海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > FCバルセロナ

    que-14186205804

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:30:39.743
    マラドーナ、リバウド、リケルメ、ロナウジーニョ、メッシ

    なんだこのメンツ…

    2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:31:31.287
    リケルメが三下すぎる

    7: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:34:50.320
    >>2
    言うてリケルメもワールドクラスでしょ(正直このメンツ並べられたらしゃーない)

    3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/18(月) 09:31:45.254
    ネイマールも資格は十分だったのに

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/17(日) 22:59:38.58
    バルセロナのMFケビン=プリンス・ボアテングは、バルサでのリーグ戦初先発を飾った試合中に自宅が空き巣被害に遭ってしまったようだ。スペイン紙『エル・パイス』などが伝えている。

    ボアテングは冬の移籍市場でイタリアのサッスオーロからバルサに加入。コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)のセビージャ戦でデビューを飾ったあとは出場機会がなかったが、現地時間16日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のバジャドリー戦では先発に起用された。

    だがスペイン紙が警察筋からの情報として伝えるところによれば、まさにボアテングがピッチ上でプレーしている最中に自宅に泥棒が入っていたという。高価な宝石や時計のほか、現金40万ユーロ(約5000万円)が盗難される被害が出たとのことだ。

    過去にも同様の手口でバルサの選手が盗難被害に遭っていたことも伝えられている。昨年11月にも、バルサがチャンピオンズリーグのアウェイゲームでイタリアに遠征していた際に、DFジョルディ・アルバの自宅に空き巣が入ったことがあった。

    2/17(日) 21:31 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309838-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/07(木) 06:59:13.65
    2/7(木) 6:52配信
    [2.6 コパ・デル・レイ準決勝第1戦 バルセロナ1-1R・マドリー]

    コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝でバルセロナ対レアル・マドリーのエル・クラシコが実現した。第1戦は6日、4連覇王者バルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われ、1-1の引き分け。決勝進出をかけた第2戦は27日、マドリードのサンティアゴ・ベルナベウで開催される。

    コパ・デル・レイでのエル・クラシコはR・マドリーが最後に頂点に立った2013-14シーズンの決勝以来5年ぶり。ホームのバルセロナはリーガ・エスパニョーラ第22節バレンシア戦(△2-2)で右足ふくらはぎに打撲を負ったFWリオネル・メッシがベンチスタート。その他はお互いにベストメンバーに近い布陣で臨んだ。

    前半6分、早くもR・マドリーがスコアを動かした。左サイドを突破したFWビニシウス・ジュニオールが斜めのクロスを送ると、ファー気味に流れたボールをFWカリム・ベンゼマが絶妙なトラップ。中央への折り返しにFWルーカス・バスケスがマークを振り切って飛び込み、ファーサイドネットに流し込んだ。

    徐々にペースを取り戻したバルセロナは前半20分、FWルイス・スアレスのスルーパスにFWマウコムが抜け出したがオフサイド判定。同33分にはMFイバン・ラキティッチのヘッドがクロスバーに直撃すると、同35分のスアレスのシュートはカップ戦出場が続くGKケイラー・ナバスのビッグセーブに阻まれた。

    その後は拮抗した展開が続く中、メッシの出場を求めるチャントも飛び出したが、後半12分にバルセロナが追いついた。DFジョルディ・アルバの突破はK・ナバスに阻まれ、無人のゴールを突いたスアレスのシュートはDFセルヒオ・ラモスが決死のカバー。しかし、PA右で拾ったマウコムが左足で叩き込んだ。

    バルセロナは後半18分、ついに負傷のメッシをFWコウチーニョに代わって投入。対するR・マドリーは同18分、MFマルコス・ジョレンテに代わってMFカゼミーロ、同19分にビニシウスを下げてFWガレス・ベイルを入れ、攻撃陣のテコ入れで劣勢の打開を試みる。

    R・マドリーは後半36分、自陣からのロングパスにカゼミーロが抜け出すと、バルセロナはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが飛び出して対応。セカンドボールを拾ったベンゼマがベイルに渡すも、無人のゴールへのシュートはパワーを欠いて届かない。そのまま最後までスコアは動かず、勝負の行方は同点のまま第2戦に委ねられた。
    2019-02-07_09h16_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-25988998-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/24(木) 07:21:18.11
    バルセロナは、アヤックスからフレンキー・デ・ヨングを獲得したことを発表した。

    オランダ・エールディヴィジで活躍する現在21歳のデ・ヨングは、すでにオランダ代表デビューを飾るなど将来を嘱望される逸材だ。この活躍を受け、バルセロナやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンといった数々の名門が興味を持つと頻繁に報じられてきた。

    先日から今夏のPSG移籍に近づくと報じられる中、23日にバルセロナが7500万ユーロ(約94億円)に加え、最大で1100万ユーロ(14億円)を支払うことで同選手の獲得を発表。オランダ代表MFはクラブと2024年までの5年間契約を結び、7月1日よりスペインに活躍の場を移すことが決まった。

    デ・ヨングの獲得を受け、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はツイッターで「フレンキー・デ・ヨングの加入で我々に新たなタレントが加わった。彼がこれからの数年間にわたりチームの重要な存在になることを確信している。ようこそフレンキー!」と若手の逸材との契約を報告した。

    これまでにアヤックス出身でバルセロナでプレーした選手は数多く存在する。ヨハン・クライフ氏、ロナルド・クーマン氏、パトリック・クライファート氏、フランク・デ・ブール氏、さらにルイス・スアレスなどいずれも大きな活躍を残してきた。今夏に加入するデ・ヨングも先人のような活躍を期待されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000031-goal-socc
    1/24(木) 6:17配信
    2019-01-24_09h42_34

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/22(火) 23:05:39.51
    2019-01-22_23h49_24

    一部抜粋

    相手は、デンベレの動きを予測することができず、彼を脅威に感じている。走っているとき、まるで空中に浮いているようであり、圧倒的なスピードでボールを残忍なまでの効率的に運ぶことができる。そして、相手の動きを観察し、加速するべきか、スピードを緩めファウルを誘うべきか、いいポジショニングを取っている味方にパスをするか判断している。

    さらに障害物が現れ、それが大きな岩のようであっても抜き去ってしまい、その光景は、まるで時間が止まっているようである。それは相手にとってカットインしてくるのか縦に仕掛けてくるのか予測するのは不可能である。切り返すのかシュートを打つのかも予測できず、相手ディフェンダーやゴールキーパーにとってはとても大変な仕事となる。

    デンベレは、各所属クラブとフランス代表ですでに40ゴールを挙げており、左足で20ゴール、右足で20ゴールというデータを『Squawka』が出している。驚くべきバランスであり、フットボール界でこれは普通ではなく、デンベレのように両足を器用に使いこなせる選手だけが可能である。

    今シーズンすでにデンベレは、13ゴールを決めており、レンヌで記録した自身最多ゴール数である12ゴールを上回っている。このゴール数が間違いなく、今シーズンのデンベレの覚醒につながっているだろう。

    全文はリンク先で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010018-sportes-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/01/22(火) 15:31:22.40
    【AFP=時事】スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)は21日、イタリア・セリエAのサッスオーロ(US Sassuolo)からケヴィン・プリンス・ボアテング(Kevin Prince Boateng)を獲得したと発表した。

    バルセロナの発表によれば、クラブはボアテングと今シーズン終了までのローン契約を結び、今夏に完全移籍に切り替えることができるオプションが付いている。クラブは「800万ユーロ(約10億円)の買い取りオプションも合意に含まれている」と明かした。

    バルセロナはムニル・エル・ハダディ(Munir El Haddadi)をセビージャFC(Sevilla FC)に放出しており、31歳のボアテングが加わることで、急務となっていたルイス・スアレス(Luis Suarez)の控え選手の補強に成功した。

    気性が荒いボアテングは、これまで移籍を繰り返しながらも新天地で何度も成功を収めており、バルセロナのエルネスト・バルベルデ(Ernesto Valverde)監督は今回の獲得を決める上で、同選手のそうした点を評価した。

    「彼は適応するのに多くの時間を必要としなさそうだ。ボアテングはやるべきことを理解しており、すぐにプレーを始められる」「ボアテングはCFとしてだけでなく、より低い位置でもプレーできるなど起用可能なポジションが多い。他のFWを生かすこともできる」

    イタリアの空港で報道人に声をかけられたボアテング本人は、今回の移籍を喜んでいる様子だった。

    伊スカイ・スポーツ(Sky Sport Italia)のツイッター(Twitter)は、ボアテングが「バルサ、もうすぐ着く! サッスオーロを離れるのは悲しいが、これは素晴らしいチャンスだ」と話したと伝えた。

    「でも、レアル・マドリード(Real Madrid)のことは聞かないでほしい。バルセロナにだけ集中したいし、次のエル・クラシコ(El Clasico)ではサンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)でゴールを決めたい」 【翻訳編集】 AFPBB News
    2019-01-22_17h01_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000024-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/12(土) 15:59:27.96
    「ここに残るんだ!そうすればクラブは君の名誉像を建てる事になるだろう。どこか別の場所に行けば、君は別の選手になってしまうだろう。ここで君はさらなる選手になる事ができる」
    クロップは2017年5月にコウチーニョにそのように語った。

    結果的にその年の夏にPSGがネイマールを獲得し、バルサがコウチーニョの獲得に関心を示した後、選手本人はリヴァプールを離れ、2018年1月からチーム・ブラウグラナに加入する事を決断した。

    同シーズン、彼はリヴァプールの一員としてチャンピオンズリーグのグループリーグに出場していたため、バルサでは同大会に出場する事が出来ないというハンディキャップを負っていたにもかかわらずだ。

    今シーズンからコウチーニョは全ての大会に出場しているが、彼のパフォーマンスはかつてないほど疑問視されている。選手自身は満足のいく出場時間を与えられない事に不満を感じている。
    2019-01-12_16h56_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010006-sportes-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/31(月) 18:39:30.22 _USER9
    サッカースペイン1部リーグ、バルセロナが2019年7月に日本でJ1神戸、イングランド・プレミアリーグのチェルシーと親善試合を行うと31日までにバルセロナ拠点のスポーツ紙、エル・ムンド・デポルティボが報じた。

    同紙によると、バルセロナはプレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズ・カップに19年は出場せず、いくつかのプレシーズンマッチを行うよう調整中だという。

    19年夏は7月22~28日の間に神戸、チェルシーと日本で対戦する見通し。中国でも2試合が計画されている。

    2018年12月31日 18時11分 デイリースポーツ
    http://news.livedoor.com/article/detail/15816150/

    写真
    no title

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/15(土) 16:31:33.46 _USER9
    イングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するFWアルバロ・モラタがスペインのバルセロナ移籍を希望していると現地時間の12日に英メディア『デイリー・ミラー』などが報じている。

    今季ここまで公式戦19試合に出場し7得点を記録しているモラタは来年で27歳になる。モラタ本人ももう一度スペインのビッグクラブでのプレーを希望しているようだ。また、スペイン・カタルーニャのラジオ局『RAC1』によると、「モラタは今の景色を変えたいと思っているだろう」と伝えている。

    今回バルセロナ側からのオファーではなく、モラタ側がバルセロナに接触したと見られ、2017年までプレーしたレアル・マドリーではなくライバルのバルセロナへ移籍を希望している。

    モラタは古巣のライバルであるバルセロナへの移籍となるのだろうか。
    c8d18c53f4c5e881df32527e9ba5948a-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/12/13/post301050/

    続きを読む

    thumb_21822_news_main

    1: Egg ★ 2018/12/10(月) 18:29:52.23 _USER9
    スペイン1部リーグ、バルセロナのFWウスマン・デンベレが9日のチーム練習に2時間近く遅刻したという。バルセロナのラジオ局RAC1など複数のバルセロナメディアが伝えている。

    報道によると予定では同日の練習開始は11時。しかしデンベレは13時前になって練習場に姿を現した。すぐにチームメイトらに謝罪、寝坊したと説明したという。

    デンベレの遅刻は今回が初めてではなく、先月8日にも集合時間に1時間半遅れていた。バルベルデ監督はそのすぐ後のリーガ試合に同選手をスタンド観戦させペナルティーを課した。その後新たな問題もなく前日8日のエスパニョール戦では1ゴール1アシストをマーク。これ以上ないパフォーマンスを披露した直後の“再犯”となっただけに今後どういった対応がなされるか注目される。

    12/10(月) 18:25配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000119-dal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ