海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 乾貴士

    1: Egg ★ 2020/05/02(土) 21:02:21.20
    エイバルに所属するMF乾貴士が、昨季限りで現役を引退した那須大亮氏のYouTubeチャンネルに出演し、これまでに出会った中で“一番の天才”について語った。

    セレッソ大阪は乾やMF香川真司(サラゴサ)、MF清武弘嗣、FW柿谷曜一朗、FW南野拓実(リバプール)ら名手を輩出してきただけに、C大阪の育成力をテーマにトーク。各選手の印象を聞かれた乾は、柿谷についてサッカーの面では一番天才だと思う」と述べている。

    「それ(大久保)嘉人も言ってた」と漏らした那須氏が“天才ぶり”について掘り下げると、乾は「やることの意味が分からない。『なんでその選択をした?』というような(プレー)、しかもそれがめちゃめちゃうまい。普通の人じゃ絶対できひん」と、柿谷を称賛した。

    「久保くんもすごい上手いし、宇佐美も凄いじゃないですか。でも、やっぱりその選手たちを見てても、どう考えても曜一朗が一番」と断言した乾。「『そういうトラップできるんや』っていうのもあるし、『え、そっからなんでループシュートできんの?』っていう。本当に見てたらびっくりします。絶対、曜一朗です。俺が今まで見た中で一番」と語っている。

    5/2(土) 20:34配信
    2020-05-02_21h22_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-43480008-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/03/07(土) 07:58:02.67
    エイバルのMF乾貴士は、現地時間7日に行われるリーガエスパニョーラのマジョルカ戦を欠場することが決定的になった。クラブ公式サイトが伝えている。

    エイバルは6日、ホセ・ルイス・メンディリバル監督の試合前日会見の様子を紹介。その中で乾が「戦術的な理由」で招集メンバー外になったことを伝えた。

    スペイン『マルカ』は、乾が招集外になったことを報じ、「ベティスから復帰してエイバルで2度目のキャリアは望んだようにいっていない」「19試合で1ゴール3アシスト。今は指揮官の信頼も失った。これで2試合連続の招集外」と記している。

    マジョルカのMF久保建英は、エイバル戦の遠征メンバーに含まれたが、乾との日本人対決は実現しないことが確実となった。
    20200105_inui_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200307-00365850-footballc-socc
    3/7(土) 6:30配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/08(土) 07:11:54.13
    【アラベス 2-1 エイバル リーガエスパニョーラ第23節】

    リーガエスパニョーラ第23節のアラベス対エイバルが現地時間7日に行われた。試合は2-1でホームのアラベスが勝利を収めている。エイバルの乾貴士は83分から途中出場し、1アシストを記録している。乾が7試合ぶりのベンチスタートとなったエイバルは、0-0で前半を折り返すと、後半の立ち上がりに苦しめられた。

    ホームのアラベスは後半開始からルーカス・ペレスを前線に入れると、そのルーカス・ペレスが後半開始から14秒でゴール。左からのクロスにダイレクトで合わせ、ファーストタッチでアラベスに先制点をもたらした。さらにアラベスは66分にバークのゴールでリードを広げる。

    2点を追うエイバルは、83分に最後の交代枠で乾を投入した。すると、乾がすぐに結果を出す。ペナルティエリアの左脇でリターンを受けた乾が右足で横パスを出すと、オレジャナがペナルティアークから反転してシュート。これがゴールに決まって1点差となる。

    エイバルは乾がボールを拾い上げて急いで同点弾を目指すが、時間が足りず、試合終了。勝ち点24で並ぶ両者の残留争い直接対決は、ホームのアラベスに軍配があがった。

    【得点者】
    46分 1-0 ルーカス・ペレス(アラベス)
    66分 2-0 バーク(アラベス)
    83分 2-1 オレジャナ(エイバル)
    20191104_inui_getty-1-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00361594-footballc-socc
    2/8(土) 7:06配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077863
    試合スコア

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/03(月) 00:35:53.17
    【エイバル 1-1 ベティス リーガ・エスパニョーラ第22節】

    リーガ・エスパニョーラ第22節、エイバル対ベティスが現地時間2日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

    エイバルに所属するMF乾貴士は左サイドで先発。6試合連続の先発出場となった。乾は積極的な守備から同点ゴールとなるPKを獲得した。

    先制したのはベティスだった。7分、カナレスは左CKでペナルティエリア外に送る。ペナルティアークからフェキルがダイレクトでシュート。これがゴールに突き刺さり、ベティスが意表をつくプレーで先制に成功した。

    先制されたエイバルだったが、乾が守備で見せる。14分、相手ゴールキックからのビルドアップに対してエイバルが前からプレスをかける。ゴンサレスに対してプレスをかけた乾はボールを奪うと、そのゴンサレスにペナルティエリア内で倒され、エイバルがPKを獲得。これをオレジャーナが決め、エイバルが同点に追いついた。

    その後もチャンスを作るエイバルだが、中々追加点を奪うことができない。すると62分、左サイドでボールを受けたフェキルがペナルティエリア外で左足のシュート。これはドミトロヴィッチが防ぐも、イグレシアスが押し込んだ。だがVARにより、イグレシアスのオフサイドの判定が下されノーゴールとなった。

    ピンチの直後にエイバルがチャンスを作る。64分、カウンターから右サイドを抜け出したオレジャーナが深い位置から中央に速いクロスを供給。これを走り込んできた乾が合わせるが、ゴール右に外れた。

    その後、乾は右からのクロスに中央で合わせ、決定的なチャンスを迎えるも活かせず。試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。エイバルは2試合連続のドローで3試合負けなしとなっている。

    【得点者】
    7分 0-1 フェキル(ベティス)
    15分 1-1 オレジャーナ(エイバル)
    2020.2.2.Inui_Getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00360569-footballc-socc
    2/2(日) 23:55配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077855
    試合スコア

    続きを読む

    AE1_2784-thumb-500xauto-206117

    1: 風吹けば名無し 2020/01/23(木) 01:41:43.10
    すごかったよな
    rep6joA[1]

    3: 風吹けば名無し 2020/01/23(木) 01:42:08.31
    震えたよみてて

    7: 風吹けば名無し 2020/01/23(木) 01:43:51.50
    セネガル戦のコントロールシュートも好き

    続きを読む

    20191101_inui_getty

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/22(水) 21:03:43.29
    芸能活動休止中のタレント・木下優樹菜との〝ダブル不倫疑惑〟が浮上しているプロサッカー選手の乾貴士を、ネットメディア『NEWSポストセブン』が直撃取材し、その動画が公開された。

    乾の滞在しているスペインを訪れた取材陣が木下との関係を問うと、乾は「木下さんとは、あのー、友人関係で、仲のいい友達の1人なので…。もうそれ以上、ちょっと話すことができないので、本当に事務所を通して、チームを通してもらわないと」と表情を固くして答え、足早に去っていく様子が収められている。

    これに、ネット上では、

    《あー、これ完全に黒ですわ。良心の呵責からかな、全否定できないのは》
    《完落ち寸前だなww 最後は逃げてるじゃん》
    《乾さん、アウトー!》
    《サッカーに関するインタビューではいつもムキになって否定するくせに、今回はやけに素直だなw》
    《不倫をしていないなら全力で否定しろよ。後ろめたいのかな》
    《収録で会っただけなのに、普通、仲良しとは言わないよね》

    などといった声が上がっており、結果的に〝疑惑〟がさらに深まってしまったようだ。

    後ろめたさが見て取れる
    「本当に不倫していないなら、普通に否定した方がファンも安心するというものです。動画ではどことなく落ち着きがなく、明らかに動揺している様子でした。そもそも、当初はただの木下のファンで、番組で共演しただけの関係のはずです。仲のいい友達の1人と答えたことで、暗に個人的な交友があることを自ら暴露してしまいましたね。現在はスペインに在住しているため、日本のマスコミの取材をかわすことができていますが、おそらく、他にもコメントを求め追従するメディアが出てくるでしょう。いずれ公の場で記者会見せざるを得ないのではないでしょうか」(芸能記者)

    一方、心配されるのは日本にいる乾の妻と子供の状況だ。さすがに当事者ではないため、マスコミが直撃するまでには至ってないが、今後はコメントを求められる可能性もある。一部の関係者から漏れ伝わる話によると、不倫が事実なら、乾が日本に呼び戻されるか、離婚に発展するのではないかといわれている。

    2018年のワールドカップに出場した際は、イギリスの『テレグラフ』が発表した〝活躍した50選手〟に日本人として唯一選出されたこともある乾。このままでは、自身の輝かしいサッカー人生にも不利益が生じるのは間違いない。一刻も早く自身の潔白を明らかにし、ファンを安心させてもらいたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2164538/
    2020.01.22 17:30 まいじつ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/22(水) 12:08:47.73
    2020-01-22_12h33_52

    年末に離婚を発表した木下優樹菜との不倫疑惑が浮上した、サッカー日本代表の乾貴士選手。木下との関係を聞くべく、スペインで直撃した。

    動画はリンク先で
    https://www.news-postseven.com/archives/20200122_1530259.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/20(月) 22:46:17.93
    MF乾貴士が所属するエイバルは18日、リーガ・エスパニョーラ第20節でアトレティコ・マドリーとホームで対戦し、2-0の勝利を収めた。エイバルがアトレティコ相手にクラブ史上初の白星を挙げた一戦を、実業家でJリーグアドバイザーを務める堀江貴文氏が現地観戦していたようだ。

    臍(さい)ヘルニアのため北海道の病院に緊急入院し、手術を終えて16日に退院したばかりだった堀江氏。手術室に入っていく様子や手術後の経過などをツイッターやユーチューブチャンネルで随時報告し、大きな反響を呼んでいた。

    堀江氏は退院してすぐに日本を飛び立ったようで、18日にスペイン・バスク州にあるエイバルの本拠地ムニシパル・デ・イプルーアへ。エイバル対アトレティコのハーフタイム中に『DAZN』の中継映像に映り、SNS上で話題となっていた。

    乾が先発フル出場した同試合は、エイバルがDFエステバン・ブルゴス、MFエドゥ・エスポージトのゴールで2-0の完封勝利。対アトレティコ戦12試合目にして、クラブ史上初の白星をつかんだ。

    堀江氏は翌19日に自身のユーチューブチャンネルに投稿した動画の中で「昨日、DAZNに俺の顔が映り込んだみたいな話があったんですけど、そうです。昨日は乾貴士が所属するエイバルの試合を観に行っていました」と報告。「なんとですね、リーガ・エスパニョーラで3位のアトレティコ・マドリーに2-0で勝ってしまった」と、勝利の価値をユーザーに説明した。

    また、堀江氏はスタジアム到着が数分遅れたようだが、着席してすぐにエイバルのゴールを目撃したという。「すげぇ、俺持ってるわ」「僕はおかげ会の会長でして、全て僕たちのおかげ」とおどけていた。

    1/20(月) 18:22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-43477420-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/19(日) 07:05:54.88
    18日のリーガ・エスパニョーラ第20節、イプルーアでのエイバル対アトレティコ・マドリーは2-0でエイバルの勝利に終わった。エイバルMF乾貴士は先発フル出場を果たしている。

    リーガ、欧州を代表する強豪を本拠地に迎えたエイバル。メンディリバル監督は4試合連続で乾貴士をスタメンで起用し、乾を左サイド、3試合の出場停止明けのオレジャーナをトップ下、右サイドにペドロ・レオンを置く4-2-3-1のシステムを採用している。

    ピッチの狭いイプルーアで、得意のハイプレッシングによってアトレティコを圧迫するエイバルは、9分に幸先よく先制に成功した。左サイドからのCKをニアサイドのエンリッチがファーに流し、そこでフリーとなっていたエステバン・ブルゴスが頭で押し込んでいる。

    先制後もエイバルは強靭なプレッシングによってアトレティコの攻撃を封じ続け、さらに23分には乾が決定機を迎える。日本人MFは右サイドからのクロスに右足ダイレクトで合わせたものの、しかしボールはアリアスに当たって惜しくもゴールとはならなかった。試合はエイバルの1点リードのまま折り返しを迎える。

    後半はアトレティコの一方的なペースに。エイバルはゴール近くまでボールを持ち運ばれ、だが密集した守備で決定機を許すことなく防戦を続ける。アトレティコ側からすれば、アタッキングサードまでは攻め込めるものの、最後の詰めでの精度を欠き続けた。

    シメオネ監督は73分に最初の交代カードを切り、エレーラとの交代でロディを投入。左サイドバックとしてプレーしていたサウールを中盤に上げた。対するメンディリバル監督はペドロ・レオンを新加入クリストフォロに代えて中盤の守備力を引き上げ、さらにオレジャーナとの交代でデ・ブラシスもピッチに立たせた。

    その後もアトレティコは、エイバルの堅守を前に満足にシュートを放つことができない状況が続き、シメオネ監督は大きな重圧にさらされてか試合をこなす毎に精彩と存在感を欠いていくジョアン・フェリックスも下げてBチームのFWカメジョを入れる。一方のメンディリバル監督は1トップのエンリッチをチャルレスに代えて交代カードを使い切った。

    終盤になってもアトレティコが攻めあぐねる状況は変わらず。そして90分、エイバルがアトレティコにとどめを刺す2点目を決めた。CKの流れから、ペナルティーエリア手前のエクスポシトがミドルシュートでGKオブラクを破っている。エイバルは最後まで失点を許さず、イプルーアで過去5戦全敗を喫していたアトレティコを相手に初勝利を手にしている。

    リーガ4連勝を逃し、5試合ぶりに土をつけられた3位アトレティコは、同日にセビージャを下した首位レアル・マドリーに勝ち点8差をつけられ、翌日にグラナダ戦を控える2位バルセロナに勝ち点を8差まで広げられる可能性がある。2試合ぶりに勝利したエイバルは、勝ち点22で16位につけている。

    1/19(日) 6:59配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00010007-goal-socc
    no title

    続きを読む

    no title

    1: ひかり ★ 2020/01/18(土) 18:11:44.47

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ