海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > ネイマール

    ダウンロード

    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/08/23(水) 10:28:17.95 ID:CAP_USER9.net
    http://www.asahi.com/articles/ASK8R0F07K8QLEJQ03L.html

    サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは22日、史上最高額とされる2億2200万ユーロ(約286億円)の移籍金でパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表のネイマールを、契約違反で提訴したと発表した。

    バルセロナは昨年10月、ネイマールとの契約を2021年まで延長した。その際にクラブが払ったボーナスの850万ユーロ(約11億円)を返却し、さらに遅延金としてその10%を支払うように求めている。(共同)
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/14(月) 14:31:22.79 ID:CAP_USER9.net
    この夏、バルセロナ(スペイン)からパリSG(フランス)に移籍したブラジル代表FWネイマールが、現地時間13日のデビュー戦で1ゴール1アシストと活躍した。試合後、ネイマールは喜びを表した。

    史上最高額の2億2200万ユーロ(約286億6000万円)でパリSGがバルサから引き抜いたネイマールは、62分にFWエディンソン・カバーニの得点をアシスト。82分には、逆にカバーニのおぜん立てからデビューゴールを奪取。3対0の快勝に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

    ネイマールは「トロフィー(マン・オブ・ザ・マッチ)はとてもうれしい。でも、それより大事なのは勝つことだった」と、自身への称賛を喜びつつ、何よりもチームが結果を出したことに満足している。

    さらに、同選手は「バルサを離れるのは難しいと分かっていたけど、ここで非常に幸せだ。みんな、バルサを去るのは死ぬようなものだと思っているよね。でも、僕はかつてないほどに生き生きしている。とても幸せだ。サッカーも同じだよ」と、新天地で満足していることを強調した。

    ウナイ・エメリ監督のシステムにどのようにフィットするかが注目されたネイマールだが、カバーニとは良いコンビネーションを披露した。ネイマールは「彼はトッププレーヤーだと知っていた」「素晴らしい選手だ。そういう選手がチームにいれば簡単だよ」と、カバーニに賛辞を寄せている。

    また、ネイマールは「信じられないかもしれないけど、バルセロナでの親善試合でも、僕はあのポジションですでにプレーしていた」とポジションに対し馴染みがあることを主張し「監督はとてもやりやすくさせてくれる。僕はとても良い気分だよ」と、チームにも簡単にフィットできたともつけ加えた。(STATS-AP)
    2017-08-14_17h41_12
    8/14(月) 13:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000014-ism-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 06:15:56.50 ID:CAP_USER9.net
    【ギャンガン 0-3 パリ・サンジェルマン リーグアン第2節】

    現地時間13日に行われたリーグアン第2節でパリ・サンジェルマンはギャンガンとアウェイで対戦し、3-0の勝利を収めた。

    この試合では、今夏の移籍市場でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールが先発出場。フランスデビューを飾った。

    主導権を握ったのはタレントがそろうパリ・サンジェルマンだったが、試合はホームチームの奮闘が目立つ展開に。前半を終えて0-0の接戦となる。

    しかし、ギャンガンは後半の序盤に自ら崩壊してしまった。
    相手のプレッシャーを受けながらイココが出したバックパスがゴールに吸い込まれ、オウンゴールでパリ・サンジェルマンに先制を許す。

    すると、パリ・サンジェルマンの攻撃が活性化した。
    62分、ネイマールのスルーパスで抜け出したカバーニがGKと1対1になり、冷静に追加点。ネイマールはパリ・サンジェルマン初アシストを記録する。

    初アシストの次は、初ゴールだ。82分、ペナルティエリア左でボールを拾ったカバーニの折り返しにネイマールが合わせてゴール。3-0としてパリ・サンジェルマンが勝利を確実にした。

    前半は苦しんだパリ・サンジェルマンだが、終わってみれば3-0の快勝。期待の新戦力は上々のスタートを切っている。

    【得点者】
    52分 0-1 オウンゴール(パリ・サンジェルマン)
    62分 0-2 カバーニ (パリ・サンジェルマン)
    82分 0-3 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
    20170813_neymar_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170814-00226188-footballc-socc
    8/14(月) 5:54配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/13(日) 12:13:19.96 ID:CAP_USER9.net
    元バルセロナのMFシャビ・エルナンデスは、FWネイマールがバルサからパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したのは非常に意外なことだったと認めている。12日付の仏紙『パリジャン』がインタビューを伝えた。

    バルサの主力としてリオネル・メッシらとともに活躍し、今後も長くバルサでプレーを続けていくことが期待されていたネイマール。だがPSGは2億2200万ユーロ(約287億円)という、これまでのサッカー界では支払い不可能と考えられていたような巨額の契約解除金を支払ってネイマールを手に入れることに成功した。

    ネイマールの移籍についてコメントを求められたシャビは、「彼自身の決断であり、尊重されるべきだ。個人的な選択だ。選手たちは自分たちの望む場所に行くものだ」と理解を示しつつ、「ネイマールがバルセロナを去ることになるとは誰も予想していなかった」と述べている。

    「僕もすごく驚いた。選手がバルセロナに残りたいと思わないのは奇妙なことだ。すごく珍しい」とシャビ。「最後にそういうことがあったのは17年前、(ルイス・)フィーゴがレアル・マドリーへの移籍を決めた時だ」と続け、かつて大きな衝撃を引き起こした“禁断の移籍”を振り返った。

    「バルサのサポーターが気分を悪くするのは理解できる。ネイマールは何も説明しなかったからだ。会見も開かず、何も説明せずに去っていった」とシャビは、ネイマールの去り際に対して苦言も呈している。

    2017年8月13日 7時41分 フットボールチャンネル
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13466876/

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 16:56:02.48 ID:CAP_USER9.net
    元スペイン代表指揮官ビセンテ・デル・ボスケ氏は、FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍したバルセロナについて、チーム力が向上する可能性があると指摘している。

    2億2200万ユーロ(約290億円)と引き換えに、ネイマールを放出することになったバルセロナ。現在その代役としてリヴァプールMFフィリペ・コウチーニョ、ボルシア・ドルトムントFWオスマン・デンベレらの獲得に動いているが、成果は得られていない。

    だがデル・ボスケ氏は、スペイン『カデナ・セール』でネイマール不在でもバルセロナの力が劣ることはないと語った。

    「選手の気まぐれな部分と戦わなければいけないようであれば、それは危険だ。そういった意味で、バルセロナはネイマールという、気まぐれになる可能性のあった選手を取り去ったとも言える」

    「バルセロナはネイマールがいない方が良いチームになるかもしれない。そんなことは誰にも分からないさ」
    2017-08-12_19h47_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000010-goal-socc
    続きを読む

    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/08/10(木) 18:59:45.14 ID:CAP_USER9.net
    2017-08-10_19h34_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-01870063-nksports-socc

    日刊スポーツ

    フランス1部パリサンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマール(25)は、ボーナスを支払わない古巣バルセロナに対して、欧州サッカー連盟(UEFA)に調査を依頼することを検討していると、10日付のスペイン紙マルカが報じた。

    ネイマールとバルセロナの間で新たな抗争が生まれようとしている。同選手の母国であるブラジルの地元メディアによると、代理人の父親は新シーズンを前にネイマールが移籍したにもかかわらず、契約延長による2600万ユーロ(約33億8000万円)のボーナスをバルセロナ側に要求しているという。歴代最高額となった移籍金2億2200万ユーロ(約289億円)をバルセロナ側が得たのは、同選手とバルセロナとの間で契約延長が行われたからだと主張していると報じた。

    一方でバルセロナ側は、ボーナスの支払いに3つの条件が存在していることを明かしている。選手側が他クラブと交渉しないこと、契約満了の意思を公表すること、移籍市場が閉まる9月1日までクラブ側はボーナスを支払いを行わないことの条件があったとしている。今回の移籍で3つの条件を満たしていないとして、クラブは公式ツイッターでボーナスを支払わないことを表明している。

    このバルセロナの姿勢に対して父親はスペインラジオ「カデナ・コーペ」のインタビューで「私はネイマールにバルセロナでプレーを続けてほしかった。だが、フロントの姿勢を見て意見を変えた」とコメント。今回の移籍はバルセロナ側の姿勢に問題があると批判していた。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/09(水) 10:02:48.40 ID:CAP_USER9.net
    シャペコエンセ戦で一部サポーターがヤジ、「リスペクトを欠いている」と英紙報道

    ブラジル代表FWネイマールは、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を決断した。サッカー界史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)もの移籍金が生まれた今回のビッグディールは、バルサファンからの反発も大きい。

    現地時間7日に行われたシャペコエンセとのプレシーズンマッチで、心ないサポーターが「ネイマール、墜落して死んでしまえ!」とのヤジを飛ばしたと、英紙「デイリー・ミラー」が伝えている。

    バルサは昨年起きた飛行機墜落事故によって、多くの選手とスタッフを失ったシャペコエンセをホームに迎えた。試合はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのゴールなど攻撃陣が爆発して5-0と大勝したが、両チームがお互いを称え合うなど、ピッチ内は親善ムードに包まれていた。

    しかし、聖地カンプ・ノウに詰めかけたファンの一部からは、汚い罵りの声が聞こえたようだ。スタンド内で動画を撮影したファンがインスタグラムに投稿したところによると、それぞれスペイン語と英語で「ネイマール、死んでしまえ!」、「ネイマール、墜落死だ」といったチャントを起こした人間がいたのだという。

    記事では、このチャント動画について「これは本当にリスペクトを欠いている。移籍はフットボール界でままあることだし、今回の悲劇はより一層悪化した」と記されるなど、良識あるファンは怒りの声を挙げている。

    メッシやスペイン代表DFジェラール・ピケらは、自身のSNS上でネイマールとの“円満の別れ”を発信している。ただ、一部のファンの恨みつらみは、根深く残りそうなことを象徴する出来事となってしまった。
    2017-08-09_11h53_42
    8/8(火) 22:24配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00010015-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/08(火) 07:38:47.15 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンはブラジル代表FWネイマールを、わずか2400万ユーロ(約31億円)で獲得するチャンスがあったようだ。『Novi list』が報じた。

    ネイマールは先日、バルセロナからパリ・サンジェルマンへ2億2000万ユーロ(約290億円)という天文学な移籍金額で加入。史上最高額でのビッグディールとなり、大きな注目を集めている。しかし7年前、ネイマールはそれよりはるか安い額で、バイエルンへと渡る可能性があったという。

    クロアチア人の代理人であるプレドラグ・ラッキ氏はこのように振り返る。

    「2010年の冬、私は友人であるジョヴァンニ・トラパットーニ氏の助けを借りて、ネイマールの代理人とバイエルンの(クリスティアン)ネルリンガーSDの会談の場を設けた。当時17歳であったネイマールはすでにトップクラスであると言うことができたが、彼は今よりもはるかに細かった」

    「ネルリンガーとは2度電話で話した後、ミュンヘンで会った。ネルリンガーは『ネイマールは素晴らしいタレントの一人だ』と言っていて、当時の彼の値段はボーナスを含めても2400万ユーロだった。ネルリンガーは彼をキープし続けたいと言ったが、バイエルンは18歳にもなっていない少年に多くの額を払いたがらなかったんだ」

    ネイマールはバイエルン移籍が成立しなかった3年後の2013年、8820万ユーロ(約115億円)でバルセロナ移籍を決めている。
    2017-08-08_09h04_38
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000040-goal-socc
    続きを読む

    2017-08-05_23h05_28

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/06(日) 21:47:51.55 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマンに電撃移籍したFWネイマールは、バルセロナからレアル・マドリーに移籍したルイス・フィーゴ氏との比較を嫌っているようだ。

    史上最高額となる2億2200万ユーロ(約290億円)でバルセロナからパリSGに加入したネイマールだが、2000年に宿敵に当時の世界最高額で移籍したフィーゴ氏と同様に扱われているようだ。

    元ポルトガル代表MFは、裏切者の烙印を押され、カンプ・ノウに帰還した際に豚の頭が投げ込まれるなどの被害に遭っていた。一方、ブラジル代表FWも裏切者とレッテルを張られ、すでにユニフォームを燃やす動画が流されている。

    ネイマールは、一部のファンが過激な行動に出ていることについて「何も悪いことはしていない。でも一部のファンがそのような考えているなんて悲しい。そのように考えているファンがほんのわずかであってほしい。彼らにリスペクトを欠いたことはないはずだ」と主張する。

    続けて「全ての選手に残留するか退団するかを選ぶ権利がある。ある特定のクラブに居続ける義務はないはずだ。誰に対しても敬意を欠いていない。繰り返し言うが、ファンやチームメイト、バルセロナに感謝している」と過激な行動を続けるファンに対して理解を求めた。

    また、3000万ユーロ(約40億円)の年俸を受け取ることについて聞かれたネイマールは「私生活について君たちは何も知らないだろう。お金が動機になったことなど一度たりともない。幸せを感じるときは家族と過ごしている時だ。もしお金を追いかけていたら、他の所に行っていただろう」とパリSGに加入した目的は金銭面ではないと強調している。

    8/6(日) 20:52配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000016-goal-socc
    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/:2017/08/05(土) 21:49:47.78 ID:CAP_USER9.net
    8/5(土) 12:10配信

    SPORT.es
    ネイマール ピケに“忠告”「“投稿するな”と言った」入団会見でメッシと金についても語った
    2017-08-05_23h05_28
    PSG入団発表時のネイマール[写真/ATLAS]

    ネイマールはパリ・サンジェルマン(PSG)の選手としてプレゼンテーションされ、プレスカンファレンスでは多くのトピックについて語っている。そして、ジェラール・ピケが「ネイマールはFCバルセロナに残る」というコメントと投稿した写真についても語っている。

    「あれはリラックスしていた瞬間であり、ランチを一緒にしていた。まだ、何も決断していなかったため“投稿するな”と言ったが、あれは冗談だった。彼は自身の感情を表現しただけだし、自分もそれは尊重する」とネイマールはパリでメディアを前に語っている。

    また、自分が今回の移籍を決断したのはお金のためではないとも述べている。
    「このように僕のことを言う人達は僕のことを何も知らない。僕は拝金主義者ではない。もし、お金のためにプレーしているなら、きっと違う国の違うクラブにいるよ。このように考える人がいるのは悲しいけど、PSGが自分に信頼を寄せてくれたことは非常に嬉しい」と批判に対して語っている。

    ■メッシについて
    「メッシとプレーするためにFCバルセロナに加入した。彼は自分の理想であり、最初の週は興奮した。自分を迎え入れてくれて、4年間良くしてくれた彼には本当に感謝したい」とメッシとの関係性についてネイマールは説明している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00010005-sportes-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ