海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 川島永嗣

    1:Egg ★:2018/07/26(木) 22:58:21.91 ID:CAP_USER9.net
    文・インタビュー:ジョヴァンニ・バッティスタ・オリヴェーロ
    翻訳:小川光生

    「GKのミスというのは元来目立つもの」(マルケジャーニ)

    写真



    カワシマのロシアでのプレーを分析するのに、私は2人の友人に助けを求めた。

    いずれも、世界で最も難儀な職業のひとつである代表GKの役を、「GK大国イタリア」という看板を背負いながら担ってきた人物たちである。

    一人目は、ルカ・マルケジャーニ。セリエAではラツィオ、キエーヴォなどでプレー。代表では、主にジャンルカ・パリュウカのサブとして、1992年から96年まで通算9試合に出場している。現在は、テレビ解説者として独特な視点からの分析が視聴者に好評だ。

    そのマルケジャーニが言う。
    「今回のW杯においてカワシマが見せた技術的なミスは、2つのみだと思う。一つ目は、コロンビア戦、フアン・キンテーロのグランダーのFKをゴールにしてしまったこと。二つ目は、セネガル戦の中途半端なパンチングによる失点だ」

    「まず、コロンビア戦のケースから解説していきたいと思う。シュートは壁の下を通っている。弾道が見えにくくなっていたことには同情するが、キンテーロがシュートを打った瞬間、そのことも予想しながらもう少し早く始動するべきだった。また、その後の動きももう少し迅速にできたのではないかと思う。確かに不運な面もあったが、代表GKならやはり止めてほしいゴールではあった」

    「次にセネガル戦での失点だが、キャッチにいくかパンチングにいくか。それはGKそれぞれの考え方だ。ただ、いずれにしろカワシマはもう少しアグレッシブにボールに向かっていくべきだった。GKはエリアの中では守られている存在だ。たとえ、寄せてきていたサディオ・マネとの接触があったとしても、レフェリーは敵のファウルをとる可能性が高い。私なら、マネの動きが目に入っていたとしても、もっとずる賢くブロックを作るような形でキャッチ、あるいはパンチングにいく。それで衝突しても歩があるのはGKのほうだ」

    「GKのミスというのは元来目立つものだが、今大会のカワシマには好セーブも何本もあった。セネガル戦の38分のセーブ、あるいはベルギー戦で再三見せた好守備。彼が防いだ失点は決して少なくなかった」

    つづく

    7/25(水) 18:06配信サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00798574-soccerk-socc&p=1

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/24(火) 09:16:46.69 ID:CAP_USER9.net
    日本代表GK川島永嗣はリーグ・アンに残留する可能性があるようだ。フランス誌『フランス・フットボール』が報じている。

    川島は昨シーズンまでメスでプレー。しかし、チームは最下位での2部降格が決まり、契約も昨季いっぱいだったため、35歳の川島の去就は不透明となっていた。リーグ・ドゥ降格が決まっても残留を希望する旨のコメントを残していた川島だが、1部クラブから興味を示されているようだ。

    それが昨季11位のディジョンと、辛くも残留を勝ち取った18位のトゥールーズ。ともにフランスでは中堅以下のクラブで、経験ある日本代表GKを求めているという。さらには、日本代表DF酒井宏樹もプレーするマルセイユが、第2GKで同じく35歳のヨアン・プレに退団の可能性があるため、熱視線を送っているという。

    新天地がいまだ決まらない日本の守護神。新シーズンもフランスでプレーすることになるのか、注目が集まるところだ

    7/24(火) 7:24配信
    2018-07-24_10h33_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000040-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/20(金) 21:29:12.02 ID:CAP_USER9.net
    GK川島「日本という選択肢も」
    仏1部契約満了、新天地について
    2018/7/20 20:58
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/393006885396005985

    さいたま市役所でファンと記念撮影に納まる川島永嗣=20日



    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表GKで、昨季フランス1部リーグだったメッスとの契約が満了した川島永嗣が20日、新天地について「ヨーロッパというくくりではなく、世界で考えたい。日本という選択肢も考えている」と言及した。

    この日、さいたま市のスポーツ特別功労賞の授賞式で同市役所を訪れた35歳の守護神は「残りのキャリアの中で新しいことをやりたい」と挑戦へ意欲を示した。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/16(月) 22:21:54.70 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表GKの川島永嗣(35)が16日、TBS系「緊急総選挙!西野Jも生登場!日本人が選んだ歴代カッコいいサッカー選手ランキング」に生出演し、MF本田圭佑(32)との関係について語った。

    一部では確執が伝えられることもあった本田との関係を「圭佑とはぶつかりあっても本音で話すような仲間なので。サッカーのこともそうですし、いろんなことを話します」と表現した。会話の中身は「あいつはビジネスの話しをしたりとかもするし。それこそ家族の話とかも」とサッカー以外のことも話題にしていたという。

    昔、代表の練習中にケンカをした時のことも明かし、「そんなんいいからやりゃあいいだろう」(川島)、「ここではっきりしなきゃ意味ねえだろ」(本田)と激しくやり合うこともあったと振り返った。

    ただ、「終わったら残らないですから」と後腐れのないものだと付け加えていた。

    7/16(月) 22:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000162-dal-socc

    写真


    続きを読む

    a17a1fb34c5d528ac8e06eb2bb1f47ca

    1:風吹けば名無し:2018/07/04(水) 21:40:38.27 ID:Ux3hRy5Kp.net
    回転寿司屋の偉そうなチーフ
    2:風吹けば名無し:2018/07/04(水) 21:41:12.35 ID:tcg/qNWZ0.net
    あいつすげー頭いいんだぞ
    4:風吹けば名無し:2018/07/04(水) 21:41:48.91 ID:bWLEUBHq0.net
    不動産営業でオラついてそう
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/03(土) 06:48:13.31 ID:CAP_USER9.net
    【マルセイユ 6-3 メス リーグアン第24節】

    現地時間2日に行われたリーグアン第24節のマルセイユ対メスは、6-3でホームのマルセイユが勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹とメスのGK川島永嗣がともにフル出場し、日本人対決が実現している。

    最下位ながら最近調子を上げているメスだが、3位につけるマルセイユは強敵だった。

    開始6分、マルセイユはサンソンがペナルティエリアに侵入すると、ゴール前で転倒。これが飛び出してきた川島に対するブロックのような形となり、すぐに立ち上がったサンソンはそのままゴールネットを揺らした。

    マルセイユはその3分後にトバンのゴールでリードを広げると、その後はメスが持ち直していく。しかし、点差を詰めることはできない。

    すると前半終了間際にトバンが3点目を奪い、メスの良い流れを断ちきってハーフタイムに入った。

    後半に入ると、リードはさらに広がる。49分にトバンのクロスからジェルマンが決めて4点差になると、56分にはトバンがハットトリック達成。メスの守備は崩壊し、川島は厳しい仕事を強いられる。

    73分にメスが1点を返すも、75分にはマルセイユがミトログルのゴールで再び差を5点に。終盤はマルセイユの守備に緩みが生じて、メスが2点を返したものの、結果に影響はなし。6-3でマルセイユが勝利を収めた。

    【得点者】
    6分 1-0 サンソン(マルセイユ)
    9分 2-0 トバン(マルセイユ)
    45分 3-0 トバン(マルセイユ)
    49分 4-0 ジェルマン(マルセイユ)
    56分 5-0 トバン(マルセイユ)
    73分 5-1 モレ(メス)
    75分 6-1 ミトログル(マルセイユ)
    84分 6-2 モレ(メス)
    90分 6-3 ニアネ(メス)

    2/3(土) 6:37配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180203-00254384-footballc-socc


    酒井宏樹をマルセイユ指揮官が賛辞「みんな彼のことが好きさ…私が一番大好きだけどね」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000007-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/28(日) 13:32:14.18 ID:CAP_USER9.net
    リーグアン第23節、メスはホームでニースと対戦した。

    後半12分にはPKの大ピンチが到来。GK川島永嗣が、マリオ・バロテッリと対峙すると…。

    コースを読み切ってセーブ!だが、こぼれ球を押し込まれ、無念の失点…。

    ただ、記録上はPK阻止となるようだ。Optaによれば、「川島はここ10年間以上のリーグアンにおいて最初のPK3本を阻止した初のGKになった」とのこと。

    川島は昨年5月のトゥールーズ戦、10月のサンテティエンヌ戦でもPKを阻止している。リーグアン加入後にPKを3本連続してストップしたのは、この10年で彼しかいないということのようだ。

    一方、PK職人として知られるバロテッリは、2016年10月以降一度も失敗がなかったようなのだが…。

    そんな試合は最下位メスが2-1で勝利する大金星!ニースは前半に退場者を出したことも響いた。
    f7e3f_1419_b2ee8c37119b9a15da1dfd9aa5f51a02
    2018年1月28日 8時
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14220496/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/22(月) 06:51:29.43 ID:CAP_USER9.net
    [1.21 リーグ1第22節 モナコ3-1メス]

    リーグ1は21日に第22節を行い、日本代表GK川島永嗣所属のメスは敵地でモナコと対戦し、1ー3で敗れた。リーグ戦8試合連続で先発した川島だが、後半5分のファウルにより一発退場となっている。

    リーグ戦3勝1分と好調なメスは昨季王者・モナコに挑んだが、試合序盤から苦戦を強いられる。前半12分、MFマシュー・ドセビィが負傷によりFWイブラヒマ・ニアンと交代に。すると同アディショナルタイム1分過ぎにメスが先制される。リーグ戦16得点を決めているモナコのエースFWラダメル・ファルカオに最終ラインの突破を許すと、1対1からのシュートは川島が阻むも、こぼれ球をDFジョルジに決められた。

    0-1で追いかけるメスだが、後半5分に更なる危機を迎える。後方からのスルーパスに反応したモナコのFWアダマ・ディアカビが最終ラインの裏を抜け出すと、危機を察知した川島はPA外に飛び出してスライディング。しかしそのスライディングでディアカビを倒したとして、川島は一発レッドの退場となってしまった。

    モナコは後半22分、MFラシド・ゲザルがPA右でパスを受けて左足シュートを放ち、ゴール左隅に2点目を決める。すると同27分にはメスが反撃。右CKをニアンがニアサイドから頭で合わせて1点を返し、1-2とする。しかしモナコは同36分にダメ押しの3点目。DFファビーニョがPA左を個人技で突破して折り返し、中央のMFマルコス・ロペスが押し込んで3-1とした。

    1-3で試合終了となり、メスはリーグ戦6試合ぶりの黒星。安定的に出場していた川島がレッドカードにより次節出場停止で、GKトマ・ディディヨンを怪我で欠いているメスは主力のGK2人を欠く苦しい状況となった。

    1/22(月) 6:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-01649779-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/18(木) 06:47:06.59 ID:CAP_USER9.net
    [1.17 リーグ1第21節 メス3-0サンテティエンヌ]
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11044539

    リーグ1は17日に第21節を行い、日本代表GK川島永嗣所属のメスはホームでサンテティエンヌと対戦し、3ー0で勝利。川島は公式戦5試合連続で出場している。

    ともに正GKを争うGKトマ・ディディヨンは12月12日のクープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグ杯)・アンジェ戦(0-1)で持病の椎間板ヘルニアが悪化。1月12日には手術を受けて離脱している中で、その間にゴールを守る川島は公式戦4試合負けなし(3勝1分)とチームの勝利に貢献した。一方で攻撃陣の爆発も好調の原動力に。第17節までで計7得点だった得点力はFWエマヌエル・リビエールやFWノラン・ルーの復調により改善。第18節からの3試合で計7得点を稼いでいる。

    メスは前半12分、相手のバックパスに反応したMFダニイェル・ミリチェビッチがPA内で相手GKに倒されてPKを獲得。リビエールが冷静にゴール左に流し込んで先制に成功する。4分後の16分には相手のパスを読んだルーがボールカットし、ドリブル突破。PA手前で右横にパスを出すと、MFマシュー・ドセビィがPA右に進入して右足シュートで2点目を決めた。

    前半終了間際にはメスが大ピンチを迎える。前半44分、サンテティエンヌのFWロベルト・ベリッチが後方のロングフィードからメスの最終ラインを突破。ゴールに照準を合わせて素早くシュートを放つが、川島は前目に飛び出してスーパーセーブでゴールを守る。直後にボールを拾ったサンテティエンヌはMFロマン・アムマがPA右の至近距離からシュートを放つが、川島は低い弾道を体で防ぎ、連続ビッグセーブでチームを救った。

    前半を2-0で折り返したメスは後半33分、左サイドのMFジュリアン・パルミリの左足クロスをファーサイドのミリチェビッチが頭で折り返し、ルーが頭で押し込んでダメ押しの3点目。シュート20本で攻勢を保ち続けたメスが3-0の完封勝利で勝ち点3を獲得した。いまだ最下位に位置しているものの、残留圏内の17位・アミアンとの勝ち点差は「6」と着実に縮まっている。

    1/18(木) 5:49配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-01649601-gekisaka-socc

    写真


    GK川島永嗣がスーパーセーブ連発! 先発定着以降…5戦無敗。FCメスの勝利に貢献
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00251737-footballc-socc
    続きを読む

    2017-12-26_07h38_46

    1:カイキニッショク :2017/12/26(火) 01:13:54.58 ID:CAP_USER9.net
    日本代表GK川島永嗣、25歳イケメンMFとの2ショット公開 「お茶」した人物とは?

    12/25(月) 11:20配信

    Football ZONE web

    フランス・リーグアンのメスに所属する日本代表GK川島永嗣が、自身のインスタグラムに一枚の写真を投稿。ともに海外でプレーするヘタフェの日本代表MF柴崎岳との2ショットを公開した。

    柴崎は2016年末のFIFAクラブワールドカップで、欧州王者レアル・マドリード相手に衝撃の2ゴールを挙げる活躍で、翌年1月にスペイン2部のテネリフェに移籍。今季はヘタフェの一員として念願のリーガ・エスパニョーラに舞台を移し、バルセロナ戦では鮮やかなボレーシュートを決めた。同試合で左足を負傷し、中足骨の亀裂骨折で手術を受けたが、12月のリーグ第15節エイバル戦で約3カ月ぶりに戦列復帰を果たしている。

    互いに年内の試合を終え、ウィンターブレイクを迎えたなか、川島がインスタグラムで2ショットを公開。写真ではオシャレなレストランと思われる場所でカジュアルな服装の二人が並び、笑顔を見せて収まっている。川島は画像の投稿とともに「がくとお茶」と短く一言を添えている。ハッシュタグには「#madrid」と記されており、フランスからスペインの首都マドリードまで足を運んだようだ。

    現在34歳の川島と25歳の柴崎は、ともに海外でプレーし、日本代表でもロシア・ワールドカップ出場の喜びを一緒に分かち合った。柴崎の貴重なオフショットということもあり、返信欄には感謝のコメントなどが寄せられ、注目を集めている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20171225-00010005-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ