海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: AFCチャンピオンズリーグ

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/10(水) 23:26:47.31
    4/10(水) 22:51配信
    本田圭佑先発のメルボルン・ビクトリーが0-4完敗。ACL3戦全敗でグループ突破困難に

    【広州恒大 4-0 メルボルン・ビクトリー ACLグループリーグF組第3節】

    10日に行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)・グループリーグF組第3節でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)は敵地で広州恒大(中国)と対戦し、0-4で敗れた。本田圭佑は先発出場し、74分に退いている。


    ここまで1勝1敗の広州恒大と、2敗のメルボルン・ビクトリーの対戦。立ち上がりから主導権を握ったのはホームチームだった。

    7分、左からのクロスにタリスカが合わせて先制すると、その3分後にもタリスカ。ペナルティエリア右手前でパスを受けたブラジル人FWは左足でゴール左上に鮮やかなシュートを決めた。

    その後も広州恒大ペースで試合は進み、42分にはカウンターからヤン・リーユーが決めて3-0で折り返した。

    3点ビハインドのメルボルン・ビクトリーは後半の立ち上がりに本田がシュートを放つシーンもあったが、なかなか反撃ののろしはあがらない。

    73分には広州恒大が勝負を決める。タリスカのFKをGKが弾いたボールをガオ・リンがシュート。これはGKが阻止したが、こぼれ球がメルボルン・ビクトリーのDFに当たってそのままゴールとなり、4点差となる。

    本田がこの直後に交代となったメルボルン・ビクトリーは最後までゴールを奪えず、0-4で敗れた。

    この結果、F組はサンフレッチェ広島、大邱FC(韓国)、広州恒大の3チームが勝ち点6で並び、3戦全敗のメルボルン・ビクトリーが最下位となっている。

    【得点者】
    7分 1-0 タリスカ(広州恒大)
    10分 2-0 タリスカ(広州恒大)
    42分 3-0 ヤン・リーユー(広州恒大)
    73分 4-0 オウンゴール(広州恒大)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190410-00317236-footballc-socc
    no title
    続きを読む

    icon_acl

    1: Egg ★ 2019/04/10(水) 21:51:34.26
    ◆蔚山現代(韓国) 1-0 川崎フロンターレ
    https://www.jleague.jp/match/acl/2019/041003/livetxt/

    91分 キム スアン

    順位表
    https://www.jleague.jp/standings/acl/ 
    続きを読む

    icon_acl

    1: Egg ★ 2019/04/10(水) 20:52:40.69
    ◆サンフレッチェ広島 2-0 大邱FC(韓国)

    [広]ドウグラス・ヴィエイラ(10分)
    [広]渡大生(26分)

    https://www.jleague.jp/match/acl/2019/041001/livetxt/

    順位表
    https://www.jleague.jp/standings/acl/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/09(火) 20:31:05.13
    [4.9 ACLグループ第3節 鹿島3-2慶南 昌原]

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は9日、グループリーグ第3節を各地で行い、前回王者の鹿島アントラーズは慶南FC(韓国)に3-2で勝利した。鹿島は守護神が途中交代するアクシデントに見舞われ、終了間際まで1点ビハインドの苦しい展開を強いられたが、後半アディショナルタイムに2点を決めて奇跡的な逆転劇を披露した。

    鹿島は5日に行われたJ1第6節・名古屋戦(◯2-1)からは先発5人を変更。中盤4人を総入れ替えし、新たにMF安部裕葵、MF三竿健斗、MF遠藤康、MF名古新太郎、FW金森健志が並んだ。慶南は浦和ユース所属経験があり、2015~17年にはアビスパ福岡でもプレーしていた邦本も先発に名を連ねた。

    立ち上がりは互いにプレッシングをかけ合い、なかなか危険なエリアに攻め込まない時間帯が続いた。前半17分、最初のチャンスは慶南。FWキム・スンジュンが三竿に倒されてFKを獲得すると、ボールの前に立っていたDFチェ・ジェスがシュートを狙うという珍しいトリックプレーを見せた。

    さらに慶南は前半20分、キム・スンジュンがフリーでヘディングシュートを放つも大きく枠外。鹿島は同32分、右サイドを突破した遠藤の折り返しをゴール前でMFセルジーニョがおさめ、落としたボールを三竿が右足で力強く狙ったが、これもゴールマウスを外れた。

    前半アディショナルタイムには鹿島にアクシデント。エリア内右から攻撃参加してきたDFイ・グァンジンの左足シュートはGKクォン・スンテがブロックしたが、その勢いで飛び込んできた相手に左足首を踏まれてしまう。そのまま立ち上がれず、鹿島はGK曽ヶ端準を投入した。

    鹿島は後半4分、曽ヶ端のパスミスを邦本に拾われカウンターを受けるも、邦本のシュートは大きく外れて命拾い。それでも同11分、右サイドを駆け上がった邦本が鋭いクロスを左足であげると、ダイビングヘッドでクリアを試みたDF犬飼智也に当たったボールがゴールマウスに吸い込まれ、オウンゴールで慶南が先制した。

    攻勢を強める慶南は後半25分、FWキム・ヒョギとのワンツーで抜け出したキム・スンジュンがGKとの1対1から狙うも曽ヶ端が防いで枠外。それでも鹿島は同26分、遠藤に代わってDF小田逸稀を入れた直後、邦本の右コーナーキックからMFジョーダン・マッチに決められ、ビハインドは2点に広がった。

    鹿島は後半30分、左サイドを駆け上がったDF安西幸輝が中央にクロスを送ると、元JリーガーのDFキム・ジョンピルの頭に当たってオウンゴールで1点を返す。ところが直後に平戸に代わってFW山口一真を投入したが、同39分に犬飼が2枚目の警告を受けて退場した。

    それでも鹿島は諦めなかった。三竿がセンターバックに立って攻撃姿勢を持ち続けると、後半アディショナルタイム1分、左サイドを駆け上がった安西のクロスを安部が頭で折り返し、ゴール前で反応した金森が同点ゴール。さらに同3分、小田の折り返しを受けたセルジーニョが決め、劇的な形で逆転を果たした。試合はこのままタイムアップ。勝ち点7とした鹿島が首位をキープした。
    news_271141_1
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?271141-271141-fl

    39: Egg ★ 2019/04/09(火) 20:33:37.65
    <得点者>

    [慶]オウンゴール(56分)、ジョーダン・マッチ(71分)

    [鹿]オウンゴール(75分)、金森健志(90分+1)、セルジーニョ(90分+3)

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?271140-271140-fl

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/13(水) 22:51:14.20
    AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD2

    2019年3月13日(水)21:00KO
    北京工人体育場

    ■北京国安 0-0 浦和レッズ

    https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2019/031302/livetxt/#live

    ■ブリーラム1-0 全北現代

    Sarachart 50'

    http://www.the-afc.com/competitions/afc-champions-league/matches/2019/1034034

    グループG 順位表
    http://www.the-afc.com/competitions/afc-champions-league/tables

    1浦和4
    2ブリ3
    3全北3
    4北京1 

    23: Egg ★ 2019/03/13(水) 22:53:19.43
    アジア・チャンピオンズリーグは3月13日、各地でグループリーグ2節を開催。北京工人体育場では、北京中赫国安と浦和レッズの一戦が行なわれ、0対0の引き分けに終わった。

    試合は、立ち上がりからホームの大声援に押された北京が浦和を押し込む。ブラジル代表MFのレナト・アウグストらを軸に多彩なパスワークと最前線のバカンブーの個の力でゴールに迫った。

    浦和は前半からゴールを再三脅かされるものの、GK西川周作を中心に水際で相手の攻撃を食い止め、ゴールを許さない。前半を0-0で折り返す。

    後半に入っても北京の猛攻が続いたが、浦和は隙を見せずスコアレスで推移。72分にはアンドリュー・ナバウトに代えて杉本健勇を投入するものの、状況は変わらない。

    すると後半アディショナルタイムに大ピンチ。ジョナタン・ビエラのシュートはゴール左ポストを直撃。その直後のCKからついにネットを揺らされるが、これはオフサイドの判定となりノーゴール。

    終盤は危ない場面が続いたが、何とか浦和は無失点で凌ぎ切り、0対0でタイムアップ。浦和は引き分けに持ち込み、敵地で勝点1をもぎ取った。

    3/13(水) 22:51配信
    2019-03-13_23h44_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190313-00055489-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/13(水) 20:49:50.83
    AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD2

    2019年3月13日(水)19:00KO
    等々力陸上競技場

    川崎フロンターレ1-0シドニーFC

    得点: [川]齋藤学(83分)

    Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2019/031304/livetxt/#live

    5: Egg ★ 2019/03/13(水) 20:51:51.44
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は13日にグループステージ第2節が行われ、川崎フロンターレとシドニーFC(オーストラリア)が等々力陸上競技場で対戦した。

    川崎Fは今季、ゼロックス杯で浦和レッズに勝利して以降4試合白星から遠ざかっている。ACLでは前節、アウェイで上海上港相手に攻勢に出ながらも終盤にPKを献上。0-1と痛恨の黒星スタートとなった。アジア初制覇に向けて白星が欲しい今節は、レアンドロ・ダミアンが先発入り。また、リーグ戦の神奈川ダービーで、大島僚太の負傷により急遽先発に入った田中碧もメンバーに名を連ねた。

    試合に先立ち、両チームのユニフォームカラーが1st、2nd共に同色のため、マッチコミッショナー、審判団、両チームで協議を行った結果、川崎Fはホームでありながら2ndユニフォームの白を着用してゲームに臨んだ。

    川崎Fは序盤から最終ラインのビルドアップよりリズムを作っていく。12分、長谷川がピッチ中央でボールを持つと、左サイドから持ち上がる。PA手前左からパスを送ると、受けたのはダミアン。右足でシュートに持ち込んだが惜しくも枠の右に外してしまう。

    さらに20分、川崎Fはカウンターからダミアンが力強いドリブルで持ち上がる。そのままPA手前まで駆け上がり強烈なシュートを放ったが、相手GKの好セーブに遭ってしまう。27分には、またもカウンターから最後は長谷川がミドルシュート。しかしこれも相手GKのセーブに遭った。前半からシドニーFCゴールを強襲しながらも、結局得点を奪えないままハーフタイムを迎えた。

    後半に入って58分、川崎Fは長谷川がPA手前からカットインして切り込むと、斜め45度の位置からシュートを放ったが、相手GKにセーブされてしまった。さらにその直後、長谷川のシュートで得たCKのこぼれ球に反応した守田がドライブシュート。しかし、これもシドニーFCの守護神レッドメインのスーパーセーブに阻まれてしまった。

    先制点が欲しい川崎Fは、60分に守田を下げて鈴木、63分にはダミアンに代えて知念を投入。さらに攻勢に出る。一方のシドニーFCは、67分に元イラン代表のグーチャンネジャドを投入。ヨーロッパでも経験豊富なストライカーを入れて1チャンスで仕留めにいく姿勢を見せる。

    すると75分、川崎Fにビッグチャンスが訪れる。田中がワンツーでPAに進入するとDFを華麗にかわして左足シュート。これは一旦GKレッドメインが防いだが、こぼれ球に詰めていた小林が反応したが枠を捉えきれなかった。

    川崎Fは81分、長谷川に代えて齋藤を送り込む。するとその2分後、齋藤がいきなり結果を残す。83分、中村が右サイドから低いクロスを送ると、一旦シドニーFCのDFがはね返したが、このこぼれ球に齋藤が反応。右足で流し込み、川崎Fがついに均衡を破った。

    結局この齋藤のゴールが決勝点になり、川崎Fがホームで公式戦5試合ぶりの勝利を手に。ACL今季初白星をつかむとともに、同大会では2017年8月23日の準々決勝第1戦の浦和レッズ戦以来、約1年7カ月ぶりの白星を手にした。

    3/13(水) 20:48配信 goal
    2019-03-13_21h25_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00010029-goal-socc

    続きを読む

    main

    1: Egg ★ 2019/03/12(火) 20:50:56.39
    サンフレッチェ広島 2-1メルボルン・ビクトリー(豪州)

    [広]東俊希(3分)
    [メ]本田圭佑(71分)
    [広]渡大生(86分)

    Jリーグ公式 https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2019/031203/livetxt/#live

    やっぱり持ってる本田圭佑!!スライディングシュートで同点弾!!

    メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑が“凱旋マッチ”をゴールで飾った。1点ビハインドの後半26分、右サイドからDFストーム・ルーが折り返したクロスに、中央に走り込んだ本田がスライディングしながら左足で蹴り込んだ。

    3/12(火) 20:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-37615960-gekisaka-socc

    続きを読む

    main
    1: 豆次郎 ★ 2019/03/12(火) 20:27:52.82
    まだ試合中

    ACL
    グループステージ グループF 第2節
    3/12(火)19:00 広島広域公園陸上競技場

    広島 1-1メルボルン


    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2019031203

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/12(火) 18:22:59.73
    AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD2

    2019年3月12日(火)16:30KO
    済南奥林匹克体育中心

    ■鹿島アントラーズ 2-2 山東魯能(中国)

    [鹿]伊藤翔(10分)
    [鹿]伊藤翔(14分)
    [山]グラツィアーノ・ペッレ(21分)
    [山]グラツィアーノ・ペッレ(41分)

    Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2019/031205/livetxt/#live

    2: Egg ★ 2019/03/12(火) 18:23:41.51
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は12日にグループリーグ第2節が行われ、鹿島アントラーズは山東魯能と対戦した。

    ペッレの奥様が世界一かわいい!?世界トップ選手を支えるパートナーたち【50枚】

    ホームでの第1節を2-1と勝利し、グループEの首位に立つ鹿島。連勝をねらう敵地中国での一戦では、伊藤翔や三竿、セルジーニョらが先発。先日の明治安田生命J1リーグ第3節で先発していた内田や安倍、永木らはベンチからのスタートとなった。

    対する2位山東魯能は、ロシア・ワールドカップの日本代表戦でもゴールを挙げた元ベルギー代表MFマルアン・フェライニや、元イタリア代表グラツィアーノ・ペッレが先発出場している。

    試合は序盤に動く。10分、レオ・シルバのアシストから伊藤がネットを揺らし、鹿島が先制に成功する。すると直後の14分、伊藤が追加点。今季加入したばかりの背番号15の今季4ゴール目で、アウェイチームがリードを広げる。

    しかし、ホームの山東魯能も引き下がらない。20分、三竿のハンドで獲得したPKをペッレが冷静に沈め、1点差に詰め寄る。さらに41分、ゴール前の混戦からペッレがこぼれ球を押し込み、前半の内にスコアをタイに戻した。

    後半も激しい展開が続くが、スコアは動かない。鹿島は61分、山口を下げて安倍を投入。背番号10を背負う20歳にゴールを託す。しかし、後半に得点は生まれず。試合はこのまま終了。両チームが勝ち点1を分け合う結果となった。

    この結果、鹿島は勝ち点4で暫定ながら首位をキープ。ACLグループリーグ第3節は4月9日、鹿島は敵地で慶南FCと対戦。山東魯能は、ジョホール・ダルル・タクジムと対戦する。
    2019-03-12_18h38_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010023-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ