海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: セリエA

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/23(水) 18:23:08.60 ID:CAP_USER9
    イカルディ夫人、年俸10億円超を要求 「見下された評価に我慢ならない」
    5/23(水) 18:13配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000120-dal-socc
    https://www.daily.co.jp/soccer/2018/05/23/0011284714.shtml

    マキシ・ロペスと別れてイカルディと再婚したワンダ・ナラ(右)は現在、夫のマネジャーを務め、契約や移籍に関する案件も担当する。(C)Getty Images
    12984_ext_12_0

    イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノに所属するFWマウロ・イカルディの妻で代理人でもあるワンダ・ナラが、現在の年俸530万ユーロ(約6億8000万円)から大幅アップの800万ユーロ(約10億3000万円)をクラブ側に要求していることがわかった。23日のコリエレ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

    現地報道によるとワンダ・ナラは22日、ラディオ・メトロで「いくつかのビッグクラブが違約金を払う準備をしていて、プレッシャーをかけてきている」と1億1000万ユーロ(約148億5000万円)を用意するクラブの存在を明言。「もちろん優先権はインテルにある。でも彼が見下された評価をされているのに我慢ならないの。納得いかないわ」と不満を吐き出した。

    イカルディは今季、29得点でセリエA得点王となった。
    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/05/21(月) 05:49:21.07 ID:CAP_USER9
    セリエAは20日に最終節が行われ、ラツィオとインテルが対戦した。

    今季最後の試合で、勝ち点72で4位のラツィオと同69で5位のインテルが激突。インテルはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のため、勝利が絶対条件の中で敵地での大一番に臨んだ。

    試合は開始9分、ペリシッチのオウンゴールでラツィオが先制する。29分にはダンブロージオのゴールで一時同点に追いついたが、前半終了間際に再び勝ち越しを許し、前半を折り返す。

    後半に入っても一進一退の攻防は続く。そして、残り約10分で大きく動いた。

    78分、後方からの長いボールにエデルが反応してワンタッチパス。イカルディが抜け出すと、デ・フライがエリア内で倒してしまい、インテルにPKが与えられる。そして、エースが自らこれを沈め、2-2の同点となる。

    さらにその直後、ルリッチが2枚目のイエローカードを受けて退場に。インテルは数的有利を手に入れると、81分、CKからベシーノが頭で叩き込み、ついに逆転に成功する。

    その後、ラツィオは最後まで勝利を信じて反撃するも、一歩及ばず。試合は、インテルが3-2で制した。

    この結果、インテルは勝ち点でラツィオと並び、直接対決の結果4位に浮上。7シーズンぶりに来季CLの大舞台に出場することとなった。一方、ラツィオは最後の最後で5位に転落。サポーターの前で、涙をのむこととなった。

    なお、得点ランキングはイカルディとラツィオFWインモービレが29ゴールで並ぶこととなった。

    GOAL
    2018-05-21_07h40_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000040-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/05/19(土) 10:33:14.06 ID:CAP_USER9
    セリエBのパルマが来シーズンのセリエA復帰を決めた。

    2015年に破産し、そのペナルティとしてセリエD(イタリア4部)まで降格したパルマだが、1年ごとに昇格と決め、今シーズンはセリエBを舞台に戦う。シーズン最終節を前にパルマは自動昇格のできる2位フロジノーネと勝ち点2差の3位。18日の結果次第では昇格の可能性が残されているものの、ホームで最終節を迎えるフロジノーネが優位との見方が強かった。

    しかし、パルマが敵地でスペツィアに2-0の勝利を収めた一方で、フロジノーネはフォッジャに試合終了間際に同点ゴールを許してホームで2-2の引き分け。勝ち点72で並んだものの、パルマが2位を確定して自動昇格の権利を手に入れた。

    1990年代はセリエA有数の強豪クラブとなり、国内のみならず、欧州カップ戦でも2度の優勝を誇る古豪のパルマだが、2015年の破産でクラブは消滅。「SSDパルマ・カルチョ1913」という新たなクラブ名で2015-16シーズンからセリエDで再スタートを切った。元日本代表の中田英寿氏が所属したことでも有名な同クラブが4シーズンぶりにセリエAの舞台に復帰する。

    なお、3位に転落したフロジノーネは、パレルモ、ヴェネツィア、バーリ、チッタデッラ、ペルージャとともにセリエA昇格を懸けてプレーオフを戦う。
    2018-05-19_11h50_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000002-goal-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/13(日) 13:58:35.52 ID:CAP_USER9.net
    【インテル 1-2 サッスオーロ セリエA第37節】

    現地時間12日に行われたセリエA第37節でインテルはサッスオーロをホームに迎え、1-2で敗れた。

    5位インテルは、4位ラツィオと勝ち点2差。4位に浮上して来季のチャンピオンズリーグ出場権を得るために勝ち点3が必要だ。そうなれば、最終節の相手はラツィオのため、まだ自力で4位に浮上することが可能である。

    対するサッスオーロは12位。ヨーロッパリーグ出場権とも降格とも関係ない順位で、比較的戦い易い相手に見えた。

    だが、試合はまさかの展開に。25分、サッスオーロはゴール前でFKのチャンスを得ると、ポリターノが壁の下を通して先制点を決める。

    1点ビハインドのインテルは後半に入ってもかみ合わず、72分にはベラルディにゴールを奪われた。

    2点を追うインテルは80分、ペナルティエリア手前からラフィーニャが決めて1点を返し追撃態勢となるも、2点目は生まれず試合終了。

    この結果、ラツィオが13日のクロトーネ戦で勝利すると、その時点でインテルの来季チャンピオンズリーグ出場が消滅する状況となった。

    【得点者】
    25分 0-1 ポリターノ(サッスオーロ)
    72分 0-2 ベラルディ(サッスオーロ)
    80分 1-2 ラフィーニャ(インテル)
    20180513_sassuolo_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269158-footballc-socc
    続きを読む

    2018-04-12_11h29_52

    1:風吹けば名無し:2018/04/12(木) 09:56:04.93 ID:2f8gp1960.net
    何から何まで格好いい
    10:風吹けば名無し:2018/04/12(木) 10:01:18.03 ID:Tph0kxlSa.net
    今はリヴァプールが最高に輝いてるやろ
    20:風吹けば名無し:2018/04/12(木) 10:05:55.57 ID:9H+0pMZNd.net
    サガン鳥栖やろ
    続きを読む

    GettyImages-1625953

    1:風吹けば名無し:2018/04/04(水) 19:17:09.38 ID:VMXpG1Gma0404.net
    想像付かんのやけど
    4:風吹けば名無し:2018/04/04(水) 19:18:05.24 ID:TNwLLOpO00404.net
    ミランのビッグイヤー獲得回数数えてこい
    ちびるぞ
    5:風吹けば名無し:2018/04/04(水) 19:18:26.31 ID:3tTRX6jo00404.net
    日本だと海外サッカーと言えばセリエだった

    トヨタカップもミランの印象が強い
    続きを読む

    2018-04-04_11h43_07

    1:風吹けば名無し:2018/04/04(水) 08:31:59.99 ID:ifDY9EgB00404.net
    同じ相手ばっかにこれはおかしい。こんなことは許されない
    2:風吹けば名無し:2018/04/04(水) 08:32:56.84 ID:ifDY9EgB00404.net
    そろそろCBのおっさん共も潮時やな
    3:風吹けば名無し:2018/04/04(水) 08:33:22.41 ID:KoABuzMz00404.net
    クリスティアーノ・ロナウドがいる限り無理やな
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/01(日) 08:07:11.21 ID:CAP_USER9.net
    この世のものとは思えぬ技術

    1990年代、セリエAは紛れもなく世界最高のリーグだった。各国からスーパースターが集まり、現在でいうチャンピオンズリーグでもミランとユヴェントスを中心に毎シーズンのようにファイナルへチームを送り込んでいた。では、その90年代にセリエAでプレイしていた選手の中で最も優れていたのは誰なのか。今回英『Daily Mail』はTOP20のランキングを紹介しており、錚々たる顔ぶれが並んでいる。

    20位:ルイ・コスタ

    19位:ジャンルカ・ヴィアッリ

    18位:チーロ・フェラーラ

    17位:ジュゼッペ・ペルゴミ

    16位:ジャンフランコ・ゾラ

    15位:ズボニミール・ボバン

    14位:ファン・セバスティアン・ヴェロン

    13位:エルナン・クレスポ

    12位:ファビオ・カンナバーロ

    11位:アレッサンドロ・ネスタ


    まず20位から11位はこうなった。ミランで活躍したボバンやルイ・コスタもそうだが、1998-99シーズンにUEFAカップを制したパルマに所属していたカンナバーロ、クレスポ、ヴェロンらが入っているのが特徴的だ。また、当時ラツィオに所属していたネスタは1999-2000シーズンにセリエA制覇を果たしている。

    つづく

    2018年03月30日(金) 23時30分配信
    2018-04-01_08h45_55
    https://www.theworldmagazine.jp/20180330/01world/italy/201791
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/15(木) 13:16:50.54 ID:CAP_USER9.net
    『Premium Sport』は14日、「元イタリア代表監督のアリゴ・サッキ氏は、イタリアのチームはスタイルがなければ改善しないと語った」と報じた。

    今季のチャンピオンズリーグでは、イタリアからローマとユヴェントスの2チームが準々決勝まで勝ち上がることに成功した。実に11年ぶりの快挙である。

    再びイタリア・セリエAが欧州を席巻する日は近いのだろうか?いや、アリゴ・サッキ氏はそう思っていないようだ。

    かつてミランで「ゾーンプレス」を開発し、現代サッカーの潮流を作り上げたサッキ監督。彼は以下のように話し、選手の質を上げなければ根本的な成長にはならないと警告したという。

    アリゴ・サッキ

    「我々がスタイルというものを手にするまで、改善するのは難しいだろうね。

    イタリアのチームはいつの夜も、闘争心と戦術によって勝つことが出来る。しかし、スタイルこそがクオリティを高めてくれるものである。

    残念ながら、ファンはスタイルを要求しない。新聞も、テレビもだ。全てのコメントは、結果を称賛するものだ。

    例えば、スペインを見てみるとよい。あの国は大きく成長を果たした。そして、彼らはサッカーを美しいものとして見ている。

    その世界では、技術こそが根本的なものとして扱われる。そして、彼らがそれに気づいたとき、チームとしてのクオリティが飛躍を遂げた。

    スペインでは、ただの勝利はそれに値しないものであり、美しさはただの勝利だけではないのだ」
    111036ba-8fba-fdd7-4774-70b9e4d9bff3
    http://qoly.jp/2018/03/15/arrigo-sacchi-said-that-italy-clubs-needed-own-style-kgn-1
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/05(月) 18:26:28.14 ID:CAP_USER9.net
    31歳アストーリの訃報を受け、恩師らが体調不良に…元フィオレンティーナ同僚は失神

    フィオレンティーナの主将DFダヴィデ・アストーリの急逝の知らせを受け、恩師であるカリアリの指揮官ディエゴ・ロペスらが体調不良を訴えた。『Goal』の取材により明らかとなった。

    アストーリは2008年から2014年までカリアリに所属。1998年からカリアリでプレーし、引退後は下部組織やトップチームの指導者としてチームに残ったD・ロペスにとって、31歳のDFはチームメートであり、教え子だった。その後、ボローニャやパレルモの指揮官を経て、昨年10月、カリアリに復帰。4日は、ランチタイムにキックオフが予定されていたジェノア戦に向けて敵地で準備を進めていた。指揮官はアストーリの訃報の知らせを受けると、体調不良を訴えた。

    一方、今冬の移籍市場でフィオレンティーナを退団し、エスパニョールに加入したMFカルロス・サンチェスも大きなショックを受けている。アストーリとは1年半にわたりフィレンツェでともにプレー。4日、リーガ・エスパニョーラでは第27節が通常通り開催され、コロンビア代表MFはレバンテ戦(1-1)終了後に元同僚の訃報を知らされた。C・サンチェスは直後に失神し、倒れないようチームメートに支えられる事態となった。ロッカールームへと引き上げた際は、涙を流し、悲嘆に打ちひしがれていたと伝えられている。

    エスパニョールの主将MFビクトル・サンチェスは、「大丈夫だが、彼にとってつらい知らせだったようだ」とC・サンチェスの状態を説明した。なおスペインの報道によれば、コロンビア人MFはフィオレンティーナ時代のチームメートとともにアストーリの葬儀に出席するため、イタリアへ向かうようだ。
    2018-03-05_19h33_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000019-goal-socc


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ