海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > ネイマール

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/26(火) 17:13:22.03 ID:CAP_USER9.net
    呼ばなかったのか、行かなかったのか、あるいは…

    PKキッカーの座を巡ってスター選手たちが衝突したパリ・サンジェルマンは、特別ボーナスでエディンソン・カバーニをなだめようとしたとの報道を否定した。だが、これについてのメディアの勘繰りは止まらない。

    現地時間9月17日のリーグ・アン第6節リヨン戦で、FKやPKのキッカーを巡ってカバーニとネイマールが口論を繰り広げたことにより、両選手の確執が取り沙汰されているパリSG。ウナイ・エメリ監督は過去のことと強調し、PKキッカーも決めたと主張するが、チームの雰囲気の悪さを伝える報道は続いている。
     
    そのひとつが、スペイン紙『エル・パイス』のニュースだ。ナセル・アル・ケライフィ会長がカバーニに100万ユーロ(約1億2800万円)のボーナスを提示し、代わりに「PKキッカーをネイマールに譲るよう」に要請したものの、断られたという。
     
    これに対し、フランス『パリジャン』は25日、ツイッターで「パリSGはこの情報を公式に否定した」とし、クラブはカバーニに特別ボーナスをオファーしていないと伝えている。
     
    しかし同じ25日、カバーニを巡る内紛報道が再び浮上した。きっかけは、キリアン・エムバペがSNSに掲載した一枚の写真だ。
     
    彼が載せたのは、チームのキャプテンを務めるチアゴ・シウバの誕生日を祝うパーティーでの一コマ。T・シウバは22日に、33歳のバースデーを迎えていた。
     
    問題は、チームの面々が揃って撮影したこの集合写真に、カバーニの姿がなかったことだ。欠席したのか、撮影に加わらなかっただけなのかは不明だが、サポーターからは次々に「カバーニがいない」「カバーニはどこ?」と質問が寄せられた。
     
    国外メディアも放っておかず、英紙『サン』やイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などがエムバペの投稿を紹介。イタリア『スカイ・スポーツ』は、「T・シウバがカバーニを招待しなかった」「カバーニが招待を断った可能性もある」と報じている。
     
    いずれにしても、これだけ騒がれているなかで、カバーニ不在の写真を公表すれば、騒動になるのは避けられない。イタリア復帰や他国への移籍も噂されているカバーニだが、本当にパリSGを退団してしまうのだろうか。
    2017-09-26_20h07_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-00030400-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/25(月) 19:01:08.54 ID:CAP_USER9.net
    パリSGのFWエジソン・カバーニとFWネイマールによるPK騒動を収めるため、ナセル・アル・ケラフィ会長が一つの提案をしたようだ。『El Pais』が伝えている。

    “事件”は17日に行われたリーグ1第6節リヨン戦で起こった。後半38分、PA内でFWキリアン・ムバッペがファウルを誘ってパリSGがPKを獲得。カバーニがボールを拾ってペナルティースポットに向かったが、その場から不服そうに立ち去るネイマールの姿が確認され、キッカーを巡って言い争いがあったと報じられていた。

    そんな状況の中、ケラフィ会長が出した提案というのが、カバーニがネイマールにPKを譲れば、ボーナスとして100万ユーロ(約1億3000万円)を支払うというもの。だがPKを譲るだけでなく、リーグ1の得点王になることが条件に盛り込まれていたこともあり、カバーニはこのオファーを拒否したようだ。

    さらにケラフィ会長はネイマールの元に関係者を送り、説得を試みたようだが、ブラジル代表FWが納得することはなかったとされている。果たして、次のPKでキッカーを務めるのは誰になるのだろうか。
    2017-09-25_20h59_30
    9/25(月) 18:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-01644468-gekisaka-socc
    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 08:44:28.24 ID:CAP_USER9
    今夏パリ・サンジェルマンに移籍したネイマールのサラリーが明らかになった。『フットボール・リークス』が報じている。

    ネイマールは8月、バルセロナから2億2200万ユーロ(約290億円)でパリSGに加入。これは、当時の最高額である2016年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したポール・ポグバの移籍金を大きく上回るフットボール史上最高額となる。さらに、ブラジル代表FWは給与面でも手厚い優遇を受けていることが分かった。

    週末に公表された『フットボール・リークス』によると、ネイマールの月給300万ユーロ(約4億円)以上を受け取っており、年俸に換算すると3680万ユーロ(約49億円)にも及ぶ。日給にすると10万ユーロ(約1300万円)となり、時給では4000ユーロ(約54万円)程度が支払われる計算になる。

    なお、ネイマール以上のサラリーを貰うフットボーラーは元アルゼンチン代表FWのカルロス・テベスのみ。上海申花でプレーする同選手は3840万ユーロ(約51億円)を受け取っており、世界で1番の高給取りとされている
    2017-09-25_10h35_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00010005-goal-socc
    9/25(月) 8:17配信

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/23(土) 18:35:32.85 ID:CAP_USER9.net
    サッカー界の「史上最高額男」ネイマール(パリSG/ブラジル代表)が、ベルリン発の人気ストリートカルチャー系のWEBサイト『HIGHSNOBIETY』に登場した。
     
    インスタグラムのフォロワーが8000万人を超えるなど、いまやサッカー界を超越した世界的アイコンとなったネイマールは、サプライヤーである『ナイキ』の新しい「Tech Packコレクション」を身に纏って撮影に応じ、さらにファッションや音楽に関する興味深いインタビューに答えた。
     
    ファッション好きで、とくにスニーカー愛好家として知られるネイマールは、「いつも新しい服と靴に興味あるし、ファッションは楽しいね。性格がスタイリングにも出てくる」とコメント。自身のスニーカー・コレクションの数については、「正確な数は分からないけど、すごくいっぱい持っているよ。クラシックなのもニュースタイルなものも好きなんだ」としたうえで、一番のお気に入りはナイキの『VaporMax』だと語った。
     
    また、「サッカー界でもっともスタイリッシュな男性は?」との質問には、バルセロナとブラジル代表でともに戦い、今夏からパリSGでもチームメイトとなったダニエウ・アウベスの名前を挙げた。
     
     さらに、親交のあるジャスティン・ビーバーについても発言。昨年6月、カナダ出身の大物アーティストは、ネイマールとのリフティング動画をSNSにアップして大きな話題となった。
     
    「彼はサッカーが上手いんだよ。本当に速いし、技術もある。本格的なトレーニングを積んでいたら、プロフットボーラーになっていた可能性もあると思うね。僕とビーバーの職業が逆だったら? そのアイデアはどうかな(笑)。彼はステージ、僕はピッチで表現するのが得意だから」
     
    最後は「ミュージシャンでサッカーチームを組むなら誰を選ぶ?」とのクエスチョン。ナイキとのコラボレーションでミックステープを発表するなど音楽に対する関心も高いネイマールは、ポップス、ヒップホップ、サンバなど多彩なジャンルのアーティストを選んだ。
     
    「キーパーはジェイ・Zにやってもらおう。ディフェンダーはベロ、DJキャレド、ケンドリック・ラマー、トラビス・スコット。中盤はジャスティン・ビーバー、ウェズリー・サファダオ、ブルーノ・マーズ、フォワードはチアグイーニョ、ペリクレス、ドレイクかな」

    9/23(土) 17:51配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00030303-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/22(金) 21:30:58.61 ID:CAP_USER9.net
    パルク・デ・プランスで行われたリーグ・アン第6節オリンピック・リヨン戦を2-0で勝利したあと、エディンソン・カバーニと衝突したネイマールだが、水曜日のトレーニングセッションの際、チームメートの前で謝罪したようだ。

    ネイマールとカバーニが2人で話し合う

    リヨン戦でフリーキックとペナルティキックをどちらが蹴るかで揉めたカバーニとネイマール。ペナルティキックが失敗に終わったあとには一触即発の状況を迎え、チアゴ・モッタとマルキーニョスが止めていなければ両者はピッチで殴り合っていたかもしれない。

    フランス紙『レキップ』によると、2日間のオフを過ごしたあとのトレーニングで、ネイマールはキャプテンで同胞のチアゴ・シウバに通訳という形で力を借り、チームメートに対してカバーニとの衝突を謝罪したようだ。

    トレーニング前にはウルグアイ人ストライカーとも言葉を交わしている。その夜にはダニエウ・アウヴェスが中心となり、チームで夕食をともにしたという。

    9/22(金) 21:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00010010-mdjp-socc

    写真
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/21(木) 17:26:26.49 ID:CAP_USER9.net
    今週19日火曜日、エディソン・カバーニはPSGでネイマールと繰り広げている対立に予想外の支持者を持った。それは予期せぬ形で同一件に介入してきたニースストライカー、マリオ・バロテッリだった。彼は明らかにカバーニ側につき、多くの人々を驚かせた。

    このイタリア人フットボリスタは自身の見解を示すために『Instagram Stories』を利用した。そこで彼はPKのシーンでキッカーを務める事を要求し、カバーニと言い争いをしたネイマールを直に非難した。

    「君はそれらを蹴る事を要求すらすべきではない。」
    バロテッリはネイマールに向けたその自身のメッセージをネイマールとカバーニの対立を取り扱った『L Equipe』紙の一面の写真の上に記した。

    興味深い事にバロテッリは数ヶ月前にニースとPSGの試合中にカバーニと直接、ピッチ上で衝突していたにも関わらずである。

    その当時、バロテッリはカバーニがファルカオのようなスターではないと口にしていたが、今回はネイマールがロッカールーム内の選手間の関係性を示すべき行動規範を尊重しなかった事に理解を示し、彼の側についた。
    2017-09-21_18h30_07
    SPORT.es
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010014-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 13:38:50.17 ID:CAP_USER9.net
    今夏パリ・サンジェルマンにやってきたブラジル代表FWネイマールとDFダニエウ・アウベスの2人はチームを高みへ押し上げる存在になると期待されている。前者は誰もが知るスーパースターで、世界最高の選手の座を狙おうとする存在だ。後者はバルセロナとユヴェントスで数多くのタイトルを獲得してきた経験があり、その勝者のメンタリティをPSGにも持ち込んでくれるはずと期待されている。

    しかし、サポーターの中には2人がチームを破壊してしまうのではないかと不安視する声も挙がっているようだ。それを少し予感させたのが17日のリヨン戦だ。この試合ではフリーキックのキッカーの座を巡ってネイマールとエディンソン・カバーニが争ったが、なぜかそこにアウベスも介入。ネイマールが倒されてフリーキックを得ると、アウベスがボールを拾ってカバーニに渡すことを拒んだのだ。そして最後はネイマールにボールを渡したような格好となり、ブラジル代表コンビの行動には注目が集まった。

    こうしたネイマールとアウベスの行動がチームに悪影響を与える可能性もあるとの見方もあり、英『Daily Mail』はサポーターがドレッシングルームの雰囲気が破壊されるのではと懸念していることを取り上げている。

    同メディアによると、サポーターからは「ネイマールとアウベスは派閥を生み、チームに混乱をもたらすだろう」、「この2人がカバーニ売却へ監督を納得させることになるだろうね」、「ドレッシングルームはすでに分裂した」、「2人はチームにトラブルを与えるはず」など不安な意見が出ているようだ。

    アウベスも数多くの成功を収めてきたベテラン選手だが、ドレッシングルームで音楽を流すなど独特な感性の影響かトラブルを生んだこともある。ネイマールはすでにカバーニとの関係が疑問視されており、PSGがブラジル代表コンビの影響で混乱してしまう危険も出てきた。サポーターもそれを予感しているようだが、チームは1つにまとまれるか。
    2017-09-21_14h10_41
    9/21(木) 12:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/20(水) 11:22:38.35 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールがクラブに対し、驚きの要求をしているようだ。19日付でイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

    先日行われたリーグ・アン第6節のリヨン戦の終盤、PKキッカーを巡りネイマールとカバーニの口論が勃発。その様子はカメラに捉えられ、大きな話題を呼んでいた。

    両者はその後、控室でもひと悶着を起こし、あわや殴り合いの大惨事というところまで発展していたという。

    同紙はスペイン紙『Sport』の記事を引用し、「この“PK騒動”が原因でネイマールは“共存不可能”と判断したカバーニの売却をクラブのナセル・アル・ケライフィ会長に要求した」と伝えた。

    パリ・サンジェルマンでは既に、ネイマールをリーダーとするブラジル人選手の一派とその他の国の選手との間に確執が生まれているともされており、絶好調のチームに不穏な空気が漂い始めているようだ。
    2017-09-20_11h50_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00644961-soccerk-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 00:34:31.35 ID:CAP_USER9.net
    「王様のつもりか?」ネイマールをデュガリー氏が痛烈批判

    現役時代にバルセロナやフランス代表で活躍したクリストフ・デュガリー氏が、パリ・サンジェルマンのFWネイマールを痛烈に批判した。

    ネイマールは17日に行われたリーグ・アン第6節、リヨン戦でPKのキッカーをめぐってFWエディンソン・カバーニと口論に。試合には2-0で勝利したが、得点に強い意欲を示すブラジル代表FWとウルグアイ代表FWの争いはメディアとファンの関心を大いに引き付けている。

    デュガリー氏はネイマールの立ち振る舞いに苦言を呈している。

    「ネイマールはパリSGの王様みたいだ。チャンピオンズリーグやリーガエスパニョーラのタイトルを獲得したから、という理由によるものかもしれないね」

    「ネイマールはいつも笑顔で、優しくて、他人に敬意を表せる選手だと思っていたよ。初日から命令していたような(ズラタン・)イブラヒモビッチとは、まったく違って見えた」

    「カバーニはパリSGに4年在籍している。彼は長くパリに残らないかもしれないが、ベテランの選手に示すべき敬意というものがある。ただ、将来的にはネイマールがパリSGの長になることは間違いないだろうがね」

    またデュガリー氏は、ウナイ・エメリ監督が何らかの措置を講じるべきだと主張した。

    「エメリは(この件に)介入しなければならない。真剣にね。そうでなければ、ゆくゆくはネイマールが練習メニューを決めて、スターティングメンバーを選ぶことになってしまうよ」
    2017-09-20_07h49_59
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000044-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/18(月) 23:08:12.68 ID:CAP_USER9.net
    最高の選手らによる熱き争い

    どちらもプライドが高く、譲れない一分を抱いている。一夏にしてスーパースター軍団と化したパリ・サンジェルマンにおいて、“PKキッカー問題”が勃発しているようだ。事の発端となったのは17日のリヨン戦でキリアム・ムバッペが敵陣エリア内にてファウルを受け、ホームのPSGに与えられたPKである。

    これまでキッカーを任されてきたエディンソン・カバーニがボールを持ち、ペナルティースポットに佇むも、一方のネイマールは明らかに不満そうな表情でその場を退去。彼がその状況に決して満足していないことはカメラに収められた映像により世界中へ発信されたことだろう。

    スペイン紙『MARCA』もこの一幕を伝え、両者の間で「言い争いが勃発した」と報道。

    曰く、ネイマールはPKキッカーとしての役割を希望し、カバーニへその意思を表明したものの、ズラタン・イブラヒモビッチの退団によってようやく真のエースとしての立場を手にしたウルグアイ人CFはネイマールとの話し合いすらも拒絶したという。また、チームのボスであるウナイ・エメリも「2人の話し合いで解決するよう伝えた」と明かし、スター同士のいざこざに深く介入することを避けている。

    ブラジルサッカー界の英雄と、ウルグアイのマタドールによる覇権争いがどのような結末を迎えるのかは誰にも分からない。しかし、王様としての立場を求めて渡仏したとされるネイマールにとって、この問題は早急に解決すべき案件とも言えるかもしれない。

    9/18(月) 21:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00010018-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ