海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:日本代表 > 岡田武史

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/03(土) 14:13:52.01 ID:CAP_USER9.net
    岡田武史オーナーが喜びの色を見せることはなかった。

    「ホッとした」と語った後、すぐに言葉をつないだ。

    「(来季に向けて)経営面、補強で動き始めないといけない。JFL、J3にあんまり長くいると疲弊するので、できるだけ早く上に行けるように来シーズンは補強、強化に力を入れていきたい」

    JFL昇格はあくまで通過点だと強調するように、笑みを浮かべることもなかった。

    9つある地域リーグの王者と全国社会人サッカー選手権の上位3チームが集う、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ。1次リーグを勝ち上がった4チームが、千葉のゼットエーオリプリスタジアムで決勝ラウンドを戦った。1次、決勝とも3日連続で試合をこなさなければならない過酷なレギュレーションのなか、四国リーグ王者のFC今治は決勝ラウンド初日から2連勝を挙げて昇格を決めた。

    「吉武(博文)監督がいいチームをつくってくれましたし、選手たちも一致団結して、素晴らしいプレーをしてくれたと思っています。今回、オフィスの連中も全員(今治から)来てくれました。これまでチームが勝つためにどうするかを考えて動いてくれたみんなのおかげだと思います。そしてスポンサーさん、サポーターのみなさん、市の方々、いろんな人に助けられて、ようやくみなさんに支持されてきたなという手応えを持っているので、そういう意味では本当にみなさんのおかげだと思っています」

    岡田はチームにかかわるすべての人々に感謝の言葉を述べた。

    人々の思いに応えるためにも、己に課したJFL昇格のノルマを、何としても今年果たさなければならなかった。不退転の決意だった。
    「岡田メソッド」など、大きな目標を公言した。

    今治を舞台にした岡田武史の壮大な夢。

    育成年代からトップチームまで一貫したプレーモデル「岡田メソッド」をつくり、世界に打ち勝つスタイルを目指すと、彼は宣言した。人口減少にある愛媛の地方都市・今治市にスマートスタジアムをつくり、スポーツ健康都市として日本のみならず世界からも人を呼んで交流人口を増やしたい、と。国際交流、地域貢献。元日本代表監督の新しいチャレンジに、多くの人々が賛同した。デロイトトーマツコンサルティング、三菱商事、それに芸能プロダクションのLDHなどが、地方クラブのスポンサーに名乗りを挙げた。


    「この1カ月間で、人生を変えてしまわないか」

    経営者の道を歩み始めるなか、親交のあるライフネット生命の出口治明代表取締役会長の言葉が岡田の心に強く残ったという。

    「『スタートアップした会社の約9割が3年以内につぶれています。でもそのリスクにチャレンジした人が社会を変えてきた。リスクがあるからってチャレンジしなくなったら、社会は変わらないんです』という言い方をされた。俺もそのとおりだと思った。まあ、最初からリスクだなと思ってチャレンジしたんじゃなくて、やってみたら大変なリスクがあるなというのがいつものパターンなんだけど(笑)。でもこうなったら後ろに戻れないし、腹くくってやるしかないから」

    しかしながら、現実はそう甘くはなかった。チャレンジを呼び掛けても、チームにも社員にも何か物足りなさが残った。

    昨秋、四国リーグを制した翌日に、岡田は選手たちを集めてこう呼びかけている。

    「全国地域決勝大会までのこの1カ月間で、人生を変えてしまわないか。人生を変えるってそんな簡単なことじゃない。でもJFLに上がったら君たちの人生は変わるかもしれない。すべての行動を、決勝大会に勝つために捧げてほしい。朝起きたら『JFLに絶対に上がる』と口に出して言おう。言ったところから1分1秒、無駄にするんじゃない」
    選手の甘い考えに、岡田は激昂した。

    だが仕事の合間を縫って数日後の練習試合に途中から顔を出すと、自陣ゴール前でつなごうとして横パスをかっさらわれたプレーに出くわした。ピンチを招きながら「ゴメン!」「ドンマイ!」と声を掛け合っていた。

    納得がいかなかった。ハーフタイムに入ると監督に「申し訳ないが、選手に対して一言だけしゃべらせてもらえないか」と了解を取って、選手の前に立った。越権行為であることは分かっている。ただ、どうしても言わずにはおけなかった。

    「冗談じゃない。もし俺が一緒にプレーしていたらあの横パスしたヤツの胸ぐらをつかんで『俺の人生をどうしてくれるんだ』と言っている。何が『ゴメン』だ! 『ドンマイ』だ! お前たちそんな甘い考えだったのか!」
     2016-12-03_20h47_15
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/18(金) 18:59:21.26 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表監督の岡田武史氏は2012?13年のシーズンに中国スーパーリーグ杭州緑城の監督を務めた。岡田氏が杭州緑城に残したもの、そして中国に対して残した教えは中国の多くのサッカーファンに高く評価されている。中国メディアの今日頭条はこのほど、岡田氏が残した中国サッカーについての見解を掲載したところ、中国のネットユーザーから岡田氏の考えに賛同する多くのコメントが寄せられた。

    記事は、かつて岡田氏が杭州緑城の監督を務めていた時に受けたインタビューのなかで、「中国のサッカー選手は才能の点から見れば同年代の日本のサッカー選手よりもレベルが高い。しかし中国サッカーの実力が日本に及ばない主要な原因は、中国のサッカー選手に向上心と規律性がないことだ」とコメントしたことを紹介した。

    さらに、岡田氏が杭州緑城の監督から退いた後に「中国社会では権限のある人と酒を飲み、友達になれば生活は良くなるため、サッカー選手もこの種の人脈があれば、例え違反を犯しても選手生命が断たれることはなく、こうした要因が、中国サッカーの発展を阻害している」という見解を示したと紹介。

    また、中国サッカーに対する岡田氏の別の観察として、中国のサッカー選手は生活のためにサッカーをしており、サッカーを本当に愛する気持ちが伴っていないと指摘していたとも読者に向けて紹介した。

    記事が掲載した岡田氏の見解について、中国のネットユーザーたちは「この人は日本人だが私は嫌いではない。言っていることはプロの見方であり、実に正しい」、「岡田氏に中国全社会の弱点を言い当てられた」、「この人は日本人だがしっかり仕事をした人であり、中国サッカーの未来を作り出したゆえに敬意に値する」、「岡田氏は日本の名監督だ」などのコメントを寄せており、岡田氏が中国で如何に高く評価されているかがよく分かる。

    注目に値するのは、中国サッカーに対する岡田氏の見解は中国のサッカーファンにとっては「耳が痛い」内容であるにも関わらず、これを支持するコメントが数多く見受けられたことだ。杭州緑城の監督を務め、中国サッカーの向上のために働いた岡田氏の熱い情熱と真心は、中国のサッカーファンの胸に、今なお響いてるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    2016-11-18_20h06_57
    http://news.biglobe.ne.jp/international/1118/scn_161118_0820874562.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/11(木) 23:12:37.77 ID:CAP_USER9.net
    2016080400006_2

    ――海外の選手を高額で獲得している中国のサッカーリーグをどう見ていますか?

    あれだけ世界中の有名な選手や監督が来ているというのは、決してネガティブなことじゃない。日本だって最初Jリーグができたとき、ジーコだ、レオナルドだ、リネカーだとやって来た。やっぱりそういう選手が来たら僕だって見たいもん。「爆買い」とバカにするんじゃなくて、買えるんだったら決して悪いことではない。アジアだとまだまだ、良い外国人選手を当てるかどうかで勝負が決まる。だからアジア・チャンピオンズ・リーグでも中国チームが勝ってきている。

    ――中国人選手のレベルは

    外国人選手に引っ張られて、僕がいたときよりも確実に上がってきていると感じますよね。

    僕が監督をしていた杭州緑城では、若い子のセンスや技術は日本人以上ですよ。当時U18(18歳以下)の中国代表監督をしていたオランダ人が「オランダにもこんな奴らいないよ」って言うくらい。すごい才能を持っている。

    だけどメンタルとか考え方とかの面で、ひとりっ子で可愛がられてスーパースター扱いされてきたせいか、ちょっと逆境になるとだめだったり、「闘え!」って言ったらキレちゃってけんかになっちゃったりする。

    杭州緑城でも活躍しだしている若手選手が何人かいるけど、やっぱりそこまで輝かないんだ。ちょっとお金をもらったら酒に溺れたり遊んだりとか。要するに今まで完全に管理されているじゃない。ぜんぶ命令されて、言われたことはきちんとやれるけど、プロとしての自覚みたいなものがまだないんだよね。日本もJリーグができるまではそうだったんだよ。ジーコとか、すごく節制して、プレーをベストでやるための準備をしていくんだって。それで変わっていったんだよね。

    ――杭州緑城では、どんな問題点がありましたか

    最初、とにかくみんなが僕に贈り物を持ってくるわけですよ。お茶とか焼き物とか、金の延べ板に論語が刻んであるものもあった。でも僕は受け取らず、実力で選んでいた。それであるベテラン選手が中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に「今の若い奴はうらやましい。監督にお金を渡したり贈り物をしたりしなくても、力さえあれば試合に出られる」と書いて、大騒動になった。

    ある中国のコーチが代表チームの選手選考についても、「昔は代表に選ばれるのに金を払った」「同じ省出身の人脈があるから選ばれた」とか言っていた。結局、フェアなマーケットがないから、移籍するにも自分と同じ出身地のコーチがいるところとか、そういう人脈で移籍していく。今は外国人監督が多くなったから、そんなにないと思うけど。

    ――選手はどのように生活していたのですか

    みんな寮に入って、起床も食事も全部管理されていた。そうすると練習も、義務なんですよ。サッカーを楽しむっていう心がまったくない。僕が最初に来たときも、「15分前から全員そろってます」っていうからグラウンドに行ったら、長いすに全員座ってるのよね。日本だったら早く着いたらリフティングとか、ボールを触るとかするけど、練習が終わってもみんなで遊んでいる。だけど彼らにとっては義務だから練習はそれなりにやるんだけど、終わったらさーっと帰っていく。

    僕は「サッカー始めたときは好きで始めただろ? それを思い出せ。そうでないと絶対にうまくならないよ」って言い続けた。1年半くらいしたら、みんなが残ってキャッキャッてボールを蹴るようになった。

    だから入寮を自由にした。サッカーなんて、自己管理ができなかったらできないんだから。「『中国人は違う』というけど、俺はそうは思わない。同じサッカー仲間だから、俺はお前たちを信じる」と言った。

    ――うまくいきましたか

    スタッフから「そんなことしたら、大変なことになる」って言われたけど、本当に大変なことになった。試合前日、試合会場に近いホテルに泊まることにしたら、抜け出して朝まで遊んでいた選手が5人くらいいると報告された。

    全員集めて、「俺は信じていたけど、裏切った奴がいたらしい。裏切った奴は俺のところに言いにこい」と伝えたら、コーチから「監督、何を言っているんですか。そんなの言いに来る中国人はいませんよ」と言われた。ところが5人とも来た。みんな泣きながら。だから「俺を裏切ったけど、もう1回だけチャンスをやる。もう1回裏切ったら、絶対に許さない」と伝えた。

    ところがその後、一人がまた同じことをやった。「もうお前は二度と来るな。給料全部やる」といってクビにした。そういう事件みたいことが何回もあって、みんなだんだん理解して。
    続きを読む


    2014-12-10_14h25_58
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/10(水) 13:38:23.72 ID:???0.net
    元サッカー日本代表監督で、四国リーグ、FC今治の岡田武史代表取締役(58)が10日、都内で行われた「ウィニングイレブン2015」日本代表監督就任会見に出席。

    約5年ぶりの“代表監督就任会見”で「自分にとっては光栄な話ではあるが、もう2度とやらないと言った仕事。本当のサッカーの日本代表監督じゃなくて良かった」と日本代表監督への就任に“NO”を突きつけた。

     「現場の時しか付けない」という青いフレームのメガネをつけ、「南アのワールドカップの大会以来、5年ぶり。2度とやらないと言っていた日本代表監督に就任することになりました」と穏やかな表情であいさつ。久しぶりの会見には「こういう会見は久しぶり。すごく厳しい質問をたくさん受けたなと思い出した。いい時の記者会見の時は思い出さないけど、そういう時のは思い出しますね。今日は厳しく言われないだろうとちょっとリラックスしています」と笑った。

    ゲームでの代表監督というオファーに「(本物の日本代表の監督ではなかったことに)ホッとしました。日本代表監督というと、どうしても全部の責任を負っちゃうイメージがある。自分にとっては光栄な話ではあるが、もう二度とやらないと言った仕事なので、ちょっとドキッとした」と安どしたことを吐露。

    現在はFC今治としてチームの立て直しに取り組んでおり、「これから今治という小さな都市からサッカーを盛り上げて、地方創生をやってみたい」。これまで2度、代表の窮地に“代役という形で監督に就任したが、「今日の会見が最後の代表監督就任会見。二度とやることはない」と笑顔で今後の就任を否定した。

    今回はオンライン大会で代表選考を行い、日本代表となる猛者11人(プラス予備メンバー4人)を選出し、“ウイイレ岡田ジャパン”として海外代表と対戦することになる。

    本物の代表監督就任は否定した岡田氏だが、「ゲームとはいえ、世界一と戦う以上、勝ちたい。勝つことへの執着心を見せるような試合、日本人らしい試合をしたい。日本人が得意なショートパス、流動的なコンビネーションで崩していくようなサッカーを目指したい」と本気モード。「日の丸をつけることに対するプライド、誇り、そういう麺達を持っている人を選びたい」と参加者へメッセージを送っていた。

    12月10日(水)13時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000098-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1418186303/


    続きを読む


    takeshi_okada
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 07:58:38.40 ID:???0.net
     元日本代表監督の岡田武史氏(58)が、四国リーグのFC今治の株式を取得し、自ら経営に乗り出すことが明らかになった。

    近く正式発表されるが、同クラブは将来Jリーグ昇格を視野に入れており、世界を知る岡田氏が今度は経営者として手腕を発揮する。

     今季四国リーグで3位に終わったFC今治は、将来のJリーグ昇格を視野に、運営会社「(株)今治夢スポーツ」をリニューアルすることを決定。

    岡田氏は1000万円近く出資して株式の51%を取得し、経営権を手にすることになった。役職は未定だが、岡田氏自身が役員になるという。

    周囲に「1年間の3分の1は、今治にいるつもりだ」と話しており、本腰を入れてクラブ経営を行う。現在、同クラブのスポンサーの「ありがとうサービス」社長で、岡田氏と早大同期の井本雅之社長も株主となり、岡田氏をサポートする。

     岡田氏は98年W杯フランス大会と10年W杯南アフリカ大会で日本代表を指揮したほか、Jリーグの札幌や横浜、さらに中国・杭州緑城でも監督を務めた。

    また、日本サッカー協会理事の経験もあるほか、環境問題などサッカー以外の活動も幅広く行っているが、クラブの経営に携わるのは初めてとなる。

     FC今治は13年に元柏の竹本GM(現東京Vテクニカルダイレクター)がアドバイザーに就任するなど、チーム強化に取り組んでいる。

    17年には愛媛国体が開催されるため、県内は練習施設の整備なども計画されており、環境面もチームを後押ししそうだ。

     JリーグではJ2札幌の野々村社長や、J2湘南の大倉社長ら、元Jリーガーが既にクラブの社長になっている。

    しかし、自ら出資までしている例はなく、海外でも元日本代表監督のジーコ氏や元イングランド代表のベッカム氏ら数えるほどしかいない。

    岡田氏がJリーグへと導けば、日本では代表として活躍した元選手がクラブの全権を握る初のケース。豊富な経験をベースに、クラブ運営に革命をもたらすことになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00000002-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414796318/


    続きを読む

    img_20101115_01
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 18:23:17.98 ID:???i.net
    サッカー担当記者:2010年南アフリカW杯で日本代表を指揮した岡田武史氏(58)が来季から現場復帰の意向を固めました。

    某Jクラブの社長が「岡田さんと話をしたときに『来季は監督に戻る』と言っていた。いくつかのクラブと話をしたそうだ」と教えてくれました。

     デスク:13年シーズン限りで中国スーパーリーグの杭州緑城の監督を退任し、今季は浪人したけど、岡田さんは現場が好きなんだろうな。

     記者:その社長によれば「監督という仕事にこだわりがあって『全権監督でやりたい』と言っていた」とのことで、育成や強化部門の統括を就任条件に挙げているそうです。

     デスク:GM兼任か。それで名将はどのクラブに行きそうなんだ?

     記者:実は当初、噂になったのはJ2東京Vなんです。ちょうど三浦泰年監督を解任したばかりで来季の体制は未定。

    関係者も「首都圏のクラブで名門再建というテーマは岡田さんにも合う。それに現在は低迷してるから(成績を)上げやすい」と話していましたが、東京V側は「興味はあるけど(年俸が)高すぎる」と消極的でした。

     デスク:岡田氏の年俸は最低でも1億円以上だし、スタッフもたくさん連れていくからな。資金力のない東京Vには無理か。で、ほかには?

     記者:有力視されているのは古巣の横浜Mですね。あとは資金力のあるJ2京都、J1のC大阪と神戸あたりと見られています。

     デスク:Jリーグの監督に復帰すれば06年の横浜M以来か。でも来年1月のアジアカップ次第では、また日本代表から声がかかるかもしれないから、もう少し待ったほうがいいんじゃないか?

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00000027-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1412846597/

    続きを読む

    2014-08-22_13h40_59

    J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(47)が22日、横浜市内でのクラブの全体練 習終了後、全身の筋力が低下する難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究支援などで始まった慈善運動「アイス・バケツ・チャレンジ」に参加。氷水をか ぶった。カズは次の挑戦者3人のうちの1人に、1998年フランスW杯直前で自らを日本代表メンバーから外した岡田武史・元日本代表監督(57)を指名。 「すべてを水に流したい」と粋なコメントを残した。

     カズはこの日の練習前に、自らが指名を受けていることを知った。

     「香川から携帯で連絡が来た。『氷水、かぶってください』ってね」

     親交の深いMF香川真司(25)=マンチェスター・ユナイテッド=から「アイス・バケツ・チャレンジ」の指名を受けたカズは、報道陣には非公開でバケツ一杯の氷水をかぶり、動画をクラブ公式フェイスブックで公開した。

     そして、次の挑戦者として岡田氏を指名した。岡田氏といえば、98年フランスW杯直前にカズを日本代表メンバーから外し、日本中に衝撃を与えた。W杯は「夢であり目標」と今でも語るカズだが、動画で「すべてを水に流したいと思います」と話した。

      16年分の恩讐を越え?冗談めかした岡田氏へのコメントだったが、終了後、取材に応じたカズは「ちょっと上から目線だった」と猛省。岡田氏のほかにはV川 崎(現東京V)や日本代表での盟友・ラモス瑠偉J2岐阜監督(57)、実兄の三浦泰年J2東京V監督(49)も指名した。「あさって(24日にJ2で)東 京V戦があるんで、氷水でもかぶって風邪でもひいてくれないかな。ベンチにいられるのは嫌なんで」と兄に文字通り“冷たい”態度も見せた。

     「(豪雨による土砂崩れで)広島がたいへんなことになっている。ALSだけでなく、いろんなことに協力できることがあればやりたい」。レジェンドの世のため、人のためを思う気持ちは、人一倍強かった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9175312/

    続きを読む

    071207091
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ