海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > バロテッリ

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 08:10:03.02 ID:CAP_USER9.net
    フランス1部ニースでプレーするイタリア代表のFWマリオ・バロテッリが自身のSNSで人種差別に対して怒りを露わにしている。

    バロテッリはインスタグラムを通じて「人種差別主義者、君たちは孤独の中で生きているだけだ。君たちはこの世の病気だ」と綴り「愚か者はパソコンの後ろに隠れているだけだ。俺について考えている事があるのなら直接目を見て言いに来い」と抗議している。

    ガーナ出身の両親の元に生まれたバロテッリはこれまでも人種差別的なヤジを受けてきた今年5月には約4年ぶりにイタリア代表に復帰するも一部のサポーターが「我々のキャプテンはイタリア人の血がなければならない」と侮辱するようなバナーが掲げられていた。

    11/12(月) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00296748-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/16(日) 05:14:17.33 ID:CAP_USER9.net
    ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが罰金処分を食らった。
    イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

    主な理由は、従来の88kgから103kgに達した体重の超過。
    さらに、シーズン前のチームへの合流遅れも関係しているという。

    ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も「自分でオフサイドに引っかかっている」とバロテッリへの罰金処分を明かしている。

    なお、今月の代表ウィークでイタリア代表に招集された際の体重は、99.7kgだった模様だ。

    2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。信頼回復に努めたいところだが…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15310697/
    2018年9月15日 15時5分 超ワールドサッカー

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/16(水) 20:06:35.15 ID:CAP_USER9.net
    イタリアサッカー連盟は14日、イタリア代表監督にロベルト・マンチーニ氏(53)が就任することを発表した。15日に就任記者会見が行われる。

    マンチーニ氏は、ラツィオやマンチェスター・シティ、インテルなどの監督を歴任。インテルではセリエA3連覇、シティではプレミアリーグ制覇も経験した。

    昨年6月には、ロシアの強豪ゼニトの指揮官に就任。3年契約で、さらに2年の契約延長オプションが設定されていたが、今月13日に双方合意の上で契約を解除し、イタリア代表監督就任が秒読み段階に入っていた。

    60年ぶりにW杯出場権を逃したイタリアは、昨年11月にジャンピエロ・ベントゥーラ監督を解任。3月の国際親善試合はU-21イタリア代表を指揮するルイジ・ディ・ビアージョ監督が暫定監督を務めていた。

    なお、マンチーニ氏が代表チームの指揮を執るのは、今回が初となる。

    ゲキサカ 5/15(火) 10:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-01653831-gekisaka-socc

    写真


    イタリア代表・マンチーニ新監督、バロテリの再招集を示唆「活躍見たい」

    同紙などによると、マンチーニ監督は「できるだけ早く勝てるイタリア代表を築きたい。夢を持ちそのハートを表現できる選手が重要だ」と抱負を述べた。またニースのマリオ・バロテリについては「代表からずいぶん離れているが、今季ニースで最高だった。まだやれる可能性があるし、2012年のEURО大会のような活躍を見たい」と、再び招集する可能性が高いとした。

    5/16(水) 18:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000115-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/01(日) 18:56:19.28 ID:CAP_USER9.net
    ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、今も自分が世界トップレベルのストライカーであることを疑っていない。イタリア『スポーツウィーク』のインタビューで語った。

    フランスでキャリアハイのシーズンを過ごしているバロテッリは、イタリア代表復帰も噂されたが、3月の代表戦では声がかからなかった。それでも、コンスタントにゴールを決めるバロテッリは、自信にあふれている。

    バロテッリは「クリスティアーノ・ロナウドと(リオネル・)メッシは別のカテゴリーだ。ただ、ネイマール、(アントワーヌ・)グリーズマン、(パウロ・)ディバラの中にはいられるかもしれない。彼らの方がより多くのものを手にしているから、ちょっと上だろうけどね」と述べた。

    ▽イタリア中が注目しているイタリア代表監督選びについても話している。「(アントニオ・)コンテと(クラウディオ・)ラニエリはカリスマ性がある。でも、(ロベルト・)マンチーニはサッカーの面でオレのパパなんだ。彼が代表監督になったらうれしいよ。それは彼にとってであって、自分にとってではないけどね」と語った。

    2018年3月31日 23時57分 超ワールドサッカー
    http://news.livedoor.com/article/detail/14514494/

    写真
    続きを読む

    BALOTELLI_278728111

    1:風吹けば名無し:2017/10/28(土) 01:41:43.77 ID:mNBojIRc0.net
    ユーロでミドル決めたところが全盛期なのか
    2:風吹けば名無し:2017/10/28(土) 01:42:14.52 ID:RumYc1d70.net
    悪童(笑)
    3:風吹けば名無し:2017/10/28(土) 01:42:21.47 ID:mNBojIRc0.net
    才能は特大やったはずなのに
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/10/20(金) 16:22:38.22 ID:CAP_USER9.net
    ピッッチ外での行為を問題視

    ニースに所属するFWマリオ・バロテッリには、フランスの地で得点感覚を取り戻しつつあることもあってイタリア代表に復帰させるべきではないかとの意見もある。確かにパフォーマンスの面では改善された部分もあるだろうが、ピッチ外での行動は相変わらずだ。

    今回伊『Calciomercato』が問題視したのは、18日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージのユヴェントス対スポルティング・リスボンの一戦をテレビ観戦していたバロテッリの行動だ。この試合は前半12分にスポルティング・リスボンが左サイドからユヴェントス守備陣を崩し、GKと1対1の状況からシュート。これを弾いたジャンルイジ・ブッフォンのボールがアレックス・サンドロに当たってゴールに入ってしまい、オウンゴールでスポルティング・リスボンが先制した。

    これを見ていたバロテッリはユヴェントスが失点したことに大喜び。かつてミラン、インテルとユヴェントスのライバルクラブでプレイしてきたバロテッリにとっては嬉しい瞬間だったのかもしれないが、同メディアはイタリアのチームの失点を喜ぶバロテッリの行為に疑問を抱いている。

    「バロテッリはイタリア代表復帰の可能性が騒がれているが、この動画は復帰を近づけるものにはならないだろう」と伝えており、スポルティング・リスボンを応援しているような動画は問題だったかもしれない。ユヴェントスのサポーターも良い気分ではないはずだが、バロテッリはイタリア代表にふさわしくないのだろうか。
    2017-10-20_17h38_03
    http://www.theworldmagazine.jp/

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00010011-theworld-socc
    10/20(金) 14:30配信
    動画

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 09:18:24.77 ID:CAP_USER9.net
    ニースのFWマリオ・バロテッリが25日、出身地ブレシアで開催されたセレモニーに出席し、バロンドールについて言及した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

    バロテッリは地元紙『ブレシア・オッジ』が主催するブレシア近郊のサッカー選手を対象とした表彰式へ招待を受けた。表彰式では、バロテッリの弟であるFWエノック・バルウアーが所属するチリヴェルゲのFWフランチェスコ・ガルッピーニが、最優秀選手賞である「ブレシアのバロンドール賞」を受賞した。

    バロテッリは自身のバロンドール受賞について問われると、「オレもバロンドールを受賞できるか? それにはまず、あの2人を消さないとね」とジョークを交えながら話し、ここ数年間、バロンドールを独占しているレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのFWリオネル・メッシが大きな壁となっていることを認めた。

    また自身のキャリアを振り返り、まだまだ物足りないと考えているようだ。「これまでの自分のキャリアは大したことない。もっとできるはずだ。これから2週間はオフモードでバカンスに入る。何も考えない。チャンピオンズ(リーグ)の決勝も見るつもりはない。それからだ」と話し、まずはバカンスで息抜きをすることを告げた

    最後に、地元ブレシアへのリップサービスか、「でもいつかオレの街のチームで引退を迎えられたらと思う。だけどオレはまだ若いよ」と話し、将来的に育ての親が住むブレシアでの引退を望んでいることを明かした。
    2017-05-27_11h40_21
    GOAL 5/26(金) 18:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000019-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/08(月) 18:01:19.39
    フランスのニースでプレイするイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、壮大な野望について言及している。

    昨夏にフリートランスファーでニースへ加入し、今季リーグ戦22試合出場の15ゴールという素晴らしい戦績を残すバロテッリ。モナコとパリ・サンジェルマンに次ぐ3位と健闘するニースの原動力となり、かつての輝きを取り戻した悪童が、かねてより熱望する“No.1”のトロフィーについてその想いを語っている。ブラジル『Rete Globo』がバロテッリの言葉を伝えた。

    「決して簡単じゃないことを承知で言うが、俺はバロンドールを獲りたい。直近の2年半はフィジカル的な問題もあって、俺の能力の40%程度しか出せなかった。でも今後もハードなトレーニングさえ続ければ、バロンドールに選ばれることだって可能だろう」

    超えなければならない天才が複数名存在することを、彼自身も自覚している。

    「まぁ、現時点ではクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ、ネイマール、それにルイス・スアレス辺りは俺よりも上だよ。なぜなら俺は約2年間、時間が止まったかのようだった。ミランへ移籍した当初はなかなか良かったが、恥骨に問題を抱えて手術を受けなきゃいけなくなったからね」
    2017-05-08_19h11_46
    theWORLD(ザ・ワールド) 5/8(月) 17:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00010019-theworld-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 06:37:41.17 ID:CAP_USER9.net
    新天地ニースで前半戦は活躍も、同僚エイセリックが現在のバロテッリを一刀両断

    元イタリア代表の悪童FWマリオ・バロテッリは、リバプールから移籍金ゼロで厄介払いをされる形でニースに加入し、今季リーグ13試合で9ゴールと復調の気配を見せていた。3位と好調なチームをけん引する働きを前半戦は披露していたが、移籍から1年も経たないうちに問題児に逆戻りしてしまったようだ。

    同僚のMFバタンタイン・エイセリックが、衛星放送「ビーイン・スポーツ」でバロテッロの現状を告発している。

    「バロテッリはもっと組織について考えないといけない。もう少しハードワークすべきだ。上手くいかない時にヘッドダウンしてギャンブルに出る傾向があるのは情けない」

    チームの戦況を顧みずに無謀な単騎突破を仕掛けるうえ、守備面での貢献度が低いバロテッリを一刀両断している。バロテッリは8日のサンテティエンヌ戦(1-0)で後半37分から途中出場したが、12日のレンヌ戦(2-2)では風邪で欠場が発表されていた。

    「残念ながら正直にならねばいけない。私は真実を話している。彼のトレーニングを見ているが、下を見て回りを見ないのは情けない。彼は本当に素晴らしい選手なのに。彼は我々と無関係でありたいと振舞っているように思える。本当に残念だ。こういう試合で彼は力になったはずなのに」

    エイセリックは、バロテッリのピッチ上での振る舞いに不満を漏らしている。得点ランク8位タイと活躍した前半戦から一転、今では鼻つまみ者になってしまった。

    ベンチ外の理由は風邪ではなく…

    「監督がチームに多大な貢献を求めていることを知っている。手抜きするような選手を彼は受け入れたりしない。マリオ・バロテッリを見れば分かることだ」

    エイセリックはバロテッリのベンチ外の理由が風邪ではなく、独善的な振る舞いを続けるイタリア人ストライカーの姿勢が、リュシアン・ファーブル監督の逆鱗に触れたことを示唆している。

    イタリアサッカー界の希望の星と期待されたスーパーマリオは、フランスリーグでキャリアを立て直すことに失敗してしまうのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00010015-soccermzw-socc
    Football ZONE web 2/13(月) 21:30配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ