海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:Jリーグ > 大久保嘉人

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/04(火) 17:48:50.72 ID:CAP_USER9.net
    ◇大久保嘉人のヨシトーーク!

    サッカー新企画としてFC東京の元日本代表FW大久保嘉人(34)による新コラム「ヨシトーーク!」がスタート。J1通算最多172得点を誇るストライカーの切れ味鋭いコラムを隔週の火曜日紙面で掲載します。第1回は移籍後初得点で、思い出した若い頃、そしてチームへの熱き思いを語ります。

    3月18日の多摩川クラシコで移籍後初ゴールを決めた。正直、焦りはめちゃくちゃあった。早めにゴールを決めればトントンと行ける。でも、期待されていて早めに点が取れないと、不思議となかなか取れなくなる。それは嫌だったから。

    どのチームでも初ゴールは特別なもの。ルーキーの時に戻る感覚があって、当時を思い出した。セレッソ時代は先輩にいろいろ言われていた。西沢さん(元日本代表FW)や森島さん(元日本代表MF)…あの時は凄いメンバーだったから。「おまえ、よくプロになったな」「そんなこともできないのか」とかね。「うるせーな!」とか思いながらも、内心はビビっていた。そんなこと今まで言われたことがなかったし、自分が正しいと思っていたから。聞かないわけにはいかなかった。

    そう言ってくれる人がいたから、俺は成長できた。今では(中島)翔哉や(橋本)拳人、若手にどんどん要求する。それができれば、代表に行けるかもしれない。1ランクも2ランクも上に行けるから。川崎Fの時、(大島)僚太は最初、縦パスを全然入れなかった。俺は「入れられるように、どうにかしないと。そうなれないなら試合に出るな。違う選手がいる」と言ってきた。僚太はヤケクソじゃないけど、どんな難しい体勢でも縦パスを入れるようになった。そのおかげで、チームはどんどん攻撃ができた。怒るのはめんどくさいし、パワーもいるけど、若手が成長することでチームも強くなって、良い循環になっていく。

    俺はFC東京を強くしたい。だから、気づいたことは絶対言う。それがチームのためになるなら現役代表でも関係ない。チームでやれていないことは言っていく。みんなギラギラした思いを持っている良い集団だから。

    ▼大久保 嘉人(おおくぼ・よしと)1982年(昭57)6月9日、福岡県出身の34歳。国見高卒業後の01年にC大阪へ入団。
    マジョルカ、神戸、ボルフスブルク、川崎Fを経て今季からFC東京に加入。
    川崎F時代の13~15年にJリーグ史上初となる3年連続の得点王。
    年代別の日本代表でも活躍し04年アテネ五輪、10年W杯南アフリカ大会、14年同ブラジル大会に出場。
    J1通算376試合172得点。国際Aマッチ通算60試合6得点。1メートル70、73キロ。利き足は右。家族は妻と息子4人。
    2017-04-04_18h49_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000072-spnannex-socc
    続きを読む

    1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 09:32:13.60 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 1/10(火) 9:29配信

    9日に日本テレビ系で放送された「はじめてのおつかい!爆笑!!2017年大冒険スペシャル」
    (後7時)の平均視聴率が16・1%だったことが10日分かった。

    今回はサッカー元日本代表・大久保嘉人(34)の三男・橙利君(4)も初めてのおつかいに挑戦。
    さまざまな言い訳をしてなかな出発できなかった橙利君だったが、焼き肉店では難しい注文をしっかり
    伝え、ケーキ店ではママに花のお菓子を買うなど優しい顔見せ、その健気な挑戦ぶりに大久保が涙を流す
    シーンも放送された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
    2017-01-10_09h52_35
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000051-sph-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/04(水) 14:27:07.95 ID:CAP_USER9.net
    川崎フロンターレに所属するFW大久保嘉人が、FC東京へ完全移籍で加入することが決まった。FC東京が4日に発表している。

    現在34歳の大久保は2013年から川崎でプレー。加入1年目から3年連続でJ1リーグの得点王を獲得し、今季も明治安田生命J1リーグで全34試合中33試合に出場して15ゴールを記録。4年連続の得点王獲得とはならなかったが、日本人選手トップタイの得点を挙げた。キャリア通算でJ1リーグ通算171ゴールと、歴代最多記録を保持している。

    移籍先のFC東京に対して、大久保は以下のようにメッセージを寄せている。

    「川崎フロンターレから来ました大久保嘉人です。タイトルを獲得するために、これまでの自分の経験や、いま持てるすべての力をチームのために捧げたいと思います。タイトルを獲るためには、今、足りないものが何なのかを理解したうえで、僕を含めた選手たちが変わらないといけないと思っています。

    練習からどんどん意見を言い合って、強いFC東京になれるよう、覚悟を持ってやりたいと思います。そしてタイトルを獲ってサポーターのみなさんと喜べるように、FC東京に関わるすべての人たちと一つになって頑張りましょう。よろしくお願いします」

    大久保は1982年生まれ。国見高校出身で、2001年にセレッソ大阪に加入した。2003年に日本代表デビューを果たし、2004年には北京オリンピックに出場した。同年11月、マジョルカへのレンタル移籍が決定。2005年1月にリーガ・エスパニョーラでデビューを果たすと、2005-06シーズンも同クラブでプレーした。

    2006年6月、C大阪への復帰が決定。2007シーズンからはヴィッセル神戸でプレーし、2009年1月にヴォルフスブルクへの移籍が決まった。しかし、移籍後は出場機会に恵まれず、約半年後に神戸への復帰を決断。2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場した。2013年から川崎でプレーし、2014年のブラジル・ワールドカップにも出場している。

    SOCCER KING 1/4(水) 14:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00511411-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 13:16:57.33 ID:CAP_USER9.net
    川崎フロンターレのFW大久保嘉人が、FIFAクラブ・ワールドカップ(クラブW杯)でFIFA主催大会として初導入されたVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)について独自の見解を述べた。

    15日に行われたクラブW杯準決勝では、レアルがクラブ・アメリカに2-0と快勝を収めたが、後半アディショナルタイムに生まれた2点目のシーンでVARによる判定が行われ、物議を醸している。エースFWクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決めた後に、相手選手が主審にオフサイド確認を要求。最終的に得点が認められたものの、主審とVARがやり取りをする時間が生まれたことで、微妙な“空白時間”が生まれてしまった。

    試合後にはMFルカ・モドリッチらがVARについて「好きではない。混乱を巻き起こす」と痛烈な苦言を呈した。VARはより正確な判定を下せる一方で、試合を中断させることでプレーする選手のリズムを狂わせるマイナス面も浮き彫りとなっている。

    この一戦をテレビのゲスト解説として現地観戦した大久保は、翌日の麻生グラウンドでの練習後、物議を醸すVARによる判定について次のように持論を述べた。

    「審判の人間的なミスもサッカーのうち」

    「あれは、難しいよ。あの判定方法を導入するなら、全てのシーンに反映させないとさ。難しいよ、本当。個人的には、オフサイドの有無でいちいちビデオ判定されるのは嫌だね。審判の人間的なミスもサッカーのうちだと思っているし、そういう際どい戦いをしているわけだから。極端な話、あれを完全に導入するのであれば、審判を置かずに、全部のシーンでビデオ判定にしてくれよ、という話になってしまう」

    常にゴール前で相手DFと紙一重の駆け引きを演じ、得点を奪うことに全身全霊を傾けている大久保。VARが導入されることでプレーが頻繁に中断し、集中力が削がれることに対して、ストライカーの目線で疑問を投げかけていた。
    2016-12-17_15h59_26
    Football ZONE web 12/17(土) 12:10配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161217-00010008-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 23:38:08.30 ID:CAP_USER9.net
    川崎のFW大久保嘉人(34)が1日、「結婚記念日&報告」と題してブログを更新、妻の莉瑛(りえ)さんが妊娠していることを報告した。

    大久保は、「今日12月1日は12回目の結婚記念日でした。ちょうど1年前に同じように記事をアップして、そこで妻の胞状奇胎後のhcg存続症を治す抗がん剤治療終了と退院の報告もさせてもらいました。2015年の夏に流産し、いつかまた子供が欲しいと思って入退院を繰り返し抗がん剤治療を終えて家族揃って笑顔で結婚記念日を迎えることができた日を思い出します。その後も検査や検診で病院に通っていましたが、今日もまた笑顔での記念日です」と結婚記念日を迎えたことを喜んだ。

    さらに「妻のお腹に新しい命を授かりました。あの三兄弟に加えさらに宝物が増えます。こうして、幸せな報告ができるのも皆様にたくさん励ましていただいたり、助けてもらったおかげだと感謝です。ありがとうございます!これからも家族仲良く頑張ります」と妻の妊娠を報告した。

    大久保は15年10月に妻の病気を告白。夏に流産した夫人の流産が「胞状奇胎」(妊娠時にじゅう毛細胞が異常に増殖する症状)によるもので、手術後の経過が思わしくないことから、抗がん剤治療が必要になったと明かしていた。

    スポーツ報知 12/1(木) 23:25配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000226-sph-socc
    2016-12-02_08h20_42
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/04(金) 03:21:49.97 ID:CAP_USER9.net
    東京が今オフの国内移籍市場の目玉、川崎FのFW大久保嘉人(34)を獲得したことが、分かった。推定で2年契約。近日中に正式発表される。

    大久保と川崎Fは今季で契約が満了のため、移籍金がかからず獲得できるため、東京が1番手で正式オファーしていた。

    大久保はJ1通算得点記録(171点)を持つ国内屈指のストライカー。13年から3年連続得点王に輝き、34歳になった今季も15ゴールを奪うなど、その得点力に衰えは見られない。

    東京は今季のチーム得点数は39点で10位。大久保の加入で課題の得点力不足解消にメドがつきそうだ。

    大久保はこの日、最終節のホームG大阪戦に先発出場。フル出場でシュート6本を放つも無得点だった。

    試合も2点リードを後半にひっくり返され、年間勝ち点2位に終わり「前を向く力がない」と厳しい言葉で今季のリーグ戦を締めくくっていた。

    日刊スポーツ 11/4(金) 3:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-01733333-nksports-socc

    写真


    プロフィール
    http://www.transfermarkt.com/yoshito-okubo/profil/spieler/27439
    続きを読む

    o0480038413592019955
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 08:21:46.91 ID:CAP_USER9.net
    東京が、獲得に乗り出している川崎FのFW大久保嘉人(34)に正式オファーを出したことが28日、分かった。

    今季で契約が満了のため、移籍金がかからず獲得できるため、争奪戦に発展する可能性が高い中、東京が1番手で正式オファー。

    名古屋FW永井とのダブル獲得に本格的に動きだした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-01730687-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/23(日) 18:22:38.16 ID:CAP_USER9.net
    川崎Fの元日本代表FW大久保嘉人(34)を巡り、G大阪、鳥栖、FC東京をはじめとする複数クラブが来季に向けて獲得に動いていることが22日、分かった。複数の関係者によれば、川崎Fも今季で満了する契約の延長オファーを準備しているという。このオフ、最大の争奪戦となる様相を呈してきた。

    来季は35歳となる大久保だが、移籍市場での人気は絶大だ。昨季史上初の3年連続得点王を達成、今季も現在15点で得点ランク3位につけている。FWとして技術、得点感覚、駆け引きといった必要な能力をマルチに備え、J1通算得点も歴代最多171点。文字通り、現在、最強のアタッカーだ。

    14年オフにもG大阪、FC東京、神戸による争奪戦が広げられたが、熟考の末、残留を選択していた。関係者によれば、大久保自身は川崎F残留がベースにあるが、他クラブから正式なオファーが届けば話を聞く意向。年間2桁得点が確実に計算できる絶対的FWはどのクラブも喉から手が出るほど欲しい存在。大久保が移籍市場最大の目玉となるのは間違いない。
    2016-10-23_19h34_09
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000086-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/18(日) 09:26:26.78 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命 J1第2S第12節 川崎F2―3大宮(2016年9月17日 熊谷陸)

    勝てば年間勝ち点で3位以内が確定し、初のチャンピオンシップ出場が決定するはずだった大一番。川崎Fはエースの退場が響いて競り負けた。

    前半36分、右CKから逆サイドでこぼれ球を狙った大久保が大宮のMF家長のファウルで転倒。倒れたまま家長の足を引っ掛けようとした大久保が起き上がると、これを見ていた相手MF横谷に背中を押されて再び倒された。

    そして今度は起き上がりながら大久保が横谷の腹部に頭突き。エースが主審の目の前で報復行為に出て一発退場となった。15年10月24日の横浜戦以来、12度目の退場でストイコビッチのJ1リーグ最多記録にあと1と迫り、敗戦を招いた。

    「今日はない」と取材に応じなかった大久保だが、関係者に「(反スポーツ的な行為を)やってしまったのは悪いが、その前のプレーで(相手の挑発を)止めてほしかった。それに映像を見てもらえば分かるが、頭は相手に当たっていない」と漏らしたという。

    最近は若い頃のやんちゃなイメージは影を潜め、退場の回数は激減。挑発に乗ることも少なかったが、この日は試合後もあいさつの際に両チームの選手が小競り合いをするなど後味の悪い試合となった。

    中村は「自滅というか1人減るとどれだけ大変か、嘉人(大久保)も自覚していると思う。冷静さが欠けていたという一言につきる。今日に限って挑発に乗ったのは不思議」と話し、風間監督は「試合を(大久保の退場が)壊してしまった。もう少し冷静にサッカーをしなければ」と嘆いた。

    10人となって先制を許しながら一度は2―1と逆転。しかし、終盤に運動量が落ちて再逆転を許し、チャンピオンシップ確定どころかステージ3位に落ちた。次節25日の横浜戦は大久保に加えてエドゥアルド・ネットも警告累積で出場停止。川崎Fの真価が問われる。

    ≪ピクシーに続くJ1ワースト2位≫大久保(川崎F)が前半36分にレッドカードで一発退場。大久保の退場は昨年10月24日・横浜戦以来、J1リーグ通算12度目。12度は歴代ワースト2位で、最多のストイコビッチ(名古屋)の13度にあと1回に迫った。ただし、大久保はプロ10年目までに退場11回とハイペースだったが、11年目から今季までの6年間では今回が2回目と大幅に減少している。

    スポニチアネックス 9月18日 7時1分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000013-spnannex-socc

    写真



    試合ハイライト
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/s/movies/jleague/rv7taq9opEA
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/17(土) 20:22:05.39 ID:CAP_USER9.net
    川崎の元日本代表FW大久保嘉人(34)が、大宮の前半36分にレッドカードを受け、今季初で自身通算12度目となる退場となった。

    大久保は前半36分、大宮MF家長からチャージを受け転倒。その後大宮MF横谷に背中を押された。そして大久保が立ち上がる際に肩と頭が横谷の腹部に接触し、横谷が転んだ。

    両チーム選手がもみ合いとなり、すぐそばにいた扇谷健司主審は、大久保を一発退場とした。横谷は警告だった。

    12度と退場はJ1で歴代2位。1位は名古屋で活躍したストイコビッチの13度。

    スポーツ報知2016年9月17日19時33分
    http://news.infoseek.co.jp/article/20160917hochi121

    順 選手名(所属) 退場数/出場数

    1 ストイコビッチ(名古屋) 13/184
    2 大久保嘉人(川崎F) 12/367
    3 古賀正紘(福岡) 11/328
    4 松田直樹(横浜FM) 9/385
    5 戸田和幸(町田) 8/271
    5 波戸康広(横浜FM) 8/358

    ※所属はJクラブ最終

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?198845-198845-fl

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ