海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > ルーニー

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/18(土) 18:41:15.52 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニー(31)が初めてイングランド代表から落選した。17日付の英紙タイムズが報じた。

    イングランド代表のサウスゲート監督は16日、代表メンバーを発表し、ルーニーはクラブでの過去3試合を膝の怪我により、出場していなかったが、代表に選出されることは可能だったと明かさした。2003年、当時17歳でイングランド代表に初めて招集されて以来、招集可能でありながら落選したのは今回が初めてとなった。

    サウスゲート監督は、来年のロシアで開催されるW杯に向けて、定位置を取り戻すことに直面すると話した。「背番号10番は、卓越した役割がある。過去2戦(11月のスコットランド戦とスペイン戦)では、アリ(トットナム)とララーナ(リバプール)がその役割を果たしていた。

    両選手とも、所属先クラブで得点を挙げ、アシストも記録している。バークリーもエバートンで良いプレーを見せている。競争だよ。ウェインは、理解している。特別扱いをしてもらうという期待は、していないよ。もしクラブで毎週プレーしていないようであれば、招集されるためにそれなりの状況が必要だ」と説明。

    イングランドの精神的支柱で、実績十分であるルーニーでも、クラブで結果を残さなければ、
    代表に招集されないことを明確にした。
    2017-03-18_19h33_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-01794162-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/03(金) 19:47:22.65 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドが今夏にFWウェイン・ルーニー(31)の退団を促す計画だと、3日に英紙サンが報じた。

    ルーニーとの契約は19年夏まで残っているが、移籍金なしでイングランドのクラブへの移籍も容認するという。また契約を解除しても、現状の週給25万ポンド(約3600万円)を契約が終了するまで支払う準備もあるという。

    エバートンのクーマン監督はルーニー獲得に興味を持っていることを公言しており、同選手は古巣に戻ることも可能だ。モウリーニョ監督は、ルーニーがクラブに留まることを認めているが、ポジション獲得に保証がないと話していた。
    2017-03-03_21h38_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-01787033-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 19:57:19.61 ID:CAP_USER9.net
    偉大な先人たちの声は迷えるルーニーに届くのか?

    マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで、現在はアイルランド代表でアシスタントコーチを務めているロイ・キーンは、去就が注目されているイングランド代表FWのウェイン・ルーニーがまだヨーロッパのトップレベルで活躍できるとし、アジアに向かうべきではないと訴えた。
     
    ルーニーは現地1月21日のストーク戦で通算250得点のクラブレコードを更新したものの、プレミアリーグでは昨年12月17日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦を最後に先発出場がなく、指揮官のジョゼ・モウリーニョからの信頼を勝ち得ていない。
     
    2004年夏から12年半に渡ってマンチェスター・Uの主力に君臨したものの、ここにきてキャリアの岐路に立たされている背番号10には、中国の移籍の噂が絶えない。
     
    『BBC』や『デイリー・メール』など複数のイギリスメディアは、ルーニーの代理人であるポール・ストレトフォードはすでに中国入りしていると伝え、現地時間2月28日でクローズする中国の移籍期限までに、広州恒大や北京国安、天津権健といったクラブへの加入が実現するかが注目されているところだ。
     
    だが、英紙『デイリー・メール』は、このルーニーの移籍騒動に異論を唱えるキーンのコメントを紹介している。
     
    マンチェスター・Uでルーニーと1年半に渡ってともに戦った往年の闘将は、イギリスメディア『ITV』の番組で、「中国に行くべきなんかじゃない。彼はまだイングランド、ドイツ、スペイン、イタリアのトップレベルでプレーできる」と、後輩に中国行きを再考すべきと呼びかけたのだ。
     
    さらにキーンは、「中国に行くのは狂気の沙汰だ。彼はまだ31歳だ。欧州のトップレベルで十分にやれる。それに金には困っていないだろう?」と目先の富を優先し、キャリアを無駄にすべきではないと指摘した。
     
    また、元アーセナルのDFで、現在は『ITV』や『BBC』などで解説を務めているリー・ディクソンも、「彼の気持ちは死んでいないし、問題は肉体的に下り坂かどうかということだ。(プレミアリーグとは)違うリーグが良いのかもしれないが、中国リーグではないよ」と、ルーニーの中国行きに反対した。
     
    偉大な先人たちの意見は、ルーニーの耳に届いているだろうか。期限まで残り1週間を切っていることもあり、『BBC』は今月中の中国移籍の可能性は低いとも報じているが……。
    22750_ext_04_0
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00022750-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 11:55:44.74 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーの代理人が、移籍交渉のために中国に渡ったようだ。22日、イギリスメディア『BBC』やイギリス紙『デイリーミラー』など複数のメディアが報じている。

    今月18日、ルーニーの中国移籍報道が浮上。昨年にも同様の噂がされており、今回は広州恒大や北京国安が移籍候補先に挙げられている。直近の公式戦3試合ではメンバー外となっており、退団の噂が加速してきている。

    今回の報道によると、ルーニーの代理人を務めるポール・ストレットフォード氏が中国入りした模様。同氏は同選手に興味を持つ複数のクラブと交渉していると見られ、今冬の中国市場閉幕を迎える28日までに移籍を実現させようと試みているようだ。また、中国の多くのクラブが週給60万ポンド(約8500万円)を準備しているという。

    今冬もチェルシーからブラジル代表MFオスカル、ボカ・ジュニオルスからアルゼンチン人FWカルロス・テベスらを“爆買い”し、市場を賑わせてきた中国クラブ。ルーニー獲得が実現すれば、間違いなく今冬最大の注目を浴びることとなるだろう。
    2017-02-23_14h24_50
    SOCCER KING 2/23(木) 11:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00554793-soccerk-socc
    続きを読む


    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/30(月) 18:22:48.79 ID:CAP_USER9.net
    be5cdd67-7521-4265-9d57-9f8b1176e49a
    『Mirror』は29日、「マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、中国への移籍が近づいている」と報じた。

    今季ボビー・チャールトンのクラブ得点記録を塗り替えたルーニー。しかし、現在ジョゼ・モウリーニョ監督の下では絶対的な存在とは言えない状況となっており、退団の噂も流れている。

    先日から噂になっていたのは、中国への移籍だ。週1億円というとんでもない額のオファーを受け取っているとも伝えられ、それを検討していると言われていた。

    そしてこの数日、ルーニーは中国の打診に応える意志を示していると報じられてきた。

    その給与はなんと週90万ポンド(およそ1.3億円)に達しているという。年俸に直せば66億7000万円という額で、もちろん世界最高給である。

    現在ルーニーがマンチェスター・ユナイテッドで受け取っているのは週30万ポンド(およそ4260万円)であるため、およそ3倍という額だ。

    記事によれば、マンチェスター・ユナイテッドはこの後4週間以内にルーニーの移籍を認める方針であるとのこと。

    http://qoly.jp/2017/01/30/wayne-rooney-close-to-join-chinese-club-kgn-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 11:15:46.03 ID:CAP_USER9.net
    上海上港、上海申花などが獲得を熱望か
     
    先日、マンチェスター・ユナイテッドのクラブ歴代最多得点記録を更新したイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、年俸75億円という破格の待遇で中国移籍に向かう準備があると、英紙「ザ・サン」が報じている。

    以前から、再三に渡って中国クラブからの関心が伝えられているルーニー。

    元イングランド代表監督のスヴェン=ゴラン・エリクソン氏が率いていた当時の上海上港(現在はアンドレ・ビラス=ボアス監督が指揮)を筆頭に、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスを獲得した上海申花などが獲得を熱望していると言われていた。

    ルーニーは先日、クラブでの通算得点を「250」に伸ばし、サー・ボビー・チャールトン氏を抜いてクラブでの歴代最多スコアラーとなった。イングランド代表でも同じく歴代最多得点記録を保持する文句なしのレジェンドは、かねてからユナイテッドでの現役引退を希望していると伝えられている。

    英紙は「去る準備がある」と報道
     
    これに対して、同紙は「彼はファーストチームでのフットボールを求め、(ユナイテッドを)去る準備がある」と報道。

    ルーニーはクラブのキャプテンでありながら、今季はFWズラタン・イブラヒモビッチやMFポール・ポグバらの加入によりサブに降格しており、レギュラーでプレーできる環境を求めているという。

    これに中国の金銭的に魅力的なオファーも合わさり、キャリアの終盤にアジアへ渡る可能性が高まっているとレポートされている。

    具体的なクラブ名こそ明らかになっていないが、中国ではルーニーにフットボール界最高額となる週給およそ1億4400万円、年俸にして5200万ポンド(約75億円)という桁違いの待遇が用意されるという。

    イングランド史上最高の選手との呼び声高いストライカーの中国移籍は、本当に実現するのだろうか。
    2017-01-29_14h50_16
    Football ZONE web 1/29(日) 7:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170129-00010000-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 23:30:30.20 ID:CAP_USER9.net
    中国の“爆買い”はとどまる所を知らない。英『メトロ』によると、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、天文学的なオファーを受けているようだ。

    今季ユナイテッドの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のもとでなかなか継続的に活躍を見せられずにいるルーニー。最近では、アメリカだけでなく、中国への移籍の報道も絶えない。

    同紙によると、クラブ名こそ明かされていないが、中国のあるクラブから週給70万ポンド(約1億円)のオファーを受けているとのこと。今月23日には、チェルシーのMFオスカルが中国スーパーリーグの上海上港にアジア最高額の7050万ユーロ(約86億円)で移籍するなど、中国が莫大な移籍金でビッグネームを次々と獲得している。ルーニーだけでなく、今冬の移籍市場でも歴史を塗り替えるような驚きの移籍が成立するかもしれない。
    2016-12-26_08h02_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-01634945-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 14:35:05.04 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターUとイングランド代表で主将を務めるFWウェイン・ルーニー(31)の行動が、マンUファンを少々びっくりさせている。

    英デーリーメール紙(電子版)によると、ルーニーは7歳の長男カイくんを、マンUの宿敵、マンチェスターCのアカデミーの練習に連れて行っているという。

    カイくんは10月からマンUの下部組織でプレーしていたはず。ところが、ここ数週間はマンCで練習しており、ルーニーや、ルーニーの父で、カイくんの祖父にあたるウェイン・シニアさんもマンC施設での練習を見学しているという。

    さすがに、マンCのアカデミーに子供を通わせている別の親たちの中には、ルーニーの姿を見るとびっくりする者もいる。

    ただ、イングランドではこの年代の子供たちがクラブを掛け持ちするのは、珍しいことではない。

    デーリーメール紙によると、ある育成年代のコーチは「才能のある子供は、育成年代においては2~3のクラブでプレーすることもあります。クラブは子供について知ることができますし、子供もクラブの特徴がわかる。親御さんたちもクラブを知ることができます」と話す。

    プレミアリーグのクラブは9歳になるまでは選手と正式にサインすることができない。そのため、子供は正式に契約をする前に、いくつかのクラブの練習に参加して、所属チームを見定めることが普通なのだ。

    現時点ではルーニーも、自分の息子がどのように指導を受け、マンCの施設がどれくらい素晴らしいのかチェックしているとみられる。

    これまでルーニー以外にも、ファンペルシーやフレッチャー、フィル・ネビルらが、マンUの選手にもかかわらず、息子をマンCの練習に参加させてきた。

    子供を愛する父親としては、自分のクラブに背くことになったとしても、息子にベストの環境を与えてあげたいと思うものなのだろう。
    2016-12-16_16h29_01
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-01752650-nksports-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/14(金) 08:41:19.24 ID:CAP_USER9.net
    レギュラーの座を失い放出の危機に直面 週給3800万円がネックか

    マンチェスター・ユナイテッドが不振の続くキャプテンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーを、今季限りで放出する可能性が高まっている。英地元紙「デイリー・ミラー」が、「マンチェスター・ユナイテッドは2600万ポンド(約33億円)のジレンマに直面し、来夏の排除を検討する」と報じている。

    週給30万ポンド(約3800万円)というプレミアリーグ最高級のサラリーを手にするルーニーは、2017-18シーズン終了時点で契約満了となる。だが、イングランド代表とユナイテッドでキャプテンを務めながらも、レギュラーの座を失ったルーニーは不透明な未来に直面しているという。

    記事では「明確になってきていることはオールド・トラッフォードで彼の最後のシーズンになりそうだ、ということだ。デイビッド・モイーズとルイス・ファン・ハールは弱すぎてスタメンからルーニーをクビにすることができなかったが、新たなユナイテッドのボス、ジョゼ・モウリーニョにはそれをする勇気があった。

    そして、イングランドの暫定監督ギャレス・サウスゲイトも即座に続いた」と、厳しい論調でルーニーの苦境が紹介されている。

    巨額の年俸を担保できるのは…

    12シーズンにわたってユナイテッドと代表でアンタッチャブルな存在だったルーニーは、今や放出の危機に立たされている。そして放出時の移籍先は、ルーニーの巨額年俸を担保できるアメリカMLSか中国リーグになるという。

    代表とクラブで通算724試合出場を果たしてきた英雄だが、パフォーマンスの劣化は周知の事実。擁護発言を続けながらもモウリーニョ監督にトドメを刺された格好のルーニーは、“赤い悪魔”から今季限りで去ることになりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161014-00010001-soccermzw-socc
    Football ZONE web 10月14日(金)8時21分配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/26(月) 21:31:08.03 ID:CAP_USER9.net
    公式戦3連敗で状況が一変 レスター戦では今季初のベンチスタートに
     
    マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは24日のレスター・シティ戦で先発から外れ、今季初のベンチスタートとなった。チームは4-1と快勝したことからキャプテンの不要論が浮上。

    英紙「デイリー・ミラー」は「もはや自動的に選ばれる選手ではないことを受け入れる準備がある」と報じている。

    最今季もルーニーは不動のはずだった。UEFAヨーロッパリーグ(EL)のフェイエノールト戦はメンバー外で温存となったものの、それ以外はコミュニティー・シールドやリーグカップを含む7試合でいずれもキャプテンとして先発していた。ところが、公式戦3連敗を喫するなど不振に陥ったことで状況は一変した。

    ルーニー不在のチームでは、新加入のフランス代表MFポール・ポグバやスペイン代表MFフアン・マタが躍動し、昨季王者のレスターを4-1で粉砕。ミラー紙は「ウェイン・ルーニーはジョゼ・モウリーニョから外され、マンチェスター・ユナイテッドで自動的に選ばれる選手ではないことを受け入れる準備がある」と、不動のレギュラーから陥落したと指摘している。

    29日に行われるELのゾリャ戦では先発復帰もありそうだが、「彼は、自分がユナイテッドの主要な選手でいた日々が終わったことを分かっている」と辛辣にレポートされている。

    ネビル氏はルーニーの転換期と言及

    現在は英衛星放送局「スカイ・スポーツ」の解説者を務めるギャリー・ネビル氏は、元同僚のルーニーのキャリアが新しいフェーズへの転換期を迎えていると指摘している。

    「これまでとは違った方法でプレーする可能性がある。どんな選手も32歳、33歳、34歳になれば、22歳の頃と同じというわけにはいかない。

    ポール・スコールズはゴールを襲撃するミッドフィールダーから司令塔タイプの選手になった。スティーブン・ジェラードも同じだ。ライアン・ギグスは速いウインガーから中盤センターの選手になった。ルーニーもそういった時期に差し掛かっている」

    Football ZONE web 9月26日(月)12時59分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00010010-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ