海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 川島永嗣

    1: Egg ★ 2019/10/07(月) 10:19:13.31
    日本代表GK川島永嗣(36=ストラスブール)が、開催中のラグビーW杯の盛り上がりに刺激を受けた。

    7日、22年W杯カタール大会アジア2次予選モンゴル戦(10日、埼玉)とタジキスタン戦(15日、ドゥシャンベ)に向けた日本代表合宿合流のため、羽田空港に帰国。ラグビー日本代表の快進撃に「ラグビーとかサッカーとかっていう境目はないと思いますし、同じスポーツで日本が盛り上がれば良いと思いますし、日本全体がスポーツを通してひとつになっていければいいのかなと思います」と、同じ“日本代表”としてスポーツ界を盛り立てていくことを誓った。

    9月は激しいスコールの降るミャンマーで初戦を勝ちきったが、10月はタジキスタンという未知の環境で試合に挑む。「環境の悪い中で、もっともっと自分たちは高いものを目指していきたいと思っています。1つ1つのパスの質、プレーの質をもっと、難しい試合を通して上げていきたいと思います」と、予選を通しての成長を目標に掲げた。

    10/7(月) 9:42配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-10070160-nksports-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/09/24(火) 20:56:02.94
    ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣がファッションブランド「H&M」の日本市場キャンペーンアンバサダーに就任した。

    同社は9月26日から、秋の必須アイテムを揃えたメンズキャンペーンを展開。グローバルキャンペーンのアンバサダーにはユヴェントスに所属するエムレ・ジャンが起用されている他、NFLのクリーブランド・ブラウンズに所属するジャービス・ランドリーが登場する。

    川島は今回のキャンペーンに合わせ、関東近郊の様々な場所でモデルとして撮影しており、「オフの時間を切り取ったような、そんなリラックスしたムードのキャンペーン・ビジュアルが完成しました」と同社も説明している。
    2019-09-24_21h41_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00982802-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/16(月) 12:27:48.04
    no title
    9月の代表活動からフランスに戻ったなか、オフに料理をする姿をブログとSNSでアップ


    no title

    フランス1部ストラスブールの日本代表GK川島永嗣が、自身の公式インスタグラムを更新。ワールドカップ(W杯)予選に臨んだ日本代表活動から戻ったなか、オフの“クッキングタイム”の模様をアップし、「料理男子」「素敵すぎますよ」と反響を呼んでいる。

    【写真】料理男子に変身!? ストラスブールGK川島、包丁片手に“日曜クッキング”姿

    森保一監督率いる日本代表は、5日に日本で国際親善試合パラグアイ戦(2-0)を行い、10日にカタールW杯アジア2次予選初戦でミャンマーと敵地で対戦。MF中島翔哉(ポルト)とMF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2-0と勝利した。

    9月の2試合はGK権田修一(ポルティモネンセ)がゴールマウスを守ったため、川島に出番は回って来なかったが、最年長(36歳)としてメンタル面でチームを支えた。

    再びストラスブールに戻り、フランスでの戦いに身を投じたなか、自身の公式ブログを更新。ミャンマーでの厳しい環境下での練習を振り返りつつ、「W杯への険しい道、この2次予選は特にアウェイでの環境は毎試合過酷な条件になると思う。でも、そんな水浸しなグラウンドでサッカーをする子供達をバスから眺めながら、そしてまだ顔に泥のついているのを感じながら、サッカーの奥深さを感じた」と綴った。

    「また厳しい戦いがフランスで待っている。毎日が戦い、そして自分との戦いでもある」

    そう気を引き締めつつ、アップしたのは「オフの料理タイム」の写真だった。笑顔の川島が慣れた手つきで包丁を捌いているが、「Sunday cooking」とひと言添え、同じショットを投稿した公式インスタグラムには、「料理男子」「料理人」「素敵すぎますよ」といった声がファンからあがり、元日本代表MF稲本潤一(SC相模原)も「いいね!」で反応していた。

    今季はまだストラスブールのトップチームで公式戦出場がない川島だが、ここからポジション争いのギアを上げていく。

    9/16(月) 11:50 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00217916-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/29(月) 19:13:40.22
    ストラスブールとの新たな2年契約を結び、新シーズンに向けて始動した川島永嗣。けれども、前回も指摘したように、昨季までのGKの序列を変えるのは簡単なことではない。仮に今季も出場機会を得られなければ、6月のコパアメリカで奪い返した日本代表の座も失いかねないのだ。

    権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)やシュミット・ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)ら後輩たちが続々と海外挑戦に踏み切り、19歳の大迫敬介(広島)のような若いタレントも育ちつつある今、彼は自身の立ち位置をどう捉えているのだろうか。

    「今回、コパへ行って、日本代表という場所に再び貢献できたことは非常に光栄だし、自分にとって大きな喜びでもありました。だけど、正直言って、コパでのパフォーマンスには満足してないですし、思い描く理想に近づくためには自分を突き詰めていくしかない。代表にしがみつくだけのために(クラブでの)夢を追いかけているわけではないんです。

    それに自分が代表に必要かどうかを決めるのは(森保一)監督ですからね。僕の新たな挑戦が今後の日本代表につながってくれれば嬉しいとは思ってます」と川島は代表残留を最優先に考えてクラブ選びをしたわけではないないことを改めて強調した。今後のリスクも覚悟の上だという。

    しかしながら、森保監督がコパアメリカのウルグアイ戦とエクアドル戦という重要局面で36歳のベテラン守護神を抜擢したのは、「彼なら必ず大きな仕事をしてくれる」という確信を抱いたからに違いない。ストラスブールで1年間公式戦出場から遠ざかっていても、世界基準を維持していることを示した点は、川島にとっては大きなアドバンテージとなる。本人も「代表という場所に行くのなら、やるのは当たり前。日本代表が勝つために何ができるかが問われる。自分がチャンスをつかむとか、アピールするとかはどうでもいい」とフォア・ザ・チーム精神を貫いている。指揮官がこの先も継続的にベテラン守護神を呼び続けるかは分からないが、「いざという時に頼れる存在」がいるのはやはり心強いと言っていい。

    7/29(月) 17:00 アエラ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00000051-sasahi-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/22(月) 20:12:51.82
    J1神戸が獲得する可能性が浮上していた日本代表GK川島永嗣(36)について、フランス1部リーグのストラスブールは22日、契約を2年延長することで合意したと発表した。

    川島は昨年8月に1年契約でストラスブールに加入。昨季公式戦出場はリーグ最終戦の1試合だけだったが、クラブから契約延長の打診を受けていることを明かしていた。

    その後、日本代表として臨んだ南米選手権ではウルグアイ戦、エクアドル戦と2試合で好セーブを連発し、健在を示していた。
    2019-07-22_22h38_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000231-spnannex-socc

    続きを読む

    2019-07-10_08h51_55

    1: Egg ★ 2019/07/11(木) 19:29:22.96
    J1神戸がフランス1部リーグ、ストラスブールの日本代表GK川島永嗣(36)の獲得を目指し、交渉していることが11日に分かった。川島に近い関係者は「欧州も含めて検討しているクラブの一つ」と述べた。加入となれば、川崎に所属していた2010年以来、9年ぶりのJリーグ復帰となる。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000093-jij-spo

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/10(水) 06:45:15.43
    イニエスタ、ビジャらと同僚に?

    no title


    ヴィッセルが日本代表GK川島永嗣の獲得を画策しているようだ。『Goal』フランス語版の取材で明らかとなった

    川島は昨シーズン、ストラスブールでプレー。しかし、契約満了により退団となり、現在はフリーの身だ。本人は新たな挑戦を求めているとされ、神戸との交渉がすでに開始していることが、取材によって明らかとなっている。交渉は詳細の詰めを残している段階で、神戸のチームマネージャーと話を進めているところだという。

    川島は今夏、日本代表の一員としてコパ・アメリカにも参加。クラブでは出場機会に恵まれず、試合勘に乏しいままでの出場となったが、堂々たるパフォーマンスでチームに貢献。改めて日本トップクラスのGKであることを証明していた。

    神戸はリーグ戦18試合を終えて、リーグワースト2位となる31失点。川島が最後方でその歯止めをかける存在となるのか、注目が集まるところだ。

    7/10(水) 6:02配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00010001-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/29(土) 11:06:41.33
    森保一監督率いる日本代表が、コパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグを突破できなかった。「勝てば決勝トーナメント進出」のエクアドル戦が引き分けに終わり、得失点差で決勝T進出がかなわなかった。

    それだけにグループC組初戦のチリ戦の0―4が痛かった。チームのレベル差以上の点差となったわけだが、そこで際立ったのが「先発した19歳GK大迫の安定感に欠けるプレー」である。

    大きなミスを犯したわけではないが、DF陣に対するコーチングだったり、コンビネーションだったり、どうしてもチグハグ感が否めなかった。GKに求められる要素のひとつ<常に泰然自若とする>というイメージが伝わってこなかった。

    2戦目のウルグアイ戦と3戦目のエクアドル戦でプレーした36歳のベテランGK川島にはうならされた。特にタフなメンタルには恐れ入った。

    エクアドル戦の前半15分、MF中島のゴールで日本が先制した。ところが23、25分と川島が、立て続けに信じられないプレーをやった。

    バックパスを受けた後、味方に出そうとしたパスに正確性を欠き相手に渡してしまうという失態を繰り返してしまったのである。

    23分の場面では、ペナルティーエリア左角付近の相手に渡し、至近距離からシュートを打たれてしまった。

    もっとも川島は横っ跳びセーブなど素晴らしいパフォーマンスを披露し、私の周囲でも「川島、まだイケる」といった高評価を与えられることになった。

    現役時代、今回の川島のようなチョンボをしてしまったことは一度や二度ではない。ミスを犯した瞬間、ポーカーフェースを装いながら「やっちまった!ヤバイ! 何とかしなきゃ!」と動揺したものである。

    ところが川島は、そんなネガティブな思いをおくびにも出さずにピンチを招いても慌てず、騒がず、平常心を保って見事なセービングを見せた。

    私が森保監督だったら川島に対する評価をより高め、2020年東京五輪代表のオーバーエイジ枠(←そういえば川島の名前は永嗣=エイジではないか!)の有力候補として考えたいと思う。

    やはりGKに求められる要素に「ツキを持っている」がある。前半23分と25分のチョンボが失点につながっていたら――。

    「川島はトップレベルにはない」と判断されて日本代表はもちろんのこと、移籍先としてJクラブからの引き合いもなくなっていたことだろう。

    川島、恐るべし。

    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/257027

    no title

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/06/21(金) 14:01:52.47
    日本代表は21日、コパ・アメリカ2019・グループC第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。この試合で先発出場したGK川島永嗣(ストラスブール)が1年ぶりの出場となった一戦を振り返った。

    「自分たちがどれだけ凌げるか、耐えられるか」

    18日のチリ戦後、川島はそう言ってウルグアイ戦のポイントを挙げていた。チリとの初戦は東京五輪候補のGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)が先発入りし、川島はベンチから戦況を見つめることとなったが、ウルグアイ戦ではスタメン入り。ロシアW杯のラウンド16・ベルギー戦以来、実に1年ぶりの出場だった。

    久しぶりの出場にも「そんなに自分のなかで気負いはなかった」と川島。一方で「自分が任された意味っていうのは考えないといけないと思っていた」ようで、東京五輪世代が主体となった今回のメンバー編成で「この若いチームをどう自分が後ろからサポートしていけるか」を考えていた。それは試合に出場し、自分のプレーで伝えていくことも当然入っている。「まだまだやれたことはあると思いますし、また次に向けてそこは修正していきたい」と意気込んだ。

    PKとセットプレーから2失点を許した日本だが、ルイス・スアレス(バルセロナ)とエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)の強力2トップの波状攻撃を、後ろから支える守護神として何度もストップ。度重なるピンチを救った。それはチリ戦での経験が大きかったと川島は話す。

    「チリの時に0-1で負けていたときに2点目を取られたらかなり自分たち苦しくなると話をしていて、そこは耐えないといけないという意識は、この試合のなかでは強かった。守備陣が最後のところで体を張ってくれていた部分も大きい」

    所属先のストラスブールでも今季、満足に出場機会は得ることはできず、出番を得たのは最終節の1試合のみだった。それでも「試合に出てなかろうが、毎日ワールドカップに出るつもりでトレーニングしてきた」という。その向上心は言葉にも表れる。

    「正直、今日のロッカールームを見ても満足している選手は1人もいない。自分たちはやっぱり勝てたんじゃないかって気持ちのほうが強い」

    「結果にこだわらないといけない」一方で、「こうやって若い選手がこれだけ躍動できることが一番大切」と話す川島。「これだけの経験をいま、若い選手たちができるっていうのはなかなかないこと。そういう意味で思い切った戦いができればいい」とグループリーグ最終戦も、この良い流れを継続して大会初勝利を目指すつもりでいる。
    2019-06-22_00h54_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010025-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/25(土) 08:14:47.38
    <フランスリーグ:ナント0-1ストラスブール>◇24日◇ナント

    日本代表に選出された36歳のGK川島永嗣が移籍後初出場した。

    昨年9月の移籍後、前節までの34試合でベンチ入りが6度あったが出場機会はなく、この日のリーグ戦最終節のナント戦で初のフル出場。後半15分にFWモシバがPKで奪った1点を守りきり完封勝利に貢献した。

    ストラスブールは11勝16分け11敗の勝ち点49で、11位でフィニッシュした。

    5/25(土) 7:43配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-05250086-nksports-socc

    川島の今季ストラスブールでのリーグ戦出場記録

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ