海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > FCバルセロナ

    thumb_21822_news_main

    1: Egg ★ 2018/12/10(月) 18:29:52.23 _USER9
    スペイン1部リーグ、バルセロナのFWウスマン・デンベレが9日のチーム練習に2時間近く遅刻したという。バルセロナのラジオ局RAC1など複数のバルセロナメディアが伝えている。

    報道によると予定では同日の練習開始は11時。しかしデンベレは13時前になって練習場に姿を現した。すぐにチームメイトらに謝罪、寝坊したと説明したという。

    デンベレの遅刻は今回が初めてではなく、先月8日にも集合時間に1時間半遅れていた。バルベルデ監督はそのすぐ後のリーガ試合に同選手をスタンド観戦させペナルティーを課した。その後新たな問題もなく前日8日のエスパニョール戦では1ゴール1アシストをマーク。これ以上ないパフォーマンスを披露した直後の“再犯”となっただけに今後どういった対応がなされるか注目される。

    12/10(月) 18:25配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000119-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/28(水) 15:44:36.39 _USER9
    バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが将来の日本行きを示唆している。スペイン『マルカ』が伝えた。

    ブスケツは24日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリー戦(1-1)で、クラブ通算500試合の出場を達成。歴代1位はアルサッドMFシャビ・エルナンデス(769試合)、2位は神戸MFアンドレス・イニエスタ(674試合)など、その先には偉大な先輩たちが控えている。ブスケツは「そこに到達したいとは思うが、それは不可能だ」と語ると、今後のキャリアについて次のように話した。

    「バルセロナでのキャリアの終わりがいつになるかは分からない。もし状態が良ければ、アメリカ、日本、カタールで異なるサッカーに挑戦してみたいね。それが終わったら、家族との時間を楽しみたい。今まで4日連続のオフもなかったんだ。それから監督になるための勉強をしたいね」

    自身のコンディション次第という条件付きながら、移籍先の候補に日本も挙げたブスケツ。Jリーグでは今夏加入したイニエスタ、鳥栖FWフェルナンド・トーレスの元スペイン代表選手が活躍している。2010年W杯優勝メンバーからの3人目の日本上陸は実現するだろうか。
    2018-11-28_18h48_59
    18/11/28 10:54 ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260234-260234-fl

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/28(水) 12:32:12.05 _USER9
    スペイン1部リーグ、バルセロナのDFジェラール・ピケが運転免許の持ち点がない状態でバルセロナ市内を運転していた件でバルセロナ裁判所が26日、ピケに対し4万8000ユーロ(約617万3000円)の罰金を課した。バルセロナの地元一般紙ラ・バングアルディアなどスペインの複数メディアが伝えている。

    記事によると罰金の算定は一日200ユーロ(約2万6000円)が8カ月続くというもの。ピケは弁護士とともに裁判所に出頭し15分ほど滞在したが、出廷前後で居合わせた報道陣に対しコメントすることはなかった。
    2018-11-28_13h10_28
    11/27(火) 19:31配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000114-dal-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/11/26(月) 17:32:01.89 _USER9
    リオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドといったスーパースターたちのサラリーは、天文学的な数字になりつつある。


    実際に、クラブが支払う人件費にも影響しているようだ。英紙『Guardian』によると、349チームを対象とした『Global Sports Salary Survey』の「トップチーム平均サラリー調査」では、バルセロナがトップに立っている。

    13か国の8スポーツ、13リーグを対象にした調査によれば、バルセロナの平均サラリーはボーナス前で1045万ポンド(約15億1525万円)で全体の1位。2位はレアル・マドリーの810万ポンド(約11億7450万円)で、スペインのビッグ2が3~8位を占めたNBA勢を抑えている。

    バルサの場合、メッシのサラリーが全体の平均を上げている。それはC・ロナウドも同様だ。夏に同選手を獲得したユベントスは、前回の32位から9位へと大きく順位を上げている。

    トップ10最後の1枠に入ったのは、653万ポンド(約9億4685万円)のマンチェスター・ユナイテッドだった。プレミアリーグのクラブでは、593万ポンド(約8億5985万円)のシティがユナイテッドに続き、全体の20位にランクイン。チェルシー、アーセナル、リバプールも40位以内に入っている。
     
    これらのデータからもプレミア勢の裕福さは明白で、全クラブの平均は週給5万5714ポンド(約808万円)。年俸換算で299万ポンド(約4億3355万円)となり、ラ・リーガ(220万ポンド/約3億1900万円)を36%も上回る。150万ポンド(約2億1750万円)のセリエAと比べれば、ほぼ倍額だ。

    その他のリーグでは、ブンデスリーガの全クラブの平均年俸が140万ポンド(約2億300万円)で、リーグ・アンが90万ポンド(約1億3050万円)。以下、中国のスーパーリーグ(80万ポンド/約1億1600万円)、ロシア・プレミアリーグ(70万ポンド/約1億150万円)、トルコ・シュペルリギ(60万ポンド/約8700万円)と続いている。

    世界的なサッカーの発展とともに、高騰を続けてきた人件費。この傾向は、今後も変わらずに続くのだろうか。
    2018-11-26_20h43_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181126-00050761-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/20(火) 12:47:48.58 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)が、チームメイトのフランス代表FWウスマン・デンベレ(21)にアドバイスを送った。スペイン『アス』が報じている。

    優れた才能を持ち、将来を期待されながらも、遅刻癖や素行の悪さが目立つデンベレ。最近では、夜遅くまでテレビゲームをやっていたことで8日のトレーニングに遅刻し、11日のリーガ・エスパニョーラ第12節ベティス戦でメンバー外となっていた。報道によると、クラブはデンベレに対して最後通告をする予定だという。

    そんなデンベレに対し、過去に噛み付き行為でサッカーに関するあらゆる活動の4か月間禁止処分を受けたこともあるスアレスが、後輩にアドバイスを送った。

    同紙によると、スアレスは「彼はもっと自分のサッカーに集中し、責任感をもつべきだ。まだ彼はとても若いし、プロフェッショナリズムに目覚めるには遅くない。バルセロナのロッカールームには経験豊富な選手たちがいる。彼らを見て学んでほしい。彼もバルセロナの一員なのだから」とコメント。先輩の思いはデンベレに届くのだろうか。
    2018-11-20_14h18_30
    11/20(火) 10:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-05875273-gekisaka-socc
    続きを読む

    news_225812_1

    1:数の子 ★:2018/11/11(日) 19:19:20.00 ID:CAP_USER9.net
    11/11(日) 19:13配信 デイリースポーツ

    スペイン1部リーグ、バルセロナのFWウスマン・デンベレが11日午後(日本時間12日)行われるベティス戦の招集メンバーから外れた。スペイン複数紙によるとデンベレの遅刻が原因だとされる。


    マルカ紙によると、デンベレは8日のチーム集合時間に姿を見せず、45分遅れでやっとクラブ関係者と連絡が取れる状態になったという。これまでも同様の規律違反があり、今回のメンバー落ちは選手に反省を促すものだとの見方がある。


    もっともエルネスト・バルベルデ監督は「罰ではない」と否定。「それぞれが受け取りたいようにすればいい。我々は一つのチームで一人が招集されれば、別の一人が外れる。私はチームとクラブにとって最善の決断をする」と説明。デンベレ個人についても「彼が持つ才能を出して欲しいと思っている」と今後の本領発揮を期待していると話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000137-dal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/11/07(水) 17:32:39.38 ID:CAP_USER9.net
    FCバルセロナでのウスマン・デンベレの出場機会の少なさは、ヨーロッパの複数のクラブからの関心を集めている。数日前、『RAC1』は冬の移籍市場での移籍の可能性を報じていた。そして噂はさらに広まっている。

    バルサはデンベレ売却を考えず

    『Express』によると、フランス人フォワードの出場機会の少なさが、リヴァプールの興味を沸かせているようだ。

    既に昨年、ユルゲン・クロップは「彼は売りに出ているのか?僕は気になっているよ」というコメントを残していた。このことからリヴァプールは、次の移籍市場でのデンベレの獲得に、非常に前向きなようである。

    今のところデンベレは、2017年の夏にバルサが彼の獲得のために支払った、1億500万ユーロ(約136億円)と40%のボーナスという金額に見合ったパフォーマンスを見せられていない。ネイマールの代役として加入してから、この2シーズンにおいてカンプ・ノウで不安定なシーズンを送っている。

    最初のシーズンは、怪我によって不運なシーズンを過ごし、先発として出場するという要求は今シーズンほど強くはなかった。しかしながら、21歳のフランス人は今シーズン、フル出場を果たしたのは1試合にとどまり、不安定なパフォーマンスや、先発の座を勝ち取っているアルトゥールの台頭もあり、エルネスト・バルベルデの信頼を失いつつある。
    2018-11-07_18h20_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00010016-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/29(月) 02:09:31.75 ID:CAP_USER9.net
    日本時間29日、2018/19シーズン初の伝統の一戦、エル・クラシコがカンプ・ノウで開催され、スアレスがハットトリックを決めるなどマドリーを圧倒し、4-1でFCバルセロナが勝利を収めている。

    FCバルセロナはメッシ、レアル・マドリーはクリスティアーノ・ロナウドと両チームエースが不在という中、今季初のクラシコを迎えた。

    前半10分、バルサが先制。
    ジョルディ・アルバが左サイドを抜け出し、ラキティッチからパスを受ける。深くまでドリブルで入ると中へクロス。中にいたコウチーニョが落ち着いてゴールへ流し込んだ。(1-0)

    前半27分、スアレスがヴァランにPA内で倒され、一度は流されプレー続行するもVARで審判が確認しPKの判定。このPKをスアレスが左隅に決めた。(2-0)スアレスはゴールパフォーマンスに、先日誕生した第3子ラウタロを含めた子供たちの写真がうつったインナーをカメラに向かって見せアピールした。

    前半はバルサがマドリーを圧倒し迎えた後半49分、マドリーが息を吹きかえす。イスコが右サイド深い位置からクロス、バルサのDF陣に当たりながらもボールはマルセロの元へ。マルセロが胸トラップから右足でシュートを放ちゴールネットを揺らした。(2-1)

    後半67分、マドリーが決定機を迎える。ルカス・バスケスがカウンターから右サイドを独走。右サイドからクロスあげベンゼマが頭で合わせるも僅かにゴール上に外れた。

    後半74分、スアレスがドブレーテ。マドリーの前からのプレスを切り抜けたバルサは、コウチーニョの交代で入ったデンベレが中央からボールを前に運ぶ。右サイドを駆け上がったセルジ・ロベルトへパスすると、セルジ・ロベルトはアーリークロスを上げる。ファーサイドを狙ったと思われるクロスだが、手前にいたスアレスが頭で合わせ2点目を決めた。(3-1)

    後半80分、マルセロが負傷交代でピッチを後に。直後後半82分、セルジ・ロベルトがラモスとの対人に勝利し、抜け出したスアレスにラストパス。スアレスはGKとの一対一を冷静にループでゴールネットを揺らした。(4-1)

    後半86分、途中出場のアルトゥーロ・ビダルがゴール。
    左サイドでボールを受けた途中出場のデンベレがドリブルを開始。一人かわすと左足でクロスを上げる。中にいたアルトゥーロ・ビダルが頭でゴールを奪った。(5-1)

    10/29(月) 2:06配信
    2018-10-29_07h55_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00010002-sportes-socc
    5:Egg ★:2018/10/29(月) 02:10:22.73 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    バルセロナ 5-1 レアル・マドリード

    【得点者】
    1-0 11分 フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)
    2-0 30分 ルイス・スアレス(PK/バルセロナ)
    2-1 50分 マルセロ(レアル・マドリード)
    3-1 75分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    4-1 83分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    5-1 87分 アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)

    【スターティングメンバー】
    バルセロナ(4-3-3)
    テア・シュテーゲン;S・ロベルト、ピケ、ラングレ、J・アルバ;ラキティッチ、ブスケツ、アルトゥール;ラフィーニャ(69分 セメド)、スアレス、コウチーニョ(74分 デンベレ)

    レアル・マドリード(4-3-3)
    クルトワ;ナチョ、ヴァラン(46分 L・バスケス)、S・ラモス、マルセロ;モドリッチ、カゼミーロ、クロース;ベイル、ベンゼマ、イスコ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00854930-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ