海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > FCバルセロナ

    1: 数の子 ★ 2020/06/02(火) 17:43:35.13
    バルセロナの選手・スタッフ計7名が新型コロナウイルス検査で陽性だったことがわかった。スペイン『アス』などが現地時間2日に報じた。

    バルセロナではジョルディ・カルドネル副会長、医療チームのディレクターを務めるラモン・カナル氏、ジョゼップ・アントニ・グティエレス医師の3名にウイルス感染が確認されたが、選手への感染は公表されていないかった。バルセロナは検査で選手・スタッフ全員に陰性が確認されたことにより、トレーニングを開始している。

    スペインのラジオ局『RAC1』によると、選手・スタッフは血液検査を実施し、選手5名、スタッフ2名の計7名に陽性が確認されていたという。当時クラブやリーグからの報告はなかったが、同メディアは「無症状だった」と報じている。また、現在は全員が完全に回復し、リーグ再開に向けて準備を行っているという。

    スペインリーグは6月11日からの再開が決定。バルセロナは現地時間13日にアウェイで日本代表MF久保建英の所属するマジョルカと対戦する予定である。
    baru-560x373
    https://news.yahoo.co.jp/articles/57b94758c0a1298d7240f61708106fb38a35ef2d

    続きを読む

    actress-2868705_640

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/24(日) 15:08:36.553 ID:CMJGsueFa
    メッシ「俺が世界最高のフットボーラーの一人だということはよく知っている
    今から一緒にプレーするのが楽しみだよ」

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/24(日) 15:10:11.159 ID:CMJGsueFa
    ピケ「日本に行ったときにスタジアムで俺のプレーを目にしたことがあるけど、一言で言えばファンタスティックだったね」

    3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/05/24(日) 15:11:13.981
    レアルサポーター「我々にとって嬉しいニュース。なぜなら彼のポジションが弱点になるからね」

    続きを読む


    a605bfcd-58bb-41cd-bc92-ae2a2f892ec2
    1: 風吹けば名無し 2020/04/28(火) 22:06:56.59
    エトージュリロナウジーニョ

    2: 風吹けば名無し 2020/04/28(火) 22:07:27.21
    アンリエトーメッシ

    3: 風吹けば名無し 2020/04/28(火) 22:07:28.51
    リバウドサビオラクライファート定期

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/04/25(土) 22:29:26.33
    イギリスの大富豪アルキ・デイビッド氏は、バルセロナの本拠地カンプ・ノウの命名権(ネーミングライツ)取得に向けて交渉を行っていることを明らかにした。英紙『デイリー・メール』が23日付で伝えている。

    バルセロナは21日に、クラブの歴史上初めて本拠地スタジアムの命名権を売却することを発表。来季の1年間限定の売却となり、その売却額は全額が新型コロナウイルス対策の研究プロジェクトに寄付されることが予定されている。

    ナイジェリアで生まれ英国を拠点に活動する実業家のデイビッド氏がその命名権の取得に名乗りを挙げた。デイビッド氏は映画産業や健康産業などで成功を収め、その総資産は26億ポンド(約3450億円)前後と伝えられている。

    「このチャンスをぜひ物にしたい。スポーツ界の歴史的な瞬間であり、私のビジネスプランにも合致する。今週はじめからコンタクトを開始しており、取引を完了できると信じている」とデイビッド氏は契約締結に自信を示した。

    デイビッド氏は、自身の主要ビジネスである「FilmON TV」または健康業の「Swissx(スイスックス)」のいずれかの名前をカンプ・ノウに冠することを考えているという。「スイスックス・ノウ・カンプというのは響きがいい。今のところそちらが好みのチョイスだ」と後者を特にプッシュしている。

    4/25(土) 20:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200425-00371935-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    mini_2019-08-04-BARCELONA-ARSENAL-53

    1: 風吹けば名無し 2020/04/22(水) 13:43:37.52
    メッシ→年々走れなくなってる
    スアレス→超絶劣化
    グリーズマン→フィットせず
    デンべれ→ゴミ
    デヨング→過大評価
    ラキティッチ→歳
    ブスケツ→劣化
    ピケ→歳
    テアシュテーゲン→過大評価
    その他→小物すぎる


    やばい

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/23(木) 06:07:19.50
    バルセロナがチェルシーをはじめとした複数のクラブにフィリペ・コウチーニョの売却をオファーしたようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えている。

    2018年冬にリヴァプールからクラブ史上最高額でバルセロナに加入したコウチーニョ。しかし、1シーズン半にわたり期待されていたほどの活躍を残すことができず、昨夏に1年間の期限付きでバイエルン・ミュンヘンに加入する。しかし、ドイツ王者が買い取りオプションを行使するとは考えられておらず、今夏にはカンプ・ノウに戻る予定だ。

    しかし、コウチーニョの将来は不透明。新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断により、財政面で苦境に立たされるバルセロナは、資金確保のために同選手を売却する可能性が高いが、キケ・セティエン監督がチームに残す可能性を示す一方で、代理人は同選手がプレミアリーグへの復帰を望むと明かしていた。

    そんな27歳のブラジル代表MFに対して興味を示すのがチェルシー。昨夏の補強禁止以降、新戦力を獲得しておらず、今夏にビッグサマーを迎えると予想されている。すでに、ハキム・ツィエクの加入を内定させる同クラブだが、契約満了を迎えるウィリアンやペドロ、オリヴィエ・ジルーの退団が濃厚だ。

    なお、現段階でバルセロナが希望する売却額は定かではないが、複数のメディアが9000万ユーロ(約105億円)前後を要求すると報じている
    2020-04-23_10h06_08
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00010000-goal-socc
    4/23(木) 5:14配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/04/21(火) 23:16:39.36
    バルセロナは21日、本拠地であるカンプ・ノウのネーミングライツを売却することを発表した。収益は新型コロナウイルス(COVID-19)関連の寄付に充てられるとのことだ。

    1957年に開業した約10万人収容のカンプ・ノウはこれまで命名権を売却したことはなく、史上初めてのことになる。契約期間は2020-21シーズンの1シーズンとなっている。

    バルセロナは声明にて「収益は世界的に大流行している新型コロナウイルス(COVID-19)に対する戦いや研究への資金に充てられる。人道危機に直面しているこの時期に、COVID-19と戦うべく収益を寄付する必要があると考えた」と発表。

    スペインではCOVID-19による感染者が20万人を、死者が2万人を越えている。

    4/21(火) 23:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00373582-usoccer-socc
    no title

    続きを読む

    1: アレ浦和 ★ 2020/04/19(日) 22:20:24.05
    バルセロナの本拠地カンプ・ノウが来年2月まで閉鎖される可能性があるようだ。スペイン『アス』がスペイン紙『ラ・バングアルディア』の記事を引用し、現地時間19日に報じた。

    世界に蔓延している新型コロナウイルス。欧州各国のリーグは延期となっている。選手やスタッフへの感染が確認されていることから、活動休止を発表しているクラブがある。バルセロナは現在、無期限で活動を休止している。

    『ラ・バングアルディア』は「バルセロナの関係者が最悪のシナリオとして、2021年2月までカンプ・ノウを閉鎖することを提案している」と報じている。理由としては、コロナウイルスのスポーツに与える影響と感染拡大防止策を探るためとしている。

    また、同メディアは最も保守的なシナリオとしては今季の中止を決断し、2020年9月に来季をスタートさせること。その場合もカンプ・ノウは2021年2月まで閉鎖されるという。

    さらに、最も前向きなシナリオとして、6月15日にラ・リーガが再開し、無観客で試合を行いシーズンを終わらせること。その場合、9月15日に来季が始まり、11月15日には観客を入れて試合を行うことができるという。

    未だ欧州のリーグは再開の目処が立っていないが、リーグ戦は再開されることになるのだろうか。

    フットボールチャンネル編集部


    4/19(日) 22:00配信
    フットボールチャンネル
    20160501_CampNou_Getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200419-00371235-footballc-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/18(土) 18:31:27.86
    バイエルン・ミュンヘンとDFダヴィド・アラバの交渉は、前に進んでいないようだ。ドイツ『シュポルト1』が報じた。

    アラバは2009-10シーズンにバイエルンでトップチームデビュー。以来、主力選手として長年活躍してきており、バイエルンではすでにベテランの一人に数えられる。だが、来シーズン末で契約が満了するため、バイエルンは契約延長に至らない場合には、今夏の放出も視野に入れている。

    もっとも、バイエルンにとっての最優先事項はアラバとの契約延長。だが、アラバの代理人がコロナの影響でドイツに入国できていないため、現在交渉はストップしているとのこと。選手側はクラブに対し、より条件のいいオファーを待っている段階のようだ。

    すでに数週間前、アラバは最初の延長オファーを拒否。希望する条件が満たされなければ、退団の準備もできているという。

    アラバにはレアル・マドリーやバルセロナが興味を寄せる。特に後者はコロナの影響で経済的に深刻でありながら、選択肢として真剣に考慮しているようだ。
    2020-04-18_20h25_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00010017-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/04/17(金) 20:45:29.00
    第4ユニフォームの画像流出で海外メディア反応、バルサ色とカタルーニャ州旗色が融合
     
    スペインの名門バルセロナの来季ユニフォームが先日話題を集めていたなか、今度は第4ユニフォームの新デザインが流出し、海外メディアは「革新的なデザイン」「見たことがない」と驚嘆の声を上げている。スペイン紙「スポルト」などが報じている。

    以前、ユニフォーム専門サイト「footyheadlines」がバルセロナのホーム&アウェーなど来季ユニフォームを公開して脚光を浴びた。今度は第4ユニフォームの画像が流出し、スペイン紙「スポルト」は「来季バルセロナの第4ユニフォームは、カタルーニャ州旗のセニェーラ色とバルサ色を初めて統一している。4本の縦線を残しつつ、ブラウグラナ色(青とえんじ)のグラデーションから生まれた革新的なデザインだ」と紹介している。

    海外サッカーサイト「Bitbol」は「見たことがない」と表現した一方、ホンジュラス「diez」は「面白いことに、これはクラブのメインユニフォームになる可能性もある。一般的な第4ユニフォームと全く異なるからだ」と指摘した。これまでにもセニェーラ(カタルーニャ州旗)を取り入れたものは存在したが、見事に融合したデザインが注目の的となっている。

    もっとも「スポルト」紙は「大きな問題は、このデザインがいつ正式発表されるかだ」と言及。「通常、バルセロナとナイキは、シーズンの終わりに公開しているが、今のところリーグとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)がいつ終わるか不透明だ」と続けた。

    バルセロナは27試合終了時点でリーガ・エスパニョーラ首位に立っており、CLでは16強第1戦でナポリと1-1で引き分けた後、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断されている。シーズンの行方とともに、新ユニフォーム発表も関心を集めているようだ。

    4/17(金) 19:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200417-00257529-soccermzw-socc

    写真
    EVwLsihWoAAb74Y

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ