海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:プレミアリーグ > チェルシー

    1: 久太郎 ★ 2019/07/23(火) 21:27:17.15
    前半にエイブラハム、後半にバークリーがゴール バルサはラキティッチが豪快弾

    スペインの名門バルセロナとイングランドの強豪チェルシーが23日、埼玉スタジアムで行われた親善試合Rakuten CUPで対戦し、前後半にそれぞれ1点ずつを決めたチェルシーが2-1で勝利した。

    チェルシーは19日に、J1リーグ王者の川崎フロンターレと対戦(0-1)し、これが日本での2試合目となった。一方のバルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらコパ・アメリカ(南米選手権)参戦組が、日本遠征のメンバーには含まれず。また今夏、鹿島アントラーズからバルセロナBへの移籍が発表された日本代表MF安部裕葵は、試合の登録メンバーに入らなかった。

    序盤から両チームともそれほどプレースピードを高めない展開になった。そのなかでバルセロナは、3トップの中央に入った新加入のFWアントワーヌ・グリーズマンが攻撃の最終局面で変化をつける場面が目立ち、前半15分にはFWウスマン・デンベレに技巧的なスルーパスを狙ったが、わずかに流れた。

    前半の半ばからはチェルシーが立て続けにチャンスを迎えた。同23分にはMFクリスチャン・プリシッチが左サイドからカットインしたシュートをGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが弾いたところにFWエイブラハムが詰めたが、無人のゴールにボールを抑えきれなかった。続く同24分にはMFメイソン・マウントがゴール正面からミドルシュートを放つも枠外。さらに同28分にはマウントから右サイドに展開し、DFセサル・アスピリクエタの折り返しをプリシッチが狙ったが、ヒットせずに枠を外れた。

    そして同34分、チェルシーは敵陣でプレスをかけ、バルセロナのMFセルヒオ・ブスケツのパスをMFマテオ・コバチッチが弾くと、そのボールをエイブラハムがペナルティーエリア内で受けて、そのままテア・シュテーゲンとの1対1を制してゴール。チェルシーが1点を先制してハーフタイムを迎えた。

    ハーフタイムでバルセロナは11人がすべて交代。MFイバン・ラキティッチや、新シーズンに向けアヤックスから加入したMFフレンキー・デ・ヨングがピッチに立った。また、チェルシーはDFダビド・ルイスら最終ラインの3人を交代させて後半がスタートした。

    後半のメンバーのほうがコンディションの良さを感じさせたバルセロナは、中盤からの速いパスワークでチェルシー陣内に切り込む場面が増えた。その中でFWカルラス・ペレスやMFカルラス・アレニャーが枠内にミドルシュートを飛ばしたが、チェルシーのGKケパ・アリサバラガが安定感のあるセービングを見せてゴールを許さなかった。

    チェルシーは同15分にFWオリビエ・ジルーら3人、同25分にFWミシー・バチュアイら4人を投入し、アリサバラガ以外のフィールドプレーヤーがすべて交代した。バルセロナはチェルシーが大幅に選手を交代してからはなかなか相手ゴール前まで切り込むことができなかった。逆に同36分、左サイドから攻め込んだチェルシーは、MFロス・バークリーが左足でミドルシュートを流し込み追加点を挙げた。

    バルセロナは同アディショナルタイムにラキティッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点を返したが、同点には至らず。来日2試合目とリーグ開幕戦が1週間早いチェルシーがコンディションに勝った感はあったが、5万1126人を集めた豪華な親善試合はチェルシーが2-1で勝利を収めた。
    2019-07-23_21h47_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190723-00205692-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/21(日) 21:58:28.52
    来日中のチェルシーは21日、フランス代表MFエンゴロ・カンテが負傷のリハビリのためチームを離脱し、英国への帰国に向けて出発したことを明らかにした。

    チェルシーはプレシーズンツアーとして今月16日に来日。フランク・ランパード監督はその日の会見で、カンテのコンディションについては「それほど(離脱が)長くなるとは思っていない。日本での1試合には参加できることを期待したい」と見通しを示していた。

    川崎フロンターレに0-1の敗戦を喫した19日の試合にはカンテはベンチ入りせず。続いてチェルシーは23日に埼玉でバルセロナとの対戦を予定しているが、カンテはその試合にも出場せず帰国の途に就いたことがクラブ公式ツイッターで発表された。

    チェルシーはカンテの負傷について、昨季終盤に抱えていた膝の問題に関連するものだと述べている。カンテは5月5日のプレミアリーグ第37節ワトフォード戦で負傷し、シーズン最終戦となったヨーロッパリーグ決勝への出場も危ぶまれる状況となったが、5月29日に行われたアーセナルとの決勝に先発でフル出場を果たしていた。
    20190721_kante_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00331492-footballc-socc

    続きを読む

    2019-07-20_00h44_49

    1: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:17:33.70
    アザール放出
    実績なしの新米監督
    補強禁止
    ゴミスカッド
    Jリーグのクラブごときに負ける←new!

    2: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:17:47.31
    これもう来期終わりやろ…

    3: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:17:58.31
    え、途中で観るのやめたんやけど負けたん?

    4: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:18:14.56
    >>3
    最後の最後で負けました

    続きを読む

    GettyImages-1149696018-800x503

    1: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:11:06.99
    日本で面子を保つにはバルサボコすしかない模様

    2: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:11:34.61
    本日の見所
    ランパード

    3: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:11:56.76
    サッリズモとは何だったのか

    4: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 21:12:25.56
    きっちりバルサに仕留められそう

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/04(木) 20:00:02.49
    イングランド・プレミアリーグのチェルシーは4日、クラブOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏(41)が新監督に就任すると発表した。3年契約。ユベントス(イタリア)の監督に就任したマウリツィオ・サリ氏(60)の後任となる。

    ランパード新監督はクラブ公式サイトで「チェルシーに監督として戻れることを非常に誇りに思う。私のクラブに対する愛情と歴史をみんなが知っている。全力を尽くしてクラブにさらなる成功をもたらしたい。仕事を始めることが待ち切れない」と喜びと意気込みを語った。

    ランパード氏は現役時代、プレミアリーグのウェストハム、チェルシー、マンチェスター・シティー、米MLSのニューヨーク・シティーなどでプレー。2001~14年のチェルシー時代には3度のプレミアリーグ優勝、欧州チャンピオンズリーグ制覇などに大きく貢献し、一時代を築いた。

    2017年2月に現役を引退した後は、解説者を務めながら指導者ライセンスを取得。昨年5月にイングランド2部ダービーの監督に就任し、2018~19年はリーグ6位で昇格プレーオフの決勝進出に導いたが、アストンビラに1―2で敗れてプレミアリーグ昇格を逃した。
    2019-07-04_20h26_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000203-spnannex-socc

    続きを読む

    ダウンロード (1)

    1: 風吹けば名無し 2019/05/22(水) 14:12:44.97
    今夏補強禁止
    アザールレアル移籍確実
    ロフタスチーク全治1年の怪我で離脱
    サッリがユベントスに引き抜かれそう

    これマンUより先に崩壊あるやろ

    3: 風吹けば名無し 2019/05/22(水) 14:13:21.47
    ワイアーセナル、高みの見物

    9: 風吹けば名無し 2019/05/22(水) 14:15:19.74
    カンテの無駄遣い

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/08(水) 21:22:12.11
    チェルシーに今後2度の移籍市場における補強禁止処分が下った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日に伝えている。

    FIFA(国際サッカー連盟)は2月22日、チェルシーが18歳未満の海外移籍に関するFIFA規則に反したとして、今後2回の移籍市場における選手の補強を禁止する処分を科した。

    クラブはこの決断の見直しを要求していたが、今回の報道によると、クラブ側の要求は認められず、2019年夏と2020年1月の移籍市場における補強禁止が確定したようだ。

    また、イギリスメディア『BBC』によると、チェルシーはFIFAの決定を受け、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する可能性もあるようだ。

    5/8(水) 21:18配信 サッカーキング
    2019-05-08_21h58_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00935212-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/24(水) 11:45:01.82
    チェルシーはカラム・ハドソン=オドイがアキレス腱断裂を負ったことを認め、手術を受けると発表した。

    今シーズン、チェルシーのファーストチームでのチャンスを得て、その才能の片鱗を見せてきたハドソン=オドイ。3月には18歳ながらイングランド代表デビューを飾るなどその将来に大きな期待を寄せられていた中、先発で出場した22日のバーンリー戦でアキレス腱断裂の重傷を負った。

    試合後、アシスタントコーチのジャンフランコ・ゾラ氏はハドソン=オドイが重傷の可能性があると認め、選手自身もツイッターで「アキレス腱断裂により、僕のシーズンは終わった」と明かしていた。

    そして翌23日、チェルシーは公式ウェブサイトでハドソン=オドイが手術を受けることを発表。「カラムは(23日)午後に専門医の診察を受け、(同日)夜にアキレス腱断裂に対する手術を受けることが見込まれる」と綴っている。

    チェルシーはハドソン=オドイの復帰時期について明らかにしていないものの、アキレス腱断裂からピッチに戻るまでには最低でも6カ月を要すると考えられている。これにより同選手が今シ-ズン中に復帰する可能性は完全に絶たれた。さらに、イングランド代表として臨む可能性もあった6月に行われるUEFAネーションズリーグファイナルズの欠場も決定的であり、2019-20シーズンの序盤もプレーできないことが予想されている。
    2019-04-24_14h37_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010006-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ