海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > ネイマール

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/09(月) 12:12:30.76 ID:CAP_USER9.net
    「ボールロスト30回、パス失敗15回」と、ビジャレアル戦での低調さを数値で示す
     
    バルセロナが誇る「MSNトリオ」の一角、ブラジル代表FWネイマールが決定力という面でスランプに陥っている。リーガ・エスパニョーラ第17節ビジャレアル戦で得点をマークできなかった背番号11は、991分間連続無得点の状況に陥っていると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

    この試合、後半5分にビジャレアルに先制を許したバルセロナは同45分、メッシの圧巻の直接FK弾で1-1に追いつき、辛くも勝ち点1を確保した。しかしナンバー10がチームを救う一方で、長いトンネルを抜け出せないのがネイマールだ。

    ビジャレアル戦でも何度か決定機を迎えたものの、シュートチャンスを生かしきれず。至近距離から放ったオーバーヘッドキックが大きくクロスバーの上を越えていく場面が象徴的だった。

    同紙はこの日のネイマールの出来について、数字を示しつつ辛辣だった。

    「エル・マドリガルで計30回もボールロストし、ゴールネットに突き刺すことはできなかった。ネイマールは良くなかった。計15回のパス失敗、多くのドリブルが盲目的なコースで見劣りするものだった」

    昨年10月のCLマンC戦以来ゴールを奪えず
     
    ネイマールの不調は長期間にわたっている。公式戦でゴールを奪ったのは昨年10月19日のUEFAチャンピオンズリーグ、マンチェスター・シティ戦(4-0)まで遡らなければならず、連続ノーゴールは991分間にまで伸びてしまった。またリーガに限れば、第7節セルタ戦(3-4)以来ゴールネットを揺らせていない。

    昨秋にはバルサと2021年までの契約延長を締結したネイマールだが、長引くスランプから脱却することはできるのだろうか。
    2017-01-09_13h12_38
    Football ZONE web 1/9(月) 10:12配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00010002-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 19:36:50.62 ID:CAP_USER9.net
    アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏は、バルセロナFWネイマールが世界の頂点に近づきつつあるとの見解を示している。

    2016年はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが通算4度目となるバロンドールを受賞して幕を閉じた。2位に選ばれたバルセロナFWリオネル・メッシとの得票数の差は決して少なかった。

    だがマラドーナ氏は「メッシとクリスティアーノの違いは少ししかない」と語っている。「どちらが(バロンドールのような)個人賞を受賞してもおかしくない」。そう意見を述べ、次のように続けている。

    「そこにもうすぐネイマールが現れるだろう。あの2人に一番近いのは彼だ。彼は今メッシとC・ロナウドとの差を埋めている」

    GOAL 12/30(金) 11:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00010001-goal-socc

    写真
    続きを読む

    GettyImages-516028016-800x600
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:41:41.21 ID:CAP_USER9.net
    時事通信 11/23(水) 23:34配信

    【ロンドン時事】スペインの検察当局は23日、サッカーの同国1部リーグでバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール選手が移籍時の詐欺行為に関与したとして、禁錮2年と罰金1000万ユーロ(約11億8000万円)を求刑した。裁判資料で明らかになったと欧州メディアが報じた。

    バルセロナは2013年にネイマール選手をサントス(ブラジル)から獲得した際、実際よりも低い移籍金を公表し、詐欺や脱税の疑いが掛けられていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000113-jij-spo
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/03(木) 23:45:40.36 ID:CAP_USER9.net
    最近は奔放さばかりに注目が集まるネイマールが、新たな騒動を巻き起こしている。

    先月29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節のグラナダ戦の終了直後に事件は起きた。

    ネイマールは試合を終えてロッカールームに引き上げる際、自分の前の階段を歩いていたグラナダのDFルヴェン・ヴェーゾを上から突き飛ばした。これは中継の映像にも証拠が残っており、後ろから押された選手は階段を転げ落ちていった。

    2人は試合終了直前から揉めていた。1-0で勝っているにもかかわらず、ネイマールがグラナダの選手に遅れぎみで強烈なタックルを見舞ったことにルヴェン・ヴェーゾが激怒。

    両者はおでこを突き合わせて罵り合うなど、周囲の選手たちが止めに入らなければ乱闘になりかねない一触即発の状態になっていた。

    また、ネイマールはルヴェン・ヴェーゾに対して繰り返し暴言を吐いていたことが読唇術によって明らかになっている。

    スペインのテレビ局『ラ・セクスタ』が放送した番組の中でブラジル代表のエースが、日本語に直訳すると「尻を出してどっか行け!」「お前は売春婦の息子だ!」
    という意味のスペイン語を発していたことが暴露された。

    これらの言葉は英語では「Fワード」に近い意味であり、相手を侮辱する際に使われる。ネイマールはかなり汚い言葉でルヴェン・ヴェーゾを罵っていた。

    階段から突き落とされたルヴェン・ヴェーゾは反撃に転じ、立ち上がると上にいたネイマールを突き倒して尻餅をつかせた。

    それでも世界最高峰のスター選手が試合中のトラブルをピッチ外に持ち出し、先に手を出したことに非難が集まっている。

    バレンシア戦では相手サポーターによって投げ込まれたペットボトルに派手な“演技”で倒れこんだ姿が話題になり、過剰な反応が議論を呼んだ。

    プレー面以外の話題が絶えず、問題児化しつつあるネイマールはその精神的な未熟さを克服することができるのだろうか。

    【了】
    20161102_neymar_getty-560x373
    http://www.footballchannel.jp/2016/11/02/post182886/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/25(火) 08:08:42.63 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのFWネイマールは、ここまでリーガエスパニョーラ全体でトップとなるファウルを受けている。23日、スペイン紙『アス』が報じている。

    第9節を終えたリーガ。リオデジャネイロ五輪参加のため、チーム合流が遅れたネイマールの出場はここまで7試合。今季のパフォーマンスは好調で、ドリブル成功回数はトップの68回となっている。だが、その一方でリーグトップの35度のファウルを既に受けている。

    そして、バルセロナもチーム全体で146度のファウルを受けており、これは1試合平均16.2回ということで、12.62回のアトレティコ・マドリーや13.62回のレアル・マドリーよりもはるかに多いことが分かる。

    こうした数字は、ファウルでもしない限り止められないというチーム、個人のクオリティの高さの裏返しでもあるが、時に負傷という大きなリスクを伴うものでもある。先週バルセロナはチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦でジェラール・ピケ、バレンシア戦でアンドレス・イニエスタの両選手が、相手選手のタックルにより負傷交代を余儀なくされ、戦線離脱という状況に追い込まれている。

    2014年のブラジルワールドカップ準々決勝をはじめ、これまでにも悪質なファウルに苦しめられてきたネイマール。今季はここまで好調を維持しているが、毎試合多くのファウルを受けているのはファンにとっても非常に気がかりなところ。悪質なファウルの犠牲にならないことを願うばかりだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161025-00010002-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10月25日(火)7時30分配信




    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/08(土) 10:14:20.68 ID:CAP_USER9.net
    W杯南米予選は第9節の5試合が6日に行われ、2位ブラジルはボリビアに5―0で大勝。FWネイマール(24=バルセロナ)が代表通算49点目を挙げて、MFジーコ(63)を抜いて歴代4位に浮上し、クラブと合わせてプロ通算300ゴールも記録した。首位ウルグアイはベネズエラに3―0で快勝。またFWリオネル・メッシ(29=バルセロナ)を負傷で欠いたアルゼンチンはペルーと2―2で引き分け、前節3位から5位に後退した。

    ネイマールが大勝を呼んだ。前半11分にドリブル突破から先制ゴール。さらにチーム3点目と4点目をアシストした。ブラジル協会によると09年のプロデビューから通算300得点(年代別代表を含む)。A代表49得点で、24歳の若さで「10番」の大先輩ジーコを抜いた。相手選手の肘打ちで額から流血し後半24分に交代。累積警告で11日のベネズエラ戦は欠場となったが、6月の就任後3連勝のチチ監督は「ネイマール不在でもチームは強い」と自信をのぞかせた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000037-spnannex-socc
    スポニチアネックス 10月8日(土)7時2分配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/20(火) 20:02:12.23 ID:CAP_USER9.net
    元アルゼンチン代表のマリオ・ケンペス氏は、バルセロナFWネイマールを擁護している。

    ネイマールは先週末に行われたリーガエスパニョーラ第4節レガネス戦(5-1)で、チームが大差で勝っているなか相手を挑発するようなプレーを繰り返した。これに対し、元バルセロナMFミカエル・ラウドルップ氏が苦言を呈すなど、改めてブラジル代表FWのピッチ上での振る舞いが問題視されている。

    ケンペス氏は、ネイマールのプレースタイルが幼少の頃から培われてきたものであり、簡単には変えられないと指摘。スペイン『ラジオ・マルカ』で以下のように語っている。

    「例えば、マルセロやクリスティアーノ・ロナウドはネイマールより(相手を挑発するような)悪いことをしている。マルセロはディフェンダーだから、なおさらだ。なのに、スペインではそれについて誰も何も言わない」

    「ネイマールは挑発など望んでいない。ブラジルでも同じようにプレーしていたのだろう。コパカバーナ(リオデジャネイロ南部にある海岸)のビーチでも、同じようにね。彼の国ではそれが普通だからさ。アルゼンチン人の私の言うのだから間違いないよ」
    2016-09-20_21h11_15
    GOAL 9月20日 17時43分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/18(日) 11:06:41.39 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリー、バルセロナ、ヴィッセル神戸などでプレーした元デンマーク代表のミカエル・ラウドルップ氏が、バルセロナFWネイマールのプレーを批判した。

    スペイン『Beinスポーツ』で、17日のリーガ・エスパニョーラ第4節レガネス対バルセロナ(1-5)の解説を務めたラウドルップ氏は、ネイマールが足裏を使ったプレーでレガネスを挑発していたと指摘。ネイマールがレガネスMFルイス・サストレからファウルを受けた際に、次のようにコメントした。

    「しかし、彼はなぜ自陣でボールを踏んでいるんだ?(相手を)挑発しているよ。パスを出して、違うポジションに移動すべきだ!」

    「4-0で勝っているときにボールを踏み、ライバルを挑発するなどもってのほかだよ」

    バルセロナファンはラウドルップ氏のこの発言についてソーシャルネットワーク上で異論を唱え、また同氏が得点を重ねるバルセロナを一切褒めなかったことを非難している。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?198900-198900-fl

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/09/14(水) 18:09:07.04 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナ(スペイン)のブラジル代表FWネイマールが、13日に行ったUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のセルティック(スコットランド)戦後にツイッター(@neymarjr)を更新したFWリオネル・メッシとの2ショット写真が話題を集めている。

    バルセロナはカンプ・ノウで行ったセルティック戦でメッシがハットトリックを達成したほか、ネイマールの1ゴール4アシストの活躍があり、7-0で大勝した。金色に髪を染めた両エースは、今季も欧州を席巻することになりそうだ。

    そんなネイマールはメッシとの2ショット写真とともに「FUSAO」と投稿。そして炎マークに指を向かい合わせる絵文字を添えた。さらに「#Sayajin」のハッシュタグを添えた。

    「FUSAO」とはポルトガル語でフュージョンを意味する。これは日本の人気アニメ『ドラゴンボール』で2人が融合する際に用いる技のことで、ハッシュタグの「#Sayajin」(サイヤ人)は主人公の孫悟空たちの人種のこと。ネイマールは、孫悟空たちサイヤ人が金髪の超サイヤ人に変身することが出来ること、そして2人がフュージョンしたと投稿したのだ。

    ジネディーヌ・ジダンやアレッサンドロ・デル・ピエロが『キャプテン翼』に影響を受けたという有名な話があるように、日本アニメが世界共通であることが分かる。

    画像

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?198664-198664-fl
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/28(木) 14:04:43.63 ID:CAP_USER9.net
    近いうちに世界最高の座が入れ替わるか

    それぞれバルセロナとレアル・マドリードで数々の成功を収めてきたリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは、数年にわたって世界最高の選手の座を争ってきた。

    今夏におこなわれたEURO2016でもロナウド擁するポルトガル代表が優勝するなど、まだまだサッカー界はメッシとロナウドを中心に回っていると感じさせられる。

    しかしスペイン『Mundodeportivo』によると、かつてバルセロナなどでプレイした元ブラジル代表FWリバウド氏はメッシとロナウドによる支配が近いうちに終わると考えている。同氏は「現在世界最高の選手はまだメッシとロナウドだ。

    だが、私はすぐにネイマールが世界最高の選手になると思うね」とコメントし、自身もつけたブラジル代表の10番を背負うネイマールこそ世界最高の選手にふさわしい存在と感じているようだ。

    また、ネイマールが所属するバルサのプレイスタイルにも魅了されているようで、できる限り今のスタイルを継続させてほしいと語った。

    「バルサは素晴らしいチームで、5~6年にわたって彼らのフットボールはみんなをハッピーにしてきた。全てのファンは彼らのスタイルを称賛しているし、彼らにはこれを続けてほしいと願っているよ」

    ネイマールはバルサの環境に適応すると同時にプレイの幅も広がり、ブラジル国内でプレイしていた頃よりも明らかに成長している。リバウド氏はこのままいけばネイマールが世界最高の選手になると感じているようだが、メッシとロナウドがトップの時代はそろそろ終わりを迎えるか。
    2016-07-28_16h12_01
    theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(木)9時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00010004-theworld-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ