2014-06-30_22h03_00
バイエルン・ミュンヘンMFトニ・クロースの代理人を務めるフォルカー・シュトルート氏が、レアル・マドリーとの合意報道を否定している。ドイツ『DPA通信』が伝えた。

スペイン『マルカ』は、シュトルート氏とマドリーが年俸500万ユーロの5年契約で合意に至っていた報道していたが、同氏がこれを否定。ドイツ代表MFの去就について、次のようにコメントしている。

「レアル・マドリーとも、ほかのどのクラブとも合意は存在しない。トニは現在、最もプライオリティーの高いワールドカップに参加している。大会が終わるまで、新しいニュースは存在しない」

なお『マルカ』の競合紙である『アス』電子版は、この『DPA通信』から伝えられたコメントを掲載しながら、「以前に『アス』が報じた通り、(マドリーがクロースを獲得する前には)選手の退団が必要になる」と記している。
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140630-00000025-goal-socc
続きを読む