海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: UEFA-EL

    1:久太郎 ★:2018/05/17(木) 05:39:01.68 ID:CAP_USER9.net
    グリーズマン2発!アトレティコが快勝でEL制覇!…酒井は出番なしで16年ぶり快挙ならず

    ヨーロッパリーグ(EL)決勝が16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとアトレティコ・マドリードが対戦した。酒井はベンチスタートとなった。

    EL初制覇を狙うマルセイユと3度目の優勝を目指すアトレティコが激突。マルセイユは、主将のディミトリ・パイェやリーグ戦22得点のフロリアン・トヴァン、ルイス・グスタヴォらがスタメンに名を連ね、11日にケガから復帰した酒井の代わりにブナ・サールが右サイドバックに入った。

    対するアトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督が準決勝で主審を侮辱し4試合のベンチ入り禁止処分を受けたため、この日もスタンドから観戦。指揮官不在の中、今大会4ゴール3アシストのアントワーヌ・グリーズマンや、1月にチェルシーから復帰したジエゴ・コスタらが先発出場で、今シーズン限りで退団するフェルナンド・トーレスはベンチスタートとなった。

    試合はマルセイユが立ち上がりからチャンスを作る。4分、今大会トップの7アシストを記録しているパイェのスルーパスから、ヴァレール・ジェルマンがエリア内に抜け出してシュート。6分には、アディル・ラミがエリア内中央でこぼれ球を右足ダイレクトで叩くが、どちらも枠を捉えられなかった。

    試合が動いたのは21分、アトレティコは高い位置からプレッシャーをかけると、敵陣中央のガビが相手のトラップミスを見逃さず、ダイレクトで前線にパス。エリア内中央に抜け出したグリーズマンがゴール左に流し込み、貴重な先制点を挙げた。

    32分、先制を許したマルセイユに追い打ちをかけるアクシデント。パイェが負傷交代を強いられ、涙ながらにピッチを後にした主将の代わりにマキシム・ロペスが投入された。

    後半に入って49分、アトレティコが追加点を奪う。エリア内右に走り込んだグリーズマンがコケからリターンパスを受けると、冷静に左足シュートを沈めてリードを2点に広げた。

    マルセイユは2点を追う展開となったが、なかなか反撃できず。81分には途中出場のコンスタンティノス・ミトログルがヘディングシュートを放ったが、これは左ポストに嫌われた。アトレティコは89分、ガビがエリア内右フリーでパスを受けると、右足を振り抜き、試合を決定づけるダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、アトレティコが3-0の快勝で6年ぶり3度目のEL制覇を果たした。

    なお、酒井は出番が回ってこず、大舞台での出場は叶わなかった。また、チームも敗れたため、2002年にフェイエノールトで前身のUEFAカップを制した小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)以来、日本人選手2人目の優勝を果たすことはできなかった。

    【スコア】
    マルセイユ 0-3 アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    1-0 21分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
    2-0 49分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)
    3-0 89分 ガビ(アトレティコ)
    2018-05-17_07h51_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00759181-soccerk-socc
    続きを読む

    8:久太郎 ★:2018/05/04(金) 06:44:07.51 ID:CAP_USER9.net
    210分の激闘を制したマルセイユが決勝へ! ザルツブルグの南野は84分から出場

    ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが3日に行われ、ザルツブルグとマルセイユが対戦した。

    4月26日に行なわれたファーストレグは、フロリアン・トヴァンとクリントン・エンジの得点でホームのマルセイユが先勝。決勝進出に前進している。

    前半をスコアレスで折り返すと、迎えた53分。右サイドでボールを持ったアマドゥ・ハイダラが力強いドリブル突破から右足でシュートを突き刺す。ザルツブルグが1点を先制した。勢いに乗るザルツブルグは65分、右サイドからチャンスを作ると、相手DFのクリアボールを拾ったクサファー・シュラーガーが左足でシュート。このシュートがブナ・サールに当たってゴールイン。2試合合計スコアで追いつく。

    試合は延長戦に突入。延長後半に入り116分、ディミトリ・パイェのCKから途中出場のロランド・フォンセカが決めて、マルセイユが2試合合計スコアで勝ち越しに成功する。

    試合は2-1で終了。2試合合計2-3でマルセイユが決勝に駒を進めた。マルセイユの酒井宏樹は負傷中のためメンバー外。ザルツブルグの南野拓実は84分からプレーしている。

    決勝の対戦相手はアトレティコ・マドリード。今シーズンのEL決勝戦は今月17日、フランスのリヨンで開催される。

    【スコア】
    ザルツブルグ 2-1(2試合合計2-3)マルセイユ

    【得点者】
    1-0 53分 アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルグ)
    2-0 65分 クサファー・シュラーガー(ザルツブルグ)
    2-1 116分 ロランド・フォンセカ(マルセイユ)
    2018-05-04_07h39_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752351-soccerk-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/04(金) 06:04:30.61 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコが6季ぶり決勝進出! アーセナルはヴェンゲル体制最後のタイトル逃す

    ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが3日に行われ、アトレティコ・マドリードとアーセナルが対戦した。

    4月26日にアーセナルのホームで行なわれたファーストレグは1-1のドロー。スコアレスドローに終わった場合は、アウェイゴールをマークしているアトレティコが決勝に進出する。なお、アトレティコは退場処分のシメ・ヴルサリコが出場停止。退席を命じられたディエゴ・シメオネ監督はベンチに入れず、スタンドから戦況を見守る。

    開始早々の8分、アーセナルにアクシデント。キャプテンのローラン・コシェルニーが右足を痛め、プレー続行不可能に。カラム・チャンバースとの交代となった。前半アディショナルタイム、グリーズマンからのパスを受けたジエゴ・コスタが左足でシュートを決め、ホームのアトレティコが先制に成功。前半はアトレティコの1点リードで折り返す。

    後半に入り63分、グラニト・ジャカのミドルシュートはGKヤン・オブラクがセーブ。アーセナルは68分にヘンリク・ムヒタリアンを投入して攻撃のリズムを掴むが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、セカンドレグは1-0でタイムアップ。

    2試合合計2-1でアトレティコが6シーズンぶりに決勝進出。一方のアーセナルは今シーズン限りで退任するアーセン・ヴェンゲル監督にとって最後のタイトルを逃す結果となった。今シーズンのEL決勝戦は今月17日、フランスのリヨンで開催される。

    【スコア】
    アトレティコ・マドリード 1-0(2試合合計2-1)アーセナル

    【得点者】
    1-0 45+2分 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
    2018-05-04_07h28_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752353-soccerk-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/27(金) 05:59:04.93 ID:CAP_USER9.net
    マルセイユ 2-0 ザルツブルク
    [得点者]
    フロリアン・トヴァン(前半15分)マルセイユ
    クリントン・エンジ (後半18分)マルセイユ

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11152951


    アーセナル 1-1 アトレティコ
    [得点者]
    アレクサンドル・ラカゼット(後半16分)アーセナル
    アントワーヌ・グリーズマン(後半37分)アトレティコ

    ※シメ・ヴルサリコ(前半10分)イエロー2枚で退場

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11152952


    アーセナル、80分間数的優位も終盤に痛恨被弾…アトレティコが価値あるドローに持ち込む

    ヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグが26日に行われ、アーセナルとアトレティコ・マドリードが対戦した。

    立ち上がりから試合の主導権を握ったのはホームのアーセナルだった。6分、ショートカウンターを仕掛けると、左サイドのダニー・ウェルベックがアーリークロスを供給。ペナルティエリア内中央に走り込んだアレクサンドル・ラカゼットが右足ボレーで合わせたが、ここは枠の右に外れた。直後の7分には左サイドからナチョ・モンレアルが上げたクロスにラカゼットが頭で合わせたが、枠を捉えたシュートはGKヤン・オブラクの好セーブに阻まれた。

    反撃の糸口を探るアトレティコ・マドリードだが、想定外の事態に見舞われる。10分、すでに警告を受けていたシメ・ヴルサリコがラカゼットの足を踏んでしまい、2枚目のイエローカードで退場となる。さらに12分、判定に不満をつのらせていたディエゴ・シメオネ監督が審判への抗議で退席処分に。早い時間に数的不利に陥っただけでなく、指揮官も失うこととなった。

    これでさらに攻勢を強めたアーセナルは21分、ジャック・ウィルシャーとのワンツーでエリア内左に抜け出したウェルベックが決定機を迎えたが、シュートはまたしてもGKオブラクの好セーブに阻まれた。

    耐える時間が続くアトレティコ・マドリードだが、カウンターからチャンスを作る。37分、敵陣でボールを奪ったトーマス・バルディがエリア内まで持ち上がり、中央へラストパス。フリーで受けたアントワーヌ・グリーズマンが左足ダイレクトで狙ったが、シュートはGKダビド・オスピナの正面に飛んだ。

    後半もアーセナルが押し込む時間が続くと、61分に猛攻が実る。エリア内左深い位置に抜け出したウィルシャーが折り返したボールを、ファーサイドのラカゼットがヘディングでゴール右に決めた。

    その後も追加点を狙ってアーセナルが攻め続けたが、アトレティコ・マドリードが一瞬の隙を突く。82分、ロングボール1本でディフェンスラインの裏に抜け出したグリーズマンが一度はGKに阻まれたボールを左足でゴールに蹴り込み、貴重なアウェイゴールを奪った。

    試合はこのままタイムアップ。終始、試合の主導権を握ったアーセナルが先手を取ったが、アトレティコ・マドリードがドローに持ち込む結果となった。セカンドレグは5月3日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。

    【スコア】
    アーセナル 1-1 アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    1-0 61分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
    1-1 82分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    2018-04-27_08h21_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00748823-soccerk-socc

    >>2以降に続く
    続きを読む

    2018-04-13_09h01_34

    1:久太郎 ★:2018/04/13(金) 06:02:52.99 ID:CAP_USER9.net
    オリンピック・マルセイユ 5-2 RBライプツィヒ
    2戦合計          5-3

    [得点者]
    ブルマ(前半2分)     ライプツィヒ
    OG(前半6分)       マルセイユ
    ブナ・サル(前半9分)   マルセイユ
    トヴァン(前半38分)    マルセイユ
    アウグスティン(後半10分) ライプツィヒ
    パイェ(後半15分)     マルセイユ
    酒井宏樹(後半49分)    マルセイユ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151651



    CSKAモスクワ 2-2 アーセナル
    2戦合計 3-6
    [得点者]
    フェドル・チャロフ(前半39分)CSKA
    キリル・ナバブキン(後半5分)CSKA
    ダニー・ウェルベック(後半31分)アーセナル
    アーロン・ラムジー(後半47分) アーセナル
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151652



    スポルティングCP 1-0 アトレティコ・マドリード
    2戦合計      1-2
    [得点者]
    フレディ・モンテロ・ムノス(前半28分)スポルティングCP

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11151653



    RBザルツブルク 4-1 ラツィオ
    2戦合計     6-5
    [得点者]
    チーロ・インモービレ(後半10分)   ラツィオ
    アマドウ・ダブール(後半11分)    ザルツブルク
    アマドウ・ハイダラ(後半27分)    ザルツブルク
    ファン・ヒチャン(後半29分)     ザルツブルク
    シュテファン・ライナー(後半31分)  ザルツブルク
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/43
    続きを読む

    20180316_dortmund_getty-560x373

    【ザルツブルク 0-0 (2試合合計2-1) ボルシア・ドルトムント ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグ】


    現地時間15日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグの試合が行われボルシア・ドルトムントはザルツブルクと対戦した。試合は0-0の引き分けに終わり2試合合計でドルトムントは1-2で敗れた。

    ドルトムントは試合開始からボールを支配するもザルツブルクの豊富な運動量と組織だった守備の前にチャンスを作り出すことが出来ない。逆にザルツブルクがカウンターからゴールを狙うもこちらも得点を挙げることは出来ず。

    後半もドルトムントが試合を支配するもザルツブルクの最終ラインを突破できず。70分と72分に途中出場のイサクが決定的なチャンスを迎えるも相手GKの好守もあり先制点を奪う事が出来ず。

    このまま試合は終了。ドルトムントは2試合合計1-2となりEL敗退が決まった。なおドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司はベンチ外、ザルツブルクの南野拓実はベンチ入りも出番がなかった。

    【得点者】
    なし
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180316-00260969-footballc-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/16(金) 06:57:21.98 ID:CAP_USER9.net
    [3.15 EL決勝T2回戦第2戦 アーセナル3-1ミラン]

    ヨーロッパリーグ(EL)は15日、決勝トーナメント2回戦第2戦を行った。エミレーツ・スタジアムではアーセナル(イングランド)とミラン(イタリア)が対戦。3-1で勝利したアーセナルが2試合合計5-1で8強入りを決めた。なお、組み合わせ抽選会は16日に行われる。

    アウェーでの第1節を2-0で先勝したアーセナルは、11日のプレミアリーグ第30節ワトフォード戦(3-0)から7人を変更。前回対戦からは2人を入れ替え、DFナチョ・モンレアルとDFエクトル・ベジェリンが先発起用された。対するミランは、11日のセリエA第28節ジェノア戦(1-0)、前回対戦からそれぞれ先発3人を変更。MFリカルド・モントリーボとFWアンドレ・シウバ、FWファビオ・ボリーニがスターティングメンバーに名を連ねた。

    開始早々の前半1分、右サイドの深い位置にパスをつなぎ、ボリーニのグラウンダーのクロスをA・シウバが右足で合わせ、逆転に向けて良い入りをみせたミラン。だが、アーセナルの高い位置からのプレッシャーを受け、なかなか決定的なシーンを作り出すことができない。

    ボールの主導権を握るアーセナルは、前半5分にMFヘンリク・ムヒタリアンの右CKからDFローラン・コシールニーがヘディングシュート。これは枠を大きく外れたが、この際に左わき腹あたりを痛めたようで、しばらくプレーを続けたが、11分にDFカルム・チャンバースとの交代を余儀なくされた。

    試合は前半36分に動いた。劣勢のミランはDFリカルド・ロドリゲスの横パスをPA左手前で受けたMFハカン・チャルハノールが思い切りよく右足を一閃。“FKの名手”が右にカーブしながら鋭く落ちるミドルシュートをゴール右隅に沈め、ミランが先制に成功した。

    しかし、アーセナルがすぐに追いつく。前半38分、ムヒタリアンのスルーパスでPA右に抜け出したFWダニー・ウェルベックがR・ロドリゲスに倒され、PKを獲得。これをウェルベック自らゴール左に決め、同点とした。アディショナルタイム1分には、ウェルベックの折り返しをムヒタリアンがヘッド。2分にはMFジャック・ウィルシャーが左足ミドルを放つなど、前半終盤に猛攻を仕掛けたが、一気に逆転とはならなかった。

    2戦合計3-1と試合を優勢に進めるアーセナル。後半5分、PA左へMFメスト・エジルが出したパスをムヒタリアンが右足ダイレクトでニアを狙うが、GKジャンルイジ・ドンナルンマがストップ。11分には、右サイドのハーフェーライン付近でボールを奪い、右サイドを抜け出したエジルが中央へ折り返す。ウェルベックが相手を引き付けて空いたスペースにMFアーロン・ラムジーが飛び込んだが、右足シュートはクロスバー上を越えていった。

    後半14分にミランの決定機が訪れる。右サイドからMFスソがクロスを入れ、FWパトリック・クトローネが体を倒しながらうまく右足ボレーを放ったが、わずかにゴール右。22分には、クトローネに代わってFWニコラ・カリニッチを入れ、直後にDFレオナルド・ボヌッチのセンタリングからカリニッチが頭で合わせたが、GKダビド・オスピナの正面を突いた。

    互いに1枚交代カードを使って迎えた後半26分、ラムジーのパスを受けたMFグラニト・ジャカがPA右手前から左足を振り抜く。低い弾道のシュートがゴール右下を捉え、GKドンナルンマが弾いたボールが左サイドネットに吸い込まれ、2-1。アーセナルが試合をひっくり返した。

    アーセナルは後半32分、ミランのA・シウバのヘディングシュートがDFシュコドラン・ムスタフィに当たって枠内に飛んだが、GKオスピナが好セーブ。41分には、途中出場のMFモハメド・エルネニーの縦パスが起点となって、PA左からウィルシャーが上げたクロスをラムジーがヘッド。GKドンナルンマが弾いたボールをウェルベックが頭で押し込み、3-1で逆転勝ち。2試合合計5-1とし、アーセナルが準々決勝進出を決めた。
    2018-03-16_07h53_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-01651548-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/09(金) 07:51:43.55 ID:CAP_USER9.net
    2018-03-09_09h56_14
    [3.8 EL決勝T2回戦第1戦 マルセイユ3-1ビルバオ]

    ヨーロッパリーグ(EL)は8日、決勝トーナメント2回戦第1戦を行った。日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はホームでビルバオ(スペイン)と対戦し、3ー1で勝利。右SBで出場した酒井はフル出場した。第2戦は15日にビルバオの本拠地で行われる。

    8年ぶりにベスト16入りを果たしたマルセイユ。直近の公式戦で4試合白星なしの中、メンバーは主力を総動員し、酒井も主戦場である右SBで先発出場した。

    試合は開始早々に動く。マルセイユは前半1分、PA右に進入したMFフロリアン・トバンが左足インスイングのクロスを上げ、ファーサイドのMFルーカス・オカンポスが右足アウトサイドで技ありのワンタッチで流し込み、先制に成功する。

    前半14分には酒井が起点となり、マルセイユが追加点。右サイドを突破した酒井が右足クロスを上げるが、相手選手にブロックされる。しかしクリアされたボールは敵陣PA内に入り、FWディミトリ・パイェがボールを奪うと胸トラップから鋭い右足ボレーを放ち、ゴール右に突き刺した。2点リードしたマルセイユだが前半終了間際、DFアディル・ラミがPA内でのハンドを取られてPKを献上。相手にPKを決められ、前半を2-1で折り返す。

    嫌な形で前半を終えたマルセイユだが、勢いは止まらない。後半12分、パイェは右サイドを突破し、PA内を確認しつつ鋭い右足クロスを上げる。すると、素早く詰めたオカンポスが右足で合わせ、相手GKに阻まれるも、ボールはそのままゴール左に吸い込まれた。地力の差を見せたマルセイユが3-1でホームでの第1戦を勝利。15日に行われる敵地での第2戦に向けて弾みをつけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-01651281-gekisaka-socc

    [得点者]
    ルーカス・オカンポス 1'(マルセイユ)
    デミトリィ・パイェ 14'(マルセイユ)
    アリツ・アドリゥス 45'+3(ビルバオ)
    ルーカス・オカンポス57’(マルセイユ)
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/09(金) 05:08:12.39 ID:CAP_USER9.net
    [3.8 EL決勝トーナメント2回戦第1戦 ドルトムント1-2ザルツブルク]

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11150029

    ヨーロッパリーグ(EL)は8日、決勝トーナメント2回戦第1戦を行い、MF香川真司所属のドルトムント(ドイツ)はホームでFW南野拓実の所属するザルツブルク(オーストリア)と対戦し、1-2で敗れた。足首を痛めて離脱中の香川は公式戦6試合連続の欠場。ベンチスタートの南野は後半28分から途中出場した。

    ドルトムントは前半6分、FWマルコ・ロイスの右CKからファーサイドのMFアンドレ・シュールレが右足ボレーを放つが、クロスバーを越える。立ち上がりのチャンスを逃すと、その後、試合は膠着状態となり、互いにチャンスらしいチャンスをつくれない展開が続いた。

    ザルツブルクは前半40分、MFクサーバー・シュラーガーのスルーパスに反応したFWファン・ヒチャンが左足でシュート。至近距離でGKロマン・ビュルキが弾くと、こぼれ球に詰めたFWモアネス・ダブールのヘディングシュートもゴール前にカバーに入ったDFマルセル・シュメルツァーがクリアした。

    前半アディショナルタイムにはファン・ヒチャンのミドルシュートがポストを直撃。前半の終盤に立て続けにビッグチャンスをつくったザルツブルクはスコアレスで折り返した後半立ち上がりに試合を動かした。後半3分、右サイドからゴールライン際をドリブルで仕掛けたファン・ヒチャンがPA内に入ろうというところで後方からDFエメル・トプラクに引っ張って倒され、PKを獲得。これをMFバロン・ベリシャが冷静にGKの逆を突いてゴール右に決めた。

    貴重なアウェーゴールとなる先制点を奪ったザルツブルクは後半11分にも敵陣でシュメルツァーの横パスをカットしたMFアマドゥー・ハイダラがドリブルで持ち込み、右サイドに展開。DFシュテファン・ライナーがマイナスに折り返したボールをベリシャが右足でゴール左上に蹴り込み、2-0とリードを広げた。

    ホームでまさかの2点ビハインドとなったドルトムントは後半16分に2枚替え。MFマリオ・ゲッツェとFWミヒー・バチュアイを下げ、MFクリスティアン・プリシッチとMFマキシミリアン・フィリップを投入した。すると直後の17分、ロイスのパスから右サイドを駆け上がったプリシッチがグラウンダーのクロスを入れ、ゴール前に飛び込んだシュールレが体ごと押し込んだ。

    1-2と1点を返し、一気に勢い付きたいドルトムントだったが、同点ゴールが遠い。ザルツブルクは後半28分、シュラーガーに代えて南野を投入。同33分には縦パスを受けた南野が鋭い反転から右足でシュートを放つ。積極的なプレーで相手のファウルを誘ってFKを獲得するなど、2-1の逃げ切り勝利に貢献した。敵地で先勝したザルツブルク。ドルトムントはホームでの初戦を落とし、逆転突破を懸けて15日の第2戦で敵地に乗り込むことになった。

    3/9(金) 5:01配信
    2018-03-09_08h03_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-01651280-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ