海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:Jリーグ > 中村俊輔

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 19:28:29.18 ID:CAP_USER9.net
    ■「歴代FKキッカーTOP20」の全ランキング

    アジア人としては唯一の選出となった中村は、全世界のサッカー史の中で5本の指に入る最高のFKキッカーとしてイタリアでも高く評価されている。来季加入する磐田でも、サッカーファンのため息を誘うような美しい放物線を描いてくれるはずだ。

    トップ20のランキングは以下の通り(国名は現在のもの)。

    1位 ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(ブラジル)
    2位 シニシャ・ミハイロビッチ(セルビア)
    3位 ジーコ(ブラジル)
    4位 ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)
    5位 中村俊輔(日本)
    6位 ミシェル・プラティニ(フランス)
    7位 アンドレア・ピルロ(イタリア)
    8位 ロベルト・カルロス(ブラジル)
    9位 ロベルト・バッジョ(イタリア)
    10位 マリオ・コルソ(イタリア)
    11位 デイビッド・ベッカム(イングランド)
    12位 ブランコ(ブラジル)
    13位 ロナルド・クーマン(オランダ)
    14位 フランチェスコ・トッティ(イタリア)
    15位 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    16位 ジャンフランコ・ゾラ(イタリア)
    17位 ロナウジーニョ(ブラジル)
    18位 アレッサンドロ・デル・ピエロ(イタリア)
    19位 ファン・ロマン・リケルメ(アルゼンチン)
    20位 マリオ・バロテッリ(イタリア)

    ■世界に轟く“日本のマスター”の名声 「37歳になった今も完璧な放物線を描く」と現役トップ評価

    先日、横浜F・マリノスからジュビロ磐田への移籍が発表された元日本代表MF中村俊輔が、イタリアメディアが選出する「歴代ベストFKキッカーランキング20」で、現役選手ではトップとなる5位にランクインした。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が選出した。

    2002年からイタリア南部のクラブ、レッジーナで3シーズンにわたってプレーした中村が、5位にランクインした。記事では「37歳になった今も完璧な放物線を描くことができる日本のマスター。レッジョ・カラブリア(レッジーナの本拠地)のスタジアムでは、彼がボールをセットして歩み寄る時、サポーターはすでにゴールの喜びで抱き合った」と、左足から描かれる美しい軌道を絶賛している。

    中村より上位の4人は、すでに引退している名手が並んだ。1位はリヨンなどで活躍した元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)の日本戦では流れの中から無回転ミドルを決めたが、セットプレーの名手として知られた。30メートルを超えるような距離からでも強烈かつ正確に射貫くショットは、世界中に衝撃を与えた。

    2位は、昨季ACミランを率いた元ユーゴスラビア代表DFシニシャ・ミハイロビッチ。FKのみでハットトリックを記録するなど、強さと正確性を兼ね備えた。3位はJリーグ開幕時に鹿島アントラーズでプレーした元ブラジル代表MFジーコがランクイン。4位には、1986年メキシコW杯をアルゼンチン代表として制したMFディエゴ・マラドーナが選出された。そして中村が、世界にその名を轟かせる名手たちに次ぐ5位となった。

    つづく
    2017-01-10_20h38_05
    Football ZONE web 1/10(火) 17:22配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00010018-soccermzw-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 16:10:04.67 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表MF中村俊輔(38)が昨季までプレーしたJ1横浜からJ1磐田へ完全移籍することが8日、両クラブから発表された。:

    中村は横浜を通じ、「懊悩煩悶(おうのうはんもん)の末、マリノスを離れる決断に至りました」とコメント。「懊悩煩悶」とは「悩みもだえて苦しむ」という意味の四字熟語で、愛着ある横浜を離れるにあたっていかに苦しみ悩んだかが、痛切に伝わってくるコメントとなった。

    中村が横浜を通じて発表したコメントは以下の通り。

    先ず初めに、2016シーズンも熱い応援ありがとうござました。自分自身としては、怪我が長引いてしまったこともあり、完全燃焼できるシーズンとはなりませんでした。

    また、リーグ戦が10位に終わってしまったことも、とても申し訳ない気持ちです。

    2016シーズンに至ってはいろいろなことがありました。社長をはじめ、強化部長、他が変わり、

    現場でもさまざまな変化がありました。キャプテンとして、マリノスの一員として、一人の人間として、いろいろなことに向き合って来ました。

    スポーツ、サッカーの本質であるべきもの、例えば楽しさ、喜び、信頼、感謝などを持ちプレーすることが、自分は何よりも大切だと思っています。

    自分の魂であるサッカーと現役を退くその最後の瞬間まで、真摯に、そしてなによりも喜びと楽しさを持って向き合うため、懊悩煩悶の末、マリノスを離れる決断に至りました。

    2010年、横浜に戻ってきた自分を温かく迎え入れてくれたことは、今でも鮮明に覚えています。

    2013シーズン、ファン・サポーターの皆さんと優勝を分かち合えなかったことは、とても残念なことですが、

    9月21日の自分個人への身に余るゴール裏の横断幕は、セルティック時代でさえ経験はなく、心の奥底に深く刻まれ、生涯忘れることのないものとなりました。

    チームメイト、スタッフ、スポンサー、会社の方々、ファン・サポーターの皆さん、今まで携わって下さった全ての方々に心より感謝致します。本当にありがとうございました。

    スポニチアネックス 1/8(日) 15:56配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000119-spnannex-socc

    写真


    続きを読む

    card_59_23
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 15:09:07.73 ID:CAP_USER9.net
    横浜F・マリノスの中村 俊輔選手(MF)が、ジュビロ磐田に完全移籍加入することが決定しましたので、お知らせ致します。尚、中村選手の背番号は10番となります。中村 俊輔(なかむら しゅんすけ/MF)選手 プロフィール

    生年月日 1978年6月24日
    出身地 神奈川県
    身長/体重 178cm/70kg
    サッカー歴 桐光学園高→横浜マリノス→レッジーナ(イタリア)→セルティック(スコットランド)
    →エスパニョール(スペイン)→横浜F・マリノス

    中村 俊輔選手 コメント

    横浜F・マリノスから移籍しました中村俊輔です。自身の新たな挑戦として、ジュビロ磐田でプレーさせて頂くことを決断致しました。チームに貢献できるよう全身全霊を掛け戦いますので、宜しくお願い致します。

    ジュビロ磐田公式
    http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=5240&year=2017&month=01
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 10:04:12.68 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔(38)のJ1磐田移籍について、両クラブが大筋合意したことが7日、関係者の話で分かった。

    中村は横浜Mから年俸1億2000万円の提示を受けていた。磐田では8000万円に下がるとみられるが、移籍を決断した。この1年でシティー・フットボール・グループ(CFG)の影響が強まったクラブへの不信感はそれほど強い。「お金じゃない。最後はサッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」と、日本代表でともにプレーした名波監督が率いる磐田を選んだ。

    長年支えたスタッフが次々と契約満了を通告されるといった体制変更にショックを受け、モンバエルツ監督とは断絶状態だった。対話の乏しさに不満が募り、退団するDF小林らへのねぎらいがないことに怒って食ってかかったこともある。強化責任者のドル氏は間を取り持てず、居場所がないと感じた中村は「鬱になる」と悩んだ。

    長谷川社長ら幹部が監督の去就といった意思決定も自主的に下せず、選手の間には失望や不安が広がっている。中村だけでなく、さらに斎藤ら主力が退団する可能性がある。(金額は推定)
    2017-01-08_10h59_30
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170107/jle17010721020013-n1.html
    続きを読む

    card_59_23

    1:胸のときめき ★@\(^o^)/:2017/01/07(土) 20:35:20.25 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔がJ1磐田への移籍で大筋合意したことが関係者の話で分かった。

    http://www.shikoku-np.co.jp/flash/20170107000403
    続きを読む

    card_59_23
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/05(木) 20:55:37.81 ID:CAP_USER9.net
    2016年J1は第1ステージ11位、第2ステージ7位で、年間では10位という不完全燃焼の結果に終わった横浜F・マリノス。木村浩吉監督(現:日本サッカー協会育成ディレクター)が指揮した2009年以来の2ケタ順位に終わった。今季ラストタイトルとなった天皇杯も29日の準決勝・鹿島アントラーズ戦で0-2と苦杯を喫し、何も得られないままシーズンを終えることになってしまった。

    にもかかわらず、2015年からチームを率いるエリク・モンバエルツ監督の続投が決定しており、主力選手からの不満が少なからず噴出している。2010年春に欧州から戻った時点では「生涯マリノス」の意向を示していたエース・中村俊輔にもジュビロ磐田への移籍話が浮上し、本人も考えあぐねるほど、チームは大きく揺れ動いているのだ。

    横浜市出身で、マリノスジュニアユースで育ち、桐光学園を経て、97年に入りした中村俊輔は、当時から強い「マリノス愛」をたびたび口にしていた。2002年夏にはイタリア・セリエAのレッジーナへ移籍し、2005年夏にはスコットランドの名門・セルティック、2009年夏にはリーガ・エスパニョーラのエスパニョールの門を叩いたが、欧州の最前線で戦っている間もマリノスのことを忘れたことはなかったようだ。

    だからこそ、彼は長年の夢だったスペイン挑戦を途中で断念して古巣復帰に踏み切った。もちろん2010年春の段階では「南アフリカワールドカップまでに試合勘を取り戻し、トップパフォーマンスを出せる状態にしたい」という大きな狙いはあったが、「マリノス再建」に貢献したいという気持ちがなければ帰国の決断は下せなかったはず。そこは紛れもない事実と言える。

    その中村俊輔がマリノスを出るか出ないかで考えあぐねるという現状は深刻だ。最大の要因はモンバエルツ監督の志向するサッカースタイルとのギャップ、強引に若返りを進めようとするクラブ側のスタンスへの違和感と見られるが、今季から環境面が激変したことも大きいのではないか。

    マリノスは2007年から横浜市西区・みなとみらい地区のマリノスタウンに拠点を置いていた。ここには4面のグランドとクラブハウス、事務所、ショップなどが併設されていて、Jリーグ屈指の恵まれた環境と高評価を受けていた。2013年に2度目のJリーグMVPを受賞した際、中村俊輔も「この環境とスタッフのサポートがあるから、自分自身もいい状態を保っていられる」と感謝を口にしていた。

    それが財政面の問題から2015年限りで閉鎖となり、マリノスは今季から日産スタジアム横の日産フィールド小机や球技場で練習するようになった。しかし、ここはクラブ専用の施設ではないから、選手たちは限られた時間しか使用できない。毎日スパイクやトレーニングウェアの入った大荷物を持ってロッカーに行き、それをまた車で持ち帰る生活を、中村俊輔は30代後半になった今、再び強いられることになったのだ。

    そうなると当然、体をケアする環境もない。マリノスタウン時代はメディカルルームやクールダウン用のプールなどを使いたい時に使えたが、今季からはそうもいかなくなった。入念なケアが必要なベテラン選手にとって、この環境はやはり厳しいと言わざるを得ない。食事も仮眠もマリノスタウン時代は十分採れたが、それも叶わない。今季は午前練習後、若いメンバーに「今からファミレス行かない」と声をかける彼の姿を目の当たりにすることがしばしばあった。
    続きを読む

    20161230-01758553-nksports-000-view
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 19:19:49.45 ID:CAP_USER9.net
    来季J1で上位進出を目指す磐田に横浜MのMF中村俊輔の加入が29日、有力となった。名波監督がラブコールを送り、直接交渉に乗り出していた。かつて日の丸の10番を背負った2人が、監督と選手で共演する。
     
    名波監督と中村はレフティー(左利き)同士。現役時代に共にプレーした経験があり、創造性豊かなプレーは共通する。磐田は今季、試合運びの稚拙さで勝ち点を落とした試合が多く、中村には中盤で試合をコントロールする役割が求められる。指揮官の期待は大きく、チームの象徴とも言える背番号10を託す意向だ。
     
    中村は今季、左膝や両足首のけがの影響でリーグ戦は19試合の出場にとどまった。来季は39歳となり、体力面の衰えが懸念されるが、名波監督は「サッカー選手に年齢は関係ない。パフォーマンスが良ければ何歳でも使う」と話す。今季横浜Mでフル出場した14試合の中村の平均走行距離は12キロを超え、いずれもチーム最長。直接FKのJ1歴代最多得点も更新するなど体力、技術の両面で衰えは感じさせなかった。
     
    得点力向上以外の影響も期待できる。国内外のクラブでプレーし、日本代表でも長く活躍した経験が、若いチームの手本になる。クラブ幹部は「プロとしての立ち振る舞いや態度など選手が選手を見て育つ面もある。中長期的に見てもクラブとしてプラス」と話す。

    http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/jubilo/topics/315217.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/30(金) 06:41:28.41 ID:CAP_USER9.net
    ◇天皇杯準決勝 横浜0―2鹿島(2016年12月29日 ヤンマー)

    王国復活を目指す磐田が横浜の元日本代表MF中村俊輔(38)を完全移籍で獲得することが29日、決定的となった。複数の関係者によれば2年契約で大筋合意、移籍金を含めたクラブ間交渉も既に詰めの段階を迎えているという。欧州への移籍期間を除き、計13年間、横浜の顔を務めてきた天才レフティーの国内移籍は初。近日中にも正式発表される見通しだ。

    間もなく「磐田の中村」が誕生する。今季の磐田は13位と低迷。14年7月以降は背番号10の不在も続いていた。復権の切り札として狙いを定めたのが横浜が誇る天才レフティーのMF中村だ。先月19日に電撃オファーが表面化。関係者によれば、2年契約の完全移籍で大筋合意。移籍金を含めたクラブ間交渉も詰めの段階に突入した。

    今季の中村は左膝や両足首の負傷の影響もあり19試合の出場で4得点。「ケガが長引いたのは事実。フルで戦えなかったのはクラブ、サポーターに申し訳なかった」。それでも卓越したゲームメーク能力、一撃必殺の左足は健在。FKだけで公式戦3得点を記録した。今月24日の天皇杯準々決勝G大阪戦で3カ月ぶりに実戦復帰すると、この日の鹿島戦でも後半18分から途中出場。主将マークを巻き、宝刀の左足で精度の高いプレーを連発した。

    試合後、来季去就については「クラブと代理人が話している。進んでいると思う」と話した。敗戦の瞬間、悔しそうにピッチを見つめ、号泣しながらしゃがみ込む斎藤の手を取り引き起こした。4分のロスタイムを含め出場31分間の鹿島戦が、トリコロールでの「最後の試合」となった。

    移籍の背景には中村のクラブに対する不信感と失望がある。編成面に強い影響力を持つシティーグループが強引な世代交代にかじを切り、功労者に対する来季年俸の大減ダウン提示、求心力の低下しているモンバエルツ監督の続投、長年、クラブに尽力してきた複数スタッフ陣との契約満了などが相次いだ。横浜で育った中村には耐え難い現実の連続だった。

    中村も38歳。横浜への愛着は強いが、残りの選手生活を純粋にサッカーだけに集中したい思いは強かった。横浜での今季年俸は推定1億円。条件面を下げてでもサッカーに集中できる環境を求めていた。磐田の名波監督とは00年アジア杯で優勝に貢献した盟友。同じ左利き、サッカー観も共通した部分が多く、新天地にふさわしい環境がある。中村にとっては初の国内移籍。希代のレフティーは来季、サックスブルーに袖を通す。
    2016-12-30_08h17_05
    スポニチアネックス 12/30(金) 4:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000178-spnannex-socc

    横浜中村俊輔、磐田へ移籍決定的 背番10を用意
    日刊スポーツ 12/30(金) 4:59配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-01758553-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 12:20:21.40 ID:CAP_USER9.net
    輝かしい栄光は今でも人々の胸に深く刻み込まれている。かつてスコットランドの名門セルティックでプレーした元日本代表MF中村俊輔(横浜F・マリノス)が、今から10年前のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)マンチェスター・ユナイテッド戦で決めた伝説の一撃が、アイルランド人向けの英紙「アイリッシュ・ポスト」で「驚くべきフリーキック」として紹介されている。

    同紙は6日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ最終節マンチェスター・シティとの一戦を前に、セルティックが「イングランド勢と対戦した欧州での5つの偉大な夜」と特集したもので、過去に行われた名試合をプレーバックしている。

    そのなかの一つとして、今から10年前の2006年11月21日に行われた本拠地でのユナイテッド戦が選ばれた。この試合は圧巻の直接FKで貴重な決勝点をもたらした中村と、試合終了間際にPKをセーブした守護神GKアルトゥール・ボルツ(現ボーンマス)の活躍でセルティックが1-0と勝利。クラブ史上初のCL決勝トーナメント進出を決める歴史的な試合となった。

    この試合から節目の10年を迎えた今年の11月21日には、セルティック公式ツイッターが中村のシュートシーンの写真を掲載し、「10年前、これが起きた」とのコメント付きで投稿するほど、今も人々の脳裏に鮮烈な記憶として焼きついている。

    「NAKA」で親しまれたレフティーの輝き

    記事では「セルティックにとっては全てがうまくいった夜だった。ファンお気に入りの中村俊輔が驚くべきフリーキックで得点し、同じくらいファンから好かれているアルトゥール・ボルツがペナルティーをセーブした」と、2人のレジェンドのビッグプレーを振り返った。

    今季3シーズンぶりにCL本戦出場を果たしたセルティックだが、今季は5節終了時点でグループCの最下位が確定し、最終節のシティとの一戦も1-1のドロー。3分3敗と未勝利のまま大舞台から姿を消すことになった。近年は欧州カップ戦でかつての競争力を失っていることもあり、「NAKA」の愛称で親しまれた天才レフティーの輝きは、人々の脳裏により色濃く映し出されているのかもしれない。
    2016-12-08_13h13_13
    Football ZONE web 12/7(水) 20:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161207-00010017-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 04:16:01.69 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1横浜Mの利重孝夫チーム統括本部長(51)は7日、磐田からオファーを受けている元日本代表MF中村俊輔(38)に対して、
    将来的な監督やコーチ就任の可能性を含めた“生涯契約”オファーを提示することを明らかにした。

    一方、今季リーグ戦23試合に出場したブラジル人DFファビオ(27)は、クラブの了解を得ないまま帰国したことが発表された。

    横浜Mが俊輔の残留に向けて最大限の誠意を示す。この日、取材に応じた利重チーム統括本部長は磐田から獲得オファーを受けている俊輔について「クラブとして最大限の努力をする。選手としてもそうだし(将来的な)コーチだったり監督だったりといったことも含めて交渉する」と言い切った。

    将来的な監督就任を見据えたオファーはJリーグ24年間の歴史の中でも例がなく、異例の待遇。クラブ幹部は「来年も我々と一緒に戦ってもらえるよう、交渉を続けたい」と背番号10の残留を最優先事項に挙げている。

    主将として長年、チームに貢献してきた実績に加え、若手の手本になる姿勢を高く評価して“生涯マリノス”の契約を熱望した。

    俊輔はスコットランドのセルティックに在籍していた07年10月に、リーグ2連覇に貢献したことから“生涯オファー”を提示されたこともあり、今回が2度目になる。

    ただ、指導者の道を示唆されたからといって俊輔がすんなりと残留を決意するかは不透明だ。

    関係者によると、俊輔は主将としてシーズン中から練習環境やチーム改革案について真摯(しんし)にフロントに訴えていたというが、フロント側は少数株主でチーム編成に影響力を持つシティ・フットボール・グループ(CFG)の意向ばかりを気にし、具体的な改善・改革は進まなかった。

    クラブは今季33試合出場のDF小林祐三(31)の契約を更新せず、全試合フル出場の元日本代表DF中沢佑二(38)には一時、半減の年俸を提示。ベテランを冷遇しながらも昨季7位、今季10位と結果を残せなかったエリク・モンバエルツ監督(61)を続投させ、さらに年俸もアップした模様だ。

    ネット上などでサポーターから批判の声が上がり、クラブは公式サイトに長谷川亨社長(58)の名で「F・マリノスファン、サポーターの皆様へ」と題した声明文を掲載するまでに至った。

    9月末に左膝を痛め、長らくリハビリを行っていた俊輔は、すでに全体練習に部分的に合流。この日はフルコートの紅白戦には参加しなかったが、10対10のパスゲームではキレのある動きを見せた。クラブと俊輔の交渉は年内に行われる予定。去就の決定まで、予断を許さない状況が続く。

    ◆過去の異例オファー

    ▽18か月契約 01年に清水のDF森岡隆三が02年日韓W杯後の欧州移籍を視野に入れ、
    異例の18か月契約を締結した。

    ▽引退選手に 05年限りで引退したG大阪のFW松波正信に対し、数クラブが非公式ながらも獲得オファーを提示。
    「ガンバで終わりたかった」とそのシーズン限りで引退。

    ▽長期留学 08年2月、ドイツ1部のバイエルンが浦和ユースのMF原口元気に約2年間の長期留学オファー。
    バイエルン側は専属家庭教師や選手寮、下部組織登録の準備などを進めたが実現はしなかった。

    2016年12月8日4時0分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161207-OHT1T50312.html

    写真
     2016-12-08_08h11_42
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ