海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー

    soccer120425_1_title

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/08/09(水) 05:15:41.48 ID:UbfqXvkbd.net
    あと一人は?
    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/08/09(水) 05:16:05.45 ID:l08AdVgt0.net
    高原
    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/08/09(水) 05:16:23.23 ID:IbIHzaYaM.net
    小野
    続きを読む

    20160819070013


    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/31(月) 22:05:56.91 ID:DaZ4lUusd.net
    ・Jリーグはよく知らない、見ない
    ・サッカーをやった経験は特にない
    あとは?
    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/31(月) 22:07:28.21 ID:RYj/IK910.net
    ワイやんけ
    7:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/31(月) 22:08:55.73 ID:y6VX6OBld.net
    贔屓がいつのまにか変わってる
    続きを読む

    230:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です:2017/07/31(月) 11:32:12.04 ID:xvYvQ4Dmd.net
    モウリーニョ、コンテの批判発言に反論。「私は髪の毛を失いたくはない」
    20170731_mourinho_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00224236-footballc-socc

    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシーのアントニオ・コンテ監督からの批判的な発言に返答した。30日付の英紙『ザ・サン』などが伝えている。 

    昨季のプレミアリーグでチェルシーを優勝に導いたコンテ監督だが、同じくチェルシーで2014/15シーズンのプレミアリーグを制したモウリーニョ監督が翌シーズン途中に解任されたことに言及し、「モウリーニョの最後のシーズンのようになるのを避けたい」と話していた。  

    モウリーニョ監督は、現地時間30日に行われたバレレンガ(ノルウェー)との親善試合後の会見でこの発言に対するコメントを求められた。「分からない。色々な形で答えることはできるが、アントニオ・コンテについて話をして髪の毛を失うつもりはない」とユナイテッド指揮官は答えている。 

    モウリーニョ監督の発言は、コンテ監督の頭髪事情を揶揄したものだと受け取られている。現役時代から薄毛を指摘されていたコンテ監督は、植毛を行ったのではないかとの噂もあ
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/27(木) 18:46:30.58 ID:CAP_USER9.net
    今夏の移籍市場でマンチェスター・Cがサイドバック(SB)への投資積極的な投資を行っている。

    右サイドには当時DF史上最高額タイの5000万ポンド(約73億円)でイングランド代表DFカイル・ウォーカーが加入。ブラジル人DFダニーロは2650万ポンド(約38億5000万円)とも言われている。さらに左サイドにはフランス代表DFバンジャマン・メンディを獲得。移籍金はDF史上最高額を更新する5200万ポンド(約75億4000万円)と報じられた。高騰するSBの移籍金について、大手メディア『ESPN』が1つの見解を示している。

    2015-16シーズンにレスターが優勝したときのSBコンビは同メディアによると、わずか200万ポンド(約3億円)。ジョゼップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・Cと単純な比較はできないが、レスター優勝の偉大さ、グアルディオラ監督がSBの強化に多額の費用を必要としたこと、ここ3年で移籍市場の異常なインフレが起きたことは伺える。さらに攻撃的なSBと守備的なSBの市場価値に開きがあることも言えるだろう。

    ほとんどポジションが発明された時からずっと、SBは最も魅力的でないポジションとされてきた。元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアリ氏はかつて「右SBは一般的にチームで最も下手な選手だ」と語った。元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏もすべてのSBは失敗したウイングか、もしくは失敗したセンターバックと言ったという。

    これは基本的に真実だと言える。チームのベストプレーヤーがSB、というチームは滅多にない。一般的にSBにいる理由は他のポジションで優れたパフォーマンスを見せられなかったからか、幼少からそこで育成されたからという場合が多い。ブラジル代表DFマルセロや元ドイツ代表フィリップ・ラーム氏などは大きなクラブで育ち、若いときにコンバートされている。他にもオーストリア代表DFダビド・アラバは中盤にタレントひしめくバイエルンではSBだが、代表では常にミッドフィールドにいる。

    キャラガー氏のポイントに戻ると、“失敗したセンターバック”型のSBはほとんどいない。トニー・ピューリス監督率いるウェスト・ブロムウィッチは例外だ。実際彼のSBはほとんどセンターバック。これは彼がDFに高さを求めているからで、大多数のSBはダイナミックで攻撃的、ウイングのような働きをする。

    では、現代的なSBとはどんなものだろうか? SBはオールラウンダーに最も近い選手と言える。天性のボックス・トゥ・ボックス型MFはほぼ絶滅したと言え、そういった何でもやれる要素はSBのものになっていった。SBはどんな分野でも傑出した点のない(もしあれば違うポジションで起用されるだろう)、同時に特定の欠点を持たない選手である。

    つまり攻撃的SBはスピードに富み、ライン際をアップダウンするスタミナを持っている必要がある。さらに敵陣では精確で丁寧なクロスを供給する能力が求められる。同時にディフェンスセンスを併せ持ち、相手のベストプレイヤーかもしれないウイングに、1対1で勝つ能力が必要となる。

    これらの、フィジカル面、テクニック面、守備戦術面での要求要素の組み合わせが、SBが世界で最も需要あるポジションの1つになる理由だ。しかしそれでいて、彼らはピッチ上で1番レベルの低い選手であることも多い。

    攻撃的SBのコンセプトは新しいものではなく、20世紀半ばからあったものだ。4-4-2のフォーメーションの隆盛ともにサッカーのスピードはどんどん上がっていき、ここ数年のプレッシングスタイルの流行でゲームのスピードはさらに上がった。
    2017-07-28_11h01_12

    続きを読む

    GettyImages-667350074

    1:trick ★@\(^o^)/:2017/07/27(木) 18:30:36.03 ID:CAP_USER9.net
    ブッフォン 急騰する選手の移籍金について苦言「もはや理解できない」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000114-spnannex-socc

    7/27(木) 18:16配信 スポニチアネックス
    ユベントス(イタリア)のイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(39)が、急騰する選手の移籍金について苦言を呈した。

    27日付の地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトのインタビューで「選手の価値基準について、もはや理解できない。無秩序で、すべてが金持ちの動き次第。きょう10だったものが、あすは100になってしまう。すべてが詐欺、いかさまのようだ」と、今夏に既に移籍金総額でおよそ1億9000万ユーロ(約247億円)を使って大量補強をすすめるライバルのACミランを批判。さらに、パリ・サンジェルマン(フランス)が史上最高となる移籍金2億2000万ユーロ(約286億円)でバルセロナのFWネイマール(25)の獲得に動いていると報じられていることについて「ネイマールが2億2000万ユーロに値するなら、次は6億ユーロかい?祖母はよく言っていたよ。膨らんだ風船は割れるってね」と“移籍金バブル”の崩壊を予想した。

    これまでの移籍金最高額は、昨夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に移籍したフランス代表MFポール・ポグバ(24)の1億500万(当時約119億円)。ネイマールの移籍金が報道通りに成立すれば、2倍以上の高額となる。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 12:50:18.61 ID:CAP_USER9.net
    c55f9bbe-2166-42e5-a9d8-54374e047e04
    MLSが40億ドル(4446.9億円)に及ぶ巨額のメディアライツ契約を断ったと、『ESPN』が伝えている。

    このオファーは巨大スポーツエージェンシーである『MP & Silva』社が持ちかけたもの。MLSとESPN、FOX、Univisionの3社が結んでいる現在の契約が満了になる2023年からの10年間でという提示だった。

    40億ドルというのは現在の契約額の4倍にもなる好条件。にもかかわらず、なぜ固辞したのか…。

    『MP & Silva』社の創設者であるイタリア人のリッカルド・シルヴァ氏は、マイアミFCの共同オーナーも務めている。同クラブはパオロ・マルディーニも共同オーナーであり、監督はあのアレッサンドロ・ネスタだ。

    そんなマイアミFCだが、現在はNASL(実質北米2部リーグ)に属している。だが、現在のMLSには昇降格制度が存在しておらず、先頃2部で優勝したマイアミFCにも昇格の道はない。

    そのため、『MP & Silva』社は40億ドルの契約において、リーグに昇格・降格を導入するよう求めていたようだ。だが、その試みは拒絶されてしまった。

    昇降格制度のないMLSでは、新規参入するチームに1.5億ドル(166億円)の手数料を求めている。だが、もしMLSに参入できても2部へ降格する可能性が出てきた場合には、この手数料は大幅に下がることになりかねない。

    そういったこともあってか、MLSコミッショナーであるドン・ガーバー氏は、昇降格制度は考慮しないという立場を長年とってきたという。4000億円以上を積まれても、昇降格制度はいらないということのようだ。

    http://qoly.jp/2017/07/25/mls-rejected-4-billion-media-rights-deal-iks-1

    MLS
    https://www.mlssoccer.com
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/14(金) 17:03:45.35 ID:CAP_USER9.net
    63f13db2-f444-45a7-8c7a-5a9773f66abb
    ブレーメンとの練習試合で心臓発作を起こし、突如倒れたアヤックスMFアブドゥルハーク・ヌーリ。


    アヤックス、20歳の逸材が試合中に倒れる…心臓に不整脈
    アヤックスで期待される20歳のアブドゥルハーク・ヌーリが試合中に意識失い、選手たちはパニックに。不整脈との診断が下る。

    オランダ世代別代表の常連で将来を期待されていただけにその容態が心配されていたが、ショッキングな知らせが舞い込んだ。

    アヤックスによれば、今回の心臓発作によってヌーリの脳は深刻な損傷を受けたという。

    アヤックスが発表した声明は以下の通り。

    「アヤックスは、アピー・ヌーリの脳は深刻で永久的な傷害があると診断されたというニュースに深い悲しみを覚えます。我々の思いと祈りは、こうした困難な時を送る彼と彼を愛する方に向いています」当初は応急処置の成果もあって容態は安定していると伝えられていたが、不整脈が原因で脳にダメージを負っていたようだ。

    アヤックスはヌーリの診断結果について、「深刻で永久的な脳傷害がある(diagnosed with serious and permanent brain damage)」と発表している。

    この傷害によってどの程度の行動が制限されるかは分からないが、"permanent"という言葉から一種の障害が残るのではないかと考えられる。となると、あの圧倒的なテクニックはもう見ることができないということになるが…。

    アヤックスのチーフエグゼクティブを務めるエドウィン・ファン・デル・サールは「起こりうる中で最悪のニュースだ。衝撃を受けている」とコメント。

    また、「アブドゥルハークは非常に素晴らしい才能を持っている。しかし不運にも、もしも彼の身にこのようなことが起きていなかったとして、その際に彼がどれほど成功していたのかを知ることはできなくなってしまった」と話しており、ヌーリの選手キャリアが終わってしまったことを仄めかしている。
    http://qoly.jp/2017/07/13/abdelhak-nouri-has-been-diagnosed-with-serious-brain-damage-kwm-1
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 19:11:50.76 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表のディフェンダーで、現在北米サッカーリーグのマイアミFCの監督を務めるアレッサンドロ・ネスタ氏が、移籍市場の現状に苦言を呈した。伊紙『Corriere della sera』が伝えた。

    2002年の夏にラツィオからミランへの移籍を果たしたネスタ氏だが、その時発生した金額はわずか3000万ユーロ(約39億円)。現在は移籍金額が10ほど年前と比べるとはるかに大きなものになってしまっているため、同氏ほどの選手であれば、今ではその倍以上の価値がつくことも考えられる。

    ネスタ氏自身もやはりこの状況を良くは思ってはいないようだ。

    「これはイタリアだけでなく世界全体の問題だ。多くの選手が過大評価されている。実際選手のクオリティは下がっているように見えるんだけどね」

    チャンピオンズリーグやW杯のタイトルを獲ってきたレジェンド選手からの一言は、過剰に高額な価値をつけられている選手にとって痛烈な一言となるに違いない。
    20170713nesta_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170713-00221850-footballc-socc&pos=3
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 09:44:20.48 ID:CAP_USER9.net
    85124473-803f-4d91-833d-4006e210e5c5
    『Express』は11日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを評価していなかった」と報じた。

    先日、アーセナルへの加入が決定したアレクサンドル・ラカゼット。その移籍金は4400万ポンド(およそ63.9億円)で、クラブ史上最高額の契約となった。

    記事によれば、彼はマンチェスター・ユナイテッドのスカウトからも目をつけられており、ジョゼ・モウリーニョ監督からの審査を受けていたとのこと。

    だが、それに対してのモウリーニョの評価は以下の通りだったという。

    関係者

    「ラカゼットはフランスのリーグで最多のゴールを決めていたため、スカウティングを行っていたが、昨季の28得点のうち10回がペナルティキックだった。

    彼はスタミナもなく、フィジカル的なインパクトもない。大舞台で強くもない選手だったため、候補から外れた」最終的にマンチェスター・ユナイテッドは7500万ポンド(およそ109億円)+ボーナス1500万ポンド(およそ21.8億円)という額でロメル・ルカクを獲得することになった。

    アレクサンドル・ラカゼットを取らず2倍近い額を支払ったことは、果たしていい結果をもたらすのだろうか?
    https://qoly.jp/2017/07/12/jose-mourinho-slamed-alexandre-lacazette-who-joined-arsenal-kgn-1
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 03:37:52.80 ID:CAP_USER9.net
    7/13(木) 1:59配信
    日刊スポーツ

    ダニエウ・アウベス

    フランス1部パリ・サンジェルマンは12日、ユベントスからブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)を獲得したと電撃発表した。公式フェイスブックで、アウベスが自らユニホームに背番号を着ける、わずか15秒に動画を配信した。背番号は32。

    アウベスは16-17年に、08-09年から8季プレーしたバルセロナを退団しユベントスに移籍。16年11月のジェノア戦で左足腓骨(ひこつ)を骨折して戦線を離脱し、セリエAでは19試合出場2ゴールにとどまったものの、欧州チャンピオンズリーグ(CL)では、準決勝のモナコ(フランス)戦2試合で1ゴール3アシストと大活躍し、チームを決勝に導いた。

    それが、わずか1シーズンでユベントスを退団。バルセロナ時代に指導を受けた、グアルディオラ監督が率いるマンチェスターC入りが濃厚と報じられていたが、ブラジル代表の同僚DFチアゴ・シウバ(32)がプレーするパリ・サンジェルマン行きを選んだ。
    2017-07-13_07h22_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-01854501-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ