海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:Jリーグ > 中村俊輔

    news_207767_1-e1484297711774
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/18(土) 19:47:34.49 ID:CAP_USER9.net
    「俊さん、今日の食事どうします? ガスります? それともロイホ?」

    2015年終了と同時に、年間使用料6億円で結んでいたマリノスタウンの定期借地契約が満了となったため、昨シーズンの1年間、横浜F・マリノス(以下FM)選手の間では、冒頭のような会話が飛び交っていた。

    かつて、マリノスタウンには4面のグラウンド、レストラン、ケアルームを完備するクラブハウスが隣接していたため、選手は練習後を心配する必要はなかった。

    それも昔の話。昨シーズン、選手たちは練習場を転々とした。そこは風呂なし、ケアルームなし。当然、食事する施設もなく、冒頭の会話のようにファミレスの名前が挙がるのだった。

    「練習用具を管理する場所もないから、ホペイロ(用具係)が毎回ワゴン車から出し入れし、選手も手伝っていたほど。J1とは到底思えない、まるで企業からサポートを受けられなかった1980年代の日本サッカーリーグに戻ったかのようだった。俊輔はなによりも体のケアを大事にする。こんな環境ではやっていけないと不満を募らせたことが、移籍へと繫がった」(担当記者)

    年始早々、サポーターを驚かせた中村俊輔(38)の磐田への移籍には、こうした事情が隠されていた。

    ■受け入れる磐田の思惑

    年間王者3回、Jのクラブとして初めてアジアクラブ選手権を制するなど、名門として名を馳せた磐田。だが、近年は世代交代に失敗し、J2降格も経験。それだけに俊輔の加入は大きいが、年齢、高年俸のリスクもともなう。

    「年俸は5000万ダウンの8000万円といわれているが、実際は1億円。たしかに高年俸だが、磐田は十分に元が取れると計算している。実際、早くも俊輔のユニホームには、予約が殺到している。昨年は実現しなかった清水との静岡ダービーも、今年は清水がJ1に昇格したことで開催できる。それを1万5000人しか入らない通常のヤマハスタジアムではなく、5万人収容のエコパスタジアムで主催すれば、俊輔人気で、入場料収入も大幅に増えると目論んでいる」(サッカーライター)

    スポーツ紙記者は、俊輔本人も現役が長くないと自覚し、万全の状態で臨むことを心がけていると語る。

    「今回の移籍は、マリノスの環境に不満を持った俊輔から持ちかけたもの。彼ほどマリノスタウンを有効に使っていた選手はいない。午前練習時もゆっくり風呂に入り、カロリー計算された食事をし、マッサージを受け、昼寝までしていた。施設から出るのは夕方過ぎ。じつは子供が4人いて、自宅では落ち着けないこともあったからだった」

    2013年、年間MVPに輝いたとき、俊輔はこう挨拶した。
    「この受賞は、ひとえに素晴らしい環境で日々練習できたからです」

    現役生活最終章の決断はカネやファンよりも、よりよい職場環境を選んでのことだった。俊輔の再戦が始まる――
    2017年2月18日 12時0分 Smart FLASH
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12691464/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/10(金) 18:00:35.77 ID:CAP_USER9.net
    「ユニホームを脱いだ人間がなにを言っているんだ、と思われるかもしれないけど…。どうでもいいんじゃないか、とは思わない」。

    注目の10番対決に――。古巣・横浜の10番を引き継ぐことが決まった齋藤学に、中村俊輔がエールを贈った。
     
    ニューイヤーカップ最終となる鹿児島戦前日の10日、磐田はキャンプ地の鴨池で時折激しい風雪が舞うなか、クロスへの対応や5対5などのメニューで調整。中村はフルメニューを終えたあとに居残り練習をして、FKやシュートの感触を確かめていた。
     
    練習後、記者団から齋藤学が横浜の10番を着けることが決まったことについて聞かれると、磐田のナンバー10は言葉を選びながら、「ユニホームを脱いだ人間がなにを言っているんだ、と思われるかもしれないけれど」と前置きした上で、「かといって、どうでもいいんじゃないか、とは思わない」と話を続けた。
     
    齋藤からは事前に、横浜の背番号10を着けたいという「断りの電話」があったという。中村はその内容などについて明かし、エールを贈った。
     
    「学とはずっと一緒にやってきたから。自分自身に対してプレッシャーを懸けたいのと、自分自身に対し責任感を強めたい想いがあると電話で言っていた。断りの電話だったけれど、それ(背番号)は俺が決めることではないから。ただ学のなかのマリノスに対する責任感の強さは感じた。背番号を変えることでモチベーションにしてほしいし、『頑張れ』とは声を掛けました」
     
    今後、師弟関係とも言える磐田対横浜の10番対決が実現することになった。今季リーグ戦は、6節の4月8日に日産スタジアム、31節の10月29日にエコパで対戦が組まれている。
     
    また11日のニューイヤーカップ・鹿児島戦に向けて、中村は「賞金が出る大会であり、選手にとっても良い大会。良い試合をしたいし、フェアプレーでできれば」と抱負を語っていた。
    2017-02-10_19h18_33
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00022432-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 23:33:40.18 ID:CAP_USER9.net
    セルティックで数々の伝説を残した元日本代表MF中村俊輔には、今でも現地メディアから熱い視線が送られているようだ。英『HTIC』が「セルティックのレジェンドが日本の年長選手の1人となった」と題し、中村を特集している。

    今オフに横浜FMからジュビロ磐田に電撃移籍し、国内で大きな注目を浴びた中村。遠く離れたイギリスでも、38歳にして新たな挑戦を始める天才レフティーを大きく取り上げている。

    同メディアはイギリスのフットボール界において30代後半のGKは珍しくないが、フィールドプレーヤーではほとんどいないことについて言及。「元セルティックのMFで現在J1の磐田に所属する中村は、まだ衰えを知らない。このFKマスターは39歳に近づいているのにトップレベルのパフォーマンスを維持し、日本の1部クラブで10番を背負っている」と中村を称賛した。

    この特集では、今月26日に50歳の誕生日を迎える横浜FCの“キングカズ”ことFW三浦知良についても触れられているものの、イギリスでの注目度の高さでは中村が上回っているようだ。記事の最後には願望も含め、こう綴られている。

    「元セルティックの男は、いつの日かセルティック・パークに戻ってくるだろうか? 選手としては無理かもしれないが、中村ならセットプレーによって、今のセルティックの選手たちに何かを示すことができるはずだ」
    2017-02-03_08h34_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-01636462-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 07:53:55.29 ID:CAP_USER9.net
    J1のC大阪は1日、スペイン1部、セビリアから日本代表MF清武弘嗣(27)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は46。かつてのエースが約4年半ぶりに古巣に復帰し、超攻撃的布陣を完成させる。一方、J1磐田に加入し、鹿児島キャンプに参加中の元日本代表MF中村俊輔(38)は、親交のある清武の日本復帰に「もっとスペインでのプレーを見たかった」と複雑な心境を吐露した。

    かつて、世界を魅了した希代のレフティーが驚きの声を上げた。

    「エッ、そうなの?」

    新天地・磐田の鹿児島キャンプで汗を流す中村俊はこの日、地元の大学生との練習試合(30分×4本)で最後の30分だけに出場。居残り練習後に清武のC大阪への復帰が正式発表されたことを伝え聞くと絶句した。

    2012年夏に欧州に渡った清武と、02年夏に渡欧した中村俊。ハイレベルの環境に身を置き、ともに苦楽を経験した。中村俊は10年にスペインのエスパニョールから横浜Mに復帰。「自分の場合は(10年南アフリカでの)W杯への出場を考えて戻ってきた」。実は、2人はこのオフに食事をともにしたという。セビリアで出番が少ないことを悩む清武に「サブでも良いんじゃないか。セビリアだよ」と相談役を買って出た。

    清武も自身のブログに18年ロシアW杯に向けて、日本復帰が日本代表の活動につながるとの考えを記した。ただ、中村俊はその才能を高く評価し、「でもまた(欧州へ)行けばいい」と、後輩の背中を押すエールを送った。

    C大阪とは、25日のJ1開幕戦(ヤンマ)でいきなり激突する。「俺が磐田にいることの方が(清武より)違和感がある」と言いつつも、この日の実戦ではキラーパスで好機を演出。名波監督も「前線の動き出しがまだ半歩遅れているけれど、徐々に良くなってきている」と新司令塔との連係に満足顔を浮かべた。

    日本代表の新旧MFが新たな環境で迎える今季。Jリーグを盛り上げるべく、共闘する。
    2017-02-02_08h32_16
    サンケイスポーツ 2/2(木) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000021-sanspo-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 19:28:29.18 ID:CAP_USER9.net
    ■「歴代FKキッカーTOP20」の全ランキング

    アジア人としては唯一の選出となった中村は、全世界のサッカー史の中で5本の指に入る最高のFKキッカーとしてイタリアでも高く評価されている。来季加入する磐田でも、サッカーファンのため息を誘うような美しい放物線を描いてくれるはずだ。

    トップ20のランキングは以下の通り(国名は現在のもの)。

    1位 ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(ブラジル)
    2位 シニシャ・ミハイロビッチ(セルビア)
    3位 ジーコ(ブラジル)
    4位 ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)
    5位 中村俊輔(日本)
    6位 ミシェル・プラティニ(フランス)
    7位 アンドレア・ピルロ(イタリア)
    8位 ロベルト・カルロス(ブラジル)
    9位 ロベルト・バッジョ(イタリア)
    10位 マリオ・コルソ(イタリア)
    11位 デイビッド・ベッカム(イングランド)
    12位 ブランコ(ブラジル)
    13位 ロナルド・クーマン(オランダ)
    14位 フランチェスコ・トッティ(イタリア)
    15位 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    16位 ジャンフランコ・ゾラ(イタリア)
    17位 ロナウジーニョ(ブラジル)
    18位 アレッサンドロ・デル・ピエロ(イタリア)
    19位 ファン・ロマン・リケルメ(アルゼンチン)
    20位 マリオ・バロテッリ(イタリア)

    ■世界に轟く“日本のマスター”の名声 「37歳になった今も完璧な放物線を描く」と現役トップ評価

    先日、横浜F・マリノスからジュビロ磐田への移籍が発表された元日本代表MF中村俊輔が、イタリアメディアが選出する「歴代ベストFKキッカーランキング20」で、現役選手ではトップとなる5位にランクインした。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が選出した。

    2002年からイタリア南部のクラブ、レッジーナで3シーズンにわたってプレーした中村が、5位にランクインした。記事では「37歳になった今も完璧な放物線を描くことができる日本のマスター。レッジョ・カラブリア(レッジーナの本拠地)のスタジアムでは、彼がボールをセットして歩み寄る時、サポーターはすでにゴールの喜びで抱き合った」と、左足から描かれる美しい軌道を絶賛している。

    中村より上位の4人は、すでに引退している名手が並んだ。1位はリヨンなどで活躍した元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)の日本戦では流れの中から無回転ミドルを決めたが、セットプレーの名手として知られた。30メートルを超えるような距離からでも強烈かつ正確に射貫くショットは、世界中に衝撃を与えた。

    2位は、昨季ACミランを率いた元ユーゴスラビア代表DFシニシャ・ミハイロビッチ。FKのみでハットトリックを記録するなど、強さと正確性を兼ね備えた。3位はJリーグ開幕時に鹿島アントラーズでプレーした元ブラジル代表MFジーコがランクイン。4位には、1986年メキシコW杯をアルゼンチン代表として制したMFディエゴ・マラドーナが選出された。そして中村が、世界にその名を轟かせる名手たちに次ぐ5位となった。

    つづく
    2017-01-10_20h38_05
    Football ZONE web 1/10(火) 17:22配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00010018-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 16:10:04.67 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表MF中村俊輔(38)が昨季までプレーしたJ1横浜からJ1磐田へ完全移籍することが8日、両クラブから発表された。:

    中村は横浜を通じ、「懊悩煩悶(おうのうはんもん)の末、マリノスを離れる決断に至りました」とコメント。「懊悩煩悶」とは「悩みもだえて苦しむ」という意味の四字熟語で、愛着ある横浜を離れるにあたっていかに苦しみ悩んだかが、痛切に伝わってくるコメントとなった。

    中村が横浜を通じて発表したコメントは以下の通り。

    先ず初めに、2016シーズンも熱い応援ありがとうござました。自分自身としては、怪我が長引いてしまったこともあり、完全燃焼できるシーズンとはなりませんでした。

    また、リーグ戦が10位に終わってしまったことも、とても申し訳ない気持ちです。

    2016シーズンに至ってはいろいろなことがありました。社長をはじめ、強化部長、他が変わり、

    現場でもさまざまな変化がありました。キャプテンとして、マリノスの一員として、一人の人間として、いろいろなことに向き合って来ました。

    スポーツ、サッカーの本質であるべきもの、例えば楽しさ、喜び、信頼、感謝などを持ちプレーすることが、自分は何よりも大切だと思っています。

    自分の魂であるサッカーと現役を退くその最後の瞬間まで、真摯に、そしてなによりも喜びと楽しさを持って向き合うため、懊悩煩悶の末、マリノスを離れる決断に至りました。

    2010年、横浜に戻ってきた自分を温かく迎え入れてくれたことは、今でも鮮明に覚えています。

    2013シーズン、ファン・サポーターの皆さんと優勝を分かち合えなかったことは、とても残念なことですが、

    9月21日の自分個人への身に余るゴール裏の横断幕は、セルティック時代でさえ経験はなく、心の奥底に深く刻まれ、生涯忘れることのないものとなりました。

    チームメイト、スタッフ、スポンサー、会社の方々、ファン・サポーターの皆さん、今まで携わって下さった全ての方々に心より感謝致します。本当にありがとうございました。

    スポニチアネックス 1/8(日) 15:56配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000119-spnannex-socc

    写真


    続きを読む

    card_59_23
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 15:09:07.73 ID:CAP_USER9.net
    横浜F・マリノスの中村 俊輔選手(MF)が、ジュビロ磐田に完全移籍加入することが決定しましたので、お知らせ致します。尚、中村選手の背番号は10番となります。中村 俊輔(なかむら しゅんすけ/MF)選手 プロフィール

    生年月日 1978年6月24日
    出身地 神奈川県
    身長/体重 178cm/70kg
    サッカー歴 桐光学園高→横浜マリノス→レッジーナ(イタリア)→セルティック(スコットランド)
    →エスパニョール(スペイン)→横浜F・マリノス

    中村 俊輔選手 コメント

    横浜F・マリノスから移籍しました中村俊輔です。自身の新たな挑戦として、ジュビロ磐田でプレーさせて頂くことを決断致しました。チームに貢献できるよう全身全霊を掛け戦いますので、宜しくお願い致します。

    ジュビロ磐田公式
    http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=5240&year=2017&month=01
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 10:04:12.68 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔(38)のJ1磐田移籍について、両クラブが大筋合意したことが7日、関係者の話で分かった。

    中村は横浜Mから年俸1億2000万円の提示を受けていた。磐田では8000万円に下がるとみられるが、移籍を決断した。この1年でシティー・フットボール・グループ(CFG)の影響が強まったクラブへの不信感はそれほど強い。「お金じゃない。最後はサッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」と、日本代表でともにプレーした名波監督が率いる磐田を選んだ。

    長年支えたスタッフが次々と契約満了を通告されるといった体制変更にショックを受け、モンバエルツ監督とは断絶状態だった。対話の乏しさに不満が募り、退団するDF小林らへのねぎらいがないことに怒って食ってかかったこともある。強化責任者のドル氏は間を取り持てず、居場所がないと感じた中村は「鬱になる」と悩んだ。

    長谷川社長ら幹部が監督の去就といった意思決定も自主的に下せず、選手の間には失望や不安が広がっている。中村だけでなく、さらに斎藤ら主力が退団する可能性がある。(金額は推定)
    2017-01-08_10h59_30
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170107/jle17010721020013-n1.html
    続きを読む

    card_59_23

    1:胸のときめき ★@\(^o^)/:2017/01/07(土) 20:35:20.25 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔がJ1磐田への移籍で大筋合意したことが関係者の話で分かった。

    http://www.shikoku-np.co.jp/flash/20170107000403
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ