海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > フェルナンド・トーレス

    2018-07-23_00h07_29

    1:風吹けば名無し:2018/07/22(日) 23:06:10.15 ID:xPNfNFyb0.net
    2:風吹けば名無し:2018/07/22(日) 23:06:51.18 ID:xPNfNFyb0.net
    左足おもちゃで草
    3:風吹けば名無し:2018/07/22(日) 23:07:58.28 ID:Mwpb70rm0.net
    ええ
    続きを読む

    505:U-名無しさん :2018/07/18(水) 12:47:30.10 ID:zSdqdcvG0.net





    トーレスもキャプつば世代なのか?
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/05(火) 17:28:22.64 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、2週間以内に来シーズンの新天地を明らかにするようだ。

    今夏の移籍シーズンに起こり得る10大移籍

    同選手の父親ホセ・トーレスは、4日に開かれたスペインオリンピック委員会のシンポジウムにおいて、自身の息子が新天地で「満足できる」と信じていると話した。

    今のところトーレスは新たなクラブを明かしていないが、ホセによれば「ヨーロッパではない、遠くのところになるだろう。まだ分からないが、おそらく近いうちに、2週間以内には彼が明らかにするだろう。」とのこと。

    日本かアメリカか、という点において父は気にしていないとしつつ、父ホセは息子フェルナンドがどこを選ぼうと、選手自身が幸せであることを願っているという。

    アトレティコ会長エンリケ・セレソは、トーレスの去就について詳細を明らかにしようとしなかった一方で、同選手が在籍した計11シーズンにおいてクラブに捧げたプロフェッショナルな姿勢を強調した。「幸運なことに、私は彼が在籍した期間、会長・副会長として彼と素晴らしい関係を築くことが出来た。フェルナンド・トーレスのファンでないアトレティなどいないよ。」と表現した。
    2018-06-05_19h40_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00010013-sportes-socc
    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2018/05/23(水) 08:39:22.72 ID:CAP_USER9
    アトレティコ・マドリーを退団するFWフェルナンド・トーレスは、サガン鳥栖への移籍が近づいているようだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えた。

    今季限りで、約10年間を過ごした愛するアトレティコを退団する決断を下したトーレス。先日ラストマッチを終えた34歳の元スペイン代表ストライカーは、日本への移籍を決断したようだ。

    スペインの大人気サッカー番組『エル・ラルゲーロ』は、サガン鳥栖はトーレスに2年半契約を提示したと伝えた。選手はアメリカや中国からもオファーを受けているが、「サガン鳥栖は、トーレスとの契約に最も近づいている」として、「まだ合意はしていない。しかし繰り返すが、移籍する可能性が最も高いクラブだ」としている。

    また、ヴィッセル神戸への加入が噂されるアンドレス・イニエスタに言及しつつ、「興味深いことにイニエスタと同じリーグに移籍することになる」と報道。そして、「鳥栖との移籍合意は数日中に決まる。今月末か、来月頭にも決まる模様だ」としている。

    2001年、17歳でアトレティコのトップチームデビューを果たしたF・トーレス。その後、リヴァプールへと移籍し、142試合出場82ゴールを記録した。2011年には、当時のイングランド史上最高額となる5000万ポンドでチェルシーに加入。2012年には、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、その翌年にはEL優勝も達成した。そしてミランを経て、2015年からは愛するアトレティコに復帰している。

    計10年近くアトレティコでプレーしており、絶対的なクラブのアイコンである“エル・ニーニョ(トーレスの愛称、子供、少年の意)”。サポーターからの愛情も深く、2015年の復帰セレモニーでは、4万5000人もの観衆がその姿をひと目でも見ようと詰めかけている。

    また、スペイン代表として110キャップを記録。2008年、2012年のEURO連覇や、2010年のワールドカップ制覇も経験するなど、数々の栄冠を手にしている。

    スーパースターが明治安田生命Jリーグでプレーしている姿を、間もなく見ることが出来るのかもしれない。
    2018-05-23_09h06_10
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000000-goal-socc

    続きを読む

    GettyImages-960588400

    1: 久太郎 ★ 2018/05/21(月) 09:01:43.02 ID:CAP_USER9
    ◇リーガ・エスパニョーラ第38節 A・マドリード2―2エイバル(2018年5月21日)

    リーガ・エスパニョーラは最終第38節の4試合が20日に各地で行われ、欧州ELで6年振り通算3度目の優勝を果たしたアトレチコ・マドリードがホームでエイバルと対戦し、2―2で引き分けた。エイバルの乾は右太腿の筋肉を痛めて欠場が決まっていた。

    試合は、今季限りでアトレチコを退団し、Jリーグの鳥栖への移籍の噂があるフェルナンド・トーレスがチームキャプテンとしてスタメンでフル出場。アトレチコファンの前で2ゴールを決める活躍で有終の美を飾った。

    試合後には、トーレスの送別セレモニーも行われた。トーレスは「アトレチコのユニホームを着て400試合以上(404試合)もプレーした特権を得たが、今日が最後だと思うととてもつらい。僕を支えてくれた両親、兄姉、妻、子供の 達の家族を始め、監督コーチ・スタッフ陣、チームメイト、そして多くのアトレチコファンに感謝します。我々アトレチコが特別な違ったクラブであることの誇りの感情を忘れないでほしい」とコメントし、ファンに別れを告げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000065-spnannex-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/10(火) 00:42:43.73 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ・マドリーの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが9日、今季限りでクラブを去ることを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

    エンリケ・セレーゾ会長は公式サイトを通じて、「フェルナンドはクラブの伝説である」とトーレスを賞賛。「彼の未来については彼自身に決定権があるといつも言っていた。彼がどこでプレーを続けようが、彼が与えてくれたものに対して、私たちは感謝を惜しまない」とクラブのレジェンドとして敬意を表した。

    トーレスにとって、アトレティコ退団は2度目となる。2007年に一度退団しており、その後リバプールに移籍。チェルシー、ミランでプレーを続け、15年に古巣に復帰を果たしていた。
    2018-04-10_09h15_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-01652506-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 01:26:34.51 ID:CAP_USER9.net
    7527b472-eb16-4b71-8a48-ae0dc923a05b

    UEFAチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリーは欧州制覇にまたもあと一歩及ばなかった。試合後、ジュゼッペ・メアッツァのピッチで号泣するフェルナンド・トーレスの姿があった。




    ae6a1f54-282a-413d-a4c3-a338c60553f8
    0231c0dd-0b3a-4d64-8705-6ab9c6879046
    5a4e89c6-43ed-4c2a-a8f0-aec6981baa0a

    2011-12シーズンにチェルシーでCL制覇を経験しているトーレス。だが、自らが生まれ育ったアトレティコにビッグイヤーをもたらすことに相当な意気込みを持っていた。

    試合前にはこう口にしていたほど。

    “ フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリーFW)

    「最も重要な試合だということには何の疑いもない。自分のキャリアを懸けて、この試合をプレーする。

    僕はアトレティコ・マドリーのファンとして生まれ、5歳の頃からここでプレーを始めた。

    (チェルシーで優勝も経験しているが)
    アトレティコのもとでレアル・マドリー相手に勝利することは、違うものになるだろう。僕にとってはとても特別なものになるはずだ」

    それだけに去来する思いがあったのだろう。

    32歳になったトーレスは、今季でレンタル元であるミランとの契約が満了になる。来季も愛するアトレティコのもとでプレーを続けることになるのだろうか。

    http://qoly.jp/2016/05/29/fernando-torres-emotional-crying
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 23:27:31.85 ID:CAP_USER*.net
    5d3198a4-42ba-4092-b258-e6d78e1cc620
    アトレティコ・マドリーに所属するスペインの悩める至宝フェルナンド・トーレスが今、輝きを取り戻しつつある。

    2位アトレティコは20日、ラ・リーガの第34節でアスレティック・ビルバオと対戦し1-0で勝利を収めたのだが、決勝ゴールを決めたのがそのトーレスだ。



    前半38分、あまり角度のない後方からのクロスをヘディングゴール!

    トーレスはこれがリーグ戦4試合連続となる今季9点目。今月5日のCLバルセロナ戦で先制点を決めながら退場したため、2ndレグは欠場を余儀なくされたが、出場した公式戦ではなんと5試合連続ゴールとなった。

    『Squawka』によれば、これはトーレスのキャリアで初めてのことだという。

    この日、他会場で勝ち点の並ぶ首位バルセロナも8-0と大勝したため、得失点の差で順位は2位のまま。しかし、アトレティコはCLでそのバルサを撃破しており、リーグ戦でも逆転優勝の可能性を残す。

    チームはもちろん、ここ数シーズン停滞していたスペインの至宝を再生させたディエゴ・シメオネ監督の手腕には驚くばかりだ。

    http://qoly.jp/2016/04/21/fernando-torres-sets-new-personal-record
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461248851/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 23:57:39.49 ID:CAP_USER*.net
     Aマドリードのシメオネ監督は、ACミランから期限付き移籍で加入している元スペイン代表FWフェルナンドトレス(31)に、契約延長の意思がないことを伝えたという。27日付のスペイン紙アスが報じた。

     未成年選手の登録違反でAマドリードは、RマドリードとともにFIFAから16年夏と17年冬の移籍市場での選手獲得を禁止処分を受けている。そのため、今季終了までの契約となっている同選手に対して、今冬の移籍期限日最終日の2月1日までに契約をすることが、残留への唯一の手段となっていた。

     しかし、シメオネ監督はエンリケ会長とフェルナンドトレスと会談し、同選手に契約延長しないことを伝えたという。同会長は、FIFAの処分が17年冬の移籍からとなった場合、今後の活躍次第で延長する可能性を示唆したが、実質的には退団を意味するものだと報じた。

     同選手に対しては、バルセロナのほかに、アメリカや中国、日本のクラブも興味を示していると報じている。
    2016-01-28_03h29_49
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000145-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453906659/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 18:23:57.84 ID:???*.net
    元ポーランド代表GKイェルジ・デュデク氏は、最近発売された著書でレアル・マドリー在籍時代のチームメートたちやライバルチームなどについて語っている。スペインメディアが同著の一部を伝えた。

    2007年から2011年までマドリーに在籍したデュデク氏は、母国ポーランドで著書を発売。

    在籍したラストシーズンに指揮を執ったジョゼ・モウリーニョ監督が、チームからの情報漏えいに憤ったエピソードなどについても振り返った。

    一方で、当時のチームの得点源だったFWラウールとクリスティアーノ・ロナウドについては、ストライカーらしさをある意味では批判しある意味では称賛している。

    「彼らは自己中心的であって、最高の競争力を持った勝者だ。ほかのチームメートたちのゴールで5-0の勝利を収めるよりも、自分たちがゴールを決めて2-1で勝ちたいと思っていた」

    一方、デュデク氏はバルセロナFWリオネル・メッシを「偽物であり、挑発好き」と非難しつつ、ジョゼップ・グアルディオラ氏が率いていたライバルチームについて次のように述べた。

    「グアルディオラのバルサは挑発を得意としていて、完璧な域にまで達していた。モウリーニョはそのことにすごく心を痛めていた」

    「モウリーニョが言っていたのは、僕らはバルサに対して敬意を持ちすぎているけど、バルサは僕らにまったく敬意を持っていないということだ。0-5で敗れた試合の後に相手とユニフォームを交換したことに対しても彼は怒っていた」

    GKイケル・カシージャスについては「魅力的な人物で、偉大すぎるGK」だと称賛する一方で、同選手が発した辛らつな一言も明かした。

    デュデク氏によれば、2011年にFWフェルナンド・トーレスがリヴァプールからチェルシーへ移籍した際に、カシージャスはF・トーレスについて「スペインサッカー界で最も過大評価されている選手」と言っていたとのことだ。
    2015-06-03_18h56_34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000019-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433323437/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ