海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:Jリーグ > 大久保嘉人

    uYiqj89vSSa3gJo1534827005_1534827024-min

    1: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:15:45.47
    なんでや

    3: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:16:03.04
    小物やから

    試合中すぐ切れてる 小物

    14: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:18:25.60
    オラつくから

    27: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:22:32.27
    ピッチの外では意外といじられキャラなんやけどな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/19(水) 06:16:39.13 _USER9
    12月15日、埼玉スタジアム2002で行われた「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル」の会場で、「大久保嘉人選手と対戦!eスポーツ体験会!」が開催された。

    同イベントは人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン 2019』を使用した、来場者とのeスポーツエキシビションマッチ。元日本代表FWでジュビロ磐田の大久保嘉人選手が出演。MCをeスポーツキャスターの馬人氏が務め、ウイニングイレブンのプロプレイヤーMayageka選手がゲームの解説を行った。

    イベント終了後、大久保選手はメディアのインタビューに応じた。以下、一問一答。

    ――ウイイレをプレイした感想を

    今日、初めて(『ウイニングイレブン 2019』を)プレイしました。むかしプレイしていた時と比べて(ビジュアルなどが)変わり、選手の操作も複雑になったなと思いました。でも途中でもう(プレイに)慣れたので、とても楽しくできました。

    ――子ども相手にも真剣でしたね

    それは真剣です(笑)。子どもは、むしろ絶対に強いなと思いました。やはり(勝負として)「負けられない」という気持ちもありました。

    ――ウイイレを持っていますか

    家にはあるのですが、(近年のタイトルを)実はやったことがないのです。今日、初めて(近年のタイトルを)プレイしました。家では子ども同士でプレイしている画面を見るくらいです。

    ――むかしプレイしていたというのはいつ頃ですか

    プロに入って1年目の18歳の時です。まだ、結婚していない時にやっていました。寮でやっていましたね。

    ――プロのeスポーツ選手という存在について

    その存在は以前から知っていました。サッカーゲームをプロとして仕事にしていることは、素直に凄いと思います。あれだけ難しい操作をスムーズに動かすことができるんですね。今日、Mayageka選手と対戦してみて、つくづく、「(eスポーツ選手は)凄いんだな。これがプロなんだな」と思いました。

    ――サッカーゲームの選手が実際のサッカークラブへ所属する時代になりました

    (驚きの表情で)実際のサッカーチームに? 今、そんなに多く(サッカーゲームのeスポーツ選手が)いるのですか?

    ――かつて在籍された独ヴォルクスブルグには世界でも有名な選手が所属しています。Jリーグでも同様の動きが始まっています

    (驚きの声で)本当ですか。それは凄いですね。今後、そのような(eスポーツ)選手が増えてくるのではないでしょうか。いやぁ、面白い世界になってきましたね。

    ――子どもたちがサッカーゲームをすることで、それが実際のサッカーに活かされることは

    サッカーゲームでプレイの「イメージ」を作ることができますね。それを実際のプレイに反映できるかどうかは、その子次第だとは思います。ただ、今の自分達(プロのサッカー選手)でさえ、試合前にこうしたゲームを通じてイメージを作ることは、プラスになることだと思います。

    でも、小中学生がゲームばかりすれば、両親に「勉強しなさい」と怒られるかもしれないですね(笑)。

    ――サッカーゲームがサッカーの教育に役立つか

    十分、役立ちます。ゲームは頭を使わないといけないので、それは実際のサッカーにも繋がると思います。
    e968f_1674_06f86b2d_c4aade79
    2018年12月18日 19時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15758951/

    続きを読む

    1:muffin ★:2018/10/12(金) 11:26:05.01 ID:CAP_USER9.net
    https://www.narinari.com/Nd/20181051596.html
    2018/10/12 01:38

    サッカー・ジュビロ磐田の大久保嘉人選手(36歳)が10月11日、自身のTwitterで、家族に向けられた心ないツイートに怒りを露わにしている。

    今までたくさん批判されてきた。プロである以上、それは当然だし、批判は真摯に受け止める。サッカー以外のことを言われることも多い。それは我慢してきた。でも、人として許せないことが、俺にもある。言うか、言わないか迷ったけど、これはどうしても我慢できない。

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/26(金) 20:23:22.62 ID:CAP_USER9.net
    再び奇跡を起こせるのか。2年ぶりにJ1川崎に復帰した元日本代表FW大久保嘉人(35)は24日、ブランクを感じさせない動きで好調ぶりをアピールした。ハリルジャパンが臨むロシアW杯メンバー入りを実現させるためとはいえ、わずか1年での出戻りに噴出する批判すらも力に変えている。4年前に“サプライズ選出”されたブラジルW杯の再現に向けて準備は整いつつある。

    まるで“水を得た魚”のようだ。古巣に復帰した大久保が躍動している。宮崎キャンプ(20日まで)から新加入とは思えないフィット感でチームをけん引。川崎・麻生グラウンドでの初練習となった24日も充実感を漂わせた表情でミニゲームをこなし、キレのある動きを披露した。

    一昨年まで所属していたときは1トップに固定されていたが、今季からはトップ下や左FWなど複数のポジションを担うことになった。2015年まで3年連続J1得点王は「今日は左FWもやったし、前(攻撃的ポジション)ならどこでもやれるから大丈夫。やってて楽しいよ」と笑顔をはじけさせた。

    推定年俸1億3000万円から約50%減額という条件で古巣復帰を決断したのは、6月のロシアW杯出場を見据えてのものだ。W杯代表になるには開幕から圧倒的なパフォーマンスを見せることが必要不可欠。そこで苦闘を続けたFC東京を離れて慣れ親しんだ川崎への移籍を選択したが、現段階では思惑通りのようだ。

    一方、W杯出場のためとはいえ、わずか1年での出戻りに批判の声があるのも事実。それでも大久保は「批判する人がいても、その人が自分の人生に責任を持ってくれるわけではない。やるのは自分。今までもいろいろ批判されたこともあったけど、それを楽しんで覆すためにやってきた」。

    ロシアW杯メンバー発表まで約4か月。批判をパワーに変え、ブラジルW杯メンバーにサプライズ選出された再現をもくろむ。特に、現日本代表の攻撃陣は万全とは言えない状態。それだけに大久保がしっかりとした結果を残せば、つけ入る隙は十分にある。しかもW杯に2度出場した経験値は貴重だ。

    高年俸を捨ててまで2大会連続サプライズ選出をもくろむベテランストライカー。大きな賭けに出て、3度目のW杯出場をつかめるか。

    1/25(木) 16:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000035-tospoweb-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/27(木) 19:17:47.49 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表でFC東京所属の大久保嘉人がスポルトのインタビューに独占で応えた。

    大久保はセレッソ大阪時代、2004年の冬に当時プリメーラディビシオン(リーガ1部)で戦っていたRCDマヨルカにローン移籍した。

    大久保はスペインでやっていく上で大事な事として「プレーは全然問題ない。スペインでは“言葉”がポイントになってくる」とコメント。

    これまで日本人選手がリーガで“成功”したケースが少なく、唯一安定してシーズンを過ごしているのがエイバルの乾貴士だろう。昨シーズンのリーガ29節でビジャレアル相手に乾がシーズン初得点をした際は、チームメイトが自分のことかのように喜んだ。SNSで乾はその事について喜びを示している様子から言葉の壁は克服している。柴崎岳もリーガ2部で残した結果が評価され、今シーズン1部に昇格したヘタフェに移籍した。

    本場スペインサッカーで揉まれた大久保はJリーグに戻り、2013年から3シーズン連続で得点王に輝き、他を寄せ付けない戦績を残した。そんな大久保にプロでやっていく必要な能力を聞いた際、「能力は人それぞれ、生まれ持ったものが人それぞれあると思う。あとは足りないところを努力してうめること。大概の人は努力するのが嫌い。プロになる人は皆努力をしている、きついけど諦めずやってもらいたい」と語った。

    (文:SPORT)
    2017-07-28_08h06_11
    7/27(木) 17:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00010014-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/27(火) 07:41:30.23 ID:CAP_USER9.net
    F東京のFW大久保嘉人(35)が26日、埼玉県内の病院で精密検査を行い、右足首のじん帯損傷と診断されたことが判明した。全治まで4~6週間かかる見込みで、復帰は早くても7月30日の新潟戦(味スタ)以降となり、前半戦絶望となった。

    25日の磐田戦(ヤマハ)の試合中に右足首をひねり、前半23分に交代。試合後は松葉づえをついて歩行していた。川崎から加入した今季はここまで15試合に出場し、チームトップの6得点を挙げていた。中心選手の離脱に篠田善之監督(46)は「攻撃の中心だったし、チームにとって痛い。嘉人が帰ってくるまでにいい状態にしておきたい」と話した
    2017-06-27_09h08_44
    6/27(火) 6:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000254-sph-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/04(火) 17:48:50.72 ID:CAP_USER9.net
    ◇大久保嘉人のヨシトーーク!

    サッカー新企画としてFC東京の元日本代表FW大久保嘉人(34)による新コラム「ヨシトーーク!」がスタート。J1通算最多172得点を誇るストライカーの切れ味鋭いコラムを隔週の火曜日紙面で掲載します。第1回は移籍後初得点で、思い出した若い頃、そしてチームへの熱き思いを語ります。

    3月18日の多摩川クラシコで移籍後初ゴールを決めた。正直、焦りはめちゃくちゃあった。早めにゴールを決めればトントンと行ける。でも、期待されていて早めに点が取れないと、不思議となかなか取れなくなる。それは嫌だったから。

    どのチームでも初ゴールは特別なもの。ルーキーの時に戻る感覚があって、当時を思い出した。セレッソ時代は先輩にいろいろ言われていた。西沢さん(元日本代表FW)や森島さん(元日本代表MF)…あの時は凄いメンバーだったから。「おまえ、よくプロになったな」「そんなこともできないのか」とかね。「うるせーな!」とか思いながらも、内心はビビっていた。そんなこと今まで言われたことがなかったし、自分が正しいと思っていたから。聞かないわけにはいかなかった。

    そう言ってくれる人がいたから、俺は成長できた。今では(中島)翔哉や(橋本)拳人、若手にどんどん要求する。それができれば、代表に行けるかもしれない。1ランクも2ランクも上に行けるから。川崎Fの時、(大島)僚太は最初、縦パスを全然入れなかった。俺は「入れられるように、どうにかしないと。そうなれないなら試合に出るな。違う選手がいる」と言ってきた。僚太はヤケクソじゃないけど、どんな難しい体勢でも縦パスを入れるようになった。そのおかげで、チームはどんどん攻撃ができた。怒るのはめんどくさいし、パワーもいるけど、若手が成長することでチームも強くなって、良い循環になっていく。

    俺はFC東京を強くしたい。だから、気づいたことは絶対言う。それがチームのためになるなら現役代表でも関係ない。チームでやれていないことは言っていく。みんなギラギラした思いを持っている良い集団だから。

    ▼大久保 嘉人(おおくぼ・よしと)1982年(昭57)6月9日、福岡県出身の34歳。国見高卒業後の01年にC大阪へ入団。
    マジョルカ、神戸、ボルフスブルク、川崎Fを経て今季からFC東京に加入。
    川崎F時代の13~15年にJリーグ史上初となる3年連続の得点王。
    年代別の日本代表でも活躍し04年アテネ五輪、10年W杯南アフリカ大会、14年同ブラジル大会に出場。
    J1通算376試合172得点。国際Aマッチ通算60試合6得点。1メートル70、73キロ。利き足は右。家族は妻と息子4人。
    2017-04-04_18h49_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000072-spnannex-socc
    続きを読む

    1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 09:32:13.60 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 1/10(火) 9:29配信

    9日に日本テレビ系で放送された「はじめてのおつかい!爆笑!!2017年大冒険スペシャル」
    (後7時)の平均視聴率が16・1%だったことが10日分かった。

    今回はサッカー元日本代表・大久保嘉人(34)の三男・橙利君(4)も初めてのおつかいに挑戦。
    さまざまな言い訳をしてなかな出発できなかった橙利君だったが、焼き肉店では難しい注文をしっかり
    伝え、ケーキ店ではママに花のお菓子を買うなど優しい顔見せ、その健気な挑戦ぶりに大久保が涙を流す
    シーンも放送された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
    2017-01-10_09h52_35
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000051-sph-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/04(水) 14:27:07.95 ID:CAP_USER9.net
    川崎フロンターレに所属するFW大久保嘉人が、FC東京へ完全移籍で加入することが決まった。FC東京が4日に発表している。

    現在34歳の大久保は2013年から川崎でプレー。加入1年目から3年連続でJ1リーグの得点王を獲得し、今季も明治安田生命J1リーグで全34試合中33試合に出場して15ゴールを記録。4年連続の得点王獲得とはならなかったが、日本人選手トップタイの得点を挙げた。キャリア通算でJ1リーグ通算171ゴールと、歴代最多記録を保持している。

    移籍先のFC東京に対して、大久保は以下のようにメッセージを寄せている。

    「川崎フロンターレから来ました大久保嘉人です。タイトルを獲得するために、これまでの自分の経験や、いま持てるすべての力をチームのために捧げたいと思います。タイトルを獲るためには、今、足りないものが何なのかを理解したうえで、僕を含めた選手たちが変わらないといけないと思っています。

    練習からどんどん意見を言い合って、強いFC東京になれるよう、覚悟を持ってやりたいと思います。そしてタイトルを獲ってサポーターのみなさんと喜べるように、FC東京に関わるすべての人たちと一つになって頑張りましょう。よろしくお願いします」

    大久保は1982年生まれ。国見高校出身で、2001年にセレッソ大阪に加入した。2003年に日本代表デビューを果たし、2004年には北京オリンピックに出場した。同年11月、マジョルカへのレンタル移籍が決定。2005年1月にリーガ・エスパニョーラでデビューを果たすと、2005-06シーズンも同クラブでプレーした。

    2006年6月、C大阪への復帰が決定。2007シーズンからはヴィッセル神戸でプレーし、2009年1月にヴォルフスブルクへの移籍が決まった。しかし、移籍後は出場機会に恵まれず、約半年後に神戸への復帰を決断。2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場した。2013年から川崎でプレーし、2014年のブラジル・ワールドカップにも出場している。

    SOCCER KING 1/4(水) 14:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00511411-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 13:16:57.33 ID:CAP_USER9.net
    川崎フロンターレのFW大久保嘉人が、FIFAクラブ・ワールドカップ(クラブW杯)でFIFA主催大会として初導入されたVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)について独自の見解を述べた。

    15日に行われたクラブW杯準決勝では、レアルがクラブ・アメリカに2-0と快勝を収めたが、後半アディショナルタイムに生まれた2点目のシーンでVARによる判定が行われ、物議を醸している。エースFWクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決めた後に、相手選手が主審にオフサイド確認を要求。最終的に得点が認められたものの、主審とVARがやり取りをする時間が生まれたことで、微妙な“空白時間”が生まれてしまった。

    試合後にはMFルカ・モドリッチらがVARについて「好きではない。混乱を巻き起こす」と痛烈な苦言を呈した。VARはより正確な判定を下せる一方で、試合を中断させることでプレーする選手のリズムを狂わせるマイナス面も浮き彫りとなっている。

    この一戦をテレビのゲスト解説として現地観戦した大久保は、翌日の麻生グラウンドでの練習後、物議を醸すVARによる判定について次のように持論を述べた。

    「審判の人間的なミスもサッカーのうち」

    「あれは、難しいよ。あの判定方法を導入するなら、全てのシーンに反映させないとさ。難しいよ、本当。個人的には、オフサイドの有無でいちいちビデオ判定されるのは嫌だね。審判の人間的なミスもサッカーのうちだと思っているし、そういう際どい戦いをしているわけだから。極端な話、あれを完全に導入するのであれば、審判を置かずに、全部のシーンでビデオ判定にしてくれよ、という話になってしまう」

    常にゴール前で相手DFと紙一重の駆け引きを演じ、得点を奪うことに全身全霊を傾けている大久保。VARが導入されることでプレーが頻繁に中断し、集中力が削がれることに対して、ストライカーの目線で疑問を投げかけていた。
    2016-12-17_15h59_26
    Football ZONE web 12/17(土) 12:10配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161217-00010008-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ