海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:W杯 > ブラジルW杯

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 21:46:31.28 ID:???*.net
    元ブラジル代表のペレ氏が、ロンドンで行った講演で、昨夏行われたブラジルW杯でのブラジル代表の戦いについて、「大惨事、大事故だった」と振り返った。『ESPN』が伝えている。

    ホスト国だったブラジルは、4強まで駒を進めたが、エースFWネイマールの離脱もあり、準決勝でドイツに1-7と歴史的大敗。3位決定戦でもオランダに敗れ、4位で大会を終えた。「誰も説明することのできない結果に終わってしまった」と振り返ったペレ氏は次のように続けた。

    「サッカーのことをよく知らない人々でさえ、決勝に残るのはスペインとブラジルだと思っていただろう。しかしドイツ代表は、私が過去2年間見ていた限り、とてもとても良かった。彼らは非常によく準備をしていた」

    「ブラジル代表の結果は大惨事だった。本当に大事故だったよ。誰も予想することなどできなかっただろう。ブラジルが0-1や0-2で敗れることはあっても、1-7で負けて、3位決定戦では0-3で負けるなんてね。神でしか説明しえないことだった」

    ゲキサカ 4月24日(金)17時6分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00468010-gekisaka-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429879591/

     
    続きを読む


    2f24ddb9-s
    1: Greenaway ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 20:32:37.77 ID:???0.net
    ネイマール負傷時に笛を吹いたカルバーリョ主審と共に選出

     6月12日のブラジルワールドカップ開幕戦ブラジル-クロアチア戦で主審を務めた 西村雄一氏が今大会のワースト主審候補に選出された。米スポーツ専門メディア「ESPN」が「ワールドカップのワースト・アウォーズ」との見出しで報じている。

     13部門設定されたワースト・アウォーズで、開幕戦でブラジル代表FWフレッジに毅然とPKを与え、世界中で物議を醸した西村氏が「ワースト・レフェリング・パフォーマンス」という不名誉極まりない部門にノミネートされてしまった。

     寸評では「しばらくの間は、ユウイチ ニシムラの開幕戦ブラジル-クロアチア戦での惨劇に比肩するライバルは現れないものと思われていた」と酷評。全世界の注目が集まる開幕戦で、フレッジのシミュレーションに欺かれ、そのジャッジがブラジル優勢に働いてしまったという世界的な共通認識から、西村氏の今大会唯一の主審としてのパフォーマンスは非難の対象になってきた。

    「そんな時にカルロス・ベラスコ・カルバーリョがブラジル-コロンビア戦の試合で台頭してきた。このスペイン人の主審は両軍のバイオレンスな(ファウルの応酬の)流れがケガ人を生む結末になることが見えていたにも関わらず、アクションを起こすことに消極にだった。ネイマールが代償を支払ったが、ハメス・ロドリゲスも負傷していたかもしれな い。カルバーリョは選手を落胆させた」

     記事ではこう報じ、西村氏と同様にブラジル-コロンビア戦の笛を吹いたカルバーリョ主審も厳しく批判している。

     同試合でホスト国のスーパースター、ネイマールは後半ロスタイムに、背後からコロン
    ビア代表DFスニガの膝蹴りを背中に受けて、第三腰椎を骨折。エース離脱のショックから立ち直れなかったブラジルは準決勝ドイツ戦で1-7と惨敗。3位決定戦でもオランダ代表に0-3負けを喫した。

     結果的にネイマールの重傷を止められず、世界中の批判を集めたレフェリーと並べられるほど西村氏の開幕戦の裁きは低評価だったようだ。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140716-00010001-soccermzw-socc#!bfSx4R
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1405510357/

    続きを読む

    2014-07-16_20h37_56
    1: Greenaway ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 20:03:56.39 ID:???0.net
     スペイン紙『マルカ』が、ブラジル・ワールドカップにおけるベストゴールを15日に発表。コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスのゴールが見事1位の座に輝いている。

     今回のベストゴールは、同紙の読者による投票で決定。決勝トーナメント1回戦のウルグアイ代表戦で決めた、J・ロドリゲスのボレーシュートが78パーセントを超える得票
    数を集め、ベストゴールとなった。

     続いて、2位に輝いたのが8.4パーセントの得票数を集めた、オランダ代表FWロビン・
    ファン・ペルシーによるスペイン戦のダイビングヘッドでのゴール。3位がオーストラリア
    代表FWティム・ケーヒルのオランダ戦でのダイレクトボレーによるゴールで、4.6パーセントの票を集めている。

     同紙による読者投票で、今大会のベストゴールに選出されたJ・ロドリゲスは、5試合
    で6得点を記録し、得点王を獲得している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00212432-soccerk-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1405508636/

    続きを読む

    2014-07-15_23h06_36
    ブラジルW杯で優勝したドイツ代表が15日、リオデジャネイロから凱旋帰国!

    ベルリンのブランデンブルク門前の特設会場で開かれた祝賀イベントの
    会場には約40万人のサポーターが集結。

    ドイツ代表は祝賀イベントに集まったファンに感謝しステージで踊りトロフィーを
    お披露目しました。


    続きを読む

    Bsct0CBIQAAS3Ty
     13日に行われたブラジル・ワールドカップ決勝で、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦。スコアレスのまま延長にもつれた試合は、途中出場のMFマリオ・ゲッツェが決めた得点により、1-0でドイツが勝利。24年ぶり4度目のワールドカップ制覇を達成した。

     同試合では当初、ドイツ代表MFサミ・ケディラが先発する予定だったが、試合直前のウォーミングアップでふくらはぎを負傷。急遽、MFクリストフ・クラ マーが先発となったが、同選手も試合中に相手選手の肩があごに当たり治療を受け、いったんはピッチに戻ったが、続行不可能となったため31分にアンドレ・ シュールレとの交代を強いられた。

     試合後、ドイツ紙『DIE WELT』のインタビューに応えたクラマーは、「試合のほとんどを覚えていないんだ」と告白。脳震とうを起こしていたことを明かすと、「前半は全く記憶に ない。どうやってロッカールームに戻ったか、わからないんだ。何も覚えていない。僕の頭の中では、後半から試合が始まっているんだ」と、記憶が飛んでし まっていたと話している。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140715-00212107-soccerk-socc
    続きを読む

    E38389E38

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/15(火) 10:14:29.50 ID:???0.net
    ◇W杯前5・58以降の平均視聴率は26・7%

    日本時間14日早朝にNHK総合が生中継したサッカー・ワールドカップ(W杯)決勝「ドイツ×アルゼンチン」(前5・58)の平均視聴率が26・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが15日、分かった。

    試合はドイツが延長の末にアルゼンチンを1―0で破り、旧西ドイツ時代を含め24年ぶり4度目、東西統一後は初の優勝を飾った。途中出場のマリオ・ゲッツェ(22=バイエルンM)が延長後半8分に決勝点を決め、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

    南米開催の大会を欧州勢が制したのは初。次回2018年大会はロシアで開催される。

    スポニチアネックス 7月15日(火)10時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00000081-spnannex-ent


    ◇W杯決勝前半の視聴率は、10・1%
     
    サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会決勝、ドイツ対アルゼンチンのテレビ中継(NHK総合)で、14日午前3時50分から午前4時45分まで(前半)の平均視聴率は、関東地区で10・1%、関西地区で10・4%だったことが同日、 ビデオリサーチの調べで分かった。後半以降の視聴率は15日に発表される。

    また、13日午前5時からフジテレビ系で生中継された3位決定戦、オランダ対ブラジルの平均視聴率は関東10・3%、関西10・5%だった。(共同)

    2014.7.14 13:36
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140714/wcp14071413360042-n1.html


     【W杯決勝視聴率】(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

    <1998年フランス大会>ブラジル×フランス

     8・0%=7月12日( 3・50)(NHK総合)
    12・4%=7月13日( 5・00)(NHK総合) 2・7%=7月13日( 6・00)(NHK教育)

    <2002年日韓大会>ドイツ×ブラジル

    50・2%=6月30日(19・20)(NHK総合) 65・6%=6月30日(20・57)(NHK総合)

    <2006年ドイツ大会>イタリア×フランス

    11・6%=7月 9日( 2・35)(フジテレビ系列)16・6%=7月10日( 5・00)(フジテレビ系列)

    <2010年南アフリカ大会>オランダ×スペイン

    12・0%=7月11日( 3・20)(NHK教育)
    15・4%=7月12日( 5・00)(NHK教育)
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1405386869/

    続きを読む


    2014-07-13_22h59_59

    1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/07/14(月) 21:27:06.57 ID:???0.net
    岡田武史氏、W杯決勝の解説で本音がポロリ 「早く帰りたい」

    トピックニュース 2014年07月14日18時48分

    14日(日本時間)のサッカーW杯ブラジル大会の決勝戦中継でNHK解説者の岡田武史氏が、「早く帰りたいと思ったりするもんね」と、本音をのぞかせる一幕があった。

    W杯でドイツとアルゼンチンの対戦は7回目となるが、前半の試合中に岡田氏は、長い滞在でコンディションやモチベーションを維持するには、経験がないと難しいことを指摘。そのため、トーナメントを勝ち進むのは、経験があるチームばかりになると解説した。

    その一方で、岡田氏は1か月以上のブラジル滞在に疲れたのか、続けて「僕らだって早く帰りたいと思ったりするもんね」と本音をのぞかせた。しかし、岡田氏に同意を求められた解説の福西崇史氏と実況アナウンサーはこの発言を無視。しばしの沈黙が続いた後、岡田氏は「そうでもないですか。僕だけですか…」とこぼした。

    その後、福西氏は「サッカー面白いっすからー」と、ようやく反応した。

    岡田氏は「早く帰りたい」発言を不適切と反省したのか、後半戦開始直前に軌道修正する。「さっき僕、途中で帰りたいって言っちゃいましたけどね。頑張っててよかったな。こんな素晴らしいサッカー観せてもらえるって、もうなんか幸せですよ」と、自分で自分をフォローしはじめた。

    しかし、岡田氏のこの「幸せ」発言に対して実況のアナウンサーが「じゃあ、もう1か月ぐらい頑張りましょうか」と振ったところ、「いやいや…それはいいですけど…」とやんわり拒絶。1か月以上のブラジル滞在で疲労がたまっていることをうかがわせた。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9041938/?type=vender&vender=news
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1405340826/


    続きを読む

    2014-07-14_16h22_27
    どちらも可愛い嫁がいるんだよな……


    続きを読む

    2014-07-14_06h52_31

     2014年W杯は現地時間13日に決勝が行なわれ、ドイツが延長戦の末にアルゼンチンを1対0で下し、西ドイツ時代の1990年大会以来4度目のW杯制覇を決めた。この試合で途中出場から決勝点を挙げたMFマリオ・ゲッツェは、優勝に喜びをあらわにしている。

     ドイツはスコアレスで迎えた88分にゲッツェを投入すると、延長後半に入った113分、同じく途中出場のMFアンドレ・シュルレのクロスから、ゲッツェ が胸トラップから左足のボレーでネットを揺らし、待望の先制ゴール。この1点を守り切ったドイツが、通算4度目の世界制覇を成し遂げた。

     決勝ゴールを挙げて母国の24年ぶりW杯制覇の立役者となったゲッツェは「信じられない気持ちだ。何と言い表わしていいか分からない。とにかくシュート を打ったらゴールに入って、あとはもう何が起きているのか本当に分からなかった」と、ゴールシーンを振り返り、「チーム、そして国全体がお祭り騒ぎになる ね。僕らの夢が叶ったんだ」と喜びをあらわにした。

     西ドイツ時代の1990年にW杯制覇を成し遂げた際、元西ドイツ代表のフランツ・ベッケンバウアー氏は、東西統一後のドイツは将来「無敵」になると予想 した。しかし、再び世界王者の座の輝くには24年を必要とした。それでも、現在のドイツには22歳のゲッツェなど若いタレントが数多く台頭しており、次の 優勝もそう遠くないかもしれない。ゲッツェは「僕らはこのトロフィーに値すると思う」と、自信を覗かせた。

     チームを優勝に導いたヨアヒム・レーヴ監督は、ゲッツェの活躍について、シナリオ通りだと振り返った。同監督は「私はゲッツェに『いいか。お前は(アル ゼンチン代表FWリオネル・)メッシよりも優れているということを世界に示し、W杯の勝者を決めるんだ。お前にはそれができる力がある』と伝えた。私は彼 にいい予感を感じていたんだ」と、ゲッツェに掛けた言葉を明かし、見事期待に応えた同選手を称えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000015-ism-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ