海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > アーセナル

    1:pathos ★@\(^o^)/:2016/12/27(火) 23:29:31.33 ID:CAP_USER9.net
    18日に行われたプレミアリーグ第17節のマンチェスター・C戦の開始前、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが交わした会話の内容が話題になっているようだ。25日付のイギリス紙『サン』が報じている。

    マンチェスター・Cの選手たちは、14日に行われたプレミアリーグ第16節のワトフォード戦でじん帯を負傷したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンにエールを贈るため、入場の際に同選手のユニフォームを着用した。すると、ピッチに向かう通路で整列していたマンチェスター・Cのチリ代表GKクラウディオ・ブラボのところへサンチェスがやって来て、以下のようなやり取りを交わしたという。

    ・サンチェス「何かあったの?これ、誰?」
    ・ブラボ「彼はひざを怪我してしまったんだ」
    ・サンチェス「8番って誰なの?」
    ・ブラボ「ギュンドアンだよ」
    ・サンチェス「ユースの選手?」
    ・ブラボ「違うよ。彼はドイツ代表でもプレーしている選手だよ」
    ・サンチェス「はは、俺は何も知らないんだなあ」

    なんと、サンチェスはギュンドアンのことを全く知らなかった模様。ギュンドアンは今夏の移籍市場でドルトムントからマンチェスター・Cに加入したばかりとはいえ、サンチェスの無知ぶりに地元ファンは驚きを隠せなかったようだ。

    ちなみに、2014年11月27日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでアーセナルとドルトムントが対戦した際、両者はともに先発フル出場を果たしており、同じピッチ上で顔を合わせている。

    (記事/Footmedia)

    2016-12-28_00h44_37
    ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161227/sck/00m/050/016000c#csidxb6f78e59afda473ab798be87a66719a
    続きを読む

    【マンチェスター・シティ 2-1 アーセナル プレミアリーグ第17節】

    現地時間18日にプレミアリーグ第17節の試合が行われ、アーセナルはアウェイでマンチェスター・シティと対戦。アーセナルは、セオ・ウォルコットのゴールで先制するも逆転され、シティに1-2で敗戦を喫した。

    前節のエバートン戦でリーグ戦15試合ぶりの敗戦を喫した3位のアーセナル。一方今節は、1ポイント差で4位につけるマンチェスター・シティとの上位対決となった。

    アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、前節のスタメンからオックスレイド=チェンバレンのみをイウォビに代えてこの試合に挑んだ。

     一方、シティの指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督は、ギュンドアンが膝の十字靭帯の負傷したことを受けて4-2-3-1の布陣から4-5-1の布陣へ変更。中盤には右からサネ、トゥーレ、フェルナンド、シルバ、スターリングが並び、ワントップにデ・ブライネを置いた。

    開始して5分、サンチェスの縦パスに抜け出したウォルコットが冷静に右足でゴールに流し込み、開始早々アーセナルが先制に成功する。一方その2分後には、シティも反撃に出る。左サイドからのクロスにスターリングが頭から飛び込んだが、シュートは僅かに枠を逸れた。

    1点のビハインドを負って前半を折り返したシティだが、後半の立ち上がりに試合を振り出しに戻すことに成功する。47分にシルバの後方からの浮き球の縦パスに抜け出したサネがエリア内から左足で押し込んで同点に追いついた。

    すると65分、ヴェンゲル監督は最初のカードを切る。イウォビに代えてオックスレイド=チェンバレンを投入した。

    そして迎えた71分、シティが右サイドに展開すると、ボールを受けたスターリングがエリア内に切り込みながら左足を振りぬき、逆転に成功。結局これが決勝点となり、アーセナルは1-2でシティに敗れた。この結果、2試合連続で逆転負けを喫したアーセナルはシティに順位で追い抜かれ、4位に順位を落としている。

    【得点者】
    5分 0-1 T・ウォルコット(アーセナル)
    47分 1-1 L・サネ(マンチェスター・シティ)
    71分 2-1 R・スターリング(マンチェスター・シティ)
    20161219_arsenal_getty
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161219-00010002-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 16:42:31.57 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーがアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得を狙っていると、イギリス紙『サン』が8日付で報じている。

    同紙によると、アーセナルとの契約延長交渉が難航していると報じられる同選手にチェルシーが狙いを定めた模様。スペイン代表FWジエゴ・コスタの相棒として迎え入れたいようだ。両選手ともに今シーズンのリーグ戦で11ゴールを挙げ、得点ランキングのトップに立っている。移籍が実現すればリーグでも屈指の強力なホットラインになるのは間違いない。

    多くのビッグクラブがその去就に注目しているサンチェス。ともにロンドンを拠点とし、プレミアリーグの覇権を争うライバルチーム間での移籍は果たして成立するのだろうか。
    2016-12-08_18h51_24
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00524898-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 16:44:19.77 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(27)に、中国“爆買い”の手が伸びていることが判明した。1日付の英紙サンによると、中国1部のあるチームが、サンチェス獲得へ破格のオファーを提示しているという。

    同紙よれば、チーム名はトップシークレットでまだ明かされていないというが、サラリーは週給41万9000ユーロ(約5069万円)と破格という。単純計算で月収は2億円で、年俸なら約20億円。

    サンチェスのアーセナルでの週給は13万ユーロ(約1573万円)とされており、中国はその約4倍の年俸を提示しているということになる。

    サンチェスは08年夏に入団したイタリアのウディネーゼで頭角を現し、その後バルセロナを経て14年にアーセナル入り。持ち前のスピードと勝負強さでエースの座に上り詰め、15年9月26日のレスター戦ではハットトリックを達成、欧州4大リーグの3つのリーグで1試合3ゴールを達成した史上初の選手にもなった。

    中国は将来のW杯招致を目指す中で、国家をあげてサッカーに力を入れており、1部リーグの金満クラブがここ数年、豊富な資金力を生かしてビッグネームを次々に獲得。

    今季も上海上港がロシア1部・ゼニトからかつて川崎FやJ2・東京Vでもプレーしたブラジル代表FWフッキ(30)を、山東魯能がサウサンプトンからイタリア代表FWグラツィア-ノ・ペッレ(31)を多額の移籍金と年俸を提示して獲得、大きな話題となった。

    英紙デーリー・メールが先日発表した「世界のサッカー選手の年俸ランキング」によると、フッキが1664万ポンド(約23億円)で4位、ペッレが(約19億6000万円)で6位、7位が河北華夏幸福のアルゼンチン代表FWのエセキエル・ラベッシ(31)で1350万ポンド(約18億6000万円)。

    実にトップ10の中に中国でプレーする4選手がランクインしている。サンチェスが中国に移籍すれば、それに匹敵する年俸を稼ぐことになる。

    スポニチアネックス 12/1(木) 16:38配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000166-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/25(日) 05:21:06.26 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    アーセナル 3-0 チェルシー

    【得点者】
    1-0 11分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
    2-0 14分 セオ・ウォルコット(アーセナル)
    3-0 40分 メスト・エジル(アーセナル)

    http://www.beinsports.com/en/livescores/match-center/2016/8/855223

    プレミアリーグ第6節が24日に行われ、アーセナルとチェルシーが対戦した。

    同じロンドンを本拠地とするアーセナルとチェルシー。 ともに開幕から3勝1分1敗で“ビッグロンドン・ダービー”を迎えた。近年、このダービーマッチを苦手としているアーセナル。昨シーズンのコミュニティ・シールドで勝利したものの、リーグ戦では2011年10月を最後に勝てていない。さらにリーグ戦で最後にチェルシーからゴールを奪ったのも2013年1月のこと。リーグ戦7試合ぶりのゴールと、5年ぶりの白星を挙げて、不名誉な記録をストップさせたいところ。

    一方、20日に行われたフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦で延長戦突入の激闘を制したチェルシー。中3日で臨むリーグ戦は、直近2試合で引き分け、敗戦と調子を落としており、得意のダービーマッチで3試合ぶりの勝利を狙う。

    試合は開始11分、アーセナルに“3年8カ月ぶり”のゴールが生まれる。アレクシス・サンチェスが相手DFガリー・ケーヒルのバックパスミスを奪い、ペナルティエリア内に進入。相手GKティボー・クルトワとの1対1で落ち着いて、ループシュートを沈めた。

    先制で勢いづいたアーセナルは14分、アレックス・イウォビのパスを、エリア内右のエクトル・ベジェリンがダイレクトで折り返す。ゴール前でフリーとなっていたセオ・ウォルコットが右足で流し込んで、追加点を挙げた。

    2点リードを得たアーセナルだが、アクシデント発生。フランシス・コクランが負傷し、32分にグラニト・ジャカとの交代を強いられた。

    40分、アーセナルがカウンターから追加点を奪う。サンチェスが、メスト・エジルのスルーパスでエリア内右に抜け出し、逆サイドにクロス。そのまま走り上がったエジルが、フリーで左足ボレーシュートをゴール右隅に叩き込んだ。前半はアーセナルの3点リードで折り返す。

    後半はチェルシーが主導権を握ったものの、なかなか決定的なチャンスを作れない。55分、セスク・ファブレガスを下げてマルコス・アロンソを投入した。アーセナルは69分にイウォビに代えてキーラン・ギブスを入れる。チェルシーも71分にウィリアンとエデン・アザールを下げて、ペドロとミシー・バチュアイを送り出した。

    アーセナルは77分、EFLカップで強烈なミドルシュートを決めたジャカが、サポーターに促されるようにエリア前で左足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられない。79分にはサンチェスをオリヴィエ・ジルーに代えた。

    チェルシーは84分、ダヴィド・ルイスが自陣から絶妙なスルーパスを通す。これでエリア内に抜け出したバチュアイが右足シュートを放つが、GKペトル・チェフに阻まれた。

    試合はこのままタイムアップ。アーセナルが3-0でチェルシーに快勝し、リーグ戦では5年ぶりに“ビッグロンドン・ダービー”を制した。

    アーセナルは28日にホームで行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でバーゼルと対戦。リーグ戦次節は、10月2日にバーンリーとのアウェーゲームに臨む。一方のチェルシーは次節、10月1日にアウェーでハルと対戦する。
    2016-09-25_08h13_05
    SOCCER KING 9月25日(日)3時39分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00496866-soccerk-socc

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/12(金) 20:13:37.14 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルが、古巣であるレアル・マドリードへの復帰を希望している模様だ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に報じている。

    報道によると、エジルは2018年6月30日までアーセナルとの契約を残しているものの、同クラブとの契約を延長する前に他の選択肢を検討することを望んでいる模様。同選手が視野に入れているのは、2012-13シーズンまで所属したレアル・マドリードへの復帰だ。同メディアは、エジルがサンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリードの本拠地)へ帰還する可能性を探っていると報じた。

    またドイツ紙『ビルト』によれば、エジルはレアル・マドリードで“やり残したこと”があると考えている模様。具体的な時期については言及されていないが、今後の選択肢としてレアル・マドリードへ復帰する可能性を考慮しているようだ。

    エジルは1988年生まれの27歳。2010年8月にブレーメンからレアル・マドリードへ移籍し、3シーズンに渡ってプレーした。加入2年目からは背番号「10」を着用し、在籍中にリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を各1回制している。2013年9月にアーセナルへ移籍。昨シーズンはプレミアリーグで35試合出場6ゴールを記録した。
    2016-08-12_21h24_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00479061-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/12(金) 14:08:47.23 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルMFジャック・ウィルシャーは、下位相手に取りこぼしをしなければ、今季のプレミアリーグで優勝できると述べている。

    昨季、レスター・シティに続く2位でリーグを終えたアーセナルが、悲願のタイトルを獲得するためには何が必要なのか。ウィルシャーはクラブ公式チャンネルで次のような見解を示した。

    「僕らが改善すべき小さなことがいくつかある。昨季を振り返り、僕が大きかったと思うのは、おそらくは勝つと思われていた試合で勝ち点を落としたことだ」

    「僕らはそういうところにもっと集中しなければいけない。すべての試合に真剣に臨まなければならないんだ。昨季もホームでレスターを倒してから、僕らは少し落ちてしまった。今季はそういうことがあってはいけない。そしてそれをしなければ、僕らはチャンピオンになれる」

    アーセナルはプレミアリーグ開幕戦でリヴァプールと対戦する。ウィルシャーは、チームが初戦に向けて準備を整えていると述べた。

    「(開幕が)待ち遠しいね。ビッグマッチだということは分かっている。リヴァプールは昨季かなり良くなったし、今季も良くなる一方だ。だから、僕らは日曜の彼らとの試合に向けてしっかり準備を整えておかなければいけない」

    「プレシーズンのすべての試合で僕らは良くなっていったと思う。マンチェスター・シティとの試合でもかなり強くなっていたし、フィットしていた。だから、開幕に向けて準備はできている」
    2016-08-12_14h43_52
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000011-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/09(火) 18:34:11.58 ID:CAP_USER9.net
    レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ獲得失敗に終わったアーセナルは、ターゲットを変更してレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得に本腰を入れるようだ。英紙『テレグラフ』が報じた。

    アーセナルはレスターと契約更新を拒否したと噂になっていたマフレズ獲得が間近であると報じられていたが、マフレズはアーセナルからのオファーを拒否したことで最終的にレスターに残留することが決定的となった。

    そこでアーセナルはJ・ロドリゲス獲得に動くと同紙は伝えている。マドリーで背番号10を背負うJ・ロドリゲス本人はクラブに残留することを宣言しており、ジネディーヌ・ジダン監督も残留を希望している。

    しかし、マドリーの中盤はレンタルから戻ってジダン監督の信頼を勝ち取ったMFマルコ・アセンシオが残留して中盤の戦力が厚くなったことことから、アーセナルはJ・ロドリゲスに注目したという。

    アーセナルはマフレズに加えてレスターのジェイミー・ヴァーディー、リヨンのアレクサンドル・ラカゼットの獲得にも失敗している。

    また、ここまでの移籍市場でアーセナルが獲得したのはスイス代表FWグラニト・ジャカ(ボルシアMG)、イングランド人DFロブ・ホールディング(ボルトン)、リオ五輪に参加しているU-23日本代表FW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)の3選手のみとなっている。
    20160809_james_getty-560x373
    http://www.footballchannel.jp/2016/08/09/post168501/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/26(火) 20:13:34.54 ID:CAP_USER9.net
    ▽リヨンは26日、同クラブに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(25)の去就に関するコメントを発表した。

    ▽今夏の去就が取りざたされるラカゼットに関しては、アーセナルのほかにもバルセロナ移籍などの噂が出ていた。リヨンは、ラカゼットに対してアーセナルから4800万ユーロ(約55億2000万円)のオファーが届いたという一部メディアの報道を否定。そのうえで、3500万ユーロ(約40億2000万円)のオファーが届いたものの、これを拒否したと明かした。

    ▽リヨンは、一昨シーズンのリーグ・アン得点王であるラカゼットがチームの中心選手であるため、残留させる見込みであると強調している。

    ▽一方のアーセナルは今夏、レスター・シティのFWジェイミー・ヴァーディの獲得に失敗。さらに、ナポリのFWゴンサロ・イグアインもユベントス移籍が濃厚となるなど、大物アタッカーを狙うも、ことごとく失敗している。」

    2016.07.26 19:57 Tue
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=246810
    アレクサンドル・ラカゼット
    pcimage
    http://web.ultra-soccer.jp/news/pcimage?image_id=8357
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/15(金) 10:07:37.93 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに大打撃だ。絶対的エースを負傷で欠いた状態で新シーズン開幕を迎えるかもしれない。13日、英紙『デイリー・メール』が報じている。

    コパ・アメリカ二連覇を達成したチリ代表FWアレクシス・サンチェスは決勝に先発出場を果たしたものの、負傷で延長104分に負傷で交代を余儀なくされた。同選手の状況は予想以上に深刻なようで、開幕までに回復しない見込みのようだ。

    アーセナルに大打撃。負傷で絶対的エース不在で開幕を迎える?

    今夏アーセナルはユベントスからレアル・マドリーに復帰したアルバロ・モラタの獲得を画策していた。しかし、マドリーが同選手の残留を決断したことで、ゴンサロ・イグアインへの目標変更を強いられている。

    サンチェスは昨季公式戦41試合に出場し17ゴール11アシストとアーセナルの攻撃陣を牽引した。前線の補強が停滞している同クラブにとって、大エースの負傷離脱は痛恨だ。クラブが代役確保に成功できるのか注目が集まりそうだ。
    20160131_Sanchez_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160715-00010004-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ