海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > ネイマール

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 21:52:04.31 ID:CAP_USER9.net
    昨季のリーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の二冠王者バルセロナは、シーズン後半戦に試練の時を迎えている。

    14日のUEFAチャンピオンズリーグ16強の敵地第1戦パリ・サンジェルマン(PSG)戦でよもやの0-4負けを喫し、リーグ戦ではレアル・マドリードの後塵を拝している。

    失速気味のカタルーニャの名門だが、3トップを形成するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSNトリオ”は依然として「最強」との声は根強い。今季J2京都サンガF.C.に加入した元日本代表DF田中マルクス闘莉王も、そうした「MSN史上最強説」を唱える一人だ。

    「PSG戦は驚いた。バルサが低調だったけど、PSGの出来が素晴らしかった。でも、あんなことはほとんど起こらないでしょう」

    こう語った闘莉王は、MSNトリオをいかに止めるのか――という対戦相手に突きつけられる命題について、「あの3トップを止めるのは無理でしょう」と脱帽といった様子で前置きしながら、「自分ならディフェンスラインを思い切って下げる。(3人に)スペースを与えたら何点取られるか分からない。5バックでボランチを3枚並べる。サッカーはやらせてもらえないでしょう」と語った。

    2010年の南アフリカ・ワールドカップで世界の実力者と渡り合い、日本代表のベスト16進出に貢献した闘将にとっても、バルセロナと“MSN”は異次元の存在のようだ。

    ■「誰かさえ抑えれば…、というのがない」

    「自分も今までいろいろなチームを見てきたけれど、一番じゃないかな。ブラジルでネイマールはスーパースター。凄い選手だよ。そんなネイマールが、あの3トップで一番“凄くない”。それが恐ろしい。

    エースが最後に決めるというのは理解できる。レアル・マドリードも、最終的に決めるのはやはりクリスティアーノ・ロナウド。でも、バルサはちょっと違う。一人止めたところで、あと二人いる。誰かさえ抑えれば…、というのがない。だから、止めるのは無理」

    闘将はこう語っている。闘莉王がクラブレベルで戦った最強の相手は、浦和レッズ時代の2007年にFIFAクラブワールドカップ準決勝で戦ったACミランだという。

    名将カルロ・アンチェロッティに率いられ、ブラジル代表GKジダ、イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ、MFアンドレア・ピルロ、FWフィリッポ・インザーギ、オランダ代表MFクラレンス・セードルフら名手を揃えた世界最強のチームだったが、それでも抑えどころは存在したという。

    「浦和レッズの時にクラブワールドカップで対戦したACミランも強かった。タレント揃いでチームとしては完成されていたけれど、あのチームのオフェンスは全盛期のカカがいたからこそ。カカがずば抜けていた。

    カカさえ抑えればというところで、結局あそこから失点してしまった。決勝戦のボカ・ジュニアーズの試合も、カカが全部崩してゴールを奪っていた。結局できなかったけれど、カカ一人抑えればという計算はできる。でも、3人は無理でしょう」

    この時、浦和は0-1でミランの軍門に降ったが、決勝点はカカの強引な突破からのクロスをセードルフが決めたものだった。カカを抑えきれなかったが、エースが3人もいたら抑えることは困難を極める。

    つづく
    3fef541e057d0b8808b4516d126d085d-576x320
    Football ZONE web 2/24(金) 21:06
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010015-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/17(金) 07:57:29.26 ID:CAP_USER9.net
    夏に大金が動く?

    夏が来るたびに、ネイマールの周辺は騒がしくなる。バルセロナでプレイするブラジル代表FWが、今夏の退団を視野に入れているようだ。

    2013年にサントスからカタルーニャへと渡ったネイマールの電撃移籍を確信しているのは、他でもないレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長だという。

    仲介者から情報を仕入れたという同会長は、ネイマールの電撃退団が今夏に実現することになると友人へ漏らしたようだ。

    スペイン『Don Balon』が報じている。曰く、ネイマールは金銭面よりも野心によって退団を決意するとのことだが、レアル・マドリードは約240億円を要する同選手の獲得レースには参戦せず、パリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドがライバルの弱体化を成功させることに期待しているという。

    これまでにも幾度か報じられてきたネイマールの移籍話だが、現在の彼はカンプノウでの美しいフットボールを心から謳歌しているようにも見える。

    果たしてメガクラブによるネイマール強奪計画は奏功するのだろうか。今後の展開に注目だ。
    GettyImages-632432208-min
    https://www.theworldmagazine.jp/20170216/01world/spain/112258
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 21:49:12.86 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンに0-4と敗戦した。FWネイマールは、逆転での突破が困難であることを認めている。

    14日に再開したCLは衝撃的な幕開けとなった。バルセロナが敵地パルケ・デ・プリンシペスでパリSGに大敗。3月8日に控えるセカンドレグを前に、奇跡の逆転劇が必要な状況に追い込まれた。

    ネイマールはミックスゾーンで母国メディアに対して口を開いた。スペイン『アス』がそのコメントを伝えている。

    「消化するのが難しい、異常な試合だった。パリSGは何度もチャンスをつくり、あれだけのゴールを奪った。素晴らしい試合をした彼らの手柄だよ。僕たちは次の試合に気持ちを切り替えなくては。この状況を変えるためにね」

    「すごく難しい状況だ。ほぼ不可能だろう。だけど、あきらめることはできない」セカンドレグに向けてどういった準備をするかと問われたネイマールは、答えに窮した。

    「こういう状況で試合の準備をするのは難しいよ。相手に4点のアドバンテージがあるからね。キャリアで似たような経験をしたことはないと思う。だから質問には答えられない。

    僕に言えるのは、僕たちが全力で次の試合に臨むということだけだ」

    GOAL 2/15(水) 18:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000025-goal-socc

    写真

    BarcaTV【UEFAチャンピオンズリーグ第1戦】パリSG vs バルセロナ
    SPORTSチャンネル
    2月17日(金)20:00 ? 23:00
    https://abema.tv/channels/world-sports/slots/8ZnpZWa4Q6Lwiw
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 19:11:50.09 ID:CAP_USER9.net
    10日深夜放送のラジオ番組「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ)で、バナナマンの設楽統が、相方の日村勇紀が取った行動に驚愕したことを明かした。

    番組では、コンビがよく履く靴の話題に入ったところで、設楽が「この人(日村)さぁ、頭おかしいんだよ」とこぼした。なんでも、サッカーブラジル代表のネイマールが白いシューズのかかと部分にサインしてくれたにもかかわらず、日村はその靴を他のものと同じように履いていたというのだ。

    日村によると、その当時ネイマールのサイン入りの靴を、ほかの靴と同じように下駄箱に入れていたらしい。そしてろくに確認もせず、その靴を取り出して履いてしまったのだとか。この話を知り、設楽は「普通に履くの!? 普通の日に、普通の感じで!?」と驚きの声を上げていた。
    b88c35e2925091bb3820a6374f2c1768
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12663146/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/06(月) 13:13:14.34 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、2月5日に25歳の誕生日を迎えた。そこで、スペイン紙『マルカ』は同日、ネイマールの成績を同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ及びレアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと比較している。

    同紙によると、25歳時点で、ネイマールは所属クラブとブラジル代表チームを通じて公式戦468試合に出場。280ゴールをマークしているという。これに対して、メッシは405試合で279得点を記録。C・ロナウドは162得点と、ゴール数ではネイマールが最も多いことが判明した。

    一方で、同紙はネイマールがバロンドール(世界年間最優秀選手)を獲得できていないことを指摘。25歳までにメッシは同賞を3度、C・ロナウドは1度獲得していたようだ。

    それでも、チームタイトルに関しては、ネイマールはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を2回、チャンピオンズリーグ(CL)、コパ・リベルタドーレス、オリンピックをそれぞれ1回ずつ制している。

    これに対し、メッシはリーガ・エスパニョーラを5回、CLを3回、コパ・デル・レイを2回制覇。C・ロナウドはマンチェスター・U在籍時代に、プレミアリーグ優勝を3度、CL制覇を1度経験していたという。

    今後ネイマールは、世界最優秀選手の称号を獲得できるのか。更なる飛躍に期待が集まる。
    2017-02-06_14h16_20
    SOCCER KING 2/6(月) 12:57配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00549695-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 13:35:46.53 ID:CAP_USER9.net
    中国スーパーリーグの広州恒大を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、スペイン通信社『EFE』のインタビューに応じ、母国のブラジル代表や同代表のFWネイマール(バルセロナ)など様々な話題について言及した。23日付のブラジル紙『ランセ』が伝えている。

    スコラーリ監督は2002年の日韓ワールドカップでブラジル代表を率いて、チームを最多5度目の世界一に導いた。現在のセレソンの印象について尋ねられると、「現在のブラジル代表は、とても良い試合をしている。チームのアイデンティティもしっかりしているし、今のセレソンは敬意を払われるべきだ」とコメント。昨年6月にチッチ新体制がスタートして以降、6戦全勝と素晴らしい結果を残している現代表を称賛した。

    スコラーリ監督はさらに、エースを務めるネイマールについても言及。「現在はクリスティアーノ・ロナウドとメッシがバロンドールの座を争っているが、2年以内にはネイマールが2人を追い抜くだろう。彼は、私が一緒に仕事をしてきた中で出会った“怪物”の1人だ」とその才能を絶賛し、近い将来バロンドールを獲得できると断言した。

    またスコラーリ監督は、昨年夏にフランスで開催されたユーロ2016を制したポルトガル代表についてもコメント。

    「ポルトガル代表はついに欧州王者になった。私は2004年大会の決勝で敗れて、優勝を逃していたので、今回の優勝は本当に感動した」と語り、2003年から2008年まで指揮官を務めた同代表の優勝を我が事のように喜んだ。

    続けて「非常に好感のもてる人物だし、優勝に値する」と、同国に初のビッグタイトルをもたらしたフェルナンド・サントス監督に賛辞を送った。
    2017-01-25_19h03_03
    SOCCER KING 1/25(水) 13:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00545654-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/09(月) 12:12:30.76 ID:CAP_USER9.net
    「ボールロスト30回、パス失敗15回」と、ビジャレアル戦での低調さを数値で示す
     
    バルセロナが誇る「MSNトリオ」の一角、ブラジル代表FWネイマールが決定力という面でスランプに陥っている。リーガ・エスパニョーラ第17節ビジャレアル戦で得点をマークできなかった背番号11は、991分間連続無得点の状況に陥っていると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

    この試合、後半5分にビジャレアルに先制を許したバルセロナは同45分、メッシの圧巻の直接FK弾で1-1に追いつき、辛くも勝ち点1を確保した。しかしナンバー10がチームを救う一方で、長いトンネルを抜け出せないのがネイマールだ。

    ビジャレアル戦でも何度か決定機を迎えたものの、シュートチャンスを生かしきれず。至近距離から放ったオーバーヘッドキックが大きくクロスバーの上を越えていく場面が象徴的だった。

    同紙はこの日のネイマールの出来について、数字を示しつつ辛辣だった。

    「エル・マドリガルで計30回もボールロストし、ゴールネットに突き刺すことはできなかった。ネイマールは良くなかった。計15回のパス失敗、多くのドリブルが盲目的なコースで見劣りするものだった」

    昨年10月のCLマンC戦以来ゴールを奪えず
     
    ネイマールの不調は長期間にわたっている。公式戦でゴールを奪ったのは昨年10月19日のUEFAチャンピオンズリーグ、マンチェスター・シティ戦(4-0)まで遡らなければならず、連続ノーゴールは991分間にまで伸びてしまった。またリーガに限れば、第7節セルタ戦(3-4)以来ゴールネットを揺らせていない。

    昨秋にはバルサと2021年までの契約延長を締結したネイマールだが、長引くスランプから脱却することはできるのだろうか。
    2017-01-09_13h12_38
    Football ZONE web 1/9(月) 10:12配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00010002-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 19:36:50.62 ID:CAP_USER9.net
    アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏は、バルセロナFWネイマールが世界の頂点に近づきつつあるとの見解を示している。

    2016年はレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが通算4度目となるバロンドールを受賞して幕を閉じた。2位に選ばれたバルセロナFWリオネル・メッシとの得票数の差は決して少なかった。

    だがマラドーナ氏は「メッシとクリスティアーノの違いは少ししかない」と語っている。「どちらが(バロンドールのような)個人賞を受賞してもおかしくない」。そう意見を述べ、次のように続けている。

    「そこにもうすぐネイマールが現れるだろう。あの2人に一番近いのは彼だ。彼は今メッシとC・ロナウドとの差を埋めている」

    GOAL 12/30(金) 11:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00010001-goal-socc

    写真
    続きを読む

    GettyImages-516028016-800x600
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:41:41.21 ID:CAP_USER9.net
    時事通信 11/23(水) 23:34配信

    【ロンドン時事】スペインの検察当局は23日、サッカーの同国1部リーグでバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール選手が移籍時の詐欺行為に関与したとして、禁錮2年と罰金1000万ユーロ(約11億8000万円)を求刑した。裁判資料で明らかになったと欧州メディアが報じた。

    バルセロナは2013年にネイマール選手をサントス(ブラジル)から獲得した際、実際よりも低い移籍金を公表し、詐欺や脱税の疑いが掛けられていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000113-jij-spo
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/03(木) 23:45:40.36 ID:CAP_USER9.net
    最近は奔放さばかりに注目が集まるネイマールが、新たな騒動を巻き起こしている。

    先月29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節のグラナダ戦の終了直後に事件は起きた。

    ネイマールは試合を終えてロッカールームに引き上げる際、自分の前の階段を歩いていたグラナダのDFルヴェン・ヴェーゾを上から突き飛ばした。これは中継の映像にも証拠が残っており、後ろから押された選手は階段を転げ落ちていった。

    2人は試合終了直前から揉めていた。1-0で勝っているにもかかわらず、ネイマールがグラナダの選手に遅れぎみで強烈なタックルを見舞ったことにルヴェン・ヴェーゾが激怒。

    両者はおでこを突き合わせて罵り合うなど、周囲の選手たちが止めに入らなければ乱闘になりかねない一触即発の状態になっていた。

    また、ネイマールはルヴェン・ヴェーゾに対して繰り返し暴言を吐いていたことが読唇術によって明らかになっている。

    スペインのテレビ局『ラ・セクスタ』が放送した番組の中でブラジル代表のエースが、日本語に直訳すると「尻を出してどっか行け!」「お前は売春婦の息子だ!」
    という意味のスペイン語を発していたことが暴露された。

    これらの言葉は英語では「Fワード」に近い意味であり、相手を侮辱する際に使われる。ネイマールはかなり汚い言葉でルヴェン・ヴェーゾを罵っていた。

    階段から突き落とされたルヴェン・ヴェーゾは反撃に転じ、立ち上がると上にいたネイマールを突き倒して尻餅をつかせた。

    それでも世界最高峰のスター選手が試合中のトラブルをピッチ外に持ち出し、先に手を出したことに非難が集まっている。

    バレンシア戦では相手サポーターによって投げ込まれたペットボトルに派手な“演技”で倒れこんだ姿が話題になり、過剰な反応が議論を呼んだ。

    プレー面以外の話題が絶えず、問題児化しつつあるネイマールはその精神的な未熟さを克服することができるのだろうか。

    【了】
    20161102_neymar_getty-560x373
    http://www.footballchannel.jp/2016/11/02/post182886/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ