海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > ネイマール

    88b836df-7ecc-4cad-910e-370aa5e055c0

    1: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:11:49.97
    メッシ、クリスティアーノ・ロナウドの壁が高すぎた模様

    3: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:12:19.56
    現在(27)

    5: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:12:40.49
    見事にヒールのポジションにいる

    15: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:14:44.14
    >>5
    この間もエグい削られ方して骨折したらしいな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/06(水) 23:30:03.72
    フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが5日に27歳の誕生日を迎えた。6日付の英メディア『サン』の記事で27歳になった時点でのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとのスタッツを比較し、ネイマールがロナウドを超えたと報じている

    2013年にブラジル1部のサントスからスペインのバルセロナに移籍したネイマールはワールドクラスの選手にまで成長。2017年には史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)でパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。

    ロナウドが27歳までに獲得したタイトル数は10であるのに対し、ネイマールは19とロナウドの倍近いタイトル数を獲得している。また、これまで469試合に出場したネイマールは283得点、178アシストを記録。

    一方、ロナウドの27歳時での試合数は532試合で、272得点、107アシストとなっている。ネイマールの方が少ない試合数で得点、アシスト共に上回っている。ただ、27歳までにロナウドはバロンドールを一度受賞しているが、ネイマールは一度も獲得していない。

    数字の上では27歳時のロナウドを超えたネイマールは、今後どこまで数字を伸ばすのか。

    2/6(水) 22:00 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190206-00308487-footballc-socc
    no title

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/09(水) 18:50:40.30
    2019-01-09_19h18_11
    ◆日本食
    ネイマールは食べることが大好きである。しかし料理するのは大嫌い。だからいつもデリバリーを頼む。彼の一番好きなものをご存じだろうか? にぎり寿司、手巻き寿司、刺身、焼きそば、酢のもの……そう、彼は日本食が大好きなのだ。

    全文:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00010003-sportiva-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/08(火) 19:28:42.48
    数ヶ月前にムンドデポルティーボが報じたように、ネイマールはバルサへの復帰の可能性を模索している。このブラジル人選手は来夏スペインに戻るためにクラブへアピールを続け、一方のバルサもそれが適切な復帰になるかどうかを再検討しているようだ。

    昨夜の『Catalunya Radio』によると、バルサのスカウトであるアンドレ・カリーがクリスマス前にネイマールと接触し、帰国の可能性について話し合ったという。同ラジオは、その後カリーが代理人ピニ・サハビ、ネイマールの親友アルバロ・コスタらと会談したことも報じている。

    ネイマールがたびたびバルサのドレッシングルームを訪問しているのは、復帰について元チームメイトの反応を確認するためだと言われていた。様々な論争を呼んだパリ・サンジェルマン移籍について、ネイマール本人はこれが間違いだったことを理解しているというのが一般的な見解だ。

    1/8(火) 17:26配信 ムンド・デポルティーボ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010002-mdjp-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    9c72a_854_17305_ext_05_0

    1: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 13:48:58.27
    ロナウジーニョ「間違いなく世界一になる才能だと思った。しかし彼は伸び悩んだ」

    ロナウジーニョ「今は輝きを失っている。自分を見つめ直してほしい」


    ネイマールって今は雑魚なん?

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/07(金) 08:40:54.50 _USER9
    ブラジル・サッカー界の“王様”ペレが、現代表のエースであるネイマールへ、ついに苦言を呈した。

    現地時間12月5日、ブラジル紙『Folha de Sao Paulo』の取材でペレが語ったのは、セレソンの後輩にあたるネイマールの振る舞いについてだ。

    ネイマールは、その卓越したテクニックと類まれな得点感覚を武器に次世代のスーパースターとしてのキャリアを歩む一方で、近年はあまりに過剰なシミュレーションが批判を受けている。

    とくに、今夏にロシアで行なわれたワールドカップでは、ファウルを受けた後の過剰にピッチ上を転がり回るシーンがフォーカスされ、一部では「ネイマール・チャレンジ」と揶揄されもした。

    先月28日のチャンピオンズ・リーグ(CL)リバプール戦でも、悪目立ちしたオーバーリアクションが、「本当に反スポーツ的な行為だ」と敵将のユルゲン・クロップの逆鱗に触れるなど、その振る舞いは依然として大きな批判を受け続けている。

    そんなネイマールについて、ペレはこれまで「技術的にもすでに世界最高の選手だ」と擁護する発言を続けてきたが、それもついに限界を迎えたのかもしれない。78歳の偉大なるレジェンドは、「もうこれ以上、今の彼を守るのは難しい」と本音を漏らした。

    「今の彼を、素晴らしいプレー以外の面でこれ以上守ることは難しい。ブラジルがこないだのワールドカップで優勝できなかった責任を、彼だけが背負わされたのは不運だった。だが、私は彼と2度も欧州で会い、『フットボールの神様が君に才能を与えた。今、君がやっていることはそれを台無しにしている』と、彼には話した」

    こう苦言を呈したペレだが、ネイマールを完全に見限ったわけではない。パリ・サンジェルマンの同僚でもあるキリアン・エムバペと比較しながら、次のようにも話している。

    「多くの人は、私とエムバペを比べている。似たようなところがあるだろう? 彼は19歳で、ワールドカップを制したからね。ヨーロッパでは今や、みんながネイマールよりもエムバペについて話している。ただ、私の考えでは、彼よりもネイマールのほうが、より完成した選手だ」

    果たしてネイマールは、“王様”からの助言を素直に聞き入れて、より偉大な選手となるべく、批判され続ける今の姿勢を改めるのか? 今後はプレースタイルが変化するか否かにも注目したい。
    2018-12-07_09h56_55
    12/7(金) 6:31 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010003-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 12:44:25.00 _USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ移籍を示唆した。

    昨年の夏、史上最高額の2億2200万ユーロ(現在のレートで約284億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。フランスの地でも輝きを放つ26歳に対しては、レアル・マドリーを筆頭に、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍のうわさも伝えられてきた。

    そのネイマールが、『YouTube』で様々な質問に応じる企画の際、マンチェスター・CのDFバンジャマン・メンディから「いつかプレミアリーグでプレーするのか?」と尋ねられると、以下のように話して将来的な移籍願望があることを示唆した。

    「プレミアリーグは大きなコンペティションだ。世界でも最も大きなものの一つだね。僕たちは明日のことなんてわからないものだけど、あらゆる偉大な選手は、少なくともいつかはプレミアリーグでプレーしなければならないと思っている」

    今シーズンも、PSGで公式戦18試合15得点7アシストとインパクトを残しているネイマール。プレミアリーグで、その躍動する姿を見ることができる日は来るのだろうか。
    2018-12-06_13h56_56
    12/6(木) 12:11配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00010004-goal-socc

    続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/12/05(水) 20:44:22.78 _USER9
    ブラジル代表選手で、フランスのパリ・サンジェルマンに所属するネイマール選手が、12月4日に開催されたサッカー界における一大アワードであるバロンドールの授与式を欠席し、ゲームに興じていたことが話題を呼んでいる(FoxSports)。バロンドールは、フランスのサッカー誌France Footballが主催する歴史あるアワード。その年でもっとも活躍したサッカー選手を称える賞である。最終候補者30名がリストアップされており、フランス代表でアトレティコ・マドリード所属のアントワーヌ・グリエーズマン選手など、名だたる選手が授賞式に姿を現していたが、同じく候補者としてあがっていたネイマール選手は『Call of Duty: Black Ops 4(CoD:BO4)』のプレイに勤しんでいた。

    ネイマール選手は、バロンドールが開催された12月4日、PC版『CoD:BO4』のBlackoutモードをノリノリでプレイしていた。ともにプレイしていたのは、パリ・サンジェルマンに所属しておりブラジル代表でもチームメイトであるチアゴ・シウバ選手やマルキーニョス選手、そしてプロゲーマーであるHayashii氏など錚々たる面々。楽しげに友人たちとゲームに没頭する姿をカメラで映しながらゲームプレイ映像をTwitchなどで配信していたのだ(ストリームの視聴はこちらから)。

    ネイマール選手はもともとゲーマーとして知られており、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のカスタムサーバーをリクエストしたり、今回のワールドカップにおいては『Counter-Strike: Global Offensive』のゴールセレブレーションを披露したりと、しばしばゲームに没頭していることを公表していた。実は氏が『CoD:BO4』をゲーム配信するにあたっては、発売元のActivisionが協力しており、事前より告知がなされていた。つまり、ある種の公式配信であったというわけだ。プロモーションの一環ということもあり、その事情を知っているユーザーにとっては驚きはないかもしれないが、バロンドールの授賞式よりもゲームのプレイを優先し、それを配信していたとなれば、当然話題にものぼるだろう。うまく宣伝として機能させたActivisionとしては、してやったりであるかもしれない。

    ネイマール選手は、最終的にバロンドール投票においては13位という順位になった。ネイマール選手はバルセロナから移籍し、依然として輝きを見せているものの、クラブにおいてはケガによる離脱期間があり、リーグ戦の試合出場は20試合に留まった。そのほかロシア・ワールドカップにおいては、ブラジル代表が準々決勝敗退という結果に留まったことが響いたかもしれない。一方、すでに大々的に報じられているように、今年のバロンドールはクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ選手を差し置き、クロアチア代表選手でありレアル・マドリードに所属するルカ・モドリッチ選手が輝いている。同選手は、クラブではレアル・マドリードでチャンピオンズリーグ史上初の3連覇の立役者となった。クロアチア代表においては、チームの主将としてロシア・ワールドカップの決勝進出に導いた。クラブ・代表ともに存在感を見せたことで評価された形だ。

    サッカー選手が、サッカーそっちのけでゲームに興じるという現象は今年に入って多く見られており(関連記事)、イングランド代表選手でトッテナム・ホットスパーに所属するデレアリ選手は、『フォートナイト』に没頭し、アワードやチャンピオンリーグなどの重要な試合の観戦そっちのけで同作のゲームプレイを配信していた。サッカー選手といえど、ピッチの外に出ればひとりの若者。プライベートな時間は、自分の趣味を楽しみたいのだろう。ちなみにデレアリ選手も最近は、『フォートナイト』ではなく『CoD:BO4』のBlackoutモードを楽しむ様子を配信している。『レッド・デッド・リデンプション2』と並び今年を代表するヒット作となった『CoD:BO4』は、サッカー界のゲーマー達をも魅了しているようだ。

    no title


    AUTOMATON
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20181205-80898/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ