海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: 海外サッカー

    1: Egg ★ 2020/09/12(土) 09:36:18.86 _USER9
    メキシコのトップリーグ・リーガMXのエンリケ・ボニラ代表(写真左)とMLSのコミッショナーであるドン・ガーバー。両者の利害は完全に一致したようだ
    no title


    北アメリカ大陸で、新たな動きがおこっていることをみなさんはご存じだろうか。2026年に開催されるアメリカ・カナダ・メキシコ広域ワールドカップを前に、リーガMX(メキシコリーグ1部)とメジャーリーグサッカー(MLS)を統合しようとする試みである。

    すでにその前段階として、昨年には両者のクラブによるリーグスカップが開催されている(今年はコロナ禍により中止)。アメリカ、カナダ、メキシコをまたぐひとつのリーグをつくる。それは大陸全体を1つのマーケットにすることを意味し、新たな利益を生み出そうとする壮大なプロジェクトである。『フランス・フットボール』誌6月16日発売号でトマ・グバン記者がレポートしている。

    ●アメリカ市場はまだまだ伸びる

    リーガMXのふたつのクラブ、アトラスとサントス・ラグナのオーナーであるアレハンドロ・イララゴリは、新しいリーグ構想に大きな期待を寄せている。「MLSは順調に発展している。その市場は広大で、サッカーへの関心は高まっている。今こそ北米リーグの創設を考えるべきときだ。それは両者(メキシコとアメリカ)にとって大きなメリットがある」

    たしかにイララゴリの場合は、彼が所有するアトラスが、この措置により降格を免れるという恩恵を受けた。両国にとって大きなメリットがあると考えている人間は、実際にとても多い。そう考える勢力は、イララゴリがしばしばスポークスマンの役割を務めるメキシコサッカー協会においても多数派を占めている。

    ●リーグ合併の障害はどんなものがあるか?
     
    一方、MLSからの公式コメントは何もないが、コミッショナーを務めるドン・ガーバーは、すでに昨年の時点で北米リーグの創設は「強力な力になる」と語っていた。またある有力クラブの会長も、統合は「ポジティブな側面しか考えられない」と、匿名を条件にコメントしている。

    実際、統合に向けての動きはスタートしている。

    2018年には2026年ワールドカップ開催のためのパートナーシップが、アメリカとメキシコ、カナダの間で締結された。目的は「北米におけるサッカー人口を増やすため」であるとガーバーはいう。そしてこのパートナーシップから昨年生まれたのが8チームによるリーグスカップだった。その第2回は、コロナ禍さえなければ規模を2倍の16チーム――参加資格はそれぞれのリーグの成績による――に拡大して、この7月21日に開幕するはずだった。

    「リーグカップはふたつのリーグをひとつにしていくための第一歩だ」とガーバーは語っている。ただ、リーグ創設までには障害もまた多い。その第一がカレンダーのすり合わせで、リーガMXが年2シーズン制であるのに対し、MLSは3月から10月までの1シーズンである。

    ロジスティック面の整備も課題で、アメリカ東部からメキシコまでの移動は、東部からヨーロッパへの移動よりも距離が遠い。また規約の統一も必要だが、この点でメキシコ側のオーナーの一部は、MLSが施行しているサラリーキャップ制に好感を抱いている

    9/9(水) 7:01配信 ナンバー
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7c436fd3fd1d9d4c84e9537e8717478901acd0f?page=1

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/04(金) 10:02:33.53 _USER9
    PSG、新たに3選手がコロナ陽性 合計6人に

    【AFP=時事】フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)は3日、新型コロナウイルスの検査で新たに3選手が陽性反応を示したと発表した。PSGでは前日、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)を含む3人に陽性反応が出たと報じられており、チームの新シーズン開幕が危ぶまれている。

    これで計6選手に陽性反応が出たことになるPSGはツイッター(Twitter)に、「チーム内の選手を対象とした新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の最新の検査により、新たに3人の陽性が判明した」と投稿した。

    最初に陽性反応が出たのはネイマール、アンヘル・ファビアン・ディ・マリア(Angel Fabian Di Maria)、レアンドロ・パレデス(Leandro Paredes)の3人だと報じられており、その全員がオフの休暇で地中海に浮かぶスペイン・イビサ(Ibiza)島を訪れていた。

    医師・患者間の守秘義務を理由に、匿名でAFPの取材に応じた情報筋が、これら3選手の名前を明かしていた。

    仏スポーツ日刊紙レキップ(L'Equipe)によれば、今回新たに陽性が確認されたのは、同じくイビサ島を訪れていたGKケイロール・ナバス(Keylor Navas)、DFマルキーニョス(Marcos Aoas Correa “Marquinhos”)、FWマウロ・イカルディ(Mauro Icardi)だという。同チームの選手では他に、MFアンデル・エレーラ(Ander Herrera)もイビサ島にいたとされている。

    PSGは10日にアウェーでランス(RC Lens)とのリーグ初戦を控えているが、試合の開催に関してはますます疑問が強まっている。【翻訳編集】 AFPBB News
    2020-09-04_11h57_28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a52a2f70471497b18a2c521b2b9bf82ecdbca45

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/20(木) 23:14:32.85 _USER9
    は18日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でライプチヒ(ドイツ)を破り、クラブ史上初の決勝に進出した。

    ナセル・アルケライフィ氏が会長就任してから9年目。スペイン紙アスは20日、クラブが初の決勝進出まで約1600億円を投資したと伝えている。

    ナセル・アルケライフィ氏が代表を務めるカタール国の投資会社カタール・スポーツ・インベストメントがパリ・サンジェルマンのオーナーになったのは2011年。
    このことがフランスリーグの移籍市場に「革命」をもたらし、パリ・サンジェルマンはそれ以降、パストレ、チアゴシウバ、イブラヒモビッチ、カバーニ、ダビドルイス、ディマリア、ネイマール、エムバペなど、次々とスター選手と契約を結んでいった。

    実際、47選手を獲得するのに12億5550万ユーロ(約1569億3750万円)もの膨大な資金を費やし、9年目にして初めて欧州CLの決勝までたどり着くことに成功した。

    この9年間で獲得した47選手の中、移籍金トップは2017-18シーズンにバルセロナから入団したネイマールで2億2200万ユーロ(約277億5000万円)。

    次いで2017-18シーズン(初年度は期限付き移籍)入団のエムバペが1億4500万ユーロ(約181億2500万円)。2013-14シーズン入団のカバーニが6450万ユーロ(約80億6250万円)、
    2015-16シーズン入団のディマリアが6300万ユーロ(約78億7500万円)、2014-15シーズン入団のダビドルイスが4950万ユーロ(約61億8750万円)で続く。

    パリ・サンジェルマンはこの後、23日にリスボン(ポルトガル)で開催される欧州CL決勝でバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)と対戦し、初優勝を目指すことになる。

    8/20(木) 19:39配信
    2020-08-21_10h10_01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a24c3f0bbc2f7f30689eb08e4df0444fa1af65aa

    続きを読む

    20200719_Guardiola_GettyImages
    1: 風吹けば名無し 2020/07/20(月) 12:29:36.90
    あんまりすきじゃない

    2: 風吹けば名無し 2020/07/20(月) 12:29:50.34
    有能以外あるんか

    3: 風吹けば名無し 2020/07/20(月) 12:30:52.20
    国内専用になるけど普通に有能やろ

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/06/14(日) 11:10:44.44
    サッカーフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWエディンソン・カバーニ(33)とDFチアゴ・シウバ(35)の退団が決まったと13日(日本時間14日)、英スポーツ専門局スカイスポーツ(電子版)など、複数のメディアが伝えた。

    同サイトによると、PSGのスポーツディレクター、レオナルド氏が今月末に契約満了を迎えるウルグアイ代表のカバーニとブラジル代表のシウバについて仏紙「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」で「非常に難しい決断だった。2人はクラブの歴史に大きなインパクトを残した選手だった」と称賛の言葉を送り、「素晴らしい旅だった。しかし、私たちとの関係は終わりに近づいている」と2人の今季限りの退団を認めたという。

    フランスリーグは新型コロナウイルス感染拡大のため、すでにシーズン打ち切りを決定。カバーニとシウバは現在再開に向けて協議されている欧州チャンピオンズリーグが終了する8月末までプレーするという。
    2020-06-14_11h43_15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/729146a1f204e22163af372cb79a09ffd69a2292

    続きを読む

    no title
    1: 風吹けば名無し 2020/06/01(月) 03:40:03.69
    ーーーーーカバーニーーイカルディ
    ネイマールーーーーーーーーーーーディマリア
    ーーーーーゲイエーードラクスラー
    べナルトーチアゴシウバーマルキーニョスームニエ
    ーーーーーーーーナバス

    監督トゥへル


    つよすぎやろ

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/05/31(日) 21:05:11.57
    パリ・サンジェルマン(PSG)は31日、インテルから期限付きで加入していたFWマウロ・イカルディを完全移籍で獲得したと発表。選手とは4年契約を結んでいる。

    PSGは声明で「2019-20シーズンはインテルから期限付きで加入していたマウロ・イカルディに関して、完全移籍契約を結んだ。イタリアのパスポートも持つアルゼンチン代表は、2024年6月30日までの4年契約にサインした」と明かしている。

    なお報道によると、移籍金は5000万ユーロ(約60億円)+ボーナス800万ユーロ(約9億6000万円)となるようだ。インテルも同日「マウロ・イカルディのPSG移籍を発表する。我々と過ごした6シーズンに感謝するとともに、将来のベストを祈っている」と発表している。

    今季のイカルディは公式戦31試合で20ゴールを挙げ、チームのリーグ・アン3連覇や4シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグベスト8進出に大きく貢献している。
    2020-05-31_21h45_01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd40c51799851ea8f91b7fb027610f5ebc4bf495

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/05/15(金) 14:02:09.55
    モウリーニョ監督怒る「家でブンデスを見てくれ!」

    イングランド・プレミアリーグのトットナムを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督(57)が、今季再開に慎重な他クラブ監督に怒り!?の「けん制球」を投げた。

    14日にウェブ上で開かれたクラブ指揮官たちによるリーグマネジャー協会ミーティングに出席。同日の英紙ミラーによると、早期再開を希望するモウリーニョ監督は早期のリーグ再開を熱望した上で「あなたがたがプレーしたくない場合は、家にいてブンデスリーガを見てくれ!」とまくしたてた、と報じられた。

    プレミアリーグ20クラブのうち、モウリーニョ監督をはじめ、リバプールのクロップ監督、エバートンのアンチェロッティ監督が早期再開を希望している。一方、チェルシーのランパード監督、マンチェスター・シティーのグアルディオラ監督らが健康リスクを理由に慎重な姿勢を貫き、意見が割れているとされる。モウリーニョ監督の発言は、慎重派の指揮官に向けた強烈メッセージだったようだ。

    トットナムはウェブ上での選手トレーニングが順調に進み、練習場での個人トレーニングも再開済み。今月上旬、モウリーニョ監督は「我々の選手たちは素晴らしいプロ意識、情熱、献身を示している」と早期再開への準備が整っていることを明かした。しかしプレミアリーグは当初予定されていた6月12日の再開日程が同19日以降にずれこんだこともあり、イライラが募っているようだ。
    2020-05-15_14h49_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-25150076-nksports-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/30(木) 15:21:25.57
    イングランド・プレミアリーグ、トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督(57)が野菜など生鮮食品を新型コロナウイルスの影響などで貧困に苦しむ地元住民のために輸送した。

    29日、クラブ公式インスタグラムで報告されたもので、練習場の菜園で収穫されたほうれんそうとルバーブを車に積め、食料流通エリアとして開放されているトットナム・ホットスパースタジアムに運ぶ姿が画像で紹介された。クラブは「モウリーニョ監督がスタジアムの食品流通ハブに生鮮食品を初めて届けました。これは地元コミュニティー内でもっとも必要とする人々に配布されます」とつづった。

    新型コロナウイルス撲滅のため、トットナムホットスパースタジアムは、ドライブスルー検査や英国営医療サービス事業NHSの活動拠点、生活困窮者のための食料流通エリアとして開放されている。先週、自らのツイッターでモウリーニョ監督は「練習場の菜園で、新鮮な果実と野菜を育てています。現在、この食品はスタジアムの流通エリアに運ばれているため、コミュニティー内でもっとも必要としている人々に届けることができます。来週から私はこのパンデミックと戦うために、庭で手伝い、この食物をスタジアムに届けるボランティア活動をします」と宣言していた。
    2020-04-30_20h46_30

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-24300219-nksports-socc

    画像

    続きを読む

    6

    1: Egg ★ 2020/04/27(月) 23:21:31.48
    国際サッカー連盟(FIFA)が、1試合の交代枠を従来の3人から5人に増やす規定改正を提案した。27日、ロイター通信などが伝えた。

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界各地で中断している公式戦の再開後、リーグ戦などの日程が過密となることを見据えた措置。

    26日付英紙サンによれば、過密日程による選手のけがを懸念しての一時的な変更案とし、選手交代の回数は従来の3回のままで、その中で最大5人を入れ替えることができるという。

    2021年までの期間限定で、すべての国際試合に適用される。競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の承認を経て正式に決まるが、導入の採否はそれぞれのリーグや大会の主催者が判断する。

    4/27(月) 22:04配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-24270745-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ