海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:ブンデスリーガ > バイエルン

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 17:43:46.89 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが約束を守り、ブンデスリーガで降格圏に沈むチームへプレゼントを贈っている。

    ブンデスリーガで今シーズン、台風の目となっているのが昇格組のRBライプツィヒだ。開幕から10試合以上に渡り、無敗をキープし、優勝候補のバイエルンを抑えてリーグ前半戦で首位を走っていた。

    そんなライプツィヒを止めたのが、当時最下位に沈んでいたインゴルシュタットだ。12月10日に行われたブンデスリーガ第14節で、インゴルシュタットは前半に挙げたゴールを守りきり、初黒星をつけている。この日を境にバイエルンは“定位置”である首位を取り戻し、ルンメニゲCEOはインゴルシュタットへの感謝を述べつつ、バイエルン地方の名産物であるソーセージのプレゼントを約束していた。

    そして24日、ルンメニゲ氏は実際にインゴルシュタットのオフィスを訪れ、80人分の白ソーセージとプレッツェルを贈っている。この出来事にインゴルシュタットも感謝を示し、公式ツイッターで「約束のソーセージをありがとう」と、更新している。

    いまだブンデスリーガでは17位と降格圏に沈むインゴルシュタットだが、首位からの贈り物で、ここから巻き返すことはできるのだろうか。
    2017-01-25_20h30_46
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000014-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 21:30:21.68 ID:CAP_USER9.net
    バイエルンのスペイン代表MFシャビ・アロンソが今シーズン終了後に現役を引退するかもしれない。

    18日、ドイツの『Bild』からの情報として、イギリスの『Sky Sports』など各国メディアが報じている。

    それによると、シャビ・アロンソはバイエルンとの契約が満了する今シーズン終了後に現役を退く意向で、クラブにはウインターブレイク突入前に伝えてあるのだという。

    シャビ・アロンソは現在35歳。リヴァプールとレアル・マドリーでチャンピオンズリーグを制し、スペイン代表としても2010年ワールドカップ、2008、2012年EUROの優勝を経験している。
    bfebee8a-135f-45cc-8dd4-86f6f4ef30e3
    http://qoly.jp/2017/01/18/xabi-alonso-to-retire-at-the-end-of-the-season-hys-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 02:23:32.73 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、昨季まで4シーズン連続で公式戦20ゴール以上を記録し、チームの絶対的エースとして君臨していたが、カルロ・アンチェロッティ新監督が就任した今季前半戦のブンデスリーガでは13試合出場でわずか1ゴールと、不振に喘いでいる。

    バイエルンOBのローター・マテウス氏は後半戦で、ミュラーがベンチ要員になると警告を発している。ドイツ地元誌「シュポルト・ビルト」が報じている。

    「先発イレブンに自分の場所を探すことは、後半戦トーマス・ミュラーにとっては容易なことではないだろう。カルロ・アンチェロッティのチームに、彼の本当の居場所はない」

    1984年から88年、インテル移籍を経て92年から2000年まで通算12シーズンにわたってバイエルンでプレー。1990年イタリア・ワールドカップで西ドイツ(現ドイツ)の優勝に大きく貢献した闘将は、現在のバイエルンの象徴的存在であるアタッカーにさらなる冷たい風が吹きつけることを予告している。

    ミュラーは昨夏の欧州選手権にドイツ代表の一員として出場したが、まさかの無得点に終わった。そして今季就任したアンチェロッティ監督の導入した4-2-3-1システムでは中央にスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが入り、右ウイングにオランダ代表FWアリエン・ロッベンが入る試合が多い。

    「サンチェスが大きく出場時間を伸ばす」

    「右ウイングではアリエン・ロッベンがより強力な選手だ。4-2-3-1システムでセカンドストライカーの居場所はない」

    ミュラーは受難の日々を迎えることになるという。

    「あの(トップ下)ポジションにはチアゴが入ると思う。彼は前半戦、力強かった。彼はミュラーよりも多様性がある。レナト・サンチェスは後半戦、大きく出場時間を伸ばすと確信している」とマテウス氏は続けた。

    2021年夏まで契約を残すミュラーは、マテウス氏の言葉通りに受難の後半戦を送ることになるのだろうか。
    2017-01-06_07h55_47
    Football ZONE web 1/5(木) 21:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010026-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/03(火) 15:24:20.14 ID:CAP_USER9.net
    欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティが分析する、それぞれのフットボール文化。

    バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督が、欧州5大リーグとして知られるイタリア、イングランド、フランス、スペイン、ドイツのフットボール文化を語った。

    母国イタリアでミランなどを率いたほか、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、そしてバイエルンを指揮し、欧州5大リーグすべてを経験したアンチェロッティ監督。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』とのインタビューに応じた同指揮官は、それぞれのフットボール文化について、次のような見解を述べている。

    「イタリアにおいてフットボールは宗教のようで、ずっとざわめき続けているかのようだ。一方でイングランドは、フットボールの試合が行われ、それが終われば人々はすぐに家に帰ってしまう。このスポーツに関して議論することはあまりなく、とてもプロフェッショナルだと感じたね」

    「フランスは今まさに成長を果たしている国で、とても素晴らしい選手たちがいる。ただ、あそこの国のチームは、ときに戦術的に安定していない。

    またスペインはイタリアと少し似ていて、フットボールが人々を狂わせている。ラジオもテレビも24時間にわたってフットボールについて話しているし、ファンはいつもこのスポーツに耳を傾けているよ。レアル・マドリーの監督を務めれば、それこそ大きな責任がのしかかっていると感じるわけだ」

    「ドイツでは、素晴らしい雰囲気を目の当たりにすることになった。スタジアムはいつも満杯で、マナーが行き届いている。戦術、フィジカルの両面で素晴らしいレベルにあるね」
    2017-01-03_23h33_51
    GOAL 1/3(火) 8:34配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/25(金) 23:40:04.67 ID:CAP_USER9.net
    23日のCL敵地ロストフ戦でボアテングは失態の連続 CEOは不安定な守備に怒り爆発
     
    バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが、23日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)敵地ロストフ戦で失態の連続となった戦犯のドイツ代表DFジェローム・ボアテングの副業三昧ぶりに激怒している。

    ドイツ王者はロシアの伏兵に敵地でよもやの2-3負けを喫したが、ルンメニゲ氏は不安定なディフェンスリーダーに怒りを爆発させた。「彼は落ち着かなければいけない。昨年の夏からやりすぎた。彼が地に足をつけることが、彼とクラブの利益になる」

    衛星放送「スカイ・ドイツランド」は、ボアテングを戦犯として槍玉に挙げた。CLロストフ戦、1-0リードで迎えた前半44分、相手のイラン代表FWアズムーンの切り返しに対応できずにそのまま走り抜ける大チョンボ。

    その失態から同点弾を許すと、後半4分には相手MFノボアをエリア内で倒し、PKを献上している。あまりの不安定ぶりにカルロ・アンチェロッティ監督も我慢の限界に達したのか、DFフンメルスと交代させるほどだった。

    ボアテングは1年前に人気ラッパーの JAY-Zとマネジメント契約を結び、サングラスブランドを立ち上げるなど副業に精を出している。パフォーマンス低下が懸念されるストッパーに対して、バイエルン首脳陣はサッカーに集中するように呼びかけた。

    「こんな相手に3ゴールを許したら…」

    「我々は守備面が特にひどかった。こんなチーム相手に3ゴールを許したら、猛省が必要だ。間違いなく問題がある。こんな失点をするということは我々が勝利に値にしなかった。勝ち点3を捨ててしまった。2点決めていれば普通は勝っていたはずだ」

    ドルトムントとの「デア・クラシカー」に続く敗戦で、不安定な守備陣にルンメニゲ氏は鉄槌を振りかざしていた。

    Football ZONE web 11/25(金) 22:04配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161125-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/10(木) 14:38:43.56 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)でドイツ代表を優勝に導いたフィリップ・ラーム(Philipp Lahm)が、今季限りでの現役引退を示唆した。

    ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)でプレーするラームは、チームとの契約が2018年まで残っているが、来年6月をもってスパイクを脱ぐかもしれないという。

    11日で33歳になる同選手は、独誌スポーツ・ビルト(Sport Bild)に対し、「可能性は取り除けない。9か月前にそうした可能性があると発言してから、何も変わっていない。最高峰のレベルで自分自身を評価し、キャリアを終える正しい時期を見極められるようにしたい」と話した。

    1995年に12歳の若さでバイエルンに加入したラームは、以来獲得しうるすべてのタイトルを手にしてきた。2013年にはサッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2012-13)や13クラブW杯(2013 FIFA Club World Cup)、UEFAスーパーカップ(UEFA Super Cup 2013)で優勝を果たしただけでなく、これまでに国内リーグ制覇も複数回達成してきた。

    現在ブンデスリーガで首位を走るバイエルンは、5年連続の国内制覇に突き進んでいるが、さらなるトロフィー獲得が自身の決断に影響を与えることはないだろうという。

    2014年のW杯後に、すでに代表から引退しているラームは、「タイトルをもとに決断はしないだろう。それよりも、自分の体がどう感じていて、どのようにして続けていくかが重要になる」と付け加えた。

    ラームは過去に、引退後もサッカー界にとどまりたいと口にしており、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)社長も、同選手がキャリアに終止符を打った後は、何らかの役割を与えるだろうと語っていた。【翻訳編集】 AFPBB News
    2016-11-10_16h46_02
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000015-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/22(土) 13:09:22.70 ID:CAP_USER9.net
    元ドイツ代表MFで、現在はコメンテーターを務めるローター・マテウス氏は、バイエルン・ミュンヘンがドイツ代表MFトニ・クロースをレアル・マドリーに放出したのは間違いだったと考えている。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じた。

    クロースは17歳からバイエルンの下部組織で育った選手であったが、2014年に年俸を巡ってクラブと選手側で差異が生じ、レアル・マドリーへ移籍した。代わりにバイエルンはMFシャビ・アロンソを迎え入れたが、マテウス氏は簡単にドイツ代表MFを放出したことに納得がいかないようだ。

    「私はバイエルンがなぜクロースを放出したのはいまだに理解できない。彼がピッチで見せていたパフォーマンスを見れば、昇給を認め、契約を延長するべきだった」

    また、クロースは先日、レアル・マドリーとの契約を2022年まで延長し、スペインでキャリアを終えることを希望していると明かした。マテウス氏は「彼はレアル・マドリーの中盤でキープレイヤーとなった。素晴らしいチームの中でフィットしているし、全員から信頼されている。海外に行くという決断は正しかった」とコメントしている。

    続けて「クロースは世界最高のMFだ。彼のレベルにある選手は見当たらない。代表でもボスだ。強いて弱点を挙げるなら、ゴールが少ないくらいだろう。(指揮官の)ジダンも現役時代は似たポジションでプレーしていたし、学ぶことは多いだろう」と話した。
    2016-10-22_14h55_10
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/09/30(金) 08:42:24.75 ID:CAP_USER9.net
    GOAL 9月29日(木)11時53分配信
    2016-09-30_09h25_31
    失点を許したノイアー/ Getty Images

    バイエルン・ミュンヘンは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でアトレティコ・マドリーと対戦し、0-1と敗れた。試合後、GKマヌエル・ノイアーが『スカイ』の取材に応えている。

    昨シーズンのCL準決勝でも相まみえた両チーム。アトレティコの前に決勝へ進むことができなかったバイエルンにとってリベンジマッチとなったが、敵地に乗り込んだ試合は昨シーズンと同じスコアでの敗戦となってしまった。ノイアーは試合について以下のように話している。

    「また敗れてここから帰るのはもちろん悔しい。チャンスを作れたと思うが、僕たちにはアトレティコが僕たちと対戦するときに見せるような手強さがなかった。僕らがゴールを決めていたら、彼らも前に出てこなければいけなくなっていたので、僕たちにとっても少し楽だったかもしれない」

    また、失点シーンでは腕を引っ込めたようにも見えたため、そのことに質問が及んだ。

    「腕を引っ込めた?もちろんボールを通すためではなく、ゴールポストから跳ね返った場合に備えるためだよ。シュートに届かないのは分かったので、より早く立ち上がれるために手を地面につけたのさ。そうしたらグリエズマンがセカンドボールを狙っていた場合、決定的になり得た0.1秒早く反応できたかもしれないからね」

    「ポストに当たるのかは予想できないが、自分がボールに手が届くか届かないかは分かる。ゴールの位置も把握しているし、非常に厳しいことは覚悟していた。ボールが跳ね戻る可能性も想定していた。なのでより早く立ち上がるために手を地面につけた。腕を伸ばしてたら、その後の状況に対応できなくなってしまうからね」

    GOAL

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/28(日) 18:54:24.00 ID:CAP_USER9.net
    ドイツサッカーリーグ機構(DFL)のラインハルト・ラウバル会長は27日、16-17ブンデスリーガ第1節でバイエルン・ミュンヘンがヴェルダー・ブレーメンに6-0で大勝したことは、リーグにとって良い宣伝にならなかったと語った。

    前季王者バイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナで行われたこの試合、合計二十数本のシュートを放ったバイエルンに対し、ブレーメンは相手守護神のマヌエル・ノイアーに4本のシュートを浴びせるにとどまった。

    ラウバル会長は「バイエルンがかなり良いサッカーを見せたが、ブレーメンがほとんど抵抗できなかったことにショックを受けた」という。

    210か国と地域で放送されたこの試合についてラウバル会長は、「誰もこの試合をきわどい試合だったとは言わないだろう。何百万人もの視聴者がゴール数を楽しんで、それが何らかの埋め合わせになっていればいいと願う」と語った。

    バイエルンは昨シーズンの開幕戦でも5-0でハンブルガーSVを下しており、ラウバル会長はいかにしてバイエルンの開幕戦を一方的にならないようにするか思案していたという。

    ラウバル会長は、前年王者のチームは開幕戦を本拠地で迎えるブンデスリーガの伝統を変更を検討したというが、過去数年リーグのトップチームとして君臨してきたバイエルンとボルシア・ドルトムントを開幕節で直接対決させることは選択肢にないという。

    「すでに26日の試合中、『誰が来シーズンの開幕戦のことなんて考えるんだ』と思った。トップチームがベストなコンディションにない開幕戦で、シーズンのハイライトになるような試合はしない。他のどのリーグも、そんなことはしないだろう」

    バイエルンは今シーズン、ペップ・グアルディオラ前監督に代わってカルロ・アンチェロッティ新監督を迎えたが、過去4シーズンにわたって絶対的な強さを誇ってきたチームに死角は見当たらない。

    AFPBB News / 2016年8月28日 16時57分
    http://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3098912/

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/27(土) 10:24:52.73 ID:CAP_USER9.net
    【バイエルン 6-0 ブレーメン ブンデスリーガ第1節】

    現地時間26日にブンデスリーガ第1節が行われ、バイエルン・ミュンヘンはブレーメンと対戦。ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが開幕戦からハットトリックを達成する活躍を見せ、バイエルンは6-0の大勝をおさめた。

    試合開始して9分にシャビ・アロンソが技ありのゴールを見せると、13分には縦パスに抜け出したレバンドフスキが相手GKの位置を確認して冷静に追加点を決める。46分には右サイドからのクロスをレバンドフスキが頭で合わせ、66分にはフィリップ・ラームが4点目を決めた。

    さらに73分、パスの連携から相手の守備を崩しフランク・リベリがゴールを決める。そして77分、PKをレバンドフスキがしっかりと決めてハットトリックを達成した。バイエルンは6発圧勝でブレーメンを下し、開幕戦白星スタートとなっている。

    【得点者】
    9分 1-0 シャビ・アロンソ(バイエルン)
    13分 2-0 レバンドフスキ(バイエルン)
    46分 3-0 レバンドフスキ(バイエルン)
    66分 4-0 フィリップ・ラーム(バイエルン)
    73分 5-0 フランク・リベリ(バイエルン)
    77分 6-0 レバンドフスキ(バイエルン)
    Lewandowski_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160827-00010007-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ