるストライカーで、恐ろしいほどのパワーに加えて高さ、そして素晴らしいテクニックがあった。

    とは言うけど、彼がユヴェントスに来た時なかなか得点を決められなかったんだ。今の彼があるのは、ファビオ・カペッロが毎回の練習が終わってから30分間シュート練習をさせたからだよ」

    イブラヒモビッチもこれまで何度かカペッロ氏への感謝を口にしており、同氏の指導がなければ今のイブラヒモビッチは完成しなかっただろう。イブラヒモビッチには間違いなく特別な才能が備わっているが、その裏では地道な努力を続けてきたようだ。

    http://www.theworldmagazine.jp/20161012/01world/england/91663
    Copyright 2012-2015 FACTORIES Inc. All Rights Reserved.
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/25(日) 17:40:31.89 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドは24日、ホームでレスター・シティと対戦し、4-1で勝利した。この試合で乱入したファンが話題となっている。

    1点リードの前半37分、MFフアン・マタが2点目を決めた後、自陣に戻るイブラヒモビッチのもとに黒いシャツの乱入者が走り寄る。いきなり後ろから肩を組まれたイブラヒモビッチは、その乱入者の顔を見ると、あまりにも自身に似ていたためか、苦笑いしながら頭を小突いて引き離した。その後、“そっくりさん”はスタッフに取り押さえられた。

    開幕から公式戦3試合連続でゴールを記録していたイブラヒモビッチだが、この日を含めて公式戦4試合で得点がない。もしかしたら、イブラヒモビッチそっくりな乱入者は、直接励ましに行ったのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-01631556-gekisaka-socc

    3:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/09/25(日) 17:42:43.92 ID:efmfJSg70.net
    似てねーだろw

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ