海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > イブラヒモビッチ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/07(火) 05:56:54.15
    ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが6日に行われ、0-0で引き分けたセリエA第18節サンプドリア戦後にコメントを残した。イタリア『スカイ』が伝えている。

    後半10分から出場したイブラヒモビッチは、2012年5月ぶりにミランのユニフォームを着てサン・シーロのピッチに立った。そのイブラヒモビッチは前線でボールを受ける場面こそ数回あったものの、復帰戦でゴールを決めるには至らなかった。

    イブラヒモビッチは試合を振り返り、「以前在籍していた当時のようなファンからのアドレナリン、感情、愛情をたくさん感じることができた。ファンとの関係は素晴らしく、大きなモチベーションになっている。できればゴールを決め、神のように祝いたかった」

    「今はチームに自信と攻撃性がない状況だ。それらを取り戻すために何をすべきかを理解する必要がある。ミランに戻ってきてから4日経つが、ミランでまた成功を掴むためにできる限り全てのことを試みたい」と低迷するチームの復活に全精力を傾けることを誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00367724-usoccer-socc
    1/7(火) 3:30配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081280
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
    順位表
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/06(月) 12:19:34.07
    ズラタン・イブラヒモヴィッチの像がついに倒壊した。

    約20年前にプロとしてのキャリアをスタートさせた地であるマルメの新旧スタジアムの間に、昨年10月に登場したイブラヒモヴィッチの像。23個もの主要タイトルを獲得し、スウェーデン代表としても歴代最多得点記録を有するなど、その功績を称えるために設置されていた。

    しかし、ロサンゼルス・ギャラクシー退団決定後から、新天地に関する注目が集まるイブラヒモヴィッチのある行動が騒動の火種に。同選手は11月末にスウェーデン1部に所属し、古巣マルメのライバルであるハンマルビーIFの共同オーナーになることが発表された。これを機に、像への破壊行為がエスカレートしていき、12月には鼻が削ぎ落される事態にまで発展していた。

    2020年に入ってからも、マルメサポーターと思われる集団からの過激な行為は後を絶たず。地元警察はイブラヒモヴィッチの像の周りにフェンスを立て、また製作者は破壊行為を止めるように訴えかけていた。

    しかし、5日の午前3時半ごろ、高さ3.5mにも及ぶイブラヒモヴィッチの像がついに倒壊。足首をのこぎりで切断され、顔には布のようなものが巻かれた状態で横たわっているところが発見される。さらに、像の横にはスウェーデン語で“撤去しろ”とも記されていた。

    なお、当のイブラヒモヴィッチは冬の移籍市場で古巣ミランに復帰することが決まり、多くのミランサポーターを沸かせていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00010013-goal-socc
    1/6(月) 11:46配信
    no title

    no title

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/04(土) 21:15:35.83
    アマチュアクラブから早速ゴールも!

    38歳でのセリエA再挑戦でも、ズラタン・イブラヒモビッチの自信に変わりはない。

    7年半ぶりにミランに復帰したイブラヒモビッチが1月3日、入団会見に臨んだ。ミラニスタを熱狂させているスウェーデンの“王”は、そのビッグマウスも健在だった。

    イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、イブラヒモビッチは「アドレナリンを欲していた。ミランを断ることなどできない。自分が好きなクラブだ。2012年に自分は退団を望んでいなかった」と話している。

    「1年前にレオナルド(当時のディレクター)から誘われたが、まだイタリアに戻って違いをつくる用意ができていないと感じた。今はこれまでにないほど生き生きしていると感じている」

    そう心境を語った百戦錬磨のストライカーは、こう續けた。

    「1試合ずつ考えていこう。自分はチームを助け、チームを良くするためにここに来た。これは100メートル走ではなくマラソンなんだ。それがチームとしての目標さ」
     
    「個人的な目標は、ピッチで楽しむことだ。芝のにおいを感じ、スタジアムのプレッシャーを感じたい。ブーイングされても、アドレナリンが増すだけさ。そして最後には拍手をすることになる」

    もちろん、38歳となった今は、前回ミランでプレーした時とは違う。本人も、「28歳の頃みたいにプレーできないことは完璧に分かっている」としながらも、こう語気を強めた。

    「でも、賢い選手というのはマネジメントできるものだ。走るのを減らして、40メートルからのシュートを増やすこともできる」

    これまで、ミランのレジェンドがクラブに復帰して失敗に終わったケースも少なくない。だが、「自分がやることへの情熱を失っていない。準備はできている」と意気込んだ。

    「この数カ月、かなりトレーニングしてきたんだ。ボールには触っていないけど、それは問題の最後でしかない。俺はマスコットになるためにここに来たんじゃない」

    ロサンゼルス・ギャラクシーを退団してから時間が経っていることもあり、コンディション調整に時間がかかるとの見方も少なくなかったイブラヒモビッチ。だが、3日のアマチュアクラブとのミニゲームでは、さっそく先発出場で1得点・1アシストを記録した。

    6日のサンプドリアとの新年初戦で、イブラヒモビッチが再デビューするのか。注目が集まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00068493-sdigestw-socc
    1/4(土) 18:07配信

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/28(土) 08:13:41.40
    ミランは現地時間27日、元スウェーデン代表のFWズラタン・イブラヒモビッチが加入することを正式に発表した。

    ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となった38歳のイブラヒモビッチは、今冬のヨーロッパ復帰が早くから話題になっていた。
    そんな中、今季深刻な得点力不足に苦しむミランが関心を示して獲得に動き、イタリア復帰が決まっている。

    イブラヒモビッチは2010年から2012年にかけてミランでプレー。公式戦85試合に出場して56得点を挙げている。

    同選手はクラブからの発表の中で、「リスペクトするクラブに戻ってきた。ミラノは愛する街だ。
    チームメートとともに、今シーズンの流れを変えていくために戦っていく」とコメントした。

    イブラヒモビッチとミランの契約は今季いっぱいで、1年の契約延長オプションが付く。
    年俸は公表されていないが、今季終了までに300万ユーロ(約4億2000万円)が支払われると現地では報じられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00355481-footballc-socc
    12/28(土) 3:32配信

    no title

    続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/12/27(金) 10:04:26.52
    【AFP=時事】イタリアの複数メディアは26日、サッカー元スウェーデン代表のスター選手ズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が、イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)と6か月間の契約に合意したと報じた。

    伊紙ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)や同国スカイ・スポーツ(Sky Sport Italia)によると、イブラヒモビッチは欧州の元強豪クラブであるミランからのオファーを受け入れ、古巣復帰に向けて2日以内に6か月総額300万ユーロ(約3億6000万円)の契約にサインするとみられている。契約内容には、得点数や出場試合数などに応じた、来季の契約更改オプションも含まれているという。

    米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)でプレーしていた38歳のイブラヒモビッチは先月、同クラブがプレーオフで敗退したことを受けて退団を発表。ステファノ・ピオリ(Stefano Pioli)監督が率いるミランには、早ければミラネッロ(Milanello、ミランのトレーニング施設)で練習が再開される30日にも合流する見通しとなっている。

    ミランは、21日のアタランタ(Atalanta)戦で21年ぶりの大敗となる0-5での黒星を喫するなどリーグ11位に沈んでおり、現在はチームの立て直しを図っている。ウインターブレーク後の最初の試合は1月6日に行われるサンプドリア(Sampdoria)戦となっており、イブラヒモビッチにはチーム内にそのリーダーシップと勝利への士気をもたらすことが期待されている。

    ミランの元名MFで現在はクラブ幹部を務めるズボニミール・ボバン(Zvonimir Boban)氏は、アタランタ戦でのチームのプレーを「恥ずべきパフォーマンス」と糾弾し、「目を覚まして対処しなければならない。良いクリスマスは迎えられない」と述べた。

    イブラヒモビッチは2010年から2012年にかけ、ミランで2シーズンにわたりプレー。リーグ戦では61試合に出場して42得点を挙げており、クラブにとって最後となっているセリエA優勝にも貢献した。また、インテルで3度、ユベントスで2度のリーグ優勝を経験しているが、ユベントス時代の両タイトルは「カルチョポリ(Calciopoli)」と呼ばれる八百長スキャンダルにより剥奪されている。【翻訳編集】 AFPBB News

    12/27(金) 9:55
    AFP=時事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000004-jij_afp-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/07(土) 00:45:27.18
    no title


    インテル時代にチームメイトではあったが、ズラタン・イブラヒモビッチとマルコ・マテラッツィの関係は良好ではない。

    【動画】イブラヒモビッチがマテラッツィに見舞った衝撃のテコンドーキックはこちら


    去就が注目されるなか、イタリア誌『GQ』のインタビューに応じたイブラヒモビッチは、再びマテラッツィを“口撃”している。『Gazzetta dello Sport』紙によると、イブラヒモビッチは「ユベントス時代にアイツから殺人タックルを見舞われ、ケガをしたことがある」と述べた。

    「彼は“ワルい”選手だった。それを示すやり方はふたつある。例えば、パオロ・マルディーニもずる賢い選手だったが、目的は別にあった。だが、マテラッツィは本当に相手をケガさせたがったんだ」

    インテルを離れ、バルセロナを経てから、ミランに移籍したイブラヒモビッチは、ミラノ・ダービーという大舞台でマテラッツィと対戦している。その際、イブラヒモビッチはマテラッツィに“テコンドーキック”を見舞った。

    「病院送りにして、デヤン・スタンコビッチから『なんであんなことしたんだ?』と聞かれたんだ。『この瞬間を4年前から待っていたのさ』と答えたよ」

    これに対し、マテラッツィは自身のインスタグラムで反応。「『来た、見た、勝った』。とにかく、いつでも感謝している。お前がいなければオレたちは勝っていなかった」とコメントした。

    一見すると、マテラッツィの対応は大人だ。だが、投稿にはサミュエル・エトーのアカウントが含まれ、選ばれた写真はインテルがチャンピオンズ・リーグを制し、ハビエル・サネッティがトロフィーを掲げた瞬間のものだった。

    2009年夏にイブラヒモビッチがバルセロナに移籍した際、トレードのかたちでインテルに加わったのがエトーだ。そしてそのシーズン、インテルは欧州制覇を含む3冠をイタリア勢で初めて実現し、歴史の1ページを記した。イブラヒモビッチは、ビッグイヤーを獲得したことがない。

    『GQ』のインタビューで「再び勝たなければいけないクラブに行く」と、低迷する古巣ミランへの復帰を想起される発言を残したイブラヒモビッチ。

    彼のミラン加入が実現した場合、インテルOBのマテラッツィとのやり合いが、これまで以上に注目を集めそうだ。

    12/6(金) 18:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00067455-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/29(金) 09:47:22.03
    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの銅像と自宅の一つが放火された。

    犯人はマルメFFの過激派サポーターであり、イブラヒモビッチがライバルクラブのハンマルビーIFの共同所有者になったことが原因とみられる。


    ズラタンの約3メートルのブロンズ像は、マルメのスタジアムと、先月こけら落としとなった新スタジアムとの中間地に建てられている。

    現地時間27日夜、この銅像に白いスプレーで「死ね、ジプシー」などの言葉が落書きされ、その後放火されたと現地メディアが伝えている。

    ボスニアとクロアチアにルーツを持つイブラは、マルメで生を受け、この街で育った。在住するアメリカ合衆国から約1ヶ月前にマルメに戻り、スウェーデンサッカー協会が寄贈したこの銅像のお披露目セレモニーに出席したばかりだった。

    放火事件以降、24時間態勢でイブラ像を監視していると現地メディア『Aftonbladet』は報じている。

    またイブラがストックホルムの中心地に所有する自宅の一つも火災の被害に遭った。メインエントランスには腐ったニシンが投げ込まれ、スプレーで「ユダ」という文字が描かれていたという。

    マルメのサポーターたちは27日、イブラのハンマルビーIFの共同所有者就任のニュースが発表された後、SNSなどを通じて批判の声を上げていた。

    生まれ故郷のマルメへの愛を隠すことなく表すイブラだが、スウェーデンのクラブに復帰するかとの質問には何度も「NO」と答えている。

    アヤックス、ACミラン、インテル、ユヴェントス、PSG、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブで輝かしいキャリアを築いた同選手は、数週間前にロサンゼルス・ギャラクシー退団を発表した。

    11/29(金) 8:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010004-sportes-socc

    no title

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/16(土) 22:44:51.32
    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、18カ月在籍したLAギャラクシーについて、感謝のメッセージをSNSで発信している。

    そのメッセージはロサンゼルスの街並みを、高台からイブラが両手を広げながら眺める画像で「来た、見た、征服した」という言葉とともに綴られている。

    「LAギャラクシー、俺を生き返らせてくれてありがとう。ギャラクシーファンはズラタンを求めていた。そして俺はみんなにズラタンを与えた。どういたしまして」

    「だけど、俺の物語はこれで終わりじゃない。LAのみんな、あとはベースボール観戦に戻ってくれ」

    イブラヒモヴィッチは2018年3月にMLSのLAギャラクシーに加わり、初年度から22ゴールをマーク。2019年は31ゴールをマークし、衰え知らずの決定力を披露していた。

    だが元スウェーデン代表FWは契約延長に至らず、2019年シーズン限りでLAギャラクシーからの退団が決定。自身がLAからいなくなることにより、MLSのエンターテインメント性が低下すると言わんばかりに“ベースボール観戦に戻ってくれ”と主張するなど、強烈な“イブラ節”でLAギャラクシーへ感謝のメッセージを発している。
    2019-11-17_08h58_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00010014-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/08(金) 18:08:27.23
    メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチにミラン移籍の可能性が浮上している。

    7日付けの伊メディア『フットボール・イタリア』は、MLSでコミッショナーを務めるドン・ガーバー氏がイブラヒモビッチは今冬にもミランに加わる事になると発言した米国メディア『ESPN』のインタビューを取り上げている。

    イブラヒモビッチは2010年から2012年までミランでプレーした経験を持っている。当時は公式戦85試合に出場し56得点24アシストを記録した。仮に38歳のストライカーがミランに戻るとこになれば実に8季ぶりの復帰となる。

    なおイブラヒモビッチには同じくイタリアのボローニャも興味を持っていると伝えられている。今年いっぱいでロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が切れるイブラヒモビッチは再びセリエAのピッチでプレーすることになるのだろうか。
    20190720_ibra_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00346705-footballc-socc
    11/8(金) 8:20配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/02(土) 21:11:12.26
    ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)は、ビッグクラブへの帰還を望んでいるようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じている。

    クラブとの契約が年内で切れるイブラヒモビッチ。今シーズン、公式戦31試合に出場し、31得点8アシストを記録しており、その得点能力は健在である。本人も「イタリアでも他の国でも違いを生むことができる」と発言し、まだトップレベルでできると自信に溢れている。

    去就に関して様々な噂が浮上しているなか、残留を望むロサンゼルス・ギャラクシーは、700万ユーロ(約8億5000万円)の契約延長を提示した模様。しかし、イブラヒモビッチにはトップレベルの舞台に戻るという野望があるようだ。

    以前には自身からナポリの名を口にしてセリエA復帰も仄めかしたほか、マンチェスター・ユナイテッドや、インテル、ボローニャ、フラメンゴ、パース・グローリーといった数々のクラブが新天地候補として浮上している。スウェーデン最強ストライカーの去就はいかに...。
    pcimage
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00363806-usoccer-socc
    11/2(土) 20:00配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ