海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 武藤嘉紀

    1: 久太郎 ★ 2019/08/29(木) 11:29:27.60
    イングランド・リーグ杯:ニューカッスル1(2PK4)1レスター>◇2回戦◇28日◇ニューカッスル

    ニューカッスルFW武藤嘉紀が今季公式戦初ゴールを挙げた。

    レスターとのイングランド・リーグ杯2回戦にフル出場。0-1とリードされた後半8分、右サイドからゴール前へ上げられたFKがこぼれたところを右足で押し込んだ。チームはこのゴールで同点に追いつき1-1のままPK戦に突入。武藤は1番手でキックして成功したが、2-4で敗れ敗退した。
    2019-08-29_11h58_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-08290040-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/22(木) 00:33:40.63
    ニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀の試合後のコメントが“監督批判”と受け取られているようだ。英『HITC』が伝えている。

    今季からスティーブ・ブルース監督が指揮を執るニューカッスルは、11日のプレミアリーグ開幕節でアーセナルに0-1で惜敗すると、17日の第2節では昇格組のノリッジに1-3で敗れ、開幕2連敗を喫した。

    ノリッジ戦で後半22分から今季初出場した武藤は、試合後に「本当に大変だった。僕は孤立していると感じたし、常に3~4人の相手に囲まれていた。フォワードとしては非常に困難だった。チームとして全体的に苦労した。2敗したので状況を変えたい。僕たちはもっと一生懸命トレーニングに取り組まないとけいない」と語っていた。

    ニューカッスルはポゼッション率36.7%でノリッジにボールを支配され、シュート数(12本で枠内4本)、タッチ数、パス数などでノリッジを下回った。苦戦を強いられたことは間違いないが、武藤のこの“率直すぎるコメント”が問題視されているようだ。

    同メディアは「武藤のコメントは、すでに批判を受けているブルースを助けていない。彼の言葉はニューカッスルの戦術に対する批判とされ、今ブルースが必要としているものではない。彼の率直なコメントはオススメできない」と苦言を呈した。

    さらに「彼が苦労していることを公にすることでニューカッスルに害を及ぼす可能性が十分にある。ブルースはプレシーズンで武藤に『非常に感銘を受けた』と言っていたが、団結を示す必要があるときに、彼のコメントは見当違いにみえる」と、タイミングが悪かったと伝えている。

    ニューカッスルは次節、25日にアウェーでトッテナムと対戦。王者マンチェスター・シティと引き分けるなど、開幕無敗中の相手にニューカッスルは今季初勝利を目指す。

    8/21(水) 18:16配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-43470752-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む


    GettyImages-1165192518

    1: Egg ★ 2019/08/13(火) 16:08:16.21
    ◇イングランド・プレミアリーグ・第1節 ニューカッスル0―1アーセナル(2019年8月12日 ニューカッスル)

    ニューカッスルのFW武藤嘉紀は11日、2019~20年シーズン開幕節のホーム・アーセナル戦でベンチ入りしたものの、最後まで出番がなかった。

    チームは0―1で敗れ黒星スタート。試合後に武藤は「いやあ、調子も良かったし、絶対に(出番が)来るなあと思っていたから。がっかりというか」と心境を語った。

    オフは肉体改造に取り組み、昨年の同時期に比べて「1.5~2キロぐらい」体重が増えた。「筋肉量もかなり上がっている。脂肪が落ちて、筋肉量が上がって、体重も増えたから。やってきたことが実を結んでいる。それで走れる体になっている」と手応えを口にした。体重を増やしつつ、体幹、インナーマッスルの強化にも取り組んだということで「インナーを少しおろそかにしていたというか(体幹を)使えていなかった。基礎の基礎ですけど、そこを本当にしっかりやっていったら、良くなった」と説明した。

    今夏にベニテス監督が退任し、後任となったブルース新監督については「ハードワークを求める。それは自分にもすごく合っているし、前から守備できる人、かつ走れる人、裏に抜け出せる、そういうのができる人が好まれる」と自身のプレースタイルにマッチしており「やりやすい」という。「だから、チャンスは来ると思う。ここで落ち込んでしまうと良くないんで。前を向いて」と次節以降を見据えた。

    プレミアリーグ1季目の昨季はリーグ17試合1得点。飛躍を目指す2季目は「とにかく試合に出続けて点を取ること。何点というより、本当に1試合1試合集中して、点を取ること。もし1点取っても、そこで満足せず、一喜一憂しないとが大事かな。体もできている。だからこそ試合に出て結果がついてくれば、自信にもなる」と改めて意気込みを語った。

    8/13(火) 1:24配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000250-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/10(土) 10:26:48.85
    プレミアで2年目を迎える武藤 「ピッチで声を出し、パスを呼び込むようになった」
     
    日本代表FW武藤嘉紀は今季もプレミアリーグのニューカッスルで戦うことになるがスポーツ専門メディア「FANSIDED」は「がっかりさせるデビューイヤーとなった武藤嘉紀は、今季インパクトを与えることができるのか?」と大々的に取り上げ、武藤の今季を占っている。

    昨季マインツからニューカッスルに移籍した武藤は、念願のプレミア参戦を果たすことになったが、加入初年は厳しい船出となった。リーグ戦17試合出場でわずか1ゴールと不本意なシーズンを過ごし、信頼を勝ち取るには至らなかった。

    一方、ラファエル・ベニテス監督が昨季限りで退任すると、FWアジョセ・ペレスがレスター、FWホセルがアラベスに移籍するなど、アタッカー陣の放出が立て続いていた。

    移籍市場では元イングランド代表FWアンディ・キャロルをウェストハムから復帰させるも、武藤にとっては存在感を発揮する勝負のシーズンとなる。そして、今夏のプレシーズンで見せた働きは、大いに期待できるパフォーマンスであったことが認められているようだ。

    記事では、武藤の今季の活躍を「25試合5得点」と予想。「武藤はプレシーズンで昨季とは別人になった。ピッチでこれまで以上に声を出すようになり、パスも呼び込むようになった。そして、3ゴールに絡んでいる。武藤は今夏、ファンに向けて多くのゴールを奪うシーズンになると宣言しているようだった」と、昨季と明確に違う姿を示していることを主張している。

    さらに、「武藤は今夏のプレシーズンで躍動しており、ベンチからの脱却へ、絶好のタイミングだ」と太鼓判を押された武藤。夢にまで見たプレミアの舞台で、いよいよ本領を発揮する準備が整っているようだ。

    8/10(土) 7:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00209681-soccermzw-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/06(土) 08:53:53.01
    昨夏ニューカッスルに移籍した日本代表FW武藤嘉紀は、加入1年目で厳しいシーズンを過ごすことになった。獲得時の指揮官であるラファエル・ベニテス氏は大連一方の監督に就任したが、英メディア「HITC」は「中国入りしたベニテスと合流する可能性のあるニューカッスルの選手たち」と見出しを打って報じ、武藤もそこに名を連ねている。

    武藤は昨季、マインツからニューカッスルへと移籍。念願のプレミア参戦を果たしたが、加入1年目はリーグ戦17試合出場でわずか1ゴールと、不本意なシーズンを過ごすことになった。記事では、ベニテス監督が中国へと活躍の場を移したことで、同監督が獲得を望んだ武藤も後に続く可能性があることを指摘している。

    「武藤とのサインはまだ有効なものとは言えない状況だ。武藤はJ1でプレーしていた際、アジアでの経験値を積んだ。タインサイド(イングランド北東部)での最初のシーズンで苦戦を強いられたことを踏まえると、クラブとの決別が実現しても誰も驚かないだろう。キャリアを通して、イングランド、ドイツ、日本でプレーしたが、中国でプレーすることはまた違った経験となるだろう。彼は、異なるタイプのリーグで戦うことに順応できる選手だ」

    武藤の他にも、パラグアイ代表MFミゲル・アルミロン、ガーナ代表MFクリスティアン・アツの名が挙げられているが、武藤は新シーズンをニューカッスルで迎えるのか、それとも新たなユニフォームを着て戦うことになるのだろうか。

    7/6(土) 6:40配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00201638-soccermzw-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/16(木) 06:58:25.91
    日本代表FW武藤嘉紀(26)=ニューカッスルが15日、羽田空港に帰国した。

    今季からプレミアリーグに移籍した武藤だが、新天地では出場機会に恵まれず、先発はわずか5試合。

    得点も昨年10月6日のマンチェスターU戦での1点に終わった。「悔しいし、不完全燃焼」というが、世界最高峰と呼ばれるリーグだからこそ課題も得られた。

    「肉弾戦が多いし、体幹だけではどうにもならないこともある。ひとつ上のレベルに上がるため」とオフには体重を72キロから2キロ増やすことを目指し、フィジカル強化に重点を置く構え。その一環として17日から、元陸上選手と自主トレを始める。

    6月開幕の南米選手権(ブラジル)については、「どうなるか分からないが、もし参加することになれば南米の強豪国と本気でぶつかり合える機会。勝ちにいく」と語った。
    2019-05-16_08h20_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000246-sph-socc
    5/16(木) 6:08配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/13(月) 02:23:43.78
    <プレミアリーグ:フラム0-4ニューカッスル>
    ◇12日◇ロンドン

    FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはアウェーでフラムに4-0で完封勝利した。

    前半9分、ニューカッスルのMFシェルヴィが決勝点となる先制ゴールを決めた。ベンチスタートの武藤は後半21分から出場したが無得点だった。ニューカッスルは12勝9分け17敗、フラムは7勝5分け26敗となった。

    ▽得点経過 前半9分【ニューカッスル】シェルヴィ、前半11分【ニューカッスル】ペレス、後半16分【ニューカッスル】シェア、後半45分【ニューカッスル】ロンドン
    2019-05-13_15h49_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-05130038-nksports-socc
    5/13(月) 1:55配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/gbr/gbr-11154953.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/ranking/
    得点ランキング

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
    成績

    https://www.youtube.com/watch?v=wsh6CwpRaUs&t=32s


    【武藤嘉紀】プレミアリーグでマンU相手に堂々たるゴール!【ゴールシーン】

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/30(火) 12:46:07.73
    「非常に悔しいです」

    ニューカッスル・ユナイテッドのFW武藤嘉紀は、思わずため息を漏らした。

    4月27日に行なわれたブライトン対ニューカッスルのプレミアリーグ第36節で、武藤は6試合連続となるベンチスタートを命じられた。前半33分、その日本代表FWに出番のチャンスがまわってきた。

    開始14分の時点で、FWアジョセ・ペレスが負傷。痛みを抱えながらプレーしていたが、33分に交代となった。武藤は14分からウォームアップを開始。ペレスの代わりに投入されると思われたが、ラファエル・ベニテス監督が声をかけたのは、武藤とともにアップを始めていたMFケネディだった。

    試合後、「前半にペレスが負傷してチャンスが早めにくるかと思ったが」と記者から質問されると、武藤は短くため息をつき、冒頭の言葉を漏らしたのだった。武藤は静かに語る。

    「(ため息)もう......、今日はちょっとわかんないですね。やっぱり、あそこでファーストチョイスじゃなかったというのが非常に悔しいです。『何でかな』という疑問もありますけど、やっぱり監督が決めることなので。とにかく、やっていくしかない」

    対戦相手の17位ブライトンは、直近6試合で5敗1分と絶不調。しかも、この6試合はいずれも無得点で、降格の危機に瀕している。

    今回のニューカッスル戦でも、前半は攻守両面でまったく噛み合わず、守備陣は寄せもマークも甘かった。「プレミアリーグは結果がすべて」「結果を残さないと序列は変わらない」と常々口にしている武藤にとって、このタイミングで投入されれば、ネットを揺らす絶好のチャンスだった。

    それだけに、失望は大きかったようだ。

    「今までやったチームのなかで(ブライトンが)一番、力がないように思えました。だからこそ、みんな試合が終わった後は、すごくフラストレーションが溜まっていたというか。雰囲気も悪かった。自分としては、アジョセ(・ペレス)がケガしたときに出られれば最高でしたけど(ため息)。
    2019-04-30_14h26_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00858690-sportiva-socc
    4/30(火) 8:37配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
    成績

    続きを読む

    GettyImages-1056712340-min

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/30(土) 10:19:54.37
    昨夏約950万ポンドでニューカッスルに加入した武藤嘉紀だが、度重なる負傷とアジアカップ出場もあり、満足な出場機会を得られていない。

    ベニテス監督

    「明らかに彼にはそれほど時間がなかったが 我々には他にフィットした選手がいたため 武藤が彼らとプレーできないのは残念に思う。

    彼はここに来てハードワークし 相手選手を追いかけ、スペースへ走りこんだ それは我々が彼に期待したものだった」

    武藤は英語を学んでおり進歩しているがまだ流暢には程遠い。これが武藤の進歩に影響を与えているという。

    ベニテス監督

    「彼はチームメイトとお互いを理解するため英語のレッスンを受けており良いコミュニケーションができるようになっている。彼の仕事量や活力について心配している人は誰もいないよ」

    しかし、この冬にクラブ最高額の移籍金でアルミロンが加入したことで

    武藤の序列はさらに下がった。

    ベニテス監督

    「彼が周りの選手との理解を深めていることは知っているが、アルミロンとの競争は続けなければならないね」

    http://news.livedoor.com/article/detail/16238914/
    2019年3月30日 5時15分 Sportiva

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
    成績

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/08(金) 22:12:45.79
    イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀が地元メディア『クロニクルライブ』の取材に応じた。同メディアが現地時間の8日に武藤のインタビュー記事を掲載している。

    今季からニューカッスルに加入した武藤は開幕から出場機会を重ねていたものの、昨年11月に行われたワトフォード戦で負傷交代。同12月のリバプール戦で戦列復帰したものの、アジアカップに出場した影響もあり、今年の1月2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦以降の出場がない。

    アジアカップから合流後も状況は変わらず。合流後1試合も出場できていない。厳しい状況に立たされている武藤は、同メディアのインタビューで「アジアカップ後、僕はポジションを奪う自信があった。でも、状況は思ったよりも深刻で、僕がいない間にチームの状態が良くなっていた」と話した。

    同メディアによると、先月行われたスペインでのCSKAモスクワとのトレーニングマッチで45分間の出場を果たした武藤は、試合出場に向け好感触だったと話していたようだ。

    だが、結局は現地時間の2日に行われたウェストハムとの一戦ではプレーできていない。そのことに関して武藤は「タフな状況が続いている。僕はウェストハム戦でプレーできると思ったんだ。だが、できなかった。あの日は不運だった。怪我の影響でプレーすることができなかったんだ」と説明した。
    2019-03-08_22h50_25
    http://news.livedoor.com/article/detail/16129617/
    2019年3月8日 17時0分 フットボールチャンネル

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ