海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > アーセナル

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/07/20(木) 13:46:52.93 ID:CAP_USER9.net
    2017-07-20_14h10_34
    7/20(木) 9:10配信 AFP=時事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000005-jij_afp-socc
    【AFP=時事】中国で開催されているインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)に出場中のアーセナル(Arsenal)は、主力選手数人が食中毒の症状を訴え、19日のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)戦を欠場するなどの事態となった。チームを率いるアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督が明かした。

    上海(Shanghai)でバイエルンと対戦したアーセナルは、試合終了間際に1-1の同点に追いつき、PK戦を3-2で制した。しかしベンゲル監督は試合後、長時間のフライトや中国の厳しい暑さと相まって選手を苦しめた食中毒により、来シーズンへ向けたチームの調整は理想的とは到底言えないものとなってしまったと語った。

    アーセナルは食中毒でオリヴィエ・ジルー(Olivier Giroud)を欠いただけでなく、キャプテンを務めるペア・メルテザッカー(Per Mertesacker)もキックオフ直前に同様の問題で体調不良を訴え、試合を欠場した。

    また、新加入のセアド・コラシナツ(Sead Kolasinac)がハーフタイム前に交代を余儀なくされた一方、途中出場のアーロン・ラムジー(Aaron Ramsey)とセオ・ウォルコット(Theo Walcott)も体調が優れなかったという。

    アーセナルの選手はこの日、特に気温が36度を超えた前半に調子を落としており、ベンゲル監督は冬のオーストラリアから移動してきた直後での上海のコンディションは「衝撃」だったと話している。

    今季は欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)出場権獲得のプレッシャーがかかるベンゲル監督は「17日、18日とハードワークしていたので、今夜は大きな問題が待ち受けているのではないかと少し不安だったが、実際に前半はやや苦しんだ」と語った。

    「ラムジーは(気分が)悪い状態で試合を終え、ウォルコットやコラシナツ、メルテザッカーも皆、食中毒気味だった」

    23日には北京(Beijing)でチェルシー(Chelsea)との一戦を控えるアーセナルだが、
    ベンゲル監督は食中毒を起こした原因は不明だとしている。【翻訳編集】 AFPBB News
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/17(月) 16:59:42.88 ID:CAP_USER9.net
    移籍が有力視され、動向に注目が集まっているA・サンチェス。本人はやはりCLに出られるチームでのプレーを希望しているようだ。


    今夏の移籍市場でアーセナルからの退団がうわさされているチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、やはりビッグクラブへの移籍を希望しているようだ。

    同選手は母国チリのトコピヤで、地元メディアに対して「チャンピオンズリーグでプレーしたい」と発言。

    続けて「これは僕の問題ではなく、むしろアーセナル側の返答を待つことになっている。すでに自分は決断を下しているが、アーセナルからの答えがないんだ」と語り、すでにクラブに退団の意思が固いことを伝えていると明かした。

    アーセナルは昨シーズン、プレミアリーグで5位に終わった。リーグ6位のマンチェスター・ユナイテッドは、ヨーロッパリーグを制したためチャンピオンズリーグの出場権を獲得。プレミアリーグの上位勢、いわゆる“ビッグ6”と称されるチームの中で、来シーズンのチャンピオンズリーグに出られないのはアーセナルのみとなっている。

    A・サンチェスは「現時点ではアーセナルの選手だ。だけど、あと1年で契約が満了になる」と語り、退団をほのめかしている。

    アーセナルは退団を希望しているA・サンチェスを、手放すことなく1年後の契約満了まで手元に置き続けるのか。それとも契約解除金が発生する今夏の移籍市場で手放すのか、クラブ側の決断の時は間もなくやって来ることになりそうだ。
    oo
    http://www.goal.com/jp/news/74/1/2017/07/17/37119942/1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/02(日) 13:06:57.70 ID:CAP_USER9.net
    合意寸前のラカゼットに続き、フランスの新星ムバッペ獲得に動く可能性浮上と英紙

    アーセナルはクラブ史上最高額の移籍金で、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット獲得が合意寸前に迫っていると言われている。

    そんななか、さらなる大金を投じてモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得に動く可能性が浮上した。英紙「デイリー・ミラー」がサッカー史上最高額を大きく超える1億2500万ポンド(約160億円)のオファーを準備すると報じた。

    アーセナルはすでにラカゼットと合意寸前と報じられ、その移籍金は2013年にレアル・マドリードから獲得したドイツ代表MFメスト・エジルの4240万ポンド(約62億円)を超えるとされている。

    しかし、2016-17年シーズンにプレミアリーグ5位に終わり、19年間続いたUEFAチャンピオンズリーグの連続出場が途絶えたガナーズ(アーセナルの愛称)は、さらなる大型補強でフランスの超新星まで手中に収めようとしているという。

    記事によれば、アーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルは今週中にもムバッペ獲得へ1億2500万ポンドのオファーを出すという。スペインの名門レアル・マドリードもフロレンティーノ・ペレス会長自ら交渉を行ったとされるが、それに対抗してサッカー史上最高額の移籍金を投じる構えだ。

    父親はレギュラー入り有力なアーセナル派!?

    記事では、鍵となるのはムバッペが出場機会を得られるかどうかにかかっているとしている。同選手の父ウィルフリード氏は息子に対し、レアルへ移籍した場合はトップチームでの出場機会が限られると忠告。アーセナルであればレギュラーのファーストチョイスになれるだろうと話したという。

    今夏の移籍市場で最大の目玉とされるムバッペ。モナコ残留か、それとも新天地を求めるのか。激しい争奪戦の行方には今後も注目が集まりそうだ。
    2017-07-02_13h51_21
    7/2(日) 12:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170702-00010007-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 13:33:28.60 ID:CAP_USER9.net
    モナコのムバッペ獲得に本腰のアーセナル、ジルーもオプションで追加

    アーセナルは今季モナコで大ブレイクを果たしたフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に向け、本腰を入れている。18歳の逸材を巡る争奪戦には、レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンも獲得に名乗りを挙げているが、アーセナルはサッカー史上最高額の移籍金に加えて、今季のスーパーサブを差し出すオファーを用意しているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

    今オフの注目銘柄となっている18歳へのオファーの相場は、移籍金1億ユーロ(約120億円)以上。昨年ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの1億1000万ユーロ(約132億円)というサッカー史上最高額を更新することが予想されている。

    全額を現金で解決するのはどのクラブにとっても負担が大きいが、アーセナルは現金プラスアルファのプランを画策。記事では、1億ポンド(約140億円)の移籍金に加え、今季11試合の先発出場にとどまったフランス代表FWオリビエ・ジルーをオプションとして含める条件を提示する見込みだとしている。

    ポグバの移籍金を超えるビッグオファーに…
    ドイツの移籍情報サイト「トランスファーマルクト」によると、今年9月に31歳を迎えるジルーの市場価値は2500万ユーロ(約30億円)とされている。「金銭+選手」という変則的な形ではあるが、ムバッペに対するオファーは実質的には約170億円に相当し、ポグバの移籍金を約40億円上回る計算になる。

    今季12得点を挙げたストライカーを放出することでオファーの価値を高めようというアーセナルの戦略は、神童獲得への“決め手”となるだろうか。
    2017-06-18_14h38_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170618-00010000-soccermzw-socc&pos=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 22:18:59.43 ID:CAP_USER9.net
    オーナーのクロンケ氏と会談し合意、31日に正式発表の見込み

    アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が今季限りで契約満了となるなか、去就問題に注目が集まっていたが、新たに来季から2年契約を結ぶことで合意に達した。英公共放送「BBC」が報じている。

    ベンゲル監督は今季のプレミアリーグで5位に終わり、来季UEFAチャンピオンズリーグ出場権をアーセナル就任21年目にして初めて逃していた。「ベンゲル・アウト」というサポーターの解任騒動も起きるなど、その立場は厳しさを増していたが、FAカップ決勝でチェルシーを2-1で撃破。監督として史上最多7度目の同杯優勝を成し遂げていた。

    そしてベンゲル監督は、30日にオーナーのスタン・クロンケ氏と会談し、2年契約で合意に達した。31日に正式発表される見込みだと報じられている。名古屋グランパスの監督を退任後、1996年からアーセナルを率いるベンゲル監督は、現代サッカー界で唯一無二の長期政権を維持しており、今回の契約を全うすれば“23年体制”となる。
    2017-05-30_23h28_47
    Football ZONE web 5/30(火) 22:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00010028-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 12:47:46.53 ID:CAP_USER9.net
    トニー・アダムス氏は、アーセン・ヴェンゲル監督が長期政権を築けた一番の理由はアーセナルにあり、レアル・マドリーなら即解任されていたと『ガーディアン』で語っている。

    今夏でヴェンゲル監督とアーセナルの契約は満了を迎える。続投に懐疑的な見方がされているものの、首脳陣は監督交代に踏み切らず、来シーズン以降もエミレーツ・スタジアムでの指揮を任せると考えられている。さらに、ノースロンドンで仕事を続けるために世界中のビッグクラブからのオファーを拒否したとヴェンゲル監督は話していたが、アダムス氏は異なる考えを持っているようだ。

    元アーセナル主将のアダムス氏は「彼は世界中のすべてのクラブに断りを入れたと話していた。しかしマドリーだったら1年で解任されていた」とヴェンゲル監督にビッグクラブを率いるだけの能力はないと断言した。

    続けて「そうなれば彼はさまざまなクラブを転々とせざるを得ないはずだ。アーセナルの首脳陣は特に何もしないから、彼はここで全てを掌握する権利を持っている。アーセンはこのクラブで思い通りに何でもできる。それにここでやりたいようにやってきた。アーセンは出て行かないだろう。これは何かしらの中毒だ」と、20年を超える長期政権を築けた理由はクラブにある語っている。

    さらに、アダムス氏はアーセナル指揮官が受け取っている報酬についても不満を持っているようだ。

    「それに彼は大金を稼いでいる。1年に800万ポンド(約11億円)もの報酬を受け取っているが、アーセナルのアカデミーコーチはたったの3万ポンドで、チェルシーのコーチも9万ポンドほどだ。アーセンから700万ポンドを差し引いて彼らに分ければちょうどいい。彼はその金で友人とパーティをするわけではない。なぜなら彼の友人はここにはいない。フランスに少しいる程度だ。だから少しばかり哀れに思う」

    FAカップ終了後、ヴェンゲル監督は30日か31日に去就は決定すると明かしていた。来シーズン以降もエミレーツ・スタジアムでアーセナルを指揮する同指揮官の姿を見られるだろうか。
    2017-05-30_14h00_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/05/28(日) 04:40:39.23 ID:CAP_USER9.net
    ベンゲル監督、2年契約延長の可能性が急浮上 タイトル戦の結果に関係なく長期政権継続と英紙

    Football ZONE web 5/27(土) 23:50配信

    来週中に取締役会が行われ、ベンゲル監督続投が承認される見通し

    今年6月末でアーセナルとの契約満了を迎え、21年の長期政権に幕を閉じると見られていたアーセン・ベンゲル監督に2年契約延長の可能性が急浮上している。
    英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

    今季リーグ戦で5位に終わり、19シーズン続いていたUEFAチャンピオンズリーグ出場の記録が途絶えたアーセナル。契約満了というタイミングもあり、ベンゲル監督は退任するのではと見られていた。

    しかし、最新のレポートによれば、クラブはフランス人指揮官と新たに2年契約を結ぶことになるという。アーセナルは27日にチェルシーとのFAカップ決勝を戦うが、指揮官の去就にこのタイトル戦の結果は関係なく、既定路線であると伝えられている。

    来週中に取締役会が行われ、ベンゲル監督続投が承認される見通し。仮にチェルシー戦で敗れたとしても、長期政権は継続となるようだ。プレミアリーグ優勝から13シーズン遠ざかるアーセナルは、ベンゲル体制が続く間に再び頂点にたどり着くことはできるのだろうか。
    2017-05-28_07h19_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170527-00010027-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 01:07:24.38 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグ第38節が21日に行われ、アーセナルとエヴァートンが対戦した。

    現在、アーセナルは勝ち点「72」の5位で、チャンピオンズリーグ出場圏外となっている。3位マンチェスター・Cとは3ポイント差、4位リヴァプールとは1ポイント差。CL20季連続出場を果たすためには勝ち点3が必須となり、他会場の結果次第という苦しい状況ではあるものの、逆転でのトップ4フィニッシュを目指す。

    開始8分、アーセナルはメスト・エジルが左サイドから切り込むと、クロスにダニー・ウェルベックが合わせる。ウェルベックはジャストミートできなかったものの、上がってきたエクトル・ベジェリンが押し込み、アーセナルが先制に成功する。

    14分、ローラン・コシェルニーが危険なタックルでエネル・バレンシアの突破を阻止したとして、レッドカードが提示される。しかし、追加点を奪ったのはアーセナルだった。27分、アレクシス・サンチェスがミドルシュートを放つと、ウェルベックに当たってコースが変わる。このボールを拾ったウェルベックが折り返すと、サンチェスが自ら詰めて追加点。前半はアーセナルの2点リードで終える。

    後半に入り58分、アーセナルはナチョ・モンレアルのハンドでPKを与えてしまう。このPKをチームトップスコアラーのロメル・ルカクが落ち着いて決め、エヴァートンが1点差とする。

    後半アディショナルタイム、アーセナル・ラムジーが右足でコースを狙ったシュートを突き刺し、試合を決定付ける。

    試合は3-1で終了。アーセナルは最終節で勝利したものの、他会場の3位マンチェスター・C、4位リヴァプールが勝利したため、2016-17シーズンは5位フィニッシュが決定。CL連続出場記録は19でストップした。

    【スコア】
    アーセナル 3-1 エヴァートン

    【得点者】
    1-0 8分 エクトル・ベジェリン(アーセナル)
    2-0 27分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
    2-1 58分 ロメル・ルカク(エヴァートン)
    3-1 90+1分 アーロン・ラムジー(アーセナル)
    2017-05-22_09h03_43
    SOCCER KING 5/22(月) 0:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00590725-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/08(月) 02:03:29.84
    ■プレミア第36節

    アーセナル 2-0 マンチェスター・U

    【ア】シャカ(54分)
    【ア】ウェルベック(57分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927933

    7日、プレミアリーグ第36節が行われ、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドの一戦は2-0でアーセナルが完封勝ちを収めた。

    熾烈を極めるチャンピオンズリーグ出場権争いで、ライバルたちよりも一歩出遅れているアーセナル。対するユナイテッドも、ローカルライバルのシティやリヴァプールの後塵を拝しているが、ヨーロッパリーグで優勝すれば出場権を得られるのはアドバンテージとなっている。

    そんなユナイテッドは、好調のマーカス・ラッシュフォードをはじめ、ポール・ポグバ、エリック・バイリー、ダレイ・ブリントがベンチスタート。明らかにヨーロッパリーグを意識した布陣で、アーセナルとの直接対決に臨んだ。

    最初のチャンスはユナイテッド。5分、左サイドに開いたヘンリク・ムヒタリャンのダイレクトパスから、ウェイン・ルーニーのスルーパスにアントニー・マルシャルが抜け出す。しかし、この決定機はGKペトル・チェフがはじいてCKへと逃れる。

    負けられないアーセナルは9分、メスト・エジルの横パスを受けたアレクシス・サンチェスがペナルティーエリア内右へとスルーパスを通す。ここに走り込んだアーロン・ラムジーのシュートはGKダビド・デ・ヘアが素晴らしい反応ではじき出した。

    立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げる両チームだが、徐々に自分たちの色を出していったのはアーセナル。サンチェス、エジル、ラムジーがよくボールに絡み、ユナイテッドを押し込んでいく。

    30分には、サンチェスのスルーパスに抜け出したラムジーの折り返しを、ダニー・ウェルベックが合わせるもDFがブロック。さらにCKの流れから、サンチェスの左クロスにラムジーがファーサイドで滑り込むも一歩届かず。直後にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンが強烈なミドルシュートを放つも、GKデ・ヘアがしっかりとセーブする。

    守勢の続くユナイテッドだが、32分にビッグチャンスが訪れる。ロブ・ホールディングのバックパスをルーニーが奪ってGKチェフとの1対1を迎えるが、ここは飛び出してシュートコースを消したチェフに軍配が上がった。

    スコアレスのまま迎えた後半も拮抗した展開が続く中、意外な形で均衡が破れる。先手を取ったのはアーセナル。54分、右サイドのスローインから中盤で繋ぎ、受けたグラニト・シャカが思い切り良くミドルシュートを狙う。これがシュートコースにいたアンデル・エレーラの背中に当たって軌道が変わり、デ・ヘアの頭上を越えてゴールへと吸い込まれた。

    57分、右サイドでホールディングがボールを奪い返し、チェンバレンがクロスを上げる。これをゴール前のウェルベックが頭で捉え、アーセナルがあっという間にリードを2点に広げた。

    反撃に出たいユナイテッドは61分にジェシー・リンガード、63分にラッシュフォードを投入。65分にはルーニーが直接FKで枠を捉えるも、GKチェフがしっかりとはじき出した。

    2点をリードするアーセナルは76分、足をつったシャカに代えてフランシス・コクランを投入し逃げ切りを図る。

    猛攻を仕掛けたいユナイテッドだが、集中した守備を見せるアーセナルに対し思うようにチャンスが作れず、74分、81分とルーニーがミドルレンジからシュートを狙うが、いずれも枠を捉えることはできない。

    ウェルベックに代えてオリヴィエ・ジルー、チェンバレンに代えてベジェリンを投入したアーセナルは守備を固めつつ、効率よくカウンターを狙う。ユナイテッドはラッシュフォードが果敢に仕掛けて1人気を吐くが、この日のアーセナルは対人プレーに強く、終盤は得意のパスワークで上手く時間も使いながら無失点で逃げ切り、チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて望みをつなぐ勝ち点3を手にした。
    2017-05-08_07h30_27
    GOAL 5/8(月) 1:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000037-goal-socc
    続きを読む

    2017-05-01_07h00_58

    1:カイキニッショク :2017/05/01(月) 02:23:53.53 ID:CAP_USER9.net
    4/30(日)24:30ホワイト・ハート・レーン

    トテナム・ホットスパー 2-0 アーセナル
    (前半0-0)

    得点者(トテナム・ホットスパー)
    デレ・アリ(後半10分)
    ハリー・ケイン(後半13分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927930
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ