海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > エルナンデス

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 20:57:07.36 ID:CAP_USER9.net
    「チチャリート」ことメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスについて、所属先のレヴァークーゼン(ドイツ)が放出の準備をしているようだ。レヴァークーゼン側は2500万ユーロ(約31億円)の契約解除金を出すクラブがあれば、即座に売るつもりだという。現地時間5日付けの独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)が伝えている。

    エルナンデスは2015年8月にマンチェスターU(イングランド)から1100万ユーロでレヴァークーゼンに加入。昨季は公式戦26ゴールを挙げてチームに貢献し、一躍スターになった。今季も開幕から6試合で5ゴールを挙げたが、そこから不発に。PKを2本失敗するという不名誉も加わった。

    そうなると、今度はマイナス面が取り沙汰されるもので、『シュポルト・ビルト』誌は、エルナンデスはチームプレーヤーではなく、エゴイストと思われているようだと報道。同選手はレヴァークーゼンに加入した当初から新天地で友人を作ろうとせず、チームメイトとのクリスマスパーティにすら興味を示さなかったという。

    1095分間ノーゴールということもあって、チーム内でも、クラブ内でもエルナンデスへの風当たりが強くなっているとのこと。同選手にはまだどこからもオファーが来ていないようだが、クラブ側は2500万ユーロを用意できるクラブがあればすぐに放出する意向だという。2018年に契約が切れることもあって、レヴァークーゼンとしては今夏にも同選手を売りたいらしい。
    2017-01-06_21h35_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000014-ism-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/01(水) 22:01:04.58 ID:CAP_USER9.net
    レヴァークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは、これまで所属した2つのクラブで自身への扱いに不満を抱いていたようだ。

    チチャリートは2010年にメキシコのチーバス・グアダラハラを離れ、マンチェスター・ユナイテッドで初めての欧州挑戦に臨んだ。移籍当初は順調な歩みを続けていたが、指揮官の交代に伴い徐々に出場機会を減らし、2014年夏にレアル・マドリーにレンタル移籍。その1年後には再びユナイテッドに戻り、同夏レヴァークーゼンへと完全移籍を果たした。

    チチャリートは『フォー・フォー・トゥー』でビッグクラブでの日々を振り返っている。

    「ユナイテッドとマドリーでもっと出場機会を得られていたら、僕はスターになっていたかもしれない。それは誰にも分からないよ」

    「あの2チームでは、20試合連続で試合に出るようなチャンスは僕に与えられなかった。それでは、周囲の人々は僕が残留するべきか、その価値がないのかを語ることはできない」

    チチャリートは今季、ブンデスリーガで28試合に出場して17得点を挙げた。

    「数字が物語っている。ユナイテッドで先発出場したのは80試合。僕はその中で65ゴールを決めた。マドリーでは、たったの12試合だ。それでも、9ゴールを奪った」

    「違いは、たったひとつ。レヴァークーゼンは、僕に先発のチャンスを与え続けてくれた。ほかのクラブでは、そうじゃなかったんだ」
    2016-06-01_23h50_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 17:00:41.80 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-27_19h28_16
    FW“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが、昨夏にミランなどイタリアの複数クラブからオファーがあったことを明かし、レヴァークーゼン(ドイツ)を選択した理由などを語った。

    エルナンデスは2014-15シーズンにマンチェスターU(イングランド)からレアル・マドリー(スペイン)に期限付き移籍。33試合9得点の成績を残したものの、完全移籍は実現せず。結局マンUに戻ったが、そこでルイス・ファン・ハール監督から構想外との評価を受け、2015年8月末にレヴァークーゼンに完全移籍した。

    エルナンデスは伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙のインタビューに応じ、それを伊サイト『calciomercato.com』が現地時間26日に伝えている。

    同選手は「彼らは僕を完全移籍で獲得し、2018年までの契約を結んでくれた。ここには、必要なすべてのものが揃っている。素晴らしいリーグで、チャンピオンズリーグ(以下CL)でもプレーできるし、良い金額の給料を貰っている。ここ数シーズンで、僕は3つの異なる国でプレーした。サッカーでは何が起きても不思議ではないと理解しているよ」と、レヴァークーゼンで充実のときを過ごしていると語った。

    その上で「セリエAは興味深いリーグだね」「そこでの経験も除外することはできない。昨夏にはユヴェントスとインテル、ミラン、ローマ、ラツィオが僕を欲しがってくれた。バイヤー(レヴァークーゼン)を選んだのは、CLに出場することと、必要とされていると感じさせてくれたからだ。このクラブは、僕と一緒ならもっといいシーズンを過ごせると確信していたし、僕はそれを誇りに思ったんだ」と、イタリア行きを断りドイツに移籍した経緯を語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000017-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461744041/

     
    続きを読む

    GettyImages-500655302-compressor-2
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 13:37:48.55 ID:CAP_USER*.net
    12月のリーグ戦3試合で5ゴール 得点ランクでも4位につける

    レバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスが、12月度の月間最優秀選手に選出された。11月度に続き、2ヵ月連続2度目の選出となった。ブンデスリーガ公式サイトが報じている。
     
    チチャリートは12月のリーグ戦は全3試合で得点し、計5得点を記録。12日のボルシアMG戦ではハットトリックを達成していた。今季はリーグ戦14試合出場で11得点。ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤン(18得点)、バイエルンのFWロベルト・レバンドフスキ(15得点)、トーマス・ミュラー(14得点)に続く得点ランキング4位につけている。

    UEFAチャンピオンズリーグとDFBポカールを含めれば、22試合19得点を挙げている。
     
    マンチェスター・ユナイテッドで出番が少なく、昨季1年間期限付き移籍で加入したレアルでも短い出場時間の中、シーズン33試合で9得点を挙げた。しかし、レギュラーポジションを望んだ小柄なストライカーはレバークーゼンへの完全移籍を決断。

    前所属のユナイテッドが得点力不足に悩んでいる現状を受け、放出は誤りだったという声が多く聞かれ始めている。メキシコの英雄は今、水を得た魚のようにドイツで極上の輝きを放っている。

    Soccer Magazine ZONE web 12月31日(木)11時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151231-00010007-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451536668/

     
    続きを読む


    2015-12-13_04h57_14
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/13(日) 04:28:01.89 ID:CAP_USER*.net
    キックオフ:26:30 / 試合会場:ベイアレーナ

    バイヤー・レヴァークーゼン 5-0 ボルシア・メンヘングラードバッハ

    シュテファン・キースリンク(前半30分)
    ハビエル・エルナンデス(後半18分)
    シュテファン・キースリンク(後半21分)
    ハビエル・エルナンデス(後半30分)
    ハビエル・エルナンデス(後半31分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786974
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449948481/

     
    続きを読む


    2015-12-04_23h42_18
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/04(金) 22:30:37.47 ID:CAP_USER*.net
    衰えることのない決定力

     レバークーゼン所属の“チチャリート”こと、FWハビエル・エルナンデスが、ブンデスリーガ公式サイト選出の11月度月間最優秀選手に選ばれた。マンチェスター・ユナイテッドで出番のなかった小さなストライカーは、ドイツで定位置を確保し、完全復活を印象づけた。

     チチャリートは11月のリーグ3試合で3得点。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも2試合1得点を挙げるなど好調を維持。レバークーゼン移籍後は通算でリーグ戦11試合6得点、CL5試合4得点、DFBポカール1試合2得点というハイペースで得点を積み重ねている。

     アレックス・ファーガソン元監督時代のユナイテッドでは、コンスタントな出場機会を得てネットを揺らし続けたが、デイビッド・モイーズ前監督やルイス・ファン・ハール監督、期限付き移籍で加入したカルロ・アンチェロッティ前監督体制のレアル・マドリードでは十分なチャンスが与えられなかった。しかし、研ぎ澄まされたゴールへの感覚を衰えることなく、ドイツの地でその存在感を示している。

     レバークーゼンを率いるロジャー・シュミット監督も「チチャリートのように、途切れることなく得点を決めてくれるストライカーの存在はチームにとって素晴らしいこと」とメキシコ代表のスターへの賛辞を惜しまない。さすがの決定力を見せつけた男は、新天地でさらなる高みへ到達することができるだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151204-00010015-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449235837/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ