海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > イブラヒモビッチ

    1: 久太郎 ★ 2019/03/20(水) 21:40:31.71
    「ファーガソンの下で一生を過ごした奴ら」
    プレミアリーグ優勝を目標に今シーズンを迎えたマンチェスター・ユナイテッドだが、開幕から低調なパフォーマンスが続き、現在、ライバルのリバプールとマンチェスター・シティが激しいタイトルレースを繰り広げるなか、首位から勝点18差の5位に沈んでいる。

    不調を極めたレッドデビルズには、テレビ解説者を務めるガリー・ネビルやポール・スコールズなどのクラブOBたちからの非難が殺到。とりわけ、前監督のジョゼ・モウリーニョとの不仲が騒がれたフランス代表MFポール・ポグバは、その奔放な振る舞いが不振の原因だと槍玉に挙げられた。

    12月にオレ・グンナー・スールシャールが暫定監督となってからチームの調子は上がり、批判的な指摘は一時期に比べて下火になってはいるものの、チームは常にOBたちの厳しい視線をさらされ続けている。

    しかしこのたび、批判を続けるレジェンドたちに対し、現在はMLSのロサンゼルス・ギャラクシーでプレーする、同じくユナイテッドOBのズラタン・イブラヒモビッチが持論をぶつけた。

    加入1年目の終盤に前十字靭帯断裂という大怪我を負ったこともあり、実働は約1年のみのプレーだったものの、ユナイテッドで鮮烈なインパクトを残した点取り屋は、古巣に対して厳しすぎるOB解説者たちに、英紙『Mirror』のインタビューで意見した。

    「彼らはもう、ユナイテッドにはいない。でも、いつもテレビに出ては、ユナイテッドへの不平不満ばかりを言っている。『あの時はこうだった』とか『こうあるべきだ』とかね。そんなにユナイテッドで仕事をしたいなら、クラブに行って仕事を貰えよって、俺は思うね」

    解説業を続けるなかで、視聴者たちの注目を集めんとばかりに批判的なことを言い続けるOBにクギを刺したイブラヒモビッチは、さらに1986年から27年間に渡ってユナイテッドを率いたアレックス・ファーガソンの下でプレーした元選手たちをも皮肉っている。

    「ファーガソンの下で一生を過ごし、一回もファーガソンの作る輪から出たことがない奴らからしたら、ポグバは気に食わないだろうね。だから、彼を批判するんだ。でも、ファーガソンが『喋るな』と言えば、彼らは一切喋らなくなるんだ。不思議だよ。もし、次に彼らが何かを批判をし出したら、それはファーガソンに許可を得たのかもしれないね」

    ユナイテッドが置かれた現状に対し、痛烈に意見したイブラヒモビッチ。これはかつてプレーした古巣への、彼なりの“愛のムチ”なのかもしれない。
    2019-03-20_22h34_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-00055883-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/03/20(水) 09:32:54.05
    LAギャラクシーFWズラタン・イブラヒモヴィッチにとって、プレミアリーグは「過大評価」のようだ。

    母国スウェーデンを離れた後、オランダ、イタリア、スペイン、フランスと行く先々でリーグタイトルを手にしてきたイブラヒモヴィッチ。計12回のリーグ優勝を経験した後、2016年にマンチェスター・ユナイテッドへ加入。2シーズンで53試合に出場し、29ゴール10アシストを記録した。

    現在はアメリカのMLSでプレーする37歳FWだが、英『デイリー・ミラー』のインタビューでプレミアリーグの印象について語っている。

    「思い描いていたのとまったく同じだった。過度に宣伝され、とても激しく、非常にテンポが速い。それは良かったが、クオリティについては過大評価だ。技術的な面から見ればね。だが、ペースとインテンシティは激しかった。この2つに対処できなければ、生き残ることはできない」

    「10年早く来ていれば、1つだけ想像できる。違ったストーリーになっただろう。ファンにとってはより残念だ。もしもっと早く来ていれば、違うアニマルを見ることができただろう」

    そして、2010年のバルセロナ退団時にマンチェスター・シティへ移籍する可能性があったことを明かした。

    「バルセロナにいた時、シティへ行くチャンスがあった。だがバルセロナでの出来事の後、幸せを見つける必要があった。イタリアに戻り、そこで幸せだった。戻れば幸せをつかめると知っていたしね。シティへ行った場合、幸せになれるかわからなかった」

    「新しいクラブだ。ミランもそうだったが、インテルに3年いたのでミラノを知っていた。少し安全なカードをとったね」
    2019-03-20_10h09_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010002-goal-socc

    続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/03/07(木) 22:03:09.50
    d6d65e05-b83b-fcd4-3b6f-5264cec4a317
    2019/03/07 18:00

    かつてアヤックスやインテルでプレーした元オランダ代表FWアンディ・ファン・デル・メイデ。引退後は体形含めてレスラー化した彼はYoutuberとしても活動している。

    そのファン・デル・メイデがオランダのテレビ番組『VTBL』に出演。そこで、アヤックス時代の同僚ズラタン・イブラヒモヴィッチとの秘話を明かした。

    2001-02シーズン、当時19歳だったイブラに対してしたこととは…。



    "
    アンディ・ファン・デル・メイデ

    「アヤックス時代、チームバスでズラタンの隣に座ることが多かったんだ。

    彼が寝ていた時のことを覚えているよ。

    自分のなかの同性愛が目覚め、彼の口にキスをしたんだ。

    すぐに殴られたよ」
    "

    笑いながら話しており、ジョーク交じりかもしれないが…。

    https://qoly.jp/2019/03/07/van-der-meyde-on-zlatan-kiss-iks-1

    続きを読む

    28320_ext_04_0

    1: 風吹けば名無し 2019/01/15(火) 14:11:30.34
    1(中) 俺はズラタンだが、お前らは誰だ?
    2(遊)花火は好きだよ。でもやるなら庭かケバブ屋でやるね。自宅では絶対やらないよ
    3(三)俺の家に来い。あんたの姉妹を連れてきな。ゲイかどうか証明してやろう
    4(右) 完璧すぎる自分に笑わずにはいられない
    5(一) 頂点に立つのが難しいんじゃない、立ち続けるのが難しいのさ。
    6(左)何もない。彼女にはもうズラタンがいる
    7(二)俺はお前を意図的に負傷させたわけじゃない。それは、お前も分かっているはずだ。もし俺を再び批難したら、お前の両足をへし折る。意図的にな
    8(捕)ベッカムのロッカールームをあさってみたんだ。ジャスティン・ビーバー、ジョナス・ブラザーズ、セレーナ・ゴメスのCDがあった。あのデイヴィッド・ベッカムでさえすべての趣味がいいとは言えないとわかって安心したよ
    9(投) なんでだい?君は今、その神を見つめているじゃないか

    続きを読む

    20150606155646

    1: 風吹けば名無し 2018/12/23(日) 06:54:04.60
    CLで活躍したこともなく4大リーグでPKを除いて20ゴールしたのはたった1回だけ

    カバーニとかと変わらん実力のくせになぜか知名度と人気はメッシ、クリロナに次ぐという

    2: 風吹けば名無し 2018/12/23(日) 06:54:45.75
    なんなんあいつ スアレスの方がはるかにすごいやろ

    6: 風吹けば名無し 2018/12/23(日) 06:55:18.53
    ウイイレでめっちゃ強かったし

    8: 風吹けば名無し 2018/12/23(日) 06:55:43.03
    優勝請負人

    11: 風吹けば名無し 2018/12/23(日) 06:56:12.59
    プレーのインパクトとキャラが凄いからね

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/10(月) 20:47:36.01 _USER9
    イブラのLAギャラクシー残留が決定的に…ミランのレオナルドSDが破談明かす

    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)ロサンゼルス・ギャラクシー残留が決定的になったようだ。9日、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。

    イブラヒモヴィッチはかねてより、ミランがロサンゼルス・ギャラクシーとクラブ間交渉を進め、今冬のレンタルでの加入が報じられていた。

    しかし今回メディアインタビューに応じたミランのスポーツディレクターを務めるレオナルド氏が同選手の獲得交渉に言及。破断していたことを明かした。

    「彼はミランに戻ってこないだろう。彼はクラブとの契約を更新したと我々に明かした。我々は彼をミランに復帰させることを考えていたし、彼もそう考えていただろう。しかし彼はMLSでプレーし続けることを選んだ。これは非常に素晴らしい物語だったし、実現する可能性は十分あったけど、実現不可能なものになりそうだね」
    2018-12-10_21h54_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00874974-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/12/03(月) 16:55:41.57 _USER9
    ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するスウェーデン人FWのズラタン・イブラヒモビッチは、彼にとってのドリームチームを暴露し、SNS上で世間を驚かせた。

    ズラタン・イブラヒモビッチは彼のインスタグラムで理想のチームを投稿した。そのチームは彼と共にプレーした選手から構成されている。

    その選抜チームは意外な選手の選出もあり、驚きを呼んでいる。バルセロナからもかつての彼のチームメイト達が選ばれている。

    ゴールキーパーは、現在パリ・サンジェルマン(PSG)でプレーするジャンルイジ・ブッフォン。

    ディフェンスラインには、リリアン・テュラム(バルセロナ)、チアゴ・シウバ(PSG)、アレッサンドロ・ネスタ(ACミラン)、マクスウェル(PSG)が選ばれている。

    中盤には、元バルサの選手も選ばれている。チャビ・エルナンデス(バルセロナ)、パトリック・ヴィエラ(アーセナル)、パベル・ネドベド(ユヴェントス)が選出されている。

    この理想のベストイレブンの前線には、レオ・メッシ(バルセロナ)、ロナウジーニョ(バルセロナ)、そして自分自身を選んでいる。イブラヒモビッチは自身をこのメンバーに入れることを忘れることはなかった。

    ベンチメンバーには、アンドレス・イニエスタ、ファビオ・カンナヴァーロ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、クラレンス・セードルフ、そしてGKにはダビド・デ・ヘアを消去し、インテル・ミラノで共にプレーしたジュリオ・セザルを選んでいる。

    (文:SPORT)

    【画像】
    no title



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00010014-sportes-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/23(金) 16:11:52.53 ID:CAP_USER9.net
    LAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)が、『BBC』のインタビューに応え、“イブラ節”を炸裂させた。

    今季、LAギャラクシーでプレーしたイブラヒモビッチは衰え知らずのパフォーマンスを発揮し、27試合出場で22ゴール10アシストを記録。新人賞、ベストイレブン、年間最優秀ゴール賞などを受賞した。インタビューの中で、LAでの生活について次のように語った。

    「妻がいつかLAに住みたいと言っていた。ほかにもたくさん理由はあるが、それはLAを選んだ理由のひとつだね。LAが俺を選んだんじゃない、俺がLAを選んだ。家族はここにいることを幸せに感じているし、ストレスは少ない」

    「俺はLAにこれまでなかったものを与えたと感じている。俺というプレゼントを与えたんだ。彼らは俺を知り、俺の言う通りのことが起きた。ギャラクシーのデビュー戦で、自己紹介は10分で終わったよ。彼らは俺を理解したんだ」

    自宅には自身の足の写真が飾られているといい、「妻は俺のプライベートの写真を壁に掛けようとしないんだ。『あなたを見るのはもう十分』と言われるよ。足の写真が一枚掛けられていたからそれを公開したんだ」と説明した。

    「俺はこの足で美しいスポーツをプレーしている。醜いつま先でも気にしないよ。この足のお陰で食べていくことができるんだ。毎日足にキスしないといけないね。それは冗談だが、世界中のすべてのサッカー選手のつま先と足は醜い。そこに美しいものはないんだ」

    インタビューの最後には、独特の言い回しで“イブラ節”を炸裂させ、「俺は俺自身の惑星からやってきて、誰も目にしたことがないようなものを持ってきた。その惑星がゲットーみたいな地域だと思っていた人たちは俺のことを異物と見て歓迎しなかった。だけど今ではみんなが俺についてくるようになった。俺は俺の惑星、“ズラタン星”からきたんだ」と話した。
    2018-11-23_18h15_08
    11/23(金) 16:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-06253590-gekisaka-socc
    続きを読む

    28320_ext_04_0

    1:豆次郎 ★:2018/11/20(火) 16:57:18.51 ID:CAP_USER9.net
    11/20(火) 16:48配信
    デイリースポーツ

    故障者が続出しているサッカーイタリア1部リーグのACミランが、元スウェーデン代表で米МLSロサンゼルス・ギャラクシーのFWイブラヒモビッチの獲得に乗り出す。20日のガゼッタ・デロ・スポルトなど、イタリア主要スポーツ紙が報じた。

    同紙などによると、ミランのスポーツ・ディレクターレオナルド氏らとイブラヒモビッチの代理人ライオラ氏が、話し合いに入っている。

    イブラヒモビッチは2010年から2012年までミランでプレーし、2011年のスクデット獲得に貢献した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000092-dal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/11/13(火) 11:39:02.23 ID:CAP_USER9.net
    大ケガから劇的復活の37歳…イブラヒモヴィッチがMLS新人王に選出

    メジャーリーグ・サッカー(MLS)は12日、2018年新人賞にロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチを選出したことを発表した。

    2017年4月に右ひざ前十字じん帯損傷という大ケガに見舞われたイブラヒモヴィッチ。常人であれば約1年の離脱が見込まれたが、驚異的な回復力で約7カ月で復活し、マンチェスター・Uと契約延長を果たした。しかし、2018年3月にヒザを再び負傷。リハビリに取り組んでいたが、マンチェスター・Uとの契約を解除し、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーへと移籍していた。

    再びケガから復帰し、MLSでプレーを再開すると同選手は大活躍。9月15日のトロント戦でアクロバティックなシュートを決め通算500ゴールを達成するなど、27試合で22ゴール10アシストと衰えない存在感を発揮している。

    MLSの公式サイトによれば、新人王を決めるアンケートで、イブラヒモヴィッチは36.36%の得票率でトップ。2位はDCユナイテッドの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーで得票率は32.25%だという。

    なお、37歳のイブラヒモヴィッチとロサンゼルス・ギャラクシーの現行契約は2019年12月まで残っている。
    2018-11-13_13h00_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00862548-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ