海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > アーセナル

    1:Egg ★:2018/01/18(木) 08:33:07.09 ID:CAP_USER9.net
    エヴァートンは、アーセナルからFWセオ・ウォルコットを獲得したと発表した。

    2006年にサウサンプトンからアーセナルに加入したウォルコットは、今季プレミアリーグでの先発出場はなく、出場機会は限定的。現状を受け、ロシア・ワールドカップ出場を目指す同選手は1月の退団を決意したとされてきた。

    そして、古巣のサウサンプトンやウェスト・ハムが興味を示す中、最も好条件のオファーを提示したと報じられるエヴァートンが2000万ポンド(約31億円)でウォルコットの獲得に成功。なお、同選手はエヴァートンと3年契約を締結し、今冬オリンピアコスに移籍したケヴィン・ミララスの背番号11を着用するようだ。

    移籍が決まった17日、ウォルコットはさっそくクラブの公式ウェブサイトに登場し、「このクラブを次のレベルに押し上げるためにエヴァートンにやって来た」と語り、以下のように続けた。

    「キャリアの新しいチャプターが始まることにワクワクしているし、ここは僕にとって適切な場所だと感じている。エヴァートンは偉大な歴史を持ったクラブで、熱狂的なサポーターもいる。彼らの存在はとても大きく、ここでプレーした時はいつも苦労していた。すでにいくつかトロフィを獲得しているが、僕はさらにトロフィを勝ち取りたいと願っている」

    「監督もとても貪欲で、ここには僕に必要なものがそろっている。彼とは何度か少し話したが、彼が僕を欲しがってくれる熱意を強く感じていた。それにアーセナルを離れる時期が来たとも考えていた。寂しいことだけれど、僕のキャリアを再点火する良い機会だ」

    また、サム・アラダイス監督も「経験とクオリティを兼ね備えたセオのような選手を獲得できてうれしい限りだ」とウォルコットの加入を喜んでいる。

    2006年、若干16歳でアーセナルに加入したウォルコット。クラブ在籍12年で397試合に出場し、108ゴールを記録したクラブ最古参の選手が、ついにクラブを離れることになった
    2018-01-18_09h35_28
    1/18(木) 6:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000023-goal-socc
    続きを読む

    2018-01-18_00h21_12

    1:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:05:14.45 ID:Fk0YJnBl0.net
    今季CLどころかEL出場圏内にすら入れなさそう
    2:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:05:57.36 ID:C3C+bcBF0.net
    アンチェロッティ来るんやろ?
    よかったやん
    3:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:06:17.22 ID:faVDW+3v0.net
    なんかちょっと見ないうちに二流感溢れるメンツになってるんだけど金ないの?
    7:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:06:55.03 ID:Fk0YJnBl0.net
    >>3
    オーナーがケチ
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/15(月) 18:33:06.58 ID:CAP_USER9.net
    1/15(月) 18:11配信
    アーセナルがドルトムントのガボン代表FWピエールエメリック・オバメヤン(28)の獲得に乗り出していると、15日付の独紙ビルトが報じた。

    アーセナルはチリ代表FWサンチェスの放出が濃厚となっており、後釜としてドルトムントのエースの獲得を目指しているという。また、オバメヤンは14日のウォルフスブルク戦メンバーから外されたが、理由は13日の前日練習後のチームミーティングをサボったからだと報じた。

    マネジャーのツォルクは「いつの日か寛容になれなくなるポイントが来るし、それが今日、来た。彼が何を考えていたかはわからない」と、ウォルフスブルク戦後のテレビインタビューでオバメヤンを批判した。さらに「こうした振る舞いを見たことは、これまでなかった。はっきりしているのはこのままでは、だめだということだ。今回のことはクラブとして受け入れることができない。チーム内に不穏をもたらし、それはいいことではない」と話した。

    シュテーガー監督は「私は整理も理解もできない。彼はほとんどの時間とても上機嫌だったんだ。彼の内部を詳細にのぞき込むことはできない。なぜそんなことをしたのかわからない」とコメント。試合前のテレビインタビューでは「非常に重要なチームミーティングだった。けが人を含む全選手が顔をそろえていたんだ。アウバ(オバメヤン)は離れたところにいた。彼にとってさして重要ではないんだなという気持ちを受けた」と話していた
    2018-01-16_08h20_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00101009-nksports-socc
    続きを読む

    32600_ext_04_0

    1:Egg ★:2018/01/11(木) 17:49:41.87 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・プレミアリーグのアーセナルが、来季新監督としてカルロ・アンチェロッティ氏と年俸1000万ユーロ(約13億円)の4年契約でほぼ合意に至っているという。11日のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

    21年間にわたってアーセナルを率いているベンゲル監督は、2004年を最後にリーグ制覇から遠ざかっている。同監督の契約は2019年6月までだが、同紙によるとクラブは来季からアンチェロッティ氏にチームをゆだねるつもりでいるという。

    アンチェロッティ氏は、イタリア、スペインなど5ケ国での監督経験があり、20のタイトルを獲得。昨年9月末にバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)を解雇となった後、先日はイタリア代表監督の就任オファーを断ったとされる

    1/11(木) 17:38配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000107-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/03(水) 11:14:33.38 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が昨年末に行われたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦でPK判定に激怒。試合後に審判団の控室に乗り込んで主審を罵倒するなどし、イングランドサッカー協会(FA)から処分されることが決まった。英公共放送局「BBC」や英紙「テレグラフ」などが報じている。

    昨年12月31日にWBAと対戦したアーセナルは、1-0でリードしていた後半43分にDFカラム・チェンバースのハンデで相手にPKを献上。これを決められて1-1で試合終了。勝点3を逃した。

    しかし、フランス人指揮官はマイク・ディーン主審の判定に激怒。記事によれば、試合終了後、審判団の控室に乗り込み、罵詈雑言を浴びせて審判の正確性に疑問を呈したという。

    「これは茶番だ」「主審は我々とは同じルールブックを見ていない」などと怒りの収まらないベンゲル監督だが、審判を罵倒する行為はさすがに行き過ぎたものだった。

    FAはベンゲル監督に処分を下すと決定。ベンゲル監督からの返答期限は現地時間8日夕方で、その後に正式な処分内容が決まる。「テレグラフ」によれば罰金あるいはベンチ入り禁止、そしてスタジアム入場禁止処分の可能性まであるという。

    昨年1月のバーンリー戦でも審判への猛抗議で退席処分となりながら、その後にロッカールームへ続くトンネル内で審判団と揉めるという問題行為で4試合のベンチ入り禁止処分を受けていたベンゲル監督。今回も処分が決まれば1年も経たないうちに同じ過ちを繰り返すことになる。
    2018-01-03_12h03_36
    1/3(水) 9:50配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00010003-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2017/12/30(土) 01:17:37.02 ID:3BCS/XYu0.net
    ワイ「ヴィエラ」
    12693259283_4a908653c4_c
    2:風吹けば名無し:2017/12/30(土) 01:17:55.12 ID:LmGitpDu0.net
    ロシツキー
    4:風吹けば名無し:2017/12/30(土) 01:18:03.28 ID:3BCS/XYu0.net
    クソ「セスク」
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/17(日) 19:48:58.21 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルは来夏8選手を失う可能性があるようだ。英『ミラー』が報じている。

    同紙によると、その8選手とはサンチェス(28)とMFメスト・(29)、MFジャック・ウィルシャー(25)、DFペア・メルテザッカー(33)、FWオリビエ・ジル(31)、FWセオ・ウォルコット(28)、MFアーロン・ラムジー(26)、FWダニー・ウェルベック(27)とのこと。

    サンチェスとエジル、ウィルシャー、そしてキャプテンのメルテザッカーは、今シーズン終了時に契約が満了。サンチェスについては、マンチェスター・シティへの移籍が盛んに報じられており、1月にパリSGがオファーを出す可能性も浮上している。

    また、エジルはマンチェスター・ユナイテッドとバルセロナが獲得に興味を示している模様。ウィルシャーについては、残留を望んでいるようだが、出場機会が得られてないのであれば、移籍する可能性もあるという。

    ジルとウォルコットは、今季カップ戦で出場機会を得られているが、プレミアリーグでは出場が限られており、ジルは15試合中スタメンはわずか1試合。ウォルコットに関しては、3試合の途中出場のみとなっている。そのため、移籍報道が絶えず、ともにエバートンが獲得に関心を示しているようだ。

    また、ラムジーとウェルベックの契約もあと2年を切っているようで、更新されなければサンチェスやエジルのような騒動が起きてしまうと、同紙は伝えている。全員が一気に退団することはないと思われるが、主力級の退団は大きな痛手となりそうだ。

    12/17(日) 15:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-01647842-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/13(水) 13:33:45.01 ID:CAP_USER9.net
    12/13(水) 13:30配信
    ヴェンゲル監督がイングランドサッカーに進言 「日本の大相撲を見習うべき」

    アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、イングランドのサッカー界は日本の大相撲を見習うべきだと考えているようだ。12日付のイギリス紙『テレグラフ』が報じている。

    10日に行われた、マンチェスター・Uとマンチェスター・Cによる“マンチェスター・ダービー”では、試合後にトラブルが発生。2-1で勝利したマンチェスター・Cの選手たちが控室で勝利を過度に喜んでいたとして、ジョゼ・モウリーニョ監督らとの間で乱闘騒ぎが起こったと報じられている。

    イングランドサッカー協会(FA)が調査に乗り出す中、1995年から約1年半にわたって名古屋グランパスを率いたヴェンゲル監督は、在任中に観戦して感銘を受けたという大相撲の文化を引き合いに出し、イングランドのサッカー界も大相撲のように勝者が敗者に対してリスペクトを見せるべきだと主張している。

    ヴェンゲル監督は、「ビッグゲームに負けた時、全力で喜ぶ相手の姿を見るのは受け入れ難いものだ。それはいつだって攻撃的なものだからね」とコメント。敗者の立場について言及すると、「私が日本にいた時、あそこには大相撲があった。大相撲では絶対に勝ったことを自慢したりしない。相手へのリスペクトを示すために、勝った力士は自身の喜びを隠すんだ」と大相撲を例にとって、勝者であっても相手を尊重する気持ちの重要性を説いた。

    ヴェンゲル監督はその後も、大相撲の文化について力説。「どんな文化からも学ぶことはある。彼ら(力士)はスーパースターだ。その中でも最も強い人を“横綱”と言うが、本当に興味深いのは、その地位まで昇進するためには最終的に委員会に行く必要があるんだ。一番上の立場になるには、倫理的な評価も必要なんだよ。もし素行が悪かったら、優勝したとしても、横綱にはなれない」と、人格面も重視されることを強調した。

    さらに、「大相撲は1600年代から姿を変えずに続いている数少ないスポーツの1つだ。力士の衣装も行事の衣装も変わらない。我々の審判にもあの格好で裁いてほしいね」と興味深いコメントを残した。

    (記事/Footmedia)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00683837-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Glide Across The Line ★:2017/11/23(木) 20:40:25.09 ID:CAP_USER9.net
    アーセナル・ベンゲル監督、後継者フェイエ監督指名
    11/23(木) 20:01配信
    日刊スポーツ
    2017-11-23_22h44_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00060169-nksports-socc

    アーセナル・ベンゲル監督、後継者フェイエ監督指名

    アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(68)は自身の後任者にフェイエノールトのジョバンニ・ファンブロンクホルスト監督(42)を指名したいと考えていると、23日に電子版スター紙が報じた。

    ベンゲル監督の現在の契約は来季終了までだ。契約をまっとうしてクラブを去った場合、約23年間在籍したことになる。同監督は後任者として、ファンブロンクホルスト監督を筆頭にボーンマスのエディ・ハウ監督の名前を挙げているという。

    ファンブロンクホルスト監督は現役時代の2年間アーセナルに在籍し、ベンゲル監督から指導を受けていた。2002年にリーグ優勝、そして翌年にはFA杯優勝を果たした。また同監督は15年3月からフェイエノールトを率いており、初めて過ごしたフルシーズンでKNVB杯優勝に導いた。また翌シーズンには18年ぶりにクラブをリーグ優勝に導いた。
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/18(土) 23:42:45.88 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    アーセナル 2-0 トッテナム

    【得点者】
    1-0 36分 シュコドラン・ムスタフィ(アーセナル)
    2-0 40分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11042926

    プレミアリーグ第12節が18日に行われ、アーセナルとトッテナムが対戦した。

    36分、アレクシス・サンチェスが倒されてセットプレーのチャンスを獲得すると、メスト・エジルのFKをシュコドラン・ムスタフィが頭で合わせ、ホームのアーセナルが先制する。続く40分にはエクトル・ベジェリンのスルーパスにアレクサンドル・ラカゼットが反応。折り返しを最後はサンチェスが決めて追加点を挙げた。前半はアーセナルの2点リードで折り返す。

    後半はスコアが動かず、試合は2-0で終了。アーセナルが2試合ぶりに勝ち点3を獲得した。なお、アーセナルのリーグ戦におけるノース・ロンドン・ダービー勝利は、2013-14シーズン以来4シーズンぶりとなる。

    次節、アーセナルはアウェイでバーンリーと、トッテナムはホームでウェスト・ブロムウィッチと対戦する。
    2017-11-19_08h09_27
    SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00670490-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ