海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー > ファン・ハール

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 22:43:41.72 ID:CAP_USER9.net
    16日、昨シーズンまでマンチェスター・Uを率いていたルイ・ファン・ハール氏が、26年間にわたる監督業の引退を発表した。イギリス紙『デイリー・メール』は、同氏が指導した選手の中からベストイレブンを選出した。

     ファン・ハール氏は1991年にアヤックスで監督としてのキャリアをスタートさせた後、バルセロナ、AZ、バイエルン、マンチェスター・Uといった各国のトップクラブを指揮。オランダ代表指揮官にも2度にわたって就任し、クラブと代表の双方で数々のスター選手を指導してきた。今回、同紙は[3-5-2]のフォーメーションを用いてベストイレブンを編成している。

    ▼GK
    エドウィン・ファン・デル・サール(元オランダ代表)
    ファン・ハール氏がアヤックスで指導した“黄金世代”の選手の1人であり、正GKとして数多くのタイトル獲得に貢献。1995年にはチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験し、以後、世界屈指のGKとして名声を確立していった。

    ▼DF
    フィリップ・ラーム(元ドイツ代表/現バイエルン)
    現在も「世界最高の右サイドバック」と称されるラームは、ファン・ハール氏がバイエルンを率いていた時期に不動のレギュラーとしてプレー。監督就任初年度の2009-10シーズンには、国内2冠やCL準優勝に大きく貢献した。

    ダニー・ブリント(元オランダ代表)
    ファン・ハール氏がアヤックスで採用していた3バックにおいて最も不可欠な選手であり、キャプテンも任されていた。CL、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)、UEFAカップウィナーズカップを制したことのある数少ない選手の1人である。

    フランク・デ・ブール(元オランダ代表)
    非常に能力の高いセンターバックであり、ファン・ハール氏の下、アヤックス黄金時代の中心選手として数々のタイトル獲得に貢献。1999年には同氏が監督を務めるバルセロナに双子の兄ロナルドとともに移籍し、リーグ優勝を経験した。

    ▼MF
    アリエン・ロッベン(オランダ代表/現バイエルン)
    2009年夏、バイエルンの監督就任とともにファン・ハール氏がレアル・マドリードから引き抜いてきた選手であり、2009-10シーズンの国内2冠とCL準優勝の立役者となった。同氏がオランダ代表を率いた2014年のブラジル・ワールドカップでは、中心選手としてチームを3位へ導いた。

    エドガー・ダーヴィッツ(元オランダ代表)
    若手だったダーヴィッツをファン・ハール氏が熱心に指導したことで、同選手は黄金時代のアヤックスとオランダ代表の双方において欠かせない選手となった。“闘犬”というニックネームを与えたのも他ならぬファン・ハール氏である。

    ルイス・エンリケ(元スペイン代表)
    ファン・ハール氏が率いたバルセロナの中心選手であり、1998年からのリーグ2連覇に大きく貢献した。本職の中盤だけでなく、FWやDFなど複数のポジションをこなす戦術理解力の高さによって同氏から重宝された。

    リヴァウド(元ブラジル代表)
    ファン・ハール氏がバルセロナの指揮官に就任した当初、トップ下でのプレーを望むリヴァウドはウイング起用を強いる同氏と対立した。しかし不和が解消されると、元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏と抜群のコンビを形成し、得点を量産。活躍が認められ、1998-1999シーズンにはバロンドールとFIFA最優秀選手賞を受賞した。

    ルイス・フィーゴ(元ポルトガル代表)
    ファン・ハール氏が指揮したバルセロナで、リバウド、クライファートとともに破壊力抜群のトリデンテ(3トップ)を形成。当時、世界で最も華麗で創造的なプレーヤーであり、リーグ制覇の大きな原動力となった。

    ▼FW
    パトリック・クライファート(元オランダ代表)
    アヤックスの下部組織に在籍していた1994年、ファン・ハール氏に見出されてトップチームデビューを果たす。すると、同シーズンのCLファイナルで決勝ゴールを挙げるなど、高い得点能力を開花させた。1998年に移籍したバルセロナでも、監督を務めていた同氏とタッグを組んだ。

    デニス・ベルカンプ(元オランダ代表)
    ファン・ハール氏のアヤックス監督就任前から、すでにゴールゲッターとしての地位を確立していたが、同氏の指導を受けたことでさらなる成長を遂げ、2シーズン連続(1991-92、1992-93)で30ゴール以上を挙げてエールディヴィジ得点王に輝いた。同氏の下でプレーした選手の中でも最も恐ろしいストライカーのうちの1人である。
    2017-01-19_07h31_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00542924-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 13:00:55.68 ID:CAP_USER9.net
    昨シーズンまでマンチェスター・Uを率いていたルイ・ファン・ハール氏が、監督業の引退を発表した。オランダ紙『De Telegraaf』の報道を引用し、16日、大手メディア『BBC』など複数のメディアが報じている。

    現在65歳のファン・ハール氏は現役時代、アヤックスなどオランダ国内の複数クラブなどでプレー。1991年にアヤックスで指導者キャリアを始めると、1994年からリーグ3連覇を達成した。1994-95シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇ももたらしている。

    その後はバルセロナ、バイエルンを指揮し、両チームでリーグ優勝など複数のタイトルを獲得。母国オランダの代表監督にも2度就任し、2014年のブラジル・ワールドカップではチームを3位に導いた。2014年夏からはマンチェスター・Uの監督を務め、昨シーズンまで率いた。

    同紙はファン・ハール氏のコメントを掲載。「私はおそらく、(監督業を)やめることになるだろう。長期休暇ということになるが、今は監督に戻るつもりはない」と、監督キャリアに終止符を打つ意向を明言した。

    また同氏は、引退を決意した理由についても言及。先月、娘の夫が亡くなったことが1つの原因と明かし、「私の家族に色々なことが起きた。より実生活に近い人間に戻るよ」とコメントしている。

    SOCCER KING 1/17(火) 8:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00542434-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/24(土) 00:36:27.44 ID:CAP_USER9.net
    今夏の解任後、監督業からの引退を示唆していたが…
     
    昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを解任されたルイス・ファン・ハール監督が、ドイツで現場復帰する可能性が急浮上した。ドイツ地元紙「ハンブルガー・アーベントブラット」が報じている。

    レポートによると、先日ビクトル・スクリプニク前監督を更迭したブレーメンがバイエルン・ミュンヘンで指揮経験のあるファン・ハール氏に熱視線を送っているようだ。今後、交渉を行う可能性があるという。

    ファン・ハール氏は14年に3年契約でユナイテッドの新監督に就任。しかし、成績不振を理由に契約を1年残したまま今夏に解任されていた。その後、同氏は監督業からの引退を示唆していた。

    ブレーメンは現在、アレクサンダー・ヌーリ氏が暫定監督としてチームの指揮を取っているが、采配初戦となったマインツ戦は1-2で敗れた。4節を終えて全敗で最下位に沈んでいる。

    バルセロナやバイエルン、ユナイテッドなど名門クラブを渡り歩いた名将が、不振に喘ぐブレーメンで現場復帰を果たすのか。その動向に注目が集まりそうだ。

    Football ZONE web 9月23日(金)23時39分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160923-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    no title
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 11:43:06.31 ID:CAP_USER9.net
    CL出場権獲得に望みをつなぐマンU 1試合も落とせない状況に…

    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が、5月1日に首位レスターとの大一番を迎える。本拠地オールド・トラフォードで祝杯は挙げさせまいと、オランダ人指揮官は「レスターのパーティは少しの間、延期だ」と、今節での優勝決定に待ったをかけた。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

    優勝の望みは潰えているユナイテッドにとって、残りの4試合は来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けた戦いとなる。現在5位で、出場権獲得圏内の4位アーセナルとは5ポイント差。FA杯の影響で1試合消化が少ない状況とはいえ、逆転のためには一つも取りこぼせないはずだ。

    ファン・ハール監督も、首位レスター戦へ並々ならぬ思いで臨むとの意欲を明かしている。

    「彼ら(レスター)を倒さなければいけないんだ。我々も4位の座を争うレースの中にいる。オールド・トラフォードで彼らがチャンピオンになることは許さない。彼らは、1週間後にはチャンピオンになるだろうけどね。彼らのパーティを台無しにするわけではない。ただ、少し延期するだけだ」

    引き分け以下なら優勝決定は持ち越し

    レスターはユナイテッドに勝利すれば、文句なしで優勝が決定する。一方、ユナイテッドが勝利、あるいは引き分けに終わった場合は、2日に行われるチェルシー対トットナム戦の結果次第となるため、この試合の終了時点で優勝が決まることはない。

    遅かれ早かれ優勝することは間違いないと、レスターのクラブ史上初の快挙を確信しているファン・ハール監督だが、“夢の劇場”と呼ばれる本拠地での優勝決定は絶対に避けたいと本音を明かしている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160430-00010006-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461984186/

     
    続きを読む

    klose-500x325
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 10:53:48.74 ID:???0.net
    ラツィオ所属の元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが、日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uを率いるルイス・ファン・ハール監督を非難した。

    ドイツ紙『ディー・ツァイト』のインタビューで、同監督について語っている。

    クローゼは、バイエルン在籍時の指揮官だったファン・ハール監督について、以下のようにコメントした。

    「彼が指揮官だった時は、自分のキャリアにとって最も難しい時期だった。自由と感じたことは一度もなかったよ。彼の期待に応えるのは、本当に難しいことだった。どのように動けば良いのか尋ねたけど、理解することはできなかった。自分ができることを全てやったが、それでは十分ではなかった」

    クローゼは、2007年から2011年までバイエルンに所属。
    ファン・ハール監督は2009年から約2年間に渡って同クラブの指揮を執ったが、クローゼは2シーズン合計で、ブンデスリーガで4得点を挙げるにとどまっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00225755-soccerk-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1409190828/


    続きを読む

    2014-07-17_10h04_01
    イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)監督は、チームを民主的に先導し、新指揮官として「世界最大のクラブ」の復活を目指すと語った。

     アヤックス(Ajax)、FCバルセロナ(FC Barcelona)、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)で監督を務めたファン・ハール監督は、手厳しい親方というような評判を手に、没落したマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就いた。

     17日に行われた初の記者会見で62歳のオランダ人指揮官は、度々注目される強硬姿勢ではなく、性格の違った側面が自身の成功をもたらしたと譲らなかった

    「私は民主的で、親身な人間だ。もちろん、強烈な個性を持っているが、他の側面はもっと重要だ。そこが私のパーソナリティーの鍵となる」

    「横暴という評判は不公平だ。メディアのせいだ。彼らは私のそういった面を見せたがっている。私の性格にはそういった部分もある。しかし、常に繰り返せば誰もがそうなのだと思い込んでしまう」

    「期待は大きく、大きな挑戦だが、だからこそ私はこのクラブを選んだ」

    「私の見解ではスペイン最高のクラブであるバルセロナを率いた。オランダで1位のアヤックスで監督をし、ドイツで1位のバイエルンの監督をした」

    「そして、イングランドでナンバーワンのマンチェスター・ユナイテッドの指揮官になった。難しいだろうが、期待に応えられることを願う」

    全文は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140718-00000011-jij_afp-socc
    続きを読む

    2014-07-17_10h04_01
    日本代表MF香川が所属するマンチェスター・ユナイテッドを今季から率いるファンハール新監督が15日、マンチェスターに到着した。W杯ブラジル大会でオ ランダ代表を3位に導き、12日の3位決定戦後は移動を含めてオフはわずか2日。16日に選手と対面するなど新天地で仕事をスタートさせた。

     新指揮官の最初の仕事は香川の“査定”になるかもしれない。15日付の英紙ガーディアン(電子版)は「ファンハールは微妙な立場の選手を早急に評価す る」と報道。香川のほかメキシコ代表FWエルナンデス、イングランド代表DFスモーリングら準レギュラー組の選手を直接見て評価し、それぞれの去就を早い 段階で下すという。名将のお眼鏡にかなうかどうか、香川は練習や強化試合で“生き残り”をアピールすることになりそうだ。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140717-00000050-spnannex-socc
    続きを読む

    2014-07-07_11h03_23
    ◇W杯ブラジル大会準々決勝 オランダ0―0(PK4―3)コスタリカ(2014年7月5日 サルバドル)

     【ファンハール監督の奇策】

     ☆5バック採用 中盤の要であるMFストロートマン(ローマ)が負傷でW杯欠場が決まったことなどから、大会直前に伝統の4―3―3布陣を捨てて 5―3―2布陣を採用。2トップのファンペルシー、ロッベンを生かす堅守速攻で、1次リーグ初戦で前回王者スペインを5―1と紛砕。

     ☆システム変幻 決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦は最初の5―3―2布陣から4―3―3、4―2―4とより攻撃的な布陣に変更。1点を追う後半43分から6分で2点を挙げての大逆転勝利につながった。

     ☆給水タイム活用 同じくメキシコ戦では、今大会で初めて採用された給水タイムを“作戦タイム”として利用。後半31分からの3分間でシステムを変更し、選手にノートを見せながら詳細な戦術を伝授した。

     ☆交代選手で逆転 スペイン、メキシコ戦など逆転勝利3回は大会最多タイ。メキシコ戦で途中出場のFWフンテラールが1得点1アシストをマークするなど、チーム12点のうち交代選手が4ゴールを挙げて貢献。
    http://livedoor.blogcms.jp/blog/kaskas55/article/edit
    続きを読む

    tumblr_n74ktycDW91tun3hmo1_500
    来季からマンチェスターUを率いる、オランダ代表のルイス・ファンハール監督(62)への期待値が急激に上がっている。1日付の英ミラー紙が「ファンハールはサッカーの天才だ」と報じた。

     W杯の決勝トーナメント1回戦メキシコ戦で、システム変更などを駆使して試合終盤に逆転勝利を引き寄せた、ファンハール監督。マンチェスターUのサポーターは、元監督のアレックス・ファーガソン氏に通ずるものを感じており、ファンハール監督を評価しているという。

     一方で、ファンハール監督自身も自分の戦略について「俺はサッカーの天才だ」などと話しているため、サン紙は自画自賛していると皮肉っている。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140701-00000117-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ