海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 原口元気

    japan-genki-haraguchi_1h742im2m1ty3183qvj7oujhc1

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/23(日) 21:36:42.57 ID:CAP_USER9.net
    ヘルタ(ドイツ)に、日本代表FW原口元気(26)のライバルが加入する可能性が浮上した。

    23日付のベルリナー・モルゲンポスト(電子版)は、ヘルタがザルツブルク(オーストリア)のオーストリア代表MFバレンティーノ・ラザロ(21)の獲得に近づいていると報道。クラブは欧州CL予選3回戦があるため早期移籍に難色を示しているが、本人はヘルタ移籍を望んでいるという。ラザロの加入した場合について、同紙は「原口と(スイス代表MF)シュトッカーは多くの出場機会を得られなくなるだろう」と予想した。

    ザルツブルクでFW南野拓実(22)の同僚で、10番を背負うラザロは、12年に16歳224日のリーグ最年少でデビュー。昨季は29試合3得点の活躍で、リーグ4連覇に貢献した。主なポジションは両サイドで、原口とかぶることになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000169-spnannex-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/07/17(月) 17:36:41.39 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、プレシーズンのミニトーナメント『チューリンガーカップ』に参加し、15日、16日と連戦に臨んだ。  

    原口は、15日のロート・ヴァイス・エアフルト(3部)戦で右サイドバックとして前半の45分間プレー。16日のFCカールツァイス・イェーナ(新シーズンから3部)では後半の頭から同様に右サイドバックで45分間プレーした。チームはそれぞれ3-0、2-0と無失点で連勝。慣れない右サイドバックで出場した原口は確実にボールを動かし、守備でもスライディングでボールを奪い返すなど、プレーの幅が広がっている様子を見せた。

    15日の試合後には、マネージャーのミヒャエル・プレーツ氏が原口について言及。地元紙『B.Z.』の日曜版によれば、ベルリン近郊のバート・ザーロウでの合宿では好印象を残したようで、「ゲンキに関しては、(移籍か残留かの)どの方向に進むのか決まっていない。私には、彼が以前に比べるとだいぶスッキリした表情をしていて、機嫌が良さそうに見えるね。交渉をいったん止めて、時間を置いたのが良かったのだと思う」と好意的なコメントを残している。

    わずか10日前の7月6日付のドイツ誌『kicker』の中で同氏は、「移籍が成立しなければ、ゲンキは契約が最後の今年もチームに残る。だが、今はライバルがひしめく厳しい競争状態にあることを感じる必要がある。マシュー・レッキーの契約で、彼の後釜はすでに埋めてある」と厳しい言葉を残しているだけに、地元メディアはこの変化が気になっているようだ。

    新シーズンはヨーロッパリーグとブンデスリーガで二重の負荷がかかるヘルタだが、競争が厳しくなるほどの分厚い陣容にパル・ダルダイ監督は「U-21代表の3人とマルヴィン・プラッテンハルトが加われば、とても戦力が整っていると思う」と満足気だ。原口は仮にヘルタに残ることになれば、厳しい競争の中、さまざまなポジションを経験することになりそうだ。
    2017-07-17_18h15_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00613670-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/09(金) 07:03:09.17 ID:CAP_USER9.net
    原口元気のヘルタ・ベルリン退団が目前に迫っているようだ。地元紙『ベルリーナ・クリーア』が報じている。

    原口は2014-15シーズンに浦和レッズからヘルタに加入。3シーズンで公式戦95試合に出場し、6得点を記録している。以前からプレミアリーグ挑戦が「夢」と伝えられており、ヘルタ退団が濃厚となっていたが、プレミアリーグ昇格組のブライトン&ホーヴ・アルビオンとの交渉が最終段階まで進んでいるようだ。

    報道によれば、交渉は移籍金の決定を残すのみとなっており、ブライトン側は300万ユーロ(約3億7000万円)での獲得を狙っているが、ヘルタは500万ユーロ(約6億2000万円)での売却を目指しているようだ。

    同紙は、ヘルタが原口を50万ユーロ(約6200万円)で獲得したことを紹介。「足が速く、敏捷性にも優れるが、ゴール前での神経の図太さが足りず、ブンデスリーガ84試合で4ゴールしか奪うことができなかった。ブライトンではより多くの幸運を掴むことになるだろう」と締めくくっている。
    2017-06-09_08h05_18
    6/9(金) 6:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000032-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 18:37:16.98 ID:CAP_USER9.net
    地元紙が選手の明暗を格付け、原口は「敗北者」の烙印 「4年目はやってこない」

    ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気は来季プレミアリーグ昇格する英2部ブライトンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ地元紙は31試合(先発23試合)出場、1得点に終わったアタッカーの今シーズンを総括し、「敗北者」と断罪。「代役はもう見つかった。さよなら、元気」と移籍確定と報じている。

    「ヘルタBSC、シーズンを振り返る」と特集したのはドイツ地元紙「ベルリナー・ツァイトゥング」。チームの選手の明暗を格付けした特集で、コンフェデレーションズ杯ロシア大会でドイツ代表に選出される躍進を果たしたDFマルヴィン・プラッテンハルト、DFジョーダン・トルリナガが「勝利者」と格付けされるなか、原口は「敗北者」の烙印が押されている。

    「誰よりもシーズンで多く、長く発言した男だ。日本の記者たちは誰が試合で最も活躍したのか興味を示さない。彼は出番がない試合でも、何分か話をしていた。しかし、今季の失敗後には彼は何も話そうとしなかった。26歳の原口は3年前にベルリンにやってきたが、4年目はやってこない」

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督に信頼されるウインガーは日本メディアの取材に応じていたが、今季の不振からその注目度の高さが揶揄されている。そして、今季限りの移籍は確実視されている模様だ。

    「ヘルタは原口の不振を心配していた」

    不振の原口は長らくヘルタの懸案事項だったという。「ヘルタは原口の不振を心配していた。あまりに周囲に無関心だった」「彼は自制心を失い、チームのストラクチャーにとって危険な存在だった」とドリブラーは厳しく批判されている。そして、移籍濃厚な原口は惜しまれていないという。

    「ヘルタはすでに代役を見つけている。インゴルシュタットのオーストラリア代表FWマシュー・レッキーだ。とても敏捷なウインガーの移籍金は300万ユーロ(約3億6000万円)。さよなら、元気。さよなら、親愛なるチームメートよ!」

    新天地イングランドを目指す原口の移籍は確実と報じられている。ヘルタではすでに過去の存在になってしまったようだ。
    2017-05-23_19h31_24
    Football ZONE web 5/23(火) 11:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00010009-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 18:04:41.15 ID:CAP_USER9.net
    ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気は、来季のプレミアリーグ昇格を決めたブライトン&ホーブ・アルビオンに移籍することになるかもしれない。独紙『キッカー』が報じている。

    今季のブンデスリーガで31試合に出場した原口は、かねてからプレミアリーグ移籍を希望しているといわれていた。ヘルタは2018年まで残っている原口との契約を延長する意思があったものの、移籍を望む原口と残留を望むクラブの間で交渉は難航していた。

    今月上旬には「原口はヘルタと契約を延長するか退団するかを10日以内に決めなければならない」と報じられており、去就の決断が迫られていた。

    『キッカー』紙によれば、ヘルタは原口への契約延長オファーを取り下げ、原口はブライトンと交渉を進めているという。

    ブライトンは今季のチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)を2位で終え、35年ぶりの1部リーグ昇格を決めた。プレミアリーグが創設されて以降は、同クラブにとって初めてのことである。

    また独紙『ビルト』は、すでにヘルタは原口の後釜としてインゴルシュタットに所属するオーストラリア代表MFマシュー・レッキーの獲得に動いていると伝えている。

    フットボールチャンネル 5/22(月) 17:35
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010029-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/05(金) 13:21:30.73
    ヘルタ・ベルリンを率いるパル・ダルダイ監督は、日本代表MF原口元気の不調を気にかけているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。

    原口は今シーズン序盤こそ、スタメンとして確固たる地位を確立していたが、後半戦になると失速。最近5試合では『キッカー』の採点は4回で5以下(ドイツの採点は1が最高で6が最低)を記録してしまっている。ダルダイ監督は「一体何を悩んでいるのか、それを知りたいんだ」と、切り出して以下のように続けた。

    「コーヒーとケーキも一緒に、良い話し合いができたよ。起用された時には、彼はパフォーマンスをしっかりと発揮しなくてはならない。彼の戦場はブンデスリーガなのだから」

    原口は現在、クラブとの契約延長問題に揺れている。本人はプレミアリーグ移籍が夢だとしているが、クラブが与えた期日は「10日間」で、残り1週間ほど。原口のヘルタでの将来はいまだ不透明なままとなっている。

    GOAL 5/5(金) 8:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000000-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/12(水) 12:48:40.80 ID:CAP_USER9.net
    ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気の近況に関して、ドイツ紙『ビルト』が分析を公開している。

    原口は2016-17シーズン、フル出場こそ14試合に留まっているものの、ブンデスリーガ28戦中26試合に出場し1得点2アシストを記録している。しかし、過去数試合ではパフォーマンスを落とし、第28節のアウグスブルク戦では昨年12月以来の出番なしに終わった。

    同紙は原口が出場機会を失いつつある背景に、去就問題があると指摘した。

    原口とヘルタの契約は2018年までとなっているが、クラブは昨年末に3年間の契約延長を提案したという。しかし、原口はプレミアリーグでプレーしたい意向を持っているため、交渉が難航しているとのこと。

    代理人のヒール・デッカーと話し合いの場を設けた際にも、この意向は共有された。もっとも、具体的なオファーは届いていないため、ヘルタへ移籍する際に力になった代理人トーマス・クロート氏にも相談し、将来に関して模索しているという。

    確かに原口は過去に、去就に関する悩みを明かしたことがある。『Goal』が行ったインタビューでは「今の環境で(シーズン)10点は難しいところがある。ヘルタは粘り強くポイントを取れるチームで、すごく成長させてもらいましたし、ここでまだまだ伸びる部分もあると思う。

    だけど、ここじゃ伸ばせない部分があるのは確か。だからステップアップも選択肢の1つだし、国内外問わずちょっとは考えていますけどね」と話していた。

    もっとも、プレミアリーグのクラブへ移籍するためには今いるチームにおけるアピールが必要不可欠となる。特に国外クラブへ向けてアピールするためには具体的な数字が必要となってくるだけに、シーズン終盤における巻き返しが期待されるところだ。

    なお、パル・ダルダイ監督は現状について「サイドの攻撃的な選手にはアシストとゴールが求められる。原口は改善しなければらない。(バレンティン)シュトッカーが好調を維持しているから、ゲンキは待つ必要がある。試合に出たいのなら力を示さなければならない」と見解を明かしている。

    GOAL 4/12(水) 11:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000005-goal-socc

    写真
    続きを読む

    2017-02-19_01h55_00

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 01:28:47.24 ID:CAP_USER9.net
    第21節 2/18(土)23:30 オリンピアシュタディオン・ベルリン

    ヘルタBSC 1-1 バイエルン・ミュンヘン

    得点
    ヴェダド・イビセヴィッチ(前半21分)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半51分)

    (原口は先発出場し後半49分に交代)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929741

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 12:23:55.06 ID:CAP_USER9.net
    攻守の貢献度を評価

    リヴァプールのロベルト・フィルミーノ、マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネ、トッテナムのソン・フンミンなど、現在のプレミアリーグではドイツのブンデスリーガからやってきた選手が数多く活躍している。

    どこかプレミアリーグ側が資金力にモノを言わせてブンデスリーガのタレントを引き抜いているといったイメージもあり、今のプレミアリーグにとってブンデス産のタレントは非常に重要だ。

    小野、高原、稲本らワールドユースの「黄金世代」に続け!

    そこで英『Squawka』は、現在ブンデスリーガでプレイしている選手の中からプレミアリーグのクラブに合うと思う選手を20名ピックアップしている。

    各クラブ1人ずつという形で選ばれているのだが、現在リーグ戦で17位と残留争いを強いられている
    スウォンジーにはヘルタ・ベルリンでプレイする日本代表FW原口元気がフィットするはずと紹介されている。

    スウォンジーは昨年12月に今季3人目の指揮官としてポール・クレメントを招聘し、徐々に結果が出始めている。クレメントは残留争いをしているチームらしく守備を重視しており、サイドの選手にもアップダウンが求められる。

    加えて攻撃時にはサイドを突破する個の能力が欲しい。

    同メディアは原口について「原口は両サイドでプレイ可能で、良いドリブラーだ」と紹介しており、
    ヘルタで見せているパフォーマンスが高く評価されている。原口には守備にも走り、攻撃時には相手をかわすスピードとテクニックがある。

    これはヘルタ、日本代表でも証明済みで、プレミアリーグの激しい環境でも戦える選手と言えるだろう。

    他に同メディアはゲームメイカーが足りないチェルシーにドルトムントのユリアン・ヴァイグル、運動量が求められるトッテナムにバイエルンのアルトゥーロ・ビダル、同じく走るサッカーをするリヴァプールにライプツィヒMFナビー・ケイタなどが合うはずと伝えている。

    こうした面々と一緒に原口が紹介されているあたりに、評価の高さが表れていると言える。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/9(木) 6:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00010000-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:44.54 ID:CAP_USER9.net
    電光石火の一撃でヘルタが2017年初勝利
    theWORLD(ザ・ワールド)?2/5(日) 1:27配信

    ヘルタ、連敗ストップで2017年初勝利

    日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは4日、ブンデスリーガ第19節でインゴルシュタットをホームへ迎え入れた。ウィンターブレイクが明けて以降、2連敗中のヘルタ。トレーニング中に左足首を負傷し、一時は欠場も噂されていたが、今節は原口が4試合ぶりにスタメン復帰することとなった。

    試合は、開始1分に早くもスコアが動く。緩急をつけたドリブルでサロモン・カルーが左サイドを突破し、ペナルティエリア内へ侵入すると、中央へグラウンダーで折り返す。これを走り込んでいた原口が落ち着いてゴールへ流し込み、ヘルタがブンデスリーガ今季最速ゴールで先制に成功。原口にとっては、待望の今季初ゴールとなった。

    その後は、先制したヘルタがリスクを冒さず、ボールをしっかり回すことで落ち着いた試合展開。そのため、両チームなかなかチャンスを作れず、ただただ時間だけが過ぎていく。前半終了間際にインゴルシュタットがセットプレイやサイド攻撃からシュートまで持っていくが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。ヘルタが1点リードしてハーフタイムを迎えている。

    後半に入ると、両チーム一進一退の攻防を見せるが、なかなか決定機を活かせない。そして、なんとか同点に追いつきたいインゴルシュタットが猛攻を仕掛け、徐々にペースを握るが、ヘルタがなんとか耐えて試合終了。1-0でホームのヘルタがインゴルシュタットを撃破し、2017年初勝利を挙げた。なお、先制ゴールを挙げた原口はフル出場を果たしている。
    2017-02-05_01h50_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00010000-theworld-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:56.40 ID:CAP_USER9.net
    [スターティングメンバー]
    ヘルタ:ヤルシュテイン、ペカリーク、ラングカンプ、ブルックス、ミッテルシュテート、ルステンベルガー、ダリダ、原口、ストッカー(→シーバー 63)、カルー(→エスヴァイン 79)、イビセビッチ(→トルナライア 90+1)

    インゴルシュタット:ハンセン、マティプ、ロジェール(→キッテル 66)、ブルジェリ、ハテルギョナイ、クリスティアンセン(→ヒンテルゼーア 66)、モラレス、ズットナー、グロス、ユング(→ライペルツ 76)、レズカノ

    [スコア]
    ヘルタ 1-0 インゴルシュタット

    [得点者]
    ヘルタ:原口(1)
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ