海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:セリエA > ミラン

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/10(火) 12:17:58.25 _USER9
    ファン・バステンは黄金時代のシンボル

    【番記者選定のミラン最強ストライカー番付TOP10(1990年以降)】
    1位:マルコ・ファン・バステン(元オランダ代表)
    2位:アンドリー・シェフチェンコ(元ウクライナ代表)
    3位:デヤン・サビチェビッチ(元ユーゴスラビア代表)
    4位:ジョージ・ウェア(元リベリア代表)
    5位:ズラタン・イブラヒモビッチ(元スウェーデン代表)
    6位:カカ(元ブラジル代表)
    7位:フィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)
    8位:ルート・フリット(元オランダ代表)
    9位:ダニエレ・マッサーロ(元イタリア代表)
    10位:ロナウジーニョ(元ブラジル代表)

    この30年のミランは、偉大なストライカーを実に多く擁してきた。トップ10から怪物ロナウドやR・バッジョ、ビアホフ、パパンらを外したのは、ロッソネーロでの活躍期間が短かったから。同じ話はロナウジーニョにも当てはまるものの、少なくないスペクタクルなゴールを決めたゆえ、10位に滑り込ませた。

    そのブラジル産ファンタジスタを含めて、トップ10でバロンドール受賞者は実に6人。中でも1位は、最も完成度が高く最もテクニカルなCFだったファン・バステンだ。80年代後半から90年代前半における黄金時代のシンボルであり、クラブ史にとっての重要性はどんなストライカーよりも大きい。

    その「聖なるマルコ」を含めてトップ5はいずれも圧倒的なクオリティーを備えた、サッカー史上に残る偉大なアタッカーだ。タレントには甲乙つけがたいものがあるものの、今回はもたらした勝利、そしてとりわけサポーターからの愛情に基づいて順位を決めた。シェフチェンコ、サビチェビッチ、ウェア、そして現在における希望の源であるイブラヒモビッチは、それぞれの輝かしい時代を象徴する絶対的な存在だ。

    カカはトップ下/セカンドトップとして、鋭いドリブル突破からのフィニッシュで大き
    な違いに。「ゴールに愛された男」であるインザーギ、そしてシェフチェンコとともに、アンチェロッティに率いられた2000年代の黄金期に攻撃陣を牽引した。

    8位のフリットは、ファン・バステンと同じ時代に輝いた往年の名手。テクニックとフィジカルが融合しており、仕掛けからフィニッシュで圧倒的な存在感を放ったものだ。

    9位のマッサーロはMF出身で、ゆえに組織的なメカニズムの中で機能し、勝利にとって実質的な貢献を果たす術を備えた稀有なストライカーだった。

    クオリティーだけを見れば上回る選手たちを差し置いて、トップ10に名を連ねた最大の理由もそこにある。ミランにとって史上最もシンボリックな勝利、すなわちクライフ率いるドリームチーム時代のバルサを4-0で粉砕した94年CL決勝では2ゴール。歴史に名を刻んでいる。

    2010年代のパット、バロテッリ、ロビーニョ、エル・シャーラウィ、カッサーノらは、一流のタレントを武器に重要なゴールを何度か決めた。ただ、浮き沈みが激しく、いわゆるレジェンドにはなりきれなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e9e6f817899630907647b69054da57e1c75ed9
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/08(水) 10:04:25.06
    なんやこれ・・・
    no title

    no title

    続きを読む

    51ky8CUWYFL._AC_SY355_

    1: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 18:36:17.32
    だれかたすけて

    2: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 18:36:35.82
    終わりやね

    3: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 18:37:17.86
    ガットゥーゾのままで良かったのにな

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/06/06(土) 14:54:52.81
    もうオワコンになってから七年くらいたつんじゃないか?

    2: 風吹けば名無し 2020/06/06(土) 14:55:00.40
    現在のスタメン

    no title
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/26(火) 00:33:53.67
    ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチに負傷の可能性が浮上しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

    現在セリエAは新型コロナウイルスの影響で中断中。6月の再開に向けて徐々にクラブは休止中のトレーニングを再始動しはじめている。

    ミランも例外ではなく、スタッフ・選手に実施した検査が全員陰性だったことから練習を再開している。これに参加したイブラヒモヴィッチに負傷の可能性が浮上しているようだ。イブラヒモヴィッチはアキレス腱のあたりに痛みを感じ検査を受けているという。同クラブは検査結果次第では今シーズンの離脱もあり得ると考えているようだ。

    同選手は昨年12月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーから古巣であるミランに加入。得点のみならず様々な面でミランを牽引している。同選手とクラブとの契約は今年6月まで。1年のオプションが付帯しているが、“神”は今後どのような道をたどるのだろうか。
    2020-05-26_02h22_31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/61d38127c85e80335aa06c57a9577e19d251aecc
    5/25(月) 23:43配信

    続きを読む

    51ky8CUWYFL._SY355_

    1: 風吹けば名無し 2020/05/07(木) 14:18:35.82 ID:jzMKN3op0
    テオエルナンデス(22歳)→レアルからレンタルしてるフランス人SB、5G3A、直接対決で冨安に完勝した
    アンテレビッチ(26歳)→ブンデス、ELで無双した185㎝のクロアチア人FW、今シーズン6G
    レオン(20歳)→リーグアンで無双し「ネクストムバッペ」と呼ばれている188㎝大型FW、
    カスティジェホ(25歳)→ビジャレアルから加入したスペイン人WG、スソからスタメン奪う
    ダニエルマルディーニ(18歳)→あのパウロマルディーニの息子

    他にもドンナルンマ(21歳)、パケタ(22歳)、チャルハノール(26歳)、べナセル(22歳)、ロマニョーリ(25歳)、ケシエ(23歳)、カラブリア(23歳)など若手の宝庫の模様

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/04/19(日) 23:19:29.29
    no title

    続きを読む

    acm

    1: 風吹けば名無し 2020/04/09(木) 01:18:40.40
    アレシャンドレ・パト

    3: 風吹けば名無し 2020/04/09(木) 01:19:03.60
    アクィラーニ

    4: 風吹けば名無し 2020/04/09(木) 01:19:12.75
    カカ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/13(月) 07:05:43.98
    ラングニック氏が18歳の西川を高く評価と伊メディア報道

    今季J1リーグのセレッソ大阪に加入した18歳MF西川潤は、すでにドイツの名将による「興味深い選手リスト」に載せられ、その去就次第ではイタリアからスカウトが派遣される可能性があるという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

    記事では昨夏にレアル・マドリードが獲得し、現在はマジョルカへ期限付き移籍している日本代表MF久保建英を引き合いに出し、「彼より1年若いが、日本サッカーにおける最新の宝石だ」と紹介。また、イタリアのレッジーナでプレーした元日本代表MF中村俊輔(横浜FC)と同じ桐光学園の出身であることも触れている。

    その西川を高く評価しているのが、ドイツ・ブンデスリーガのRBライプツィヒなどで名声を高めた名将ラルフ・ラングニック氏だという。西川はラングニック氏による「興味深い選手リスト」に掲載されていることは明らかだとされた。

    そしてそのラングニック氏には、来季から低迷する名門ACミランへの監督就任オファーが届いているとされる。場合によってはステファノ・ピオリ監督が続投して、ラングニック氏がスポーツディレクターに就任する可能性もあるとされているが、もしミランの現場を預かるポストにラングニック氏が就いた場合は、西川に対してスカウトが派遣されるのは確実だという。

    同メディアはまた、レバークーゼンとライプツィヒも西川に興味を示していると伝えている。プロ入り1年目の西川だが、欧州へステップアップする日はそう遠くない将来に訪れそうな気配が漂っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200413-00256745-soccermzw-socc
    4/13(月) 6:50配信
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/18(火) 07:01:08.60
    [2.17 セリエA第24節 ミラン1-0トリノ]

    セリエAは17日に第24節を行い、ミランはホームでトリノと対戦し、1ー0で勝利した。

    前節のミラノダービーでは前半2点リードから後半4失点で黒星を喫したミラン。しかしチームの立て直しは着実に進んでおり、その大きな要因ともいえるFWズラタン・イブラヒモビッチは今節も先発出場。ホームにリーグ戦4連敗のトリノを迎えた。

    ミランは前半25分に先制。右サイドでボールを奪うと、FWサムエル・カスティジェホがそのまま運んでクロスを上げる。PA内に走り込んだFWアンテ・レビッチがダイレクトで合わせ、ゴールに流し込んだ。レビッチは9日の第23節・インテル戦、13日のコッパ・イタリア準決勝・ユベントス戦に続き、公式戦3試合連続の得点となった。

    しかしミランは前半終了間際にアクシデント。DFシモン・ケアーが負傷し、交代が必要となったが、ベンチのDFマッテオ・ムサッキオも不調を訴えて出場が不可に。20歳DFマッテオ・ガッビアが出番を掴み、セリエAデビューを果たした。

    1-0で前半を折り返したミランは後半も追加点を狙うが、ゴールネットを揺らすことはできず。試合は1-0で終了となり、ミランは3試合ぶりの白星。順位を10位から8位に上げている。
    2020-02-18_09h55_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-43478297-gekisaka-socc
    2/18(火) 6:43配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081343
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
    得点ランキング

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ