海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > ネイマール

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 12:14:25.97 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-27_13h05_37
    theWORLD(ザ・ワールド) 3/27(月) 11:20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00010005-theworld-soce

    バルセロナでプレイするFWネイマールは、いずれチームメイトのリオネル・メッシとレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドから世界最高の選手の座を奪うと言われている。今のところはメッシの方がまだ上といった印象だが、かつてミランなどで活躍したDFアレッサンドロ・コスタクルタ氏はすでに超えたのではとの見方を示している。

    伊『Calciomercato』によると、同氏は「ネイマールにはバロンドールを獲得する資質がある。実際、私は現時点でネイマールはメッシとロナウドよりも良いと思っている。彼は現時点で2017年最高の選手だよ。彼のプレイをメッシやロナウドと比較すると、私は現時点でネイマールの方が良いと思う」とコメントしており、2017年に入って最初の3ヶ月ではネイマールの方が上との考えだ。

    ネイマールは今季前半戦こそ得点が少ないと批判も受けたが、後半戦ではPSGとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグの終盤に異次元のパフォーマンスを見せてチームを奇跡の勝利に導くなど、決定的な働きを見せている。一時はメッシよりネイマールの欠場の方が痛いとさえ言われ、ブラジルの至宝の評価は確実に上がっている。

    問題はこれを最後まで継続できるかどうかだが、2017年は世界最高の座が入れ替わる年になるかもしれない。コスタクルタ氏は現時点でネイマールの方がリードしていると考えているようだが、今年中にもネイマールはメッシとロナウドを世界最高の座から引きずり下ろすか。
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 15:24:35.37 ID:CAP_USER9.net
    チェルシー、ネイマール獲得でバルサと合意へ 移籍金215億円と伊紙

    theWORLD(ザ・ワールド) 3/26(日) 14:20配信

    破格の移籍金が成立か

    イングランドプレミアリーグのチェルシーは今夏、大物を招き入れることになるかもしれない。同クラブのロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチがバルセロナとブラジル代表FWネイマールの獲得で口頭合意に達したという。

    世紀のビッグディールの合意を報じたのは伊紙『Tuttosport』だ。同紙は、石油王のアブラモビッチ氏がバルサとネイマールの移籍に関する“口約束”を取り付けたとし、電撃移籍成立の可能性を伝えている。曰く、チェルシーは25歳のブラジル人ドリブラー獲得に1億8000万ユーロ(約215億円)を支払う覚悟があり、仮に実現すれば現在のサッカー界における移籍金記録を当然ながら更新することになる。

    しかしながらこの衝撃的な契約成立に“待った”をかけているのが、絶好調のチェルシーを指揮するアントニオ・コンテだという。同監督は新たな選手を加入させる前に、まずはチームから放出する選手を決めたい方針を示しており、これが“ネイマール獲得”を妨害している状況だと同紙は伝えている。

    バルセロナではリオネル・メッシに勝るとも劣らない活躍ぶりでチームの攻撃を牽引する存在にまで急成長を果たしたネイマール。先日はプレミアリーグでのプレイを望むコメントも残しており、今後の動向には多くの注目が集まることだろう。
    2017-03-26_15h38_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010010-theworld-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 15:09:26.27 ID:CAP_USER9.net
    2017年3月20日、バルセロナのカジノで開催されたオンラインポーカーサイト『ポーカースターズ』のイベントに出席したFCバルセロナのネイマール。同イベントでイギリス・タブロイド紙『ザ・サン』とのインタビューに応じたネイマールは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマンFCを相手に起こした歴史的大逆転を振り返った。

    「僕らも『あの日、ピッチで何が起きたんだろう』といまだに思うことがある。本当に素晴らしい歴史に残る夜だった。試合を引っくり返すには奇跡が必要だった。そしてサッカーの神様は僕らの願いを聞き入れてくれたんだ。全員がロッカールームで我を忘れるぐらい勝利を喜び合った。あの瞬間は、アドレナリンが溢れ感情を抑えることなんてできる状況じゃなかった。家族や友達と勝利を祝わずに家に帰るなんて考えられなかった」

     ネイマールは、プレミアリーグについても言及した。

    「サプライズに溢れ、魅力的なサッカーが楽しめるリーグだと思う。毎シーズン、常にタイトル争いを繰り広げるマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リバプールなどのクラブは特に高く評価をしている。またプレミアリーグには、ジョゼ・モウリーニョ監督やジョゼップ・グアルディオラ監督など、トップレベルの指揮官もたくさん活躍している。サッカー選手であれば誰だって彼らの下でプレーをしてみたいと思うはずだ。僕だって、いつかはプレミアリーグに挑戦してみたい気持ちはあるよ」

    ネイマールは最後に、昨シーズンのプレミアリーグを制覇し、世界に大旋風を巻き起こしたレスター・シティについてもコメントした。

    「昨シーズンはレスターにとって最高のシーズンとなった。プレミアリーグを制覇したその力を過小評価してはいけない。CLで今後対戦することになったら、その点を忘れないようにしたい」
    659df2966b
    https://mundodeportivo.jp/articles/621
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 12:54:43.74 ID:CAP_USER9.net
    北米メジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに所属するブラジル代表MFカカーは、バルセロナの同代表FWネイマールに対して冗談交じりに“改名“を勧めている。ブラジル『レコルドTV』が10日に伝えた。

    ブラジル代表のエースであるネイマールはバルサでも活躍を続けており、サッカー界の歴史に残る大逆転劇となった先日のチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦でも2ゴール1アシストなどで勝利に大きく貢献。近年のサッカー界ではバルサのFWリオネル・メッシとレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが「世界最高の選手」の座を争ってきたと言えるが、ネイマールはその2人に続く存在となることが期待されている。

    「次の世界最高の選手になるのはネイマールだと思う。彼がバルセロナでやってきた全てのことを考えればね」とカカーもネイマールを称賛している。だが、そのためにはひとつ条件があるとも付け加えた。「名前を“レイマール(Reymar)“に変えれば、可能性はさらに大きくなると思う。勝利を手にしてきたブラジル人選手たちは、みんな名前が“R“で始まっているからだ」

    2002年日韓ワールドカップの優勝に大きく寄与して”3R”と呼ばれたリバウド、ロナウド、ロナウジーニョの3人や、その前の世代のロマーリオ、世界最高のサイドバックと言われたロベルト・カルロスなど、実際にブラジルは“R“から始まる数多くの名選手たちを生み出してきた。本名「リカルド」のカカー自身もそこに含めることができるかもしれない。

    ポルトガル語で王様を意味する「Rei」は「サッカーの王様」ことペレ氏につけられた呼び名でもある。実際にネイマールが提案に応じるかどうかはともかく、ブラジルの新たな“王様“にふさわしい名前ではあるかもしれない。

    https://www.footballchannel.jp/2017/03/12/post201577/

    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 08:16:03.89 ID:CAP_USER9.net
    ネイマールはカンプ・ノウで行われたセルタ戦で華麗なゴールを決めている。このゴールはリーガ・サンタンデール2016-17においてカンプ・ノウでネイマールが決めた2ゴール目であり、2試合連続のゴールである。

    自身のゴールをアシストしたメッシと祝うと、その後には特別なゴールパフォーマンスもしている。ネイマールのパフォーマンスはメッシの電話をかけるジェスチャーとは違い、多くの選手が行う比較的一般的なものであり、ネイマールは子供が生まれる時、もしくは生まれた時に行うおしゃぶりパフォーマンスを見せている。

    このパフォーマンスはすぐにSNSで話題となり、パートナーであるブルーナ・マルケジーナの妊娠の可能性、自身の息子ダヴィ・ルッカへ捧げたものかと物議を醸している。

    前回同じようなジェスチャーをネイマールが見せた時はブラジル対アメリカ戦で、友人のギリェルミ・ピッタが父になったことを祝福するものだった。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12758813/

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 21:52:04.31 ID:CAP_USER9.net
    昨季のリーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の二冠王者バルセロナは、シーズン後半戦に試練の時を迎えている。

    14日のUEFAチャンピオンズリーグ16強の敵地第1戦パリ・サンジェルマン(PSG)戦でよもやの0-4負けを喫し、リーグ戦ではレアル・マドリードの後塵を拝している。

    失速気味のカタルーニャの名門だが、3トップを形成するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSNトリオ”は依然として「最強」との声は根強い。今季J2京都サンガF.C.に加入した元日本代表DF田中マルクス闘莉王も、そうした「MSN史上最強説」を唱える一人だ。

    「PSG戦は驚いた。バルサが低調だったけど、PSGの出来が素晴らしかった。でも、あんなことはほとんど起こらないでしょう」

    こう語った闘莉王は、MSNトリオをいかに止めるのか――という対戦相手に突きつけられる命題について、「あの3トップを止めるのは無理でしょう」と脱帽といった様子で前置きしながら、「自分ならディフェンスラインを思い切って下げる。(3人に)スペースを与えたら何点取られるか分からない。5バックでボランチを3枚並べる。サッカーはやらせてもらえないでしょう」と語った。

    2010年の南アフリカ・ワールドカップで世界の実力者と渡り合い、日本代表のベスト16進出に貢献した闘将にとっても、バルセロナと“MSN”は異次元の存在のようだ。

    ■「誰かさえ抑えれば…、というのがない」

    「自分も今までいろいろなチームを見てきたけれど、一番じゃないかな。ブラジルでネイマールはスーパースター。凄い選手だよ。そんなネイマールが、あの3トップで一番“凄くない”。それが恐ろしい。

    エースが最後に決めるというのは理解できる。レアル・マドリードも、最終的に決めるのはやはりクリスティアーノ・ロナウド。でも、バルサはちょっと違う。一人止めたところで、あと二人いる。誰かさえ抑えれば…、というのがない。だから、止めるのは無理」

    闘将はこう語っている。闘莉王がクラブレベルで戦った最強の相手は、浦和レッズ時代の2007年にFIFAクラブワールドカップ準決勝で戦ったACミランだという。

    名将カルロ・アンチェロッティに率いられ、ブラジル代表GKジダ、イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ、MFアンドレア・ピルロ、FWフィリッポ・インザーギ、オランダ代表MFクラレンス・セードルフら名手を揃えた世界最強のチームだったが、それでも抑えどころは存在したという。

    「浦和レッズの時にクラブワールドカップで対戦したACミランも強かった。タレント揃いでチームとしては完成されていたけれど、あのチームのオフェンスは全盛期のカカがいたからこそ。カカがずば抜けていた。

    カカさえ抑えればというところで、結局あそこから失点してしまった。決勝戦のボカ・ジュニアーズの試合も、カカが全部崩してゴールを奪っていた。結局できなかったけれど、カカ一人抑えればという計算はできる。でも、3人は無理でしょう」

    この時、浦和は0-1でミランの軍門に降ったが、決勝点はカカの強引な突破からのクロスをセードルフが決めたものだった。カカを抑えきれなかったが、エースが3人もいたら抑えることは困難を極める。

    つづく
    3fef541e057d0b8808b4516d126d085d-576x320
    Football ZONE web 2/24(金) 21:06
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010015-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/17(金) 07:57:29.26 ID:CAP_USER9.net
    夏に大金が動く?

    夏が来るたびに、ネイマールの周辺は騒がしくなる。バルセロナでプレイするブラジル代表FWが、今夏の退団を視野に入れているようだ。

    2013年にサントスからカタルーニャへと渡ったネイマールの電撃移籍を確信しているのは、他でもないレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長だという。

    仲介者から情報を仕入れたという同会長は、ネイマールの電撃退団が今夏に実現することになると友人へ漏らしたようだ。

    スペイン『Don Balon』が報じている。曰く、ネイマールは金銭面よりも野心によって退団を決意するとのことだが、レアル・マドリードは約240億円を要する同選手の獲得レースには参戦せず、パリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドがライバルの弱体化を成功させることに期待しているという。

    これまでにも幾度か報じられてきたネイマールの移籍話だが、現在の彼はカンプノウでの美しいフットボールを心から謳歌しているようにも見える。

    果たしてメガクラブによるネイマール強奪計画は奏功するのだろうか。今後の展開に注目だ。
    GettyImages-632432208-min
    https://www.theworldmagazine.jp/20170216/01world/spain/112258
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 21:49:12.86 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナは14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンに0-4と敗戦した。FWネイマールは、逆転での突破が困難であることを認めている。

    14日に再開したCLは衝撃的な幕開けとなった。バルセロナが敵地パルケ・デ・プリンシペスでパリSGに大敗。3月8日に控えるセカンドレグを前に、奇跡の逆転劇が必要な状況に追い込まれた。

    ネイマールはミックスゾーンで母国メディアに対して口を開いた。スペイン『アス』がそのコメントを伝えている。

    「消化するのが難しい、異常な試合だった。パリSGは何度もチャンスをつくり、あれだけのゴールを奪った。素晴らしい試合をした彼らの手柄だよ。僕たちは次の試合に気持ちを切り替えなくては。この状況を変えるためにね」

    「すごく難しい状況だ。ほぼ不可能だろう。だけど、あきらめることはできない」セカンドレグに向けてどういった準備をするかと問われたネイマールは、答えに窮した。

    「こういう状況で試合の準備をするのは難しいよ。相手に4点のアドバンテージがあるからね。キャリアで似たような経験をしたことはないと思う。だから質問には答えられない。

    僕に言えるのは、僕たちが全力で次の試合に臨むということだけだ」

    GOAL 2/15(水) 18:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000025-goal-socc

    写真

    BarcaTV【UEFAチャンピオンズリーグ第1戦】パリSG vs バルセロナ
    SPORTSチャンネル
    2月17日(金)20:00 ? 23:00
    https://abema.tv/channels/world-sports/slots/8ZnpZWa4Q6Lwiw
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 19:11:50.09 ID:CAP_USER9.net
    10日深夜放送のラジオ番組「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ)で、バナナマンの設楽統が、相方の日村勇紀が取った行動に驚愕したことを明かした。

    番組では、コンビがよく履く靴の話題に入ったところで、設楽が「この人(日村)さぁ、頭おかしいんだよ」とこぼした。なんでも、サッカーブラジル代表のネイマールが白いシューズのかかと部分にサインしてくれたにもかかわらず、日村はその靴を他のものと同じように履いていたというのだ。

    日村によると、その当時ネイマールのサイン入りの靴を、ほかの靴と同じように下駄箱に入れていたらしい。そしてろくに確認もせず、その靴を取り出して履いてしまったのだとか。この話を知り、設楽は「普通に履くの!? 普通の日に、普通の感じで!?」と驚きの声を上げていた。
    b88c35e2925091bb3820a6374f2c1768
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12663146/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/06(月) 13:13:14.34 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、2月5日に25歳の誕生日を迎えた。そこで、スペイン紙『マルカ』は同日、ネイマールの成績を同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ及びレアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと比較している。

    同紙によると、25歳時点で、ネイマールは所属クラブとブラジル代表チームを通じて公式戦468試合に出場。280ゴールをマークしているという。これに対して、メッシは405試合で279得点を記録。C・ロナウドは162得点と、ゴール数ではネイマールが最も多いことが判明した。

    一方で、同紙はネイマールがバロンドール(世界年間最優秀選手)を獲得できていないことを指摘。25歳までにメッシは同賞を3度、C・ロナウドは1度獲得していたようだ。

    それでも、チームタイトルに関しては、ネイマールはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を2回、チャンピオンズリーグ(CL)、コパ・リベルタドーレス、オリンピックをそれぞれ1回ずつ制している。

    これに対し、メッシはリーガ・エスパニョーラを5回、CLを3回、コパ・デル・レイを2回制覇。C・ロナウドはマンチェスター・U在籍時代に、プレミアリーグ優勝を3度、CL制覇を1度経験していたという。

    今後ネイマールは、世界最優秀選手の称号を獲得できるのか。更なる飛躍に期待が集まる。
    2017-02-06_14h16_20
    SOCCER KING 2/6(月) 12:57配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00549695-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ