海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > C・ロナウド

    GettyImages-493651899-e1532507464320

    1: 風吹けば名無し 2019/10/20(日) 16:23:12.33
    お金移す系は禁止

    ワイはサンフレッチェに助太刀試合して無双したい

    16: 風吹けば名無し 2019/10/20(日) 16:24:34.41
    >>1
    クリロナになったとしてもお前が操作するなら一緒だろw

    44: 風吹けば名無し 2019/10/20(日) 16:27:42.79
    >>16
    これwwww

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/10/19(土) 18:21:22.06
    ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがフットボールとしてよりインスタグラマーとしての収入が上であることが判明した。『Business Insider』が報じた。

    C・ロナウドのフットボーラーとしての年俸は推定3400万ドル(約36億8000万円)。一方で、自身のインスタグラムを利用した過去1年間の広告収入で4780万ドル(約51億8000万円)を稼いだという。

    1回の投稿にあたる広告掲載の収益は平均97万5000ドル(約1億500万円)。モデルのカイリー・ジェンナーや、女優や歌手として活躍するセレーナ・ゴメスら超有名セレブリティをはるかに上回る模様だ。

    そのC・ロナウドはスポーツメーカー『ナイキ』やフィットネス用品『SIXPAD』、ヘアケア『Clear』などのブランドをスポンサーに持ち、最も多い1億8600万人のフォロワーを擁している。

    ちなみに、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはインスタグラムで2330万ドル(約25億2000万円)を稼いでいるとのことだ。
    2019-10-19_18h54_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00363139-usoccer-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/10/16(水) 18:45:40.63
    ペレ、プスカシュらに次ぐ史上6人目の快挙
     サッカー史に名を刻んだ稀代のスーパースターが“名言”を残した。

    現地時間10月14日に行なわれたEURO2020予選グループリーグBのウクライナ戦で、ポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドは、キャリア通算700ゴール目を決めた。

    【動画】賛辞が相次いだC・ロナウドの700ゴールを一挙紹介!

    2点のビハインドを追っていた72分にPKを沈めたC・ロナウドは、2002年にスタートさせたプロキャリアで積み上げてきたゴールを大台に乗せ、ヨーゼフ・ビカン(805ゴール)、ペレ(779点)、ロマーリオ(748点)、フェレンツ・プスカシュ(709点)、ゲルト・ミュラー(701点)に続く、史上6人目の快挙を達成した。

    試合後、C・ロナウドはメディアの取材に応じ、自身のゴール記録達成を次のように振り返った。

    「僕の記録がいくつあるか? それは僕も分からないよ。今、この瞬間を楽しんで、この記録に到達することを助けてくれた人たちに感謝しなければならない」

    さらに現代サッカー界屈指のスーパースターは、自らの記録達成について、自信を感じさせる言葉で、こう表現した。

    「誰もが辿り着ける記録ではないことは分かってる。ただ、記録そのものが自然とやってくるんだ。僕が追い求めたことはない。記録が僕のことを追い求めてくるのさ」

    ちなみに代表通算得点を「95」に伸ばしたC・ロナウドは、元イラン代表FWアリ・ダエイの持つ代表通算世界最多ゴール(105)も射程圏内に捉えており、現在のペースで得点を重ねることができれば、来年には世界記録を打ち立てる可能性も十分にありえそうだ。

    34歳となってベテランの領域に達しているC・ロナウドだが、そのパフォーマンスにいまだ陰りは見られない。

    なお、C・ロナウドの全得点の内訳は、以下の通りだ。

    スポルティング:5ゴール(31試合)
    マンチェスター・ユナイテッド:118ゴール(292試合)
    レアル・マドリー:450ゴール(438試合)
    ユベントス:32ゴール(51試合)
    ポルトガル代表:95ゴール(162試合)

    右足:442ゴール
    左足:129ゴール
    ヘディング:127ゴール
    その他:2ゴール
    2019-10-16_19h34_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00010001-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/10/15(火) 12:46:06.91
    EURO2020予選グループリーグB組、ウクライナ代表対ポルトガル代表の試合が現地時間14日に行われた。この試合で、34歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算700ゴールを達成している。

    C・ロナウドはウクライナ戦で先発出場。試合開始して6分にウクライナのロマン・ヤレムチュクに先制点を決められると、27分にはウクライナのアンドリー・ヤルモレンコに追加点を決められた。それでも72分、C・ロナウドがPKを決めて1点を返す。だが、反撃はここまで。ポルトガルは1-2の敗戦を喫している。

    ヨーゼフ・ビカン氏(805ゴール)、ペレ氏(779点)、ロマーリオ氏(748点)、フェレンツ・プスカシュ氏(709点)、ゲルト・ミュラー氏(701点)に続き、C・ロナウドは史上6人目のキャリア通算700ゴールを達成した。
    2019-10-15_CRonaldo_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00342834-footballc-socc

    続きを読む

    20181211_MessiRonaldo
    1: 風吹けば名無し 2019/10/02(水) 01:06:47.27
    ワイはメッシに一票

    2: 風吹けば名無し 2019/10/02(水) 01:07:21.42
    2人とももう時代遅れ
    1人で勝てる時代は終わった

    6: 風吹けば名無し 2019/10/02(水) 01:08:58.64
    >>2
    試合にでたらメッシは現役でエグいぞ
    クリロナは衰えてるけどメッシは去年も今年もスタッツえぐい

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/10/01(火) 12:02:12.46
    ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、肉体維持の秘訣を明かした。英『デイリー・スター』が伝えた。

    34歳になっても衰えを感じさせず、サッカー界でトップクラスの肉体を維持しているC・ロナウド。昨季はセリエA初参戦ながら31試合で21ゴールを記録し、今季もここまで5試合で3ゴールを挙げるなど、チームに貢献し続けている。

    同紙によると、ユベントスのドクターがC・ロナウドの体脂肪率はわずか7%であると公言。この件についてポルトガル代表FWは「その体脂肪率は事実だ」と語り、驚異の肉体を維持する秘訣を明かした。

    「僕の人生の60~70%はサッカーがベースになっている。だから、トレーニングだけでなく、準備も大切にしている。僕のメンテナンスを成功させている90%はよく眠り、しっかりトレーニングを行い、リカバリーすることだ。それは秘密でも何でもない。自分が面倒を見なければ、誰も助けてはくれないからね」

    日々、サッカーのことを考えてコンディション管理に努めているC・ロナウドだが、時には息抜きも必要だという。「毎日がそれだと飽きてしまう。時々、息子とピザを食べることもある。そうしなければ、退屈になってしまうからね。ポイントは、フィットネスを大切にし、適切に食べることだよ」と語った。
    2019-10-01_12h59_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-43472240-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 12:18:01.01
    ユヴェントス内部でフリーキックのキッカーの座をめぐって論争が起きている。セリエAにおけるクリスティアーノ・ロナウドのFK成功率が非常に低いことから、その道の名手であるミラレム・ピャニッチがキッカーを担うべきだという声が上がっている。

    これまで慣例的にロナウドがキッカーを務めていものの成功率は非常に低くユヴェントスでは合計24本のフリーキックを失敗している。その内訳は、壁に当てた回数が15本、枠外2本、枠内に飛んだ回数はわずか7本である。

    一方でピャニッチはわずか6回の機会で1本成功させている。

    現在ロナウドはFKを18本連続で失敗している。『AS』によればこれはセリエA史上カミッロ・チャーノ(連続21本失敗)に続くワースト第2位である。

    このデータを前に、監督サッリは今後ピャニッチにより多くの機会を与えるかもしれない。
    2019-09-27_12h57_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010005-sportes-socc
    9/27(金) 8:55配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ