海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー

    2017-03-01_08h04_37

    50:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です:2017/03/01(水) 01:39:09.46 ID:1u8rQj/id.net
    ひえ~

    浅野と細貝の同僚グロスクロイツ、襲撃され頭部負傷で病院送りに

    FW浅野拓磨とMF細貝萌が所属するシュトゥットガルトの元ドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツが襲撃に遭い、病院に緊急搬送された。地元メディア『SWR』が2月28日に報じた。  

    グロスクロイツは同日午前2時15分頃、友人とシュトゥットガルト市内中心部にいたところ、4~6人組のグループに襲われ、けんかに発展。その際に頭部を殴られて、市内の病院に運ばれる事態となった。なお、襲撃したグループは逃走したものの、地元警察は事件現場付近で4人の容疑者を逮捕したという。  

    また、ドイツ紙『ビルト』によると、グロスクロイツはまだ入院しており、翌3月1日の練習参加も不透明なようだ。同選手は足の負傷により、2月26日に行われたブンデスリーガ2部第22節のカイザースラウテルン戦を欠場。同27日もランニングだけ行っていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00557336-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/27(月) 13:00:47.83 ID:CAP_USER9.net
    リーガ・エスパニョーラのセグンダ・ディビシオン(2部)第27節が26日に行われ、レアル・サラゴサとDF鈴木大輔所属のヒムナスティックが対戦した。

    試合は1-1で迎えた73分、右CKがファーサイドへ流れたところに鈴木が反応。ダイビングヘッドでネットを揺らし、チームに勝ち越しゴールをもたらした。

    試合はこのままタイムアップを迎え、ヒムナスティックが2-1で勝利。勝ち点3をゲットし、順位を2部残留圏内の18位まで引き上げた。しかし、19位から22位までの4クラブが3部降格となるため、依然厳しい戦いが続くこととなる。

    なお、鈴木はここまで今シーズンのリーグ戦で24試合に出場。2015年シーズン終了後に柏レイソルからヒムナスティックへ移籍して以来、スペインでの公式戦初ゴールとなった。

    【スコア】
    レアル・サラゴサ 1-2 ヒムナスティック

    【得点者】
    1-0 5分 アンヘル・ロドリゲス(レアル・サラゴサ)
    1-1 30分 フアン・デルガド(ヒムナスティック)
    1-2 73分 鈴木大輔(ヒムナスティック)

    SOCCER KING 2/27(月) 11:11配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00556601-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/25(土) 18:49:43.36 ID:CAP_USER9.net
    カントナ「私がこれまで一緒にプレーした中で最高の選手は…」意外な元同僚の名を挙げる
    2017-02-25_22h42_07
    かつてマンチェスター・Uなどで活躍したカントナ/(C)Getty Images

    かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーし、圧倒的なカリスマ性から“キング”と称された元フランス代表FWエリック・カントナ。同氏が「自身がこれまでにプレーした中で最高の選手は」というヨーロッパメディアの質問に答えている。

    カントナは迷わず「ガリーだね。ガリー・マカリスターだ」と返答している。

    1966年生まれ、現在50歳のカントナは母国フランスのオセールでトップデビュー後、複数のクラブへのレンタルを経験しながら、マルセイユ、ボルドー、モンペリエ、ニームなどを渡り歩き、92年にイングランドのリーズに加入。リーズで数カ月プレーした後に加わったマンチェスター・Uでは97年に現役引退するまで在籍した。

    カントナが「一番」と評したマカリスターはリーズ時代の同僚。91-92シーズンに、プレミアリーグ前身のフットボールリーグ・ディビジョン1で、カントナはマカリスターとともに優勝を経験している。マカリスターはスコットランドが輩出した“ファンタジスタ”としても知られ、後にリヴァプールでもプレーした。

    ロイ・キーン、ライアン・ギグス、ピーター・シュマイケルといった伝説的プレーヤーと一緒にプレーしたカントナだが、リーズ時代に数カ月ともにプレーした同僚マカリスターの印象が最も強いようだ。なお、イギリスメディアはこの話題について「カントナが最高と思う元同僚はユナイテッドの選手ではなかった」と驚きを持って伝えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 16:29:58.29 ID:CAP_USER9.net
    インターネットテレビ局の「AbemaTV」は、3月1日から、「サッカーチャンネル」を開設する。

    AbemaTVでは、「SPORTSチャンネル」において、様々なスポーツの放送を行なってきたが、2016年7月には「格闘チャンネル」、2017年1月には「ゴルフチャンネル」を開設するなど、専門チャンネルを拡充している。なかでもサッカーは、「UEFA EURO 2016」や「SVホルン」の試合放送が多くの視聴を集めるなど、高い人気を誇っているため、新たにサッカーを24時間楽しめる「サッカーチャンネル」の開設を決めた。

    サッカーチャンネルでは、リーガ・エスパニョーラの「FCバルセロナ」、プレミアリーグの「マンチェスター・シティ」、「マンチェスター・ユナイテッド」、ブンデスリーガの「バイエルン・ミュンヘン」、「ボルシア・ドルトムント」、セリエAの「SSラツィオ」、「ASローマ」、「ユヴェントス」、エアステリーガの「SVホルン」など、欧州の有名サッカークラブ9チームの全試合無料放送が決定。最新の試合映像を1日平均1~2試合放送するほか、厳選した過去試合などを24時間365日配信する。

    また、3月18日から20日にかけて開催される、「第22回全日本フットサル選手権大会」決勝ラウンド全8試合を生中継。6月開幕の日本フットサルリーグ「Fリーグ2017/2018」も放送するなど、随時、コンテンツを拡大していく。

    AbemaTVは、ニュースやバラエティなどオリジナルレギュラー生放送番組など、約30チャンネルを無料で放送するインターネットテレビ局。スマートフォンやPCのほか、Amazon Fire TVや、Apple TV(第4世代)、Android TVなどのテレビデバイスでも視聴できる
    2017-02-23_17h10_25
    Impress Watch 2/23(木) 15:15配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000086-impress-ind
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/23(木) 08:22:44.27 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルにFA杯5回戦で敗れた5部のサットンが試合中にパイを食べた控えGKウェイン・ショーを解雇したと、22日にサン紙が報じた。

    約146キロの巨体であるショーの解雇を知ったファンは、同選手が復帰できるように署名運動を始めた。同試合は英BBC放送で生中継されており、ショーが試合中にパイを食べるかどうかが、賭け屋(ブッキングメーカー)の対象となっていた。その後、控え室であざ笑っているところが撮影されており、同選手の友人らが賭け事に参加していたことが判明した。

    FAと賭博規定人が調査に乗り出したが、ショーは「お腹が減っていたから食べただけだ」と説明した。また元イングランド代表で、現在はサッカー番組の司会者を務めるガリー・リネカー氏ら有名人も、解雇したサットンを非難するメッセージを送った。同氏はツイッターで「サッカー界は日ごとにハートとユーモアを失っていっている」と残念がった。

    ショーは「誰かを危険にさらすことをしようとしたわけではなかった」などとBBCワールドの取材に応じ、食べたのはパイではなくペストリーの一種だと説明した。

    日刊スポーツ 2/22(水) 20:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-01782649-nksports-socc
    15:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/02/23(木) 08:34:19.16 ID:UONYYNqR0.net


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 09:08:45.77 ID:CAP_USER9.net
    早くも母国へ帰還か

    彼が悪いのか、それとも上海という街に原因があるのかは分からない。ただし、イタリアメディアは年俸46億円を受け取るはずのカルロス・テベスがわずか在籍2ヶ月で退団を考慮していると報じている。

    かつてボカ・ジュニアーズでディエゴ・マラドーナの後継者として崇められたテベスは、マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスといったビッグクラブを渡り歩き、献身的な守備と冴え渡るゴールセンスにより世界的なCFへと成長。その華麗なる欧州での戦いを2015年に終えると、昨年12月からは破格のサラリーを提示した中国の上海伸花に所属している。

    しかし、わずか2ヶ月で風向きは変わったようだ。アルゼンチン『Ole』によると、33歳のベテランは中国での生活スタイルに適応することができず、ウルグアイ人指揮官グスタヴォ・ポジェとも対立しており、電撃退団を視野に入れているという。

    また、仮にテベスがこの時点での移籍を決断した場合、違約金として650万ユーロ(約7億8000万円)の支払い義務が生じるものの、それはテベスにとって“払うべき価値のある”出費だと綴っている。

    王様のように迎えられ、多くの中国人サポーターを興奮させた元アルゼンチン代表ストライカーだが、現在は古巣ボカへの復帰を真剣に検討中だという。
    2017-02-22_09h33_27
    theWORLD(ザ・ワールド) 2/22(水) 9:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00010009-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 12:36:55.70 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表でセリエAのカターニアなどでプレー経験のあるFW森本貴幸について、イタリアメディア『Calciomercato.com』が「あの人は今?…」とのタイトルでプロフィールなどを紹介している。

    「日出ずる国のピッポ・インザーギこと、タカユキ・モリモトについて忘れた人はいないだろう」との書き出しで、元イタリア代表のエースFWフィリッポ・インザーギになぞらえている。

    日本では「和製ロナウド」として話題になった森本だが、イタリアでは、「アーモンドアイのインザーギ」、「バンザイ」、マレモト(津波)をもじって「マリモト」などの呼び名で親しまれた。

    カターニアでは2007年1月、わずか18歳で迎えたアタランタ戦(1-1)で起死回生の同点ゴールを挙げ、「将来を約束されるような素晴らしいデビュー」を飾った。しかし直後の3月には、左膝十字靭帯を負傷する不運に見舞われた。

    それでも森本は引き続き4シーズンをカターニアで過ごした。中でも「最高の瞬間」は、復帰後の初戦となった2007年8月のパルマ戦でのゴールや、2008年12月のローマ戦でのドッピエッタ(1試合2ゴール)、2009年1月のユヴェントス戦のゴールなどが挙げられている。特に2009年3月のパレルモとのシチリア・ダービーで得点を挙げ、4-0の勝利に貢献したことはまるでおとぎ話のように語られた。

    だが、ディエゴ・シメオネがカターニアの監督に就任すると構想外となった。ノヴァーラへレンタル加入したのち、アラブ首長国連邦のアル・ナスルへと移籍し、現在は日本へ帰国していると紹介されている。

    最後に、現在28歳となった森本が川崎フロンターレに所属し、カブトムシの飼育に夢中になっていると伝えている。

    GOAL 2/20(月) 12:16配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000008-goal-socc

    写真



    Calciomercato.com
    http://www.calciomercato.com/news/che-fine-ha-fatto-morimoto-l-inzaghi-del-sol-levante-da-catania--43940

    プロフィール 川崎フロンターレ公式HP
    http://www.frontale.co.jp/profile/2017/mem_09.html
    続きを読む

    b7265b2c7176f8a0a7c9c0a4741b9ca4

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 07:16:39.34 ID:CAP_USER9.net
    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は20日、1次リーグがスタート。日本勢は鹿島、浦和、川崎、G大阪の4クラブが出場する。2014年以来の出場となるG組の川崎は、22日に初戦(対韓国・水原、等々力)を迎える。

    同組のライバル、広州恒大(中国)が、1勝あたり1億円以上にもなる超破格のボーナスを用意していることが判明。世界的選手を獲得する“爆買い”を改め、爆ボーナス作戦でアジアの覇権を奪いにくる。

    一昨年のアジア王者、広州恒大が19日までにACLのボーナスの詳細を発表した。1勝で300万元(約4920万円)。さらに得失点差+1ごとに300万元。16強、8強と勝ち進むごとに1億6400万円が上積みされ、選手に分配されるという。

    「ウチだって出してあげたいけど、そんなことしたら会社がつぶれちゃいますよ」

    同組のライバルの大盤振る舞いに、川崎の藁科義弘社長(59)も苦笑いだ。Jリーグと日本協会は14日、決勝まで進出したJクラブに最大8000万円を支給すると発表したが、広州恒大の1点差での勝利1回分(約9840万円)にすら及ばないとは…。

    ブラジル代表MFパウリーニョ(28)を擁する広州恒大など、近年は中国勢による世界的プレーヤーの“爆買い”が目立っていたが、今季から中国リーグの外国人枠削減が決定。

    サッカー好きで知られる習近平国家主席(63)が、中国選手の育成が進まないことを危惧したためだとされ、広州恒大も外国人選手を徐々に減らし、20年までに中国選手のみでチームを編成する予定だ。

    大物助っ人が使えるうちにACLを勝ち抜く-。なりふり構わぬ“札束攻撃”に川崎がどう挑むのか。

    サンケイスポーツ 2/20(月) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000500-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 13:33:41.96 ID:CAP_USER9.net
    河北華夏に所属するFWエセキエル・ラベッシは、自身に費やされた金銭に見合う価値を示しているとは言い難い状況だ。

    ラベッシは2016年2月、パリ・サンジェルマンから500万ユーロ(約6億円)で中国へ移籍。移籍金こそ比較的安価だが、年俸は計2600万ポンド(約37億円)と伝えられている。

    ラベッシは昨年3月に中国デビューを果たしたものの、その3ヵ月後に行われたコパ・アメリカで負傷し、出場時間は限られたものとなっている。結局2016年は10試合に出場し、ノーゴールと高い価値に見合う活躍を披露することはできなかった。

    すなわち、クラブはラベッシがプレーする1試合に対して、260万ポンド(約3億7000万円)を費やしたこととなる。しかも、いまだノーゴールと結果も全く残せていないだけに、史上稀に見る“給料泥棒”と揶揄されても仕方ないのかもしれない。
    2017-02-14_15h08_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 03:02:45.76 ID:CAP_USER9.net
    アヤックスに所属するオランダ代表DFのヨエル・フェルトマンが試合中に見せた、スポーツマンシップに反する“トリックプレー”に非難の声が集中している。

    本拠地で行なわれたエールディビジ22節のスパルタ・ロッテルダム戦(○2-0)に右サイドバックとして先発したフェルトマンが、その物議を醸すプレーを見せたのは、アヤックスが2点をリードしていた52分のことだった。

    左サイドでボールをキープした味方FWのベルトラン・トラオーレが、前線へ走り込もうとしたところで相手DFと接触。主審の笛は鳴らずプレーは続行されたが、トラオーレは立ち上がることができずにしばらくの間ピッチに倒れ込んだ。

    右サイドの高い位置でボールを受けたフェルトマンはトラオーレを気遣った素振りを見せて動きを緩めると、対峙相手のイバン・カレーロに対して左の手でプレーの制止を要求。しかし、フェルトマンは、カレーロが足を止めてボールから視線を外した次の瞬間にドリブルを再開すると、ゴール前へクロスを供給したのだ。

    結果、クロスボールはDFにクリアされて得点には至らなかったが、チームメートの負傷を「おとり」に使い、相手を騙したプレーに批判が殺到している。

    英国の高級紙『テレグラフ』は、「フェルトマンは史上最もスポーツマンらしくない戦略を生み出した」と酷評。さらに英紙『デイリーメール』もこの前代未聞の“おとり作戦”を「衝撃的なプレー」と綴っている。

    この試合がアヤックスとオランダ代表のレジェンドでヨハン・クライフなどともプレーし、2月11日に他界したピート・カイザーの追悼試合でもあったことからも、さらに悪印象が強まってしまったようだ。

    クラブで副キャプテンを務めるなど人格者としても知られるフェルトマン。地元メディアの『メトロニュース』の取材に対して次のようにコメントし、強気に振る舞っている。

    「あれはトリックさ。ベルトランが倒れているのを見て、これを利用しようと思った。もちろん褒められるようなプレーではないのは分かっているけど、あれはトリック以上の何ものでもないよ。あのクロスからゴールが生まれていたら? ゴールはゴールさ」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12668346/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ