海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > FCバルセロナ

    1: Egg ★ 2019/04/11(木) 05:40:12.72
    J1神戸がスペイン1部バルセロナと今夏に親善試合を行うことが10日、分かった。複数のJリーグ関係者によると、7月27日に神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸で開催する方向で調整を進めているという。バルセロナは同23日前後に埼玉スタジアムでイングランド・プレミアリーグのチェルシーと対戦する可能性も浮上している。

    バルセロナは昨年10月に公式ツイッターなどで19年夏のプレシーズンツアーで日本と中国を訪れると発表していた。来日が実現すれば3度目のクラブ世界一に輝いた15年12月のクラブW杯以来約3年半ぶりとなる。

    来日メンバーなど詳細は未定となっている。6月14日から7月7日までブラジルで日本も招待参加する南米選手権が開催され、アルゼンチン代表FWメッシ、ウルグアイ代表FWスアレスらバルセロナの主力選手も出場予定。7月下旬のアジアツアーに帯同するかは現状では不確定だ。

    神戸にはFWビジャ、MFイニエスタ、サンペールといった3人の元バルセロナ所属選手が在籍しており、主力級が来日すればイニエスタVSメッシ、ビジャVSピケといった超豪華なマッチアップが港町で繰り広げられる。古巣バルセロナとの対戦について、イニエスタはかつて「本当に実現すれば、とても素晴らしい時間になる」と語っていた。真夏の夢対決は実現するのか、正式な発表が待たれる

    4/11(木) 5:01配信 ディリースポーツ
    2019-04-11_08h15_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000003-dal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/07(日) 10:42:37.49
    6日のリーガ・エスパニョーラ第31節、カンプ・ノウでのバルセロナ対アトレティコ・マドリーは2-0でバルセロナの勝利に終わった。

    ルセロナが最後の直線を前にアトレティコを視界から振り切って一度笑みを浮かべるのか、アトレティコが持ち前の血と汗と根性で距離を縮めるのか……リーガのタイトルレースの行方を決める大一番である。

    試合は予想通り、バルセロナがボールを保持して、アトレティコが堅守速攻をベースに応戦する展開。バルセロナはボール保持時よりもアトレティコが攻めに出て、ショートカウンターを仕掛けるときにチャンスを構築していく。ホームチームはまず14分、メッシのフィードからジョルディ・アルバが最終ラインを突破。GKオブラクを眼前にループシュートを放ったが、これは右ポストに当たる。また28分には、今度はコウチーニョが決定機を手にするも、このシュートはGKオブラクの常人離れした超反応のセーブに阻まれた。

    そしてオブラクの超セーブの直後、試合の行方を左右する出来事が生まれる……。ヒル・マンサーノ主審が抗議のために詰め寄ってきたジエゴ・コスタに何か侮辱的な言葉を吐かれたのか、同選手を一発退場とした。数的不利に陥ったアトレティコのシメオネ監督はアリアスに代えてアンヘル・コレアを投入。ボランチだったトーマスをアリアスの代わりに右サイドバックとし、コケをサイドハーフからボランチにずらし、A・コレアをサイドハーフとした。

    ここから試合はバルセロナの一方的ペースに。引き分けでもリーガをあきらめざるを得ないシメオネ監督は流れを変えるべく、58分にフィリペとの交代でモラタを投入して、本職中盤の選手であるサウール、トーマスをそれぞれ左サイドバック、右サイドバックとする布陣でゴールを狙った。その後アトレティコは攻められるときには攻めに出て行ったが、やはりバルセロナのカウンターの餌食となってしまう。62分にはメッシのスルーパスからL・スアレスに絶好のシュートを打たれたが、守護神オブラクが片足で弾き事なきを得ている。

    その後もゴール前まで詰め寄るのはバルセロナの方だったが、何度も、何度もオブラクが立ちはだかる。メッシのゴール正面からのシュートも、マルコムの勢いあるボレーシュートも、すべてはこのスロベニア代表GKに止められ、スコアは一向に動かなかった。

    しかしながら試合終盤に入り、ついにバルセロナがオブラクの壁を破ることに成功。ゴールを決めたのは、L・スアレスだった。85分、ペナルティーエリア手前でパスを受けたウルグアイ代表FWは、右足を一閃。勢いよく地を這うボールが、オブラクの横っ飛びもむなしく枠内右に収まった。先制したバルセロナはその2分後、メッシがドリブルからペナルティーエリア内に入り込んで、反転してからシュートを突き刺して加点。1人少ないながら追いすがり続けたアトレティコに引導を渡している。

    この結果、首位バルセロナと2位アトレティコの勝ち点差は11に。バルセロナは後方を走るアトレティコを追いつけぬほど引き離して、2連覇へ向けた最後の直線に入った。

    ■試合結果
    バルセロナ 2-0 アトレティコ・マドリー

    ■得点者
    バルセロナ:ルイス・スアレス(85分)、メッシ(86分)
    2019-04-07_11h22_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00010005-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/03(水) 11:24:00.41
    4失点大逆転負けの危機も…バルセロナ、終盤メッシ&スアレス弾で劇的4-4ドロー

    [4.2 リーガ・エスパニョーラ第30節 ビジャレアル4-4バルセロナ]

    リーガ・エスパニョーラは2日、第30節を各地で行い、首位のバルセロナはビジャレアルと4-4で引き分けた。前半早々に2点のリードを確保するも、そこから4点を奪われて逆転を喫したが、最終盤に2点を奪取。大逆転負けの屈辱をかろうじて逃れた。

    リーガ2連覇に向けて独走状態にあるバルセロナ。直前の試合で2位のA・マドリーが勝利したため勝ち点差をキープするためには負けられない中、ミッドウィークのアウェーゲームに得点ランキング首位のFWリオネル・メッシをはじめ、DFジェラール・ピケ、MFイバン・ラキティッチら主力陣をベンチに控えさせた。

    それでもバルセロナは前半12分、猛烈なスピードで右サイドを切り裂いたFWマウコムのラストパスをFWコウチーニョが決め、先制点を奪取。さらに同16分、DFセルジ・ロベルトのパスを受けたMFアルトゥーロ・ビダルがクロスを送ると、相手のギャップに飛び込んだマウコムがヘッドで流し込み、早くもリードを2点とした。

    ところが降格争いから抜け出したいビジャレアルは前半23分、GKセルヒオ・アセンホの好セーブから攻撃を組み立てると、中央を果敢に崩すパス回しからMFサンティ・カソルラが最終ラインの背後にボールを配給。これをFWサムエル・チュクウェゼが一度はポストに当てたが、跳ね返りを決めて1点を返した。

    すると後半は衝撃の展開が待っていた。まずは5分、ビジャレアルは自陣深くでボールを奪うと、チュクウェゼのスルーパスにFWカール・トコ・エカンビが反応。鋭いドリブルで右サイドを駆け上がり、クロスを上げる態勢に入ると、角度のないところから飛び出したGKの逆を突いたシュートを流し込んだ。

    これで2-2の同点。バルセロナは後半16分、コウチーニョに代わってメッシを投入する。ところが直後の同17分、ビジャレアルはMFモナ・モルナレスのスルーパスにギリギリで抜け出したFWビセンテ・イボラが冷静に流し込み、前半の2点ビハインドから逆転に成功した。

    さらにビジャレアルは後半35分、カソルラの左足スルーパスにFWカルロス・バッカが抜け出して4点目。これで勝利は決定したかと思われたが、ビジャレアルは同41分にDFアルバロ・ゴンサレスが2枚目のイエローカードで退場処分を下され、数的不利となってしまう。

    するとバルセロナは後半45分、メッシがゴール正面からの直接FKをそのまま叩き込んで1点差。さらに後半アディショナルタイム3分、パワープレーで押し込んだ状態からのこぼれ球に対し、後方で待っていたFWルイス・スアレスが地を這うようなミドルシュートで劇的な同点ゴール。このままタイムアップを迎え、辛くも勝ち点1を獲得した。
    2019-04-03_11h49_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-43465464-gekisaka-socc

    【スコア】
    ビジャレアル 4-4 バルセロナ

    【得点者】
    0-1 12分 フィリペ・コウチーニョ (バルセロナ)
    0-2 16分 マルコム        (バルセロナ)
    1-2 23分 サムエル・チュクウェゼ (ビジャレアル)
    2-2 50分 カール・トコ・エカンビ (ビジャレアル)
    3-2 62分 ビセンテ・イボーラ   (ビジャレアル)
    4-2 80分 カルロス・バッカ    (ビジャレアル)
    4-3 90分 リオネル・メッシ    (バルセロナ)
    4-4 90+3分 ルイス・スアレス   (バルセロナ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00924350-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/31(日) 02:51:44.51
    今冬の移籍市場で中国の上海申花に加入したナイジェリア代表FWオディオン・イガロが、バルセロナからのオファーを断っていたことが分かった。英『デイリー・メール』が伝えている。

    2014-15シーズンにグラナダからワトフォードに加入したイガロは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で20ゴールを決める活躍を見せ、チームの昇格に貢献。翌2015-16シーズンはプレミアリーグ37試合で16得点を記録し、残留の立役者となった。

    2017年1月に長春亜泰へ加入したナイジェリア人ストライカーは中国でもブレイク。2018年シーズンには中国スーパーリーグで得点ランク2位の21ゴールを挙げた。チームの2部降格に伴い、今年2月に上海申花へ完全移籍している。

    同紙によれば、同期間にバルセロナからのオファーもあったが、それを断っての中国残留だったようだ。決断の理由について以下のように語っている。

    「(バルセロナからのオファーは)6か月の期限付き移籍で、バックアップのストライカーとしてのものだった。バルセロナが興味を持ってくれて嬉しかったし、どんなサッカー選手にとっても満足できることだろう」

    「僕は中国で2番目となる21ゴールを決めていた。自分の価値を踏まえ、どこかで短期的にプレーする選手になるのは望んでいなかったんだ」

    「だから僕は拒否した。それは簡単な決断だったよ。そして長い契約期間を提示してくれた上海申花に加入し、中国に残ることを選んだ」

    自分をより評価するクラブでのプレーを選択したと明かしたイガロ。3月1日のリーグ開幕戦・上海上港戦(0-4)でさっそく新天地デビューを果たすと、同10日に行われた第2節・河北華夏幸福戦(1-2)では初ゴールを決め、上々のスタートを切っている

    http://news.livedoor.com/article/detail/16240186/
    2019年3月30日 9時58分 ゲキサカ

    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/03(日) 06:38:15.92
    3/3(日) 6:36配信
    バルセロナ、ラキティッチのループ弾でリーガのクラシコにも勝利!レアル・マドリーに勝ち点12差つけて終戦を宣告

    2日のリーガ・エスパニョーラ第26節、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー対バルセロナは1-0でバルセロナの勝利に終わった。

    バルセロナが突破を果たしたコパ・デル・レイ準決勝に続き、ベルナベウで行われるクラシコ。首位バルセロナに勝ち点9差と距離を離されるレアル・マドリーは、3日後に迫った本命の大会チャンピオンズリーグ、アヤックス戦も考慮しながら“うまく“切り抜ける必要があり、一方バルセロナはリーガでもレアル・マドリーとの決着をつけようと息巻く。

    レアル・マドリーのソラーリ監督はコパ・クラシコの先発から2選手を変更。ケイロール・ナバス、ルーカス・バスケスをクルトワ、ベイルに代えて、GKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、レギロン、MFモドリッチ、カセミロ、クロース、FWベイル、ベンゼマ、ヴィニシウスをスタメンとした。システムは4-3-3。

    一方、バルセロナのバルベルデ監督はセメドの代わりに負傷明けのアルトゥールを先発起用。GKテア・シュテーゲン、DFセルジ・ロベルト、ピケ、レングレ、ジョルディ・アルバ、MFラキティッチ、ブスケッツ、アルトゥール、FWメッシ、ルイス・スアレス、デンベレがスタメンで、こちらも4-3-3のシステムを採用した。

    今回はコパ・クラシコとは様相が異なり、レアル・マドリーではなくバルセロナが徐々にゲームを支配する。レアル・マドリーはコパで輝いたヴィニシウスにそこまでの勢いがなく、時間が進むに連れて攻撃の手がかりをなくしていった。そして26分、バルセロナが先制点を記録する。ラキティッチがセルジ・ロベルトとのパス交換からS・ラモスのマークを振り切り、ペナルティーエリア内に侵入。クルトワを眼前にループシュートを放ち、ネットを揺らした。

    先制後も試合はバルセロナペースで進み、L・スアレスやメッシがレアル・マドリーゴールを脅かす。対してチーム全体のパフォーマンスが芳しくないレアル・マドリーは、モドリッチが孤軍奮闘を見せ始める。豊富な運動量で攻撃を構築し、機を見たペナルティーエリア内への侵入からのシュートを放つなど存在感を放ったが、同点弾を奪うには至らなかった。

    後半、レアル・マドリーは勢いを増してゴールに迫るが、決定機を築くには至らない。ソラーリ監督はアヤックス戦を見据えてか、早い段階で選手交代を敢行。55分にクロースをバルベルデ、61分にベイルをアセンシオ、76分にカセミロをイスコに代える。存在感がほとんどなかったベイルは、観客から多量のブーイングを浴びせられている。その一方でバルベルデ監督は70分に最初の交代カードを切り、アルトゥールを下げてビダルを投入。78分にはデンベレとの交代でコウチーニョを入れた。

    終盤はレアル・マドリーが相手陣地に攻め入って同点弾を狙い、バルセロナが速攻からリードを広げようと試みるが、スコアは動かずに試合終了のホイッスル。バルセロナが虎の子の1点を守り切る形で、コパ・クラシコに続いてベルナベウを征服している。

    この結果、首位バルセロナは3位レアル・マドリーに勝ち点12差をつけることに成功。また翌日に試合を控える2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を暫定で10に広げた。第26節終了時点で首位に勝ち点12差をつけられたチームが逆転優勝を果たしたケースは存在せず、バルセロナがレアル・マドリーに終戦を宣告した格好だ。

    ■試合結果
    レアル・マドリー 0-1 バルセロナ

    ■得点者
    バルセロナ:ラキティッチ(26分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00010006-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/28(木) 21:22:28.08
    メキシコを始めスペイン語圏を幅広くカバーしている
    メディア『INVICTOS』は、公式SNSでサンティアゴ・ベルナベウ
    入りしたイバン・ラキティッチ、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス
    3人の様子を写真付きでツイート。3人はいずれもバルセロナのチーム
    公式シャツを着用していたが、帽子だけは日本の人気漫画
    『ドラゴンボール』のキャラクターキャップをかぶっていた。
    ラキティッチは孫悟空、メッシはベジータ、L・スアレスは人造人間17号の絵柄が入った帽子を着用。この画像はスペイン語圏だけでなく、世界中で幅広く拡散されている。この画像について、現地のサッカーファン、アニメファンも
    「メッシは悟空じゃないのか」「最近スペインでもこのキャップが
    発売開始されたばかりらしいけど、すぐ手に入れたのか」
    「偉大なメッシ、まさに真のサイヤ人だった」という反応が相次いだ。


    no title

    続きを読む

    55: 豆次郎 ★ 2019/02/28(木) 07:05:39.51
    スアレス2発で5連覇王手!! バルセロナ、国王杯クラシコ制して決勝へ

    [2.27 コパ・デル・レイ準決勝第2戦 R・マドリー 0-3 バルセロナ]

    コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)は27日、準決勝第2戦を行い、第1戦を1-1で引き分けたレアル・マドリーとバルセロナが対戦した。アウェーのバルセロナがFWルイス・スアレスの2得点などで3-0の圧勝。合計スコア4-1で突破を決め、史上初の5連覇に王手をかけた。

    今月6日の第1戦はバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催。R・マドリーはMFルーカス・バスケス、バルセロナはFWマウコムのゴールで1点を取り合い、1-1のドローに終わった。3月3日のリーガ・エスパニョーラ次節でも同じ対戦を控える中、決勝進出
    のかかる“エル・クラシコ”に臨んだ。

    最初のビッグチャンスはホームのR・マドリー。前半37分、MFカゼミーロのスルーパスに抜け出したMFビニシウス・ジュニオールのシュートはブロックされるも、跳ね返りをFWカリム・ベンゼマにパス。PA内でGKと1対1を迎えたが、素早い反応を見せたGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが右足で防いだ。

    スコアレスでハーフタイムを迎えたものの、先にスコアを動かしたのはアウェーのバルセロナ。後半6分、DFジョルディ・アルバがゆったりと右サイドを駆け上がり、縦へのスルーパスにFWウスマン・デンベレが反応。深くえぐってマイナス気味に折り返すと、走り込んだスアレスが冷静にニアサイドを撃ち抜いた。

    アウェーゴールを奪われ、このままでは敗退が決まるR・マドリーは、前半だけで5本のシュートを放ったビニシウスが攻撃を活性化する。すると後半17分、PA内左でDFネウソン・セメドを振り切ったビニシウスがクロスを送り、DFセルヒオ・レギロンがダイビングヘッドで合わせたが、またしてもテア・シュテーゲンが防いだ。

    さらに後半23分、ビニシウスはハーフウェーライン付近からの単独突破でPA内に切れ込み、DFジェラール・ピケをかわしてシュートもセメドがブロック。ところが同24分、バルセロナは右サイドを抜け出したデンベレがスアレスにクロスを配給し、スライディングでカバーしたDFラファエル・バランの足に当たってオウンゴールとなった。

    さらに後半27分、PA内で縦に突破したスアレスをMFカゼミーロに倒され、バルセロナがPKを獲得。スアレスがチップキックで決め、3点目が入った。4点が必要なR・マドリーは意気消沈し、なかなか反撃に出られず、そのままバルセロナの決勝進出が決定。5月25日の決勝ではベティス対バレンシアの勝者と対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-33161082-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    que-14186205804

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:30:39.743
    マラドーナ、リバウド、リケルメ、ロナウジーニョ、メッシ

    なんだこのメンツ…

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:31:31.287
    リケルメが三下すぎる

    7: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:34:50.320
    >>2
    言うてリケルメもワールドクラスでしょ(正直このメンツ並べられたらしゃーない)

    3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:31:45.254
    ネイマールも資格は十分だったのに

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/17(日) 22:59:38.58
    バルセロナのMFケビン=プリンス・ボアテングは、バルサでのリーグ戦初先発を飾った試合中に自宅が空き巣被害に遭ってしまったようだ。スペイン紙『エル・パイス』などが伝えている。

    ボアテングは冬の移籍市場でイタリアのサッスオーロからバルサに加入。コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)のセビージャ戦でデビューを飾ったあとは出場機会がなかったが、現地時間16日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のバジャドリー戦では先発に起用された。

    だがスペイン紙が警察筋からの情報として伝えるところによれば、まさにボアテングがピッチ上でプレーしている最中に自宅に泥棒が入っていたという。高価な宝石や時計のほか、現金40万ユーロ(約5000万円)が盗難される被害が出たとのことだ。

    過去にも同様の手口でバルサの選手が盗難被害に遭っていたことも伝えられている。昨年11月にも、バルサがチャンピオンズリーグのアウェイゲームでイタリアに遠征していた際に、DFジョルディ・アルバの自宅に空き巣が入ったことがあった。

    2/17(日) 21:31 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309838-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/07(木) 06:59:13.65
    2/7(木) 6:52配信
    [2.6 コパ・デル・レイ準決勝第1戦 バルセロナ1-1R・マドリー]

    コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝でバルセロナ対レアル・マドリーのエル・クラシコが実現した。第1戦は6日、4連覇王者バルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われ、1-1の引き分け。決勝進出をかけた第2戦は27日、マドリードのサンティアゴ・ベルナベウで開催される。

    コパ・デル・レイでのエル・クラシコはR・マドリーが最後に頂点に立った2013-14シーズンの決勝以来5年ぶり。ホームのバルセロナはリーガ・エスパニョーラ第22節バレンシア戦(△2-2)で右足ふくらはぎに打撲を負ったFWリオネル・メッシがベンチスタート。その他はお互いにベストメンバーに近い布陣で臨んだ。

    前半6分、早くもR・マドリーがスコアを動かした。左サイドを突破したFWビニシウス・ジュニオールが斜めのクロスを送ると、ファー気味に流れたボールをFWカリム・ベンゼマが絶妙なトラップ。中央への折り返しにFWルーカス・バスケスがマークを振り切って飛び込み、ファーサイドネットに流し込んだ。

    徐々にペースを取り戻したバルセロナは前半20分、FWルイス・スアレスのスルーパスにFWマウコムが抜け出したがオフサイド判定。同33分にはMFイバン・ラキティッチのヘッドがクロスバーに直撃すると、同35分のスアレスのシュートはカップ戦出場が続くGKケイラー・ナバスのビッグセーブに阻まれた。

    その後は拮抗した展開が続く中、メッシの出場を求めるチャントも飛び出したが、後半12分にバルセロナが追いついた。DFジョルディ・アルバの突破はK・ナバスに阻まれ、無人のゴールを突いたスアレスのシュートはDFセルヒオ・ラモスが決死のカバー。しかし、PA右で拾ったマウコムが左足で叩き込んだ。

    バルセロナは後半18分、ついに負傷のメッシをFWコウチーニョに代わって投入。対するR・マドリーは同18分、MFマルコス・ジョレンテに代わってMFカゼミーロ、同19分にビニシウスを下げてFWガレス・ベイルを入れ、攻撃陣のテコ入れで劣勢の打開を試みる。

    R・マドリーは後半36分、自陣からのロングパスにカゼミーロが抜け出すと、バルセロナはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが飛び出して対応。セカンドボールを拾ったベンゼマがベイルに渡すも、無人のゴールへのシュートはパワーを欠いて届かない。そのまま最後までスコアは動かず、勝負の行方は同点のまま第2戦に委ねられた。
    2019-02-07_09h16_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-25988998-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ