海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > チェルシー

    1:久太郎 ★:2018/03/06(火) 12:37:04.21 ID:CAP_USER9.net
    シティ戦を欠場したカンテ、トレーニング中に気絶していた

    チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが、4日のマンチェスター・シティ戦を欠場した理由が明らかになった。

    英『テレグラフ』によると、カンテは2日のトレーニング中に気絶した模様。心臓発作などが疑われたが、大事に至らず、チームメイトと共にマンチェスターに向かった。

    しかし、試合当日の体調が悪かったこと、その日の朝にフィオレンティーナに所属するDFダビデ・アストーリの訃報も伝えられ、クラブは大事を取ってカンテを休ませることにした。

    なお、原因は先週イングランド国内を襲った寒波による室内外の寒暖差だという。豊富な運動量を生かしたボールハンターとして抜群の存在感を誇るカンテは、すでにトレーニングに復帰しており、10日に行われるクリスタル・パレスで復帰する見通しだ。
    2018-03-06_13h43_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-01651195-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/02/04(日) 21:52:58.76 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーを昨季プレミアリーグ制覇に導いたアントニオ・コンテ監督(48)が解任される可能性が浮上した。4日付けの英紙サンデー・エクスプレス(電子版)が報じた。5日に行われる第26節のワトフォード戦に敗れた場合、クラブが決断を下す可能性があるという。

    コンテ監督はイタリア代表退任後の16年夏からチェルシーを率い、就任初年度の16~17年に2季ぶりのリーグ優勝を果たした。しかし、今季は早々に優勝争いから脱落し、1月31日の第25節にボーンマスに0―3と大敗するなど最近4試合で1勝2分け1敗。地元メディアでは既に今季限りでの退任の可能性が伝えられていたが、最近の成績不振とオーナーのロマン・アブラモビッチ氏(51)との不和もあることから、シーズン途中での解任の可能性が高まっているという。

    チェルシーは、3日時点で首位マンチェスター・シティーと勝ち点19差の暫定4位。5位のトットナムにも勝ち点2差に迫られており、来シーズンの欧州チャンピオンズリーグ出場権を逃す可能性もある。後任候補には元バルセロナ監督で現在フリーのルイス・エンリケ氏(47)が浮上している。
    14197_ext_04_0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000148-spnannex-socc&pos=2
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/01(木) 06:50:28.80 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーは31日、アーセナル所属のフランス代表FWオリビエ・ジル(31)を獲得したと発表した。背番号は18となり、契約期間は1年半となる。

    アーセナルは直前にドルトムント所属のガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの獲得を発表。また、ドルトムントもベルギー代表FWミヒー・バチュアイの期限付き移籍での獲得を発表しており、チェルシーは“玉突き人事”として今回のジル獲得に至った。

    英『BBC』によると、ジルの移籍金は1800万ポンド(約28億円)とされている。ジルは2012年6月にアーセナルに加入。在籍5シーズン半でプレミアリーグ180試合に出場し、73ゴールを記録している。

    ジルは自身のツイッター(@_OlivierGiroud_)にて、「アーセナルの家族と素晴らしい5年半を過ごしました。この美しい物語は今日で終わります。温かいおもてなしをありがとう。特にサポーターのみんなにとても感謝しています」とアーセナルサポーターに感謝のコメント。また、新天地に対しては「チェルシーの選手になれることを嬉しく思います。ぼくのデビューを楽しみにしていてね」と意気込みを伝えている。

    写真



    2/1(木) 4:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-01650097-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/11/15(水) 14:48:10.09 ID:CAP_USER9.net
    11/15(水) 14:02配信
    チェルシーMFカンテ、会計士になる予定だった?「勉強を続けていた」

    チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが、過去に会計士を目指していたことを語った。14日、クラブ公式HPにて伝えている。

    18歳だったカンテは、フランスリーグ6部のブローニュのセカンドチームに所属していた。当時について同選手は「学士号を取得して、さらに2年会計について勉強を重ねていたよ。当時はプロ選手ではなかったから勉強を続けていたんだ。フットボール選手として生計を立てていけるかわからなかったからね」とコメント。アマチュア時代は会計士として、将来を考えていたことを語った。

    しかし、トップチームへの昇格が決まった同選手は、「プロ契約を結んで勉強することはやめたよ。すでに会計の資格を持っていて、そっちの道の方が将来の予測がつきやすかったけれど、今はサッカーに集中しているよ」と話し、プロ契約後から現在は、会計士の勉強をしていないとコメントしている。

    昨シーズンはクラブのリーグ優勝と、個人ではMVPに輝いたカンテ。しかし、サッカー選手ではなく会計士になっていた可能性についても以下の通りにコメントしている。「サッカー選手ではなく、会計士になっていた可能性は否めない。なぜならサッカー選手には何が起こるかわからないからね。上手くいくときもあれば違う時もある。だから、今チェルシーにいることができてハッピーさ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00669208-soccerk-socc

    続きを読む

    GettyImages-648825042-800x600

    1:数の子 ★:2017/11/04(土) 18:59:31.21 ID:CAP_USER9.net
    11/4(土) 18:38配信 日刊スポーツ

    チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、友人と呼べる監督はプレミアリーグには誰もいないと口にしたと、4日に電子版テレグラフ紙が報じた。元レスターのクラウディオ・ラニエリ監督とは親しい関係だという。

    「正直に言って、今はいないよ。以前はクラウディオ・ラニエリ監督と(プレミアリーグにいた際に)、とても良い関係を築いていた。ラニエリ監督がFIFAの最優秀監督賞を受賞したあとに、私の妻も含めて食事に出かけた」と明かした。「他のクラブの監督と友人関係を築くのは難しいよ。対戦相手になるわけだからね」と続けた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00045033-nksports-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/11/01(水) 18:31:09.50 ID:CAP_USER9.net
    カンテは週末のマンチェスター・U戦も欠場か…不在の間、チェルシーは6試合で11失点

    チェルシーMFヌゴロ・カンテは、週末に行われるプレミアリーグ第11節のマンチェスター・ユナイテッド戦の出場も不透明なようだ。

    ンテは10月前半、フランス代表として参加したワールドカップ欧州予選ブルガリア戦で、ハムストリングを負傷した。

    26歳のMFが離脱している間、チェルシーは思うような結果が残せず。10月14日に最下位クリスタル・パレスに敗れると、31日のチャンピオンズリーグ・ローマ戦では0-3と完敗を喫した。カンテが欠場した公式戦6試合で11失点を喫するなど、特に守備面で大きな影響が出ている。

    5日にはプレミアリーグで2位につけるマンチェスター・Uと対戦するが、カンテはこの試合にも間に合わないかもしれないようだ。選手本人はローマ戦の後、レポーターにフィットネスについて問われた際に、「不透明だ」と返答したという。

    カンテ離脱の間、アントニオ・コンテ監督はほぼすべての試合でMFセスク・ファブレガスとMFティエムエ・バカヨコを起用してきた。両選手は、疲労からかここ最近の試合でミスを連発している。今夏加入したMFダニー・ドリンクウォーターがケガからようやく復帰を果たしているものの、6カ月近くプレーしておらず、試合感の欠如は否めないだろう。

    マンチェスター・Uとのビッグマッチで、コンテ監督はどのような決断を下すのだろうか。
    2017-11-01_20h51_54
    Goal編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00010006-goal-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/10/03(火) 14:41:55.84 ID:CAP_USER9.net
    10/3(火) 12:11配信
    GOAL
    2017-10-03_15h23_27
    モラタの復帰は11月中旬以降に(C)Getty Images

    チェルシーFWアルバロ・モラタは、ハムストリングスの負傷により離脱が長期化する可能性があるようだ。

    30日に行われたマンチェスター・シティ戦に出場したモラタだが、35分にふとももを痛め、ピッチを後にした。今夏クラブ史上最高額の7000万ポンド(約101億円)でレアル・マドリーから加入したスペイン代表FWだが、代表戦だけではなく、再開後のリーグ戦も欠場する可能性があるようだ。

    スペイン・サッカー連盟は(RFEF)は、MRIの検査により、モラタがハムストリングにグレード2の筋損傷を負っていると発表。同選手は10月中の復帰は絶望的で、再びピッチに立てるのは11月中旬以降になる見込みであるようだ。

    移籍後8試合で7得点と、絶好調だったモラタを失ったチェルシー。ストライカーとしてプレーできるのは、FWミヒー・バチュアイのみとなった。アントニオ・コンテ監督は、エースを欠いてクリスタル・パレス戦、ワトフォード戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、ボーンマス戦、さらにチャンピオンズリーグのローマ戦を戦うことになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000009-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 01:16:35.07 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    レスター 1-2 チェルシー

    【得点者】
    0-1 41分 アルバロ・モラタ(チェルシー)
    0-2 50分 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
    1-2 60分 ジェイミー・ヴァーディ(PK)(レスター)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11042850



    プレミアリーグは9日、第4節を行った。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームに王者チェルシーを迎え、1-2で敗れた。なお、岡崎は「怪我ではなく、代表戦の疲労のため」(シェイクスピア監督)今季初のベンチ外となっている。

    レスターは、26日のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-2)から岡崎に代えてFWイスラム・スリマニを起用。対するチェルシーも27日のエバートン戦(2-0)戦から1人を変更し、MFウィリアンに代えてMFティエムエ・バカヨコがスタメンに入った。また、今夏レスターから加入したMFダニー・ドリンクウォーター、負傷から復帰したMFエデン・アザールがベンチ入りしている。

    立ち上がりからチェルシーが主導権を握る。前半2分、バカヨコのパスをPA手前で受けたFWアルバロ・モラタが右足を振り抜くが、GKカスパー・シュマイケルがキャッチ。34分には、MFエンゴロ・カンテのパスをPA左でモラタが受け、右足シュートを放ったが、DFウェズ・モーガンのブロックに阻まれた。

    対するレスターは持前のカウンターで応戦。前半40分、自陣セットプレーからスリマニがボールを奪い、MFリヤド・マフレズが一気に攻め上がる。左にFWジェイミー・バーディが並走していたが、マフレズは後方から上がってきたスリマニを選択。PA右からスリマニが右足で狙うが、GKティボー・クルトワの好セーブに阻まれ、絶好のチャンスを逃した。

    すると、直後に試合が動いた。チェルシーは前半41分、カンテのパスを右サイドの浅い位置で受けたDFセサル・アスピリクエタがゴール前にクロス。精度の高いボールをモラタが頭で合わせ、前半を1-0で折り返した。

    レスターは後半開始から手を打ち、スリマニとMFマーク・オルブライトンを下げ、MFアンディ・キングとMFデマライ・グレイを投入する。しかし、レスターは手痛い失点を喫する。後半5分、DFアントニオ・リュディガーのパスを受けた古巣対決のカンテがPA手前から右足一閃。低い弾道のミドルがゴール左隅に吸い込まれ、チェルシーが2-0とリードを広げた。

    だが、2015-16シーズンの王者は諦めない。後半16分、バーディがPA内でGKクルトワに倒され、PKを獲得。キッカーのバーディが真正面に蹴り込み、GKクルトワの左手を弾いてゴールネットを揺らす。チェルシーは18分にウィリアン、33分にアザールを入れ、ダメ押しゴールを狙いに行った。

    終盤に向けてオープンな展開となったが、最後のところで互いに精度を欠き、試合は2-1のままタイムアップ。チェルシーが逃げ切り、3連勝とした。一方のレスターは2連敗を喫し、今季3敗目となった。
    2017-09-10_07h55_58
    9/10(日) 0:59配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-01643908-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/01(金) 11:01:41.31 ID:CAP_USER9.net
    レスター・シティの“奇跡のボランチ”がスタンフォードブリッジで再結成だ。

     31日、チェルシーはレスター・シティからMFダニー・ドリンクウォーターを完全移籍で獲得したと発表。契約は5年契約で、英『BBC』によると、移籍金は3500万ポンド(約50億円)になるという。チェルシーにとって今夏6人目の補強となった。

     マンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ちのドリンクウォーターは、ハダーズフィールドなどへのレンタルを経て、2012年1月にレスターに完全移籍。2015-16シーズンには、中心メンバーとしてFW岡崎慎司らと“奇跡の優勝”を経験した。チェルシーには、昨シーズンからレスターの優勝を支えたMFエンゴロ・カンテが所属しており、ドリンクウォーターと再びコンビを組むことになる。

     クラブを通じ、ドリンクウォーターは「チェルシーの一員になれて嬉しいし、プレーが待ち遠しいよ。ここまで長い道のりだったけど、これからはさらにトロフィーを獲得できるよう手助けしていきたい」とコメント。

     テクニカルディレクターであるマイケル・エメナロ氏も「ダニーはプレミアリーグ優勝経験があるだけでなく、チャンピオンズリーグでのプレー経験もあるという点で今シーズンのチェルシーには大きな獲得となった。技術の高いイングランド人MFだ。中盤の新たなオプションとなる」と獲得を喜んでいる。

    ゲキサカ2017年9月1日10時27分
    https://news.infoseek.co.jp/article/gekisaka_224957/

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ