海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー > FIFA

    1: Egg ★ 2018/12/05(水) 12:49:30.72 _USER9
    現在アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われている「G20」会議。世界の主要国と地域の重要人物が集まり、経済の安定と成長をはかるための国際会議である。

    そこには国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長も参加しており、講演を行ったとのこと。

    『Inside』によれば、その演説では以下のように話されていたそうで、インファンティーノ氏はサッカーがインフラ開発に貢献できると強調したとのことだ。

    ジャンニ・インファンティーノ

    「まず、サッカーは経済的成長をもたらします。

    この10年間、サッカー業界は成長してきました。経済危機が広がる中で、世界経済の2倍の速さで成長してきたのです。

    2000億ドル(およそ22兆円)の収入、1300億ドル(およそ14兆円)の価値を生み出しました。サッカーの経済は、中~大規模の国家と同等の規模になっています。

    おそらく、いつかG20に入ることができるでしょう!

    世界のサッカー経済の70%はヨーロッパで生成されています。それは、まだまだ拡大の可能性があることを思い起こさせる数字です。もし、我々が正しい判断をしていけば。

    G20の目的を思い出してください。それはインフラの開発だったはずです。我々はそれにもわずかながら貢献しています。

    ワールドカップの収益をもとに、我々FIFAは毎年6億ドル(およそ674.6億円)を投資しています。多くの発展途上国を含む、世界中の新しいピッチ、サッカー施設に。それは我々の若者たちに利益となります!

    そうです。サッカーは経済成長なのです。そしてインフラ開発に寄与できるのです」
    2018-12-05_17h59_15
    2018年12月5日 7時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15692906/

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 11:46:03.26 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は7日、構想中の欧州スーパーリーグに出場した選手をワールドカップ(W杯)などの大会から除外する可能性があると警告した。

    先週、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)などが、欧州の強豪16チームによるスーパーリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があるとレポートされた。

    インファンティノ会長は「サッカーを保護し、クラブや世界のサッカー界にとって有益な解決策を考え出すことは、私たちの責任だ」と述べ、24チームへの拡大が検討されているクラブW杯がその回答であると述べた。

    欧州スーパーリーグ構想に含まれているクラブの所属選手には、アルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・エムバペ、ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドら有力選手が含まれている。

    11/8(木) 9:05配信 ロイター通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000024-reut-spo

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/26(金) 16:17:12.94 ID:CAP_USER9.net
    ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)は国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が新大会提案の可決を推し進めるのであれば、現地時間26日の会議への不参加と議事会のボイコットをすると話したと米メディア『ESPN』などが現地時間の25日に報じた。

    インファンティーノ会長の新大会案は昨年2017年を最後に幕を閉じたコンフェデレーションズカップの代わりに、2021年から4年ごとに24チームでFIFAクラブワールドカップを行うというもの。さらに、2年ごとに8か国で行うミニワールドカップの開催も提案した。

    日本の通信事業者ソフトバンクが2つの新大会に250億ドル(約2兆8000億円)を出資するとも言われているが、UEFAとFIFAの意見対立が解決されないのであれば出資を取りやめるという。

    ヨーロッパクラブ協会(ECA)もインファンティーノ会長の提案に否定的と言うが、FIFAはUEFAを説得し新大会を実現できるのだろうか。

    10/26(金) 14:36配信 フットボールチャンネル
    abb20caeb6919a33b714dcf697f37192-560x373

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00294692-footballc-socc
    続きを読む

    2710557_full-lnd

    1:Egg ★:2018/05/01(火) 17:49:30.83 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は30日、6大陸連盟の代表とスイス・チューリヒのFIFA本部で会合を開き、クラブ・ワールドカップ(W杯)の刷新と各国代表チームによる国別対抗戦の新設について話し合ったと発表した。

    今後、FIFAと6大陸連盟の事務局長による作業部会で議論を深める。

    FIFAは協議内容を明らかにしていないが、4月に英米メディアが報じたところによると、現在、6大陸連盟の王者と開催国代表の7チームで毎年争われているクラブW杯は出場チームを24に拡大、開催は4年に一度にし、2021年からの開催をめざす。国別対抗戦は、「ネーションズリーグ」と呼ばれ、W杯や欧州選手権を避けて隔年で開催されることが検討されているという。

    国際的な試合日程を大きく変える改革で、実現すればクラブや各代表チームに与える影響は大きい。

    世界最高峰の大会として定着する欧州チャンピオンズリーグを毎年主催する欧州連盟、さらに選手を供出するビッグクラブからは反発が必至だ。国別対抗戦は、欧州と北中米カリブ海がすでに今秋から実施を決めていて、調整が必要だ。日本にとっては、強化のために欧州や南米の強豪国と親善試合をする頻度が減る弊害が出そうだ。

    英フィナンシャル・タイムズ紙などによると、この大胆な改革案の火付け役は世界の投資家連合。ソフトバンクをはじめ、米国、中国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)の投資家たちが、250億ドル(約2兆7250億円)という破格の財務保証をFIFAに約束したという。

    投資家連合はFIFAに5月中に結論を出すよう求めているとされ、動きが加速する可能性がある。(ロンドン=稲垣康介)

    2018年5月1日 10時54分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14655143/

    サッカー=FIFA、クラブW杯拡大と大会新設を協議
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000036-reut-spo
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/19(木) 11:26:46.36 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】国際サッカー連盟(FIFA)が、コンフェデレーションズカップ(Confederations Cup)を廃止し、その代替大会として2021年から4年に1度クラブW杯(FIFA Club World Cup)を開催する方針であることが分かった。18日、消息筋がAFPに明かした。

    FIFAのジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長が各大陸の連盟に送った書簡によると、コンフェデレーションズカップは廃止され、今年の12月を最後にクラブW杯は毎年の開催ではなくなるという。このため、コンフェデレーションズカップはドイツが優勝した昨年のロシア大会(Confederations Cup 2017)が最後となる。

    今後クラブW杯は、コンフェデレーションズカップと同様、W杯が行われる前年の6月に18日間の日程で行われるという。新方式により、大会がこれまでのように特に欧州など各国のリーグ戦に干渉することはなくなる。

    W杯は利益、人気の面で絶大なものがあるが、コンフェデレーションズカップもクラブW杯もファンやスポンサーの支持が得られていないという問題をFIFAは抱えていた。

    クラブW杯は6大陸の連盟に所属するクラブが参加するが、大陸間の力の差は歴然としており、過去の優勝は欧州と南米のクラブが独占している。

    最初の3大会はブラジル勢が優勝したが、その後は初代王者のコリンチャンス(Corinthians)が優勝した2012年以外はすべて欧州勢が頂点に立っている。

    アラブ首長国連邦(UAE)で開催された前回大会では、クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)のゴールにより決勝でグレミオ(Gremio)に1-0で勝利したレアル・マドリード(Real Madrid)が初の大会連覇を達成した。

    FIFAの変革は、国際親善試合の代わりに「ネーションズリーグ」の開催を決めた欧州サッカー連盟(UEFA)と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)の動きと一致する。

    UEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League 2018-19)の第1回大会は今年9月に始まり、各グループ上位4チームが2019年に行われる決勝トーナメントに進むことになる。

    FIFAは各大陸の連盟に同様の大会を開催するよう求めおり、偶数年の9月、10月、12月にグループリーグが実施され、その翌年に行われる上位8チームによるトーナメント戦でクライマックスを迎えるのが望ましいとしている。

    ネーションズリーグに出資してクラブW杯を改革するため、FIFAはコンソーシアムを立ち上げて、2021年から2033年にかけて投資家から250億ドル(約2兆7000億円)を募りたいとしている。【翻訳編集】 AFPBB News
    2018-04-19_15h13_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000011-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/02/18(日) 14:56:44.40 ID:CAP_USER9.net
    FIFA会長、移籍に関する新規則の導入へ。代理人手数料や選手の給料に制限か
    2018年02月17日(Sat)14時10分配信 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2018/02/17/post256648/
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00256648-footballc-socc

    FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長【写真:Getty Images】



    国際サッカー連盟(FIFA)の会長を務めるジャンニ・インファンティーノ会長が、移籍に関する規則を新たに設けることを検討しているようだ。仏紙『レキップ』が伝えた。

    昨夏から今冬にかけて移籍市場における移籍金は高騰し、歯止めがきかない状態となっている。昨夏バルセロナからパリ・サンジェルマンへと加入したブラジル代表FWネイマールや今冬にリバプールからバルセロナへと移籍したブラジル代表FWフィリッペ・コウチーニョなど、多くの選手が破格の移籍金で新たなクラブへの加入を果たしている。

    そんな状況を好ましく思っていないインファンティーノ会長は、新たに必要不可欠な11項目を提案しているようだ。その中でも、同会長が最も重要視しているものの一つが、代理人が受け取る手数料の制限だ。

    「代理人に支払われている手数料の金額は、気がかりな方向へと向かっていると思う。多くの代理人が私に賛成しているし、より一層の監視を望んでいる。またこれはサッカーの生態系に関する問題だ。現在は確立された規則がない」

    一年間で51億ユーロ(約6800億円)もの移籍金が動き、そのうち4億ユーロ(約530億円)が代理人への支払いに充てられている現状を受けて、インファンティーノ会長は、一りの選手に対して支払われる移籍金に制限を設けることを提案している。

    またそれと並んで、冬の移籍市場の廃止や期限付き移籍への制限、さらには選手に支払われる給料に上限を設けることも視野に入れている。この提案が、今後の移籍市場に影響を及ぼすことにはなるのだろうか。
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/10/31(火) 13:53:58.97 ID:CAP_USER9.net
    2017年10月31日 11時50分
    『Estadao』は27日、「国際サッカー連盟(FIFA)は、代表チームによる『ワールドリーグ』を設立することを検討している」と報じた。

    先日欧州サッカー連盟(UEFA)は、代表チームによるコンペティション「UEFAネイションズリーグ」を設立することを決定。

    これまで行われてきた親善試合を廃し、欧州の代表チームによるリーグ戦を行っていこうというものだ。

    一方、これは他の国にとってはヨーロッパのチームと対戦する機会を失うことになり、大きな影響を及ぼす。

    FIFAはそれらの問題を解決することを目的に、2019年から「ワールドリーグ」を設立するというプランを検討しているとのこと。

    これは全世界の代表チームをFIFAランキングを基準に3部に分け、1年間に渡ってリーグ戦を行うものだという。

    真剣勝負の場が増加することはファンにとって楽しいものではあるが、サッカー界のスケジュールを更に過密にする可能性もある。それらの兼ね合いをどう処理していくかが課題になるだろう。
    2017-10-31_16h07_44
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13825295/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/28(土) 18:24:39.12 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長がコンフェデレーションズカップやアンダー世代のワールドカップについて、廃止を含めて検討中であることを明かした。アメリカメディア『ESPN』が27日に伝えた。

    インファンティーノ会長らFIFA幹部による委員会が現在U-17W杯開催中のインドで行われ、クラブや各国代表の国際大会を見直すことが決まったという。来年3月の次回会合で議論に入るようだ。

    委員会後、取材に応じた会長は現在各大陸のクラブチャンピオンが集まるクラブワールドカップに言及。「将来を見据える必要がある。世界はヨーロッパと南米だけではない。異なるアイデアとアプローチが必要だ。難しい問題だが解決策を見出す必要がある。もしかしたらいくつか大会を廃止するかもしれない」と考えを明かした。

    「(国際大会の)カレンダーについて全体的な分析が必要だが、1つのオプションとして、(4年に1度、W杯前年に行われる)コンフェデレーションズカップを無くして、クラブチームによる大会を行うこともあり得る。大会廃止によって、クラブフットボールの発展につながる可能性がある。あくまでもアイデアだ。来年に話し合うことになるだろう」

    また、インファンティーノ会長はU-17W杯、U-20W杯という2大会にもコメント。「U-17、U-20の2つではなく、U-19かU-18の1大会だけになるかもしれない」と語り、その代わりに出場チーム数を48カ国に増加させることを示唆した。
    2017-10-28_19h30_21
    10/28(土) 17:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00661834-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/07/02(日) 15:20:00.70 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は1日、コンフェデレーションズカップ(Confederations Cup 2017)でのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)システムの「見事な成功」を称賛したものの、改善の余地もあると語った。

    ロシアでテスト運用されているVARによって試合の命運を左右する判断がこれまでに6回取り上げられていることは、「より正当で公平なプレー」を意味すると、インファンティーノ会長は語った。

    特に、ポルトガルが2-2でメキシコと引き分けた試合でVARは最も存在感を示し、ナニ(Luis Cunha aka Nani)がこぼれ球をゴールに押し込んだシーンでは、システムが4選手がオフサイドポジションにいたことを割り出し、得点が取り消された。

    また、ドイツが3-1でカメルーンを下した試合では、主審が誤ってセバスティアン・シアニ(Sebastien Siani)に退場を宣告した場面でもVARがこの判定を覆し、エムレ・ジャン(Emre Can)に対し危険なプレーを見舞ったカメルーンのエルネスト・マブカ(Ernest Mabouka)に改めて退場が言い渡された。

    会長は「VARはロシアで見事な成功を収めている。映像副審には見分けるチャンスがある。試合を変える判定が6度あり、審判の犯したミスや判定が実際に変更された。VARがなければ違う大会になっていただろう。それは少々公平性に欠けてしまう。VARに感謝する。今後こういった大きなミスというものは発生しない」と述べた。

    「判定を下すのは今後も主審であり、協議が行われることになるが、大きなミスというものは訂正される。長年求められていたことが達成されたのは素晴らしいことだ」

    一方で、VARが判断を下したり、ピッチ上の主審らとコミュニケーションをとる際に、長い遅延が発生する事態も何度か起きていることについて、インファンティーノ会長は改善の余地ありと続けた。

    「もちろん試験運用なので、詳細については詰めていく必要がある。例えば判定に関わる速さなどだ」

    インファンティーノ会長はVARが来年の2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)で導入されることを明言しており、来季ドイツやポルトガルでさらなる試験が行われることになる。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000016-jij_afp-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 00:07:25.06 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)は2日、年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」における男子最優秀選手賞の候補者3名を発表した。

    最終候補の3名は、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。C・ロナウドはレアル・マドリードで2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝、ポルトガル代表でユーロ2016を制した。

    グリーズマンはアトレティコ・マドリードでCL準優勝、フランス代表でユーロ2016準優勝と、どちらの大会でもC・ロナウド擁するチームに敗れた。また、メッシはアルゼンチン代表でコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のファイナルまで進んだものの、決勝でチリ代表に敗れて一度は代表引退を発表していた。

    これまでの“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)がフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』との契約満了で終了したため、FIFAは今年度から「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」を新設。男女の最優秀選手賞と監督賞は、各国代表の監督とキャプテン、全世界200以上のメディアによる投票に加え、新たにファンのオンライン投票も反映される。

    表彰式は2017年1月9日にスイス・チューリヒで開催される。

    「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」の男子最優秀選手賞候補3名は以下のとおり。

    クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/ポルトガル代表)
    アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/フランス代表)
    リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
    2016-12-03_07h45_09
    SOCCER KING 12/2(金) 23:16配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00522835-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ