海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: AFCチャンピオンズリーグ

    2017-02-08_23h38_37
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/10(金) 20:19:30.23 ID:CAP_USER9.net
    2017年2月9日、鳳凰網によると、8日に上海で行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフでオーストラリアのブリスベン・ロアーに0?2で敗れた上海申花に対して、日本のサッカーファンが「中国人選手のレベルが低すぎたのが敗因」と指摘した。

    上海申花には昨年12月に32歳の元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが加入。年俸は世界最高額となる3800万ユーロ(約45億8800万円)と伝えられ、本人も一家全員引き連れて中国にやって来るという気合いの入れようだった。先日参加したクラブの冬季キャンプで大いに期待させる動きを見せたテベスだが、8日のブリスベン戦では力を発揮できずじまいだった。

    世界トップの年俸に見合う活躍ができなかったテベスにも敗退の責任があることは間違いない。しかし、記事によると、日本のサッカーファンからは「上海申花が負けた責任がすべてテベスにあるわけではない。テベスとちっともコンビネーションを組めない中国人選手がひどすぎたからだ」と指摘する声があがったという。

    日本からの指摘に対して中国のネットユーザーは「完全に同意する」「どんなにいいスター選手でも、レベルの低いチームメートと組んだらどうしようもなくなる」「その通り。サッカーは1人でやるものではない」など、同調する声が多い。また、「他人の何十倍も給料をもらっているのなら、それだけの結果を出さないといけない」「外国人助っ人との給料差が大きすぎてやる気が出ないんだよ」といった意見も見られた。(翻訳・編集/川尻)

    http://www.recordchina.co.jp/a163453.html
    続きを読む

    2017-02-08_23h38_37

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 18:59:13.75 ID:CAP_USER9.net
    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフで敗退した上海申花(中国)が、サポーターに謝罪した。8日にホームでブリスベン(オーストラリア)に0―2で敗戦。世界最高の約46億円とされる年俸で加入したしたアルゼンチン代表FWテベスが新天地で初出場したが、不発に終わった。

    試合後、クラブは公式ブログで「本日の恥ずべき結果について、申花のサポーターと厳しい寒さの中で応援してくれたファンに心から謝罪したい」と今季公式戦初戦に敗れてACL本大会出場を逃したことを陳謝。「選手は全力を尽くしてくれたし、クラブもみなさんと同じくらい勝利を強く望んでいた。しかし、時にサッカーは残酷な結果をもたらす」とテベスらイレブンについては擁護した。昨季中国スーパーリーグ(1部)4位の上海申花はACLプレーオフに勝てば、1次リーグE組でJリーグ王者鹿島と同組になっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000129-spnannex-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/08(水) 23:07:49.44 ID:CAP_USER9.net
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・プレーオフが8日に行われ、上海申花(中国)とブリスベン・ロアー(オーストラリア)が対戦した。

    上海申花は今冬の移籍市場で、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスを獲得。昨年12月29日に移籍加入が決まった際、移籍金や年俸に関する発表は行われなかったが、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などは、同選手が世界最高年俸の週給72万ユーロ(約8900万円)を受け取ることになると報じていた。

    上海申花は、ACL本戦出場権を懸けたホームでのプレーオフで、テベスを先発起用。元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスらと攻撃陣を形成した。しかし試合は開始早々、ブリスベン・ロアーが先制に成功する。2分、ブランドン・ボレロが左サイド深くからのクロスに反応。ペナルティーエリア右側から右足ボレーを決め、早々とリードを奪った。

    ビハインドを負った上海申花はマルティンスがチャンスを迎えるものの、同点に追い付くことができない。そして40分、今度は右サイドからの折り返しにトミー・オアーが右足ダイレクトで合わせ、ブリスベン・ロアーが2点目を奪った。

    2-0で迎えた後半、上海申花はテベスが直接FKでゴールを狙うなど、反撃を試みたものの、最後まで得点を挙げることはできなかった。

    試合は2-0で終了。ブリスベン・ロアーが完封勝利を収め、ACL2017本選出場を決めた。グループステージではE組に入り、鹿島アントラーズ、蔚山現代(韓国)、ムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦する。

    【スコア】
    上海申花 0-2 ブリスベン・ロアー

    【得点者】
    0-1 2分 ブランドン・ボレロ(ブリスベン・ロアー)
    0-2 40分 トミー・オアー(ブリスベン・ロアー)
    2017-02-08_23h38_37
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00550656-soccerk-socc
    続きを読む

    C0WWJRcUAAAHhDG

    1:餡子先生 ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 22:59:59.09 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 2月7日 22時37分配信

    中国1部の上海上港は7日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフで、タイ1部のスコータイと対戦。新加入のブラジル代表MFオスカル(25)がさっそく先発出場。前半34分に先制ゴールを決め、3―0の勝利に貢献。今冬の“爆買い”で注目を集めたチームがACL本戦に駒を進めた。

    FWフッキやFWエウケソンなどブラジル人トリオがそろって先発した上海上港は前半から攻勢を仕掛けると、前半34分にオスカルが先制弾。その5分後にはFWエウケソンが追加点を決め、2―0で折り返す。

    後半になっても上海上港の優勢は変わらず。同13分に相手DFのオウンゴールで3点目を奪い、そのまま試合終了。強力タレント陣が力を発揮し、難なく本戦出場を決めた。

    上海上港は今冬にプレミアリーグ首位のチェルシーから推定6000万ポンド(約86億円)でオスカルを“爆買い”し、話題を集めた。チームにはブラジル代表FWフッキやFWエウケソンが所属しており、オスカルの他にも今冬には“アジアNo・1ボランチ”との呼び声も高いウズベキスタン代表MFアフメドフを獲得。
    監督もかつてチェルシーやトッテナムで指揮を執ったアンドレ・ビラス・ボアス氏という豪華布陣で、初のACL制覇へ本気度が高い。

    上海上港はACL1次リーグH組に入り、浦和(日本)、FCソウル(韓国)、ウェスタン・シドニー(豪州)と対戦へ。浦和にとっては厳しい組み合わせとなってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000147-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 20:51:58.57 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】

    ガンバ大阪 3-0 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) (吹田サッカースタジアム)

    【得点者】

    [G]アデミウソン(26分)
    [G]長沢駿(29分)
    [G]三浦弦太(70分)

    Jリーグ公式
    http://www.jleague.jp/match/acl/2017/020701/livetxt/

    AFC公式
    http://www.the-afc.com/afc-champions-league-2017/match-report/competition/774/season/2017/matchid/902838

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・プレーオフが7日に行われ、ガンバ大阪とジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が対戦した。

    G大阪は昨季のACLでグループステージ敗退に終わっており、今季はリベンジに燃える。だが、まずはこのプレーオフを突破しなければ本戦出場権を獲得することはできない。本拠地・市立吹田サッカースタジアムで勝利が必須の一戦には、GK東口順昭、DF藤春廣輝、DF三浦弦太、DFファビオ、DFオ・ジェソク、MF今野泰幸、MF遠藤保仁、MF井手口陽介、MF倉田秋、FWアデミウソン、FW長沢駿の11名が先発起用された。

    序盤から試合の主導権を握ったG大阪は26分、左サイドを駆け上がった今野の絶妙なクロスをペナルティエリア中央のアデミウソンがフリーで合わせる。このヘディングシュートがゴール右下に決まり、先制に成功した。

    勢いに乗るG大阪はさらに29分、倉田からのパスでエリア内左に抜け出した藤春がグラウンダーで折り返すと、これをゴール前の長沢が左足ダイレクトで叩き込み、貴重な追加点を奪った。

    前半はこのままG大阪の2点リードで折り返す。

    後半も敵陣に押し込む時間が続くG大阪は70分、遠藤が蹴った右CKを三浦がヘディングでゴール左下に突き刺し、決定的な3点目が決まった。

    リードを広げたG大阪は最後までジョホール・ダルル・タクジムに反撃を許さず、試合はこのまま3-0で終了。マレーシア王者を下したG大阪がACL本戦出場を決めた。

    なお、G大阪は本大会で、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)、江蘇蘇寧(中国)、済州ユナイテッド(韓国)と同じグループHに入る。
    AFC17001_d09-500x333
    SOCCER KING 2/7(火) 20:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00550208-soccerk-socc

    ■ACL組み合わせ

    [グループH]
    1.アデレード・U(豪州)
    1.江蘇蘇寧(中国)
    1.済州ユナイテッド(韓国)
    1.ガンバ大阪(日本

    第1節 2月22日(水)
    アデレード・U vs ガンバ大阪
    済州ユナイテッド vs 江蘇蘇寧

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 18:17:00.61 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪は7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)戦に挑むスターティングメンバーを発表した。


    これが今季初の公式戦となるG大阪は、最終ラインに新加入のDF三浦弦太、DFファビオを起用したが、それ以外のポジションは元日本代表MF遠藤保仁、新たに8番を背負う日本代表MF井手口陽介ら昨季の主力が顔を揃えている。ベンチに新加入アタッカーのMF泉澤仁、18歳MF堂安律らが控える陣容だ。

    昨季ACLで2008年以来のアジア制覇を狙いながら、まさかの2分4敗と1勝もできずに屈辱のグループステージ敗退。再び本選の舞台に立つべく、本拠地の吹田スタジアムでジョホール・ダルル・タクジムを相手に必勝を誓っている。

    G大阪のメンバーは以下のとおり。

    ▼スタメン
    GK
    東口順昭
    DF
    三浦弦太
    ファビオ
    藤春廣輝
    オ・ジェソク
    MF
    遠藤保仁
    井手口陽介
    倉田 秋
    今野泰幸
    FW
    アデミウソン
    長沢 駿

    ▼控えメンバー
    GK
    鈴木椋大
    DF
    丹羽大輝
    初瀬 亮
    MF
    市丸瑞希
    堂安 律
    泉澤 仁
    FW
    高木彰人
    2017-02-07_18h52_16
    Football ZONE web 2/7(火) 18:01配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170207-00010013-soccermzw-socc
    続きを読む

    news_slider_190274_1
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/25(水) 22:27:20.49 ID:CAP_USER9.net
    5月25日@ソウルW杯スタジアム

    FCソウル 3-2 浦和

    ダムヤノビッチ(前半29分)
    アドリアーノ(延前4分)
    李忠成(延後7分)
    李忠成(延後10分)
    Yo-Han Go(延後15分)

    PK
    浦和 6-7 FCソウル

    http://www.hochi.co.jp/soccer/data/world/acl/20160525-m1637090.html?from=pcScore
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/24(火) 22:27:26.71 ID:CAP_USER9.net
    SOCCER KING 5月24日(火)22時23分配信
    tokyoacl0524

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・決勝トーナメント1回戦セカンドレグが24日に行われ、上海上港(中国)とFC東京が対戦した。

    初のベスト8進出を目指すFC東京はホームでの第1戦を2-1で制した。敵地に乗り込んでの第2戦では引き分け以上で勝ち抜けが決まる状況だ。ファーストレグからメンバーに変更はなく、2得点を挙げて勝利の立役者となったMF水沼宏太や、DF森重真人らが先発に名を連ねた。一方、逆転突破を狙う上海上港はブラジル人FWエウケソンやアルゼンチン人MFダリオ・コンカらを起用。負傷中のガーナ代表FWアサモア・ギャンは引き続きメンバー外となっている。

    序盤は1点が必要な上海上港が敵陣に押し込む展開となるが、FC東京も集中した守備でゴールを割らせない。19分には右サイドからのFKをコンカが左足でゴール前に蹴り込み、キム・ジュヨンがヘディングで合わせたが、GK秋元陽太が好セーブで凌いだ。

    上海上港は28分、前線でボールを持ったウー・ライがエリア内右に浮き球のスルーパスを送り、抜け出したエウケソンが右足ダイレクトで狙ったが、シュートは枠の右に逸れた。直後の30分には左サイドのスン・シアンがクロスを供給し、ゴール前のウー・ライが頭で合わせる。シュートは枠を捉えたが、GK秋元が再び好セーブで弾き出した。

    我慢の時間が続いたFC東京は33分、カウンターを仕掛けるとドリブルでエリア手前右に持ち上がった水沼が切り返しから左足でミドルシュートを狙ったが、ここはGKにキャッチされた。

    その後も上海上港の攻撃が続いたが、結局得点は生まれず0-0のまま前半を折り返す。
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/18(水) 21:23:53.36 ID:CAP_USER9.net
    SOCCER KING 5月18日(水)21時20分配信

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが18日に行われ、浦和レッズとFCソウル(韓国)が対戦した。

    2007年以来9年ぶりのアジア制覇を目指す浦和と、2013年以来3年ぶりの優勝を狙うFCソウルによる一戦。ホームで第一戦を迎える浦和は無失点での勝利が理想的となる。先発には”KLMトリオ”ことFW興梠慎三、FW李忠成、FW武藤雄樹や、MF柏木陽介らが起用された。対するFCソウルは2003年から2014年までサンフレッチェ広島に在籍していたMF高萩洋次郎や、グループステージの広島戦でハットトリックを記録したFWアドリアーノらがスタメンに名を連ねている。

    序盤はFCソウルがボールをキープする時間が続いたが、最初にチャンスを作ったのは浦和だった。10分、敵陣左サイドからのパスを受けた興梠が巧みな反転で相手DFをかわしてエリア手前中央から右足でミドル。低い弾道のシュートは枠の左を捉えたが、ここはGKにセーブされた。

    試合が動いたのは14分。浦和は右サイドから森脇良太が逆サイドにロングボールを送る。このパスに反応した宇賀神友弥がエリア内左から左足ダイレクトで折り返すと、ゴール方向へ飛んだボールがGKの頭上を超えてゴール右隅に吸い込まれた。

    先制した浦和は33分、関根貴大が武藤とのコンビネーションで右サイドを突破し、中央へラストパス。走り込んだ李が左足で合わせたが、ジャストミートすることができず、力のないシュートはGKに阻まれた。

    1点を追うFCソウルは40分に最大のチャンスを迎える。オスマール・バルバがハーフウェイライン付近から浮き球のスルーパスを送ると、ディフェンスラインの裏を取ったアドリアーノがGKと一対一に。しかし左足で放ったシュートは枠の左上に外れ、同点とはならない。

    このまま浦和の1点リードで前半を折り返す。

    後半に入り57分、浦和はセンターサークル付近でFKを獲得すると、柏木が相手の隙を突いて素早く前線にスルーパスを送る。これでエリア内右に抜け出した関根が滑り込みながらシュートにつなげたが、ここは飛び出したGKに阻まれた。

    浦和は65分、武藤に代えて駒井善成を投入した。しかし交代直後にチャンスを作ったのはFCソウルだった。67分、ハーフウェイライン付近からのFKを高萩がゴール前に蹴り込み、ファーサイドのキム・ドンウが頭でつなぐ。これを受けたエリア内のオスマールが胸トラップから左足ハーフボレーで狙ったが、シュートは枠の上に外れてしまった。

    逃げ切りたい浦和は72分に宇賀神を下げてズラタン、82分に関根を下げて梅崎司をピッチへ送り出す。直後の83分にはFCソウルがエリア手前左寄りの好位置でFKを獲得したが、パク・チュヨンが右足で放ったシュートは大きく枠の上に外れた。

    終盤もFCソウルの攻撃を受けた浦和だったが、GK西川周作の好守もありゴールを許すことなく時計の針を進める。結局最後まで得点は生まれず試合は1-0のままタイムアップ。浦和が2008年以来8年ぶりとなるACLベスト8進出に向け、ホームでの第一戦で完封勝利を収めた。

    セカンドレグは25日にFCソウルのホームで行われる。

    【スコア】
    浦和レッズ 1-0 FCソウル

    【得点者】
    1-0 14分 宇賀神友弥(浦和レッズ)
    2016-05-18_21h54_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00444368-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ