海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 武藤嘉紀

    GettyImages-1056712340-min

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/30(土) 10:19:54.37
    昨夏約950万ポンドでニューカッスルに加入した武藤嘉紀だが、度重なる負傷とアジアカップ出場もあり、満足な出場機会を得られていない。

    ベニテス監督

    「明らかに彼にはそれほど時間がなかったが 我々には他にフィットした選手がいたため 武藤が彼らとプレーできないのは残念に思う。

    彼はここに来てハードワークし 相手選手を追いかけ、スペースへ走りこんだ それは我々が彼に期待したものだった」

    武藤は英語を学んでおり進歩しているがまだ流暢には程遠い。これが武藤の進歩に影響を与えているという。

    ベニテス監督

    「彼はチームメイトとお互いを理解するため英語のレッスンを受けており良いコミュニケーションができるようになっている。彼の仕事量や活力について心配している人は誰もいないよ」

    しかし、この冬にクラブ最高額の移籍金でアルミロンが加入したことで

    武藤の序列はさらに下がった。

    ベニテス監督

    「彼が周りの選手との理解を深めていることは知っているが、アルミロンとの競争は続けなければならないね」

    http://news.livedoor.com/article/detail/16238914/
    2019年3月30日 5時15分 Sportiva

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
    成績

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/08(金) 22:12:45.79
    イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀が地元メディア『クロニクルライブ』の取材に応じた。同メディアが現地時間の8日に武藤のインタビュー記事を掲載している。

    今季からニューカッスルに加入した武藤は開幕から出場機会を重ねていたものの、昨年11月に行われたワトフォード戦で負傷交代。同12月のリバプール戦で戦列復帰したものの、アジアカップに出場した影響もあり、今年の1月2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦以降の出場がない。

    アジアカップから合流後も状況は変わらず。合流後1試合も出場できていない。厳しい状況に立たされている武藤は、同メディアのインタビューで「アジアカップ後、僕はポジションを奪う自信があった。でも、状況は思ったよりも深刻で、僕がいない間にチームの状態が良くなっていた」と話した。

    同メディアによると、先月行われたスペインでのCSKAモスクワとのトレーニングマッチで45分間の出場を果たした武藤は、試合出場に向け好感触だったと話していたようだ。

    だが、結局は現地時間の2日に行われたウェストハムとの一戦ではプレーできていない。そのことに関して武藤は「タフな状況が続いている。僕はウェストハム戦でプレーできると思ったんだ。だが、できなかった。あの日は不運だった。怪我の影響でプレーすることができなかったんだ」と説明した。
    2019-03-08_22h50_25
    http://news.livedoor.com/article/detail/16129617/
    2019年3月8日 17時0分 フットボールチャンネル

    続きを読む

    20180817-00093404-roupeiro-000-5-view

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/27(水) 09:02:44.01
    <プレミアリーグ:ニューカッスル2-0バーンリー>◇26日◇ニューカッスル

    FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはホームでバーンリーに2-0で勝利した。

    前半24分にDFシェアが先制点を挙げ、同38分にはMFロングスタフが追加点を奪った。

    武藤はベンチ入りしなかった。

    3試合ぶりの白星を挙げたニューカッスルは8勝7分け13敗の勝ち点31で暫定13位。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-02270027-nksports-socc
    2/27(水) 8:00配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/gbr/gbr-11154856.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
    成績

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/08(金) 07:54:17.26
    ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀が出場機会に恵まれない理由を現地メディア『クロニクル・ライブ』が伝えた。

    2018年夏にマインツからニューカッスルに加入した武藤。昨夏の移籍市場でクラブ最高額となる950万ポンド(当時約14億円)で移籍した同選手だが、ここまでプレミアリーグで先発5試合を含む12試合に出場して、マンチェスター・ユナイテッド戦で挙げた1ゴールのみと期待されるだけの活躍はできていない。

    また、先発出場した昨年11月のワトフォード戦でふくらはぎを故障して戦線離脱。さらに1月上旬からは日本代表としてアジアカップ2019に参戦するなど12月以降はリーグ戦2試合に出場のみと多くのプレー時間を手にできていない。

    そんな中、『クロニクル・ライブ』は、昨シーズンにドイツで10ゴールの活躍を見せた武藤が出場機会を得られていない理由について報じた。これによると、加入当初から指摘されていた英語能力に問題があるようだ。ラファエル・ベニテス監督も同選手が試合中に流暢にコミュニケーションを取れないことを問題視しているようで、これが定期的にピッチに立てない1つの原因として考えられている。

    2018年夏にニューカッスルを退団したシャンセル・ムベンバも言語の問題により、ベニテス監督の信頼を勝ち取れず、同指揮官が就任して以降は大幅に出場機会を減らしていた。そのため、“言語の壁”を超えない限り、武藤は十分なプレー時間を手にできないようだ。
    2019-02-08_08h42_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010002-goal-socc
    2/8(金) 6:42配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/03(日) 21:59:54.93
    ニューカッスル・ユナイテッドに所属する武藤嘉紀が、アジアカップ2019敗退から2日後の3日、自身の『ツイッター』を更新。ネガティブな論調や報道も国内で出た中、「なにを言われても仕方ない」とコメントした。

    2大会ぶり最多5度目のアジアカップ制覇を目指した日本だが、決勝ではカタール代表を相手に1-3で敗戦。アジア王者奪還に失敗したあと、一部でネガティブな報じ方がされると、3日には槙野智章が「仲良し軍団?? 決勝だけを外から見ただけで、この一言で表してほしくない」と反論。一部メディアの報道の仕方に不快感を示した。

    一方、武藤は自身の『ツイッター』で、「なにを言われても、書かれても仕方ない。負けた者がなにを言っても響かないし、勝てなかった僕たちに全ての責任がある」と、自身の胸中をつづり、「だからこそ、強くならないと。 勝者にならないと。 どんな努力も惜しまない」と、悔しさを糧にして前進していく強い意思を示した。

    また、続けて、「がっかりしてしまった方もたくさんいらっしゃると思いますが、もう一度僕たちを支えてください」と、ファンやサポーターに引き続きの応援を呼びかけた。

    追加招集でメンバー入りした武藤は今大会、6試合に出場。グループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦ではゴールを記録し、2-1の勝利に貢献した。今後、所属元のニューカッスルに戻り、厳しいプレミアリーグの後半戦を戦う。
    2019-02-03_22h28_54
    2/3(日) 21:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00010017-goal-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/01/07(月) 13:53:48.62
    イングランドのプレミアリーグで研鑽を積み、自信を深めた26歳アタッカーが森保一体制の日本代表に初合流した。FW浅野拓磨(ハノーファー)の負傷を受けて追加招集のFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が6日から代表トレーニングに合流。各国からトッププレーヤーが集うリーグで戦うなか、「特に怖い相手はいない」と断言している。


    今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)では苦汁をなめた。出場はグループリーグ第3戦ポーランド戦(0-1)の1試合にとどまり、不完全燃焼のまま大会を終えている。大会後、3シーズンプレーしたドイツのマインツを離れ、新天地ニューカッスルでの挑戦を決断。開幕戦トットナム戦(1-2)で途中出場ながらリーグ戦デビューを飾った。第8節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)でリーグ戦初先発&プレミア初ゴールをマークし、一躍脚光を浴びている。

    「出ればやれているという自信がある」

    そう豪語する武藤は、第4節を除き開幕から第11節まで連続出場も、左ふくらはぎの負傷で戦線から一時離脱。12月26日の第19節リバプール戦(0-4)で復帰し、フル出場を果たした。1月2日の第21節マンチェスター・ユナイテッド戦(0-2)で途中出場し、追加招集の形で日本代表に合流している。

    復帰以降、心身の状態は徐々に上向いているようだ。「リバプール戦もこの間出ましたけど全然できましたし、マンUも変わらず。特に怖い相手はいない」と言い切る。最高峰のプレミアリーグで戦い続ける男は自信を滲ませた。
    2019-01-07_15h04_09
    全文はこちらから↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159812-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/27(木) 07:44:34.33 _USER9
    毎年クリスマスの翌日、26日の“ボクシング・デー”に試合が行われるプレミアリーグ。他リーグはウィンターブレイクに入る中、イングランドではクリスマス翌日~年始にかけて中1~2日で連戦が続くなど、シーズンで最も過密な日程が続くことになる。

    そんな伝統の“ボクシング・デー”で、今季未だ無敗で首位を走るリヴァプールは、本拠地アンフィールドにニューカッスルを迎えた。リヴァプール時代にチャンピオンズリーグ制覇を達成したベニテス監督にとっては、かつてのホーム凱旋試合となっている。

    リヴァプールはサラー、マネ、フィルミーノ、シャキリを同時起用。ニューカッスルでは、武藤嘉紀が第11節以来8試合ぶりに先発出場を果たした。

    試合序盤は武藤がドリブルで持ち運ぶシーンが何度かあったが、やはり主導権はリヴァプール。11分には、CKのこぼれ球をロブレンが叩き込み、先制点を手にする。前半はリヴァプールが圧倒し、1-0で折り返す。

    後半開始早々、リヴァプールは追加点を奪うことに成功。ドリブルで仕掛けたサラーが倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務めて2点目を奪った。サラーは2試合連続、得点ランク首位に並ぶ12ゴール目となった。

    その後も圧倒するリヴァプールは、ほとんどの時間相手陣内でプレーする。79分にはシャチリが3ゴール目。さらにファビーニョが追加点を奪い、相手に反撃を許さず4-0で快勝を収めた。

    開幕から無敗を継続するリヴァプールは、19節終了時点で勝ち点「51」に到達。首位をキープしている。

    ■試合結果
    リヴァプール 4-0 ニューカッスル

    ■得点者
    リヴァプール:ロブレン(11分)、サラー(48分)、シャチリ(79分)、ファビーニョ(85分)
    ニューカッスル:なし
    2018-12-27_09h04_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000024-goal-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/04(日) 02:36:11.37 ID:CAP_USER9.net
    現地時間11月3日に行なわれたプレミアリーグ第11節で、ニューカッスル・ユナイテッドは、本拠地にワトフォードを迎えた。

    今シーズンいまだ公式戦11戦未勝利で降格圏の19位に沈み、指揮官のラファエル・ベニテスの解任報道がしきりに伝えられるなど、完全に泥沼にはまっているニューカッスルは先発メンバーを一部変更してこの一戦に臨んだ。

    今シーズン6得点しか挙げられていない拙攻を改善すべく、ベニテスは、4-4-1-1の最前線に怪我から戦線に復帰していた大型CFサロモン・ロンドンを配置。そしてシャドーポジションに4試合連続で武藤嘉紀を先発で起用した。

    今シーズン初勝利へ何としても得点が欲しいニューカッスルは、立ち上がりから最前線のロンドンにボールを供給し、タメを作りながら敵陣へ侵入するシンプルな形で攻め入る。武藤は空いたスペースへフリーランニングをしてゴール前へ飛び込む場面を幾度か見せた。

    しかし、そう簡単に事は運ばない。今シーズンは6勝1分け3敗の7位と好スタートを切ったワトフォードが、徐々にボールを支配しだすと、14分にCKからエイドリアン・マリアッパが、26分にジェラール・デウロフェウが決定機を迎え、ニューカッスルは守勢に回った。

    この試合も苦戦を強いられたニューカッスル。そのなかで武藤はスピードを利したドリブル突破を見せた一方で、味方へのパスを二連続で失敗してしまう。この連携面での失態には本人も思わず天を見上げていた。

    すると、思わぬ事態が起きる。アディショナルタイム1分を過ぎ、前半が終わろうとした時、武藤が負傷のため、アジョセ・ペレスとの交代を余儀なくされたのだ。

    負傷交代で武藤を失ったニューカッスルは後半開始と同時にスイス代表CBのファビアン・シェアを投入していたが、51分に再びにアクシデントに見舞われる。チームの核であるボランチのジョンジョ・シェルビーが膝を痛めて、キ・ソンヨンとの交代を強いられたのだ。

    二人の負傷者を出し、早々に交代枠を失ってしまったニューカッスルだったが、今シーズンの初勝利を信じるホームサポーターからの大声援を受けたこともあり、攻勢を強め続け、そして見事に先制に成功する。

    65分、敵バイタルエリア左からのFKでキッカーのキ・ソンヨンがゴール前にシュート性のボールを蹴り込むと、これをアジョセが頭で合わせてねじ込んだ。

    勢いそのままに先手を取ったニューカッスルは、そこからリトリートをして守勢に回る。それによって追いすがるワトフォードに攻め込まれたが、守備に戻ったケネディの身体を張ったプレーなどで難を逃れ続けた。

    その後も攻めるワトフォード、守るニューカッスルという構図で進んだ試合は、結局、後者が虎の子の1点を守り切る形でタイムアップ。試合終了の瞬間、今シーズンの初勝利を飾ったニューカッスルへはスタンドからも大きな拍手と歓声が送られた。

    ようやく白星を飾ったニューカッスルは、17位に浮上して降格圏を脱出。いまだ18位カーディフとの差は1ポイントだけに予断は許されないが、ひとつ肩の荷が下りたのは間違いなさそうだ。

    11/4(日) 1:55配信 サッカー ダイジェスト
    2018-11-04_08h50_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00049817-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/10/28(日) 01:40:02.58 ID:CAP_USER9.net
    <プレミアリーグ:サウサンプトン0-0ニューカッスル>◇27日◇サウサンプトン

    DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはホームでFW武藤嘉紀が所属するニューカッスルに0-0で引き分けた。

    吉田はベンチ入りしたが出場しなかった。武藤は無得点で後半35分に交代した。サウサンプトンは1勝4分け5敗、ニューカッスルは3分け7敗となった。
    2018-10-28_09h10_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00375012-nksports-socc
    続きを読む

    1:春の呪い ★:2018/10/21(日) 01:37:33.01 ID:CAP_USER9.net
    10.20 プレミアリーグ第9節 ニューカッスル0-1ブライトン]

    プレミアリーグは20日、第9節を行った。FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルはホームでブライトンと対戦し、0-1で敗れた。2試合連続スタメンの武藤は、後半29分までプレーした。

    前節、武藤のゴールなどでマンチェスター・ユナイテッド相手に善戦しながらも2-3で敗れたニューカッスル。2分6敗で19位に沈み、ラファエル・ベニテス監督の解任も囁かれる中、ユナイテッド戦から1人を変更し、DFハビエル・マンキージョに代えてDFポール・ダメットを起用した。

    前半9分に両者にアクシデント発生。空中戦でニューカッスルDFフェデリコ・フェルナンデスとブライトンFWグレン・マレーが頭部を接触し、約7分間の治療を経てマレーがFWユルゲン・ロカディアとの交代を余儀なくされた。F・フェルナンデスはプレーを続けている。

    試合が動いたのは前半29分だった。右CKを獲得したブライトンはFWアリレザ・ジャハンバフシュがゴール前に蹴り込み、ファーサイドのDFシェーン・ダフィーが中央に折り返す。ペナルティーアーク内からMFホセ・イスキエルドが右足でダイレクトシュートを放つと、MFベラム・カヤルがわずかに触ってコースを変え、先手を取った。

    前半のうちに追いつきたいニューカッスルは前半43分、PA左に進入したシェルビーが強烈な左足シュート。GKライアンが弾いたボールを武藤がヘディングシュートで狙うが、クロスバー上を越えていく。後半もシュートを積極的に放ったニューカッスルだったが、ゴールネットを揺らすことができず、武藤は後半29分にピッチを後にした。

    試合はそのまま0-1でタイムアップ。ニューカッスルは2分7敗で開幕から未勝利が続いている。この状況にホームサポーターは試合終了のホイッスルと共にブーイングを浴びせた。なお、プレミア公式サイトによると、ニューカッスルはポゼッション率67.7%、シュートは相手の3倍以上にあたる27本(枠内6本)を放ったが、最後まで1点が遠かった。
    2018-10-21_08h24_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-03228563-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ