海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 12:36:55.70 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表でセリエAのカターニアなどでプレー経験のあるFW森本貴幸について、イタリアメディア『Calciomercato.com』が「あの人は今?…」とのタイトルでプロフィールなどを紹介している。

    「日出ずる国のピッポ・インザーギこと、タカユキ・モリモトについて忘れた人はいないだろう」との書き出しで、元イタリア代表のエースFWフィリッポ・インザーギになぞらえている。

    日本では「和製ロナウド」として話題になった森本だが、イタリアでは、「アーモンドアイのインザーギ」、「バンザイ」、マレモト(津波)をもじって「マリモト」などの呼び名で親しまれた。

    カターニアでは2007年1月、わずか18歳で迎えたアタランタ戦(1-1)で起死回生の同点ゴールを挙げ、「将来を約束されるような素晴らしいデビュー」を飾った。しかし直後の3月には、左膝十字靭帯を負傷する不運に見舞われた。

    それでも森本は引き続き4シーズンをカターニアで過ごした。中でも「最高の瞬間」は、復帰後の初戦となった2007年8月のパルマ戦でのゴールや、2008年12月のローマ戦でのドッピエッタ(1試合2ゴール)、2009年1月のユヴェントス戦のゴールなどが挙げられている。特に2009年3月のパレルモとのシチリア・ダービーで得点を挙げ、4-0の勝利に貢献したことはまるでおとぎ話のように語られた。

    だが、ディエゴ・シメオネがカターニアの監督に就任すると構想外となった。ノヴァーラへレンタル加入したのち、アラブ首長国連邦のアル・ナスルへと移籍し、現在は日本へ帰国していると紹介されている。

    最後に、現在28歳となった森本が川崎フロンターレに所属し、カブトムシの飼育に夢中になっていると伝えている。

    GOAL 2/20(月) 12:16配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000008-goal-socc

    写真



    Calciomercato.com
    http://www.calciomercato.com/news/che-fine-ha-fatto-morimoto-l-inzaghi-del-sol-levante-da-catania--43940

    プロフィール 川崎フロンターレ公式HP
    http://www.frontale.co.jp/profile/2017/mem_09.html
    続きを読む

    b7265b2c7176f8a0a7c9c0a4741b9ca4

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 07:16:39.34 ID:CAP_USER9.net
    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は20日、1次リーグがスタート。日本勢は鹿島、浦和、川崎、G大阪の4クラブが出場する。2014年以来の出場となるG組の川崎は、22日に初戦(対韓国・水原、等々力)を迎える。

    同組のライバル、広州恒大(中国)が、1勝あたり1億円以上にもなる超破格のボーナスを用意していることが判明。世界的選手を獲得する“爆買い”を改め、爆ボーナス作戦でアジアの覇権を奪いにくる。

    一昨年のアジア王者、広州恒大が19日までにACLのボーナスの詳細を発表した。1勝で300万元(約4920万円)。さらに得失点差+1ごとに300万元。16強、8強と勝ち進むごとに1億6400万円が上積みされ、選手に分配されるという。

    「ウチだって出してあげたいけど、そんなことしたら会社がつぶれちゃいますよ」

    同組のライバルの大盤振る舞いに、川崎の藁科義弘社長(59)も苦笑いだ。Jリーグと日本協会は14日、決勝まで進出したJクラブに最大8000万円を支給すると発表したが、広州恒大の1点差での勝利1回分(約9840万円)にすら及ばないとは…。

    ブラジル代表MFパウリーニョ(28)を擁する広州恒大など、近年は中国勢による世界的プレーヤーの“爆買い”が目立っていたが、今季から中国リーグの外国人枠削減が決定。

    サッカー好きで知られる習近平国家主席(63)が、中国選手の育成が進まないことを危惧したためだとされ、広州恒大も外国人選手を徐々に減らし、20年までに中国選手のみでチームを編成する予定だ。

    大物助っ人が使えるうちにACLを勝ち抜く-。なりふり構わぬ“札束攻撃”に川崎がどう挑むのか。

    サンケイスポーツ 2/20(月) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000500-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 13:33:41.96 ID:CAP_USER9.net
    河北華夏に所属するFWエセキエル・ラベッシは、自身に費やされた金銭に見合う価値を示しているとは言い難い状況だ。

    ラベッシは2016年2月、パリ・サンジェルマンから500万ユーロ(約6億円)で中国へ移籍。移籍金こそ比較的安価だが、年俸は計2600万ポンド(約37億円)と伝えられている。

    ラベッシは昨年3月に中国デビューを果たしたものの、その3ヵ月後に行われたコパ・アメリカで負傷し、出場時間は限られたものとなっている。結局2016年は10試合に出場し、ノーゴールと高い価値に見合う活躍を披露することはできなかった。

    すなわち、クラブはラベッシがプレーする1試合に対して、260万ポンド(約3億7000万円)を費やしたこととなる。しかも、いまだノーゴールと結果も全く残せていないだけに、史上稀に見る“給料泥棒”と揶揄されても仕方ないのかもしれない。
    2017-02-14_15h08_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 03:02:45.76 ID:CAP_USER9.net
    アヤックスに所属するオランダ代表DFのヨエル・フェルトマンが試合中に見せた、スポーツマンシップに反する“トリックプレー”に非難の声が集中している。

    本拠地で行なわれたエールディビジ22節のスパルタ・ロッテルダム戦(○2-0)に右サイドバックとして先発したフェルトマンが、その物議を醸すプレーを見せたのは、アヤックスが2点をリードしていた52分のことだった。

    左サイドでボールをキープした味方FWのベルトラン・トラオーレが、前線へ走り込もうとしたところで相手DFと接触。主審の笛は鳴らずプレーは続行されたが、トラオーレは立ち上がることができずにしばらくの間ピッチに倒れ込んだ。

    右サイドの高い位置でボールを受けたフェルトマンはトラオーレを気遣った素振りを見せて動きを緩めると、対峙相手のイバン・カレーロに対して左の手でプレーの制止を要求。しかし、フェルトマンは、カレーロが足を止めてボールから視線を外した次の瞬間にドリブルを再開すると、ゴール前へクロスを供給したのだ。

    結果、クロスボールはDFにクリアされて得点には至らなかったが、チームメートの負傷を「おとり」に使い、相手を騙したプレーに批判が殺到している。

    英国の高級紙『テレグラフ』は、「フェルトマンは史上最もスポーツマンらしくない戦略を生み出した」と酷評。さらに英紙『デイリーメール』もこの前代未聞の“おとり作戦”を「衝撃的なプレー」と綴っている。

    この試合がアヤックスとオランダ代表のレジェンドでヨハン・クライフなどともプレーし、2月11日に他界したピート・カイザーの追悼試合でもあったことからも、さらに悪印象が強まってしまったようだ。

    クラブで副キャプテンを務めるなど人格者としても知られるフェルトマン。地元メディアの『メトロニュース』の取材に対して次のようにコメントし、強気に振る舞っている。

    「あれはトリックさ。ベルトランが倒れているのを見て、これを利用しようと思った。もちろん褒められるようなプレーではないのは分かっているけど、あれはトリック以上の何ものでもないよ。あのクロスからゴールが生まれていたら? ゴールはゴールさ」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12668346/

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 22:29:17.57 ID:CAP_USER9.net
    7023d853-4be6-4cf3-908a-bf853567c5cc
    『Manchester Evening News』は8日、「アーセナル、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォーム販売数を比較する」という記事を掲載した。

    記事によれば、各クラブのレプリカシャツ販売数で見たランキングは以下の通りであるという。

    2016年レプリカユニフォーム販売数ランキング

    1位:マンチェスター・ユナイテッド / 285万枚

    2位:レアル・マドリー / 229万枚

    3位:バルセロナ / 198万枚

    4位:チェルシー / 165万枚

    5位:バイエルン・ミュンヘン / 150万枚

    6位:アーセナル / 122万5000枚

    7位:ユヴェントス / 85万枚

    8位:リヴァプール / 70万5000枚

    9位:PSG / 68万5000枚

    10位:ACミラン / 65万枚

    近年はやや低迷が続いているものの、マンチェスター・ユナイテッドの世界的な人気は圧倒的。世界最大のスターであるロナウドとメッシを擁するスペインの二強も大きく引き離している。

    プレミアリーグではチェルシー、アーセナル、リヴァプールが入っており、マンチェスター・シティやトッテナム・ホットスパーはまだそこまでのファン層を持ってはいないようだ。

    根強い人気があるのはミラン。セリエAでも中位に沈むことが多かったものの、PSGやリヴァプールに並ぶ販売数を誇っている。


    http://qoly.jp/2017/02/09/top-10-teams-the-replica-shirt-sales-list-kgn-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 16:05:34.45 ID:CAP_USER9.net
    ■ドイツとイングランドの違いを指摘

    イングランドのマンチェスター・ユナイテッドを指揮するジョゼ・モウリーニョが、バイエルン・ミュンヘンの補強方針について言及している。

    最近ではロベルト・レヴァンドフスキやマッツ・フンメルス、古くはルシオやミロスラフ・クローゼなど、ドルトムントやレヴァークーゼンといった国内のライバルクラブから多くのエースを引き抜き、弱体化させることに成功してきたバイエルン。

    独『Bild』のインタビューに応じたモウリーニョは、かつて“FCハリウッド”と揶揄されたバイエルンの強化スタイルがプレミアリーグでは絶対に通用しないものだと強調している。

    「バイエルンは毎年、夏の時点ですでに優勝を決める。ライバルから主力を引き抜いているからね。我々がトッテナムから2人のエースを奪い、彼らの戦力を落とすことなどできるだろうか? 不可能だよ。アーセナルやチェルシーにもそんなことはできない」

    しかしながら、“一部の選手”は例外だと付け加えた。

    「もしも、我々がライバルクラブから選手を引き抜くことができたとすれば、それはそのチームで必要とされなくなった選手だけだろう」
    2017-02-07_17h31_34
    theWORLD(ザ・ワールド) 2/7(火) 16:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00010015-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 15:05:01.76 ID:CAP_USER9.net
    愛弟子の中国入りを希望か

    彼は多くの誘惑を断り続けることができるだろうか。かつてイングランド代表を指揮したスヴェン・ゴラン・エリクソン監督が、マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーに中国への移籍を強く勧めている。

    これまでに上海上港などの監督を務め、今季より深センFCを率いるエリクソンはかねてよりユナイテッドのベテランストライカー獲得に執着。

    破格の待遇を前に、ルーニーがこのオファーを断る理由がないと同監督は話している。英『BBC』がエリクソンのコメントを伝えた。

    「もちろん中国への移籍は彼1人だけで決められるようなものではないだろうね。家族の意見も聞くことになる。でも、他に断る理由がどこにあると言うんだ?

    ここはとても住みやすい国だ。実際に住んでみればきっと分かるだろうし、驚くと思うよ。個人的にルーニーは中国のどこかのチームでプレイすることになると感じている」

    現在Jリーグへの参戦が噂されるガラタサライのルーカス・ポドルスキは、一部報道によれば、PM2.5による有害スモッグを懸念し、中国への移籍を断念したという。

    もちろん同国でのプレイを好意的に捉える選手も多く、ルーニーもまたその内の1人となるかもしれない。

    2017年01月24日(火) 18時45分配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20170124/01world/106156

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 20:26:25.09 ID:CAP_USER9.net
    リーグ・アンでは自身初の20ゴールを記録。

    1月21日に開催されたリーグ・アン21節のナント戦で、パリ・サンジェルマンの主砲エディンソン・カバーニが2得点を決め、2-0の勝利の立役者となった。
     
    これで国内リーグ戦のゴール数を早くも20点の大台に乗せた。プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガよりややレベルが落ちるリーグ・アンでの成績とはいえ、今シーズンの欧州主要リーグでは一番乗りだ。
     
    昨夏に絶対的エースだったズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、念願のCFを任されるようになった今シーズンは、持ち味の裏への抜け出しとワンタッチシュートでゴールを量産。出場19試合で20得点と突出した決定力を誇る。
     
    13年夏にパリSGへ加入して以来、ウイングでの起用が多かったにもかかわらず、16点、18点、19点と年々ゴールを増やしてきた。このペースでは行けば、今シーズンは一気に倍増どころか、40ゴールも夢ではないか。
     
    少なくとも、ナポリ時代の12-13シーズンに記録したキャリアハイの29得点(セリエAの得点王)を上回るのは、ほぼ間違いないだろう。
     
    真価が問われるのは、チャンピオンズ・リーグ(CL)でのパフォーマンスだ。国内リーグよりチャンスが限られるCLの舞台でどれだけ決定力を発揮できるか。ラウンド・オブ16屈指の好カード、2月14日のバルサ戦(第1レグ)では、このウルグアイ代表ストライカーに注目だ。
    2017-01-24_08h22_25
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00022024-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 20:42:04.08 ID:CAP_USER9.net
    c0a29775-9c88-48a4-a1a2-f83824a44097
    2014年からMLSのニューヨーク・シティFCでプレーしている元スペイン代表FWダビド・ビジャ。35歳になったストライカーは、2016年シーズンのMVPも受賞している。

    MLSといえば昇降格システムがないが、それについてビジャはこう考えているようだ。リーグ公式HPが伝えていた。

    ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFW)

    「(スペインと)ここは違うよ。

    降格はない。

    でもリーグが3月3日に開幕し、22チームにリーグ優勝のチャンスがある。それはリーグにとって素晴らしいことさ。

    世界中のリーグであまり見られないものさ。

    22チームにリーグ優勝のチャンスがあるリーグは他にはないと思う。これが僕らの現実なのさ。

    降格なしでも面白いよ」

    http://qoly.jp/2017/01/23/david-villa-and-mls-relegation-system-iks-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 19:26:43.05 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がオールド・トラフォードのボールボーイを全員クビにしていたことが明らかになった。

    ホームの試合で、ボールボーイの子供たちが選手にボールを渡すタイミングが遅いことで、攻撃の際に不利になっているとモウリーニョは感じていたようだ。そのため、担当していたボールボーイを15日のリヴァプール戦(1-1)から全員交代させた。それまでは、伝統的にマンチェスター・ユナイテッド・ファウンデーションに所属する子供たちから選ばれていたが、現在は下部組織であるU-16マンチェスター・Uのメンバーが務めている。

    ボールボーイの入れ替えが行われたことについては非公表となっていたが、モウリーニョ自身が明らかにしている。
    2017-01-23_20h15_34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000020-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ