海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > FCバルセロナ

    1:豆次郎 ★:2018/01/31(水) 12:18:47.27 ID:CAP_USER9.net
    1/31(水) 12:14配信
    メッシ&スアレスで5試合連続ゴール! リーガで88年ぶりの快挙達成

    バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、また新たな金字塔を打ち立てた。30日付のスペイン紙『ラ・バングアルディア』が報じている。

    バルセロナは28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節でアラベスと対戦。相手に先制を許したものの、メッシとスアレスのゴールで2-1の逆転勝利を収めた。

    メッシとスアレスはこれで、リーグ戦5試合連続の“アベック弾”を達成。同紙によると、リーガ・エスパニョーラの歴代タイ記録になるという。1930-31シーズンの第6節から第10節にかけて、アスレティック・ビルバオに所属したギジェルモ・ゴロスティサとホセ・イララゴーリのスペイン人コンビが5試合連続でゴールを決めて以来、実に88年ぶりの快挙になるそうだ。

    なお、バルセロナがリーグ戦最近5試合で奪った17ゴールのうち、メッシとスアレスは2人だけで13ゴールをマークしている。またスアレスは個人として、リーグ戦8試合連続ゴールを記録。2015-16シーズンに打ち立てた7試合連続ゴールを上回る自己ベストを達成している。

    バルセロナは1日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝ファーストレグでホームにバレンシアを迎えた後、4日のリーガ・エスパニョーラ第22節でエスパニョールとのアウェイゲームに挑む。“バルセロナ・ダービー”となる敵地での大一番では、リーグ戦におけるクラブの開幕連続無敗記録の更新がかかっており、メッシとスアレスの両ストライカーにかかる期待は大きい。再び“アベック弾”は生まれるのか、そして新記録達成となるのか。注目が集まる。

    (記事/Footmedia)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00709215-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/30(火) 23:31:08.04 ID:CAP_USER9.net
    アラベス戦のCKシーン、左足かかとで相手選手の下腹部を蹴った疑惑が浮上

    バルセロナは現地時間28日のリーガ・エスパニョーラ第21節アラベス戦で2-1と逆転勝利を飾り、開幕からの無敗試合をクラブ記録タイの21戦連続に伸ばした。

    後半27分に今季リーグ戦16点目となる同点ゴールを決めるなど、攻撃を牽引したウルグアイ代表FWルイス・スアレスだが、相手選手の下腹部を故意に蹴ったという疑惑が浮上。

    海外メディアが決定的瞬間の映像を公開するとともに「狂気の一面を見せた」などと報じている。

    バルセロナは0-1とアラベスにリードを許して迎えた後半27分、左サイドを崩したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタのクロスに対して、スアレスが右足ダイレクトボレーで仕留めて同点に追いついた。同39分には、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが約20メートルの直接FKを決めて勝ち越したが、その2分後に疑惑のシーンが生まれた。

    バルセロナが右CKを得た場面、スアレスはファーサイドでアラベスDFルベン・ドゥアルテの密着マークをかわそうと動き出したが、相手もスアレスの腰に手をかけるなど必死に食らい付いて止めにかかる。

    すると次の瞬間、ドゥアルテがゴール前で倒れて悶絶。イグナシオ・イグレシアス主審はバルサのファウルとしてアラベスボールを宣告したが、スロー映像を確認すると、ニアサイドに流れようとしたスアレスが小さくジャンプした際、左足のかかとがドゥアルテの下腹部を直撃していた。

    14年W杯で相手に噛み付いた“前科”あり

    故意かどうかは定かではないものの、スアレスは2014年ブラジル・ワールドカップのイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニに噛み付き行為を行ったとして、
    FIFA(国際サッカー連盟)から9試合の代表戦出場停止、4カ月のサッカー活動の禁止、罰金約1100万円の処分を言い渡された“前科”がある。

    英紙「メトロ」が「ルイス・スアレスが相手の下腹部にキック」と報じると、オランダ紙「テレグラフ」も「スアレスが狂気の一面、ダークな一面を再び見せた」と“再犯”の可能性を指摘した。

     一方、英メディア「GIVE ME SPORT」は「ファンはルイス・スアレスが意図的にオフ・ザ・ボールでアラベスの選手に何をしたのかを見つけた」と題し、SNS上のファンの見解を紹介。「スアレスは少なくとも3試合の出場停止を受けるべき」「アラベスの選手は噛まれなかっただけ幸運だと思う」「レッドカードが相応しい」「ヒールキックは不必要だ」と様々なコメントが挙がっている。

    波紋を呼んでいる“疑惑のヒールキック”に対して、今後どのような決断が下されるのだろうか。


    【動画】偶然? それとも故意? アラベス戦で飛び出したバルサFWスアレス、“疑惑の下腹部ヒールキック”の決定的瞬間
    http://www.football-zone.net/archives/88954/3

    1/30(火) 21:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00010023-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/24(水) 22:26:44.73 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは24日、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが中国スーパーリーグの河北華夏へ移籍すると発表した。バルセロナは23日にマスチェラーノの退団を発表しており、移籍先に注目が集まっていた。
     
    現在33歳のマスチェラーノは2010年8月にリヴァプールからバルセロナへ移籍すると、センターバックの定位置を確保し活躍した。在籍期間内で通算334試合の公式戦に出場し、リーガ・エスパニョーラ優勝を4度、チャンピオンズリーグ優勝を2度、FIFAクラブワールドカップ優勝を2度経験するなど、数々のタイトル獲得に大きく貢献した。

    河北華夏はかつてレアル・マドリードやマンチェスター・Cで指揮を執ったマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いており、アルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシやコートジボワール代表FWジェルヴィーニョなどが在籍している。

    1/24(水) 20:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00706466-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/19(金) 06:27:47.73 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは18日、スペイン代表DFジェラール・ピケとの契約延長をクラブ公式サイトで発表した。

    ピケは、2022年6月30日まで契約を延長することで合意。契約解除金は5億ユーロ(約680億円)に設定された。

    現在30歳の同選手は、当時10歳の1997年にバルセロナの下部組織に加入。2004年に一度はマンチェスター・Uに移籍したものの、2008年に古巣へ復帰した。

    これまでバルセロナで通算422試合出場、37ゴールを記録し、3度のチャンピオンズリーグ制覇や6度のリーガ・エスパニョーラ優勝など、25のタイトルを獲得している。

    1/18(木) 23:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00703782-soccerk-socc

    写真



    ピケが全力で“PPAP”! ピコ太郎と並び「ピケタロウ」
    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170711/611273.html
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/01/15(月) 22:44:13.20 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは15日、MFウスマン・デンベレが負傷によって戦線離脱を強いられることを発表した。

    デンベレは途中出場を果たした14日のリーガエスパニョーラ第19節レアル・ソシエダ戦(4-0)で負傷。左足半腱様筋の肉離れで、完治までには3~4週間を要するとのことだ。

    昨夏にバルセロナに加わったデンベレだが、左足筋肉の負傷に悩まされている。昨年9月に行われたリーガ第4節ヘタフェ戦(1-2)では、左足大腿二頭筋を損傷。その際には手術を受け、1月4日のコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグ、セルタ戦で復帰を果たしたばかりだった。

    GOAL
    2018-01-15_23h39_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000027-goal-socc
    続きを読む

    2018-01-15_08h49_58

    レアル・ソシエダ 2-4 バルセロナ


    【得点者】

    11分 1-0 ウィリアン・ジョゼ(ソシエダ)
    34分 2-0 フアンミ(ソシエダ)
    39分 2-1 パウリーニョ(バルセロナ)
    50分 2-2 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    71分 2-3 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    85分 2-4 メッシ(バルセロナ)




    1:風吹けば名無し:2018/01/15(月) 06:29:25.05 ID:W6fj8OQZ0.net
    ぐうつよ
    2:風吹けば名無し:2018/01/15(月) 06:29:54.48 ID:9yvL7XrGE.net
    エイバルもやられたやつやん
    7:風吹けば名無し:2018/01/15(月) 06:30:52.76 ID:PZwAbuq/p.net
    格が違う
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/08(月) 22:44:50.26 ID:CAP_USER9.net
    218億円で移籍もメディカルチェックで負傷判明 「MSCトリオ」の実現はお預けに

    バルサ移籍のコウチーニョ、右ふとももの負傷が判明 全治3週間で初陣は2月初旬か

    サッカー史上歴代2位となる移籍金1億6000万ユーロ(約218億円)でリバプールからバルセロナに加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ。

    現地時間8日にバルセロナ入りするも、メディカルチェックでいきなり全治3週間の負傷が明らかになった。クラブ公式サイトが伝えている。

    コウチーニョは現地時間8日の午前10時に“ブラウグラナ”(青とえんじ)カラーのジャージに身を包み、笑顔で写真に収まった。クラブにとっても昨夏パリ・サンジェルマンに移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)で売却したブラジル代表FWネイマールの後釜をついに手に入れたことになるが、その後心拍数などを取るメディカルチェックの際に負傷が判明したようだ。

    「コウチーニョは右太もも部分に怪我を負っていて、3週間は出場できない見通しとなった」

    公式サイトでは、このように短く説明されている。

    コウチーニョは年始に行われた公式戦2試合(1日のリーグ戦・バーンリー戦、5日のFAカップ・エバートン戦)に欠場していた。これはバルサ移籍に向けての準備だったわけでなく、怪我によるものだったということになる。

    この診断により、コウチーニョのバルサ初陣は早くても1月末から2月初旬となった。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの「MSCトリオ」実現は、もう少し時間を待つことになりそうだ。

    1/8(月) 21:53配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180108-00010021-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/08(月) 00:50:14.07 ID:CAP_USER9.net
    リバプールからブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョを獲得したことにより、バルセロナが今シーズンの補強に費やした総額は、1シーズンの補強額としてはサッカー界の史上最高額となる。スペイン紙『マルカ』が7日付で伝えた。

    バルサは現地時間6日にコウチーニョの獲得を発表。
    その移籍金は固定額1億2000万ユーロ、変動額4000万ユーロ、合計1億6000万ユーロ(約218億円)だと報じられている。FWネイマールが昨夏バルサからパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍した際の金額に次ぎ、サッカー界史上2位の移籍金だ。

    バルサは昨夏、フランス代表FWウスマン・デンベレをクラブ史上最高額となる1億500万ユーロで獲得していたが、コウチーニョの移籍金はそれを大きく上回る。夏にはほかにMFパウリーニョを4000万ユーロ、DFネルソン・セメドを3050万ユーロ、FWジェラール・デウロフェウを1200万ユーロ、DFマルロンを500万ユーロで獲得しており、総額は3億1250万ユーロ(約425億円)に達する。

    この金額は、レアル・マドリーが2009/10シーズンの補強に費やした2億5740万ユーロ(約350億円)を上回り、1シーズンの補強総額の歴代1位を更新するものだ。2009/10シーズンは、マドリーがFWクリスティアーノ・ロナウドやMFカカーなどを獲得したシーズンだった。

    歴代3位は今季マンチェスター・シティの2億4930万ユーロ(約339億円)、4位は今季PSGの2億3800万ユーロ(約324億円)。PSGはネイマールに加えてFWキリアン・ムバッペも昨夏獲得したが、モナコからの買い取りオプション付きレンタルの形で加入したムバッペの移籍金は総額に含まれていない。ムバッペの移籍金に設定されているという1億5000万ユーロも計算に含めれば、今季PSGの補強総額はバルサも上回る史上最高額となる。

    フットボールチャンネル 2018年1月8日 00時02分
    https://www.excite.co.jp/News/soccer/20180108/Footballchannel_250230.html

    写真

    続きを読む

    1:カイキニッショク :2018/01/03(水) 23:30:29.07 ID:CAP_USER9.net
    コウチーニョ、バルサ移籍で“冬の史上最高額”を更新か。移籍金は195億円に

    1/3(水) 21:10配信

    フットボールチャンネル

    リバプールのブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョのバルセロナ移籍が近づいている。スペイン紙『マルカ』など複数のメディアが伝えた。

    昨夏コウチーニョは、バルセロナを退団したブラジル代表のFWネイマールの後釜としてクラブに迎え入れられようとしていたが、結局リバプール側が頑なに同選手の放出を拒んだため、移籍話は破談に終わった。

    しかし同紙によると、それ以降も交渉を続けてきた甲斐があり、現在はリバプール側もコウチーニョの移籍交渉に応じている模様。バルセロナ側には、冬の移籍市場での史上最高額となる1億5000万ユーロ(約195億円)が要求されているようだ。

    コウチーニョは、1日に行われたプレミアリーグ第22節のバーンリー戦では招集メンバーからも外れており、これが移籍を示唆しているのではないかとも伝えられている。果たして夏の移籍市場に続き大金が動くことにはなるのだろうか。
    20180103coutinho_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00249652-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/01(月) 11:08:03.17 ID:CAP_USER9.net
    今冬の移籍市場で1番の目玉といえば、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)。かねてうわさのあるバルセロナへの移籍が実現するかどうかに注目が集まっている。

    そんな中、バルサにユニホームを供給しているナイキ社がフライングで、コウチーニョの同クラブ移籍を発表してしまった!?

    これが意図したものなのか、アクシデント的にリークされてしまったのかは定かではない。

    だがナイキ社が運営するバルサのオンラインショッピングサイトには確かに「フィリペ・コウチーニョが(バルサの本拠地)カンプノウを燃え上がらせる準備は整った。マジシャン(コウチーニョのニックネーム)の名前が入った、バルサの17-18年シーズンユニホームを手に入れよう」の文字が表れ、すぐに消去された。

    しかしもう手遅れで、複数の欧州メディアに発見され「コウチーニョの移籍が決まった」と報じられてしまった。

    コウチーニョは、すでにバルセロナでの家探しを行っているとも報じられており、バルサ入りの正式発表も時間の問題か。

    現在、欧州チャンピオンズリーグを戦っているリバプールにすれば同MFがチームを去るとなれば大打撃となる。古豪復活を期待していた筆者の個人的な希望を言えば、せめて今シーズン終了までは赤いユニホームで戦ってほしいと思うのだが。

    【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」

    1/1(月) 0:27配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00090604-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ